日本 カテゴリのアーカイブ

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

Stig_Sollander_Tony_Sailer_and_Chiharu_Chick_Igaya_1956.jpg

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

関連記事

8月24日 忌日 / 2009年 トニー・ザイラー (墺:スキー(アルペン)) <73歳> Anton(Toni) Sailer (8月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月24日 忌日 / 2009年 – トニー・ザイラー、元スキー選手、俳優 (8月24日 – Wikipedia)

アントン(トニー)・ザイラー(Anton(”Toni”) Sailer, 1935年11月17日 – 2009年8月24日)は、オーストリア・チロル州キッツビュール出身のスキー選手・俳優。 (トニー・ザイラー – Wikipedia)

Anton Engelbert “Toni” Sailer (17 November 1935 – 24 August 2009) was an Austrian alpine ski racer, considered among the best in the sport. At age 20, he won all three gold medals in alpine skiing at the 1956 Winter Olympics. He nearly duplicated the feat at the 1958 World Championships with two golds and a silver. He also won world titles both years in the combined, then a “paper” race, but awarded with medals by the International Ski Federation (FIS). (Toni Sailer – Wikipedia)

関連エントリ

トニー・ザイラー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Toni Sailer の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中華民国・中華人民共和国の小説家・劇作家 老舎

_1_~1.JPG

中華民国・中華人民共和国の小説家・劇作家 老舎

関連記事

8月24日 忌日 / 1966年 老舎 (中華人民共和国:小説家,劇作家) <67歳> 太平湖で遺体が発見される (8月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月24日 忌日 / 1966年 – 老舎、小説家 (8月24日 – Wikipedia)

老舎(ろうしゃ)は中華民国、中華人民共和国の小説家、劇作家。本名は舒慶春、字は舎予。老舎とはペンネームで、苗字の「舒」の字の偏をとったものとされる。北京出身。満州族(正紅旗)。北京の町と人々をこよなく愛し、「北京之花」「人民芸術家」「語言大師」と称された。文化大革命で犠牲となった代表的な著名人でもある。代表作に小説『駱駝祥子』『四世同堂』『正紅旗下』(遺作)、戯曲『龍鬚溝』『茶館』 (老舎 – Wikipedia)

関連エントリ

駱駝祥子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

茶館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

老舎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月23日 ウクレレの日 (アメリカ合衆国 ハワイ)

Ukulele4.jpg

8月23日 ウクレレの日 (アメリカ合衆国 ハワイ)

関連記事

記念日 8月23日 / ウクレレの日 [ハワイ] ウクレレがポルトガルからの移民が19世紀に持ち込んだ楽器が原型であることから、1879年にポルトガル移民が移民登録を行った日を記念日とした。 (8月23日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月23日 記念日・年中行事 / ウクレレの日(アメリカ合衆国 ハワイ) ウクレレが19世紀にポルトガル移民が持ち込んだ楽器が原型とされていることから、1879年にポルトガル人がハワイの移民局に移民登録を行った8月23日を記念日とした。 (8月23日 – Wikipedia)

ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ʻukulele)は、フレットが施された小型で4弦のギターによく似た弦楽器である。通常はハワイアン音楽に使用されることが多い。解説 / ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャ(braguinha)と呼ばれる楽器を起源とし、ハワイで独自に改良を重ねられて現在の形になったとされる。高級なものにはしばしばハワイ特産のコアの木(koa)が材料として用いられる。また、現在のウクレレを確立したのはマヌエル・ヌナスとされている。ウクレレという言葉はハワイ語で「飛び跳ねる(lele)ノミ(ʻuku)」という意味で、当時の人気奏者のあだ名から取られたとも、小さな楽器の上で奏者の指が目まぐるしく動く様を表現したとも言われている。 (ウクレレ – Wikipedia)


関連エントリ

ウクレレ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ウクレレの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Ukulele の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Ukulele day の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本アンガーマネジメント協会 北海道支部 (長谷川恵)

Old_guitarist_chicago.jpg

日本アンガーマネジメント協会 北海道支部 (長谷川恵)

関連記事

北見で「アンガーマネジメント」講座 “怒りの感情”と上手に付き合うには / 講師の長谷川さん「6秒待って冷静に」 / 怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング法「アンガーマネジメント」を学ぶ講座が11日、北見市の西地区住民センターで開かれた。親向けと子ども向けの講座に計25人が参加し、怒りに振り回されないポイントなどを学んだ。主催は日本アンガーマネジメント協会北海道支部。講座は普及を目的に同協会が全国40カ所で一斉に実施したもので、道内では札幌や帯広など5カ所で開かれた。北見会場では同支部の長谷川恵支部長らが講師を務めた(写真)。長谷川支部長は、怒りは第二次感情と呼ばれ、その奥に不安や悲しみ、心配、後悔などの第一次感情が存在すると解説。「怒ることは身を守るための自然な感情であり、悪いことではありません。第一次感情に気付くことで怒りをコントロールしやすくなります」と語り掛けた。怒りのコントロール法の一つとして「怒りを感じたら6秒待つ」を挙げ「この数秒をやり過ごすことで、反射的な言動や行動を防ぐことができます」。また、あらかじめ自分が落ち着く言葉を用意し、それを唱えることも効果的で「たいしたことない」「大丈夫」などのポジティブな言葉は、気分を落ち着かせると紹介した。長谷川さんは「アンガーマネジメントはダイエットと似ていて、知っているだけでは何も変わりません。生活に取り入れることで少しずつ変わっていきますよ」と話した。(理) / メモ…【アンガーマネジメント】 / 怒らないことを目的とするのではなく、必要のあることは上手に怒り、必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標とした心理トレーニング法。1970年代にアメリカで生まれ、日本でもここ数年、企業やスポーツ選手が取り入れていることで注目が高まっている。 (2018年8月21日の記事 経済の伝書鳩)

アンガーマネジメント(Anger management)とは、怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、怒りを上手く分散させることができると評価されている。怒りはしばしばフラストレーションの結果であり、また自分にとって大事なものを遮断されたり妨害された時の感情でもある。怒りはまた、根底にある恐れや脆弱感に対する防衛機制でもある。アンガーマネジメント・プログラムでは、怒りは定義可能な理由によって生じる、論理的に分析可能な強い感情であり、適切な場合には前向きにとらえてよいものだと考えられている。「怒りは誰もが経験する感情だ。怒りが重大な懸念事項となるのは、それがあまりにも頻繁に、強烈に、長い時間、発生し続ける場合だけだ。」- レイモンド・W・ノヴァコ(1984年) / 概要 / 「怒ることは誰にでもできる。ただ怒るのは簡単なことである…しかし適切な相手に、適切な程度に、適切な場合に、適切な目的で、適切な形で怒ることは容易ではない。」- アリストテレス / アンガーマネジメントの究極の目標は、怒りが深刻な問題にならないように上手く制御し、管理することである。怒りとは、何かに反応して呼び起こされる強い感情である。怒りの問題は、扇動する(そそのかす)側と扇動される(そそのかされる)側がどちらも対人関係において自制心を保つ技術や社会的技術をもたないために生じる。このような人々に対しては、怒りへの反応を訓練することにより、怒りが必要だと反応するのではなく、怒りは不要であり不快であると感じるようにすることができる。怒りのスイッチを切る方法としては、見なかったことにすること、または許すこと等がある。十分な睡眠、運動、正しい食事も怒りを予防する上で有効である[3]。上手くアンガーマネジメントができない人々を治療する専門家としては、作業療法士、精神衛生カウンセラー、薬物およびアルコール・カウンセラー、ソーシャルワーカー、心理学者、精神科医などが存在する。 (アンガーマネジメント – Wikipedia)

Haende-30.jpg

関連サイト

長谷川 恵 | 日本アンガーマネジメント協会のホームページ

関連エントリ

アンガーマネジメント の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第26回全国消防操法大会 (北海道美幌町 美幌消防団)

h19tibikko.jpg

第26回全国消防操法大会 (北海道美幌町 美幌消防団)

関連記事

消防操法の優勝目指し練習 美幌消防団の精鋭9人 / 美幌消防団が、来年7月に江別市で開かれる北海道消防操法訓練大会に出場する。出場は平成15年以来15年ぶりで、前回の準優勝を上回る優勝を目標に本番1年前の今年7月から練習を開始。10月12日には寒い中、美幌防火協会の会員らが激励と視察に訪れるなど、選手達は手厚い応援を背に練度に磨きをかけている。来年7月に道大会 美幌防火協会や消防署・団員がバックアップ / 大会は5人1組で消防ポンプ車からホースをつなぎ、約60メートル先の標的を倒すまでの時間や動作の正確さ、美しさなどを競う。メンバーは指揮者の41歳男性ら20~40代の9人。走力や声量などが優れているとして各分団の推薦を受け、さらにテストを経て選抜された。指揮者以外の役割は2人ずつおり、大会までに1人ずつに絞るなどチーム内にも競争がある。練習は毎月4回。夏場は柏ヶ丘運動公園で重ねてきた。12日には、会長ら防火協会の会員約20人が飲みものを差し入れ、練習を視察。会長が「悔いのない訓練をし、悔いのない大会にしてほしい」と激励した。協会は大会まで定期的に訪れ、団員を盛り立てるという。練習では団長や14年前に出場した団員をはじめ、消防署員らが一丸となって選手をバックアップ。41歳男性は「皆さんに練習に来ていただきありがたい。大会まで長丁場だが、選手達の気合は十分。優勝して全国大会出場権を持ち帰りたい」と話している。(浩) (2017年10月24日の記事 経済の伝書鳩)

平成30年度北海道消防操法訓練大会選手激励会を開催 / 10月9日(月)、美幌防火協会と美幌消防団団本部の共催により、『平成30年度北海道消防操法訓練大会選手激励会』が開催されました。平成30年7月に開催される北海道消防操法訓練大会へ向けて、本年7月より消防団員の選手のは仕事終わりに日々訓練に励んでいます。選手の慰労と大会に向けて全員が一致団結し訓練に励んでもらおうと、西岡防火協会長を始め、武山消防団長、岡本組合議会議長、中村消防長から激励の言葉をいただきました。また大江組合議員、高橋組合議員、防火協会役員の皆様、消防団幹部の方々からも激励をいただき、ありがとうございました。選手一人ひとりから自己紹介と大会へ向けての抱負を緊張した面持ちで語っていただき目標へ向けての意気込みも大いに伝わり、有意義な激励会となりました。 (平成30年度北海道消防操法訓練大会選手激励会を開催 | 美幌・津別広域事務組合)

北海道消防操法訓練大会にて美幌消防団が優勝!! / 7月20日(金)に江別市の北海道消防学校で行われた『平成30年度 北海道消防操法訓練大会』に北海道消防協会オホーツク地方支部代表として美幌消防団の精鋭8名が出場し、念願の “初優勝” を果たしました。消防操法訓練大会は、消防技術の向上と士気の高揚を図り、消防活動の充実強化を目的とし、今年度はポンプ車操法の部が開催されました。道内各地方支部から13隊が出場し、各消防団共に日頃の訓練成果を発揮し、白熱した大会となりました。優勝した美幌消防団は、10月19日(金)富山県で開催される全国消防操法訓練大会に出場することになります。 (北海道消防操法訓練大会にて美幌消防団が優勝!! | 美幌・津別広域事務組合)

練習重ね道消防操法訓練大会初優勝 美幌消防団 全国に向けさらに技術磨く / 美幌消防団が、7月20日に江別市で開かれた平成30年度北海道消防操法訓練大会で初優勝した。10月に富山県で開かれる全国消防操法大会の出場権を得た。1年間、訓練を重ねてつかんだ勝利を団員はもちろん、関係者も喜んでいる。いざ全国へ / 北海道大会には道内13の消防団が出場。美幌は準優勝だった平成15年度以来15年ぶりに出場した。それぞれ2回のポンプ車操法訓練を行い、所要タイムや規律、敏しょう性、チームワークなどの総合得点を競った。美幌は出場消防団中唯一、2回とも基準タイムを上回り、準優勝の美瑛消防団に5点差をつけた。昨年の大会視察を経て8月から夜間の練習を開始。段階的に練習回数を増やし、直前の今年7月は週5回の練習をこなして栄冠をつかんだ。指揮者は「職員や団員、防火協会の方々など皆さんのお陰で練習に打ち込むことができた。大会では練習通りの力が出せた」と振り返る。メンバーの指導に当たった1人、美幌・津別広域事務組合の通信主幹(54)は「タイムが伸びず苦しい時期もあったが、モチベーションを高く保って練習に取り組んだ」と努力をたたえ、副団長は「若いメンバー達が1年間で見違えるほどたくましくなった」と成長を認めた。メンバーは全国大会に向け8月に練習を再開。指揮者は「北海道とは操法が異なる部分もあるが、今のメンバーなら対応できるはず」と自信をのぞかせている。(浩) (2018年8月18日の記事 経済の伝書鳩)

消防操法(しょうぼうそうほう)とは、日本の消防訓練における基本的な器具操作・動作の方式。総務省消防庁の定める『消防操法の基準』に基づく火災消火を想定した基本操作の訓練である。第二次世界大戦後から、主に消防団の訓練形式として本格的に行われている。概要 / 消防操法は常備の消防職員や消防団の訓練の一つであり、基本的な操作の習得を目指すための手順であり、小型可搬ポンプ操法と、ポンプ車操法がある。設置された防火水槽から、給水し、火災現場を意識した火点(かてん)と呼ばれる的にめがけて放水し、撤収するまでの一連の手順を演じる。防火水槽・火点の位置、台詞、動きがあらかじめ決められている。全国規模で大会(郡市大会・都道府県大会・全国大会)が行われ、ポンプ・ホースなどの操作を速く正確に行うとともに、動きの綺麗さを競う。採点は各個動作の正確さ及び火点の的が倒れるまでのタイムなどが減点法で採点され、減点が少ないチームほど上位となる。以前は実際に放水を行わず展開~収納・撤収までの速さと正確さを競ういわゆる「空(カラ)操法(現実的ではないの意)」も行われていたが、現在は多少なりとも現実的な訓練になるよう、一連の行為(選手の格好)を大会基準として決められた要領通りに行ったうえで、ホースを伸ばし【火】と書かれた的に放水をあてる競技が主になっている。 (消防操法 – Wikipedia)


関連サイト

全国消防操法大会 | 公益財団法人富山県消防協会ホームページ

美幌消防団ホームページ

オホーツク地方支部 | 公益財団法人 北海道消防協会ホームページ

公益財団法人 北海道消防協会ホームページ

公益財団法人 日本消防協会ホームページ

北海道・美幌消防団 – 日本消防協会ホームページ

関連エントリ

消防操法 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌防火協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌消防団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月19日 俳句の日 俳句記念日 (2018年 日本)

480px-Twitter_2010_logo_svg.png

8月19日 俳句の日 俳句記念日 (2018年 日本)

関連記事

8月19日 俳句の日 / 正岡子規研究家の坪内稔典らが提唱し、1991年に制定。「は(8)い(1)く(9)」の語呂合せ。夏休み中の子供達に俳句に親しんでもらう日。 (8月19日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月19日 記念日・年中行事 / 俳句の日(日本) 8月19日の「819」が「はいく」と読めることから。京都教育大学教授で正岡子規研究家の坪内稔典が提唱。夏休み中の子供達に、俳句に親しんで興味を持ってもらうために、毎年イベントを行っている。 (8月19日 – Wikipedia)

俳句の日(はいくのひ)は、俳句にちなむ記念日。本記事では「俳句の日」以外の呼称の俳句にちなむ記念日についても記述する。日本国内 / 日本では「は」と読める8、「いく」と読める19の語呂合わせから、8月19日を俳句にちなむ記念日にする動きがいくつかある。1992年には京都教育大学教授で正岡子規研究で知られる坪内稔典が8月19日を「俳句の日」に制定、この年に念した子供俳句大会が行われた。坪内が提唱した名称は「俳句の日」であるが、これを「俳句記念日」と紹介する文献もある。1994年には松尾芭蕉の生まれ故郷として知られる三重県上野市(当時)が、芭蕉の生誕350年を記念して8月19日を「俳句の日」とすることを提唱、「俳句の日」関連事業としてさまざまな行事を開催した。1998年には愛媛県で松山青年会議所が8月19日を「ハイクの日」と決め、高校生を対象とした俳句大会「俳句甲子園」を開催した。2014年に「おしゃべりHAIKUの会」によって8月19日が「俳句記念日」として制定され、日本記念日協会から認定されている。日本国外 / 日本国外ではThe Haiku Foundationが「International Haiku Poetry Day」を定めている。こちらは8月19日ではなく、4月17日である。4月はアメリカ詩人アカデミーが定める全米詩月間であること、17日は俳句が17音節であることに由来する。 (俳句の日 – Wikipedia)

関連サイト

俳句記念日 | 毎年8月19日は俳句記念日です。

関連エントリ

俳句記念日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

俳句の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 全国高校俳句選手権大会 (俳句甲子園)

320px-Frog_Getsuju.jpg

228px-Basho_by_Buson.jpg

2018年 全国高校俳句選手権大会 (俳句甲子園)

関連記事

俳句甲子園(はいくこうしえん) 愛媛県松山市で毎年8月に開催される、高校生を対象にした俳句コンクール「全国高校俳句選手権大会」。本記事で詳述。高校野球・夏の甲子園応援企画として、朝日新聞社の主催でかつて行われた俳句コンクール。本記事の最後、#甲子園での「俳句甲子園」の節で詳述。全国高校俳句選手権大会(通称:俳句甲子園)は、愛媛県松山市で毎年8月に開催されている、高校生を対象とした俳句コンクールである。社団法人松山青年会議所、NPO法人俳句甲子園実行委員会が主催。当地が正岡子規や高浜虚子など著名な俳人の出身地であることから、これにあやかって1998年に始まった。第8回(2005年)大会から文部科学省より学びんピックに認定されている。 (俳句甲子園 – Wikipedia)

関連サイト

俳句甲子園ホームページ

関連エントリ

全国高校俳句選手権大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

俳句甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 全国高校生短歌大会 (短歌甲子園)

ET_Moon.jpg

2018年 全国高校生短歌大会 (短歌甲子園)

関連記事

全国高校生短歌大会(ぜんこくこうこうせいたんかたいかい)は、岩手県盛岡市が主催し、2006年から開催している高校生(高等専門学校は在学3年以内、特別支援学校は高等部在籍のみ参加可能)を対象とした短歌の全国大会。通称は短歌甲子園。開催地は岩手県盛岡市。開催時期は毎年8月下旬。 (全国高校生短歌大会 – Wikipedia)

関連サイト

全国高校生短歌大会(短歌甲子園)ホームページ

関連エントリ

全国高校生短歌大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

短歌甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 (2018年 甲子園)

Ballball.jpg

400px-Wiffle_bat_and_ball.jpg

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 (2018年 甲子園)

関連記事

第100回全国高等学校野球選手権記念大会(だい100かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんきねんたいかい)は、2018年8月5日から阪神甲子園球場で行われている全国高等学校野球選手権大会である。深紅の大優勝旗が新調され、3代目となる。また平成時代最後の大会となる。キャッチフレーズは「本気の夏、100回目。」 (第100回全国高等学校野球選手権記念大会 – Wikipedia)

関連サイト

第100回全国高校野球選手権大会のホームページ

NHK 甲子園 – 全国高校野球選手権大会

関連エントリ

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅,夫

高校野球 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

我あり 甲子園 (北海道 美幌高校 野球部)

bi_bo.jpg

春の甲子園 夏の甲子園
我あり 甲子園 (北海道 美幌高校 野球部)

関連記事

北海道美幌高等学校(ほっかいどうびほろこうとうがっこう、Hokkaido Bihoro High School)は、北海道網走郡美幌町にある公立(道立)の高等学校。沿革 / 2011年 – 北海道美幌農業高等学校と合併に伴い、当校を(旧)美幌農業高の校舎へ移転。 (北海道美幌高等学校 – Wikipedia)

選抜高等学校野球大会(せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、毎年3月下旬から4月にかけて兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球の大会である。略称はセンバツ。通称は「春の大会」「春の高校野球」「春の甲子園」ともいわれる。英文名称はNational High School Baseball Invitational Tournament。主催は毎日新聞社、公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)。大会旗および優勝旗の色は紫紺。5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている。 (選抜高等学校野球大会 – Wikipedia)

全国高等学校野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)とは朝日新聞社と日本高等学校野球連盟が兵庫県西宮市・阪神甲子園球場にて毎年8月に主催している日本の高校野球大会。5年に1度(下1桁が0と5の回)は記念大会として実施されている(このうち下1桁が0の回では一部の都道府県で参加可能な高校が拡大される)。大会旗および優勝旗の色は赤。優勝旗は深紅色なので「深紅の大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」などと表現される。 (全国高等学校野球選手権大会)

関連サイト

北海道 美幌高校ホームページ

日本高等学校野球連盟ホームページ

関連エントリ

高校野球北北海道大会(美幌・藤田勇輝) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道美幌高校の本間悟監督に育成功労賞 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌高校野球部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る