北見市 カテゴリのアーカイブ

オホーツク・オーチャード株式会社 篠根果樹園 (北海道北見市)

225px-Carl_Larsson_Brita_as_Iduna.jpg

オホーツク・オーチャード株式会社 篠根果樹園 (北海道北見市)

関連記事

北見産「あかね」でりんごジャム 2019/03/23掲載(北見市/社会・話題)
オホーツク・オーチャードが開発 / 北見市昭和で果樹園を営むオホーツク・オーチャード(株)(篠根克典社長)が北見産りんご「あかね」を原料にしたコンフィチュール(ジャム)の新商品を完成させた。19日に北見市役所で報告会が開かれた。 市内の農協や研究機関などでつくる市地場産品高付加価値化推進委員会の助成金を活用して開発した。 あかねは小ぶりで酸味の強さが特徴。報告会ではジャムを載せたアイスクリームやヨーグルトなどが用意され、辻直孝市長らが試食した。 篠根社長は「甘さを抑え、あかねのきれいな赤色を生かすことができた」と話していた。一びん150グラム入りで760円(税込み)。同社の直売所で4月6日に発売する。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ジャム (英: jam) は、砂糖が水分を抱え込んでその腐敗を遅らせるという性質を利用し、フルーツの果実や果汁に重量比10%から同量程度の砂糖や蜂蜜を加えて加熱濃縮し保存可能にした食品で、スプレッド類の1つである。コンフィチュール (仏: confiture)やコンフィテューレ(独: Konfitüre)ともいう。 (ジャム – Wikipedia)

関連サイト

北海道北見市のりんご果樹園/篠根果樹園のホームページ

関連エントリ

篠根果樹園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

篠根克典 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Katsunori Shinone の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見工業大学のインターナショナル冬コンサート (北海道北見市)

399px-Snowman-20100106.jpg

800px-Its_all_about_love.jpg

北見工業大学のインターナショナル冬コンサート (北海道北見市)

関連記事

インターナショナル冬コンサート 2019/03/22掲載(北見市/社会・行事)
北見工大で留学生ら熱演 中国、韓国、台湾、日本…
北見工業大学のインターナショナル冬コンサートが同大で開かれ、教職員と学生、留学生が自慢の歌や楽器演奏、ダンスで交流した。 尺八、琴の和楽器を含む教員音楽クラブ・インピダンスの演奏に始まり、アニメが好き過ぎて来日したデュオ、大学院生のストリートダンス、アコギ名演奏と多彩なプログラム。 短期留学を終え、まもなく台湾に帰る留学生は感謝の気持ちを込めて「マイスイートメモリー」を熱唱した。ラストは、夢と友好をテーマに作成したオリジナル曲を日本の学生と留学生がデュエットし盛り上がった。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

chour20180130

国際交流センター | 北見工業大学

関連エントリ

インターナショナルCアワー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の洋画家 岸本裕躬 (北海道美幌町 美幌博物館の企画展)

1200px-Nara_Park01bns3200.jpg

日本の洋画家 岸本裕躬 (北海道美幌町 美幌博物館の企画展)

関連記事

23日から美幌博物館で企画展 2019/03/18掲載(美幌町/告知) 美幌ゆかりの洋画家・岸本裕躬さんの作品紹介 / 講演会や体験会なども / 少年期を美幌町で過ごした洋画家、岸本裕躬さんの作品を紹介する企画展「絵を描く心」が23日(土)から美幌博物館で開かれる。 岸本さんは1937年、常呂郡野付牛(現北見市)出身。札幌を拠点に全道展や行動展などの公募展に出展し、道内の美術を先導した。2011年に亡くなった。 人々の日常や家族を題材にし、晩年は自然の神秘を題材に大胆な構図と強烈な色彩感覚で多くの作品を描いた。本人の書簡によると、自然を描く際の原風景は、少年期を過ごした美幌町だという。 美幌博物館は岸本さんの作品11点を収蔵。「理容室(2)」「亡き父の像」の2点を常設展示している。 美幌にゆかりのある作家の作品を通じて美術に親しんでほしいと企画展を開く。美術分野の企画展は、16年の「家族のじかん」以来2年ぶり。 10月20日までの開催期間を前後期に分け、収蔵作品に加え、深川市のアートホール東洲館の協力で一部を入れ替えながら15点ずつを展示する。鑑賞の際のヒントになるパネルなども設ける。 企画展を担当する学芸員は「岸本さんの作品を通じ、家族の結びつきや、自然への思いを感じてもらいたい」と話している。 企画展のみの観覧は無料。期間中は講演会や体験会なども計画している。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

企画展「絵を描く心~岸本裕躬作品より」 | 美幌町

関連エントリ

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

岸本裕躬 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hiromi Kishimoto の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市のアマチュア音楽家 国井よしのり

400px-Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

北海道北見市のアマチュア音楽家 国井よしのり

関連記事

1年ぶりの新曲 2019/03/12掲載(北見市/文化)
北見・国井よしのりさん 「わが故郷の『寿毛無ヒストリー』」 / 「ヒップホップに初挑戦」 ラップも加え斬新な構成に / 北見市のアマチュア音楽家・国井よしのりさん(73)が1年ぶりに新曲を発表した。長年、作詞・作曲活動に携わるなかで「今回初めてヒップホップに挑戦しました」。さらにはラップ(語り)も加え、斬新な構成となっている。 タイトルは「わが故郷の『寿毛無ヒストリー』」。「寿限無、寿限無…」とラップ調にテンポのよい古典落語を文字った。「祖父、父親、孫の私と間違いなく“寿毛無”を引き継いでいる」と自虐的に笑う。 国井さんは北見市留辺蘂町平里の農家出身。温根湯温泉から石北峠に向かい、左手の丘を越えた沢沿いに畑と家があった。祖父・民蔵さんはかつて「大正13年、新潟県から平里の無加川沿いに入った。たびたび大水で畑を流され、二十数年頑張ったが水害には勝てず、泣く泣く山奥に大家族で移住した」と語っていたそう。 祖父の元気だったころの思いを詩として書き留めていた国井さん。昨年、音楽好きの国井さんの子ども達とともにヒップホップやラップの音楽談義で盛り上がり「それなら」と創作を試みた。 過酷な開拓生活の中にも、楽しい笑いがあった幼少期の思い出をメーンに、サビは「YaYaYa…人間一人じゃ生きられぬ」「FuWuWu…人生笑って歩こうよ」とラップを取り入れた。「開拓精神(ごころ)は今でも忘れない」と結ぶ。 演歌の「国道39号線」「男の流氷」「魚無川」も創作し、Web版「経済の伝書鳩」DMC(デンショバト・ミュージック・クリップ)に同時にアップした。QRコードからもアクセス可能。誰でも視聴できる。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

【DMC】デンショバト・ミュージック・クリップ ー 経済の伝書鳩

関連エントリ

国井よしのり の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

私の宝物 木製のSLづくり (北海道北見市)

399px-Snowman-20100106.jpg

私の宝物 木製のSLづくり (北海道北見市)

関連記事

私の宝物 2019/03/12掲載(北見市/社会・本紙連載) 北見の男性(69) / 北見市の男性(69)は、職人の技と魂を込めて木製のSLづくりに手間と時間を注ぎ込んでいる。半年で1台しか作ることのできない本物そっくりの機関車。今、手元にある2台が男性の宝物だ。 木のSL、職人の技と魂を込め どこまでも本物そっくりに 「嫁に出すなら…」大切にしてくれる方に / 機関車は長さ1メートルほど。D51とC62の特急燕(つばめ)が並んでいる。種類の異なる木を使い、色と質感を出している。車輪やピストン、パイプ類などそれぞれ部品は別個に作って組み立ててある。板バネ、ブレーキなど見えないところの部品も本物そっくりに作ってある。 車輪ひとつをとっても、いくつもの部品からできている。客車も1両ついている。外観だけでなく、中の椅子や肘掛など一つひとつ丁寧に作られていて、椅子の背もたれのマットも木で作ってある。中をのぞくと、SLが活躍していた昭和の時代を感じさせる。 男性の工房「殊刃里」は、自宅から25キロ離れた置戸町秋田の旧・秋田小学校校舎。男性の母校でもある。教室の一つを町から借りて月に20日間、通って制作を続けている。 男性は民芸品の木彫り職人だった。30代で独立してから、「自分にしかできないものづくり」にこだわって仕事をし続けた。58歳で引退した後、2年間、北見市留辺蘂の果夢林の館で木工の指導員をしたこともある。 「今は趣味で作っています。機関車を作ってみたくて始めたら、素晴らしさに魅了されました。手間と労力を惜しまずにどこまでも本物に近づけたい」と男性。実物を見てスケッチをしたり、寸法を測ったり、制作前の準備にも相当の時間をかける。 「商品としてつくると採算を頭に入れなければなりません。でも、今はそれを無視して手間も時間も注ぎたいだけ注ぎます」と本物へのこだわりをのぞかせる。「もし、嫁に出すとしたら大切にしてくれる方に…」。男性にとって機関車は娘と同じ存在だ。(粟)
掲載画像 / 本物そっくりの木製SL / C62のプレートの文字は一つひとつ作っている / 動輪は実際に回る。レールにピッタリあわせないとスムーズに回らない / 枕木、レール、いぬくぎも本物そっくり / 客車も木製 / 客車の椅子も本物そっくり (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

私の宝物 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第3回 全日本ジュニアスキー技術選手権大会 (北海道チャンピオン)

300px-Pske.jpg

第3回 全日本ジュニアスキー技術選手権大会 (北海道チャンピオン)

関連記事

スキーのジュニア技術選手権で全道優勝 2019/03/14掲載(北見市・美幌町/スポーツ・教育) 北見スキー学校・女子生徒 / 北見スキー学校でスキーを習う、美幌中学校3年女子生徒が、スキーのジュニア技術選手権中学女子の部で全道チャンピオンになった。管内勢の全道優勝は男女を通じて初めて。 管内では初の快挙、全国の大舞台に挑む / 北海道スキー連盟主催の第8回北海道ジュニアスキー技術選手権決勝大会は2、3日、旭川市カムイスキーリンクスで開かれ、道内各地区予選を勝ち上がった小学生~高校生が出場。小回り、大回り、総合滑降の3種目で滑走やターンの技術を審査により競った。 女子生徒は中学生になると、北見若松市民スキー場に父と夜間、通い始める。しだいに腕を上げ、昨年1級に合格。今季はスキー学校の中でも最も難しく、レベルの高い「スーパーシロクマコース」に上がった。 スーパーシロクマコースは、上のクラスをめざす1級合格者や技術選手権で上位を狙う選手達が所属。スキー学校の教官は一般の技術選手権に出場するバリバリの現役選手が務め、女子生徒はメキメキと力をつけていった。先生が不在のときは父親が一緒に滑ったり、滑る様子をビデオに録画したり応援。「うまく滑れたときはビデオを見るのが楽しみで」と二人三脚、おやこ鷹で実力をつけていった。 全道大会中学女子の部は各地区代表49人が出場。女子生徒は3種目のうち得意な大回りと総合滑降で最高得点をマーク、小回りは3位だったが合計で石狩市の選手を1ポイント上回り764点で全道金メダルに輝いた。 スキー学校の指導者は「力強いエッジングが女子生徒の持ち味」と高く評価し、女子生徒は「メリハリを考えて滑ったのが良かった」。 全国大会は今月22日から後志管内ルスツリゾートスキー場で開催。不整地小回り、旗門競技種目が加わり難関だが、女子生徒は中学最後の大会を思い切り楽しみたい考え。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

全日本スキー技術選手権大会(ぜんにほんスキーぎじゅつせんしゅけんたいかい)は全日本スキー連盟(SAJ)が運営する、スキーの総合技術を競う大会である。技術選と略称されることがある。 (全日本スキー技術選手権大会 – Wikipedia)

関連サイト

第8回 北海道ジュニアスキー技術選手権決勝大会 競技結果 – 北海道スキー連盟

第3回全日本ジュニアスキー技術選手権大会 – 北海道スキー連盟

SAJ公認 北見スキー学校

関連エントリ

市橋優音 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

懲戒処分 (北海道北見市)

450px-Walk_under_the_cherry_tree_Muko-River__DSCF0228.JPG

懲戒処分 (北海道北見市)

関連記事

北見市、職員2人を懲戒処分 2019/03/02掲載(北見市/社会) 男性課長を減給10%1カ月、女性係員を停職1カ月に
北見市は職員2人に市民への信頼を失墜する行為があったとして2月28日、市立中央図書館長を務める男性課長(51)を減給10%1カ月、子ども総合支援センターに勤務する女性係員(21)を停職1カ月の懲戒処分にした。 市によると、男性課長は上司への届け出を行わずに休暇取得を20回繰り返し、勤務したと虚偽の報告を行った。市は勤務したとして支払った給与の返還を求める。 女性係員は第三者を装って自身と職場の同僚に誹謗中傷の手紙などを繰り返し送った。また、自作自演行為であることが判明する前には、警察にも虚偽の説明を繰り返したという。(匡) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市立中央図書館ホームページ

子ども総合支援センター きらり | 北見市ホームページ

北見市職員の分限及び懲戒に関する条例

自分中傷で市職員停職1か月 | NHK 北海道のニュース

関連エントリ

懲戒処分 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドナー登録 骨髄バンク (北海道北見市)

561px-Rose-kanon.jpg

ドナー登録 骨髄バンク (北海道北見市)

関連記事

骨髄バンクへの関心高まる 2019/03/02掲載(その他/社会) 競泳・池江璃花子選手の白血病公表を受け / 競泳の池江璃花子選手の白血病公表を受け、骨髄バンクへの関心が高まっている。ドナー登録の受付窓口となっている保健所や民間の推進団体は、あらためて提供希望者が増えることを願っている。
提供希望者増に期待… 道骨髄バンク推進協会北見支部 「多くの方に意識もってもらえたら」 / 日本では毎年新たに約1万人が白血病などの血液疾患を発症する。一方で骨髄移植に必要な白血球の型の適合は数万人に1人とされ、提供希望者の増加が大きな柱となっている。 北海道骨髄バンク推進協会北見支部は平成6年に、市内の主婦ら3人が立ち上げた民間のボランティア組織。 骨髄バンクの必要性を訴える啓発パネル展や闘病者による講演会、移動登録会などを開催し、ドナー登録推進の啓蒙活動に努めている。また、提供希望者が旭川や札幌などまで足を運ばなくても、北見で検査の一部が可能になることの下支えに尽力。同支部の支部長は「設立当時とは違って今は、最終同意を担当するコーディネーターの役割の医師が北見の血液内科にいらっしゃるので心強い。献血車でも登録できますし、ぜひ多くの方に意識をもってもらえたら」と呼び掛ける。問い合わせは同支部(0157・68・1001)。
北見保健所への問い合わせも増えている。受付窓口横にパンフレットを置き、周知に努めている。同保健所(0157・24・4173)へ。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

骨髄バンクにご登録ください! | 北見保健所ホームページ

北見保健所ホームページ

北海道骨髄バンク推進協会公式WEBサイト

日本骨髄バンク | 全国のボランティア団体 – 北海道

関連エントリ

だれかのために ドナーの登録。(骨髄バンク) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の女子競泳選手 池江璃花子 (白血病) – 美幌音楽人 加藤雅夫

骨髄バンク の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ひとりことコンサート お雛祭りスペシャルバージョン (北海道北見市)

250px-Tufted_Puffin_Alaska_(cropped)

ひとりことコンサート お雛祭りスペシャルバージョン (北海道北見市)

関連記事

赤坂彩子さん「ひとりことコンサート」 2019/02/28掲載(北見市/告知) 北網圏文センギャラリーで / 3月2日 / 北見の箏奏者・赤坂彩子さんの「ひとりことコンサート お雛祭りスペシャルバージョン」が3月2日(土)午前11時から、北網圏北見文化センターラウンジギャラリーで行われる。 「春の海」をはじめ、「雪の華」や「エトピリカ」などを演奏する。尺八の原美夕山さんらをゲストに迎える。入場無料。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北網圏北見文化センター

関連エントリ

原夕子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

赤坂彩子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見赤十字病院の がんサロン (北海道北見市)

2009.2.1.jpg

北見赤十字病院の がんサロン (北海道北見市)

関連記事

がんサロン開設10周年 2019/02/25掲載(北見市/社会・告知) 北見赤十字病院 / 語って聴いて…独りじゃない 患者・家族の心の癒しに / 北見赤十字病院が、がん患者と家族の交流を目的に毎月1回、院内に設ける「がんサロン」が開設10周年を迎えた。がんと診断され大きなストレスを抱える患者とその家族が、同じ経験を持つ人同士で語り合い、悩みに耳を傾けてきた。27日に10周年記念の市民公開講座を開催する。 2009年2月18日、第1回北見赤十字病院がんサロンには、患者と家族合わせて40人が足を運んだ。当時、札幌に次ぐ道内さきがけのサロン開設だった。 看護師やソーシャルワーカーが医療相談室やがん相談支援センターを通じて各種相談を受ける一方、がんサロンは、これらとは別に、患者や家族で成り立っている。毎月第3水曜日午後2時~4時、現在は本館3階特別会議室で開催。闘病中に感じたことや悩みなど同じ経験を持つ人だからこそ分かり合えて、大きな力となってきた。 開設から携わり、毎回のサロンを見守ってきた同病院のソーシャルワーカーの男性は「孤立感を抱く患者さんや家族の方は多い。病気のことだけではなく、畑仕事だったり、今晩の献立のことだったり、何気ない日常会話が少なからず気分転換になっているようです」と振り返る。 毎回発行する、がんサロン「ほほえみ通信」は118号を数え、10年の歩みを積み重ねる。 公開講座に向けて、司会役を務める男性は「同じ病気や経験をした人の話を聞くことで『自分ひとりじゃない』と孤独感が和らぎ、気持ちが少し楽になると思います。今回は皆さんに聴いてもらうだけなので、人前でしゃべりたくないという方も来やすいのでは」と参加を誘う。話す立場としても、話を聴いてもらえると気持ちが楽になることもあり「経験や悩みを共有していただけたら」と来場を呼び掛けている。(寒)
27日・北見赤十字病院で記念講演 / がん患者と家族「体験の語りと傾聴が持つ力」 / 北見赤十字病院の市民公開講座、がんサロン開設10周年記念講演「がんについて考える」が27日(水)午後6時~7時、同病院北館1階多目的ホール・ミントで開かれる。参加無料、申し込み不要で誰でも参加できる。?テーマは、がんと診断され、がんとともに生きる患者と家族による「体験の語りと傾聴が持つ力」。乳がん患者、精巣がん患者、肺がん患者家族らが語る言葉に耳を傾ける。司会は医療ソーシャルワーカーで同病院保健福祉係長の男性ん。 上靴・スリッパなどを持参するとよい。 問い合わせは同病院がん対策推進室(0157・24・3115内線2209)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

がん勉強会等のご案内 – 北見赤十字病院ホームページ

がん診療案内 – 北見赤十字病院ホームページ

関連エントリ

乳がん闘病記「4分の3の乳房」(北見市、佐藤りかこ)発行 – 美幌音楽人 加藤雅夫

がんサロン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見赤十字病院 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る