映画 カテゴリのアーカイブ

記念日 4月16日 チャップリンデーについて

481px-Mona_Lisa_headcrop.jpg

記念日 4月16日 チャップリンデーについて

関連記事

記念日 4月16日 チャップリンデー / 1889年のこの日、20世紀最大の映画作家・喜劇俳優のチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた。口ひげ、だぶだぶのズボン、どた靴、ステッキ、山高帽という独特のスタイルで社会を風刺し、世界的な人気者になった。『モダン・タイムス』『ライムライト』等多数の作品を作った。(4月16日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月16日 記念日 チャップリンデー / 喜劇俳優・チャールズ・チャップリンの誕生日。(4月16日 – Wikipedia

4月16日 誕生日 / 人物 / 1889年 – チャールズ・チャップリン、喜劇俳優、映画制作者。

“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer “Charlie” Chaplin, KBE、1889年4月16日 – 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。血液型はO型で左利き。生涯 / 前半生 / 1889年4月16日、イギリス・ロンドンのケニントン地区、ランベスのイースト・レーンで生まれた。父はチャールズ・チャップリン・シニア、母はハンナ・チャップリンで、ともにミュージック・ホールの俳優である。1歳のときに両親は離婚し、以降は母親のもとで育てられた。(チャールズ・チャップリン – Wikipedia

チャップリンの言葉 / 「人生に意味を求めたってはじまらない、人生は願望だ。」「死と同じように避けられないものがある、それは生きることだ。」「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。」

関連エントリ


Charlie Chaplin Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チャップリンデー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヘレン・ケラー初来日について

Saffran_crocus_sativus_moist.jpg

ヘレン・ケラー初来日について

関連記事

4月15日 歴史 / 1937年 ヘレン・ケラーが初来日。(4月15日 今日は何の日~毎日が記念日~

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。視覚と聴覚の重複障害者(盲ろう者)でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くした。略歴 / 1880年6月27日、アメリカ合衆国のアラバマ州タスカンビアで誕生。1936年10月20日、サリヴァンが死去。亡くなる直前、サリヴァンは、サリヴァンが病床にあるという理由で岩橋武夫からの来日要請をためらっていたヘレンに「日本に行っておあげなさい」と遺言したという。1937年(昭和12年)4月15日、浅間丸に乗りトンプソンとともに横浜港に到着し日本各地を訪問した。4月16日、新宿御苑で観桜会が開催され、昭和天皇・香淳皇后が行幸。観桜会に出席したヘレンは、昭和天皇に拝謁した。この訪日でヘレンは「日本のヘレン・ケラー」と言われた中村久子と会った。「彼女は私より不幸な人、そして、私より偉大な人」と賞賛した。1948年(昭和23年)8月、2度目の日本訪問。2か月滞在して全国を講演してまわる。これを記念して2年後の1950年(昭和25年)、財団法人東日本ヘレン・ケラー財団(現:東京ヘレン・ケラー協会)と財団法人西日本ヘレンケラー財団(現:社会福祉法人日本ヘレンケラー財団)が設立されている。1955年(昭和30年)、サリヴァンの伝記『先生』を出版。3度目の訪日も実施し、熱烈な歓迎を受けた。訪日の理由の一つは、1954年(昭和29年)に没した朋友岩橋武夫に花を手向けるためであった。ヘレンは空港で岩橋の名を叫び、岩橋の家では泣き崩れたという。勲三等瑞宝章を授けられる。1968年6月1日、コネチカット州イーストンの自宅で死去。87歳没。ワシントン大聖堂で葬儀が行われ、地下礼拝堂の壁内にサリヴァン、トンプソンと共に葬られている。死後、日本政府から勲一等瑞宝章が贈られる。(ヘレン・ケラー – Wikipedia

Helen Adams Keller (June 27, 1880 – June 1, 1968) was an American author, political activist, and lecturer. She was the first deaf-blind person to earn a bachelor of arts degree. The story of how Keller’s teacher, Anne Sullivan, broke through the isolation imposed by a near complete lack of language, allowing the girl to blossom as she learned to communicate, has become widely known through the dramatic depictions of the play and film The Miracle Worker. Her birthplace in West Tuscumbia, Alabama, is now a museum and sponsors an annual “Helen Keller Day”. Her birthday on June 27 is commemorated as Helen Keller Day in the U.S. state of Pennsylvania and was authorized at the federal level by presidential proclamation by President Jimmy Carter in 1980, the 100th anniversary of her birth. Political activities / Keller traveled to over 40 countries with Sullivan, making several trips to Japan and becoming a favorite of the Japanese people. (Helen Keller – Wikipedia

ヘレン・ケラーの言葉 「障害は不便である、しかし不幸ではない。」「盲目であることは悲しいことです、けれど目が見えるのに見ようとしないのはもっと悲しいことです。」「幸福への1つの扉が閉じる時、別の扉が開きます。けれども私達はしばしば閉じた扉をいつまでも見ているので、開かれた扉が目に入らないのです。」「世の中は、苦しみに満ちている。しかし、それに打ち勝つものにも満ちている。」「愛とは手で触れることはできなくても、香りで庭を美しくしてくれる花のようなものだ。」

関連サイト

ヘレン・ケラーと日本ライトハウス

ヘレンケラー物語|社会福祉法人 日本ヘレンケラー財団(公式ホームページ)

校長室 – 北海道函館盲学校

十勝ヘレン・ケラー記念塔

関連エントリ

Helenkellerannesullivan1898.jpg

ヘレン・ケラー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Helen Keller の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヘレン・ケラー初来日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アメリカ合衆国の小説家 ジョン・スタインベックの小説『怒りの葡萄』が発刊

443px-JohnSteinbeck_crop.jpg

JohnSteinbeck_TheGrapesOfWrath.jpg

アメリカ合衆国の小説家 ジョン・スタインベックの小説『怒りの葡萄』が発刊

関連記事

4月14日 歴史 / 1939年 ジョン・スタインベックの小説『怒りの葡萄』が発刊。(4月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月14日 できごと / 1939年 – ジョン・スタインベックの小説『怒りの葡萄』が発刊。(4月14日 – Wikipedia

『怒りの葡萄』(いかりのぶどう:The Grapes of Wrath)は、アメリカ合衆国の作家ジョン・スタインベックによる小説である。初版は1939年。この小説により、スタインベックは1940年にピューリッツァー賞を受賞した。後のノーベル文学賞受賞(1962年)も、主に本作を受賞理由としている。(怒りの葡萄 – Wikipedia

ジョン・アーンスト・スタインベック(John Ernst Steinbeck, 1902年2月27日 – 1968年12月20日)は、アメリカの小説家・劇作家。スタインベックは1939年4月に、大干ばつと耕作機械によって土地を奪われた農民たちのカリフォルニアへの旅を描いた壮大な作品『怒りの葡萄』を出版し、その作品は賛否両論を引き起こした。1940年、怒りの葡萄がピューリッツァー賞、全米図書賞を受賞する。(ジョン・スタインベック – Wikipedia

関連エントリ

怒りの葡萄 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ジョン・スタインベック の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1952年4月10日 NHKの連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始

5c2f2cfc83c7aa5a1e948cd49f247be8.jpg

1952年4月10日 NHKの連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始

関連記事

1952年4月10日 NHKで連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始。(4月10日 今日は何の日~毎日が記念日~

1952年4月10日 – NHKで連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始。(4月10日 – Wikipedia

『君の名は』(きみのなは)は、1952年 – 1954年に日本のNHKラジオで放送されたラジオドラマである。映画化、テレビドラマ化、舞台化もされた。概要 / 脚本家・菊田一夫の代表作。1952年にラジオドラマで放送され、多大な人気を獲得した。NHKラジオ連続放送劇 / 放送期間は、昭和27年(1952)4月10日-29年(1954)4月8日。毎週木曜8時半から9時までの30分放送。番組の冒頭で「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」という加藤幸子、1953年(昭和28年)1月からは鎌田彌恵のナレーションが流れた。当時のラジオドラマは生放送だったため、劇中のBGMは音楽の古関裕而がハモンドオルガンを毎回即興で演奏していた。(君の名は – Wikipedia

関連エントリ

君の名は の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道出身の作詞家 高橋掬太郎(酒は涙か溜息か)

375px-2006-11-16Jasminum_nudiflorum09.jpg

北海道出身の作詞家 高橋掬太郎(酒は涙か溜息か)

関連記事

4月9日 忌日 / 1970年 高橋掬太郎 (作詞家『酒は涙か溜息か』) <68歳>[1901年4月25日生](4月9日 今日は何の日~毎日が記念日~

高橋 掬太郎(たかはし きくたろう Kikutaro Takahashi、1901年(明治34年)4月25日 – 1970年(昭和45年)4月9日)は昭和期の作詞家。函館日日新聞の記者時代に作詞した『酒は涙か溜息か』が戦前の大ヒットとなった。経歴 / 1901年(明治34年)4月25日、北海道根室町(現・根室市)で漁師の息子として生まれ、「菊太郎」と名付けられた。根室商業学校を中退後、根室新聞社に入社。この頃から「高橋春波」のペンネームで文筆活動を始める。1922年(大正11年)、函館日日新聞に入社し、社会部長兼学芸部長として活躍するかたわら文芸同人誌に参加。詩や小説、脚本などを手がけた。1931年(昭和6年)、『酒は涙か溜息か』で作詞家デビュー。これは自身が日本コロムビア文芸部宛に当時新進作曲家として注目されはじめていた古賀政男を直接指名して投稿したもので、藤山一郎の歌唱で大ヒットした。1968年(昭和43年)、紫綬褒章受章。1970年(昭和45年)4月9日死去。享年68。同日従五位となり、勲四等旭日小綬章を授与された。函館市宝来町に高橋掬太郎碑がある。(高橋掬太郎 – Wikipedia

酒は涙か溜息か(さけはなみだかためいきか)は、1931年(昭和6年)9月に日本コロムビアから藤山一郎の歌唱によって発売された昭和歌謡である。概要 / 作曲家・古賀政男、作詞家・高橋掬太郎、歌手・藤山一郎の出世作となった大ヒット曲。また、日本で最初にクルーナー唱法を取り入れた作品としても知られる。当時、古賀は新進作曲家として注目されはじめたばかりで、高橋は北海道で地方新聞の記者、藤山一郎は東京音楽学校(東京芸術大学音楽学部の前身)に在籍し将来を嘱望されたクラシック音楽生だった。折からの世界恐慌による不況にも拘らず、発売直後から大ヒットし、当時の蓄音機の国内普及台数の4倍のセールスを記録したという。売上は80万枚。歌のヒットにより、のちに松竹映画『想い出多き女』、新興キネマ『酒は涙か溜息か』として映画も製作された。経緯 / 1931年(昭和6年)夏、北海道の新聞記者の高橋掬太郎が日本コロムビア文芸部宛に詩を投書したことがきっかけだった。文芸部から作曲を依頼された古賀政男は、都々逸のような七五調の短い詩の作曲に当初は苦心し、毎日ギターで三味線の曲や民謡を弾いて模索していた。エピソード / 高橋掬太郎が書いた詩は、もともと高橋の馴染みの芸妓・千成がある事情から廃業することになり、その送別会の席上にて、高橋が即興で扇に書いて、彼女へ餞別として送ったものだった。のちに彼女はカフェの雇われマダムとなり、『酒は涙か溜息か』のモデルになったということもあって、店は大いに繁盛していた。しかし、昭和9年(1934年)の函館大火により、記念の扇子もろとも店も消失し、千成もまもなく失意のうちに病死したという。なお、『酒は涙か溜息か』のB面は、同じく作曲:古賀政男、作詞:高橋掬太郎による『私此頃憂鬱よ』であり、歌ったのは当時本格的に流行歌手として活動をはじめたばかりの淡谷のり子だった。(酒は涙か溜息か – Wikipedia

関連サイト

高橋掬太郎歌碑 – 南北海道の文化財

高橋掬太郎歌碑|北海道函館市

はこだて人物誌 高橋掬太郎

【岩手県岩手郡岩手町|e-いわてまち.ねっと】髙橋掬太郎 – 岩手町との接点

関連エントリ

酒は涙か溜息か の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

高橋掬太郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョンについて

450px-Memanbetsu_Airport01s3.jpg


女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョンについて

関連記事

女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョン(中間とりまとめ)の公表について
このたび、女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョン(中間とりまとめ)を策定しましたので、公表いたします。
(PDF)女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョン(中間とりまとめ)
女満別空港地域観光プラットフォーム / 網走市、北見市、大空町では、「ひがし北海道の玄関口「女満別空港」を軸としたオホーツク地域の観光ビジョンに関する地域協議会」を設置し、平成28年11月29日から平成30年1月22日までこれまで6回開催し協議を行っています。
設置目的 / 北海道内7空港特定運営事業等を機として地域の課題や想いなどについて、広域で官民連携による協議を重ね、ひがし北海道の玄関口「女満別空港」を軸としたオホーツク地域の観光ビジョンをとりまとめ、発信することにより、観光客誘致や地域の活性化を図ること。
構成機関 / 網走市、北見市、大空町、北海道オホーツク総合振興局、美幌町、斜里町、網走商工会議所、北見商工会議所、女満別空港ビル株式会社、網走市観光協会、北見市観光協会連絡協議会、 NPO法人知床斜里町観光協会、北海道大学公共政策大学院、北洋銀行、北海道銀行
問合先 / 網走市役所(北海道網走市南6条東4丁目) 電話:0152-44-6111 FAX:0152-43-5404
女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョン(中間とりまとめ)の公表について | 美幌町

女満別空港(めまんべつくうこう、英: Memanbetsu Airport)は、北海道網走郡大空町にある地方管理空港である。概要 / オホーツク海沿岸の網走市中心部から南西に約22km(バスで約30分)に位置するオホーツク総合振興局の主要空港である。近傍には網走市と北見市を結ぶ国道39号が走る。空港周辺地域には知床国立公園、阿寒国立公園や網走国定公園などが存在する。空港が位置する女満別町は2006年に東藻琴村と合併して大空町となったが、空港の名称は変更されなかった。当初は現在位置の北側隣接地に開港[3]。冷害克服のため、オホーツク海の流氷や気象観測を飛行機で行おうとしたことが開港のきっかけである。その後、大日本帝国海軍の美幌第二航空基地となる。このため、今でも空港周辺には掩体壕など当時を偲ぶ施設が多く残されている。1985年の空港のジェット化に際して、現在位置に移設された。以来、観光需要を中心に旅客数は着実な伸びを見せ、近年の年間旅客数は100万人近くを推移しており、2014年度は、国内734,179人・国際1,990人(2014年度)[2]。混雑の慢性化に加え、世界遺産登録された知床への主要アクセス空港として今後の利用客増加が見込まれるため、国際線にも対応できるターミナルが増築された。なお、旧空港滑走路はドイツの自動車部品メーカー・ボッシュのブレーキテストコースに転用されている。(女満別空港 – Wikipedia

プラットフォーム、プラットホーム(日: platform)とは、周辺よりも高くなった水平で平らな場所(台地)をさす英語。中期フランス語 (plate-forme)から英語に取り入れられた。転じて、官公庁の施策における”環境(整備)”、”基盤(づくり)”、ソフトウェアやシステムにおける”動作環境”、作業をするための”足場”の意で用いられている。(プラットフォーム – Wikipedia

関連サイト

riyubuwan20090206017.jpg

riyubuwan20090206016.jpg

diangying_1.jpg


女満別空港地域観光プラットフォーム観光ビジョン(​中間とりまとめ)の公表について|網走市公式サイト

観光地域づくりプラットフォーム – 国土交通省

女満別空港へようこそ!

網走市役所 – ホーム | フェイスブック – Facebook

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

bi_bo.jpg

プラットフォーム の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

観光ビジョン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

375px-Tuning_fork_on_resonator.jpg

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

関連記事

佐々木 昭一郎(ささき しょういちろう Shoichiro Sasaki、1936年1月25日 – )は、映像作家、映画監督、元NHKドラマディレクターである。東京都出身。経歴 / 立教大学経済学部卒業後、1960年NHKに入局し、芸能局ラジオ文芸部でラジオドラマの演出を手がけた。処女作は『都会の二つの顔』(1963年、ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞、芸術祭奨励賞)。1968年テレビドラマ部に異動し、『銀河テレビ小説』のADなどを務めると同時に多くの受賞作を生んだ。1995年に定年もあってNHKを退局。その後はフリーディレクターとして活動。文教大学情報学部教授としても10年にわたり教鞭をとった。演出の特徴 / ロケ先現地の一般人に演技をつけて撮影するドキュメンタリー調の作風と、音・音楽の重視が特徴である。例えば『さすらい』ではフォークソング、『四季・ユートピアノ』ではピアノそしてマーラーの交響曲第四番第一楽章および第四楽章が効果的に使われている。また『川の流れはバイオリンの音』ではヴァイオリンが繰り返し扱われる。主な作品 / 夢の島少女(1974年) – 中尾幸世のデビュー作。四季・ユートピアノ(1980年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。放送文化基金賞ドラマ番組部門本賞。ギャラクシー賞。イタリア賞テレビドラマ部門グランプリ。国際エミー賞優秀作品賞。全米でネットワーク放送。川3部作 – オール海外ロケ作品。川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜(1981年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。イタリア市民賞。アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編(1983年)春・音の光 川(リバー) スロバキア編(1984年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞。芸術選奨文部大臣賞。毎日芸術賞。(佐々木昭一郎 – Wikipedia

『川の流れはバイオリンの音』(かわのながれはバイオリンのおと)は、NHKが制作した、音楽を題材としたテレビドラマである。正式なタイトルは『NHK特集 川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』。概要 / 本作の製作・演出は佐々木昭一郎。主演は中尾幸世。第36回芸術祭ドラマの部大賞受賞。初出はNHK総合テレビ「NHK特集」で、放送日時は1981年5月1日19時30分 – 20時50分。1982年には海外版も制作された。何度か再放送され、他の佐々木作品と並んでDVD化の要望も高い。佐々木作品『夢の島少女』(1974年)でデビューした中尾が、同じく佐々木作品『四季・ユートピアノ』(1980年)に続いて調律師「栄子(A子)」に扮し主演した。作中A音の特異性には言及があるが、『四季…』でピアノ調律師として独立した榮子と本作の栄子とが同一人物であるかは明示されていない。妹のヴァイオリンを壊してしまったA子はクレモナのヴァイオリン工房を訪れる。そこで出会うのは、イタリア・ポー川の人々である。白馬のルイジ、漁師マリオ、アントニオ、ルーカ少年…… 歌声、楽器の音、自然の音、町の音と共にA子は彼等と出会い別れていく。A子の独白によって進行するドキュメンタリー風の作品で、あえて配役に現地の素人を起用した点も作風を支えている。ヴィヴァルディ『四季』第4楽章の第2主題「暖炉の火」が頻用される。佐々木はこのシリーズを更に続け、後の2作を含め、『川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』(1981年)『アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編』(1983年)『春・音の光 川(リバー) スロバキア編』(1984年)を総称して「川3部作」と呼ぶ。(川の流れはバイオリンの音 – Wikipedia

関連サイト

微音空間 中尾幸世

中尾幸世 | NHK人物録 | NHKアーカイブス – NHK語学番組 – NHKオンライン

関連エントリ

佐々木昭一郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

中尾幸世 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

団塊の世代について

800px-Its_all_about_love.jpg

団塊の世代について

関連記事

団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す。焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことである。第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。日本経済においては第二次世界大戦後の高度経済成長、バブル景気を経験している。この用語は堺屋太一の小説、「団塊の世代 (小説)」に由来している。厚生労働省は、その白書において「団塊の世代」ではなく、「団塊世代」は「団塊世代(1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)生まれ)」としている。日本の医療制度上は、前期高齢者(65~74歳)に該当する世代である。この3年間の年間出生数は260万人を超えている。1947年(昭和22年)生まれは267万8792人、1948年(昭和23年)生まれは268万1624人、1949年(昭和24年)生まれは269万6638人であり、3年間の合計出生数は約806万人にのぼる(厚生労働省の統計)。成長過程 / 引退期・老年期 / 2007年(平成19年)から2009年(平成21年)にかけて、200万人以上と年齢人口の多い団塊の世代のサラリーマンが一斉に定年退職を迎えるため、社会に大きな影響をもたらす危険性が問題視され、2007年問題と呼ばれた。大量退職によるマンパワー不足を回避するため、2006年4月に「改正高齢者雇用安定法」で65歳までの継続雇用を促進する「高年齢者の安定した雇用の確保等を図るため措置」が施行された。これに併せて人材コストを抑えつつ技能を継承する目的で、多くの企業が継続雇用制度を導入することで団塊の世代を再雇用し、多数が就業または再就職している状態が続いた。その結果2006年(平成18年)では83万人いた60歳から64歳の労働者が2009年(平成21年)には142万人にまで増え、さらに65歳以上の労働者も31万人から54万人にまで増加した。このような対策もあり、2007年問題は大きな問題とはならなかったが、その後団塊の世代が65歳に到達する2012年に同様の問題が起こると懸念され、2012年問題と呼ばれた。しかし2017年現在この問題は大きな問題となっていない。彼らの蓄えた技術や能力、人脈を自社で生かすべく、団塊の世代の人材を獲得しようとする企業も現れている。しかし退職後は専門知識を生かし、技術指導者やシニア海外ボランティアとして海外の発展途上国で活躍する者も少なくない。特に、製造業の分野においては、日本のメーカーが培ってきた製造技術を伝授すべく、団塊の世代の退職エンジニアが中国や韓国、台湾の企業に再就職した者もいる。団塊の世代の人口が多い分、年金を受給し始めると大きな負担となることが考えられたため、1990年代から年金問題は発生まで時限性を持った社会問題となり、たびたび改革案が提示された。結果的に給付額の削減と納付額の引き上げが行われ、厚生年金は60歳から受け取れるものの、基礎年金は63歳から65歳受給と、一部の支給開始時期が先送りされた。円高傾向や、豊富な時間と資金力を生かして秘境や辺境、特殊なアトラクションを経験するツアーが人気になっているのも、この世代に見られる特徴である。経済との関連 / 巨大な消費市場 / 地域の担い手として / 2005年(平成17年)頃から近年各地の地方自治体で、団塊の世代を呼び込もうとする動きが盛んになってきた。島根県において、県知事名で約2万人の出身者等を対象に帰郷を呼びかける手紙を送ったことはニュースになった。このほか、北海道においても移住促進活動が盛んに行われている。社会保障 / 団塊の世代の厚生年金の受給が2007年(平成19年)から始まっており、基礎年金の受給も2010年(平成22年)以降始まっている。さらに、2022年頃以降には後期高齢者(75歳以上)となり、一定の部分は社会的入院や要介護者になり、年代とともにその比率は高まっていき、負担がさらに増えるだろうと考えられている。犯罪増加の傾向 / 法務省の発表した犯罪白書の平成20年度版では「高齢犯罪者の実態と処遇」を特集している。この特集は65歳以上及び今後団塊の世代が高齢期に達することを考慮して犯罪増加に警鐘を鳴らしている。(団塊の世代 – Wikipedia

関連サイト

美幌町移住・定住ポータルサイト | 美幌町

美幌町高齢者保健福祉計画・第6期介護保険事業計画を策定しました | 美幌町

「遠紋圏域地域医療構想」について | オホーツク総合振興局保健環境部紋別地域保健室

北海道地域医療構想 | 保健福祉部地域医療推進局地域医療課

関連エントリ

日本の作曲家 團伊玖磨 (2001年 5月17日) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

シニアボランティア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

高齢犯罪者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

団塊の世代について の検索結果,ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 北国の春 / 北国之春(日本 歌曲)

fcwr38s.jpg

北海道 北国の春 / 北国之春(日本 歌曲)

関連記事

「北国の春」(きたぐにのはる)は、1977年4月5日に発売された千昌夫のシングルレコードである。解説 / タイトル曲「北国の春」は、都会で暮らす男性が実家から届いた小包[2]を受け取り、早春期の故郷や家族、かつての恋心などを想う内容の歌詞である。日本国外の主なカバー / 文夏(台湾語) – 「北国之春」、葉啓田(台湾語) – 「晴空万里」(訳:青空どこまでも)、蔡秋鳳(台湾語) – 「懷念的春天」(訳:懐かしい春)、洪栄宏(台湾語) – 「思郷的人」(訳:故郷を思う人)、謝莉婷&林慶宗(台湾語) – 「深深的愛」(訳:深い愛)、黃瑞琪(台湾語) – 「沙西米甲娃沙美」(訳:刺身とわさび)、テレサ・テン(台湾・標準中国語) – 「我和你」(訳:私とあなた)、テレサ・テン(台湾・標準中国語) – 「北国之春」、余天(台湾・標準中国語) – 「榕樹下」(訳:ガジュマルの下で)、林玉英(台湾・標準中国語) – 「地雷水餃股票」(訳:地雷銘柄にクズ銘柄)、蒋大為(中華人民共和国・標準中国語) – 「北国之春」、江智民(中華人民共和国・標準中国語) – 「故郷的雨」、谷行雲(シンガポール・標準中国語) – 「春的懐念」(訳:春の懐かしさ)、蘇徳存(マレーシア・海南語) – 「想当初」(訳:最初の頃を思い出す)、薰妮(香港・広東語) – 「故郷的雨」、鄭子固(香港・広東語) – 「故郷的雨」、張偉文(香港・広東語) – 「故郷的雨」、鍾文康(香港・広東語) – 「故郷的雨」、曼里(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、劉亮鷺(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、潘秀瓊(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、劉珺兒(マレーシア・広東語) – 「故郷的雨」、劉珺兒(マレーシア・広東語) – 「情深海更深」、アンディ・ラウ(香港・標準中国語と広東語) – 「北国之春之榕樹下之故郷的雨」、ほかに、チベット語、タイ語、ベトナム語、ミャオ語、モンゴル語など。(北国の春 – Wikipedia

北国之春是一首日本民谣,作于1977年并在一年后流行日本全国。原为一首思念家乡的歌曲,当时日本有很多为了求学或谋生而离开北方农村的年轻人,这首歌也就在当时很是流行。 日文原唱是著名的演歌歌手千昌夫所唱,后被大泉逸郎、渥美二郎等众多日本演歌歌手翻唱。1979年,于日本乐坛发展的邓丽君将这首风靡日本的曲子交由台湾著名词作家林煌坤先生填写中文歌词,随后出现了第一个国语版本《我和你》,并经邓丽君的出色演绎被国人所熟知。此后的十余年间,由蒋大为、叶启田、韩宝仪等国内歌手演唱的民歌版本及闽南语版本相继出现,《北国之春》也成为了华人社会流传最广的日本民谣之一。(北国之春(日语歌曲)_百度百科

関連サイト

北国之春_梅婷_新浪博客

関連エントリ

梅婷「非誠勿擾/北国之春」北海道 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北国の春 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北国之春 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

3月26日 カチューシャの歌の日(日本)

330px-Ikiru_poster.jpg

3月26日 カチューシャの歌の日(日本)

関連記事

3月26日 カチューシャの歌の日 / 1914(大正3)年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行った。この中で歌われた「カチューシャの歌」が大流行した。(3月26日 今日は何の日~毎日が記念日~

3月26日 / 記念日 / カチューシャの唄の日(日本)1914年のこの日、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座がトルストイの『復活』の初演を行い、この中で歌われた「カチューシャの唄」が大流行したことに由来。(3月26日 – Wikipedia

『カチューシャの唄』(カチューシャのうた)は、1914年(大正3年)に発表された日本の歌謡曲、ならびに同楽曲を題材にした同年製作・公開の日本の短篇映画である。楽曲の作詞は島村抱月と相馬御風、作曲は中山晋平。劇団芸術座の第3回目の公演である『復活』の劇中歌として、主演女優の松井須磨子などが歌唱した。(カチューシャの唄 – Wikipedia

『復活』(ふっかつ、ロシア語: Воскресение)は、レフ・トルストイの晩年の長編小説、および同作を原作としたイタリア、アメリカ合衆国等の映画の日本語タイトルおよび日本の映画である。トルストイの小説は、彼の代表作の一つに数えられる。1899年、雑誌への連載で発表。若い貴族とかつて恋人だった女の、贖罪と魂の救済を描き、それを通じて社会の偽善を告発する。日本における受容 / 日本では早くから博愛主義の作家としてのトルストイが受け入れられ、なかんずく『復活』は彼の代表作として知られていた。ただしこれは作品の宗教的・社会的な面よりも、悲恋物語として受け入れられた面が強い。1914年(大正3年)3月、島村抱月によって舞台化されて大人気を呼び、カチューシャ役・松井須磨子の歌う『カチューシャの唄』も広く知られた。(復活 (小説) – Wikipedia

関連サイト

カチューシャの唄(復活唱歌) – 松井須磨子 – 歌詞&動画視聴 : 歌ネット動画プラス

関連エントリ

カチューシャの唄 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

カチューシャの歌の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る