観光 カテゴリのアーカイブ

交通事故ゼロ運動10000日達成

交通事故ゼロ運動10000日達成

関連記事

交通事故ゼロ1万日で表彰 2020/06/04掲載(美幌町/社会) 美幌町美富西自治会が達成 / 町内初の大台 / 美幌町美富西自治会が自治会の交通事故ゼロ運動1万日を達成した。5月29日に役場で表彰式が行われた。 運動は住民が人身事故を起こさなかった日数をカウント。美富西は1992(平成4)年7月から27年余りにわたりゼロの日を続け、町内で初めて1万日の大台を突破した。 式には会長と交通安全部長が出席。平野浩司町長が会長に表彰状を手渡し「地域一体となった地道な活動に敬意を表する。町としても交通安全の取り組みを進め、ゼロの日を積み重ねたい」と話した。 現在の目標は2年後の1万1千日。会長は「1万日達成は住民の協力があったから。これからもずっとゼロの日を続けたい」、部長は「受賞を機に気持ちを引き締め、事故に遭わない、起こさない運動を進めたい」と述べた。 町内では美富西のほか13自治会が2千日~8千日の事故ゼロ運動を達成。町が近く表彰状を贈る。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

交通安全 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌グランドホテルが閉館

美幌グランドホテルが閉館

関連記事

美幌グランドホテルが閉館 2020/06/03掲載(美幌町/社会) 半世紀の歴史に幕 / 美幌グランドホテルが5月31日、営業を終了した。宿泊・催事施設として町民らに親しまれてきたが、新型コロナウイルスの影響を避けられなかった。営業終了後、従業員が玄関前で感謝の言葉を述べ、半世紀に及ぶ歴史に幕を下ろした。
コロナ影響 避けられず / ホテルは1972(昭和47)年に開業。併設するボウリング場が開業した70年から数えると、ちょうど50年になる。40室を備える宿泊施設、冠婚葬祭、ビールパーティーなど大小さまざまな会合・イベントの会場として親しまれてきた。 ホテルによると、2月下旬から新型コロナウイルスの影響で宿泊や歓送迎会、催事などのキャンセルが相次ぎ、収入が減少していた。 31日は午後5時の営業終了後、関係者ら約40人が見守る中、従業員20人が玄関前に整列。相談役が「力不足で終わり残念。半世紀にわたるご愛顧に感謝したい」、支配人が「皆さまと歩んできた歴史に今、幕を下ろす。皆さまのお陰でこれまで営業できたことに感謝したい」とお礼を述べた。 町内から営業終了に駆けつけた男性(60)は「家族でボウリングをした思い出の場所。仕事でもよく訪れた」、妻(60)は「多くの人と出会い、お付き合いを広げる機会を与えてくれた場所だった」と惜しんだ。 ホテルは夏以降に建物を解体する予定。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌グランドホテルのホームページ

関連エントリ

美幌グランドホテル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道オホーツク管内の美幌町 美幌峠の開通100周年記念

北海道オホーツク管内の美幌町 美幌峠の開通100周年記念

関連記事

美幌峠の交通安全祈願祭 2020/06/01掲載(美幌町/社会) 神事行い来訪者の無事祈る / 美幌峠の交通安全祈願祭が29日、美幌峠レストハウスで開かれ、出席者が峠を訪れる観光客の無事を祈った。 例年は、交通安全と峠観光の発展を願う「美幌峠まつり」として、観光客も交えて盛大に開いているが、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮して規模を縮小。関係者約30人が出席して祈願祭のみを行った。 神事に続き、主催者を代表して美幌観光物産協会の谷政則会長があいさつ。「観光にとって逆風の年だが、開通100年を迎えたすばらしい景観を多くの人に見ていただきたい」と意気込みを述べた。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

美幌峠開通100周年記念 美幌峠フォトコンテスト 2020年4月23日 美幌町の観光名所として町内外から愛されている美幌峠は、大正9年7月14日に開通し、今年で100年を迎えます。開通100周年を記念し、美幌峠フォトコンテストを開催します。 美幌峠の景色や自然を活かした素敵な写真を撮影して、一緒に開通100周年をお祝いしましょう! / お問い合わせ先 / 主催:美幌峠魅力発信実行委員会(美幌町役場経済部商工観光グループ観光担当内) 電話番号:0152-73-1111(内線293) (美幌峠開通100周年記念 美幌峠フォトコンテスト – 美幌町のホームページ)

美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある国道243号の峠。オホーツク総合振興局と釧路総合振興局の境界にもなっている。 概要 / 1920年(大正9年)開通。阿寒摩周国立公園内にあり、眼下には日本国内最大の火山湖(カルデラ湖)である屈斜路湖のパノラマが広がっているほか、阿寒の山々が一望できる景勝地でもある[3][4]。美幌峠は、東西29 km、南北20 kmの規模がある屈斜路湖のカルデラの外輪山の西縁に位置する標高525 mの峠である。 (美幌峠 – Wikipedia)

関連サイト

美幌峠 – 美幌町役場のホームページ

美幌観光物産協会のホームページ

オホーツクでロケされた映画一覧

オホーツク地域の映画ロケ地

関連エントリ

びほろ観光社発足 社長加藤茂=醸造業 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光物産協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Search! Okhotsk さーち!オホーツクのホームページ


Search! Okhotsk さーち!オホーツクのホームページ

関連記事

さーち!オホーツク / 「さーち!オホーツク」は、オホーツク在住のメンバーが身近な情報を広く発信していく事業です。オホーツクのイベントや食、アクティビティや魅力など、地域の「幸(さち)」を、「察知(さっち)」し、発信する。それらのデータをウェブ上で「search(さーち)」できるというところから、「さーち!オホーツク」と名付けました。オホーツクの旬な情報を、どうぞお楽しみください!
Search! Okhotsk / “Search! Okhotsk” is a project where members living in Okhotsk share various local information. Please enjoy local seasonal information such as Okhotsk events, food, activities and attractions! (Search! Okhotsk さーち!オホーツクのホームページ)

ハッシュタグ企画 #オホーツクブルー委員会 / 「さーち!オホーツク」は、オホーツク在住のメンバーが身近な情報を広く発信していく事業です。ハッシュタグ企画「#オホーツクブルー委員会」は、オホーツク地域の青い空や青い海など、オホーツクブルーな写真をみなさんに投稿していただくという企画で、2019年6月12日〜7月23日まで開催いたしました。投稿写真数 44枚、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました! 以下に投稿いただいた写真を掲載いたします。問題がある場合はお手数ですがさーち!オホーツクまでご連絡ください。(順不同・敬称略) (#オホーツクブルー委員会 – さーちオホーツクのホームページ)

ハッシュタグ企画 #オホーツクさくら委員会 / 「さーち!オホーツク」は、オホーツク在住のメンバーが身近な情報を広く発信していく事業です。ハッシュタグ企画「#オホーツクさくら委員会」は、オホーツク地域の桜写真をみなさんに投稿していただくという企画で、2019年4月17日〜5月31日まで開催いたしました。投稿写真数 64枚、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました! 以下に投稿いただいた写真を掲載いたします。問題がある場合はお手数ですがさーち!オホーツクまでご連絡ください。(順不同・敬称略) (#オホーツクさくら委員会 – さーち!オホーツクのホームページ)

関連サイト

北海道 オホーツク総合振興局のホームページ (関連サイト内)

関連エントリ

Search! Okhotsk の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

さーち!オホーツク の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

路〜台湾エクスプレス〜(NHKテレビドラマ)

路〜台湾エクスプレス〜(NHKテレビドラマ)

関連記事

路 (小説) 吉田修一の小説、テレビドラマ / 『路』(ルウ)は、作家・吉田修一による日本の長編小説。文芸雑誌『文學界』2009年1月号から2012年2月号に連載、2012年11月21日に文藝春秋から刊行された。日本と台湾を舞台に、台湾高速鉄路(台湾新幹線)開通までの8年間を巡る日台の人々の絆と人生の物語を描く。 2013年には台湾にて中国語版が刊行、さらに2015年5月8日に文春文庫から文庫化された。 テレビドラマ / 『路〜台湾エクスプレス〜』(ルウ たいわんエクスプレス)のタイトルにおいてNHKと台湾のテレビ局・PTS(公共電視台)の共同制作による「日台共同制作ドラマ」としてテレビドラマ化され、NHK総合およびNHK BS4Kの「土曜ドラマ」枠で2020年5月16日から全3回に渡って放送されている。主演は波瑠。 (路 (小説) – Wikipedia)

関連サイト

路〜台湾エクスプレス〜 – NHK 土曜ドラマ

関連エントリ

路・台湾エクスプレス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

びほろ観光社発足 社長加藤茂=醸造業


びほろ観光社発足 社長加藤茂=醸造業

関連記事

映画「君の名は」で全国にその名を宣伝した美幌町の観光事業を一層効果的にしょうとこのほど、びほろ観光社(社長加藤茂氏=醸造業、専務理事大野昭氏=セトモノ商)が町内各団体の長を顧問として誕生した。事務所は旭通り加藤醸造店に置き、事業には美幌町の観光紹介と絵葉書の販売、郷土土産品の斡旋開発、観光客に対する奉仕、観光事業に対する協力、その他観光・産業に関する事業で町が行う観光事業を推進するものとして各方面から事業の発展が期待されている。 (1954年(昭和29年)8月14日 美幌新聞 発行人 大庭不二雄)

君の名は 日本のラジオドラマ、メディアミックス作品 / 『君の名は』(きみのなは)は、1952年から1954年に日本のNHKラジオで放送されたラジオドラマである。映画化、テレビドラマ化、舞台化もされた。 「君の名は」に関する歌の作詞・作曲は、すべて菊田一夫・古関裕而のコンビによる。 協賛 北海道美幌町 美幌町観光協会 (君の名は – Wikipedia)

関連エントリ

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店) – 美幌音楽人加藤雅夫

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店) – 美幌音楽人 加藤雅夫

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

インド料理レストラン・クリシュナ北見本店

インド料理レストラン・クリシュナ北見本店

関連記事

イベントカーの料理を家庭で 2020/04/17掲載(北見市/社会) インド料理レストラン・クリシュナ北見本店が企画 / 北見市大町のインド料理レストラン・クリシュナ北見本店は現在の社会情勢に配慮し、レストランとイベントカーの全メニューをテイクアウトできる新企画を打ち出した。消毒を徹底した店内席に加え開放感ある屋外テラス席も用意し、店内外両面で消費者ニーズに応える。 広めにとったテーブル席で、従来通り店内で食事ができる。暖かな日ならばベランダの外のテラス席でのランチも心地良さそうだ。 一方、各地でイベントの季節を迎えるも今回の新型コロナウイルス対策で自粛し、店の看板カー「動くインド料理レストラン・クリシュナエクスプレス」の出番もなし。そこで、イベントカーの味を家庭で楽しんでもらえればとレストランメニューのほかイベント料理も、持ち帰り商品に。(寒) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

有限会社クリシュナは、北海道網走郡美幌町に本社、北見市に本店を構えるインド料理(インドカレーなど)飲食店を経営する企業。 青色のカレーが提供されるカレー店(発祥地)として多数メディアに取り上げられることで有名である。 概要 / 企業・店舗名はインド神話の英雄クリシュナに由来する。 (クリシュナ (企業) – Wikipedia)

関連サイト

インド料理レストラン 有限会社クリシュナ – 伝書鳩WEB

関連エントリ

インド料理レストラン・クリシュナ北見本店(市野純夫) – 美幌音楽人 加藤雅夫

クリシュナ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

網走流氷海明けの毛ガニ漁

網走流氷海明けの毛ガニ漁

関連記事

毛ガニかご漁スタート 2020/04/08掲載(網走市/社会) 旬の味、出足好調 / 網走港 活気づく / 毛ガニの産地として有名な網走市で、今シーズンの毛ガニかご漁が始まった。流氷明けの初日は3隻が出漁し、待ち望んだ〝春の恵み〟を水揚げした。 網走港への初水揚げは今月6日で、漁を終えた網走漁協所属の漁船が港に姿を見せると、浜はにわかに活気づいた。 漁船が到着すると、鮮度を保つための専用ケースに入れられた初物が次々と荷上げされ、入札が行われる網走地方卸売市場に運ばれていった。 初日の水揚げは898㌔で、昨年より190㌔ほど少なかった。入札後の価格は1㌔当たり5160~6956円で、昨年の初日単価と比べ、サイズによっては600円ほど高かった。(大) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

ケガニ(毛蟹、Erimacrus isenbeckii)は、エビ目カニ下目クリガニ科に分類されるカニの1種。北西太平洋の沿岸域に広く分布する大型のカニで、食用に漁獲される。別名はオオクリガニ(大栗蟹)。 (ケガニ – Wikipedia)

関連エントリ

カニ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

網走流氷海明けのウニ漁

網走流氷海明けのウニ漁

関連記事

流氷去ったらウニおいし 2020/04/03掲載(網走市/社会) 網走で磯船使い水揚げ / 流氷が去り始めた網走で、ウニ漁が本格化した。磯船に乗った漁師が「箱めがね」と呼ばれる道具で海底をのぞき、流氷明けのウニをすくい上げている。 網走で水揚げされるほとんどは「エゾバフンウニ」。網走漁協磯部会の12戸が、市内二ツ岩や鱒浦などの海岸へ磯船を出し、水揚げしている。 浜から近い場所で行われる、網走のウニ漁。磯船に乗り込んだ漁師はうつ伏せになり、箱めがねで海底を覗き込む。そして長い棒のタモ網をゆっくり海中に沈め、ウニを捕獲する。 漁の最中、磯船の操縦は足でする。うつ伏せのまま、片足で櫂(=かい=水をかいて船を進ませる道具)を器用に動かし、前進や旋回を繰り返す。 漁獲したエゾバフンウニのほとんどは、市内に流通する。網走漁協の関係者は「特に流氷明けのウニは身がしまって、とてもおいしいですよ」。(大) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

エゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆、学名: Strongylocentrotus intermedius)は、オオバフンウニ科に属するウニの一種。北海道周辺の冷涼な沿岸に生息し、食用とされる。 (エゾバフンウニ – Wikipedia)

関連エントリ

ウニ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年)4月 美幌町の広報びほろ

2020年(令和2年)4月 美幌町の広報びほろ

関連記事

広報びほろ 令和2年度 4月号 / 内容 / 町政執行方針・教育行政執行方針 / 母子健診日程、乳幼児予防接種一覧 / しゃきプラ教室 / 新型コロナウイルスについて / 狂犬病予防注射 / ごみ袋差額交換、ごみの出し方 / ボランティアセンター / 確定申告延長、自治推進委員募集 / 医療従事者・介護資格取得者補助など / 福祉手当、高齢者等検索機器など / 障がい者相談員、移住支援金など / ペレット・町産材活用補助など / カラス・ヒグマの出没注意など / 地デジ広報開始 / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナびば・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 新庁舎建設 / カレンダー / 人のうごき 2019年2月末現在 ※()は前月末との比較 / 人口 19,230人(+12) 男 9,331人(+6) 女 9,899人(+6) 世帯9,514数(+10) 2020年2月4月号 (広報びほろ – 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町ホームページの使い方 美幌町のホームページ

美幌町の人口・世帯数 | 美幌町のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る