映画 カテゴリのアーカイブ

September Song 江利チエミ

September Song 江利チエミ

江利チエミ セプテンバー・ソング 1956 / September Song

関連記事

江利チエミ 日本の歌手 / 江利 チエミ(えり チエミ、1937年1月11日 – 1982年2月13日[1])は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレントである。本名は久保 智恵美(くぼ ちえみ)。 (Wikipedia)

関連サイト

セプテンバー・ソング / SEPTEMBER SONG/江利チエミ – 歌詞GET

このページの先頭へ戻る

September Song 旅愁

September Song 旅愁

関連記事

旅愁 (1950年の映画) / 『旅愁』(りょしゅう、September Affair)は、1950年のアメリカ合衆国の恋愛映画。 監督はウィリアム・ディターレ、出演はジョーン・フォンテインとジョゼフ・コットンなど。 イタリアからアメリカに向かう旅客機に乗り合わせたピアニストの女性と妻子ある男性の運命的な恋を描く。 製作 / 劇中では、セルゲイ・ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』やマクスウェル・アンダーソン作詞・クルト・ヴァイル作曲の『セプテンバー・ソング(英語版)』(歌:ウォルター・ヒューストン)が使われている。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

日本の歌手、女優 今陽子


日本の歌手、女優 今陽子

関連記事

今陽子 日本の歌手、女優 / 今 陽子(こん ようこ、1951年11月1日 – )は、日本の歌手、女優。所属事務所はホリプロ系列のパオ。本名、今津 陽子(いまづ ようこ)。身長168cm。1968年、キングレコードに移籍し、ピンキーとキラーズを結成。同年7月20日に発売されたデビューシングル「恋の季節」が、240万枚という大ヒットとなった。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

死ぬほど愛して 刑事 (1959年の映画)


死ぬほど愛して 刑事 (1959年の映画)

刑事 (1959年の映画) / 『刑事』(けいじ、原題:Un maledetto imbroglio)は、1959年ローマで起きたある殺人事件を捜査する警部の目を通して、ローマ市民の様々な人間模様を描き出していく。カルロ・エミーリオ・ガッダ原作の小説「メルラーナ街の混沌たる殺人事件」の映画化。ピエトロ・ジェルミ監督・主演。バンドゥッチ家の女中アスンティナ:クラウディア・カルディナーレ。主題歌の「死ぬほど愛して」(Sinnò me moro 歌:アリダ・ケッリ)は、イタリアを始め世界中で大ヒットし、「アモーレ・ミオ」という題でも知られている。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

イタリアの女優 クラウディア・カルディナーレ


イタリアの女優 クラウディア・カルディナーレ

関連記事

クラウディア・カルディナーレ / クラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale, 1938年4月15日-)は、イタリア人の両親のもと、フランス保護領時代のチュニジアに生まれたイタリアの女優である。愛称はCC。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

イタリア・フランス合作映画 ブーベの恋人


イタリア・フランス合作映画 ブーベの恋人

関連記事

ブーベの恋人 / 『ブーベの恋人』(ブーベのこいびと、イタリア語: La ragazza di Bube)は、1960年(昭和35年)に出版されたカルロ・カッソーラによるイタリアの長篇小説であり、1963年(昭和38年)製作・公開、ルイジ・コメンチーニ監督のイタリア・フランス合作映画である。第14回ベルリン国際映画祭コンペティション参加作品。クラウディア・カルディナーレによる同作の主題歌のタイトルでもある。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

ブーべの恋人 ジョージ・チャキリス


ブーべの恋人 ジョージ・チャキリス

ジョージ・チャキリス アメリカのダンサー、歌手、俳優 / ジョージ・チャキリス(George Chakiris, 1934年9月16日 – )は、アメリカ合衆国のダンサー、歌手、俳優。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

ナガサキ追悼の音楽 長崎の鐘 (鮫島有美子)

ナガサキ追悼の音楽 長崎の鐘 (鮫島有美子)

関連記事

長崎の鐘 日本の随筆、映画作品 / 『長崎の鐘』(ながさきのかね)は、永井隆が執筆した随筆。概要 / 内容は、長崎医科大学(現長崎大学医学部)助教授だった永井が原爆爆心地に近い同大学で被爆した時の状況と、右側頭動脈切断の重症を負いながら被爆者の救護活動に当たる様を記録したもの。被爆時に大学をはじめとする長崎の都市が完全に破壊された様子、火傷を負いながら死んでゆく同僚や市民たちの様子を克明に描いている。永井は、この時妻を亡くした。また、救護の際には、頭部の重症と疲労から自らも危篤状態におちいるが、同僚医師や看護婦たちの努力により一命を取り留める。「長崎の鐘」とは、廃墟となった浦上天主堂の煉瓦の中から、壊れずに掘り出された鐘のこと。 サトウハチロー作詞・古関裕而作曲で同書をモチーフとした歌謡曲が発売されて大ヒットし、翌1950年(昭和25年)には松竹により映画化された。 (Wikipedia)

関連エントリー

ナガサキ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美空ひばりさんの歌 越後獅子の唄


美空ひばり 越後獅子の唄
とんぼ返り道中 主題歌
作詞:西条八十,作曲:万城目正

その昔、サーカスの女の子が美幌小学校に転校してきた。その女の子は5年生の私の席の隣に座った。一緒に国語の教科書を見て朗読もした。女の子は「おはよう」と「ありがとう」そして「さよなら」と言った。その夜、私はサーカス小屋を見に行った行った。サーカス小屋の側にはライオンの檻があった。そのライオンは尻尾を高くあげておしっこをした。私の顔面を直撃した。私は「どうしてライオンは後ろにおしっこをするのか?」と、急いで家に帰り顔を洗い、ゆかたを着てサーカス小屋に戻った。小屋の中では同級生のサーカスの女の子が玉乗りをしていた。私と目があって、サーカスの女の子は玉から落ちてしまった。何度も玉に上がろうとしたが失敗してテントの奥に消えて行った。次の日、あの女の子は学校に来なかった。私は夜にサーカス小屋に行ったが、サーカス小屋は無かった。次の町に移動していた。今でもあの時のすっぱい味としょっぱい味のことを思い出す。

北見市の声楽家 川口一子さんは、美空ひばりのさんの歌「越後獅子の唄」が大好きです。

関連エントリー

七月コンサート~歌ふ(北見の声楽家・川口一子) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の女優 浪花千栄子

日本の女優 浪花千栄子

関連記事

浪花千栄子 日本の女優 / 浪花 千栄子(なにわ ちえこ、本名・南口 キクノ(なんこう きくの)、1907年(明治40年)11月19日 – 1973年(昭和48年)12月22日)は、日本の女優。昭和初期から中期(1920年代後半〜1970年代前半)に活動した。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る