映画 カテゴリのアーカイブ

香港の歌手・女優 アニタ・ムイ (梅艷芳 Anita Mui)

香港の歌手・女優 アニタ・ムイ (梅艷芳 Anita Mui)

関連記事

アニタ・ムイ(広東語:梅 艷芳 (Mui Jim-fong)、英語: Anita Mui、1963年10月10日 – 2003年12月30日)は香港の歌手・女優。 来歴・人物 / 香港の1980年代を代表する女性歌手。28枚のアルバムと45本の映画を残す。幼少のころより、家計を助けるためにレストランやナイトクラブなどで歌手として活動していた。香港の新人登竜門・「新秀歌唱大賽」の第一回大会(1982)に出場、「風的季節」でグランプリを受賞し18歳でデビューして以来、トップシンガーとして香港歌壇に君臨。「各家庭に1枚ずつアニタ・ムイのレコードがある」と言われるほどの人気を誇った。1983年には第12回東京音楽祭 に出場、「唇をうばう前に」を披露し、「アジア特別賞」 と 「TBS賞」 を獲得した。 日本では、ジャッキー・チェンやチャウ・シンチー映画の共演者として知られる。シリアスからアクションまでこなし、特にコメディエンヌとしての才能は非常に高く、オールラウンドにこなす演技力の高さから、主演・助演を含み、出演した映画も多い。『ルージュ』においての彼女の演技は絶賛され、第8回香港電影金像奨最優秀主演女優賞・第24回金馬奨最優秀主演女優賞など賞を総なめにした。他に、『縁份』で第4回の、『半生縁』で第17回の香港電影金像奨最優秀助演女優賞を受賞している。 姉御肌であり面倒見のよい人柄で多くの人たちに敬愛されていた。 近藤真彦とは恋の噂もあり、アニタ自身1997年頃のインタビューで「いちばん印象に残った恋愛」に近藤との恋を挙げている。 2003年9月に子宮頸癌であることを親交のある多くの芸能人と共にメディアに告白後も、治療を続けながら病を押して芸能活動を継続し、11月には香港コロシアムでの数日にわたるコンサートも行うが、ファンの願いかなわずこの年の12月30日に帰らぬ人となった。このコンサートの模様はDVDで観ることが出来る。実姉の梅愛芳(中国語版)も子宮頸癌でアニタと同じ41歳で亡くなっている。芸能界のみならず多方面に交友関係が広かったアニタの死の衝撃はとても大きく、各テレビ局では急遽年末年始の番組を大幅に変更し彼女の追悼番組を放送した。 (アニタ・ムイ – Wikipedia)

梅艷芳(英語:Anita Mui Yim-fong,1963年10月10日-2003年12月30日),已故香港歌影壇藝人,有「樂壇大姐大」之稱。她的形象百變,獲獎無數,是香港粵語流行歌曲輝煌極盛期的標誌性人物,也是第一位在香港音樂界和電影界都取得矚目成就的女藝人。梅艷芳的影響力不只在演藝界,她更代表了整個香港及華人社會,她去世後被傳媒廣泛稱為「香港的女兒」。 (梅艷芳- 维基百科,自由的百科全书)

Anita Mui Yim-fong (traditional Chinese: 梅艷芳; simplified Chinese: 梅艳芳; Jyutping: Mui4 Jim6 Fong1; 10 October 1963 – 30 December 2003) was a Hong Kong singer and actress making major contributions to the Cantopop music scene and receiving numerous awards and honours. She remained an idol throughout most of her career, and was generally regarded as a Cantopop diva. (Anita Mui – Wikipedia)

関連エントリ

中国の女性二胡演奏家 沈琳 (シェン・リン) – 美幌音楽人 加藤雅夫

アニタ・ムイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

梅艷芳 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Anita Mui の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

IMG_20191002_142451

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.883 2019年10月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年10月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.883 2019.10.1 目次 / 中華人民共和国建国70周年に寄せて 黑井千次 / 新たな時代、新たな起点、新たな征途―新中国成立70周年に寄せて… 孔鉉佑 / 建国70周年を慶祝 栗原小巻副会長が訪中 / 馬込勇常任委員を団長に 日本音楽家訪中団 / 李敬沢副主席を団長に中国作家代表団 / 長崎・日中文学シジウム~日中の歴史小説作家が語る「鄭成功と長崎」 / 《中華人民共和国建国70周年特集①》 中国との絆 その背景にあるもの 野村萬 / 中国との交流で学んだこと 金山茂人 / 文化交流で埋められるもの 毛里和子 / これからの映画交流 小栗康平 / 交流二千年 里中満智子 / 中日師生の情誼顕彰の旅 田中節山 <縦波横波> 王羲之と顔真卿 江川蒼淵 / 屏風で文化交流 瀧下嘉弘 / 尽きない追懐 千葉宣一 / 映画『さらば、我が愛 覇王別姫』と張国榮(レスリー・チャン) 平石淑子 <心に残る中国> 首都師範大学との学術交流 佐藤利行 / 復旦大学へ作品寄贈 山本芳雅 / 日本美術家訪中団 訪中記録 / 日本文化界訪中団 訪中記録 <本・評と紹介> 『現代中国外交』(毛里和子著)『私の戦中戦後絵日記』(岡井禮子著) △報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の歌 白狐 (陈瑞 陳瑞)

中国の歌 白狐 (陈瑞 陳瑞)

関連記事

白狐 陈瑞原唱歌曲,电视剧《聊斋2》片尾曲 / 歌曲《白狐》,原唱陈瑞,后被选为2007年叶璇、孙耀威、陈浩民等主演电视剧《聊斋2》的片尾曲,改由艾轶曼演唱;后成为2013年热映的魔幻爱情三D巨制《白狐》的主题曲,由谢容儿演唱。 (白狐 陈瑞原唱歌曲,电视剧《聊斋2》片尾曲 – 百度百科)

関連サイト

白狐 : 小春日和 – 文学城博客

関連エントリ

梅婷「非誠勿擾/北国之春」北海道 – 美幌音楽人 加藤雅夫

白狐 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 清水保雄 (マンドリンオーケストラ組曲 アイヌの印象)

日本の作曲家 清水保雄 (マンドリンオーケストラ組曲 アイヌの印象)

関連記事

清水 保雄(しみず やすお、1910年(明治43年)12月5日-1980年(昭和55年)3月10日)は昭和期の作曲家。 経歴 / 東京都京橋区生まれ。明治大学卒業。明大ではマンドリン部に所属していた。 在学中に作曲家古賀政男に師事し、大学卒業後の1940年にビクターレコードの専属作曲家となる。 南方メロディにヒントを得て作った「マニラの街角で」、「バダビアの夜は更けて」がヒット。 小畑実と藤原亮子の東宝映画「婦系図」主題歌「婦系図の歌(湯島の白梅)」、同じく東宝「伊那の勘太郎」主題歌「勘太郎月夜唄」が戦時下の中大ヒットし、一躍人気作曲家となる。楽曲のほとんどを佐伯孝夫が作詞し、数々の作品を世に送り出した。 1980年(昭和55年)3月10日死去。享年69。 作品 / マンドリンオーケストラ / 組曲「アイヌの印象」 組曲「東への道」 組曲「大和への道」 沖縄の印象 (清水保雄 – Wikipedia)

関連動画

組曲「アイヌの印象」 (清水保雄) 【第N会定期演奏会】- YouTube

組曲「アイヌの印象」(清水保雄) – YouTube

関連サイト

清水 保雄 – BIGLOBE

関連エントリ

マンドリンオーケストラ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アイヌ音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清水保雄 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yasuo Shimizu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

静かなる闘い シュティカ 冬の魂 (北海道 北方民族博物館)

静かなる闘い シュティカ 冬の魂 (北海道 北方民族博物館)

関連記事

7日・ドキュメンタリー映画観賞会 2019/09/04掲載(網走市/告知) カナダ先住民、権利めぐる闘い / 北方民族博物館で / ドキュメンタリー映画「静かなる闘い―シュティカ 冬の魂―」の観賞会が7日(土)午後1時半~、網走市の道立北方民族博物館で開かれる。定員50人。無料。 同映画は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の内陸部に暮らすリルウィット族の猟場にスキーリゾート地を建設する際の先住民族の権利をめぐる闘いと思いを記録している。 問い合わせは同博物館(0152・45・3888)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連動画

静かなる闘いーシュティカ 冬の魂 ”Quiet struggle -Sutikalh the winterspirit” – YouTube

関連サイト

北海道立 北方民族博物館ホームページ

「静かなる闘い シュティカ-冬の魂」バンクーバー五輪と先住民の地/VIDEOme ACT!BLOG から

関連エントリ

バンクーバー 2010 オリンピック&パラリンピック – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌の星☆久保恒造選手(日立システムスキー部)のニュース – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌の星☆石田正子選手(JR北海道)のニュース – 美幌音楽人 加藤雅夫

北方民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

波の盆 (武満徹の楽曲)

波の盆 (武満徹の楽曲)

関連記事

『波の盆』(なみのぼん)は、1983年11月15日の21:02 – 22:54に日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビドラマ。また、その主題曲として作られた武満徹の楽曲。 概要 / 戦争によって引き裂かれたハワイ日系移民家族の姿と、それぞれの想いを描く。舞台はマウイ島のワイルク、ラハイナなど。現地のコンドミニアムにキャストとスタッフが共同生活しながら撮影が行われた。 日本テレビ・テレビマンユニオン提携作品。監督は実相寺昭雄、脚本は倉本聡。西武セゾングループ提供の「西武スペシャル」として放送された。第38回(昭和58年度)芸術祭大賞、第1回ATP賞グランプリ、第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。 1984年2月4日には、芸術祭大賞受賞を記念して再放送された。現在は、バップよりDVDとして発売されているほか、横浜の放送ライブラリーにて無料で閲覧できる。 2011年8月27日、川崎市市民ミュージアムで開催された「実相寺昭雄展」で、関係者試写、スクリーン上映会が行われた。2013年、日本テレビ開局60年記念の一環として、CS日テレの日テレプラスにて周年ドラマ特集が組まれ、「秋のシナリオ」「ゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルース」「テレビ、翔んだ!」とともに再放送された(本作は12月7日ほかで放送された)。 あらすじ / 1983年夏、ハワイ・マウイ島。長年連れ添った妻に先立たれた日系一世の老人・山波公作は、仕事を引退して毎日追憶に耽る日々を過ごしていた。そんなある日、遠い昔に勘当した四男・作太郎の娘・美沙が、亡くなった妻に宛てた手紙を携えて日本からやってきた。孫が訪ねてくれた嬉しさの反面、祖国を裏切って米軍に協力した作太郎へのわだかまりがある公作は、美沙に対して心を開くことができない。そんな公作に、思い出の中の妻・ミサが優しく語りかけてくる。 サウンドトラック / 武満徹作曲の本番組のサウンドトラックは、岩城宏之指揮、東京コンサーツ演奏によるもの。下記のとおりソフト化されている。 (波の盆 – Wikipedia)

関連動画

Toru Takemitsu:Nami no Bon 武満徹 「波の盆」 – YouTube

関連サイト

武満 徹 – 楽曲試聴 | NHK交響楽団ホームページ

武満徹 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

関連エントリ

波の盆 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アメリカ合衆国の楽曲、日本の翻訳唱歌 旅愁 (唱歌)

アメリカ合衆国の楽曲、日本の翻訳唱歌 旅愁 (唱歌)

関連記事

旅愁(りょしゅう)は日本の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に詞を訳した翻訳唱歌である。 1907年8月に発表された音楽教科書「中等教育唱歌集」で取り上げられて以来、日本人に広く親しまれてきた。原曲はジョン・P・オードウェイ(John P. Ordway)による“Dreaming of Home and Mother”(家と母を夢見て)という楽曲である。2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。 中国では、李叔同の作詞により『送別』の題で広く知られている。日本と同様にアメリカ音楽だと気がつかない人も多い。1982年の中国の映画『北京の思い出(城南旧事)』(沈潔主演)でも劇中歌として使われた。李叔同は1907年当時日本留学生であったから、日本でこの曲に接し中国語で作詞した可能性がある。 (旅愁 (唱歌) – Wikipedia)

旅愁(りょしゅう) / 作詞: 犬童球渓(1884 – 1943) / 作曲: ジョン・オードウェイ(1824 – 1880) / 原曲: 「家と母を夢見て」(Dreaming of Home and Mother、1868年) / 掲載: 山田源一郎編『中等教育唱歌集』共益商社楽器店、1907年(明治40年)8月 (旅愁 – Wikisource)

関連エントリ

旅愁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Dreaming of Home and Mother の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

台湾の女流作家 林海音

台湾の女流作家 林海音

関連記事

林 海音(りん かいいん)は台湾の女流作家。小名は英子。 両親が日本で事業経営していた関係で林海音は大阪で出生している。出生後台湾に戻るが、間もなくして北京に移住、城南地区の廠甸小学、春明女子中学、北京新聞専科学校を卒業している。林海音の父親は12歳の時に死去しており、残された母親と共に弟2人、妹3人を育てている。卒業後は『世界日報』の見習い記者として勤務し、作家である夏承楹と結婚している。その後は『聯合報』の副刊に10年にわたり主筆し、1960年に小説『城南旧事』を発表し、小説家としての地位を確立した。 晩年は糖尿病、脳卒中、肺炎に苦しみ、内臓機能の低下により2001年12月1日11時46分に死去している。 林海音の残した言葉に「有人得意、看背影就可以知道。有人失意,聴脚歩音就可以知道(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)」がある。 (林海音 – Wikipedia)

林海音(1918年4月28日-2001年12月1日),原名林含英,出生于日本大阪,原籍台湾新竹州竹南郡頭分街(今苗栗縣頭份鎮),屬於半唐山本省人,4歲前居住在母親故鄉臺北州海山郡板橋街(今新北市板橋區),後遷居北京至成年,臺灣文學作家、編輯,提攜了大量台灣的文學青年。成名作为小说《城南舊事》。曾任北平世界日報記者、編輯,爾後隨國民政府播遷來臺後跟著回到臺灣,之後曾任國語日報編輯、聯合報副刊主編。身為編輯的林海音,除了致力於發掘優秀的寫作人才並鼓勵停筆多年的日治時期作家重新寫作,同時也曾受聘於省教育廳及國立編譯館編輯兒童讀物與編寫小學國語教科書,於語文教育上貢獻許多。而身為作家的林海音除了寫小說外,另有創作散文、兒童文學等。她也在1967年創立《純文學》月刊,隔年創立《纯文学》出版社,堪稱臺灣第一個文學專業出版社。四十餘年來,林海音與其作家丈夫何凡(夏承楹)從事編輯、寫作、出版三項工作,從未間斷,對台灣現代文學的推展,深具影響。 (林海音- 维基百科,自由的百科全书)

旅愁(りょしゅう)は日本の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に詞を訳した翻訳唱歌である。 1907年8月に発表された音楽教科書「中等教育唱歌集」で取り上げられて以来、日本人に広く親しまれてきた。原曲はジョン・P・オードウェイ(John P. Ordway)による“Dreaming of Home and Mother”(家と母を夢見て)という楽曲である。2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。 中国では、李叔同の作詞により『送別』の題で広く知られている。日本と同様にアメリカ音楽だと気がつかない人も多い。1982年の中国の映画『北京の思い出(城南旧事)』(沈潔主演)でも劇中歌として使われた。李叔同は1907年当時日本留学生であったから、日本でこの曲に接し中国語で作詞した可能性がある。 (旅愁 (唱歌) – Wikipedia)

旅愁(りょしゅう) / 作詞: 犬童球渓(1884 – 1943) / 作曲: ジョン・オードウェイ(1824 – 1880) / 原曲: 「家と母を夢見て」(Dreaming of Home and Mother、1868年) / 掲載: 山田源一郎編『中等教育唱歌集』共益商社楽器店、1907年(明治40年)8月 (旅愁 – Wikisource)

関連動画

《读书》 林海音 《城南旧事》 爸爸的花儿落了 | CCTV科教 – YouTube

送別城南舊事 – YouTube

関連エントリ

林海音 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2019年8月号)

IMG_20190802_164842

人民中国雑誌社の人民中国 (2019年8月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.881 2019年8月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年8月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国ホームページ

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

イッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン ルイ・アームストロング

180px-Selmer_Trumpet_given_by_King_George_V_to_Louis_Armstrong

アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン ルイ・アームストロング

関連記事

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日 – 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。 サッチモ (Satchmo) という愛称で親しまれた、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。 サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがある。その他、ポップス (Pops)、ディッパー・マウス (Dipper Mouth) という愛称もある。 (ルイ・アームストロング)

Louis Daniel Armstrong (August 4, 1901 – July 6, 1971), nicknamed Satchmo, Satch, and Pops, was an American trumpeter, composer, vocalist and occasional actor who was one of the most influential figures in jazz. His career spanned five decades, from the 1920s to the 1960s, and different eras in the history of jazz. In 2017, he was inducted into the Rhythm & Blues Hall of Fame. (Louis Armstrong – Wikipedia)

180px-Louis_armstrong_producers_showcase_1956

関連エントリ

ルイ・アームストロング の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Louis Armstrong の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る