映画 カテゴリのアーカイブ

マイケル・ジャクソン (Michael Jackson) について

img_history30_03_2.jpg

マイケル・ジャクソン (Michael Jackson) について

関連記事

6月25日 忌日 / 2009年 マイケル・ジャクソン (米:歌手) <50歳> Michael Jackson. (6月25日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月25日 忌日 / 2009年 – マイケル・ジャクソン、ミュージシャン、歌手、ダンサー。 (6月25日 – Wikipedia)

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 – 2009年6月25日)はアメリカ合衆国のエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサー、平和活動家など、活動は多岐にわたる。「キング・オブ・ポップ」と称される。略歴 / 死後 / 2009年6月25日、自宅にて心肺停止状態に至り死亡。2010年6月25日、一周忌であるこの日にドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』が公開。 (マイケル・ジャクソン – Wikipedia)

Michael Joseph Jackson (August 29, 1958 – June 25, 2009) was an American singer, songwriter, and dancer. Dubbed the “King of Pop”, he was one of the most popular entertainers in the world, and was the best-selling music artist during the year of his death. Jackson’s contributions to music, dance, and fashion along with his publicized personal life made him a global figure in popular culture for over four decades. Life and career / Death and memorial / On June 25, 2009, Jackson stopped breathing while attempting to sleep under the care of Conrad Murray, his personal physician. (Michael Jackson – Wikipedia)

関連エントリ

マイケル・ジャクソン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Michael Jackson の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

松山バレエ団の 清水正夫 松山樹子 ご夫妻について

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

松山バレエ団の 清水正夫 松山樹子 ご夫妻について

日中友好人士、松山芭蕾舞団・松山バレエ団創立者の清水正夫は、2008年6月25日、病気のため死去、87歳。1948年、清水正夫は妻の松山樹子とともに松山バレエ団、松山バレエ学校を創立し、団長として古典バレエ・現代バレエの創造、「白毛女」など多くの作品を制作した。1955年から中国と交流を始め、日中文化交流にも貢献した。松山バレエ団は2001年、清水哲太郎とその妻のバレエダンサー森下洋子が引継いだ。

清水正夫 松山樹子 こ夫妻にお会いしたのは、1999年5月14日、東京・ホテルニューオータニで開催された、中国文化大臣一行 孫家正(中国文化部長)の歓迎レセプションでした。清水正夫さんは「やあ、北海道美幌町からよくいらっしゃいました」と温かく歓迎してくれました。そして「中華人民共和国駐札幌総領事館の和風庭園は、僕がデザインしたんだよ」と教えてくれました。同席は。飯高和子(書道教育家・現代かな作家)「めぐりあいの うれしさ 美しく」、河合紀(陶芸・工芸家)、武田明倫(音楽学、武満徹と親交)。中国札幌総領事館を訪問して可愛い中庭を見るたびに、清水正夫 松山樹子 ご夫妻の温かい声と優しい笑顔が思い浮かぶ。日中友好人士清水正夫氏弔意 「世代(心)を受継ぎ、時代(平和)をつくる」 美幌音楽人 加藤雅夫。

関連記事

松山バレエ団(まつやまバレエだん)は、1948年に、日劇のバレリーナであった松山樹子と、彼女のファンであり、当時内務省の役人であった清水正夫(東京大学大学院修了/日本大学卒業)によって、東京・青山の幼稚園を借りて設立されたバレエ団。所在地は東京都港区、正式名称を「公益財団法人松山バレエ団」という。総代表・清水哲太郎は、清水正夫と名誉芸術監督・松山樹子の長男。また、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻。松山バレエ団と日中友好運動 / 松山バレエ団は白毛女の舞台化に尽力したことでも知られる。白毛女の舞台化は中国でも高く評価され、日中友好運動において重要な貢献をはたした。文化大革命期においても松山バレエ団はたびたび訪中し、日中友好につとめた。このため清水正夫らは日本共産党から批判された。 (松山バレエ団 – Wikipedia)

関連サイト

2017 新「白毛女」 – 松山バレエ団/バレエ学校 | クラシックバレエ

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 50代 1997〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清水正夫 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

松山樹子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

松山バレエ団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本映画 伊豆の踊子(吉永小百合)について

Izu_no_odoriko_1954_poster.jpg

日本映画 伊豆の踊子(吉永小百合)について

関連記事

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、1963年(昭和38年)制作の日本映画。川端康成の同名小説の4度目の映画作品。西河克己監督。吉永小百合、高橋英樹主演。あらすじ / 大学教授の川崎は、教え子である男子学生から或る相談を持ち込まれていた。それは「結婚の仲人になってほしい」という話だったが、学生結婚というものに少々の不安や心配を持つ川崎教授は躊躇を覚える。しかし、その男子学生と将来を誓い合う少女が「ダンサー」であることを知った教授の胸に、かつて旅芸人の踊子に淡い恋心を寄せた青春の思い出が甦るのだった。若い二人を見守りながら、教授の心は遠い過去へ遡っていく。作品解説 / ストーリーテリングが「或る大学教授の回想」という体裁になっている点が、原作小説との大きな相違点である。しかも、その回想シーンのきっかけとなる導入部が「学生結婚」という点もまた現代風な作劇であり、戦後の新教育を受けた若い世代にも馴染みやすい工夫がなされていた。冒頭の現代の場面はモノクロ、教授の青春時代の回想(踊子との交流すなわち原作小説のパート)が鮮やかなカラーフィルム、その回想から覚めると再びモノクロ、そして現代の若いカップルが希望を胸に走り出す場面でエンディングという演出になっている。年老いた現代の主人公は宇野重吉[1]が演じ、若い学生の頃を高橋英樹が演じた。回想シーンに出てくる踊子の薫と現代のダンサーは、吉永小百合が一人で二役を演じている。評価 / 映画撮影を見学した原作者の川端康成は、踊子姿の吉永小百合に「なつかしい親しみ」を感じたという。(伊豆の踊子 (1963年の映画) – Wikipedia

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている。(伊豆の踊子 – Wikipedia

吉永 小百合(よしなが さゆり、Sayuri Yoshinaga、1945年3月13日 – )は、日本の女優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業[2]し、文学士の称号を受ける。夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。出演作品 / 映画 / 伊豆の踊子(1963年、日活) – 主演・薫、少女 役(二役)。(吉永小百合 – Wikipedia

関連エントリ

伊豆の踊子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

吉永小百合 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サユリスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Sayuri Yoshinaga の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の歌手・女優 美空ひばりについて

bi_bo.jpg

日本の歌手・女優 美空ひばりについて

美幌町のみなさま、こんにちは! 美空ひばりです。今日は、わたしの歌 「美幌峠」そして「恋港」だけのカラオケコンクールだそうですが、新しい曲なのに美幌町の皆様には、もう覚えていただけたのですね! 本当にありがとうございます。わたくしも、舞台やテレビで機会ある度に歌っていくつもりでおります。歌うことはストレス解消に大変役立つそうですよ (フフフ)。みなさん、これからも大いに歌って発散してください。それでは、「カラオケ大会」どうかがんばってください。上記は、美空ひばりさんが入院中に、ご自身で録音したメッセージです。(1986年10月2日)

美空ひばりの歌「美幌峠」作詞 志賀貢、 作曲 岡千秋。1986年9月1日、日本コロンビアから発売。1986年7月 美幌観光牛肉まつり会場で発表し、1986年10月8日 美幌町民会館で記念カラオケ大会に出演予定だった。(入院中に録音した肉声メッセージが、会場に流れた)

関連記事

6月24日 林檎忌,麦の日 / 歌手・美空ひばりの1989年の忌日。ヒット曲『リンゴ追分』から「林檎忌」、「ひばり」という名前に因み、麦畑が鳥のひばりの住処となることが多いことから「麦の日」と呼ばれている。1989年 美空ひばり (歌手) <52歳>1989年国民栄誉賞(第7号) (6月24日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月24日 忌日 / 1989年 – 美空ひばり、歌手。記念日・年中行事 / 林檎忌・麦の日(日本)歌手美空ひばりの忌日。ヒット曲「リンゴ追分」から「林檎忌」、「ひばり」という名前にちなみ、麦畑が鳥のヒバリの住処となることが多いことから「麦の日」と呼ばれている。(6月24日 – Wikipedia

美空 ひばり(みそら ひばり、Hibari Misora、1937年(昭和12年)5月29日 – 1989年(平成元年)6月24日)は、日本の歌手、女優。神奈川県横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園高等部卒業。12歳でデビューして「天才少女歌手」と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となった。昭和の歌謡界を代表する歌手の1人であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した。本名は加藤 和枝(かとう かずえ)。愛称は御嬢(おじょう)。身長147cm。略歴 / 全国的人気を獲得 / 1952年映画『リンゴ園の少女』の主題歌『リンゴ追分』が当時の史上最高記録となる70万枚を売り上げる大ヒットとなった。死去 / その後も、はっきり報道されないひばりの容態から「もう歌えない」「復活は絶望的」などと大きく騒ぎ始めるマスコミに対し、入院中の同年5月27日にひばりは、再入院時の写真などと共に「麦畑 ひばりが一羽 飛び立ちて… その鳥撃つな 村人よ!」とのメッセージを発表。さらに「私自身の命ですから、私の中に一つでも悩みを引きずって歩んでいく訳には参りませんので、後悔のないように完璧に人生のこの道を歩みたいと願っているこの頃です」等と録音した肉声テープを披露。だが2年前の入院時と比較するとひばりの声は殆ど張りがなく、弱々しいものであった。結果的にこれがひばりからの、生涯最後のメッセージ及び肉声披露となった。それから2日後の5月29日、ひばりは病室で52歳の誕生日を迎えた。しかし、約2週間後の同年6月13日に呼吸困難の重体に陥り、人工呼吸器がつけられた。なおひばりの生涯最後の言葉は、順天堂病院の医師団に対して「よろしくお願いします。頑張ります」だったという。また和也が死の数日前に「おふくろ、頑張れよ」と声を掛けると、ひばりは最期を覚悟したのか両目に涙を一杯溜めていたと、のちに和也自身が語っている。そして1989年6月24日午前0時28分、再度「奇跡の復活」は果たせぬまま、特発性間質性肺炎の症状悪化による呼吸不全の併発により逝去した。52歳没。(美空ひばり – Wikipedia

関連エントリ

美空ひばり 美幌峠で逢った女 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

志賀貢作品集「美幌峠」「幻の美幌峠」の誕生秘話 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美空ひばり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hibari Misora の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Here’s looking at you, kid. 君の瞳に乾杯

_002.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

Here’s looking at you, kid. 君の瞳に乾杯

関連記事

6月20日 歴史 / 1946年 イングリッド・バーグマン主演の『カサブランカ』が日本で封切り。(6月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

『カサブランカ』(英語: Casablanca)は、1942年製作のアメリカ映画。概要 / 第二次世界大戦にアメリカが参戦した翌年の1942年に製作が開始され、同年11月26日に公開された、物語の設定時点の1941年12月時点では親ドイツのヴィシー政権の支配下にあったフランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラブロマンス映画。監督はマイケル・カーティス。配給はワーナー・ブラザース。評価 / アメリカ映画ベスト100(1998年)の2位、スリルを感じる映画ベスト100(2001年)の42位、情熱的な映画ベスト100(2002年)の1位、アメリカ映画主題歌ベスト100(2004年)の2位(『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』”As Time Goes By”)、アメリカ映画の名セリフベスト100(2005年)の5位(「Here’s looking at you, kid.(君の瞳に乾杯)」)、感動の映画ベスト100(2006年)の32位、アメリカ映画ベスト100(10周年エディション)(2007年)では、順位を一つ落としたものの3位。公開後80年近く経ってもなお、不滅の人気を誇るロマンス・フィルムである。なお、映画スターベスト100(1999年)の男性1位にハンフリー・ボガート、女性4位にイングリッド・バーグマンが選ばれている。また、ヒーローと悪役ベスト100(2003年)の4位には、ボガートの演じたRickが選ばれた。米脚本家組合(WGA)は、1930年以降の映画の中より「偉大な脚本歴代ベスト101」の1位として選出した。名文句 / アメリカ映画協会 (AFI)選定の 「アメリカ映画の名セリフベスト100」(2005年)の中に以下のセリフがランクインしている。第5位:”Here’s looking at you, kid.”「君の瞳に乾杯」。その他 / 映画のテーマ曲『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』は、音楽を担当したスタイナーの作曲ではなく、ハーマン・フップフェルド (Herman Hupfeld) がステージショーのために、1931年に作詞・作曲した古い流行歌を取り上げたものである。『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』と並んで劇中で演奏される『イット・ハド・トゥ・ビー・ユー』”It Had to Be You” は、ロブ・ライナー監督映画の『恋人たちの予感』(1989年)で引用される。 “It had to be you It had to be you I wandered around and finally found “(君だったんだ、探していたのは…)のフレーズは古典中の古典であり、フランク・シナトラのメドレーナンバーでもある。ハリー・コニック・Jrによる映画のサントラは、世界中で大ヒットし、この年のグラミー賞(最優秀男性ジャズ・ヴォーカル賞)を獲得した。前述の映画主題歌ベスト100(2004年)の60位である。劇中ドゥリー・ウィルソン演じるサムが使用したピアノは、2014年11月、ニューヨークでオークションにかけられ341万3000ドル(約4億円)で落札された。なお、実際にはウィルソンはピアノは弾けず、ほとんどの演奏が合成である。(カサブランカ (映画) – Wikipedia

イングリッド・バーグマン(典: Ingrid Bergman, 1915年8月29日 – 1982年8月29日)は、ヨーロッパとアメリカで活躍したスウェーデン出身の女優。Ingrid Bergman はスウェーデン語ではインリド・ベリマン [ˈɪŋːrɪd ˈbærjman] と発音される。業績 / アカデミー賞を3回、エミー賞を2回、トニー賞の演劇主演女優賞の受賞経験があり、AFI(アメリカ映画協会)選定の「映画スターベスト100」の女優部門では第4位となっている。バーグマンが演じた役でもっとも有名な役と言われているのが、ハンフリー・ボガートと共演した『カサブランカ』(1942年)のイルザ・ラント役とケーリー・グラントと共演した『汚名』(1946年)のアリシア・ヒューバーマン役である。バーグマンはアメリカで女優として成功をおさめる以前から、スウェーデンでは名を知られた女優だった。バーグマンがアメリカ映画に初出演したのは、スウェーデン映画の『間奏曲』をリメイクした『別離』(1939年)である。その際立った美貌と知性でアメリカ映画に「北欧からの瑞々しい息吹」を吹き込んだバーグマンは、すぐさま「アメリカ人女性の理想」となりハリウッドを代表する女優の一人となったと『ポピュラーカルチャー百科事典』(en:St. James Encyclopedia of Popular Culture)に記されている。映画監督ヴィクター・フレミングがリメイクした映画『ジキル博士とハイド氏』(1941年)に出演したバーグマンは、後に自身をハリウッドへ招くことになる映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに認められた。セルズニックはバーグマンのことを、今までともに仕事をしてきた中で「もっとも完成された誠実な女優」と評価している。セルズニックはバーグマンに7年間の出演契約を提示し、その後の女優活動をプロデューサーとして支えていくことになる。バーグマンがセルズニックとは無関係に出演した映画には『カサブランカ』(1942年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ガス燈』(1944年)、『聖メリーの鐘』(1945年)『汚名』(1946年)、『山羊座のもとに』(1949年)があり、独立系映画としては『ジャンヌ・ダーク』(1948年)がある。ハリウッド進出以来、10年間にわたってアメリカでスター女優の地位を守り続けたバーグマンは、1950年にロベルト・ロッセリーニが監督するイタリア映画『ストロンボリ/神の土地』に主演した。この作品がきっかけとなり、バーグマンとロッセリーニはともに既婚者であったにも関わらず、不倫関係を持つようになる。この不倫関係とその後の二人の結婚は大きなスキャンダルとなり、バーグマンはその後の数年間アメリカに戻ることができなくなった。1956年の『追想』でハリウッドに復帰したバーグマンは、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞するとともに、旧来のファンもバーグマンを許したといわれている。バーグマンに関する私生活や映画関連の文献は、ウェズリアン大学のシネマ・アーカイブが多く所蔵している。 ハリウッド時代、1939年 – 1949年 / 『カサブランカ』(1942年) / スウェーデンで最後の映画に出演した後、1941年にバーグマンは『四人の息子』、『天国の怒り』、『ジキル博士とハイド氏』の3本のアメリカ映画に出演し、どの作品も大きな成功を収めた。翌1942年には、現在でもバーグマンの代表作と目されている『カサブランカ』でハンフリー・ボガートと共演した。『カサブランカ』の舞台はナチスの影響力が及ばない中立地帯であるフランス領モロッコのカサブランカで、バーグマンはポール・ヘンリードが演じた反ナチス地下組織の指導者ヴィクター・ラズローの妻である美しいノルウェー人女性イルザ役を演じた。世評とは裏腹にバーグマン自身は『カサブランカ』に必ずしも満足しておらず「私は多くの映画に出演し、なかには『カサブランカ』よりも重要な役も演じてきたつもりです。しかし人々が話題にしたがるのはボカートと共演した映画のことばかりなのですと語ったこともある。しかしながら後にバーグマンは「すでに『カサブランカ』は独り歩きしている映画なのでしょう。人々を惹き付ける不思議な魅力を持つ作品で、映画に求められていた想いを十分に満足させることができる作品といえます」とも語っている。(イングリッド・バーグマン – Wikipedia

関連サイト

君の瞳に乾杯 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

イングリッド・バーグマン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

カサブランカ (映画) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連エントリ

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

Dhonitokyoahead.jpg

800px-Its_all_about_love.jpg

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

関連記事

「広い河の岸辺」(ひろいかわのきしべ)、ないし、「流れは広く」(ながれはひろく)、あるいは「悲しみの水辺」(かなしみのみずべ)などとして知られる、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」(The Water Is Wide)、別名「オー・ワリー・ワリー」(O Waly, Waly) は、スコットランドに起源をもつ民謡であり、歌詞の一部は17世紀に起源をもつとされている。21世紀に至っても人気を保っている楽曲である。セシル・シャープ(英語版)は、1906年にこの曲を『Folk Songs From Somerset』に収録して出版した。この曲は、チャイルド・バラッド(英語版)204(ラウド・フォークソング・ インデックス(英語版)87)の「Jamie Douglas」と関係がある内容であり、表向きには第2代ダグラス侯爵ジェイムズ・ダグラスの、レディ・バーバラ・アースキン (Lady Barbara Erskine) との不幸な最初の結婚について言及したものとされる。近年における演奏 / 編曲 / 「オー・ワリー・ワリー」は、クラシック音楽系の作曲家たちに人気のある編曲の素材となっており、特にベンジャミン・ブリテンが1948年に出版した声楽とピアノのための編曲はよく知られている。ジョン・ラターは、この曲を『弦楽のための組曲』(1973年)の第3楽章で用いている。この曲は、アイザック・ウォッツによる賛美歌「さかえの主イエスの (When I Survey the Wondrous Cross) として歌われることもよくある。また、ジョン・L・ベル(英語版)の「When God Almighty came to Earth」(1987年)[15]や、フレッド・プラット・グリーン(英語版)の「An Upper Room did our Lord Prepare」(1974年)にも用いられている。さらに、ハル・ホプソン(英語版)は、作品『The Gift of Love』の中に、この曲を組み込んだ。ホプソンはまた、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」の曲に載せたキリスト教的な歌詞も書いており、教会の合唱隊によってしばしば歌われている。マック・ウィルバーグ(英語版)は、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアの詩「Thou Gracious God」に合わせてこの曲を編曲しており、モルモンタバナクル合唱団がアルバム『Peace Like a River』に収録した。映画 / 2005年の日本映画『リンダ リンダ リンダ』では、文化祭の場面で、湯川潮音がこの曲を演奏する。日本における普及 / この曲の日本への普及には、ピーター・ポール&マリーが「There is a Ship」として歌ったバージョンが大きく影響したと考えられており、白鳥英美子などが英語詞による歌唱を録音している。佐川満男と伊東ゆかりの娘である宙美は、この曲を、山川啓介の日本語詞による「ふたりの小舟」として2007年6月6日にシングル・リリースしている。この曲は伊東ゆかりもレパートリーとしており、アルバムにも収録している。2013年、この曲に先行する日本語詞はないと誤解していたケーナ奏者八木倫明は、「広い河の岸辺」として独自の日本語詞を綴り、クミコに提供した。翌2014年、「広い河の岸辺」はシングル化され、さらにアルバム『広い河の岸辺 〜The Water Is Wide〜』もリリースされた。2014年上半期のNHKの連続テレビ小説『花子とアン』では、カナダ人女性教師の愛唱歌がこの曲という設定があり、また、同年下半期の連続テレビ小説『マッサン』では、スコットランド人であるヒロインが、この曲を口ずさむ場面があった。こうした経緯が重なり、2014年に、この曲はUSENの演歌・歌謡曲部門で8週間にわたって第1位ないし第2位となるヒットとなった(広い河の岸辺 – Wikipedia

“The Water Is Wide” (also called “O Waly, Waly” or simply “Waly, Waly”) is a folk song of Scottish origin, based on lyrics that partly date to the 1600s.[citation needed] It remains popular in the 21st century. Cecil Sharp published the song in Folk Songs From Somerset (1906). It is related to Child Ballad 204 (Roud number 87), Jamie Douglas, which in turn refers to the ostensibly unhappy first marriage of James Douglas, 2nd Marquis of Douglas to Lady Barbara Erskine (The Water Is Wide (song) – Wikipedia

音楽動画 (YouTube)


The Water is Wide


ザ・ウォーター・イズ・ワイド/スコットランド民謡


The Water Is Wide 広い河の岸辺


O Waly, Waly (The Water is Wide)


Pete Seeger – The Water is Wide

広い河の岸辺 The Water is Wide

関連サイト

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(1) – 日本バラッド協会

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(2) – 日本バラッド協会

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) – 美幌音楽人 加藤雅夫

広い河の岸辺 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

The Water Is Wide の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本と中国の合作映画 東京に来たばかり(初到東京)について

330px-Tokyo_Newcomer.jpg

日本と中国の合作映画 東京に来たばかり(初到東京)について

関連記事

「東京に来たばかり」(とうきょうにきたばかり)は2012年における日中共同製作映画である。ジャン・チンミン監督。倍賞千恵子、チン・ハオ、中泉英雄、チャン・チュンニン、ティエン・ユエンがこの映画に主演した。東京に来たばかり – Wikipedia

《初到東京》(英語:Tokyo Newcomer),是2012年一套中日合拍的電影,由秦昊、倍赏千惠子、中泉英雄、张钧甯、田原、池内博之主演。劇情 / 围棋高手吉流初到东京,偶遇昔日的围棋世家高手五十岚婆和她的孙子翔一,曾经是围棋高手的翔一突然厌恶了祖传的围棋,迷上了拳击,并与黑道产生了纠葛,翔一生命垂危……秦昊扮演的中国青年围棋手吉流初到东京留学,生活的种种不顺,使他陷入迷茫的困境,在去千叶的列车上,他与背着蔬菜的五十岚婆婆有了一次奇特的偶遇…… 初到东京的吉流既要生存,又要继续自己的围棋 事业,他到底能否达成所愿?他与五十岚婆和翔一之间的较量结果如何?(初到東京- 维基百科,自由的百科全书

関連サイト

初到东京_百度百科

日中共同制作映画「東京に来たばかり」監督インタビュー! – My Eyes Tokyo

中日共同制作の映画「初到東京」–人民網日本語版–人民日報

中日合作映画「東京に来たばかり」 制作陣の皆さん その1) – 中国国際放送局

中日合作映画「東京に来たばかり」 制作陣の皆さん その2) – 中国国際放送局

関連エントリ

東京に来たばかり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

初到東京 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

人民日報(人民日报)の創刊について

800px-China_topo.jpg

人民日報(人民日报)の創刊について

関連記事

6月15日 できごと / 1948年 – 中国湖北省で『人民日報』創刊。(6月15日 – Wikipedia

人民日報(じんみんにっぽう、中国語: 人民日报)は、中国共産党中央委員会の機関紙である。人民日報社が発行している。概要 / 1948年6月15日、河北省の党地方支部(平山県西柏坡華北局)において創刊。翌1949年3月に本部を北京へ移転し、同年8月に中国共産党の公式機関紙となる。初期の人民日報は繁体字表記が用いられたが、毛沢東の「文字改革」により、簡体字表記に改められた。1985年7月には国外向け版の発行もはじめ、中国語版に加えて、英語版、日本語版、フランス語版、スペイン語版、ロシア語版、アラビア語版の7か国語で配信されている。改革開放路線において市場原理が導入されると発行部数が落ちるものの、広告の掲載など紙面の変化が見られるようになった。第一面の最上部の題字「人民日報」は毛沢東の揮毫による。「人民網」は1997年に人民日報のインターネット版として開設され、翌1998年に日本でも開設された。日本関係の版では、中国で発生したニュースを日本語で紹介する「日本語版」と、日本で発生したニュースを中国語で紹介する「日本版」があり、いずれも人民網日本株式会社が運営している。日本版は日本と日中関係を専門報道対象とする中国唯一のニュースサイトでもある。人民網は、携帯電話へのニュース配信を始めた初の外国メディアである。当初はNTTドコモだけの対応であったが、2008年初よりauとウィルコムにも公式ウェブサイトが開設(現在Softbank未対応)されており、中華人民共和国のニュースを日本語で発行する「日文版」と日本のニュースを中国語で発行する「中文版」がある。(人民日報 – Wikipedia

The People’s Daily or Renmin Ribao is the biggest newspaper group in China. The paper is an official newspaper of the Chinese Communist Party, published worldwide with a circulation of 3 million. In addition to its main Chinese-language edition, it has editions in English, Japanese, French, Spanish, Portuguese, Russian, Arabic, Tibetan, Kazakh, Uyghur, Zhuang, Mongolian, Korean and other minority languages in China. The newspaper provides direct information on the policies and viewpoints of the Chinese Communist Party. (People’s Daily – Wikipedia

《人民日报》是中国共产党中央委员会的机关报,與新華社及中國中央電視台並列為中国共产党和中华人民共和国政府官方三大传媒機構,为中華人民共和國第一大报,有广泛影响力。《人民日报》于1946年5月15日起发行,最初是中共中央晋冀鲁豫局的机关报,风格较为严肃,内容一定程度上代表了中国官方立场。該報被联合国教科文组织评为世界十大报纸之一。(人民日报- 维基百科,自由的百科全书

関連サイト

Datei:人民日报创刊号.jpg – Wikipedia

トップページ_人民網日本語版

人民日報: 人民網日本語版-

人民網_網上的人民日報 – 人民网

関連エントリ

人民日報 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

人民日报 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

People’s Daily の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

人民網(人民网)について

800px-Earthmap1000x500.jpg

人民網(人民网)について

関連記事

人民網(じんみんもう)は、中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』で知られる中華人民共和国のメディア、人民日報社が1998年12月1日に開設したニュースサイトで、日本語版と日本版の2つのサイトがある。日本語版では中国で発生した重大ニュース、中国の経済、社会、科学教育、文化、観光などの情報を日本語で提供するニュースサイト、いっぽう日本版は日本・中日関係の報道を専門に中国語で提供するニュースサイトである。特に政治欄では、米国や日本の動きについて、頻繁に言及しており中国の立場の正当性を主張あるいは正当化する姿勢を一貫している。(人民網 - Wikipedia

人民網(上交所:603000)是一家由中國共產黨黨報人民日报社所控股的媒体企业,以新聞報導為主。前身為《人民日報》網路版,于1997年1月1日正式進入互聯網。人民網有中文(簡體、繁體)、英文、日文、法文、德文、西班牙文、俄文、阿拉伯文、韩文、蒙文、藏文、维吾尔文、哈萨克文 、朝鲜文、彝文、壮文共16種語言17个版本。《人民網》在中國大陸有31間分公司,在韓國、日本、俄羅斯、英國、南非及美國等均設有海外分公司。2013年3月19日,《人民網》在香港開設分公司,總裁廖玒於成立大會上表示,進駐香港是為了「努力搭建好政府與民眾的溝通平台,促進社會和諧」。(人民网- 维基百科,自由的百科全书

関連サイト

人民網 中国語版

人民網 日本語版

人民網 日本チャンネル

関連エントリ

人民網 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

人民网 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato - Facebook

このページの先頭へ戻る

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

image003.jpg

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

関連記事

6月12日 アンネの日記の日 / 1942年のこの日、ユダヤ人の少女アンネ・フランクによって「アンネの日記」が書き始められた。アンネの家族は、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害を逃れて、アムステルダムの隠れ家に身を隠した。日記は隠れ家に入る少し前の、この日の13歳の誕生日に父から贈られたものだった。1944年8月1日、アンネらは隠れ家から連れ出されて、ポーランドのアウシュビッツに送られたため、日記はこの日で終わっている。そして、1945年3月にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所で病死した。6月12日 歴史 / 1942年 アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントで日記帳を贈られる。「アンネの日記」の書始め。(6月12日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月12日 できごと / 1942年 – ホロコースト: アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントとして日記帳をもらう。『アンネの日記』の書き始め。6月12日 記念日・年中行事 / 日記の日(日本)1942年6月12日にポーランド系ユダヤ人のアンネ・フランクによって『アンネの日記』が書き始められたことにちなむ。(6月12日 – Wikipedia

『アンネの日記』(アンネのにっき、オランダ語: Het Achterhuis)とは、ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによる日記様の文学作品。概要 / 第二次世界大戦の最中のドイツによる占領下のオランダ、アムステルダムが舞台となっている。国家社会主義ドイツ労働者党によるユダヤ人狩りのホロコーストを避けるために、咳も出せないほど音に敏感だった隠れ家に潜んだ、8人のユダヤ人達の生活を活写したもの。執筆は密告(密告者はいまだ不明)により、ナチス・ドイツのゲシュタポに捕まるまでのおよそ2年間に及んだ。1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されている。彼女の死後、父オットー・フランクの尽力によって出版され、世界的ベストセラーになった。(アンネの日記 – Wikipedia

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank De-Annelies_Marie_Anne_Frank.ogg 、1929年6月12日 – 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。概要 / ドイツ国のフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。1944年8月4日にナチス親衛隊(SS)に隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。1945年3月上旬頃のことと見られている。隠れ家には、アンネがオランダ語で付けていた日記が残されていた。オットーの会社の社員で隠れ家住人の生活を支援していたミープ・ヒースがこれを発見し、戦後まで保存した。8人の隠れ家住人の中でただ一人戦後まで生き延びたオットー・フランクはミープからこの日記を手渡された。オットーは娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるため、日記の出版を決意した。この日記は60以上の言語に翻訳され、2500万部を超える世界的ベストセラーになった。(アンネ・フランク – Wikipedia

関連エントリ

日記の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネの日記 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネ・フランク の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る