音楽 カテゴリのアーカイブ

1979年公開のアメリカ映画 クレイマー、クレイマー (父の日に)

012.jpg

1979年公開のアメリカ映画 クレイマー、クレイマー (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

関連記事

『クレイマー、クレイマー』(原題: Kramer vs. Kramer)は、1979年公開のアメリカ映画。製作・配給会社はコロンビア映画。 エイヴリー・コーマンの小説を原作としてロバート・ベントンが監督と脚本を担当した。主演はダスティン・ホフマン。 第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。 原題は「クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判」の意で同じ名前の人が争っている裁判、つまり離婚裁判のことである。 音楽:ヘンリー・パーセル/アントニオ・ヴィヴァルディ – マンドリン協奏曲ハ長調 RV 425 が用いられており、本作により広く知られるようになった。 (クレイマー、クレイマー – Wikipedia)

Kramer vs. Kramer is a 1979 American family legal drama film written and directed by Robert Benton, based on Avery Corman’s novel. The film stars Dustin Hoffman, Meryl Streep, Jane Alexander and Justin Henry. It tells the story of a couple’s divorce, its impact on their young son, and the subsequent evolution of their relationship and views on parenting. The film explores the psychology and fallout of divorce and touches upon prevailing or emerging social issues such as gender roles, women’s rights, parity of parents’ rights, work–life balance, and the single parent experience. Kramer vs. Kramer was theatrically released on December 19, 1979 by Columbia Pictures. It was a major critical and commercial success, grossing $106.3 million on a $8 million budget, becoming the highest-grossing film of 1979 and received a leading nine nominations at the 52nd Academy Awards, winning five: Best Picture, Best Director, Best Actor (for Hoffman), Best Supporting Actress (for Streep), and Best Adapted Screenplay. (Kramer vs. Kramer – Wikipedia)

音楽動画

Vivaldi Mandolin Orchestra Concerto 1st Movement Ettlingen Detlef Tewes Boris Bagger RV 425 – YouTube

ヴィヴァルディ/マンドリン協奏曲 ハ長調 RV.425 「第1楽章」 「第2楽章」 「第3楽章

関連動画

水野晴郎解説 クレイマークレイマー – YouTube

関連エントリ

クレイマー、クレイマー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kramer vs. Kramer の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1980年のNHKテレビドラマ 優しさごっこ (父の日に)

012.jpg

1980年のNHKテレビドラマ 優しさごっこ (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

関連記事

優しさごっこ(やさしさごっこ)は、日本放送協会(NHK)が1980年11月10日から12月5日に銀河テレビ小説枠で放送したテレビドラマ。原作は今江祥智の作品で、自身の体験に基づいて描かれている。 概要 / 妻が美術書の出版に興じて家を出て行ってしまい、残された夫が不器用ながら家事に取り組み、小学生の娘と二人で暮らしていく姿を描いた作品。 音楽:湯浅譲二 (優しさごっこ – Wikipedia)

音楽動画

Joji Yuasa: Territory (1974) – YouTube

関連エントリ

湯浅譲二 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

012.jpg

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

今江祥智さんご健在の頃、親子のギター二重奏曲「優しさごっこ」のことで電話した。今江祥智さんは大変驚きそして喜んでくれた。

関連記事

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 – 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。 1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。 1970年代の『兄貴』『ぼんぼん』『優しさごっこ』『冬の光』などの長編は、児童文学の枠を超えて読まれるようになり、特に『優しさごっこ』は1980年にNHKでドラマ化され、ベストセラーとなった。この時期、灰谷健次郎、上野瞭、佐野洋子などが、同様に、児童文学や絵本から、大人向け作品へ移行していく現象があり、それは踵を接して、よしもとばななや角田光代のような、最初から少年文学風に書く作家を生む一因をなした。このことは、児童文学の境界の問題として考察されるべきものである。 2015年3月20日、肝臓がんにより死去、享年83。 (今江祥智 – Wikipedia)

関連エントリ

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

今江祥智 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yoshitomo Imae の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Mr. Lonely ミスター・ロンリー (クラシック・ギター 寂しい君)

200px-Boeing_747_JAL

Mr. Lonely ミスター・ロンリー (クラシック・ギター 寂しい君)

関連記事

「ミスター・ロンリー」(英語: Mr. Lonely)は、1964年に全米チャート1位を獲得したボビー・ヴィントンの代表曲。1970年にレターメンがカバーしていたことでも知られる。 解説 / 曲の内容はホームシックにかかった兵士の心情を綴ったもので、自身の兵役体験がもとになっており、詩にでてくる手紙には恋人も含むため、いわゆる「ラブ・ソング」にも含まれる。 カバー / 日本においては、フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラのバージョンが、TOKYO FM制作のラジオ番組『JET STREAM』のテーマ曲に長年使用され、有名となった。 (ミスター・ロンリー – Wikipedia)

“Mr. Lonely” is a song co-written and recorded by American singer Bobby Vinton. The song was first released on Vinton’s 1962 album Roses Are Red. Background / Vinton began writing the song while serving in the Army. The song describes a soldier who is sent overseas and has no communication with his home. The singer laments his condition and wishes for someone to talk with. (Mr. Lonely – Wikipedia)

関連動画

ミスター・ロンリー (Mr Lonely) Classical Guitar – YouTube

Mr. Lonely Guitar duo ミスターロンリー ギター – YouTube

Mr.Lonely 리여석기타오케스트라 – YouTube

JET STREAM ミスターロンリー 城達也 – YouTube

Mr.Lonely [日本語訳付き] ザ・レターメン – YouTube

Mr. Lonely – Bobby Vinton(日本語歌詞付き) – YouTube

関連サイト

ミスター・ロンリー | 翡翠のマグカップ

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 30代 1977〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫(

ミスター・ロンリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Mr. Lonely の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

180px-Vincente_Gomez_o

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

ヴィセンテ・ゴメス (Vicente Gómez 1911年7月8日 – 2001年12月23日)は、スペインのギタリスト兼作曲家です。

関連記事

Vicente Gómez (8 July 1911 – 23 December 2001) was a Spanish guitarist and composer. Biography / Gómez was born in Madrid where he learned his trade in a tavern, in the red light district of Madrid, that was owned by his father. He worked there until he was 25, when he visited Russia. He was involved in politics and opposed to General Franco. He visited Cuba and Mexico and he was discovered whilst making a radio show in Mexico. He worked in New York and toured South America. In 1943 he became a U.S. citizen and served in the American army. In the 1950s he composed for Hollywood films before he retired to compose and teach. One of Gómez’ students was Ricky Nelson. Another was the wife of Omar Bradley. (Vicente Gómez (composer) – Wikipedia)

関連動画

Romance de amour / Vicente gomez – YouTube

Vicente Gomez – Sevilianas y Panaderos 血と砂 – YouTube

悲しみの礼拝堂 – YouTube

Triste Santuario – YouTube

関連エントリ

ビセンテ・ゴメス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Vicente Gómez の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の人工知能(AI)について | マンドリン型ロボット

TheRestOfTheRobots.jpg

日本の人工知能(AI)について | マンドリン型ロボット

関連記事

人工知能 コンピュータを用いて知能を実現する研究分野、またはコンピュータにより人工的に実装された知能 / 人工知能(じんこうちのう、(英: artificial intelligence、AI)とは、「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」、または、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」ともされる。 概要 / 人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)[5]、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。 (人工知能 – Wikipedia)

関連サイト

人工知能(AI)とは | SAS

人工知能のやさしい説明「What’s AI」 – 人工知能学会

関連エントリ

ロボット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人工知能 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2019年6月号)

IMG_20190603_164300

人民中国雑誌社の人民中国 (2019年6月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.879 2019年6月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年6月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国 2019年6月号 – 人民中国ホームページ

人民中国ホームページ

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年6月1日 発行)

IMG_20190603_164211

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年6月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.879 2019年6月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年6月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.879 2019.6.1 目次
中島健蔵の生きた戦前と戦後の「昭和」の時代ー逝去40年に思う 加藤千洋
宮廻正明常任理事を団長に 日中文化交流協会大学生訪中団
程永華駐日中国大使の 離任レセプション開催さる
「アジア文明対話大会」、「アジア文化カーニバル」北京で開催さる
〈縦波横波〉
母が翻訳した巴金の小説 嶌信彦
藤原頼長と中国研究ー私が頼長に確かめたいこと 高橋均
布袋さまの故里を訪ねて 伊達廣三
砂漠の中の巨大な美術館ー敦煌莫高窟 永田晨
〈心に残る中国〉
中国の旅の原点「虎頭」 岡本央
活人剣と李鴻章 寺田守
なつかしの大地中国 (絵と文) 大矢紀
北京で出会った青年 三好道
〈本・評と紹介〉
《バクトリア王国の興亡》(前田耕作 著)
聊楽 董振華句集 董振華 著
《『日中文化交流』誌より 再録24》魂をぶつけあう交流 岡本太郎
報道 ( 『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

谷藤紅山尺八とシャクルート (北海道北見市 ピアソン記念館)

o0570042810272013897.jpg

谷藤紅山尺八とシャクルート (北海道北見市 ピアソン記念館)

関連記事

谷藤紅山さん尺八とシャクルートコンサート 2019/05/31掲載(北見市/告知)
北見のピアソン記念館で / 6月1日 / 野外コンサートの夕べ「谷藤紅山尺八とシャクルート」が6月1日(土)午後5時から、北見市幸町のピアソン記念館前庭で開かれる。入場無料。 遠軽町在住の音楽家、谷藤さんは尺八とフルートが合体した楽器の「シャクルート」と尺八で演奏する。北見のオカリナサークルフラワービーンズとミントマジシャンズクラブが賛助出演し、演奏とマジックを披露する。 主催する同クラブ代表の男性は「演奏とマジックのコラボもあるので楽しんでいただければ」と話している。 雨天時は会場を同館展示室に会場を変更し40人限定で行う。公共交通機関などの利用と徒歩での来場を呼びかけている。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ピアソン記念館前で野外コンサート 2019/06/05掲載(北見市/社会・文化)
谷藤紅山尺八とシャクルート / マジックとの共演で魅了 / 野外コンサートの夕べ「谷藤紅山尺八とシャクルート」が1日、北見市のピアソン記念館前庭で開かれた。 北見のアマチュアマジシャンでつくる、ミントマジシャンズクラブ主催。演奏とマジックのコラボを楽しんでもらおうと企画した。 遠軽町在住の音楽家、谷藤さんは尺八とフルートが合体した楽器の“シャクルート”や、尺八で「オリーブの首飾り」「恋の予感」などを演奏。市内のオカリナサークル「フラワービーンズ」が賛助出演した。 谷藤さんの演奏に合わせてクラブの会員はハンカチが色鮮やかな傘に変化したり、鳩が現れるマジックを披露。来場者の耳と目を魅了した。(成) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連動画

シャクルート夕べ(谷藤紅山) – YouTube

関連サイト

ピアソン記念館のホームページ

ピアソン記念館 | 北見市ホームページ

谷藤紅山の尺八ステーション

関連エントリ

谷藤紅山 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

網走市民バンドしゃ~みん ♪ 美幌町手をつなぐ連絡協議会

Moomin_kuva.jpg

網走市民バンドしゃ~みん ♪ 美幌町手をつなぐ連絡協議会

関連記事

美幌・ふれあいフェスで演奏 2019/05/24掲載(網走市・美幌町/社会)
網走「しゃ~みん♪」 / 来場者の喝采浴びる 6月には北見でも / 網走市内の障がい者らでつくるバンド「しゃ~みん♪」が18日、美幌グランドホテルで開かれた「第3回ふれあいフェスティバル」(美幌町手をつなぐ連絡協議会主催)に出演。楽しそうに演奏を披露し、来場者の喝采を浴びた。 しゃ~みん♪は、代表で網走市在住の銀田ゆみ子さんがピアノ教室で障がい者を指導していた時に、保護者から「バンド活動ができたら」と相談を受けたのを機に結成。自閉症やダウン症の20~30代4人と銀田さんら2人のサポートメンバーの6人編成で、網走市内のイベントに出演を続け、昨年、10周年を迎えた。 網走市外のイベント出演はこのフェスが初めて。鍵盤ハーモニカや打楽器のカホンなどを演奏し、自閉症の人が抱える行動面のこだわりを歌にした「ぼくらのあるある」、障がい者の魅力を歌詞に込めた「しゃ~みん♪のうた」など6曲を歌った。美幌の障がい者2人もゲスト出演して1曲を歌った。 笑顔で演奏する姿に、来場者は惜しみない拍手を送った。銀田さんは「仲間と音楽を楽しむ幸せを感じてもらえたらうれしい」と話していた。6月には北見市内のイベントにも出演する予定という。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

音楽動画

4分鐘.震憾人心的廣告 ♥ You Can Shine ♡ HD中文字幕版 – YouTube

関連サイト

〔しゃ~みん〕紹介|NPO法人網走市手をつなぐ育成会のブログ

2011年03月03日のブログ|NPO法人網走市手をつなぐ育成会のブログ

関連エントリ

美幌町 手をつなぐ連絡協議会 (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

しゃ~みん の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る