北見市 カテゴリのアーカイブ

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 子ども支援食堂 (北の大地)

関連記事

「子ども支援食堂」オープン 北見市幸町に / 安心して楽しく過ごせる / 小中学生を主な対象にした子ども食堂が北見市幸町1の「お食事処てんてこまい」(幸ビル2階)にオープンした。未就学の妹、弟や高校生の姉、兄も利用ができる。安心して楽しく過ごせる子ども達の新しい居場所になりそうだ。子ども食堂の名称は「子ども支援食堂」。社会福祉法人・北の大地が地域貢献活動の一環として開店した。月曜と金曜の週2回、いずれも午後5時半から6時半まで営業する。食事の代金は1食100円。同法人では「まず、子ども達の居場所をつくり、将来的には開店時間や学習支援など、子どものニーズに合わせて検討したい」と、従来の子ども食堂にとらわれず、地域に合った居場所づくりを目指す。問い合わせは、同法人(TEL 0157-23-1867)へ。 (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

社会福祉法人 北の大地ホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

支援食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

北海道北見市内の 高齢者・こども地域食堂 (きたほっと)

関連記事

対象に子ども加えリニューアル 北見市新生町の地域食堂「きたほっと」 / ボランティアの運営により毎月2回、高齢者に格安でランチを提供する北見市新生町の地域食堂「きたほっと」が、利用対象に子どもを加えリニューアルオープンした。新名称は「高齢者・こども地域食堂きたほっと」。営業は従来通り第2土曜と第4火曜の午前10時~午後1時で、広く利用を呼び掛ける。従来通り高齢者も格安ランチ…交流の場にも 営業時間は変わらず、広く利用呼び掛け / きたほっとは、お年寄りやその家族の相談を受け専門機関につなぐ組織「北見高齢者110番の家」の拠点施設として、2012年3月にオープンした。誰でも気軽に立ち寄れることをコンセプトに毎月2回、ボランティアの運営によりランチを200円程度で提供。食事や会話を楽しみながら、困り事や心配事を打ち明けられる場となっている。これまで子ども連れの家族の利用があったが、孤食でさびしい思いをしている子どもも利用できる場にしたいと利用対象の拡大を明確にし、リニューアルした。北見高齢者110番の家は4月、認知症による徘徊(はいかい)などの行方不明者を捜索する組織「行方不明から安全に戻れる事を願う会」と合併。新組織「北見高齢者・こども110番の家」(中崎孝俊会長)となっており、きたほっとを行方不明者の捜索拠点としても活用する。リニューアル後、初の営業となった11日にオープニングセレモニーが行われた(写真)。福祉関係者や地域住民ら約50人が出席し、中崎会長が「子どもと高齢者が生き生き活動する場所になるよう、ご支援、ご協力をお願いします」と呼び掛けた。きたほっとの問い合わせは、デイサービスエーデルワイス5号館(TEL 0157-33-5671)へ。 (匡) (2018年8月20日の記事 経済の伝書鳩)

子ども食堂(こどもしょくどう、こども食堂、子供食堂)は、子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。 (子ども食堂 – Wikipedia)

関連サイト

高齢者・こども地域食堂 きたほっとホームページ

北見高齢者・こども110番の家 きたほっとホームページ

子ども食堂の活動に関する福祉部局との連携について(通知) : 文部科学省

関連エントリ

きたほっと の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

地域食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

子ども食堂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

タイムカプセルの開封セレモニー (北見市 東相内小学校)

330px-Bright_red_tomato_and_cross_section02.jpg

タイムカプセルの開封セレモニー (北見市 東相内小学校)

関連記事

22年前のタイムカプセルを開封 東相内地域町民夏まつりで / 懐かしい品々との再会喜ぶ 将来の自分に宛てた寄せ書き、手紙 / 北見市の東相内地域町民夏まつり(東相内連合町内会主催)が5日、東相内小学校グラウンドで開かれた。この日はもちまきや盆踊りのほか22年前に埋設したタイムカプセルの開封セレモニーが行われ、住民は懐かしい品々との再会を喜んだ。このタイムカプセルは平成8年8月16日、旧北見市の開基100年を記念して開かれた東相内夏祭りフェスティバルの際、同校の敷地内に埋設された。当時、中心となったのは地域まちづくり組織の「トマトの会」。子どもや住民が持ち寄った品々を500リットルのFRPタンクに入れて埋めた。開封するのは同校が開校100周年を迎える平成30年。この日、タンクはユニック車で埋設場所からグラウンドに運ばれ、地域住民が見守る中で開封。当時の雑誌や新聞、写真、各種資料をはじめ子ども達が22年後の自分へ宛てた寄せ書きや手紙などが次々と出てきた。中には色落ちした写真もあったが、ほとんどの資料が良好な状態で保存されていた。会場には当時小学生だった住民やその家族もいて「あった、あった」「こんなことを書いていたんだ」と目を輝かせていた。(柏) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

「感無量。皆の笑顔が一番」 トマトの会・会長 / 人・ひと・240度 / 22年前のタイムカプセル埋設時にも中心的な役割を果たしたのが、トマトの会の現会長(68)。開封の前日にはタンク周囲の土を取り除き、準備を整えた。「もう22年ですか。月日の経つのは早いものですね。当時の小学6年生はもう30歳。私も40代でした。トマトの会の顧問を務めていただいた故・沢合正行氏をはじめこの間に亡くなった人も少なくありません」と感慨深げだ。開封式では、固く接着されたふたをこじあけ、出品者やその家族に手渡した。「開封前は無事に保存されているか心配でしたが、ほとんどそのまま残っていて感無量の思い。そして皆さんが笑顔で喜んでくれたのが一番です」と話していた。タイムカプセルの中身は出品者の了承を得て今後、小学校や住民センターに展示する考え。(柏) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト  

北見市立東相内小学校開校100周年記念事業 | 北見市

関連エントリ

東相内小学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

タイムカプセル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 日本カトリック平和旬間 (北見藤女子高等学校 生徒)

Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

Origami_2.jpg

2018年 日本カトリック平和旬間 (北見藤女子高等学校 生徒)

関連記事

平和の祈りこめて折り鶴つなぐ 北見藤女子高の生徒6人 / 教会でボランティアに参加 / 北見藤女子高校の2、3年生6人が6日、カトリック北見教会で行われた折り鶴を束ねるボランティアに参加した。生徒達は平和への祈りを込め、鶴を糸でつないだ。日本のカトリック教会は毎年8月6日から15日までを「平和旬間(じゅんかん)」に制定。北見教会は同旬間に合わせて毎年、平和祈願ミサで平和の折鶴奉納を行うカトリック札幌教区に千羽鶴を送っている。同校では昨年から希望者を募り、北見教会で鶴に糸を通すボランティアに参加。今年は職員室前の「折り鶴ボックス」に集まった643羽と教会に届いた折り鶴を、信徒9人とともにつなげた。手分けして40羽ずつを糸に通し、色鮮やかな千羽鶴2束を完成させた。参加した3年生は「(折り鶴とともに)平和への思いが届いてほしい」と話していた。千羽鶴は札幌でのミサ後、広島、長崎、沖縄のいずれかの場所に送られる。(菊) (2018年8月9日の記事 経済の伝書鳩)

494px-Grus_canadensis8.jpg

800px-Smallcrane.jpg

関連サイト

カトリック札幌教区 – カトリック札幌司教区

関連エントリ

北見藤女子高等学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

カトリック北見教会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

平和旬間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

今日のありがとう (北見市 高貴高齢者)

448px-Noah_mosaic.jpg

今日のありがとう (北見市 高貴高齢者)

関連記事

今日のありがとう バス券届けてくれて / 2日の昼頃、北見市内の自宅に帰るバスに乗ろうとしたところ、バスの乗降証を落としたことに気付きました。申請し直そうと市役所に行くと、私の乗車証を拾った方がいることが分かりました。どうやら朝にイオン北見店前のバス停で降りた時に乗降証を落としたらしく、男性の方が届けてくれたとのことでした。紙面を借りてお礼申し上げます。本当に助かりました。ありがとうございます。(西富町の85歳) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

バス乗車証 | 北見市

北見市高齢者・障がい者に対するバス料金助成制度について | 北見市

関連エントリ

今日のありがとう の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高貴高齢者 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ちょっと・いい話 工事現場のアイドル犬「もんじろう」

800px-Aibo_img_0807.jpg

Ginza_Sony_building.jpg

ちょっと・いい話 工事現場のアイドル犬「もんじろう」

関連記事

ちょっと・いい話 北見 作業員にモテモテ 工事現場のアイドル犬 / 女性宅の「もんじろう」 作業の安全見守って / 「工事現場のアイドル」として愛されている犬がいる-。北見市内の女性が飼っている黒パグの「もんじろう」(10歳・オス)だ。近所で工事を行う作業員から、おやつをもらうなど、かわいがられている。女性宅前で6月から道路の舗装工事が始まった。もんじろうと散歩に出た際、パグを飼っているという作業員から声を掛けられたのをきっかけに、仲良くなったそう。今では毎日現場に顔を出し、休憩中の作業員の後を追うほど懐いている。もんじろうのためにと、おやつを持参してくる作業員もいて「人懐っこいところが、かわいいんだ」と目を細める。休憩が終わると、もんじろうは少し離れた場所で作業を見守り、重機の音を子守歌に眠りにつく。そんな愛らしい姿に近所の人も「安全祈願のマスコットみたいだね」と優しいまなざしを向ける。工期は8月いっぱいの予定。女性は「皆さんにかわいがってもらっているので、工事の終了が今から寂しいです。工事が安全に終わるよう、もんじろうと一緒に見守っていきたいです」と話している。(理) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

パグ(Pug)は、犬の種類(犬種)の一つ。短鼻の小型犬。短毛でダブルコート、垂れ耳、巻き尾。毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。フォーンのパグは背中に沿って黒のトレースがある。その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。 (パグ – Wikipedia)

関連サイト

アイドル犬 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

もんじろう の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

関連記事

11日・映画上映会とトークショー 自立生活センター北見11周年記念 / 障がい者の日常生活を伝えるドキュメンタリー映画「風は生きよという」上映会と同映画の監督や出演者によるトークショーが11日(土)午後1時半から、サントライ北見で行われる。入場無料。事前申し込み不要で当日直接会場へ。自立生活をあきらめることなく、障がいのある人が自ら代表となって介護サービス事業の担い手となる民間の「自立生活センター北見」11周年記念事業として行われる。映画は病気などにより人工呼吸器を使用して生活する人と周囲の人々との日常生活を切り取っている。同センター北見代表の男性も出演している。上映後、監督の宍戸大裕氏や出演者を招いてのトークショーが行われる。問い合わせは同センター北見(TEL 0157-36-8755)へ。 (2018年8月7日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

サントライ北見のホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見市

【上映会】8月11日(土)北海道北見市 | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

トップページ | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

自立生活センター北見のホームページ

関連エントリ

風は生きよという の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自立生活センター北見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ジュンフィットネススタジオ (酒井じゅん)

1209969133.jpg

387px-Isadora_Duncan.jpg

ジュンフィットネススタジオ (酒井じゅん)

関連記事

11日・ダンスコンサート ジュン・フィットネススタジオが 北見芸文ホールで / メンバーとプロダンサーが競演 / ジュン・フィットネススタジオ(北見市中ノ島町)の「ダンスコンサート」が11日(土)午後1時半から、北見芸術文化ホールで開かれます。スタジオメンバーにプロダンサーらが加わり、バレエとジャズダンスの2部構成。第1部は「愛の挨拶」をテーマにスタジオ講師の女性が振り付けを担当。リトルクラス、ミドルクラスの幼児や小学生をはじめスタジオ出身で日本女子体育大学舞踊科に進んだ阿部朱里さんらが「真夏の夜の夢」「眠れる森の美女第一幕より」などを演じます。第2部はスタジオの女性の構成で15幕をいっきに上演。スタジオ出身のChika(チカ)さんが振り付けしたスペシャル企画や、同じくスタジオ出身の矢萩もえみさんを交えての今年のジャズダンスナウ札幌公演参加曲など見どころが多い。主宰する酒井じゅんさんは「普段は各分野で活躍しながら、故郷の舞台に駆けつけ、それぞれ個性あふれる作品を踊ってくれます。スタジオメンバーへの応援としても頼もしく、花を添えてくれます」と話しています。入場料は1人1500円(3歳未満は入場不可)。未就学児(3歳以上)とおとなの親子ペア席は2千円。同スタジオ(TEL 0157-31-1130)で扱うほか当日券も用意。 (2018年8月2日の記事 経済の伝書鳩)

ダンスコンサート開く ジュン・フィットネススタジオ / スタジオメンバーがバレエとジャズダンス / 北見のジュン・フィットネススタジオのダンスコンサートが11日、北見芸術文化ホールで開かれた。バレエとジャズダンスの2部構成。リトルクラスから大人のクラスまで多彩に、踊る楽しさを表現した。クラシック曲や最近の話題曲に乗せた踊りに照明の演出が加わり、会場が一体感。初舞台の幼児達に大きな拍手が送られた。またスタジオ出身のプロダンサー、Chikaさんが振り付けしたワイルドな曲やジャズダンス札幌公演の参加作品が観客の目を引き付けた。 (2018年8月16日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北見芸術文化ホールのホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見芸術文化ホール

ジュンフィットネススタジオのホームページ

ジュン・フィットネススタジオ (酒井じゅん)

ジュン・フィットネス・スタジオのブログ

関連エントリ

ジュンフィットネススタジオ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

酒井じゅん の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシア サハリン州 ポロナイスク市の青少年訪問団 (北海道 北見市)

375px-Jupiter_bayan_accordion.JPG

ロシア サハリン州 ポロナイスク市の青少年訪問団 (北海道 北見市)

関連記事

北見市役所を表敬訪問 ロシア・ポロナイスク市の青少年訪問団 / 北見市の友好都市のロシア・サハリン州ポロナイスク市の青少年訪問団8人が2日、市役所を表敬訪問した。表敬訪問したのは第20回青少年サハリン・北海道「体験・友情」の翼で北海道を訪れているロシアの青少年約40人のうち、ポ市の8人。14歳から16歳の中学生。男子5人と女子2人に団長のバルズール・ナターリアさん(56)が引率している。市役所では渡部眞一副市長が一行を迎えた。ナターリアさんは「友好の発展が長く続きますように」と挨拶。渡部副市長は「楽しい思い出話をたくさん持ち帰ってください」と話していた。子ども達はホームステイで4日まで北見に滞在。この日は、北光中学校の生徒と合唱で交流したり、山の水族館などの施設を見学した。(粟) (2018年8月4日の記事 経済の伝書鳩)

ポロナイスク(ロシア語: Поронайск、パラナーイスク)は、サハリン中南部のテルペニア湾に面した都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代 (1905年 – 1945年) の敷香町にあたる。 (ポロナイスク – Wikipedia)

関連サイト

ポロナイスク市青少年訪問団のホストファミリーを募集します | 北見市

ポロナイスク市(ロシア連邦・サハリン州) | 北見市

体験・友情の翼 | NPO法人 北海道日本ロシア協会

関連エントリ

北海道日本ロシア協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Поронайск の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

戦争と平和を考えるパネル展 ポーセラーツ作品展 (NHK北見放送局 ギャラリー)

270px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

戦争と平和を考えるパネル展 ポーセラーツ作品展 (NHK北見放送局 ギャラリー)

関連記事

北見のNHKぎゃらりーで2つの作品展 戦争と平和を考えるパネル展 ポーセラーツ作品展 / 6日まで / 戦争と平和を考えるパネル展と北見の土田千世子さんが指導するポーセラーツ愛好者らの作品展が、NHK北見放送局内ぎゃらりーで開かれている。6日まで。パネル展は核兵器廃絶・被爆者援護をめざす北見実行委員会が、30年以上にわたり毎年8月に開いている。会場には大判パネル「原爆と人間」と「朝鮮からの証言」の約60枚が並ぶ。関東大震災時の朝鮮人虐殺を伝えるものや、日本軍のトラックで運ばれる従軍慰安婦の写真パネルなど、戦争の悲惨さを伝えている。実行委の委員長は「戦後70年以上が経った今も戦争の悲しみは絶えません。平和への思いが広がるきっかけになれば」と話している。ポーセラーツは、シールのように自由に切り張りできる転写紙などで絵付けし、電気炉で仕上げる工芸。作品展には北見や美幌、津別の愛好者による食器やオブジェなど約200点が並ぶ。転写紙の張り方やアレンジ法などに個性が光っている。(理) (2018年8月3日の記事 経済の伝書鳩)

Dhonitokyoahead.jpg

関連サイト

NHK北見放送局 | ギャラリー

ぎゃらりーめぐり | 北見市

関連エントリ

NHK北見放送局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

NHKギャラリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ポーセラーツ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る