音楽 カテゴリのアーカイブ

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2020年4月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2020年4月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.889 2020年4月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2020年4月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.889 2020.4.1 目次 / 都市文化を通じた日中交流 團紀彦 / 新型コロナウイルス被害への救援金 孔鉉佑大使に栗原副会長から手渡す / 野村浩一元代表理事が逝去 / 本・評と紹介 / 音楽ってなんだろう?知れば知るほど楽しくなる 池辺晋一郎 / 胡堂と啄木 郷原宏著 / 心に残る中国 / もう一つの文化カーニバルー肌で感じた音楽の力 伊藤太郎 / 吉川幸次郎先生と杜甫 葉山郁生 / 水墨画との出会いに人生の喜びを 桂野彩華 / 再録 SARSーそれについて思う二、三のこと 秋山駿 / 交流記録 2016年上半期(1月〜6月) / 「教科書に載った井上靖作品」展 旭川・井上靖記念館 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会のホームページ

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

中国 習近平国家主席の訪日延期 新型ウイルス対応で 官房長官 – NHKニュース – NHKオンライン

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 古関裕而、日本の歌手・詩人 古関金子

日本の作曲家 古関裕而、日本の歌手・詩人 古関金子

関連記事

古関裕而 日本の作曲家 / 古関 裕而(こせき ゆうじ Yuji Koseki、 1909年(明治42年)8月11日 – 1989年(平成元年)8月18日)は、日本の作曲家。本名は古關 勇治。1969年(昭和44年)、紫綬褒章受章、1979年(昭和54年)、勲三等瑞宝章を受章。 概要 / 福島で生まれ旧制福島商業学校(現福島商業高等学校)に通いながら仙台に通い、金須嘉之進に師事して、1929年、チェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに入選、日本人として初めて国際的コンクールの入選履歴を得た作曲家である。 それを機会に山田耕筰の推挙で東京の楽壇に進出する。クラシック畑からポピュラー畑に転身し、軍歌、歌謡曲、早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」、慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」、東京農業大学応援歌「カレッジソング」、中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」、名城大学応援歌「真澄の空に」、三重県立四日市高等学校応援歌「希望の門」、 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの球団歌「大阪(阪神)タイガースの歌(六甲おろし)」、読売ジャイアンツの球団歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」、中日ドラゴンズの初代球団歌「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」、東京五輪の「オリンピック・マーチ」、NHKスポーツ中継テーマ「スポーツショー行進曲」など、実に数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれた。 気品ある格式高い曲風で知られ、現在でも数多くの作品が愛されている。古関が作曲した曲は5千曲に及ぶという。また、作曲の作業には楽器を一切使わずに頭の中だけで行ったといわれる。 2020年春から、NHK連続テレビ小説として、古関をモデルとした「古山裕一」が主人公の『エール』が、窪田正孝の主演で放送される予定である。 主な作品 / 1952年「黒百合の歌」(作詞:菊田一夫、歌:織井茂子) 1953年「君の名は」(作詞:菊田一夫、歌:織井茂子) (古関裕而 – Wikipedia)

古関 金子(こせき きんこ Kinko Koseki、1912年〈明治45年〉3月6日 – 1980年〈昭和55年〉7月23日)は、日本の声楽家、詩人。旧姓、内山。 愛知県豊橋市出身。夫は作曲家の古関裕而。 没後 / 金子と夫・古関裕而の半生を題材とするNHK連続テレビ小説『エール』が2020年春から放送予定。金子の出身地・豊橋市と古関裕而の出身地・福島市ではかねてから連続テレビ小説の誘致活動が展開されており、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に実現する。金子をモデルとするヒロイン・関内音役は、オーディションを経て応募者2802人の中から選ばれた二階堂ふみが演じる。 (古関金子 – Wikipedia)

関連サイト

古関裕而・金子夫妻をモデルとした連続テレビ小説が2020年前期に放映されます! – 福島市のホームページ

古関裕而さん古関金子さん夫妻をモデルにしたNHK朝ドラ「エール」を豊橋市は福島市とともに応援します – 豊橋市のホームページ<

連続テレビ小説「エール」で豊橋を盛り上げよう! – 豊橋市のホームページ

関連エントリ

君の名は の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

古関裕而 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

古関金子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yuji Koseki の検索結 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kinko Koseki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のNHK連続テレビ小説 エール(テレビドラマ)

日本のNHK連続テレビ小説 エール(テレビドラマ)

関連記事

エール (テレビドラマ) 日本のNHK「連続テレビ小説」で2020年度前期放送予定の作品。『エール』は、2020年度上半期放送予定のNHK「連続テレビ小説」第102作。2020年3月30日から放送予定。窪田正孝主演。 企画・制作 / 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語を、人物名や団体名を一部改称して再構成しフィクションとして制作する。 作品名の「エール」は「応援」の意で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画され、福島出身の主人公を模索する中で福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而に着目した。古関の出身地・福島市では連続テレビ小説の誘致に向けて2014年から活動を行っており、2016年10月には「古関裕而・金子夫妻NHK朝の連続テレビ小説実現協議会」を設立し、妻・金子の出身地でもある豊橋市にも連携を打診して、両市長がNHKに要望書を提出し両市商工会議所が15万人分を超える署名を集めるなど官民を挙げた誘致活動を展開。誘致活動がドラマ実現に繋がった初の事例となった。 (エール (テレビドラマ) – Wikipedia)

関連サイト

古関裕而・金子夫妻をモデルとした連続テレビ小説が2020年前期に放映されます! – 福島市のホームページ

古関裕而さん古関金子さん夫妻をモデルにしたNHK朝ドラ「エール」を豊橋市は福島市とともに応援します – 豊橋市のホームページ<

連続テレビ小説「エール」で豊橋を盛り上げよう! – 豊橋市のホームページ

関連エントリ

君の名は の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

福島市 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

豊橋市 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

古関裕而 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

古関金子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

エール (テレビドラマ) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のピアニスト 高橋アキ(Aki Takahashi)

日本のピアニスト 高橋アキ(Aki Takahashi)

関連記事

高橋アキ 日本のピアニスト / 高橋 アキ(たかはし あき、1944年9月6日 – )は、日本のピアニスト。作曲家高橋悠治は実兄。 略歴 / 神奈川県鎌倉市生まれ。父は季刊誌『音楽研究』の編集長を務めた音楽評論家高橋均、母はピアニスト蔭山英子。5歳より母にピアノを習う。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校から東京芸術大学卒業および同大学院修了。大学院ではゲオルク・ヴァシャヘーリに師事。大学院在学中の1968年に、日独現代音楽祭でデビュー。武満徹の《ピアニストのためのコロナ》と篠原真《タンダンス》を演奏する。1970年に初リサイタルを開く。1972年に渡欧し、ベルリン芸術週間、パリ秋の芸術祭などでリサイタルを開き、現代音楽の演奏グループ「サウンド・スペース=アーク」を結成する。以降、各国の作曲家たちから作品の献呈を受け初演する。1974年日生劇場においてクセナキスの『エオンタ』を尾高忠明指揮で演奏する。 1975年には、エリック・サティ没後50年を記念し『エリック・サティ連続演奏会』を配偶者である秋山邦晴と企画し、渋谷ジァン・ジァンで開催。「サティ・ピアノ全集」を校訂し、「サティ・ピアノ音楽全集」をリリースする。1977年にはボンにおいて開催された『ベートーヴェン150年祭』ポリーニ、クレーメル、ジュリアード弦楽四重奏団らとともに招かれ、ベートーヴェンとメシアンを演奏した。1980年代に入りモートン・フェルドマンに長いピアノ曲の作曲を依頼。以後1987年の作曲家逝去まで7年間ともに音楽活動を行う。1983年から「高橋アキ”新しい耳”シリーズ」を企画・演奏し、横浜市教育文化ホール(第11回まで)と神奈川県立音楽堂(第12回以降)で1997年まで開催された。 1984年、カリフォルニア芸術大学の客員教授。2002年にコソボ自治州における初の現代音楽祭に招聘され、2006年にベルリンのメルツムジークに招聘される。ニューヨークでモートン・フェルドマン作品のリサイタルを行い、ニューヨーク・タイムズで2006年のベスト・コンサートの一つに選ばれる。 現代音楽の演奏には作家の志向に伴い過酷な要求が付きまとうが、高橋はデビュー当初から忠実に律動性を強調し、西村朗や姜碩煕の名人芸を伴うピアノ協奏曲も難なく演奏している。一柳慧の《ピアノ・メディア》の演奏も、その演奏の正確さが指摘される。 また、ビートルズナンバーを、ジョン・ケージ、フレデリック・ジェフスキー、武満徹、坂本龍一などの現代音楽家が換骨奪胎したユニークなアルバム「ハイパー・ミュージック・フロム・レノン&マッカトニー」シリーズも、よく知られている。 (高橋アキ – Wikipedia)

Aki Takahashi (高橋 アキ, Takahashi Aki, born September 6, 1944) is a Japanese pianist specializing in contemporary classical music. (Aki Takahashi – Wikipedia)

関連サイト

高橋アキ(Aki Takahashi)のホームページ

関連エントリ

湯浅譲二 Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 Toru Takemitsu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高橋アキ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Aki Takahashi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のピアニスト・作曲家 高橋悠治(Yuji Takahashi)

日本のピアニスト・作曲家 高橋悠治(Yuji Takahashi)

関連記事

高橋 悠治(たかはし ゆうじ、1938年9月21日 – )は、日本の作曲家、ピアニスト。 略歴 / 東京都生まれ。父は季刊誌『音楽研究』の編集長を務めた音楽評論家高橋均、母はピアニスト蔭山英子。ピアニストの高橋アキは実妹。ピアノとコンピュータによる即興演奏や、日本の伝統楽器と声のための作曲などの音楽活動を行っている。橋本国彦、團伊玖磨、柴田南雄、小倉朗に作曲を、伊藤裕、宅孝二にピアノを師事。桐朋学園短期大学作曲科を1958年に中退後、1960年の東京現代音楽祭でボー・ニルソンの『クヴァンティテーテン』(『量』)の日本初演でピアニストとしてデビューし、注目を浴びる。そののち、草月コンテンポラリー・シリーズにおいて、武満徹の『ピアノ・ディスタンス』、ジョン・ケージの『ウィンター・ミュージック』、ヤニス・クセナキスの『ヘルマ』などを演奏した。 1962年に秋山邦晴、一柳慧、小林健次らと実験的演奏家集団「ニュー・ディレクション」を結成。作曲家として同年にピアノ曲『エクスタシス』、電子音と12楽器による室内楽のための『フォノジェーヌ』、1963年にはテープと器楽アンサンブルのための『冥界のへそ』を発表。同年秋からはフォード財団の助成を得て西ベルリンに留学し、クセナキスに師事。1964年作曲の『クロマモルフⅡ』は、6月にベルギーのゲントで初演される。一方、パリのドメーヌ・ミュジカルなど欧州各地においてピアニストとしても活動した。クセナキス作品を演奏したアルバムで1965年度のフランス・ディスク・アカデミー大賞を受賞。1966年5月、日生劇場において開催された現代音楽祭「オーケストラル・スペース」に参加。高橋のピアノ、小澤征爾の指揮でクセナキスの『エオンタ』を演奏する。同年ロックフェラー財団の奨学金を得てタングルウッドのバークシャー音楽センターで開催される夏期講習に参加するためにニューヨークへ移住し、コンピュータによる作曲を研究した。また、バークシャー音楽センター、ラビニア音楽祭、ストラットフォード(オンタリオ)演劇祭、ニューヨーク州立大学バッファロー校の「創造と演奏の芸術」センターなど各地で演奏し、のちには「創造と演奏の芸術」センター所員として作曲を行う。この間、ロンドン交響楽団、ニューヨーク交響楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、トロント交響楽団、バッファロー交響楽団などと共演し、アテネ音楽祭、ストックホルム音楽祭、オックスフォード・バッハ音楽祭、プリンストン室内楽音楽祭、ニューヨークにおける「新しい音楽と音のイメージのための夕べ」では独奏者として演奏した。数々のLP録音を残す。1966年と1968年には、マニラとニューヨークで開催されたユネスコ国際音楽評議会で演奏や講演を行った。1968年6月5日、現代音楽祭「オーケストラル・スペース1968」において「自作『6つの要素(4つのヴァイオリンのための)』が演奏される。1969年1月14日小澤征爾指揮トロント交響楽団とともに武満徹『アステリズム』の初演に参加。同年秋一時帰国し、1970年の大阪万国博覧会における武満徹が音楽監督を務める日本の「鉄鋼館―スペースシアター」での演奏作品『エゲン』を収録した。1970年代以降は、民衆の声や音を用いた創作手法も重視する。1971年6月、渋谷公会堂でのリサイタルのために一時帰国。6月9日には朝日講堂で、「クロス・トーク」(日米現代音楽祭)最終回として室内楽作品『ニキテ』が初演される。同年8月30日にインディアナ大学の数理自動音楽研究センター(CMAM)の副ディレクターに任命される。秋からは、同大学で作曲とピアノを教える。また、サンフランシスコ音楽院でも教鞭をとった。しかし、同年12月14日インディアナ大学の学長から翌年1972年5月付けでの解雇を宣告される。クセナキスと共同で「コンピュータ音楽研究室」を結成し、過去数年間同大学でクセナキスが継続してきた実験の企画に1年間協力するも、研究している音楽と他の領域との中間にある探究の実現にとっては、既成の学問領域分割にもとづく大学の固定的区分は不自由なものであった。1972年末研究室は解散し、クセナキスはパリに転出して、16ビット、10万サンプル/秒のD/A変換によって実験を継続することとなった。1972年に高橋自身は、東京大学の情報科学研究室でGRAMS/ICOM計画に参加し、コンピュータによる作曲と音響発生の結合を実験し始めたが、1974年のある時期以降は、しばらく東京大学を訪れることすらなくなった。 1972年4月に帰国。グラモフォンで『武満作品集』を収録。1973年には3月20日の渋谷公会堂での第600回N響定期公演においてクセナキスのピアノ協奏曲『シナッフェ』を演奏。同年、武満徹、林光、松平頼暁、湯浅譲二とともにグループ「トランソニック」を組織、1976年まで季刊誌『トランソニック』の編集などの活動を行った。1973年7月からは日本コロムビアの川口義晴プロデュースによるレコーディング開始。『バッハの世界』作成。1974年9月には4チャンネルを使った『パーセル最後の曲集』作成。1975年には、バッハ『フーガの技法』、ケージ『ソナタとインターリュード』。同社からのアルバム発行は1980年1月収録のサティまでつづいた。一方、FM放送録音として、1974年1月20日の日生劇場でのリサイタル録音には、1973年に高橋によって初演されていた近藤譲『クリック・クラック』、1973年にマリー=フランソワーズ・ビュケにより初演されていたクセナキスの『エヴリアリ』の日本初演にあたる音源などが収められている。 (高橋悠治 – Wikipedia)

Yūji Takahashi (高橋 悠治, Takahashi Yūji, born 1938) is a composer, pianist, critic, conductor, and author. (Yūji Takahashi – Wikipedia)

関連サイト

高橋悠治(Yuji Takahashi)のホームページ

関連エントリ

團伊玖磨 Ikuma Dan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

湯浅譲二 Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 Toru Takemitsu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高橋悠治 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yuji Takahashi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の英語学者・言語学者 山岸勝榮 (Katsuei Yamagishi)

日本の英語学者・言語学者 山岸勝榮 (Katsuei Yamagishi)

関連記事

山岸 勝榮(やまぎし かつえい Katsuei Yamagishi、1944年9月22日 – )は、日本の英語学者、言語学者、英和・和英辞典編纂者、明海大学名誉教授。 略歴 / 山口県宇部市出身。1963年法政大学第二高等学校卒業、1967年法政大学文学部英文学科卒業、1972年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学、法政大学第二教養部専任講師・文学部兼担。1976年同助教授・文学部兼担、1981年法政大学ロンドン分室室長、ロンドン大学(UCL)客員研究員。1985年法政大学第二教養部教授・文学部兼担。1988年明海大学外国語学部英米語科教授。同大学大学院応用言語学研究科教授。2004年「学習和英辞典編纂論とその実践」で明海大学博士(応用言語学)。2015年明海大学を退職、名誉教授。2008年千葉県私学教育功労賞受賞。 朝日新聞を糺す国民会議に加わり、訴状執筆を担当。 著書 / 童謡・唱歌などの英訳 / 日本で昔から歌い継がれてきた童謡・唱歌・民謡などの英訳を手掛けて、現在までに約170曲の英訳が完成しており、うち約100曲には譜割りも行われている。インタネット上では多くの人たちに引用されており、国内の多数の著名合唱団でも利用されている。また、海外の音楽研究者(アメリカ、ルーマニア他)の間でもその英訳は日本語との比較対象に用いられており、「ずいずいずっころばし」(Gooey, gooey, soft and sticky)、「さくら さくら」(Cherry Blossoms)、「ほたる こい」(Fly, Fly, Firefly, Come)、「むらまつり」(The Village Festival)、「ゆき」(Snow) の計5曲は、New York (Park Avenue South) の Kodansha America, Incが発行した外国人用日本語教科書WADAIKO―An Introduction to the Sounds and Rhythms of Japanese (CD付き)に収録されている。 (山岸勝榮 – Wikipedia)

関連サイト

山岸勝榮英語辞書・教育研究室のホームページ

こちら – 山岸勝榮英語辞書・教育研究室のホームページ

関連エントリ

山岸勝榮 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Katsuei Yamagishi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家 ハインリッヒ・リヒナー (Heinrich Lichner)

ドイツの作曲家 ハインリッヒ・リヒナー (Heinrich Lichner)

関連記事

Heinrich Lichner (6 March 1829 – 7 January 1898) was a prolific German composer, best known today for his teaching pieces – simple piano works written for students. He was born in Harpersdorf, Silesia. His sonatinas, including Opp. 4, 49, and 66 (among others) are in a light, fluent classical style, although the harmony occasionally betrays the influence of romanticism. He was also a director and organist – he worked as organist at the church of the 11,000 virgins, and spent a part of his life as the director of a saengerbund (choral festival) in Breslau, where he died. (Heinrich Lichner – Wikipedia)

ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。 文化 / 語源にまつわる伝説 / 中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。 昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。 このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで Vergissmeinnicht と呼ばれ、英名もその直訳の forget-me-not である。日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の多くの言語でも、同様の意味の名前が付けられている。 花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。 (ワスレナグサ – Wikipedia)

関連サイト

FORGET-ME-NOT(忘れな草)

山岸勝榮英語辞書・教育研究室のホームページ

関連エントリ

ハインリッヒ・リヒナー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Heinrich Lichner の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原安正

日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原安正。小原安正の娘は、日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原聖子。小原安正の孫は、日本の音楽家 青柳拓次。

1966年(昭和41年)、スペインのギタリスト ナルシソ・イエペスの北海道札幌市公演が道新ホールで開催された。控室で、ナルシソ・イエペスさん愛用のギターを弾いた。初対面でした。(美幌音楽人 加藤雅夫 19歳)

1980年(昭和55年)6月、スペインのギタリスト ナルシソ・イエペスの北海道札幌市公演が札幌市教育文化会館で開催された。ナルシソ・イエペスさん、小原安正さん、梶本尚靖さん、大塚房喜さんらと食事も同行、 夢のような出来事でした。ますますギターが大好きになりました。(美幌音楽人 加藤雅夫 33歳)

1980年(昭和55年)8月、スペインのギタリスト アンドレス・セゴビアの北海道札幌市公演が北海道厚生年金会館で開催された。アンドレス・セゴビアと息子のカルロス君にご対面。(札幌グランドホテル)

関連記事

小原 安正 (おばら やすまさ、1914年4月1日 – 1990年12月10日)は、日本の昭和初期のギタリスト。 小原ギター教室主宰、日本ギター連盟理事長。北海道士別市出身。早稲田大学(昭和11年)中退、マドリード国立音楽院(昭和31年)卒業。経歴 / 戦後、スペイン政府の招きでセゴビア、デ・ラ・マーサらに学ぶ。昭和40年カーネギーホールに出演した経歴も持つ。日本ギター連盟理事長、小原ギター教室主宰。代表作品にギター二重奏曲「千鳥による幻想曲」がある。受賞 / スペイン文化功労勲章(昭和51年) 北海道士別市文化賞(昭和50年)。伝記 / ギタリストの余韻 小原安正著(発行元 音楽之友社 ’88発行)。

ギターをひこう / 『ギターをひこう』は、1973年4月6日から1984年3月28日までNHK教育で放送されたテレビ番組である。前身番組である『ギター教室』もこの項で扱う。概要 / クラシックギターの初歩技術を習得することを目的にした講座番組であった。1966年度から『ギター教室』として放送開始、1973年度から『ギターをひこう』に改題した。 (ギターをひこう – Wikipedia)

関連サイト

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト – 歌島舎

小原安正 / ギター動画 – ギタリスト 浜野茂樹のホームページ

ギターとともに歩む – 荘村清志のホームページ

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト – 歌島舎

日本ギター連盟のホームページ

日本ギター連盟北海道支部のホームページ

関連エントリ

青柳拓次 の検索結果 – 美幌音楽 人加藤雅夫

Takuji Aoyagi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原聖子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Seiko Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原安正 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yasumasa Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原聖子

日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原聖子。日本のクラシックギター奏者・ギタリスト 小原安正は、小原聖子の父親。日本の音楽家 青柳拓次は、小原聖子の息子。

北海道網走市での思い出 / 1977年(昭和52年)4月1日に北海道網走郡美幌町で加藤雅夫ギター教室を開設。間もなく、網走市内の網走まるせん会館、高間楽器店、網走市児童館・児童センターでギター教室を開設した。高間楽器店の店主の愛用の楽器はイタリア製のヴァイオリンだった。 網走ギター合奏団のリーダーは大空町内のナカムラデンキ店主の中村さん。武田重蔵さんは女満別ギター同好会の会長として活躍された。 網走まるせん会館で、小原聖子さんのギターリサイタルが開催された。アンコールではスペイン語で歌曲を演奏してくれた。40年前のことです。どうもありがとう。

関連記事

小原 聖子(おばら せいこ、1943年1月3日 – )は、日本のギタリスト。 小原安正、N・イエペス、R・S・デ・ラ・マーサ、A・セゴビア(ギター)、岩井宏之(理論)、A. ゴロスティアガ(ソルフェージュ)に師事。公益社団法人日本ギター連盟副会長。 経歴 / 父、小原安正に師事し14歳でデビュー。来日中の巨匠、ナルシソ・イエペスに認められ、17歳の時にイエペスと一緒にスペインに渡る。イエペスの個人レッスンを受けながら、更に音楽を深める為、マドリード音楽院に特別入学、ギター科・初代主任教授R・S・デ・ラ・マーサのクラスで学び、機会ある毎に巨匠アンドレス・セゴビアの個人レッスンも受講、スペイン三大巨匠に直接学ぶ。 その後、多くのギター作品の本邦初演や、海外でも1957年のカーネギーホールでのリサイタルをはじめ、欧米、国内各地でコンサート活動を積極的におこなう。 NHK教育テレビの「ギターをひこう」の講師を1978年と1980年につとめ[3]、世界的にみても教える人の少なくなったスペイン伝統奏法を日本に広める活動を行っている。 情熱的な教えで優れた門下生を育て、彼らは東京国際ギターコンクールなどで次々に入賞をさらった。 1975年から東京国際ギターコンクールの審査にかかわり始め、現在は日本ギター連盟副会長としてコンクールを主催している。 ギター教本「こどもギターきょうしつ」1 – 3、「ギターの世界」他。CD「母の涙」「ペルーのワルツ」他。 (小原聖子 – Wikipedia)

ギターをひこう / 『ギターをひこう』は、1973年4月6日から1984年3月28日までNHK教育で放送されたテレビ番組である。前身番組である『ギター教室』もこの項で扱う。概要 / クラシックギターの初歩技術を習得することを目的にした講座番組であった。1966年度から『ギター教室』として放送開始、1973年度から『ギターをひこう』に改題した。 (ギターをひこう – Wikipedia)

日本ギター連盟 / 公益社団法人日本ギター連盟(にほんギターれんめい、JAPAN FEDERATION OF GUITARISTS)は、日本を代表するギター団体のひとつ。 歴史 / 1949年第1回ギターコンクール(現在の東京国際ギター・コンクール)が開催された翌年の1950年現代日本ギター連盟が設立。1966年に現代日本ギター連盟を母体として、「ギター音楽に関する研究とその発表、知識の交換ならびに会員相互間および関連音楽諸団体との連絡提携の場となり、ギター音楽の進歩普及を図り、もって文化の発展に寄与すること」を目的として、日本唯一文部科学省に認可された法人となった。2010年12月1日、公益法人制度改革に伴い、公益社団法人に移行した。 (日本ギター連盟 – Wikipedia)

関連サイト

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト – 歌島舎

日本ギター連盟のホームページ

日本ギター連盟北海道支部のホームページ

関連エントリ

青柳拓次 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Takuji Aoyagi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原安正 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yasumasa Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原聖子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Seiko Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の音楽家・サウンドデザイン 青柳拓次


日本の音楽家・サウンドデザイン 青柳拓次。

日本のギタリスト 小原聖子(青柳拓次の母親)。
日本のギタリスト 小原安正(青柳拓次の祖父)。

関連記事

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』 自主上映会について / あなたの街でも上映会を開催しませんか? (映画『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト)

関連サイト

映画『ひびきあうせかい RESONANCE』公式サイト – 歌島舎

その昔、ギタルラ社の青柳雄彦さんとは電話で何度かギターピースのことでお話をした。長い間、クラシックギターの情報を送ってくれたこと感謝します。ありがとうございました。
ギタルラ社・東京古楽器センターのホームページ

関連エントリ

青柳拓次 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Takuji Aoyagi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原聖子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Seiko Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小原安正 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yasumasa Obara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ひびきあうせかい RESONANCE の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る