音楽 カテゴリのアーカイブ

北見市内でアンケート / クリスマスプレゼントは何がいい?

北見市内でアンケート / クリスマスプレゼントは何がいい?

関連記事

クリスマスプレゼントは何がいい? 2019/12/07掲載(北見市/社会・教育)北見市内3つの児童センターでアンケート / もうすぐクリスマス。小学生はサンタさんにどんなプレゼントをおねだりするのでしょうか。北見の東、美山、三楽の各児童センターで「クリスマスプレゼントは何がほしいですか」と聞いてみました。
男の子トップは「ゲームソフト」 女の子トップは「おもちゃ」 自分で製作・動作させるものや「彼氏」なんて答えも / 小学1~4年生を中心とする82人(男児45人、女児37人)が協力してくれました。男の子の回答で最も多かったのは「ゲームソフト」で21人。ゲーム本体も含めると23人でした。そのほとんどが「Nintendo Switch」のソフトまたは本体がほしいという回答に。多くの子ども達がほしいと言ったタイトルは「ポケットモンスター ソード・シールド」でした。2位は「おもちゃ」で11人。ブロックやラジコンなど自分で組み立てたり、作動させて楽しむおもちゃが人気のようです。3位は意外にも「決まっていない」が8人。中には「教えちゃうと、サンタさんにもらえなくなりそうだから内緒」(1年男児)という子も。その他には「歴史漫画セット」(3年男児)や「剣道の竹刀」(4年男児)などがありました。女の子の回答で最も多かったのは「おもちゃ」で23人。中でも最近、映画化で話題の「すみっコぐらし」の電子玩具や大きな人形などのキャラクターアイテムが低学年を中心に人気でした。また、かわいいアクセサリーやお菓子が手軽に作れるメイキング・クッキングトイと答えた子も2人いました。さらに4年生以上は「スマートフォン/iPad」などの電子機器や「彼氏」という大人顔負けのおねだりをする子もいました。「ゲームソフト」は男の子には人気でしたが、女の子ではわずか1人でした。アンケート中に「いい子じゃなかったから、今年はサンタさんが来てくれないかも」(2年女児)と心配する声や、小学生にほしいものを聞いて回る記者に「サンタのお仕事、手伝っているの?」(2年男児)と聞いてくる子もいて、子どもの純粋な気持ちに触れることができました。(理) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

クリスマスプレゼント の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年)12月の音楽

2019年(令和元年)12月の音楽

関連記事

2019年の音楽 2019年の音楽の動向 / 2019年の音楽(2019ねんのおんがく)では、2019年の音楽分野に関する動向をまとめる。 (2019年の音楽 – Wikipedia)

関連エントリ

2018年 (平成30年) 12月の音楽 – 美幌音楽人 加藤雅夫

12月の音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月30日 日本の皇嗣、皇族 秋篠宮皇嗣殿下の誕生日

11月30日 日本の皇嗣、皇族 秋篠宮皇嗣殿下の誕生日

1992年 (平成4年) 7月10日 北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が赤坂御用地にある秋篠宮家の宮邸を訪問する。庭園の紫陽花(アジサイ)が見事に咲いていた。秋篠宮邸の玄関先で、秋篠宮皇嗣殿下と秋篠宮皇嗣妃殿下が幼子の眞子内親王を抱いてお見送り。 1999年 (平成11年) 5月14日 北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が二度目の秋篠宮邸訪問。新居のお祝いに北海道美幌町の鈴蘭(スズラン)の苗を持参する。 2006年(平成18年)6月1日 秋篠宮皇嗣殿下が北海道網走市内の東京農大オホーツクキャンパスご来訪。生き物文化誌学会第4回芸術大会オホーツク大会ご出席。(三顧の礼?!)

関連記事

皇嗣 皇位継承順位第一位の皇族 / 皇嗣(こうし、英: Crown Prince)は、皇室典範において、皇位継承順位第1位の皇族を指す呼称。現行の皇室典範では皇嗣のうち、天皇の皇子である者には皇太子(こうたいし)、皇孫である者には皇太孫(こうたいそん)の称号を付している。第126代天皇徳仁在位中の皇嗣は、その皇弟にあたる秋篠宮文仁親王(上皇明仁第2皇男子)である。 (皇嗣 – Wikipedia)

秋篠宮文仁親王 日本の皇嗣、皇族 / 秋篠宮皇嗣殿下親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。皇嗣(2019年〈令和元年〉5月1日 – )。上皇・上皇后の第2皇男子。今上天皇の皇弟。秋篠宮家の家祖。称号は礼宮(あやのみや)、お印は栂(ツガ)。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は大勲位菊花大綬章。政府方針による呼称は皇嗣殿下(こうしでんか)。宮内庁による正式呼称は秋篠宮皇嗣殿下。皇室典範特例法第5条の規定により、皇嗣となった2019年(令和元年)5月1日以降、皇太子と同等の待遇とされている(国外への対外的な呼称は皇太子と同等のCrown Prince Fumihito)。なお、現行の皇室典範の下では初の皇太子以外の皇嗣である。住居は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある秋篠宮邸。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮邸を改築して使用していたが、立皇嗣にあたり再び宮邸を改修するため、2019年(平成31年)2月から御仮寓所に移った。 (秋篠宮文仁親王 – Wikipedia)

関連サイト

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁のホームページ

秋篠宮家 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮家 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Adeste Fideles. O Come, All Ye Faithful. 神のみ子は今宵しも

300px-Santa_Claus_BMW_01.jpg

Adeste Fideles. O Come, All Ye Faithful. 神のみ子は今宵しも

関連記事

神のみ子は今宵しも (ラテン語:Adeste Fideles、英語:O Come, All Ye Faithful) は、イングランド人のジョン・フランシス・ウェードの作曲とされる讃美歌である。しかし、はっきりした作曲者はわかっておらず、今も論争が続いている。歌詞も、誰の手になるものかがはっきりしないが、13世紀にジョン・オブ・レディングによって書かれていたのではないかと言われている[1]。幾度となく様々な言語に翻訳されたが、イングランドカトリック教会の聖職者であるフレデリック・オークリーによる英語訳が特に広まって行った。 1954年の讃美歌111番。クリスマスの時期に歌われる定番の讃美歌として、日本でもよく知られている。 (神の御子は今宵しも – Wikipedia)

関連エントリ

クリスマス音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走市内のキリスト兄弟団網走教会 / アドベント

北海道網走市内のキリスト兄弟団網走教会 / アドベント

関連記事

アドベント・チャリティーチャペルコンサート 2019/11/27掲載(網走市/告知)網走市内のキリスト兄弟団網走教会で / 12月1日 / 網走市内の合唱団などが出演する、アドベント・チャリティーチャペルコンサートが12月1日(日)午後1時から、キリスト兄弟団網走教会(市北5条)で開かれる。入場無料。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

アドベント (Advent) は、キリスト教西方教会において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことである。日本語では待降節(たいこうせつ)、降臨節(こうりんせつ)、または待誕節(たいたんせつ)という。教派によって名称が異なり、主にカトリックや福音主義教会(ルター派)では待降節、聖公会では降臨節と呼ぶ。 (アドベント – Wikipedia

関関連エントリ

アドベント の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団網走教会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第27回美幌町吹奏楽フェスティバル

第27回美幌町吹奏楽フェスティバル

関連記事

町民会館文化情報 / 美幌町で開催される文化事業
12月 8日(日) 第27回美幌町吹奏楽フェスティバル
主催者 実行委・美幌町吹奏楽育成会
会場 町民会館びほーる
前売券 一般1,000円 高校生以下500円
開演 13:00 (町民会館文化情報 – 美幌町のホームページ)

美幌町吹奏楽フェスティバル 2019/11/22掲載(美幌町/告知) 町民会館びほーるで / 12月8日 / 美幌町吹奏楽フェスティバルが12月8日(日)午後1時から町民会館びほーるで開かれる。主催は実行委員会と美幌町吹奏楽育成会。美幌小金管バンドと東陽小ブラスバンド部、美幌中、美幌北中、津別中、美幌高校の吹奏楽部、美幌吹奏楽団が出演。合同演奏では「美中の美」「花は咲く」を披露する。チケットは一般千円、小中高生500円。問い合わせは大通北1のマリモ洋品店内、育成会事務局(0152・73・2345)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町

関連エントリ

美幌町吹奏楽フェスティバル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

関連記事

北守一生さんのマンハッタンズライブ 2019/11/16掲載(美幌町/告知) 美幌町出身サックスプレーヤー / 11月26日 / 美幌町出身のサックス奏者、北守一生(かずき)さん率いるバンド「マンハッタンズ」のジャズライブ2019が26日(火)午後6時から町民会館びほーるで開かれます。 北守さんは美幌中学校、美幌高校を卒業。大学進学後にプロになり、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動。歌手のホイットニー・ヒューストンさんの母・シシーさんら数々の著名なミュージシャンと共演しました。 美幌のライブは1年半ぶり。前売券2千円、当日券2500円で、ドコモショップオホーツク美幌店(0152・75・2112)などで扱っています。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

町民会館文化情報 美幌町で開催される文化事業 / 11月26日(火) MANHATTANS JAZZ LIVE 2019 美幌公演、主催者 ドロップス、会場 町民会館小ホール、前売券 2,000円 全席自由、開演 18:00 (町民会館文化情報 | 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

関連エントリ

アメリカ合衆国のジャズピアニスト Ronnell Bright について – 美幌音楽人 加藤雅夫

北守ただよし の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tadayoshi Kitamori の検索結果 -?美幌音楽人 加藤雅夫

北守一生 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kazuki Kitamori の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

市民の歌 (北海道札幌市)

市民の歌 (北海道札幌市)

関連記事

「市民の歌」(しみんのうた)は日本の政令指定都市の1市で、北海道の道庁所在地である札幌市の市歌。作詞・能條伸樹、作曲・川越守、補佐・西田直道。 表題は「札幌市民の歌」でなく、自治体名を含まない「市民の歌」が正式名称である。 (市民の歌 (札幌市) – Wikipedia)

関連動画

市民の歌 – YouTube

市民の歌 (札幌市) – YouTube

関連サイト

市民の歌 – 札幌市ホームページ

関連エントリ

市民の歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の詩人 能條伸樹 (市民の歌)

日本の詩人 能條伸樹 (市民の歌)

関連記事

能條 伸樹(のうじょう のぶき、1930年10月18日 – 2016年2月4日)は、日本の詩人。農業ジャーナリスト。 生涯 / 東京府出身だが、札幌市で育つ。 旧制中学校を卒業したのち、参議院速記者養成所を卒業し、1951年より北海道に戻って北海タイムスで速記者となる。のちに新聞記者として勤務するかたわら詩作。 1983年よりホクレン農業協同組合連合会にて広報ホクレンの編集長となる。 著書 / 詩集「薄明に呼ぶ」「父と子の20代詩集」 エッセイ集「農と食の窓辺」「北風ちゃんねる」 (能條伸樹 – Wikipedia

「市民の歌」(しみんのうた)は日本の政令指定都市の1市で、北海道の道庁所在地である札幌市の市歌。作詞・能條伸樹、作曲・川越守、補佐・西田直道。 表題は「札幌市民の歌」でなく、自治体名を含まない「市民の歌」が正式名称である。 (市民の歌 (札幌市) – Wikipedia)

関連動画

市民の歌 – YouTube

市民の歌 (札幌市) – YouTube

関連サイト

市民の歌 – 札幌市ホームページ

関連エントリ

市民の歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

能條伸樹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Nobuki Noujou の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家・指揮者 西田直道 (マンドリン)

日本の作曲家・指揮者 西田直道 (マンドリン)

関連記事

西田 直道(にしだ なおみち、1907年12月21日 – 1978年1月9日)は、日本の作曲家、指揮者。 経歴 / 北海道名寄市出身。同志社大学法学部卒業。在学中はマンドリンクラブに所属し、指揮をしていた菅原明朗から和声、対位法、管弦楽法、指揮法を学んだ。また池内友次郎からも対位法とフーガを学んだ。1941年にNHK札幌放送管弦楽団が創設されると、指揮者として招かれた。また札幌大谷短期大学(現在の札幌大谷大学短期大学部)や札幌商科大学(現在の札幌学院大学)などで指導にあたった。 1957年には北海道文化賞を受賞した。 作品 / 管弦楽曲 管弦楽のための組曲 古風な舞曲(1952) アイヌの民謡によるパラフレーズ – 2台のピアノとオーケストラのための(1965) バレエ「那古と不比羅」 合唱曲 / 交声曲「札幌ひらく」(林哲男作詞、1944) 組曲「雪の日」(1960) 組曲「白鳥」(1961) 声楽曲 / 寒蝉鈔(佐藤春夫詩、1940) 啄木のうた五章 マンドリンオーケストラ / 秋の前奏曲 ピアノ曲 / 大和(1941) 放送劇 / 「光を掲げた人々」違星北斗(森本儀一郎脚本、1955年) 校歌 / 札幌市立東園小学校(樋口秀雄作詞) 北見市立東相内小学校(宇野親美作詞) 中標津町立中標津中学校(更科源蔵作詞) 北海道北見工業高等学校(宇野親美作詞)
(西田直道 – Wikipedia)

「市民の歌」(しみんのうた)は日本の政令指定都市の1市で、北海道の道庁所在地である札幌市の市歌。作詞・能條伸樹、作曲・川越守、補佐・西田直道。 表題は「札幌市民の歌」でなく、自治体名を含まない「市民の歌」が正式名称である。 (市民の歌 (札幌市) – Wikipedia)

関連動画

市民の歌 – YouTube

市民の歌 (札幌市) – YouTube

関連サイト

市民の歌 – 札幌市ホームページ

関連エントリ

市民の歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

西田直道 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Naomichi Nishida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

同志社大学マンドリンクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る