北海道人 カテゴリのアーカイブ

中国武漢の肺炎・新型コロナウィルスについて


中国武漢の肺炎・新型コロナウィルスについて

関連記事

2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行 / 2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行(にせんじゅうきゅうねん―にせんにじゅうねんちゅうごくぶかんにおけるはいえんのりゅうこう)は、2019年12月以降に、中華人民共和国湖北省武漢市江漢区の華南海鮮市場(中国語: 华南海鲜市场)を中心に発生したコロナウイルスによる肺炎の流行事態である。 2019年12月30日に中国のインターネット上で現地の保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が出回っていたため、多くの人が関心を寄せた。2020年1月7日、原因は新種のコロナウイルスであるとして特定され、1月9日に最初の死者が出た。1月13日、初めての中国域外の陽性事案がタイで確認された。 2020年1月20日、中国国家衛生健康委員会専門家グループ長、感染症専門家・鍾南山は院内感染により医療関係者にも感染者が出たので、人から人への感染の可能性が高いと警告し、武漢になるべく行かないように呼びかけた。1月24日から始まる旧正月の連休に伴う大規模な人の移動が予想されるので、保健機関は警戒している。 呼称 / 初期段階では原因不明であるため、「原因不明の肺炎」と呼ばれていた。2020年1月7日、香港の保健機関は「重度の新型感染性病原体呼吸器疾患」と名付けた。また、世界保健機関はウイルスを正式に「2019年の新型コロナウイルス」(2019-nCoV)と命名したため、中国側は「新型コロナウイルスの感染による肺炎」と呼ぶようになった。 (2019年-2020年中国武漢における肺炎の流行 – Wikipedia)

関連サイト

新型コロナウイルスに関連した肺炎について – 北海道のホームページホームページ

新型コロナウイルスに関連した肺炎への注意について – 美幌町のホームページ

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について – 厚生労働省のホームページ

新型コロナウイルスに関連した肺炎について – 北海道庁のホームページ

在中国日本国大使館のホームページ

外務省のホームページ

報道発表資料 2020年1月 – 厚生労働省

新型コロナウイルスへの対応 日本国内では – NHKニュース

中国 武漢の肺炎 国内で初確認 武漢に渡航した男性から 厚労省 – NHKニュース

新型ウイルス肺炎 道内の対策は – NHK 北海道のニュース

関連エントリ

新型コロナウィルス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

仮称・第1回北海道傘寿軟式野球選手権大会について

仮称・第1回北海道傘寿軟式野球選手権大会について

関連記事

傘寿野球の全道大会開催を 2020/01/16掲載(網走管内/スポーツ) 道内2チーム目も発足の見込み / 80歳以上の傘寿(さんじゅ)野球の全道大会が今年、新設されそうだ。昨年、北見や網走、遠軽、旭川、深川、帯広の選手達で道内初となる傘寿チームを設立。今年は道央圏にも発足しそうで、レジェンド達は「ぜひ傘寿の全道大会を開こう」と盛り上がっている。
今秋の実現に向け準備に奔走 80歳以上の“レジェンド”達 「やっぱり野球は楽しい」 / 70歳以上の古希チームに所属する選手達が「試合に出たい」とレギュラー出場をめざし、これまでにない最高齢の傘寿チームを結成。昨年5月、北見市営球場で道内初の傘寿紅白戦が披露された。選手達は口々に「やっぱり野球は楽しい」と満足そうだった。気をよくした道内初傘寿チームの北見の男性(80、北海ベアーズ代表)と帯広の男性(83、帯広シニアスターズ代表)の2人は傘寿チーム結成推進世話人会を立ち上げ、道内16の古希チームに、傘寿チーム結成調査のアンケートを実施した。その結果「連合を組み傘寿チームを結成する」と回答したチームが4団体あった。ほかにも「参加したい」「検討する」と前向きな考えが計3チームあった。特に意欲的な古希チームの札幌スターズと岩見沢球友クラブは合わせて22人の80歳オーバー選手が揃い、連合傘寿チームの結成を決定。昨年発足した北海ベアーズ・帯広シニアスターズ連合チームの計16人と合わせ、2つの傘寿チームが今年、道内に誕生する。北見の男性らは「仮称・第1回北海道傘寿軟式野球選手権大会の実現に向け、準備を進めたい」と奔走。今秋の開催へ具体化を進める。「みんな野球をやりたい者ばかりなので話は早い。行動も伴うよう態勢を整えたい」と張り切っている。(寒) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

傘寿野球チーム創立記念大会 (北海道 道北・道東の野球チーム) – 美幌音楽人 加藤雅夫

80歳以上の野球選手による 傘寿野球チーム (北海道 オホーツク管内) – 美幌音楽人 加藤雅夫

古稀野球チーム 北海ベアーズ (北海道 オホーツク管内) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道地域の文芸誌・文芸北見について

北海道地域の文芸誌・北見文芸について

関連記事

連載 地域文芸誌「文芸北見」㊤ 2020/01/16掲載(北見市/本誌連載・文化) 今年50号発行を予定 / 地域文芸誌「文芸北見」は今年、50号が発行される。1971(昭和46)年に創刊し、およそ年1回刊行、投稿者数は述べ1万3千人を超える。編集長(84)は「50年、感慨深いものがあります。どれも印象深い作品ばかり。文化的な資料としても貴重なものになっていると思います」と話す。(菊)
1971年創刊、投稿者数は述べ1万3千人超 自らの作品発表する最高の場 文化的資料としても貴重なもの / 編集長は、27号から編集委員、34号から事務局長、47号から編集長も兼務する。作品に目を通していると「どの作品も印象深いですし、思いを込めて書かれているので、読んでいると引き込まれます」という。創刊号が発刊された当時は、高度経済成長の勢いがあった時代。目次には実行委員長の林白言氏らそうそうたる面々の名前が並ぶ。創刊号の巻頭を飾る小池喜孝氏の「井上伝蔵の足跡を追って」を始まりとし、当時から現在まで脈々と受け継がれていることがあるという。それは、48号の『佐呂間町栃木歌舞伎の盛衰』、49号の『蛙声の記憶』といった地域の郷土史、民衆史を扱った作品が毎回のように投稿されていること。「記録として載せておきたいという人もいるかもしれません。伝統になっていると言ってもいいのではないでしょうか」と考える。郷土史・民衆史以外にも、創作(小説)、評論、ルポルタージュ、詩、短歌や俳句と内容は幅広く、毎回投稿する人も多い。中でも投稿の8割が短詩(俳句、短歌、川柳)。熱心に投稿する人が特に多く「みなさん、一生懸命やってくれています」と感謝する。「多くの作品を自由に発表する場をつくる」という考えのもと、基本的にはすべての作品を掲載する。読まれる文芸誌として一定のレベルを保つため、書き直しや希望者への添削も行う。その成果か、文芸北見投稿者の中にはこれまでに、道内外の公募展での入賞や、掲載作品などをまとめて出版している人もいる。また、理由は不明だが、48号は人気で各書店で売り切れが続出したという。自らも作品を投稿する編集長は「言葉を使った表現は、人に伝えようと整理することで、自分自身も見つめ、知ることができる。文芸北見は、人に伝えたいという思いが実現できる、作品を発表する場としては最高だと思います」と胸を張る。大きな節目となる50号に向け「記念の特集号にしたいと思ってます。多くの投稿を期待したい。今後も細く、長く続けていけたら」と話している。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 地域文芸誌「文芸北見」㊦ 2020/01/20掲載(北見市/本誌連載・文化) 今年50号発行を予定/ / 「文芸北見」は、北見文化連盟初代会長の故・林白言氏が実行委員長になり、創刊。林氏は文芸北見の創刊号で「この地方で文学をめざし、文芸を愛好するすべての人々のものである」と書いている。また、「平和的な文学の研鑽の場であり、その試験場でもある」とも記している。
初代実行委員長は故・林 白言氏 投稿者、愛読者に支えられた半世紀 文芸愛好するすべての人々のもの / 創刊号の表紙は、薯版画家として知られる香川軍男氏の薯版画。題字は、当時の北見市長・宇佐美福生氏が担当した。内容は、小池喜孝氏の「井上伝蔵の足跡を追って」、林白言氏のルポルタージュ「梅田事件」などで、当時は大きな話題となった。1995(平成7)年に林氏が亡くなり、同年12月発行の文芸北見26号は「故 林白言氏を偲ぶ」と題した特集が組まれ、これまでに文芸北見や林氏に関わってきた多くの人達が思い出などを寄稿し、別れを惜しんだ。表紙は2号以降、管内の作家の描いた風景画などを採用。近年はオホーツク美術展の出品作品の中から選んでおり、それぞれ地域の風景などを描いた特色ある表紙になっている。また、5号からは優れた作品を表彰する文芸北見賞を設け、授賞式と合評会を開いてきた。受賞者に贈られるメダルは香川さんの薯版を元にした特注品で、好評を得ているという(写真)。投稿者数の平均は11~31号では300人余りで、中でも23号はこれまでで最も多い378人が参加。現在では100~200人が投稿している。一般投稿は高校生以上が対象だが、47号からは北見市小中学生俳句コンクールの入選作品を掲載。より幅広い年齢の作品が楽しめるようになった。廃刊になる地方文芸誌が増えている中、多くの投稿者、愛読者に支えられて今年、50年、50号を迎える。(菊) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

文芸北見の実行委・編集委が合同会議 2020/01/20掲載(北見市/文化) 50号の節目に導入 / 文芸北見発刊実行委員会(平野温美実行委員長)の実行委員と編集委員を集めた合同会議がこのほど、北見市民会館で開かれた。
「掲載料と本誌贈呈」新システム / 昨年7月発刊の第49号に関する報告に続き、今年発刊予定の第50号から実施する「掲載料と本誌贈呈」の新システムについて説明したほか、50号の節目の記念事業などを提案。また「ここ数年のマイナス決算を補うためにも企業や団体に協賛広告をお願いしたい。継続していくためにご理解と積極的な声がけの協力を」と呼びかけた。「掲載料と本誌贈呈」の新システムは、昨年の合同会議で提案し承認された。これまでは前納した掲載料が発刊後に受け取る規定冊数の代金を兼ねていた。新システムでは、掲載の記念として従来の半分の規定冊数が贈呈される方式へと変わる。受け取る冊数は減るが、投稿料が2割安くなるため投稿者の裾野を広げる一助にもなると期待されている。平野実行委員長は挨拶で「寄稿してくれる人がいて、編集してくれる人がいて、本を読んでくださる方がいてこれまで続けてこられた。50号に向けて、足並みを揃えていきたい」と話していた。(公)
「文芸北見」第50号 / 掲載作品を募集中2月28日締め切!り 文芸北見発刊実行委員会は、今年7月1日発行予定の地域文芸誌「文芸北見」第50号に掲載する作品を募集している。対象は16歳以上の管内在住・出身者か、ゆかりのある人。締め切りは2月28日。募集内容は、創作、児童文学、評論、自分史や随筆、詩、短歌・俳句・川柳など。原稿用紙(400字詰め)で長編は26~50枚、中編は5~25枚、随筆は4枚以内、詩は3枚以内で、所定の応募票を原稿に添付して投稿。短歌・俳句・川柳は専用の原稿用紙で投稿。USBメモリでの入稿も受け付けるジャンルごとに掲載料が異なり、掲載の記念に規定の冊数が贈呈される(高校生は投稿無料だが贈呈なし)。問い合わせはNPO法人北見文化連盟内の同実行委(0157・22・0099)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

団体・グループ【芸術・文化団体】 – 北見市のホームページ

関連エントリ

文芸北見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の美幌町にゆかりのある著名人を探しています

北海道の美幌町にゆかりのある著名人を探しています

関連記事

美幌町にゆかりのある著名人を探しています / 美幌町では、幅広くまちづくりの推進につなげることを目的として、本町にゆかりのある様々な分野でご活躍されている方々の名簿を作成しています。なお、ご活躍の基準などはありませんので、「こんな方を知っている」、「身内がこんな活躍をしている」などいらっしゃいましたら、下記担当までご連絡ください。お問い合わせ / まちづくりグループ 政策担当 電話:0152-73-1111 (美幌町にゆかりのある著名人を探しています – 美幌町のホームページ)

美幌町 日本の北海道の町 / 美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる[3]。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。美幌町の有名人 / 美幌町出身の有名人 / 伊藤博明 – 文学者、専修大学教授(元・埼玉大学副学長)。高山梨沙 – スピードスケート選手。2008年(平成20年)にISUワールドカップ日本代表として中学生としては史上初めて選出された。阿部由香里 – 長野オリンピックのバイアスロン選手。久保恒造のコーチ。久保恒造 – 障害者ノルディックスキー選手。2010バンクーバーパラリンピック日本代表。2009ワールドカップ大会カナダ大会バイアスロン ショート2位。2008ジャパンパラリンピッククロスカントリースキー競技大会初出場初優勝。株式会社日立ソリューションズ所属。美幌町「栄誉賞」(2回)「特別栄誉賞」(1回)受賞。ソチパラリンピック・バイアスロン競技で銅メダル獲得。石田正子 – クロスカントリースキー選手。バンクーバーオリンピック・トリノオリンピック・ソチオリンピック日本代表。2009年ワールドカップトロンハイム大会・女子30kmクラシカル3位。JR北海道所属。美幌町「栄誉賞」「特別栄誉賞」受賞。佃咲江 – 北京オリンピック日本代表選手(自転車競技女子スプリント)。美幌町「栄誉賞」受賞。鈴木李奈 – ソチオリンピック日本代表選手(バイアスロン)。美幌町「栄誉賞」受賞。藤村祥子 – ソチオリンピック日本代表選手(スピードスケート)。美幌町「栄誉賞」受賞。北の富士勝昭 – 力士(第52代横綱) 木村章司 – ボクサー 美幌町「栄誉賞」受賞。岡沢吉夫 – スキー選手、陸上選手、八王子市議会議員、全日本スキー連盟理事。日本初の常設スキー学校開設者、全日本スキー連盟(SAJ)公認スキー学校の起案者。鶴丸俊明 – 考古学者、札幌学院大学学長 。山口昌男 – 文化人類学者、元札幌大学学長。戦後、美幌町に疎開中の藁科雅美(音楽評論家、1950年第1回美幌町文化賞受賞)から英語の個人指導を受ける。内藤克 -北海道放送アナウンサー。Sepia’n Roses – ミュージシャン(メンバー4人中3人が美幌町出身)。松本亨 – 英語教育家、改革派教会教職。戦前に14年間アメリカに留学し、戦後NHKラジオ第2「英語会話」の講師を22年間務めた。美幌町ゆかりの有名人 / 円舘金 – 美幌町在住の天文学愛好家(小惑星ハンター)。岩手県岩泉町出身。藁科雅美 – 音楽評論家、毎日放送音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」など。戦後、美幌町に疎開し町民の文化向上に貢献する(1950年第1回美幌町文化賞受賞)。山口昌男に英語を個人指導、團伊玖磨に美幌農業高校校歌作曲を依頼(1952年)、武満徹に美幌町町歌作曲を依頼(1953年)。美ち奴(みちやっこ、本名:久保染子) – 日本の女性歌手、1937年美幌開基五十年を記念して制定された「美幌小唄 (作詞:大塚郷湖、作曲:須藤五郎)」を歌い、また、美幌観光協会の依頼により「美幌観光音頭 (作詞:大塚郷湖、作曲:松田喜一、唄:美ち奴)」は、帝蓄レコード(テイチクレコード)でレコード化された。宮嶋龍雄-小樽出身1954・1955冬季国体スキージャンプで優勝、兄は1936独ガルミッシュ・パルテンキルフェンオリンピックの日本代表宮嶋巌。クッシーブームの時には観光課長を務める。須藤五郎 ー 日本の音楽家。開基50年記念歌 美幌町町歌 ー 1937年(昭和12年)制定、作詞 大塚郷湖、作曲 須藤五郎、歌手 塩まさる。開基50年記念歌 美幌小唄 ー 1937年(昭和12年)制定、作詞 大塚郷湖、作曲 須藤五郎、歌手 美ち奴。湯浅譲二 ー 日本の作曲家。美幌病院歌または看護学校歌を作曲した。その他 / 名古屋市東山動物園と交流がある。同動物園で飼育されていた世界最長寿のヒグマ「美幌」(1985年、38歳没)による縁。1990年(平成2年)2月28日に円舘金が発見した小惑星4460は、発見者によって「びほろ(美幌)」と命名されている。 (美幌町 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town – 美幌町のホームページ

関連エントリ

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の女性歌手 浦部雅美 (北海道 美幌町出身) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌の星 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町ゆかりの有名人 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町の著名人 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

大相撲令和2年1月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

大相撲令和2年1月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

北海道北見市出身の大相撲力士 琴紺野優紀 (ことこんの ゆうき)東序二段十枚目

令和2年1月場所 取組日・取組結果 (琴紺野優紀)
初日 令和2年1月12日(日曜日) 負け黒星●
四日目 令和2月1月15日(水曜日) 勝ち白星○
五日目 令和2月1月16日(木曜日) 負け黒星●
八日目 令和2月1月19日(日曜日) 負け黒星●
九日目 令和2月1月20日(月曜日) 勝ち白星○
十二日目 令和2月1月23日(木曜日) 勝ち白星○
十四日目 令和2月1月25日(土曜日) 負け黒星● 3勝4敗 負け越し

関連記事

大相撲令和2年1月場所(おおずもうれいわにねんいちがつばしょ)は、2020年(令和2年)1月12日から1月26日までの15日間、東京都墨田区の国技館で開催される大相撲本場所である。 (大相撲令和2年1月場所 – Wikipedia)

佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。 (佐渡ヶ嶽部屋 – Wikipedia)

星取表(ほしとりひょう)とは、白と黒の記号で試合の勝敗を示した表である。勝ちを白丸(○)、負けを黒丸(●)で表し、それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。 (星取表 – Wikipedia)

関連動画

琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube

関連サイト

琴紺野 優紀 力士情報ホームページ

大相撲「佐渡ヶ嶽部屋」入門 (2017/12/14) – 龍谷ニュース | 龍谷高等学校ホームページ

琴紺野 優紀 | 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋ホームページ

関連エントリ

大相撲令和元年11月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和元年9月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

令和最初の大相撲夏場所 (北海道北見市の出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の大相撲力士 琴紺野優紀 (北海道北見市出身) – 美幌音楽人 加藤雅夫

琴紺野優紀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kotokonno Yuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の美幌博物館 (アイヌのくらし)

北海道美幌町の美幌博物館 (アイヌのくらし)

関連記事

第1展示室「アイヌのくらし」を更新 2020/01/09掲載(美幌町/文化・歴史) 美幌博物館… / 樹皮の着物、ござや臼など盛り込み紹介 / 美幌博物館がこのほど、1階第1展示室にあるコーナー「アイヌのくらし」の展示内容を更新した。コーナーは「チセ」と呼ばれる家屋を再現。更新では、昨年開催した特別展「アイヌ文化に活きる植物」の内容を盛り込んだ。囲炉裏や漆塗りの物入れなど従来からの展示に加え、ニレ科のオヒョウの樹皮でつくる着物や、ガマの葉を編んでつくるござやかばん、でんぷんづくりに使った臼ときねなどを、日本語と英語の解説つきのパネルで新たに紹介。ギョウジャニンニクの葉や、ヤブマメなどアイヌ民族が食用に用いる植物もパネルで紹介している。荷負いひもや小刀、筋子をつぶす道具など生活用品を「暮らし」、捧酒箸や杯、宝刀など儀式に使う用品を「祈る」のコーナーにそれぞれまとめた。展示室は観覧料が必要。大人300円で、高校生以下と65歳以上、障がい者とその付添人は無料。問い合わせは博物館(0152・72・2160)へ。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

チセは、北海道や千島列島、樺太の先住民族であるアイヌの伝統的な住居建築である。 (チセ – Wikipedia)

関連サイト

美幌博物館 – 美幌町のホームページ

関連エントリ

チセ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年ローザンヌユースオリンピック

2020年ローザンヌユースオリンピック

関連記事

スケルトン競技日本代表に 2020/01/13掲載(網走市/スポーツ) スイスで開催・冬季ユース五輪 / スイス・ローザンヌで開催される第3回冬季ユースオリンピック2020男子スケルトン日本代表に、網走南ヶ丘高校の臼井貴将さん(2年)が選ばれた。同校での壮行会では、「メダルを持って帰れるよう頑張りたい」などと声を弾ませていた。
網走南ヶ丘高2年・臼井 貴将さん 長所のスタートダッシュで「メダル持ち帰りたい」 / ユース五輪は、14~18歳のユース世代を対象に4年に一度開催されるスポーツの祭典。臼井さんの出場する男子スケルトンのレースは、1月20日に行われる。スケルトンは、氷で造られたコースをそりで滑り降りタイムを競う。リュージュやボブスレーとは異なり、頭を前にして腹ばいになって乗る。ハンドルやブレーキはなく、スタートダッシュやコース取りなどが重要となる。臼井さんは大空町東藻琴出身で、スケルトンは中学時代から始めた。身長185㌢、体重85㌔で、長い手足など外国人選手にも引けを取らない体格が持ち味。「スタートダッシュが長所の一つです」(臼井さん)。今季、日本人選手のユース五輪出場枠は2人(男子スケルトン)。切符を手にするためには、予選となる8つの国際大会で高ポイントを得なければならない。予選大会の総合順位は4つの大会の合計ポイントで決まり、臼井さんは205ポイントで7位とベストテン入りし、同時にユース五輪切符を手にした。同校での壮行会では、臼井さんの所属する陸上部のメンバーら約50人から祝福と激励を受けた。陸上部主将で同じ東藻琴出身の古川周志さん(2年)は「メダルと一緒に帰ってきて」と声をかけると、互いに手を合わせて気持ちを通わせていた。臼井さんは「予選では転倒するなど失敗もあった。ユース五輪ではドイツやロシアなどの強豪選手にしっかり勝ち、メダルを持ち帰れるように頑張るので、応援よろしくお願いします」と、大舞台での活躍を誓った。(大) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

2020年ローザンヌユースオリンピックは、2020年1月9日から1月22日に開催予定の第3回冬季ユースオリンピックである。開催候補地は2014年12月5日に決定し、2015年7月31日にマレーシア・クアラルンプールで開かれたIOC総会で開催都市がスイスのローザンヌに決定した。 (2020年ローザンヌユースオリンピック – Wikipedia)

ユースオリンピック(Youth Olympic Games、YOG)は、14歳から18歳までを対象とした国際オリンピック委員会(IOC)が主催する世界的な総合スポーツ大会。夏季大会と冬季大会のそれぞれが4年に1度開催されるが、冬季大会の開催が閏年(西暦年が4の倍数)で夏季大会がその2年後と、一般世代のオリンピック大会とは逆順になっている。ユース五輪とも言われている(オリンピックと言う言葉が商標登録されており、放映権を持たない団体は五輪と読み替えた上、最小限の報道に留めている)。 (ユースオリンピック – Wikipedia)

関連サイト

第3回ユースオリンピック冬季競技大会(2020/ローザンヌ) – JOC

関連エントリ

ユースオリンピック の検索結 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市出身の漫画家 伊科田海

北海道北見市出身の漫画家 伊科田海

関連記事

なまら人気で単行本化 2019/12/24掲載(北見市/社会・話題)北見出身の漫画家・伊科田 海さん(25) / 北見市出身の漫画家、伊科田海(いかだ・かい)さん(25)がWebまんが「少年ジャンプ+」(集英社)で連載中の「道産子ギャルはなまらめんこい」が単行本化され、12月に発売された。北見を舞台にした高校生が繰り広げるラブコメディー。作中には市民に馴染み深い商業施設やイベントも登場するとあり、伊科田さんは「北見の人なら思わず笑みを浮かべてしまうような作品になったと思います。多くの人に手にしてもらえれば」と話す。 Webまんがで連載中「道産子ギャルはなまらめんこい」 “北見人”にはおなじみの施設・イベントも 「多くの人に手にしてもらえれば」 / 伊科田さんは高校まで北見で過ごし、現在は札幌で創作活動をしている。小さい時から絵を描くのが好きで、「明確なきっかけはないですが、ものすごく漠然と『自分は漫画家になるんだろうな』と思っていました」。2016年に「FALL OUT」で第1回「3誌合同新人まんが賞NEXT CHAMPION」の新人大賞を受賞。同年、週刊少年チャンピオンで「PSCHO LORD」を短期集中連載した後、17~18年にかけて「GREAT OLD~ドラゴンの創り方~」を連載し、単行本全3巻が刊行されている。「道産子ギャルなまらめんこい」は当初、読み切り作品だったが、好評だったことから今年9月に連載がスタートした。東京から転校してきた純朴な男子高校生が、積極的な地元の女子高校生に心惹かれていくストーリー。「見どころはタイトル通りですが、道産子ギャルのなまらめんこいところ!」と言い「北海道とギャルという組み合わせがあまりなく、新鮮な読み味になったと思います」と伊科田さん。青春時代を思い出しながら描いているという。また、北見および北海道ならではの施設や食べ物のほか、“北海道あるある”ネタが多数登場するのも見どころ。「キャラクターを通し、自分が感じている地元北海道の魅力を少しでも感じてもらい、一人でも多くの人が北見や北海道を訪れるきっかけになれば」と思いを語る。漫画家としての今後の目標は「生涯100冊の漫画を出版したいです」と意欲を語り、北見でのサイン会など「機会があれば、ファンや読者の方々に直接感謝を伝えていきたいです」と話している。単行本は全国の書店などで販売中。「少年ジャンプ+」の専用アプリまたはウェブサイトでは試し読みも可能。(理) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

少年ジャンプ+ のホームページ

関連エントリ

伊科田海 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町出身のイラストレーター Ai Terasaki 寺崎愛

北海道美幌町出身のイラストレーター Ai Terasaki 寺崎愛

関連記事

「せかいのトイレ」イラスト担当 2019/12/10掲載(美幌町/社会・文化)イラストレーター 美幌出身の寺崎 愛さん / 「扉がない」「魚が見える」 漫画やクイズで楽しく紹介 / 美幌町出身のイラストレーター、寺崎愛さん(39)=千葉県在住=が、11月に発行された児童書「たのしくて、う~んとタメになる!せかいのトイレ」(日本能率協会マネジメントセンター)のイラストを担当した。「せかいのトイレ」は、モデルで「定住旅行家」としても活動するERIKOさんの著作。テレビ構成作家で「トイレ博士」の佐藤満春さんが監修した。ERIKOさんらがアメリカ、ロシア、ネパール、ドイツなど世界14カ国のトイレを調べに行く内容で、「扉がないトイレ」「魚が見えるトイレ」「便座がないトイレ」など個性豊かなトイレが漫画やクイズ形式で楽しく紹介されている。寺崎さんは全編のイラストを担当。登場キャラクターは夫など周りの人をモデルにしたという。どうしたら飽きずに楽しんでもらえるか、ERIKOさんらと話し合いを重ねたそうで「クイズやあみだくじをたくさん考えるのが大変だった」と振り返る。北見柏陽高校を卒業し、武蔵野美術大学(東京)に進学。2007(平成19)年にイラストレーターの仕事を始めた。現在は「週刊プレイボーイ」(集英社)の「借金玉の今日はこれに頼りました」で挿し絵を担当している。著作は11の「釣りガール1年生」(アース・スターエンターテイメント)に続き2冊目。「2冊目なので落ち着いて作業ができた。ぜひ美幌の子ども達に読んでもらいたい。いずれは美幌にかかわる仕事ができたら」と話している。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連動画

<北海道でツーリング>GROMではないバイクで走る!(寺崎 愛)

関連サイト

Ai Terasaki 寺崎愛のホームページ

ちきゅうの暮らしかた / モデル・定住旅行家 Erikoのホームページ

佐藤満春のホームページ

関連エントリ

山ガール,森ガール,釣りガール「1年生」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

寺崎愛 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の広報紙「ほっかいどう」2019年12月号

logo_01.gif

logo_02.gif

北海道の広報紙「ほっかいどう」2019年12月号

広報紙「ほっかいどう」では、主要な道政課題や政策、道政の新しい動きなどを特集するとともに、道民生活に密着した生活情報、議会情報などを紹介します。令和元年度は5回、7・8・10・11・2月に発行します。

広報紙「ほっかいどう」2019年12月号 目次 【特集 みんなの応援で、北海道を元気に!】「ほっかいどう応援団会議」を立ち上げました。たくさんのエールを結集して、力強い北海道をつくっていきます。【みんなの赤れんが】犯罪被害に遭った方を支援しています。視覚障がい者向けに道政資料を送付します。北海道立文書館休館のお知らせ。みんなで暖まりながら、かしこく節電を!。鳥インフルエンザ対策。子どもを虐待から守るために。冬の交通安全運動。【まさかは必ずやってくる 防災ガイド】除雪中の事故を防ぎましょう。【いきいき地域から】オホーツク総合振興局(津別町「ノンノの森」で冬のアクティビティを楽しもう!)。釧路総合振興局(白銀の釧路湿原を疾走する「SL冬の湿原号」運行!)。【お知らせ道議会】令和元年第3回定例会(9/10~10/4)。【ほっかいどう未来への元気遺産!】北海道を元気にする、人・もの・アイデアを紹介します。スポーツの力で、楽しみながら除雪問題を解決したい(小樽市)。【知りたい!ふれたい!アイヌ文化】ムックリやトンコリは、どんな楽器?。 (広報紙「ほっかいどう」 | 北海道のホームページ)

関連サイト

北海道のホームページ | 北海道庁

関連エントリ

広報紙ほっかいどう の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る