新型コロナウイルス カテゴリのアーカイブ

美幌町の感染症対策について

美幌町の感染症対策について

関連記事

感染症対策としてマスクやフェイスシールド、ティッシュを適切に処分しましょう。 2021年1月20日 新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症に感染した疑いのある方が使用したマスクやティッシュ、フェイスシールド等のごみを捨てる際は、以下の「ごみの捨て方」に沿って処分をするようにしてください。感染症対策として有効です。 ごみに直接触れない / ごみ袋はしっかりしばって封をする / ごみを捨てた後は手を洗う / また、フェイスシールドが「その他プラスチック」に混入する事例が増えております。正しくは「一般ごみ」となりますので、正しい分別にご協力をお願いします。 (美幌町のホームページ)

関連サイト

ご家庭でのマスク等の捨て方 – 環境省のホームページ

このページの先頭へ戻る

北海道北見市の北見東和ホテルについて

北海道北見市の北見東和ホテルについて

関連記事

新型コロナ宿泊療養施設 2021/01/19掲載(北見市/社会) 患者受け入れ開始…北見市内 / 北海道は18日、新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設に指定されている北見東和ホテルの患者受け入れ開始を公表した。同ホテルは昨年12月25日、オホーツク管内の軽症者、無症状者を受け入れる施設として開設された。最大で55人程度の受け入れが可能。 (経済の伝書鳩)

関連サイト

最新情報 – 北見東和ホテル

北見東和ホテル – 新型コロナウイルス感染症対策施設紹介サイト

このページの先頭へ戻る

北見市の新型コロナウイルス感染症クラスターについて

北見市の新型コロナウイルス感染症クラスターについて

「あらためて理解、協力を」 2021/01/19掲載(北見市/社会) 新型コロナのクラスター受け/ 北見市が注意喚起 HPや庁舎のモニター通じ感染防止策の徹底訴え / 北見市は市内で3例目となる新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生したことを受け15日、市のHPや庁舎のモニターを通じ注意喚起を行った。「1人ひとりが自分や社会を守るため、あらためて理解、協力を」と呼び掛けている。 市内では昨年2月に民間施設でのイベント、11月に接待を伴う飲食店でクラスターが発生。今月13日には診療所でのクラスターが確認された。 市は注意喚起文で、市民にクラスターの発生を踏まえ感染拡大に強い危機感を持つよう促し、感染防止策としてマスクの着用や手洗いの励行、3密の回避、体調が悪い場合の不要不急の外出自粛などを徹底するよう求めている。 また、道が集中対策期間を2月15日まで延長し、道民に緊急事態宣言の対象地域と札幌市との不要不急の往来を控えることなどに対する協力を要請していることも盛り込んだ。 市は注意喚起文を、市のメール配信サービス「メール@きたみ」の登録者にも配信している。(匡) (経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市のホームページ

このページの先頭へ戻る

北見市職員の新型コロナウイルス感染について

北見市職員の新型コロナウイルス感染について

関連記事

北見市職員が新型コロナ感染 2021/01/19掲載(北見市/社会) 再検査で陽性が判明…職場の業務は継続 / 北見市は18日、市役所本庁舎1階子ども未来部子ども支援課に勤務する40代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したことを公表した。症状は軽症で現在、医療機関に入院している。女性職員は、新型コロナウイルスに感染した同居の親族の濃厚接触者とされ、13日のPCR検査で一旦は陰性と判定。しかし15日に発熱があり、16日に再検査をしたところ、陽性が確認された。女性職員は10日以降、出勤していないという。市は女性職員が働くフロアの消毒を行い、保健所が他の職員や来庁者に濃厚接触者はいないと判断したことから、通常通り業務を継続している。辻直孝市長は「市職員から感染者が確認されたことは非常に残念。感染が広がることのないよう、これまで以上に徹底した対策を講じる」としている。(柏) (経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市職員の新型コロナウイルス感染事案の発生について – 北見市

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 照ノ富士春雄

大相撲令和3年1月場所 照ノ富士春雄

照ノ富士春雄 東関脇1 令和3年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日) 勝ち白星○
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 勝ち白星○
四日目 令和3年1月13日(水曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
六日目 令和3年1月15日(金曜日) 負け黒星●
七日目 令和3年1月16日(土曜日) 勝ち白星○
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 勝ち白星○
九日目 令和3年1月18日(月曜日) 勝ち白星○
十日目 令和3年1月19日(火曜日) 負け黒星●
十一日目 令和3年1月20日(水曜日) 勝ち白星○
十二日目 令和3年1月21日(木曜日) 勝ち白星○ 勝ち越し
十三日目 令和3年1月22日(金曜日) 勝ち白星○
十四日目 令和3年1月23日(土曜日) 勝ち白星○
千秋楽 令和3年1月24日(日曜日) 勝ち白星○ 11勝4敗

関連サイト

照ノ富士 春雄 力士情報

関連エントリー

照ノ富士 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 琴紺野優紀

大相撲令和3年1月場所 (北海道北見市出身力士 琴紺野優紀)

北海道北見市出身の大相撲力士 琴紺野優紀 (ことこんの ゆうき)東序二段七枚目

令和2021年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日)
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 勝ち白星○
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 負け黒星●
九日目 令和3年1月18日(月曜日) 勝ち白星○
十二日目 令和3年1月21日(木曜日) 負け黒星●
十四日目 令和3年1月23日(土曜日) 勝ち白星○ 4勝3敗 勝ち越し

関連記事

大相撲令和3年1月場所 / 大相撲令和3年1月場所(おおずもうれいわさんねんいちがつばしょ)は、2021年(令和3年)1月10日から1月24日までの15日間、東京都墨田区の国技館(両国国技館)で開催される予定の大相撲本場所である。 (大相撲令和3年1月場所 – Wikipedia)

関連サイト

琴紺野 優紀 力士情報

琴紺野 優紀 | 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋ホームページ

紺野悦子 | Facebook

関連エントリー

琴紺野優紀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

北海道出身の力士 横綱・大鵬の孫
大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

王鵬幸之介 西十両11枚目 令和3年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日) 負け黒星●
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 勝ち白星○
四日目 令和3年1月13日(水曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
六日目 令和3年1月15日(金曜日) 負け黒星●
七日目 令和3年1月16日(土曜日) 負け黒星●
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 勝ち白星○
九日目 令和3年1月18日(月曜日) 負け黒星●
十日目 令和3年1月19日(火曜日) 負け黒星●
十一日目 令和3年1月20日(水曜日) 負け黒星●
十二日目 令和3年1月21日(木曜日) 勝ち白星○
十三日目 令和3年1月22日(金曜日) 負け黒星●
十四日目 令和3年1月23日(土曜日) 負け黒星●
千秋楽 令和3年1月24日(日曜日) 勝ち白星○ 5勝10敗

関連記事

王鵬幸之介 / 王鵬 幸之介(おうほう こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名は納谷 幸之介(なや こうのすけ)。身長191cm、体重175kg、血10液型はA型。最高位は西十両11枚目(2021年1月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。長兄はプロレスラーの納谷幸男。次兄は同部屋の鵬山幸林。弟は同部屋の夢道鵬幸成。従兄は元大相撲力士の若闘力駿磁。曽祖父はマルキャン・ボリシコ。 (王鵬幸之介 – Wikipedia)

関連サイト

王鵬 幸之介 力士情報

王鵬 幸之介 – 力士プロフィール – 日本相撲協会公式サイト

王鵬 幸之介 | 大鵬道場 大嶽部屋公式ウェブサイト

関連エントリー

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介) – 美幌音楽人 加藤雅夫

王鵬幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年1月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年1月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.898 2021年1月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年1月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年1月号 / 新企画 / 劉徳有「和歌」で楽しむ中国エッセイ / 姚任祥 家伝 中国人の暮らしに生きる伝統美 / 特集 / 第1回「北京ー東京フォーラム」コロナ後の世界へ中日貢献 / 美しい中国 松原 「冬捕」で活気付く査干湖 (人民中国 2021年1月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

短歌集「花散里」出版された

短歌集「花散里」出版された

関連記事

4冊目の短歌集「花散里」出版 2021/01/06掲載(北見市/文化) 北見の海老江芙紗世さん / 歌歴は約50年に / 北見の海老江芙紗世さん(77)の4冊目の短歌集「花散里」が、このほど出版された。「病み痛む首にゆるると巻いてみる母の形見の縞のスカーフ」など、みずみずしい感性で詠んだ60~70代前半の作品394首を収録している。 10代から詩や随筆を書いてきた芙紗世さん。20代の後半で短歌を作り始め、短歌結社「辛夷」に入会。短歌歴は約50年になる。 2016年に30代の短歌を集めた歌集「花薔薇」を出版し、その後40代、50代の作品をそれぞれまとめた歌集を発表してきた。 4冊目となった「花散里」は、「辛夷」に投稿した作品を中心に約600首の中から、体調を崩した芙紗世さんに代わり、夫で北見工業大学名誉教授の邦雄さん(79)が選んで掲載した。 毎年5月には歌集の出版ん、邦雄さんと二人短歌展も開催してきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止に。歌集の出版のみになった。 芙紗世さんは「私の人生の想い出が詰まった一連の歌集は、私にとって本当に大切な宝物です」。邦雄さんは「次は二人短歌集が作れたら」と話している。 芙紗世さんの歌集は、市立中央図書館などで閲覧することができる。(菊) (4冊目の短歌集「花散里」出版 – 経済の伝書鳩)

関連エントリー

イランカラプテの川柳(2018年 5月)開始です – 美幌音楽人 加藤雅夫”>

このページの先頭へ戻る

新しいボランティア ささえ手クラブ

新しいボランティア ささえ手クラブ

関連記事

新しいボランティアのカタチ ささえ手クラブがはじまります / 〔ささえ手くらぶ〕とは、未来もずっと明るく元気なまちが続いていくために、誰かを支える“ささえ手”を増やしたり、現在活躍中の“ささえ手”の方々が、さらに熱情を持って楽しみながら活動できるポイント型のボランティアプログラムです。 ちいきをささえてスマイル・ハッピーに! / “ささえ手”は、誰かを支えるたびにポイントが貯まり、支えた数がポイントとして目で見えて、ポイントが貯まると景品と交換することができます。 ささえ手くらぶのくわしくは下記PDFをぜひお開きください。 (新しいボランティアのカタチ ささえ手クラブがはじまります | 美幌町社会福祉協議会)

ボランティアしてポイントためよう 2020/12/29掲載(美幌町/社会)美幌「ささえ手くらぶ」来年1月スタート / 美幌町社会福祉協議会は来年1月から、ボランティア活動をするとポイントがたまる仕組みの「ささえ手くらぶ」をスタートさせる。新たなボランティアを増やし、現在活動中のボランティアのモチベーションを高めようと企画した。対象は町民、または町内に通勤・通学している人。美幌町ボランティアセンターへの登録が必要で、登録するとポイントカードを配布する。ポイントの対象になる活動は現在のところ、協議会が行う (1)配食サービス (2)移送サービス、NPO法人「絆-びほろ」さくらんぼ部会が行う (3)生活たすけあいサービスのほか、 (4)リングプル交換の仕組み、 (5)災害ボラティアセンター立ち上げ機能訓練-の5つ。講座を受講すると10ポイント、登録や実際の活動で15ポイントなどそれぞれもらえるポイントが定められている。配食・移送サービスなどの講座は1月から3月まで月1回ずつ、災害ボランティアセンターの訓練は2月に2回予定されている。講座・訓練を通じてボランティア活動への関心や意欲を高めてもらいたい狙い。合計50ポイントでくじ引きができ、特産品などの景品がもらえる仕組み。景品はJAびほろや美幌観光物産協会などが協賛団体として提供する。協議会は「まずは講座などに参加してくれたら」と呼びかけている。詳しくは、協議会内美幌町ボランティアセンター(0152・72・1165)へ。(浩) (ボランティアしてポイントためよう – 経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリー

美幌町社会福祉協議会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る