團伊玖磨 の検索結果: 82 件

中国の女性二胡演奏家 沈琳 (シェン・リン)

中国の女性二胡演奏家 沈琳 (シェン・リン)

関連記事

二胡(にこ、拼音: èrhú)は中国の伝統的な擦弦楽器の一種。2本の弦を間に挟んだ弓で弾く。琴筒はニシキヘビの皮で覆われている。 代表的な演奏家 / 沈琳(シェン・リン) (二胡 – Wikipedia)

沈琳 女演员 / 沈琳,扬州人,南京艺术学院毕业后进入江苏省扬剧团。 (沈琳(女演员)_百度百科)

関連動画

沈琳!二胡 女人花 – YouTube

まほろばの里 明日香に咲く 若菜姫 by 沈琳(二胡) Wakana princess blooming in the Village of Asuka mahoroba – YouTube

関連サイト

ShenLin(沈琳)OfficialSite | 二胡奏者 沈琳(シェンリン)のホームページ

関連エントリ

香港の歌手・女優 アニタ・ムイ (梅艷芳 Anita Mui) – 美幌音楽人 加藤雅夫

「團伊玖磨と山口淑子の音楽」(美幌高校、卒業生) – 美幌音楽人 加藤雅夫

南京芸術学院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

沈琳 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のソプラノ歌手・声楽家 佐藤しのぶ (死去のニュース)

日本のソプラノ歌手・声楽家 佐藤しのぶ (死去のニュース)

関連記事

佐藤 しのぶ(さとう しのぶ Shinobu Sato、本名:現田しのぶ、1958年8月23日 – 2019年9月29日[1])、日本のソプラノ歌手。声楽家。夫は指揮者の現田茂夫。 経歴 / 東京都生まれ。その後、大阪府高槻市に引越す。音楽とは無縁の一般家庭に育つ。大阪音楽大学付属音楽高等学校、国立音楽大学声楽専攻卒業。声楽を島田和子、中山悌一、田原祥一郎に師事。文化庁オペラ研修所に最年少で入所し首席で修了。文化庁芸術家在外研究員としてイタリアミラノへ留学。「椿姫」でデビューにして主役を演じる。
帰国後のリサイタルではイタリアオペラを歌い、衛星放送を通して世界へ披露された。その後「トスカ」、「蝶々夫人」等のタイトルロールを次々に演じた。 1987年、オペラ歌手として初めてNHK紅白歌合戦に出演(以後、4年連続出演)。椿姫でオペラの素晴らしさを伝え、音大への関心を高めるのに一役買った(声楽科の競争率も上がった)。 「トスカ」で指揮助手を務めていた夫と知り合い結婚、1991年に長女を出産。 ブラティスラヴァ国際フェスティヴァル80周年のオープニングに、「トスカ」のタイトルロールで招聘され、ヨーロッパデビューを飾る。初のCDアルバムは、1990年1月、シュナイト指揮ベルリン放送交響楽団の演奏で、ベルリンにてモーツァルトのオペラアリア集を録音。その後も、ヴェルディ、プッチーニ等のオペラアリアのCDをヨーロッパ各地で録音した。 ウィーン国立歌劇場での「蝶々夫人」を皮切りに、ケルン市立歌劇場やベルリン・ドイツ・オペラなどヨーロッパ各地で公演。1996年韓国政府から初めての日本人正式招聘歌手として、5万人のソウルスタジアムでチョン・ミュンフン指揮KBOと共演。1997年新国立劇場開場記念オペラ『建』乙橘姫役。 1999年プラハにて世界首脳が列席の中、「ビロード革命10周年記念演奏会」でアシュケナージ指揮、チェコ・フィルと共演し、ニュースとして世界に放映。 200年8月被爆60年平和巡礼コンサート(長崎・広島)、2009年4月「天皇皇后両陛下ご成婚50周年&ご即位20周年記念コンサート」に出演。また、2009年11月「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」に出演し、3万人を前に歌う。 共演した指揮者は、コリン・デイヴィス、クリスティアン・ティーレマン、クリストフ・エッシェンバッハ、小澤征爾、エリアフ・インバル、シャルル・デュトワ、ピンカス・スタインバーグ等、オーケストラはローマ・サンタチェチーリア国立アカデミー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、バイエルン放送交響楽団、チェコ・フィル、シカゴ交響楽団等。 文化放送音楽賞、都民栄誉章、ジロー・オペラ賞大賞、マドモアゼル・パルファム賞、Federazione Italiana Cuochi、日本文化デザイン賞大賞等を受賞。 1999年からテレビ神奈川「佐藤しのぶ 出逢いのハーモニー」のパーソナリティを務める。CDは11枚リリース。 (佐藤しのぶ (歌手) – Wikipedia)

『夕鶴』(ゆうづる)は、團伊玖磨が作曲した全1幕のオペラである。木下順二の戯曲『夕鶴』を台本としている。 作曲の経緯 / まず、1949年の春に劇の付帯音楽が作曲された。その後オペラ化を決意し、一言一句戯曲を変更してはならないという木下からの承諾条件の下、1950年頃作曲に着手、翌1951年に完成した。 1956年10月8日、改訂版を完成した。 (夕鶴 (オペラ) – Wikipedia)

関連動画

オペラ「夕鶴」600回公演記念 – YouTube

佐藤しのぶ オペラ「夕鶴」 インタビュー動画 – YouTube

現田茂夫 オペラ「夕鶴」 インタビュー動画 – YouTube

関連サイト

訃報/佐藤しのぶ(ソプラノ) | ニュース | 音楽事務所ジャパン・アーツ

【アーカイブ】(待ってました!)佐藤しのぶさん ソプラノ歌手 「筑紫讃歌」念願のソロ : 朝日新聞デジタル

【アーカイブ】「墨絵のような『夕鶴』表現したい」 オペラ歌手・佐藤しのぶ : 朝日新聞デジタル

関連エントリ

美幌の歌 (町歌・校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

佐藤しのぶ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫)

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

IMG_20191002_142451

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.883 2019年10月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年10月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.883 2019.10.1 目次 / 中華人民共和国建国70周年に寄せて 黑井千次 / 新たな時代、新たな起点、新たな征途―新中国成立70周年に寄せて… 孔鉉佑 / 建国70周年を慶祝 栗原小巻副会長が訪中 / 馬込勇常任委員を団長に 日本音楽家訪中団 / 李敬沢副主席を団長に中国作家代表団 / 長崎・日中文学シジウム~日中の歴史小説作家が語る「鄭成功と長崎」 / 《中華人民共和国建国70周年特集①》 中国との絆 その背景にあるもの 野村萬 / 中国との交流で学んだこと 金山茂人 / 文化交流で埋められるもの 毛里和子 / これからの映画交流 小栗康平 / 交流二千年 里中満智子 / 中日師生の情誼顕彰の旅 田中節山 <縦波横波> 王羲之と顔真卿 江川蒼淵 / 屏風で文化交流 瀧下嘉弘 / 尽きない追懐 千葉宣一 / 映画『さらば、我が愛 覇王別姫』と張国榮(レスリー・チャン) 平石淑子 <心に残る中国> 首都師範大学との学術交流 佐藤利行 / 復旦大学へ作品寄贈 山本芳雅 / 日本美術家訪中団 訪中記録 / 日本文化界訪中団 訪中記録 <本・評と紹介> 『現代中国外交』(毛里和子著)『私の戦中戦後絵日記』(岡井禮子著) △報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年9月1日 発行)

IMG_20190902_171253

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.882 2019年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年9月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.882 2019.9.1 目次 / 日本美術の母胎は中国に在る 出光佐千子 / 喜多恒雄団長、平田保雄顧問ら日本経済界訪中団 / 後藤洋子団長ら日本文化界訪中団 <縦波横波> 李迪の「紅白芙蓉図」大野俊明 <心に残る中国> 中医療に救われて 金城美智子 / 孔鉉佑駐日中国大使歓会 / 「如是我聞」中川一政さんの印 〈書と文〉柴山抱海 / 国宝「曜変天目」三碗同時公開 〈作品と文〉鎌田幸二 / 《大学生訪中団の感想文より②》伊藤雛乃、酒井美侑、谷口典央、中山遥菜、箕浦広志 / 《『日中文化交流』誌より 再録27》中国の時 武満徹 / <本・評と紹介> 『人類最年長』(島田雅彦著) 『日中未来遺産』(岡田実著) 『歴史を応用する力』(宮城谷昌光著)『三国志の考古学』(関尾史郎著) 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年8月1日 発行)

IMG_20190802_164925

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年8月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.881 2019年8月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年8月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.881 2019.8.1 目次 / アニメが持つ無限の力 石川和子 / 中村雲龍常任委員ら日本文化界訪中 / 入江観副会長ら日本美術家訪中団 / 李鵬元中国総理が逝去 / 芝祐靖当協会顧問が逝去 / 《国際創作プログラムに参加して》 花と路地と国際詩人の家 中上紀 / 魯迅文学院での一カ月 谷崎由依 / 《大学生訪中団の感想文より①》 / 大岐奈美、久朗津伊吹、小平佑里夏 / はじめての杭州 木村宗慎 / <縦波横波> 本棚の中の江南 井上祐美子 / アニメーション業界訪中団 訪中記録 / <本・評と紹介> 『山海記』(佐伯一麦著) / 『なんてったって邦楽-おもしろ日本音楽』(釣谷真弓著) / 『亡命者たちの上海楽壇』(井口淳子著) / 『你好小朋友』を復刻して サウザー美帆 / 《『日中文化交流』誌より 再録26》 / 科学技術交流のいっそうの発展を望む 水科篤郎 / 催しの御案内 / 二胡奏者・楊雪氏らが出演「大塚de二胡」コンサート 日中韓で実施している文化発信プロジェクト「東アジア文化都市」の一環として実施される二胡コンサート。出演は、日本二胡学院の東京大塚教室で学ぶ生徒や、二胡奏者の楊興新(同学院創立者)、楊雪両氏、マンドリン、ギター、ピアノ奏者ら。入場無料。当協会後援。日時=8月10日11時30分開演 会場=豊島区南大塚ホール 主催・お問い合せ=日本二胡学院東京大塚教室(電話03-6427-5402)、おおつか音楽祭実行委員会。 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

楊 興新(ヤン シンシン、YANG XING XIN、1955年9月28日 – )は二胡演奏家、作曲家、日本二胡学院長。 (楊興新 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

楊雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

楊興新 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年7月1日 発行)

IMG_20190701_153747

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年7月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.880 2019年7月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年7月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.880 2019.7.1 目次 / 大学生交流の意義ー王旭東院長との約束 宮廻正明 / 石川和子団長、角川歴彦顧問らアニメーション業界訪中団 / 梅蘭芳初来日百周年を記念して 加藤徹 / 宮廻正明団長ら日中文化交流協会大学生訪中団 訪中記録 / <本・評と紹介>『平成の終焉』(原武史著) 『井上靖 未発表初期短編集』(井上靖著、高木伸幸編) / 〈縦波横波〉 / 老子のこと 秋村宏 / 『日本語と中国語』著者劉徳有先生のこと 久泉迪雄 / 《『日中文化交流』誌より 再録25》 / 銭人元先生と柿 井口洋夫 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

梅蘭芳 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年6月1日 発行)

IMG_20190603_164211

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年6月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.879 2019年6月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年6月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.879 2019.6.1 目次
中島健蔵の生きた戦前と戦後の「昭和」の時代ー逝去40年に思う 加藤千洋
宮廻正明常任理事を団長に 日中文化交流協会大学生訪中団
程永華駐日中国大使の 離任レセプション開催さる
「アジア文明対話大会」、「アジア文化カーニバル」北京で開催さる
〈縦波横波〉
母が翻訳した巴金の小説 嶌信彦
藤原頼長と中国研究ー私が頼長に確かめたいこと 高橋均
布袋さまの故里を訪ねて 伊達廣三
砂漠の中の巨大な美術館ー敦煌莫高窟 永田晨
〈心に残る中国〉
中国の旅の原点「虎頭」 岡本央
活人剣と李鴻章 寺田守
なつかしの大地中国 (絵と文) 大矢紀
北京で出会った青年 三好道
〈本・評と紹介〉
《バクトリア王国の興亡》(前田耕作 著)
聊楽 董振華句集 董振華 著
《『日中文化交流』誌より 再録24》魂をぶつけあう交流 岡本太郎
報道 ( 『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 5月17日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス


IMG_20190517_155737

2019年(令和元年) 5月17日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス

金曜日の宅配弁当 美幌町の気楽家(きらくや)

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

日本の作曲家 團伊玖磨 (5月17日 命日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

399px-Snowman-20100106.jpg

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 團伊玖磨 (5月17日 命日)

日本の作曲家 團伊玖磨 (5月17日 命日)

北海道美幌農業高等学校(北海道美幌高等学校)校歌の作曲家 團伊玖磨さん。

関連記事

團 伊玖磨(だん いくま Ikuma Dan、1924年4月7日 – 2001年5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。「團伊玖麿」は誤表記。
作曲家およびエッセイストとして / 1952年(昭和27年) – 北海道美幌農業高等学校校歌を作曲。1959年(昭和34年) – 皇太子明仁親王と正田美智子の成婚を記念して『祝典行進曲』を作曲。1964年(昭和39年) – 東京オリンピック開会式にて『オリンピック序曲』、『祝典行進曲』、閉会式にて『祝典行進曲』を演奏。エッセイ『パイプのけむり』の連載を雑誌「アサヒグラフ」にて始める。1966年(昭和41年) – 日本芸術院賞受賞。1973年(昭和48年) – 日本芸術院会員に就任する。1999年(平成11年) – 文化功労者に列せられる。2001年(平成13年)5月17日 – 日本中国文化交流協会主催の親善旅行で中国旅行中に心不全を起こし、江蘇省蘇州市の病院で死去した。77歳没。
逸話 / 北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美(毎日放送の音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」)が鎌倉市に移住して、すぐ近所に住んでいた團に「美幌農業高校校歌」作曲を依頼した。その後、團は、東京で病に苦しんでいた武満徹(1953年「美幌町町歌」作曲)に自宅を提供して横須賀市に移住した。 (團伊玖磨 – Wikipedia)

團伊玖磨の楽曲一覧では、團伊玖磨の作品リストを示す。
校歌 / 高等学校 / 北海道美幌農業高等学校(北海道美幌高等学校)校歌 川上忠雄詞 (團伊玖磨の楽曲一覧 Wikipedia)

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

北海道美幌農業高等学校の校歌 | 美幌高等学校の校歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の作曲家 團伊玖磨(Ikuma Dan)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

藁科雅美記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

Ikuma Dan の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年5月1日 発行)

IMG_20190502_174042

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年5月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.878 2019年5月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年5月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.878 2019.5.1 目次
中国と私-6度目の訪中に思う 日本中国文化交流協会顧問 仲代達也
日中友好7団体が程永華大使らを招き昼食会を開催
次期駐日中国大使に孔鉉佑氏
入江観副会長らが訪中「アジア文明対話大会社」に出席
「アジア文明カーニバル」北京で各国の音楽家が共演
栗原小巻当協会副会長 北京・日本映画週間に出席
老舎生誕120周年・第8回老舎国際学術シンポジウムに参加して 老舎研究会会員 布施直子
仲代達也顧問を団長に 日本演劇家訪中団 訪中記録
中国で能楽写真展 (写真と文) 今駒清則
〈心に残る中国〉
忘れ得ぬ紹興酒の味 千住真理子
中国安陽、殷墟訪問 名児耶明
北京・国立中国美術館での個展の余韻 馬越陽子
我天地を以て棟字と為す-中国の世界観 宮岸雄介
この人と中国・須藤正裕氏
〈本・評と紹介〉
『卑弥呼、衆を惑わす』(篠田正裕著)
『ほとほと』(高樹のぶ子著)
『君、それはおもしろい はやくやりたまえ』(鹿野勝彦著)
『「演劇の街」をつくつた男』(本多一夫語り、徳永京子著)
〈『日中文化交流』誌より 再録23〉
松柏青シ 木下順二
報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る