1000万アクセス カテゴリのアーカイブ

1992年10月 日本の天皇皇后両陛下 (中華人民共和国ご訪問)

1992年10月 日本の天皇皇后両陛下 (中華人民共和国ご訪問)

関連動画

1992年両陛下訪中 当時の上海担当者が振り返る(19/04/29) – YouTube

関連サイト

中華人民共和国ご訪問に際し(平成4年) – 宮内庁ホームページ

中華人民共和国ご訪問(平成4年) – 宮内庁ホームページ

天皇皇后両陛下 初めての中国訪問 | NHK名作選(動画他)

忘れられないあのひととき――両陛下の故宮参観を案内して – 人民中国ホームページ

友好平和を熱望された両陛下 – 人民中国ホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇皇后中国訪問 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

Joji_Yuasa_cropped_Joji_Yuasa_201411

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

関連記事

湯浅譲二 日本の作曲家 / 湯浅 譲二(ゆあさ じょうじ、1929年8月12日 – )は、日本の現代音楽の作曲家。 経歴と作品概論 / 1929年、福島県郡山市にて開業医の次男として生まれる。芸術愛好家だった父の影響で幼時より音楽に親しむ。旧制福島県立安積中学校を卒業したのち上京し、慶應義塾大学医学部に進む。当時は外科医志望であり作曲は趣味として行うつもりだったが東京で日本の現代音楽の状況を知るうちに「このぐらいなら自分でもできる」と思うようになり1951年、「10年間は面倒みてやるから」との父親の合意のもとに医学部教養課程を中退して作曲の道に進む。若い頃、詩人・瀧口修造の下で組織された芸術家グループ・実験工房で武満徹らと共に活動し電子音楽や自作を含む現代音楽の演奏会の製作にかかわった。一方で古典的な作曲理論を身につけておく必要も痛感し、大学教養課程での音楽の担当であった評論家・村田武雄の紹介で中田一次に短期間師事している。 アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校でブライアン・ファーニホゥ、ロジャー・レイノルズらと共に作曲の教職に就いていた。湯浅が自らの音楽を語る言葉として、次の文句が良く引き合いに出される。「私にとって音楽とは、音響エネルギー体の空間的・時間的推移である」。これはつまり音楽をその音響現象の中に見られるエネルギーの力学的運動として捉えることにより、その音楽の語り口(ナラティヴィティ)を見出そうというものである。このことによって湯浅はジャンルや様式、地域性などを超えたほとんどの音楽がこの言葉によって説明できるとしている。 もう一つ重要な言葉として、「コスモロジー」という言葉も湯浅は多用している。これは個々の人間が持つ個人性、その人の歩んできた歴史背景、学習・経験してきた事柄、さらに地域性、民族性、時代性などを包括する言葉である。これによって個々の作曲家には個性が反映され、作曲家独自のメッセージが生まれると湯浅は解説している。 UPICシステムを用いて制作された音楽作品は宣伝の割には意外なほどにUPIC単体の為に制作されたものに傑作が少ないが、そのような不毛の中で「UPICによる始原への眼差し第一番」はその数少ない中の傑作であるばかりか湯浅音楽の最高峰に位置付けられている。 カリフォルニア大学サンディエゴ校教授、日本大学藝術学部客員教授、東京音楽大学客員教授などを経て、桐朋学園大学特任教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校名誉教授、国際現代音楽協会(ISCM)名誉会員。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。 主な作品 / 管弦楽曲 室内楽 吹奏楽 マンドリンオーケストラ 雅楽 ピアノ曲電子音楽、ミュジーク・コンクレート、コンピュータ音楽 合唱曲 校歌 童謡 映画音楽、テレビなどの音楽 フォークソング 著作・楽譜 / 受賞・受章など (湯浅譲二 – Wikipedia)

Joji Yuasa (湯浅譲二 Yuasa Jōji, born 12 August 1929) is a Japanese composer of contemporary classical music. Biography / Born in Kōriyama, Fukushima, he is a self-taught composer. He first became interested in music while a pre medical student at Keio University, and in 1952 he joined a young artists’ group Jikken Kobo (Experimental Workshop, 1951 – 1957) in Tokyo, an organization for the exploration of new directions in the arts, including multimedia. Since then, Yuasa has written a wide range of compositions, including orchestral, choral and chamber music, music for theatre, and intermedia, electronic and computer music. His works have been commissioned by the Koussevitzky Music Foundation, Saarland Radio Symphony Orchestra, Helsinki Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Canada Council, Suntory Music Foundation, IRCAM and National Endowment for the Arts of the U.S.A. He has received a number of fellowships and awards, from: Japan Society Fellowship (1968–69), Composer in Residence at the Center for Music Experiment UCSD (1976), Berlin Artist Program by DAAD (1976–77), the New South Wales Conservatorium of Music in Sydney (1980), the University of Toronto (1981) and IRCAM (1987), As a guest composer and lecturer, he has contributed to the Festival of the Arts of This Century in Hawaii (1970), New Music Concerts in Toronto (1980), Asian Composers League in Hong Kong (1981), concert tour for Contemporary Music Network by British Arts Council (1981), Asia Pacific Festival in New Zealand (1984), Composers Workshop in Amsterdam (1984), Darmstadt Summer Course for Contemporary Music (1988), Lerchenborg Music Tage (1986, 1988), the Pacific Music Festival in Sapporo (1990), and Music of Japan Today: Tradition and Innovation (Hamilton College, NY – 1992). From 1981 to 1994 he was a music researcher and professor at the University of California, San Diego, where he is currently a professor emeritus. He has also served as a guest professor at the Tokyo College of Music since 1981, a professor at Nihon University since 1993 and an honorary member of ISCM. Yuasa is the recipient of a 1996 Suntory Music Award. (Joji Yuasa – Wikipedia

美幌町 日本の北海道の町 / 美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 美幌町の有名人 / 美幌町ゆかりの有名人 / 湯浅譲二 ー 日本の作曲家。美幌病院歌または看護学校歌を作曲した。(美幌町 (美幌町ゆかりの有名人) – Wikipedia)

関連動画

耳をすましてごらん:湯浅譲二 – YouTube

湯浅譲二作曲、長田弘作詞 おやすみなさい – YouTube

湯浅譲二:冬の光のファンファーレ~長野オリンピックのための – YouTube

関連エントリ

美幌町の歌(町歌と校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

藁科雅美記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 日本芸術院賞 (日本芸術院) – 美幌音楽人 加藤雅夫

実験工房 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

湯浅譲二 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の舞踏家 邰丽华 邰麗華 (中国障害者芸術団の団長)

中国の舞踏家 邰丽华 邰麗華 (中国障害者芸術団の団長)

関連記事

邰麗華(1976年11月-),湖北宜昌市人,中国残疾人艺术团的團員之一,同时兼任演员队队长、团长助理以及中国特殊艺术协会副主席。她曾參與多場大型舞蹈表演,獲獎無數,在2005年中央电视臺春节联欢晚会上以一場名為《千手观音》的集體舞蹈贏得了國內觀眾的認同與讚賞,從此聲名大噪,成為中国最著名的聽障舞蹈家。 舞蹈生涯 / 邰麗華於两岁時因在患麻疹发高燒時錯誤注射链霉素导致失聪,七岁时入讀聋哑学校,通過学校专门开设的律动课利用鼓声感受到声音的节拍,从此愛上音樂,在十五岁那年开始接受正规的舞蹈训练。她雖然無法聽到音樂的旋律,但堅毅的她憑著手語老師的手勢指導及自己用心感覺節拍,一直百折不撓地努力練習舞蹈。於1992年10月在意大利举办的艺术盛会“无国界文明艺术节”,她在斯卡拉大剧院以舞蹈《敦煌彩塑》嶄露頭角,被譽為“美与人性的使者”。1999年,她進入湖北省残疾人联合会艺术团。於2000年9月在纽约卡内基音乐厅,她以單人舞蹈《雀之灵》感動了美國上萬觀眾,其後又參與了多場公開舞蹈表演,包括《黃土黃》等。2003年,她调至中国残疾人艺术团。在2004年雅典殘疾人奧運會閉幕式上,她與一隊聾啞舞蹈員以舞蹈《千手观音》吸引了世界讚歎的目光,成功把中國文化的瑰丽與神祕傳揚各地。迄今她已到過超過20个國家表演,包括澳大利亞、法國、日本、馬來西亞、波蘭等。 (邰麗華- 维基百科,自由的百科全书)

中国障害者芸術団(ちゅうごくしょうがいしゃげいじゅつだん、中: 中国残疾人艺术团、英: China Disabled People’s Performing Art Troupe)は、中国の芸術団体。 1987年に設立された。団長および団員104名(2013年現在)とスタッフの全員が、体に何らかの障害を持つという。 世界各国で公演を行っており、2007年には「ユネスコ平和芸術家」に指定された。 千手観音 / 2004年のアテネパラリンピック閉会式では、ろう者の団員による舞踊「千手観音」が披露された。 ダンサーが縦に重なるように並び、腕を華麗に動かすもの。息を吹きかけて合図をとるという。 (中国障害者芸術団 – Wikipedia)

関連動画

雀之靈 邰麗華 – YouTube

中国残疾人艺术团《千手观音》 – YouTube

舞踊「千手観音」 中国障害者芸術団 – YouTube

雀之灵(傣族女子独舞,表演:邰丽华) – YouTube

関連サイト

邰麗華独占インタビュー

邰麗華氏、特殊アートの背後にある力について語る – チャイナネット

中日青少年友好交流年の親善大使、邰麗華さん – チャイナネット

中国障害者芸術団 千手観音の邰麗華さん – MOON LIGHT ON THE WATER

中国残疾人艺术团 中国の公式サイト

中国障害者芸術団 日本の公式サイト

関連エントリ

中国障害者芸術団 (DPI世界会議札幌大会) – 美幌音楽人 加藤雅夫

邰丽华 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

邰麗華 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

タイリーファ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tai Lihua の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国残疾人艺术团 中国障害者芸術団 (中国の芸術団体)

中国残疾人艺术团 中国障害者芸術団 (中国の芸術団体)

関連記事

中国障害者芸術団(ちゅうごくしょうがいしゃげいじゅつだん、中: 中国残疾人艺术团、英: China Disabled People’s Performing Art Troupe)は、中国の芸術団体。 1987年に設立された。団長および団員104名(2013年現在)とスタッフの全員が、体に何らかの障害を持つという。 世界各国で公演を行っており、2007年には「ユネスコ平和芸術家」に指定された。 千手観音 / 2004年のアテネパラリンピック閉会式では、ろう者の団員による舞踊「千手観音」が披露された。 ダンサーが縦に重なるように並び、腕を華麗に動かすもの。息を吹きかけて合図をとるという。 (中国障害者芸術団 – Wikipedia)

中国残疾人艺术团是中国一个以残疾人才艺表演为主的艺术演出团体。1987年成立,起初只是一个业余团体,以弘扬残疾人“平等、参与”为主。2000年后,随着《我的梦》、《千手观音》等高水准的文艺表演的推出,艺术团得到了长足的进步和发展,目前已成为国际一流演出团体,在海内外享有盛名。艺术团还成立了和谐基金会,将自己演出收入捐赠给其他残疾人。现任名誉团长为邓朴方、团长为邰丽华。 (中国残疾人艺术团- 维基百科,自由的百科全书)

関連動画

中国残疾人艺术团《千手观音》 – YouTube

舞踊「千手観音」 中国障害者芸術団 – YouTube

雀之靈 邰麗華 – YouTube

関連サイト

中国残疾人艺术团 中国の公式サイト

中国障害者芸術団 日本の公式サイト

関連エントリ

中国障害者芸術団 (DPI世界会議札幌大会) – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国残疾人艺术团 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国障害者芸術団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋)

800px-Flag_of_the_Japanese_Emperor_svg.jpg


日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

関連サイト

宮内庁のホームページ / このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。

上皇上皇后両陛下(御在位中のおことばとご活動等) – 宮内庁ホームページ

皇室紹介ビデオ(VHS・DVD) – 宮内庁ホームページ

皇室 – 宮内庁ホームページ

皇室の構成図 – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 夏) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成31年 春) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 夏) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース(平成30年 春) -美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) ドラえもん誕生日おめでとう (マイナス93歳)

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

img_index01.jpg

2019年(令和元年) ドラえもん誕生日おめでとう (マイナス93歳)

2112年9月3日 誕生 架空のネコ型ロボット ドラえもん (マイナス93歳)

1947年(昭和22年)9月3日 誕生 実在のギター型ロボット 美幌音楽人・加藤雅夫 (北海道美幌町の高貴高齢者 72歳)

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ | 加藤雅夫の誕生 1947〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネコ型ロボット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ギター型ロボット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ドラえもん誕生日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の アグーナリー (Agoonoree)

日本の アグーナリー (Agoonoree)

関連記事

日本ジャンボリー(にっぽんジャンボリー、Nippon Jamboree)とは、ボーイスカウト日本連盟主催のキャンプ大会であり、国内におけるボーイスカウトの最大の行事。 1956年(昭和31年)に初めて開催され、以後4年に一度開催されている。なお、行事の呼称はNJと略表記される場合がある(大会回数を冠して15NJ(第15回日本ジャンボリー)などと表記する)。 第17回からは、日本スカウトジャンボリーに名称変更。行事の呼称も[NSJ]に変更になった。 その他のキャンプ大会 / 日本アグーナリー / 主に障害者スカウトを参加対象としている。4年に一度開催され、現在までに11回実施されている。なお、NAと略表記される場合がある(大会回数を冠して11NA(第11回日本アグーナリー)などと表記する)。 (日本ジャンボリー -Wikipedia)

Agoonoree is a Scouting jamboree for young people with special needs. History / In 1949, Netherlands Scouts organised an international camp at Lunteren for Scouts with disabilities called “Agoon”, after the Greek language word agṓn meaning a gathering or competition. Further international Agoon camps were held in Belgium in 1953 and at Gilwell Park in the United Kingdom in 1958. The success of these events prompted the establishment of “Agoonoree” (a compound word of Agoon plus jamboree) camps at national or regional level in several countries. Japan / Nippon Agoonorees are held once every four years, and are abbreviated “NA”, and may include the umber of the event. For example, “9NA” refers to the 9th Nippon Agoonoree. SAJ (Scout Associatif Japan) uploads these pictures in Facebook. Fumihito, Prince Akishino and Princess Mako participated in the Agoonoree on August 12, 2016. (Agoonoree – Wikipedia)

関連サイト

障害児スカウティング

アグーナリーとは? AGOONOREEとは? – ボーイスカウト日本連盟

関連エントリ

アグーナリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Agoonoree の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

関連記事

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) – 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長を歴任した。 生涯 / 晩年 / 三島通陽の『スカウト十話』によれば、後藤が倒れる日に三島に残した言葉は「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」であったという。 逸話 / 日本のボーイスカウト活動に深い関わりを持ち、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めている。スカウト運動の普及のために自ら10万円の大金を日本連盟に寄付し、さらに全国巡回講演会を数多く実施した。ボーイスカウトの半ズボンの制服姿の写真が現在も残っている。制服姿の後藤が集会に現れると、彼を慕うスカウトたちから「僕等の好きな総長は、白いお髭に鼻眼鏡、団服つけて杖もって、いつも元気でニコニコ」と歌声が上がったという。 現在の中国大使館は後藤邸の跡地である。 (後藤新平 – Wikipedia)

三島 通陽(みしま みちはる、1897年(明治30年)1月1日 – 1965年(昭和40年)4月20日) は、日本の小説家・劇作家・演劇評論家。子爵。貴族院議員・参議院議員。文部政務次官。二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。東京麻布生まれ、学習院卒業。ペンネームに三島章道(みしま しょうどう)。 ボーイスカウト運動 / ボーイスカウト日本連盟初代理事長兼中央実修所所長を経て、ボーイスカウト日本連盟第4代総長。 1922年(大正11年)、後藤新平を中心として初の全国組織「少年団日本連盟」が結成されると、25歳で副理事長に選任される。妻の純は翌年、日本のガールガイド・ガールスカウト組織として、「日本女子補導団」を設立。 1950年(昭和25年)、三島家別荘の土地と家屋(栃木県西那須野町)をボーイスカウト日本連盟に譲渡。その地所は現在、ボーイスカウト日本連盟の常設野営場、那須野営場となっている。 1951年(昭和26年)、全国総会において第4代総長に選出される。 1953年(昭和28年)、ボーイスカウト日本連盟より功労章「きじ章」を贈られる。 1959年(昭和34年)、藍綬褒章受章。 1961年(昭和36年)、英国ボーイスカウト連盟より功労章「ブロンズ・ウルフ章」を贈られる。 1965年(昭和40年)2月25日から3月7日まで毎日新聞に「スカウト十話」を連載。これが絶筆となる。 4月20日死去。叙・正三位、勲二等旭日重光章受章。 4月24日、日本連盟葬が執行された。なお、琵琶湖畔の雄松崎(滋賀県大津市)にある「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑の書は、三島の筆によるものである。 (三島通陽 – Wikipedia)

第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 1962年(昭和37年)8月3日 – 8月8日 場所:静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。明仁皇太子殿下 (今上天皇) と美智子妃殿下 (皇后美智子) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

ボーイスカウト十話 – ボーイスカウト茨城県連盟ホームページ

関連エントリ

スカウト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スカウト十話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 終戦の日 (8月15日 日本)

448px-Noah_mosaic.jpg

2019年(令和元年) 終戦の日 (8月15日 日本)

関連記事

終戦の日(しゅうせんのひ)は、一般に1945年(昭和20年)の戦争が終結した日をさす。本項目では各国における第二次世界大戦の終結(終戦)を記念する日について解説する。 日本の終戦記念日 / 日本政府は、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日(せんぼつしゃをついとうしへいわをきねんするひ)」とし、全国戦没者追悼式を主催している。一般にも同日は終戦記念日(しゅうせんきねんび)や終戦の日(しゅうせんのひ)と称され、政治団体・非営利団体(NPO)等による平和集会が開かれる。 (終戦の日 Wikipedia)

日本の降伏(にっぽんのこうふく、にほんのこうふく)とは、通常、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の日本による「ポツダム宣言」受諾(1945年8月14日)から降伏文書署名(1945年9月2日)に至るまでの過程を指す。以下、日本および日本の各占領地における経過を説明する。 (日本の降伏 – Wikipedia)

全国戦没者追悼式(ぜんこくせんぼつしゃついとうしき、英語: Memorial Ceremony for the War Dead)は、日本国政府の主催で1952年(昭和27年)以後行われる式典。1965年(昭和40年)以降は東京都千代田区の日本武道館で毎年8月15日に行われる、第二次世界大戦の日本人戦没者に対して宗教的に中立な形で行われる追悼式。 (全国戦没者追悼式 – Wikipedia)

関連サイト

戦没者慰霊(忘れてはならない4つの日) – 宮内庁ホームページ

終戦の玉音放送 – 宮内庁ホームページ

関連エントリ

戦時に動物園で動物処分 – 美幌音楽人 加藤雅夫

全国戦没者追悼式 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の降伏 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

終戦の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年東京五輪メダルケース 山上木工 (北海道 津別町)

2020年東京五輪メダルケース 山上木工 (北海道 津別町)

関連記事

2020年東京五輪のメダルケースに山上木工の作品が採用決定! 令和元年7月24日、2020年東京五輪大会組織委員会が五輪メダルとメダルケースを発表し、メダルケースに津別町内の家具メーカー  山上木工(株)が作成した木製ケースの採用が決定されました! 山上木工(株)の木製メダルケースは約20作品の応募の中から、加工技術の高さを評価され採用が決定しました。 木製のメダルケースには、道産のタモ材を使用し、円形の本体とふたが磁石でくっつき、つながった輪のようにメダルを立てて収納することができます。 津別町から世界に向けて、山上木工(株)の加工技術の高さが発信され、とても喜ばしいことです。 山上木工(株)の皆様、誠におめでとうございます! (愛林のまち津別町 つべつ町のお知らせ – 津別町ホームページ)

関連サイト

津別で製作 五輪メダルケース | NHK 北海道のニュース

東京五輪メダル ケースは津別「山上木工」製造 : 北海道新聞 どうしん電子版

「林業のマチ、津別の誇り」 東京五輪メダルケースに山上木工製採用?社員や町民ら歓喜 : 北海道新聞 どうしん電子版

東京2020オリンピックメダル | 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

関連エントリ

東京五輪メダルケース の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

山上木工 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る