大鵬 カテゴリのアーカイブ

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介)

04jagaimo.jpg

545720_215424938597086_1874865986_n.jpg

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介)

関連記事

大鵬杯相撲大会(大空町/スポーツ)孫の納谷幸之介さん来場 / 120人集い / 第7回大鵬杯争奪相撲大会(大空町青少年育成協会主催)が21日、大空町東藻琴B&G海洋センターで開かれた。 釧路管内弟子屈町出身の昭和の大横綱、大鵬幸喜さんの名を冠する大会。今回は道内各地の2歳から44歳まで120人が集った。 男女や年代別に個人、団体戦が行われた。ほほえましい幼児の部から、力強い一般の部までさまざまな取組があり、観客はそれぞれに拍手を送っていた。 大会には大鵬さんの孫で、大嶽部屋に所属する納谷幸之介さんも来場。ぶつかり稽古で子ども達に胸を貸した。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

納谷 幸之介(なや こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長188cm、体重166kg、血液型はA型。最高位は東幕下60枚目(2018年9月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。兄はプロレスラーの納谷幸男。 (納谷幸之介 – Wikipedia

関連サイト

大鵬杯争奪相撲大会 | 大嶽部屋公式ブログ

関連エントリ

大鵬杯争奪第1回大空町少年少女相撲大会 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大鵬杯争奪相撲大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

納谷幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道大空町の東藻琴相撲場 大鵬道場 (大相撲 田子ノ浦親方)

04jagaimo.jpg

545720_215424938597086_1874865986_n.jpg

北海道大空町の東藻琴相撲場 大鵬道場 (大相撲 田子ノ浦親方)

関連記事

大空町東藻琴「大鵬道場」に… 大相撲の田子ノ浦親方が来町 / 子ども達を激励 / 大相撲の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が21日、大空町の東藻琴相撲場「大鵬道場」を訪れ、おおぞらすもうクラブの子ども達を激励した。田子ノ浦部屋は横綱・稀勢の里関、大関・高安関らが所属。親方は19日の札幌場所に合わせて来道した。この日、網走市や大空町を訪れ、合宿の実施などについて関係者と意見を交わした。大鵬道場ではクラブの小学生ら17人の稽古を見守った。「みんなの土俵での姿を見て元気をもらいました。しっかり勉強して体をきたえ、学校の先生の言うことをしっかり聞いて、夢に向かって頑張って。みんなは日本の宝」と激励し、1人ずつにお菓子を手渡した。あこがれの大相撲の親方の言葉に、子ども達は真剣な表情で聞き入り、張り切って稽古に向かっていた。(浩) (2018年8月24日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

田子ノ浦部屋ホームページ

東藻琴相撲場オープンセレモニー | 拝啓 お父さん (第48代横綱 大鵬)

おおぞらすもうクラブ – 公益財団法人 日本相撲連盟

関連エントリ

田子ノ浦親方 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大鵬道場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

おおぞらすもうクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシア サハリン州 ポロナイスク市の青少年訪問団 (北海道 北見市)

375px-Jupiter_bayan_accordion.JPG

ロシア サハリン州 ポロナイスク市の青少年訪問団 (北海道 北見市)

関連記事

北見市役所を表敬訪問 ロシア・ポロナイスク市の青少年訪問団 / 北見市の友好都市のロシア・サハリン州ポロナイスク市の青少年訪問団8人が2日、市役所を表敬訪問した。表敬訪問したのは第20回青少年サハリン・北海道「体験・友情」の翼で北海道を訪れているロシアの青少年約40人のうち、ポ市の8人。14歳から16歳の中学生。男子5人と女子2人に団長のバルズール・ナターリアさん(56)が引率している。市役所では渡部眞一副市長が一行を迎えた。ナターリアさんは「友好の発展が長く続きますように」と挨拶。渡部副市長は「楽しい思い出話をたくさん持ち帰ってください」と話していた。子ども達はホームステイで4日まで北見に滞在。この日は、北光中学校の生徒と合唱で交流したり、山の水族館などの施設を見学した。(粟) (2018年8月4日の記事 経済の伝書鳩)

ポロナイスク(ロシア語: Поронайск、パラナーイスク)は、サハリン中南部のテルペニア湾に面した都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代 (1905年 – 1945年) の敷香町にあたる。 (ポロナイスク – Wikipedia)

関連サイト

ポロナイスク市青少年訪問団のホストファミリーを募集します | 北見市

ポロナイスク市(ロシア連邦・サハリン州) | 北見市

体験・友情の翼 | NPO法人 北海道日本ロシア協会

関連エントリ

北海道日本ロシア協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Поронайск の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

髙見山大五郎(Takamiyama Daigorō)について

‚Œ©ŽR

髙見山大五郎(Takamiyama Daigorō)について

関連記事

5月20日 歴史 / 1984年 外国人初の関取・高見山が引退。(5月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月20日 できごと / 1984年 – 外国人初の関取・高見山が引退。(5月20日 – Wikipedia

髙見山 大五郎(たかみやま だいごろう、1944年6月16日 – )は、アメリカ合衆国ハワイ準州 (Territory of Hawaii) マウイ島出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。最高位は東関脇。身長192cm、体重205kg。本名は渡辺 大五郎(わたなべ だいごろう)、米国名はJesse James Wailani Kuhaulua(ジェシー・ジェームス・ワイラニ・クハウルア)、愛称はジェシー。来歴 / 常々「40歳まで相撲をとりたい」「(当時建造中だった)両国国技館で相撲をとりたい」と語っていたが、1984年(昭和59年)5月場所、40歳まであと1ヶ月のところで力尽き、引退を表明する。両国国技館で相撲をとる夢も果たせなかった。引退宣言は場所中に唐突に行われたため、相撲ファン以外も驚かせマスコミで大きく取り上げられた。同場所千秋楽の最後の一番(玉龍戦)は黒星だったが、満員の観衆から大声援を受け、花道を引き揚げる際には花束も贈呈された。引退に際して「20年間、相撲を取り続けてきたことを誇りに思う」「生まれ変わっても力士になりたい」と力強く語った。中国・韓国(朝鮮)など東アジア圏の出身者を除けば、外国出身者として当時最も上位で活躍した力士であり、後の各国出身力士、特にハワイ勢(すなわちポリネシア勢)の活躍の道を開いた。アメリカ人らしい陽気さと巨体を持つのと同時に、異境での辛い修行に耐え忍ぶ古来の日本人のような生き方も広く知られ、相撲ファン以外にも絶大な人気があった。独特の長いもみあげなど特徴ある容貌も人気で、テレビCMに出演するなど土俵の外でも活躍した。弟弟子になる小錦を自らスカウトし、自分の弟子である曙を横綱まで育てるなど、大相撲の国際化にも大きく貢献した。ハワイ出身の関取としては、この他に大喜を育てた。最近は、高見盛の師匠としても知られ、師弟2代で角界の人気者となった。東関部屋師匠としては「礼儀正しくきちんと挨拶できる力士」「相撲は攻撃相撲」「お客さんを大切にする」というモットーを掲げていた。エピソード / 高見山が現役引退を表明した頃、日本相撲協会を管轄していた森喜朗文部大臣(当時)が、昭和天皇より「髙見山がなぜ辞めたのかね」「髙見山は残念だったろうな」との下問を受けた。そのことを後に森が髙見山に伝えると「もったいないです、もったいないです」と涙を流したという。NHK大相撲中継では英語での解説も務める(衛星第2テレビ放送)。横綱・大鵬と対戦した経験のある最後の現役力士だった。ただし、大鵬とは11回対戦したものの1度も勝てなかった。定年退職の際に「一番の思い出は曙が横綱になったことかな。師匠としては最高の瞬間だったし、今でも誇りに思う」と語った。(高見山大五郎 – Wikipedia

Takamiyama Daigorō (髙見山 大五郎, born 16 June 1944 as Jesse James Wailani Kuhaulua in Maui, Hawaii) is a former sumo wrestler, the first foreign-born wrestler to win the top division championship (in 1972). His highest rank was sekiwake. His active career spanned twenty years from 1964 to 1984, and he set a number of longevity records, including most tournaments ranked in the top makuuchi division, and most consecutive top division appearances. He is also the first foreign-born wrestler ever to take charge of a training stable, founding Azumazeki stable in 1986. His most successful wrestler was fellow Hawaiian Akebono who reached the highest rank of yokozuna in 1993. He retired as a coach in 2009. Early life / Kuhaulua was born in Happy Valley, Maui to parents who were mostly of Hawaiian descent. Sumo career / Takamiyama made his professional debut in March 1964. He achieved The highlight of his career came in July 1972 when he won the tournament championship with a 13–2 record – the first foreigner ever to do so. Ranked at maegashira 4, he lost only to Kotozakura and Takanohana and defeated Asahikuni on the final day to finish one win ahead of Takanohana. A congratulatory letter from US President Richard Nixon was read out by the US Ambassador to Japan at the presentation ceremony, marking the only time that English has been officially spoken on the dohyō. Retirement from sumo / Takamiyama’s goal had always been to fight until the age of forty, but a serious elbow injury sustained in November 1983 caused him to fall to jūryō, and in May 1984, facing certain demotion to the third makushita division, he announced his retirement after twenty years in sumo. He was just a few weeks short of his fortieth birthday. He became a member of the Japan Sumo Association, with the name Azumazeki. To do so he had taken Japanese citizenship in 1980 and adopted the Japanese name Daigoro Watanabe, his wife’s family name. His farewell party at a local hotel in Tokyo on 6 June 2009 attracted 1000 guests, including Akebono and Konishiki. A congratulatory letter from US President Barack Obama was read out. (Takamiyama Daigorō ー Wikipedia

関連サイト

日本を愛し敬う大きな紳士、高見山大五郎さん―「ハワイと日本、人々の歴史」第4回 | Myハワイ

関連エントリ

髙見山大五郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Takamiyama Daigorō の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第48代横綱 大鵬 について

Ivan_Boryshko.jpg

第48代横綱 大鵬 について

関連記事

5月14日 歴史 / 1971年 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1971年 – 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 – Wikipedia

年寄名跡(としよりめいせき、みょうせき)とは、日本相撲協会の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれる。概要 / 元力士が引退後も協会に残って運営に携わるには、年寄名跡を取得する必要がある。名跡の名称には江戸時代の力士名などが被せられており、名跡を取得している年寄はその名で活動する。(年寄名跡 – Wikipedia

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 – 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。第48代横綱。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。(大鵬幸喜 – Wikipedia

関連サイト

第四十八代横綱 大鵬 オフィシャルサイト

第48代横綱 大鵬幸喜(大鵬企画) – ホーム | Facebook

関連エントリ

大鵬 カテゴリのアーカイブ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町)
May 2015 – Public Relations Bihoro (Bihoro town, Hokkaido)

2015年 5月 – 広報 びほろ (北海道 美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

松浦武四郎 (北海道人)

270px-Takeshiro_Matsuura2.JPG

松浦武四郎 (北海道人)
Takeshiro Matsuura (Hokkaido people)

松浦武四郎 (北海道人) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第35回 白鵬旗争奪 高等学校剣道大会 (北海道 北見市)

500px-Kendo_uniform_parts.png

第35回 白鵬旗争奪 高等学校剣道大会 (北海道 北見市)
35th Hakuho Flag Scramble High School Kendo Tournament (Kitami, Hokkaido)

第35回 白鵬旗争奪 高等学校剣道大会 (北海道 北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」

Ivan_Boryshko.jpg

04jagaimo.jpg

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」

Elementary and junior high school students “Ozora Sumo Club”

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第17回 北海道小中学生相撲選手権大会

Ivan_Boryshko.jpg

04jagaimo.jpg

第17回 北海道小中学生相撲選手権大会
The 17th Hokkaido elementary and junior high school students Sumo Championships

第17回 北海道小中学生相撲選手権大会 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る