音楽 カテゴリのアーカイブ

ギタリスト クロード・チアリの浜千鳥

ギタリスト クロード・チアリの浜千鳥

関連記事

浜千鳥 (童謡)(はまちどり) – 1919年発表の日本の童謡。作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎。

関連サイト

浜千鳥 はまちどり 歌詞の意味 – 世界の民謡・童謡

関連エントリー

浜千鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クロード・チアリ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国の歌手 ヒュ(Hue)の浜千鳥

韓国の歌手 ヒュ(Hue)の浜千鳥

金智賢 김지현 (キム・ジヒョン Kim JI-Hyeon)
柳茂竜 류무룡 (リュ・ムリョン Ryu MooRyong)

関連記事

浜千鳥 (童謡)(はまちどり) – 1919年発表の日本の童謡。作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎。

関連サイト

浜千鳥 はまちどり 歌詞の意味 – 世界の民謡・童謡

関連エントリー

浜千鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

エリック・サティのあなたが欲しい(シャンソン)

エリック・サティのあなたが欲しい(シャンソン)

関連記事

ジュ・トゥ・ヴー / 『ジュ・トゥ・ヴー』(仏:Je te veux)は、エリック・サティが1900年に作曲したシャンソン。歌詞はアンリ・パコーリによる。元々は歌曲集『ワルツと喫茶店の音楽』のうちの1曲とされているが、現在ではサティ自身によるピアノ独奏版でよく知られている。題名は日本語では「お前が欲しい」「あなたが大好き」など様々に訳されるが、原題のまま「ジュ・トゥ・ヴー」と呼ばれることも多い。“スロー・ワルツの女王”と呼ばれた人気シャンソン歌手ポーレット・ダルティのために書かれた。日本ではコマーシャル曲やゲームミュージックに使われるなどして、サティの作品のうちでも人々に広く親しまれているものの一つである。 (Wikipedia)

関連エントリー

エリック・サティ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Erik Satie の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年1月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年1月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流1月号と、人民中国雑誌社の人民中国1月号が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 1月号 目次 / 途中の充実のために 黑井千次 / 新春に語る 中国との関係を深めたい 高島礼子 / 日中「オンライン医療」シンポジウム開催 / 対談室 文化のふるさと中国 佐々木卓 / 歌がつなぐ人との出会い アグネス・チャン 報道 / 團伊玖磨のオペラ「夕鶴」公演 愛知・熊本 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2022年(令和4年) 1月の音楽

2022年(令和4年) 1月の音楽

HAPPY NEW YEAR (Abba)
Sonya First (mandolin)
ソンヤ・ファースト (マンドリン)

関連記事

ABBA アバ スウェーデンのポップスグループ (アバ – Wikipedia)

関連サイト

Sonya First – Facebook

このページの先頭へ戻る

クリスマスの日 おくりもの

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

クリスマスの日 おくりもの

ギター ナルシソ・イエペス
ダンス アナ・イエペス

皆様に希望の光り贈ります (美幌のサンタクロース)

関連エントリー

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の映画音楽 クリスマス・ツリー

12月の映画音楽 クリスマス・ツリー

関連記事

クリスマス・ツリー (映画) / 『クリスマス・ツリー』(L’Arbre deNoël/The Christmas Tree)は1969年のフランスの映画。ミシェル・バタイユ(フランス語版)の同名ベストセラー小説を映画化した作品。 (Wikipedia)

関連サイト

映画「クリスマス・ツリー」ネタバレあらすじ結末と感想

関連エントリー

1969年のフランス映画 クリスマスツリー – 美幌音楽人 加藤雅夫

クリスマス・ツリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の楽曲 ジョン・レノンのイマジン

12月の楽曲 ジョン・レノンのイマジン

関連記事

イマジン (ジョン・レノンの曲) ジョン・レノンの楽曲 / 「イマジン」(Imagine)は、1971年に発表されたジョン・レノンの楽曲である。 (Wikipedia)

関連エントリー

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの ハッピー・クリスマス (戦争は終った) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

NHKラジオドラマコロの物語

NHKラジオドラマ コロの物語

私が9歳のころ、NHKのラジオドラマ「コロの物語」の放送が始まった。ある日、向かいの小間物屋の側に捨てられた2匹の子犬がダンボール箱に入れられていた。小間物屋の息子と私は子犬をそれぞれに持ち帰った。次の日の朝、小間物屋の息子が「コロ コロ」と呼んでいる。私も自分の子犬を「コロ コロ」と呼んだ。2匹の子犬は同じ名前を付けられたのだ。それからは、2匹の子犬は仲良く元気で育った。

関連記事

主人公の小犬・コロと飼い主のおじさんの愛情を描く連続ホームドラマ(1957年4月1日~1958年12月30日放送、全479回)。作 乾信一郎、音楽 小林秀雄。語り手 幸田弘子、出演 小柳徹、山田清ほか。

コロの物語 主題歌 作詞作曲 小林秀雄
お父さんは青い雲 いつもそっと見てるよきっと
お母さんはそよぐ風 いつもそっと囁くきっと
ワンコロワンワンコロコロ
ワンコロワンワンコロコロ
ワン、ワン、ワン

コロの物語 お母さんの唄 作詞 西沢実 / 作曲 小林秀雄
夢見ていたよ お母さん さめりゃ 野原をわたる風
どこかで どこかで 僕を呼んでるなあ

コロの物語 挿入歌
コロ コロ コロと みんなが呼ぶけれど
コロ コロ コロと 呼んでは行っちまう
一人ぼっちの風の中 一人ぼっちで泣いてみる
ワンワン でもさ でも僕 寂しかないな だって
この風この匂い どこかで 花は咲いているんだ
どこにも花は咲いているんだ

乾信一郎 / 信一郎(いぬい しんいちろう、1906年5月15日 – 2000年1月29日)は、日本の小説家、翻訳家。 来歴 / 米国シアトル生まれ。本名・上塚貞雄で、本名での著作もある。1912年、母とともに父母の郷里熊本県に戻りそこで育つ。青山学院高等部卒業。同商科在学中の1928年、翻訳が『新青年』に採用される。1930年卒業後、博文館に勤務し、『新青年』に探偵小説を書く。1935年『講談雑誌』編集長、1937年『新青年』編集長。1938年フリーとなり、文筆に専念。戦後「青いノート」「コロの物語」などNHK連続放送劇の脚本を手がける。ユーモア小説、動物小説を多く書いたが、探偵小説やミステリー小説などの翻訳も数多く手がけた。筆名は当初「乾信四郎」(かんしんしろう)としていたが、「あんまりしゃれが露骨で気がひけ」たため「乾信一郎」と改めた。 (Wikipedia)

関連エントリー

コロの物語 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

同志社大学マンドリンクラブについて

同志社大学マンドリンクラブについて

La Società Mandolinistica dell’Università Doshisha
同志社大学マンドリンクラブ

関連サイト

マンドリンオーケストラ – Wikipedia

マンドリンクラブ – 同志社大学 課外活動 Dlive

同志社大学マンドリンクラブのホームページ

SMD会Web通信 SMD会は同志社大学マンドリンクラブを卒部したOB・OGの団体です

関連エントリー

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

同志社大学マンドリンクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る