1000万アクセス カテゴリのアーカイブ

令和3年12月29日 佳子さま27歳の誕生日

令和3年12月29日 佳子さま27歳の誕生日

関連記事

佳子内親王 日本の女性皇族、秋篠宮文仁親王と紀子妃の第ニ女子、宝冠大綬章。佳子内親王(かこないしんのう、1994年〈平成6年〉12月29日 – )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下[2]。お印はゆうな。勲等は宝冠大綬章。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子。明仁(第125代天皇・上皇)の孫。徳仁(第126代天皇・今上天皇)の傍系(姪)にあたる。姉に小室眞子(眞子内親王)、弟に悠仁親王がいる。2021年(令和3年)現在、内親王としては最年長。住居は、東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある秋篠宮邸で、改修工事に伴い、2022年(令和4年)3月まで「御仮寓所(ごかぐうしょ)」に仮住まいしている。2014年(平成26年)12月に成年皇族となり、宮中行事に参列するほか、公務に携わっている。少年の主張全国大会や全国高校生手話パフォーマンス甲子園、全日本高等学校馬術競技大会などの出席が恒例となっており、外国公式訪問を経験するなど、公務の幅を広げている。 (Wikipedia)

関連サイト

宮内庁のホームページ

関連エントリー

佳子さま の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

クリスマスの日 おくりもの

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

クリスマスの日 おくりもの

ギター ナルシソ・イエペス
ダンス アナ・イエペス

皆様に希望の光り贈ります (美幌のサンタクロース)

関連エントリー

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

令和3年12月23日 上皇明仁さま88歳の誕生日

令和3年12月23日 上皇明仁さま88歳の誕生日

明仁さまへ
明日という字は明るい日と書きます
明日も良い日でありますように (国民の祝日 平成の日)

関連記事

明仁 日本の上皇、第125代天皇 / 明仁(あきひと、(1933年〈昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位: 1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇(在位: 2019年〈令和元年〉5月1日 – )。御称号は繼宮/継宮(つぐのみや)、お印は榮(えい)。敬称は陛下。勲等は大勲位。昭和天皇と香淳皇后の第1皇男子。皇子女に徳仁(第126代天皇)、秋篠宮文仁親王(皇嗣)、黒田清子(清子内親王)がいる。1989年1月7日の父・昭和天皇の崩御に伴い日本国憲法および現皇室典範下で初めて皇位を継承。翌8日に元号法と政令に基づき「平成」へ改元が行われた。また、2019年4月30日、皇室典範特例法に基づき憲政史上初めて譲位した。 (Wikipedia)

関連サイト

宮内庁ホームページ

関連エントリー

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇上皇后両陛下について (日本) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美幌海軍航空隊 中攻CHUKO

太平洋戦争開戦80年に寄せて
美幌海軍航空隊 中攻CHUKO

私の実家・加藤醸造店の住居部分は、1893年(明治26年)に北1丁目に建てられた料亭・旅館を南1丁目まで引っ張ってきました。1階と2階には部屋がたくさんありました。美幌海軍航空隊が出来てから、日本海軍の陸上攻撃機部隊の隊員・操縦士たちが下宿しました。私の母や祖母たちは「とても立派な人たちだった」と言っていました。
ある日、攻撃機が家の上空を旋回して戦場へ飛び立った。家の人たちは手を振って別れを惜しんだ。実家の醤油蔵・味噌蔵の周りには杏の木・梅の木が50本ありました。香り付け・風味付けのためであります。花の散る際は見事でした。先の世界大戦では多くの命が犠牲になりました。哀悼の意を捧げます。

関連記事

美幌海軍航空隊
美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、大東亜戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。
沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、④計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合っ隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。
九六式陸上攻撃機 / 美幌空は当初より陸攻専用の航空隊として編成されていた。後継機の一式陸上攻撃機は1942年(昭和17年)上半期に最前線部隊へ優先して配当されたため、この時期に内地に帰還していた美幌空には配当されなかった。つまり美幌空所属の実戦用機体は「中攻」のみである。(Wikipedia)

関連サイト

美幌海軍航空隊 中攻 CHUKO

関連エントリー

美幌町議会「インターネット議会中継」全世界へ配信開始! の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中攻 の検索結果 – 美幌音楽 人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

おもいでのアルバム 誕生日

89B47DDB-F25E-4DDD-9644-D6B2A8611867
IMG_20190303_193310

おもいでのアルバム 誕生日

Happy Birthday
お誕生日おめでとうございます
絆ーびほろ[さくらんぼ部会]

今日(9月3日)は、猫型ロボット、ギター型ロボットの誕生日です。

机器猫、吉他机器、生日快乐。

関連記事

おもいでのアルバム / 「おもいでのアルバム」「思い出のアルバム」は、日本の歌。作詞:増子とし(1908年 – 1997年)、作曲:本多鉄麿(本多慈祐、1905年 – 1966年)。 (Wikipedia)

関連エントリー

絆びほろ・さくらんぼ部会 の検索結果

思い出のアルバム の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の詩人 加島祥造 – 求めない

日本の詩人 加島祥造 – 求めない

関連記事

加島祥造 / 加島 祥造(かじま しょうぞう Shozo Kajima、1923年1月12日 – 2015年12月25日)は、日本の詩人、アメリカ文学研究者、翻訳家、随筆家、タオイスト、墨彩画家。詩作のみならず、アメリカ文学の翻訳にて名声を得た後、壮年期より漢詩を経て老荘思想に大きな影響を受け、文筆のみならず絵画なども含めた幅広い創作活動や執筆活動を通して、西洋と東洋の双方を見渡す位置からタオイストとしての一貫した姿勢を私生活でも死去するまで徹底した。 翻訳関係の仕事では、訳書により、一ノ瀬直二、久良岐基一といった別名義を用いて活動しており、死後になって、関係者よりその事実が改めて説明がなされた。 生涯 / 1990年より、自分の心の故郷として長野県駒ヶ根市に移住し、伊那谷での一人暮らしを始める。1993年、『老子道徳経』を翻訳(抄訳)した『タオ・ヒア・ナウ』(PARCO出版)を出版する。日本で初めて、老子の言葉と思想を、現代語自由詩の形によって表す。1994年、新川和江との共著の詩集『潮の庭から』で第3回丸山豊記念現代詩賞受賞。2000年、筑摩書房より老子81章の完全訳自由詩『タオ-老子』を出版、ロングセラーとなる。老子の思想を詩によって簡明に表現した画期的な仕事となった。 また、伊那谷に移住する前後より詩作活動と並行して、墨彩画の制作にも力を入れるようになり、伊那谷の心象風景や自然を描き、老子の言葉や自らの詩などを画賛に添えた。 私生活では既婚者で妻との間に息子2人を儲けており、その一人である次男・牧史は東京・銀座のギャラリーバーKajimaを営む傍ら、翻訳家としても活動している。 2015年12月25日、老衰により自宅で死去。92歳没。 (加島祥造 – Wikipedia)

関連サイト

加島祥造 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

関連エントリー

加島祥造 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

東日本大震災10年 (山元町、大槌町)

東日本大震災10年 (山元町、大槌町)

関連記事

東日本大震災十周年追悼式(3月11日)の当日における黙とうについて / 2021年3月10日 / 東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災から10年が経とうとしています。3月11日(木)午後2時30分から、国においては「東日本大震災十周年追悼式」が執り行われます。この震災により、犠牲になられたすべての方々に対して哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りするため、3月11日(木)午後2時46分から1分間の黙とうを捧げていただきますよう、町民の皆様のご協力をお願いいたします。(当日は、地震発生の午後2時46分に消防サイレンを吹鳴いたします) (美幌町のホームページ)

東日本大震災 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による大規模な地震災害及びこれに伴う福島第一原子力発電所の原子力事故による災害 / 東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日(金) 14時46分18.1秒に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。東日本各地での大きな揺れや、大津波、火災等により、東北地方を中心に12都道県で2万2000人余の死者(震災関連死を含む)・行方不明者が発生した。これは明治以降の日本の地震被害としては関東大震災、明治三陸地震に次ぐ規模となった。沿岸部の街を津波が破壊し尽くす様子や、福島第一原子力発電所におけるメルトダウン発生は、地球規模で大きな衝撃を与えた。発生した日付から3・11(さんてんいちいち、さんいちいち)と称することもある。 (Wikipedia)

関連エントリー

山元町 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大槌町 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

東日本大震災10年 哀悼の意

東日本大震災10年 哀悼の意

関連記事

東日本大震災十周年追悼式(3月11日)の当日における黙とうについて / 2021年3月10日 / 東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災から10年が経とうとしています。3月11日(木)午後2時30分から、国においては「東日本大震災十周年追悼式」が執り行われます。この震災により、犠牲になられたすべての方々に対して哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りするため、3月11日(木)午後2時46分から1分間の黙とうを捧げていただきますよう、町民の皆様のご協力をお願いいたします。(当日は、地震発生の午後2時46分に消防サイレンを吹鳴いたします) (美幌町のホームページ)

東日本大震災 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による大規模な地震災害及びこれに伴う福島第一原子力発電所の原子力事故による災害 / 東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日(金) 14時46分18.1秒に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。東日本各地での大きな揺れや、大津波、火災等により、東北地方を中心に12都道県で2万2000人余の死者(震災関連死を含む)・行方不明者が発生した。これは明治以降の日本の地震被害としては関東大震災、明治三陸地震に次ぐ規模となった。沿岸部の街を津波が破壊し尽くす様子や、福島第一原子力発電所におけるメルトダウン発生は、地球規模で大きな衝撃を与えた。発生した日付から3・11(さんてんいちいち、さんいちいち)と称することもある。 (Wikipedia)

関連エントリー

東日本大震災 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

新型コロナウイルスのワクチンについて 首相官邸のホームページ

新型コロナウイルスのワクチンについて 首相官邸のホームページ

関連記事

ワクチンは、新型コロナウイルスの感染症対策の決め手となるものです。国民の皆様が、安全で有効なワクチンを一日でも早く接種できるように、全力を尽くしてまいります。 政府としては、安全性・有効性の審査を行った上で、自治体とも連携して万全な接種体制を確保し、できる限り、2月下旬までには医療従事者から接種を開始できるよう準備いたします。 ワクチンの円滑な接種を進めるためには、国民の皆様のご理解が不可欠です。このため、ワクチンに関する正確な情報を分かりやすくお届けするため、この特設ホームページと新たなツイッターアカウントを開設いたしました。 ぜひ多くの方に、このホームページやツイッターをご覧いただき、ワクチン接種に関するご理解を深めていただければと思います。積極的に情報発信してまいります。 新型コロナワクチンについて | 首相官邸のホームページ)

関連サイト

首相官邸のホームページ

関連エントリー

首相官邸ホームページ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

上皇明仁さまの誕生日について

上皇明仁さまの誕生日について

関連記事

明仁 日本の第125代天皇、上皇 / 明仁(あきひと、(1933年〈昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位: 1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇(在位: 2019年〈令和元年〉5月1日 – )。称号は繼宮(つぐのみや)、お印は榮(えい)。敬称は陛下。勲等は大勲位菊花章頸飾。 昭和天皇と香淳皇后の第1皇男子。皇子女に徳仁(第126代天皇)、秋篠宮文仁親王(皇嗣)、黒田清子がいる。 父帝・昭和天皇の崩御を受けて、日本国憲法及び現皇室典範下で初めて皇位を継承し、元号法及び元号を改める政令(昭和64年政令第1号)に基づき翌日より「平成」と改元された。また、天皇退位特例法に基づき、憲政史上初めて譲位した。 (明仁 – Wikiedia)

関連サイト

宮内庁ホームページ

上皇さま誕生日の12月23日、将来は祝日「平成の日」に?:東京新聞 TOKYO Web

関連エントリー


1962年(昭和37年)開催の第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 参加。会場は静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。当時の明仁皇太子殿下 (上皇)と美智子妃殿下 (上皇后) に謁見行進。

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇誕生日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る