1000万アクセス カテゴリのアーカイブ

12月9日 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 (誕生日)

200px-Crown_Princess_Masako_of_Japan

12月9日 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 (誕生日)

関連記事

12月9日 誕生日 / 1963年 皇太子妃雅子殿下 (皇族) (12月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月9日 誕生日 / 1963年 – 皇太子徳仁親王妃雅子、皇太子妃、親王妃、皇族 (12月9日 – Wikipedia)

皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ、1963年〈昭和38年〉12月9日 – は、日本の皇族。皇太子徳仁親王の妃。旧名・小和田 雅子(おわだ まさこ)。身位は皇太子妃。皇室典範に定める敬称は殿下。お印はハマナス。勲等(称号)は宝冠大綬章。学位は経済学士(ハーバード大学・1985年)。元外交官。 御所は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある東宮御所。 略歴 / 生い立ち / 1963年(昭和38年)12月9日、小和田恆・優美子夫妻の第1子(長女)として東京都港区虎ノ門の虎の門病院にて誕生。 (皇太子徳仁親王妃雅子Wikipedia)

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(こうたいしなるひとしんのうとおわだまさこのけっこんのぎ)は、1993年(平成5年)6月9日に日本の皇居にある宮中三殿において、国事行為として行われた皇室の儀式(結婚の儀)である。本儀式により日本の皇太子・徳仁親王(当時33歳)と小和田雅子(当時29歳)は結婚し、雅子は皇太子妃となった。一連の出来事は皇太子の父である今上天皇の皇太子時代の結婚と同様、皇太子ご成婚(ご結婚)や皇太子さまご成婚、皇太子さま・雅子さまご成婚などのようにマスメディアでは表現される。 夫妻 / 夫となる徳仁親王は今上天皇と皇后美智子の第1皇男子(第1子長男)であり、御称号を浩宮(ひろのみや)とし、以下の婚約と結婚が進められる間に、31歳で立太子の礼を行い皇太子となった。2018年現在皇位継承順位第1位である。 妻となる小和田雅子は婚約当時外務省勤務で、同じく外交官であり当時外務事務次官を務めていた小和田恆の長女である。幼少時より父についてソビエト連邦、アメリカ合衆国での生活を経験した帰国子女で、ハーバード大学経済学部を卒業、学士入学で東京大学在学中に外交官試験に合格、中退して外務省に入省し、研修でオックスフォード大学に留学した。彼女は日本で男女雇用機会均等法が制定され、女性の社会進出というテーマに揺れた世代である。 (皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀 – Wikipedia)

関連サイト

雅子さま 55歳の誕生日「国民の幸せのため力尽くす」 | NHKニュース

雅子さま 誕生日に際しての感想 全文 | NHKニュース

皇太子妃殿下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁

皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解 – 宮内庁

関連エントリ

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(皇室の儀式)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019年 これからは美しく生きて行く時代へ – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

皇太子妃雅子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 冬)

bi_bo.jpg

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 冬)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

関連サイト

皇太子妃殿下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁

皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解 – 宮内庁

皇室 – 宮内庁

皇室の構成図 – 宮内庁

The Imperial Household Agency Website

関連エントリ

12月9日 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 (誕生日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月30日 秋篠宮文仁親王殿下 (誕生日)

img_history40_04.jpg

11月30日 秋篠宮文仁親王殿下 (誕生日)

関連記事

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇男子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は兄・皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。 宮邸は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮・宮邸を使用している。 (秋篠宮文仁親王 – Wikipedia)

関連サイト

秋篠宮家 – 宮内庁

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成29年) – 宮内庁

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮文仁親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の江蘇省蘇州市を訪問 (子連れギター旅行記)

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

中国の江蘇省蘇州市を訪問 (子連れギター旅行記)

1991年 (平成3年) 5月 、北海道美幌町の 美幌音楽人 加藤雅夫と娘 (美幌中学校1年生) は、中国の江蘇省人民政府の招待を受けて蘇州市内の少年宮・中学校で音楽交流した。留園の庭園、唐代の詩人張継の「月落ち烏鳴いて霜天に満つ」で始まる漢詩「楓橋夜泊」に登場することで有名な寒山寺を訪問する。 蘇州飯店での江南音楽と江南料理はとても満足しました。中国の有名な俳優と女優が、上海からお忍びでやって来てカラオケを披露してくれました。 1980年 (昭和50年) 11月19日 山口百恵さんと三浦友和さんが結婚、中国の江蘇省蘇州市の蘇州絲綢博物館 (蘇州シルク博物館) などで、蘇州市の人々は「山口百恵さんの花嫁衣装は 蘇州シルクです 二千万円です」と語っていた。とても驚きました。

関連記事

蘇州市(そしゅうし、中国語: 蘇州市/苏州市、拼音: Sūzhōu、英語: Suzhou)は、中華人民共和国江蘇省東南部に位置する地級市。 古くから絹織物で発展した国家歴史文化名城であり、上海市に隣接する地の利があり、現在も省の経済的中心である。 (蘇州市 – Wikipedia – 苏州)

江蘇省(こうそしょう、中国語: 江苏省、拼音: Jiāngsū Shěng、英語: Jiangsu)は、中国東部にある行政区。長江の河口域であり、北部は淮河が流れ黄海に面する。名称は江寧(現南京市)の江、蘇州の蘇による。省都は南京市(中華民国政府が公表している省都は鎮江市)。略称は蘇。 (江蘇省 – Wikipedia)

関連エントリ

張継七言絶句「寒山寺楓橋夜泊」(俊岳吟詠) – 美幌音楽人 加藤,雅夫

蘇州 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

江蘇省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

関連記事

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。 イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 (平成30年) 天皇皇后両陛下の主催 秋の園遊会

Emperor_Akihito_cropped_2_Barack_Obama_Emperor_Akihito_and_Empress_Michiko_20140424_1.jpg

300px-Empress_Michiko_of_japan.jpg

2018年 (平成30年) 天皇皇后両陛下の主催 秋の園遊会

その昔、美幌町長の山内正雄さんと美知子さんご夫妻は秋の園遊会に招待された。皇太子明仁親王殿下と美智子妃殿下の前に一歩進み出て「北海道美幌町の町長です」と自己紹介をしてしまった。皇太子殿下は「やあ! 昭和33年の6月に美幌町でお会いしましたね」と言ってくれました。 (天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫)

ソチパラリンピツクのメダリスト、北海道美幌町出身の久保恒造さん、ソチパラリンピックのアルペンスキー男子で金メダルを獲得した狩野亮選手も招待された。狩野亮さんの父親は美幌中学校の教師で、私の娘の担任だった。


関連記事

園遊会(えんゆうかい)は、天皇皇后が主催する野外での社交会(宴会)である。 概要 / 皇太子をはじめ各皇族も列席する催しであり、招待客に内閣総理大臣、国務大臣、衆議院議長・参議院議長及び副議長、主な国会議員、統合幕僚長(2006年までは統合幕僚会議議長)、最高裁判所長官、裁判官、その他に認証官など三権各機関の要人、都道府県の知事・都道府県議会の議長、市町村の首長・議会の議長、各界の著名人(芸能人、著者など)、功績者(勲章の受章者:メダリストなど)と、その配偶者を含めた約2,000名が招かれる。 沿革 / 近代、天皇が主催する戸外での宴会としては、1880年(明治13年)に「観菊会」、1881年(明治14年)に「観桜会」が始められた。条約改正への対外的な文化・世論工作の一環として井上馨外務卿が発案し、当初から多くの外国人が参加した。エドワード英王太子、物理学者のアインシュタイン、ヘレン・ケラーといった著名人のほか、無名の旅行者もいた。観桜会は八重桜の咲く浜離宮で観菊会は赤坂離宮で行われ、英国の高位の令嬢が陛下に謁見し社交界デビューする機会の場を日本国に移入する場として観桜会、観菊会は始められたが、外交が目的になり当初の目的は薄れる。しかし日中戦争に伴い、「観菊会」が1937年に、「観桜会」が1938年にそれぞれ中止された。 「園遊会」の名称で行われる行事は、1953年から始まる。当初は秋に限り行われていたが、1965年から春にも行われるようになり、現在に至る。それぞれ“秋の園遊会”、“春の園遊会”と呼ばれ、赤坂御苑で催されることが通例である。また招待者の名簿は、当初から公表をされており、春の園遊会に各国の外交使節団の団長以下の外交官や、各国領事館の館長と、その配偶者、令嬢も招待される。セキュリティ上招待者以外は入ることができないことになっているが、唯一、2014年の春の園遊会で豊田真由子衆議院議員の母が豊田真由子の配偶者と偽って侵入した例が確認されている。 昭和天皇の病気・崩御により1988年秋と1989年春秋の園遊会が、1995年1月の阪神・淡路大震災により1995年春の園遊会が、香淳皇后崩御により2000年秋の園遊会が、2011年3月の東日本大震災により2011年春の園遊会が、2016年10月の三笠宮崇仁親王の薨去により2016年秋の園遊会が、それぞれ中止になった。 第二次世界大戦前の「観桜会」「観菊会」は、現在ではそれぞれ、内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」と、環境大臣が主催する「菊を観る会」に受け継がれている。 (園遊会 – Wikipedia)

関連サイト

最近の園遊会被招待者数 – 宮内庁

園遊会 – 宮内庁

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ (50代 1997〜) – 美幌音楽人 加藤雅夫

園遊会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋の園遊会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 秋)

800px-Flag_of_the_Japanese_Emperor_svg.jpg

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 秋)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

375px-Japanemperorbirthday.jpg

第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 1962年(昭和37年)8月3日 – 8月8日 場所:静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。明仁皇太子殿下 (今上天皇) と美智子妃殿下 (皇后美智子) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

皇后陛下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁

平成30年皇后陛下お誕生日に際してのご近影(お写真) – 宮内庁

平成30年皇后陛下お誕生日に際してのご近況(ビデオ) – 宮内庁

皇室 – 宮内庁

皇室の構成図 – 宮内庁

The Imperial Household Agency Website

bi_bo.jpg

関連エントリ

日本の国歌 君が代 (林廣守) – 美幌音楽人 加藤雅夫

10月23日 日本の皇族 眞子内親王 (誕生日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ねむの木の庭 (平成の皇后美智子の生家) – 美幌音楽人 加藤雅夫

10月20日 皇后美智子 (日本の皇后 誕生日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

平成30年 北海道胆振東部地震 (日本 宮内庁) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇族 悠仁親王殿下 (9月6日 誕生日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

20081227163605.jpg

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

その昔、京都の老舗種麹屋である「菱六」のもやし (麹菌) が雑菌に負けて全滅した。菱六の職人たちは強い麹菌を求め全国を巡り回った。そして、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店にたどり着いた。職人たちは、麹蔵の柱や天井の梁に付着している麹菌を刷毛で掬い取り、持ち帰った。こうして「菱六」のもやし (麹菌) は復活した。その後、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店の麹菌は、日本で一番だと評価された。

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

種麹(たねこうじ)とは、味噌、醤油、清酒、焼酎、みりんなど醸造食品と呼ばれる食品の製造に用いられる麹を製造する際に、麹菌を供給する目的で蒸米などに加えるもの。 通常米などを原料に麹菌を培養し、胞子を十分に着生させた後、乾燥させる。使い方により原料に胞子が着生したままのものと、胞子のみを回収したものとに分類される。 「種麹」と「もやし」 / 現在でも酒造メーカーでは種麹のことを「もやし」と呼ぶ習慣がある。なお、味噌や醤油など他の醸造メーカーではこのような習慣は見られない。これは、歴史的に酒造メーカーは早くから外部の種麹業者から購入している歴史があったためと考えられる。 (種麹 – Wikipedia)

IMG_20180925_182824

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道具なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道源なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

北海道開拓の村 (野外博物館) の開設の関係者たちが、NHK札幌放送局の番組「北海道の窓」を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。明治中期に建てられた、加藤こうじ店の建物を保存・移築・再現したいと言った。私は 「どうぞ両親も運んでください マネキンになります」と言った。父母は「まだ営業中です 廃業したら運んでください」と言った。その後しばらくの間、父と母は機嫌が悪かった。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

北海道開拓の村(ほっかいどうかいたくのむら、英称:Historical village of Hokkaido)は、北海道札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある野外博物館。 2007年(平成19年)8月に「博物館相当施設」に指定された。 一般財団法人北海道歴史文化財団が指定管理者として管理運営を行っている。 概要 / 1983年(昭和58年)4月16日に開村した北海道開拓時代の「博物館相当施設」であり、54ヘクタールの敷地に52棟の歴史的建造物が移築又は再現されている。 (北海道開拓の村 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る