日本中国文化交流協会 の検索結果: 15 件

日本の作曲家 團伊玖磨(Ikuma Dan)について

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

日本の作曲家 團伊玖磨(Ikuma Dan)について

関連記事

5月17日 忌日 / 2001年 團伊玖磨 (作曲家) <77歳>(5月17日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月17日 忌日 / 2001年 – 團伊玖磨、作曲家、エッセイスト(5月17日 – Wikipedia

團 伊玖磨(だん いくま Ikuma Dan、1924年4月7日 – 2001年5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。経歴 / 作曲家およびエッセイストとして / 1952年(昭和27年) – 北海道美幌農業高等学校校歌を作曲。1959年(昭和34年) – 皇太子明仁親王と正田美智子の成婚を記念して『祝典行進曲』を作曲。1964年(昭和39年) – 東京オリンピック開会式にて『オリンピック序曲』、『祝典行進曲』、閉会式にて『祝典行進曲』を演奏。エッセイ『パイプのけむり』の連載を雑誌「アサヒグラフ」にて始める。1966年(昭和41年) – 日本芸術院賞受賞。1973年(昭和48年) – 日本芸術院会員に就任する。1999年(平成11年) – 文化功労者に列せられる。2001年(平成13年)5月17日 – 日本中国文化交流協会主催の親善旅行で中国旅行中に心不全を起こし、江蘇省蘇州市の病院で死去した。77歳没。逸話 / 北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美(毎日放送の音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」)が鎌倉市に移住して、すぐ近所に住んでいた團に「美幌農業高校校歌」作曲を依頼した。その後、團は、東京で病に苦しんでいた武満徹(1953年「美幌町町歌」作曲)に自宅を提供して横須賀市に移住した。(團伊玖磨 – Wikipedia

img_history50_22.jpg

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

北海道美幌農業高等学校の校歌 ー 美幌高等学校の校歌

藁科雅美記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

Ikuma Dan の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 日本中国文化交流協会について

img_history50_22.jpg

2018 日本中国文化交流協会について

関連記事

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい JAPAN-CHINA CULTURAL EXCHANGE ASS.)は、日中友好7団体の一つで民間法人。経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423。役員 / 会長 黑井千次、副会長・理事長 池辺晋一郎。活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。日中友好議員連盟、日中経済協会、日中友好協会、日中協会、日本国際貿易促進協会、日中友好会館。(日本中国文化交流協会 – Wikipedia

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

栗原小巻 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

黑井千次 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の女優(舞台女優) 栗原小巻(Komaki Kurihara)について

800px-Its_all_about_love.jpg

日本の女優(舞台女優) 栗原小巻(Komaki Kurihara)について

関連記事

栗原 小巻(くりはら こまき Komaki Kurihara、1945年3月14日 – )は、日本の女優。人物・来歴 / 70年代に入ると舞台女優としての評価も高まり、多くの賞を受賞する。ロシア(旧ソ連)との繋がりも深く、1981年には日本で初めてソ連の演出家(A・エーフロス)を招いて行った舞台公演『櫻の園』に主演した。日ソ合作映画にも主演(『モスクワわが愛』(1974年)、『白夜の調べ』(1978年)、『未来への伝言』(1990年))。『未来への伝言』では企画も担当した。読書アンケートでも、愛読書の一つにレフ・トルストイ『戦争と平和』を挙げている。1991年の中国映画『乳泉村の子』(謝晋監督、中国題名『清涼寺鐘聲』)にも主演し、日本中国文化交流協会代表理事も務めるなど中国との繋がりも深い。クラシック・バレエを特技とし、映画の中でもその姿が見られる。また、ダークダックスと共にロシア・ソ連の歌を紹介するテレビ番組に出演したことがあり、ソロでLPレコードを発売したこともある。玄人受けする演技力と現代的美貌から熱狂的な男性ファンが多く、吉永小百合ファンが「サユリスト」と呼ばれたのに対し、栗原小巻ファンは「コマキスト」と呼ばれた(奇しくも吉永とは生年月日が1日違い)。アイドル的存在として人気を二分したが、中年以降、吉永が映画を主軸に据えているのに対し、栗原は舞台を主軸としている[1]。近年は舞台の衣装デザインも手がけている。(栗原小巻 ー-Wikipedia

Komaki Kurihara (栗原 小巻 Kurihara Komaki, born 14 March 1945) is a Japanese film actress. She has appeared in 30 films since 1967. She starred in the 1974 film Sandakan No. 8, which was entered into the 25th Berlin International Film Festival. In 1975 she was a member of the jury at the 9th Moscow International Film Festival. In 1981 she was a member of the jury at the 12th Moscow International Film Festival. (Komaki Kurihara – Wikipedia

関連サイト

img_history50_22.jpg

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

img_history50_10.jpg

團伊玖磨没後10年に寄せて(びほろのコマキスト) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

コマキスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

栗原小巻 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Komaki Kurihara の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 團伊玖磨 (2001年 5月17日)

330px-Ikuma_Dan_1952_Scan10013_2.JPG

日本の作曲家 團伊玖磨 (2001年 5月17日)
Japanese composer Dan Ikuma (May 17, 2001)

日本の作曲家 團伊玖磨 (2001年 5月17日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1973年1月11日 – 中華人民共和国に日本大使館が設立された。

314e251f95cad1c80eaac7e17d3e6709c83d51e6.jpg

225px-Cherry_Stella444.jpg

1973年1月11日 – 中華人民共和国に日本大使館が設立されました。
January 11, 1973 – Japan embassy was established in the People’s Republic of China.

1973年1月11日 – 中華人民共和国に日本大使館が設立された。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1972年9月29日、「日中国交正常化(日中共同声明)」(中日聯合聲明)

jp100.gif

cn100.gif

日中国交正常化

日中国交正常化は、日本と中国共産党率いる中華人民共和国とが国交を結ぶこととなった出来事である。1972年9月29日、中華人民共和国の北京で行われた「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式において、田中角栄、周恩来両首相が署名したことにより成立した。なお、日中共同声明に基づき、日本はそれまで国交のあった中華民国に断交を通告した。
ja.wikipedia.org/wiki/日中国交正常化

1972年9月29日、「日中国交正常化(日中共同声明)」(中日聯合聲明) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

慶祝 日本中国文化交流協会創立五十五周年

F1000002_2.JPG

F1000003.JPG

今日(10月18日)東京で、「日本中国文化交流協会」創立記念レセプションが開催される。写真は、「日中文化交流」(日本中国文化交流協会編集) 「人民中国」(中国にを知るための日本語総合月刊誌)。

日本中国文化交流協会からおくられてきた「御招待状」

当協会は本年、創立五十五周年を迎えました。つきましては、記念レセプションを左記により開催いたします。当日は五十五年を慶祝して来日される中国人民対外友好協会代表団と中国出版代表団が出席されます。万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますよう御案内申し上げます。2011年9月吉日 日本中国文化交流協会会長辻井喬

日本中国文化交流協会の公式ホームページ http://www.nicchubunka1956.jp

慶祝 日本中国文化交流協会創立五十五周年 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

文化講演会「老い進む今日 / 黑井千次」(日中文化交流協会)

400px-Suzhou_Downtown.jpg

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

1956年3月23日に東京で設立された日本中国文化交流協会(会長、辻井喬)から、文化講演会(日中文化交流協会創立55周年記念事業)などの案内が送られてきました。

文化講演会「老い進む今日 / 黑井千次」(日中文化交流協会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

團伊玖磨没後10年に寄せて(びほろのコマキスト)

f24bca8084f75602f0f873ba09a761ce.jpg

img_history50_11_2.jpg

img_history50_10.jpg

img_history50_07.jpg

img_history60_01.jpg

今日(5月17日)は、美幌農業高等学校(北海道美幌高等学校)校歌を作曲された團伊玖磨さんの命日。 2001年(平成13年)5月17日、團伊玖磨さんは日本中国文化交流協会主催の親善旅行で中国旅行中、心不全のため蘇州市の病院で逝去。

写真: パイプのけむり(煙斗随筆) 團伊玖磨(日本中国文化交流協会会長) 栗原小巻(日本中国文化交流協会代表理事)、江主席夫妻(1998年 日本訪問) 江沢民国家主席北海道訪問(以徳為鄰 / 徳をもって鄰と為す)

團伊玖磨さんのニュース(Google) 團伊玖磨さんに関するブログ(Google

團伊玖磨没後10年に寄せて(びほろのコマキスト) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2010 母の日に、山口淑子(母の歌)と私のお母さん

1209969133.jpg

今日(5月の第2日曜日)は、日頃の母の苦労をいたわり、母への感謝を表す「母の日」記念日。山口淑子(日本の国際的な歌手、女優、歌のお母さん)と、加藤キミ(美幌、私のお母さん)にカーネーションをプレゼントします。

2010 母の日に、山口淑子(母の歌)と私のお母さん の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る