北見市 カテゴリのアーカイブ

ミントマジシャンズクラブについて

ミントマジシャンズクラブについて

北見「ミントマジシャンズクラブ」が… 2020/11/11掲載(北見市/社会) 地域活動推進功労者 北海道社会貢献賞受ける / 高齢者施設や児童施設でマジック披露 これからも驚き、喜びを届けたい / 高齢者施設や児童施設でマジックを披露している北見のボランティア団体「ミントマジシャンズクラブ」が、今年度の北海道社会貢献賞(地域活動推進功労者)を受賞した。メンバーは「受賞を励みに、今後も精進します」と喜びをかみしめている。 趣味でマジックに取り組む3人で2004年12月に結成した。13年には市社会福祉協議会、17年には市教育委員会の講師派遣事業に登録。東日本大震災の被災地を訪問してマジックを披露した経験もあり、これらの永年にわたる取り組みが評価された。 現在のメンバーは60~70代の5人。公演回数は近年、年間70回程度に上っており、19年度も70回以上の公演を行った。今年度は新型コロナウイルスの影響で活動が制限されたが、感染予防策を取り入れながらボランティアを続けている。 5日には、代表とメンバーの男性が市役所の辻直孝市長を表敬訪問。2人はこれまでの取り組みを振り返り「これからも驚きと喜びを届けていきたいです」と語った。(匡) (北見「ミントマジシャンズクラブ」が… – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

9月6日・ワクワクドキドキマジックショー 2020/08/22掲載(北見市/告知) 北見市総合福祉会館で / ミントマジシャンズクラブが企画 美幌、釧路からも出演「驚き、不思議さ堪能を」 / 北見と美幌のアマチュアマジシャンらが出演する「ワクワクドキドキマジックショー」が9月6日(日)午後1時半から、北見市総合福祉会館で開かれる。無料。開場は午後1時で、定員100人で先着順に受け付ける。 コロナ禍で大変な思いをしている人達に楽しい時間を過ごしてほしいと、北見のミントマジシャンズクラブが企画した。出演者が実行委を組織して開催する。出演は同クラブの3人のほか、美幌と釧路の愛好家に加え、セミプロとして活動する釧路のジョーカーたけしさん。公演時間は90分の予定。 当日は新型コロナウイルス対策として3密を避けるため定員300人の会場を使い、こまめに換気する。同クラブの長谷敬代表は「マジックの驚き、不思議さを堪能してもらえたら」と来場を呼び掛けている。 観覧者はマスクの着用を。体調不良の場合は入場できない。問い合わせは長谷代表(0157・42・5437)へ。(匡) (9月6日・ワクワクドキドキマジックショー – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

長谷 敬 – 北見市

関連エントリー

ミントマジシャンズクラブ の検索結果- 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

フィリピンのNGOと英会話楽しむ

フィリピンのNGOと英会話楽しむ

フィリピンのNGOと英会話楽しむ 2020/11/10掲載(北見市/社会) 北見藤高校で初のオンライン海外研修 / コロナの影響で渡航は断念 / 北見藤高校でこのほど、初めてのオンライン海外研修が行われた。2年生9人が、フィリピンで活動するNGO団体「LOOB」の現地スタッフらと英語での会話に挑戦した。 同校では、同校出身の小林幸恵さんが代表を務めるLOOBと提携。希望する生徒が毎年、フィリピンで語学研修やボランティア活動などを体験している。 今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で渡航を断念。代わりにオンラインでの語学研修を取り入れようとこの日、来年1、2月に3回に渡って実施する本番前のトライアルとして行った。 教室の生徒達はそれぞれタブレットの前に集合。フィリピンの代表が趣旨や流れを日本語で説明した。 グループに分かれ、フィリピンのスタッフがフィリピンの食べ物を、生徒達が日本の食べ物を英語で紹介しあった。生徒達はヒアリングに苦労しながらも、懸命に英語で焼きそばや卵焼きなどの魅力を伝えた。 2年生の男子生徒は「最初は緊張して思うように話せませんでしたが、英語での会話を楽しめたと思います。来年の研修も参加したいです」と話していた。(菊) (フィリピンのNGOと英会話楽しむ – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北見藤高等学校 – KITAMI FUJI HIGH SCHOOL

フィリピン支援 NPO法人LOOB JAPAN – Home | Facebook

NGO LOOB (Official) – ホーム | Facebook

関連エントリー

LOOB の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見藤高等学校 – 美幌音楽人加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和2年11月場所 (北海道北見市出身力士 琴紺野優紀

一年納めの場所 勝ち越し 5勝2敗
大相撲令和2年11月場所 (北海道北見市出身力士 琴紺野優紀)

北海道北見市出身の大相撲力士 琴紺野優紀 (ことこんの ゆうき)東序二段七十六枚目

令和2年11月場所 取組日・取組結果 (琴紺野優紀)
初日 令和2年11月8日(日曜日) 勝ち白星○
三日目 令和2年11月10日(火曜日) 勝ち白星○
六日目 令和2年11月13日(金曜日) 勝ち白星○
七日目 令和2年11月14日(土曜日) 勝ち白星○ 4勝0敗 勝ち越し
九日目 令和2年11月16日(月曜日) 負け黒星●
十一日目 令和2年11月18日(水曜日) 負け黒星●
十四日目 令和2年11月21日(土曜日) 勝ち白星○ 5勝2敗

関連記事

大相撲令和2年11月場所 / 大相撲令和2年11月場所(おおずもうれいわにねんじゅういちがつばしょ)は、2020年(令和2年)11月8日から11月22日までの15日間、東京都墨田区の国技館(両国国技館)で開催される予定の大相撲本場所である。 (大相撲令和2年11月場所 – Wikipedia)

佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。 (佐渡ヶ嶽部屋 – Wikipedia)

星取表(ほしとりひょう)とは、白と黒の記号で試合の勝敗を示した表である。勝ちを白丸(○)、負けを黒丸(●)で表し、それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。 (星取表 – Wikipedia)

関連動画

琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki) – YouTube

関連サイト

琴紺野 優紀 力士情報

大相撲「佐渡ヶ嶽部屋」入門 (2017/12/14) – 龍谷ニュース | 龍谷高等学校ホームページ

琴紺野 優紀 | 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋ホームページ

紺野悦子 | Facebook

関連エントリ

大相撲令和2年9月場所 (北海道北見市出身力士 琴紺野) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和2年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和2年3月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和2年1月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和元年11月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和元年9月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

令和最初の大相撲夏場所 (北海道北見市の出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の大相撲力士 琴紺野優紀 (北海道北見市出身) – 美幌音楽人 加藤雅夫

琴紺野優紀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kotokonno Yuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

北見医師会看護専門学校について

北見医師会看護専門学校について

関連記事

看護の道へ決意新た 2020/11/03掲載(北見市/教育) 1年生38人が宣誓式 / 北見医師会看護専門学校 本格的な臨地実習へ / 北見医師会看護専門学校の2020年度宣誓式が10月30日、同校で行われた。看護学科の1年生が半年間の学習を振り返り、今後に向けて決意を新たにした。 38人の1年生は4月からの学習を生かし、今後は医療機関などで本格的に臨地実習に取り組む。 式では学生一人ひとりがろうそくに火を灯し、看護師の心構えなどが記された「ナイチンゲール誓詞」を斉唱。荒川学校長は「信頼に応えられる看護師を目指してほしい」、同医師会の吉田茂夫会長は「困難に遭った時、今日の感激を思い出して」とエールを送った。 学生代表は「患者に寄り添える誠実な看護師になることを誓います」と決意を述べた。(柏) (看護の道へ決意新た – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

北見医師会看護専門学校 / 北見医師会看護専門学校 (きたみいしかいかんごせんもんがっこう)は、北海道北見市にある私立の専修学校。運営母体は、社団法人北見市医師会。 (北見医師会看護専門学校 – Wikipedia)

ナイチンゲール誓詞 アメリカで「ヒポクラテスの誓い」の内容を元に作られたナイチンゲール誓詞。 ナイチンゲール誓詞(ないちんげーるせいし、英: Nightingale Pledge)とは、現代看護の創始者フローレンス・ナイチンゲールの偉業を讃え、1893年アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市にあるハーパー病院(Harper Hospital)のファーランド看護学校 (Farrand Training School for Nurses) の校長リストラ・グレッター(英語版)を委員長とする委員会で「ヒポクラテスの誓い」の内容を元に作成されたものである。 (ナイチンゲール誓詞 – Wikipedia)

関連サイト

北見医師会看護専門学校ホームページ

北見医師会ホームページ

関連エントリー

北見医師会看護専門学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見医師会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

ブラインドテニス体験教室


ブラインドテニス体験教室

関連記事

8日・ブラインドテニス体験教室 2020/11/02掲載(北見市/告知) 北見市総合福祉会館で…締切6日 / 視覚障がい者を対象に… / 視覚障がい者を対象に、北見市主催のブラインドテニス体験教室が8日(日)午前10時~11時半、市総合福祉会館で開かれる。無料。定員20人で、申し込みを先着順に受け付けている。締め切りは6日。 ブラインドテニスはバウンドした時に音の出るボールを使い、音を頼りにラケットで打ち返す障がい者スポーツ。 申し込みは市教育委員会スポーツ課(0157・33・1842)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

視覚障害者のスポーツ / 視覚障害者のスポーツ(しかくしょうがいしゃのスポーツ)は、視覚障害者同士、または視覚障害者と晴眼者が一緒に楽しめるように作られた障害者スポーツである。 球技 / ブラインドテニス / 1984年日本発祥のスポーツである。埼玉県立特別支援学校塙保己一学園(埼玉県立盲学校)、高等部普通科の生徒が発案した。発案者は、全盲の武井視良(みよし),元日本ブラインドテニス連盟会長である。当初は視覚ハンディキャップテニスと呼ばれていた。音の出るスポンジボールを用いる。視覚障害者が行う他の多くの球技とは異なり、地面や床を転がすのではなく、空中を飛んでくるボールを打つ3次元のスポーツである。全盲は、3バウンドまでに返球、弱視は視力や視野に応じて1バウンドから3バウンドで返球する。 日本国内競技者は300人を数える。2006年より海外普及を始め各国で普及動が行われている。 国際会議や国際大会も開催されている。 国際ブラインドテニス協会(IBTA)は、ブラインドテニスがパラリンピックの正式種目となるように熱心に活動を続けている。;(視覚障害者のスポーツ – Wikipedia)

関連サイト

競技について – 日本ブラインドテニス連盟

関連エントリー

ブラインドテニス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年)10月の保護犬猫情報(北海道オホーツク管内の保健所)

dog3.jpg

Cat03.jpg


2020年(令和2年)10月の保護犬猫情報(北海道オホーツク管内の保健所)

犬の飼い主のみなさんへ、死亡届・変更届は必ず届け出ましょう。登録を受けた犬が死亡したり、所在地や所有者などを変更したときは必ず市町村の窓口へ届け出て下さい。

関連記事

犬猫の新しい飼い主さん募集 / オホーツク管内で、新しい飼い主さんを探している犬猫たちの情報 / 網走保健所 / 北見保健所 / 紋別保健所 / 環境生活課(怪我などをした迷子の動物 を保護しています) (犬猫の新しい飼い主募集 | 北海道オホーツク総合振興局のホームページ)

関連サイト

網走保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

北見保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

紋別保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

関連エントリ

保健所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

東京のうたごえ喫茶ともしび 北見混声合唱団

東京のうたごえ喫茶ともしび 北見混声合唱団

関連記事

11月1日・うたごえ喫茶「ともしび」 2020/10/15掲載(北見市/告知) 東京から出前公演 / 北見芸術文化ホールで / 東京のうたごえ喫茶「ともしび」の出前公演が11月1日(日)午後1時半から、北見芸術文化ホールで開かれる。「ともしび」からソプラノの小川邦美子さん、バリトンの吉田正勝さんら4人を迎え、リクエストに応えながら来場者と一緒に歌を楽しむ。 同店は、1954年に開店。生伴奏に合わせてさまざまなジャンルの楽曲をみんなで歌うことで、人々の心に「ともしび」を灯してきた。 同公演は、北見混声合唱団が「みんなで楽しく歌って免疫力を上げよう!」と主催。歌声喫茶を再現してリクエストに応えるほか、同合唱団とのステージも予定している。 なお当日は、マスクかフェイスシールドの着用、入場制限と換気休憩を行うなど、新型コロナウイルス感染予防対策を実施する。 入場料は800円(歌本プレゼント付き)。 (11月1日・うたごえ喫茶「ともしび」 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

歌声喫茶 / 歌声喫茶(うたごえきっさ)は、客全員が歌う(合唱)ことを想定した喫茶店である。1955年前後の東京など日本の都市部で流行し、1970年代までに衰退した。うたごえ運動により普及したことから「うたごえ喫茶」と平仮名表記されることも多い。店舗は減ったものの、静かなブームが再来し、主に高齢者向けのレクリエーションとして形を変えて定着している。 (歌声喫茶 – Wikipedia)

関連サイト

うたごえ喫茶ともしび 新宿店 – ともしびグループ

北見混声合唱団 – ホーム | Facebook

関連エントリ

北見混声合唱団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市のJICA国際協力推進員 木下秀俊

北海道北見市のJICA国際協力推進員 木下秀俊

関連記事

長い期間途上国で活動 2020/10/12掲載(北見市/社会) JICA北海道・国際協力推進員 男性(60) / 「日本の社会に貢献したい」北見では11年ぶり、地域における「JICAの窓口」 人ひと240度 / 1日付けで北見市市民環境部に配置された、JICA北海道(帯広)の国際協力推進員、男性(60)。地域における「JICAの窓口」として、国際協力事業の普及や推進役を担う。「長い期間、途上国の人たちの力になりたいと活動してきました。今度は日本の社会に貢献したい」と意気込みを語る。 静岡県出身。1983年に酪農学園大学酪農学部獣医学科を卒業し、85年に同大学大学院修士課程を修了。卒業後は静岡県職員などを経て、89年から3年間、青年海外協力隊としてザンビアに派遣され、ダニが媒介する牛の疾病対策などに携わった。これを機に計6カ国、通算20年以上にわたり国際協力活動に参加した。「活動が長いばかりで、難しいことが多かったですが、大変な中でも人と人とのつながりや喜びを感じることができました」と振り返る。 今年3月までキルギス共和国で搾乳時の衛生管理や病気の予防などを担当し、安全性の高い生乳の安定供給につなげるプロジェクトに参加した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、任期途中での帰国となったが「北見に来るまでの約半年、家族と久しぶりに長い時間、過ごすことができました」と語る。 地域を支える担い手として海外からの技能実習生なども多いオホーツク地方。「これから自分に何ができるのか、とても緊張していますが、外国人、日本人の両者にとっていい環境がつくれるよう、これまでの経験を生かしていきたい」と話している。 北見に推進員が配置されるのは11年ぶり、3人目。任期は3年間。(理) (長い期間途上国で活動 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

JICA北海道(帯広) – JICAのホームページ

JICA 北海道(帯広) – ホーム | Facebook

関連エントリ

JICA北海道 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

女子野球チーム オホーツクスマイリーズについて

女子野球チーム オホーツクスマイリーズについて

関連記事

女子野球・オホーツクスマイリーズ 2020/10/01掲載(網走管内/スポーツ) 大先輩の胸借り、いざ出陣 / 中学生から社会人選手が所属する女子野球チーム「オホーツクスマイリーズ」が、北見と近隣の70歳以上からなる「北海ベアーズ」との練習試合に励んだ。10日に開幕する北海道大会を控え、大先輩の胸を借りての実戦練習に励んだ。 10日から道大会 古希チーム「北海ベアーズ」と網走で練習試合 / 練習試合は、網走スポトレ球場で行われた。当初は1試合のみの予定だったが、北海ベアーズ側の心遣いで、急きょ2ゲーム行われた。 オホーツクSは昨年に結成され、現在は網走市や遠軽町など22人が所属。管内で唯一の女子野球チームで、練習・試合をする環境は決して充実しているとは言えない。 シーズン中、数少ない公式大会が10、11日に札幌市で開かれる。「第6回羊ヶ丘病院杯」で、9チームが出場し実力を競う。北海ベアーズとの練習試合は、同大会に向けた最後の実戦練習となった。 北海ベアーズ監督(79)は「女子野球といえども真剣にやってあげないと失礼になる」と“本気モード”で臨み、自らも捕手として出場した。 オホーツクSにとって“大先輩”との練習試合はたくさんの収穫があったよう。捕手(網走桂陽高校1年)は「リードの仕方がよくなったと思います」、投手、内野手(同)は「声が出ていなかったのが反省点。全道大会ではみんなで声を出してペースをつかみたいです」と張り切っていた。(大) (女子野球・オホーツクスマイリーズ – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩WEB)

野球女子 集まれ! 2019/11/11掲載(網走市/スポーツ) オホーツクスマイリーズ発足 / オホーツクの〝野球大好き女子〟がもっと輝ける場所を―。中学生から社会人選手が所属する女子野球チーム「オホーツクスマイリーズ Okhotsk Smilies」が設立され、本格的な活動を始めた。来年は全日本女子野球連盟への加盟、そして全国大会への出場をめざす。オホーツクにおいての女子野球選手の裾野をさらに広げるため、今月30日に網走市で体験会を開く。 中学生~社会人が所属 30日に網走で体験会 / オホーツクスマイリーズには、社会人と中・高校生の18人が所属。網走市をはじめ小清水町、遠軽町、湧別町など管内に住む選手が中心で、陸上でインターハイに出場したメンバーもいる。 管内では、小学生を対象にした女子野球チーム「オホーツクブルーエンジェルス」が2013(平成25)年に設立され、活動を続けている。また、16年に中学生チーム「オホーツクシャイニングガールズ」が結成され、全国大会に出場するものの、チームの活動は縮小化していた。 こうした状況の中でも、オホーツクの野球を愛する女子選手たちは活動の場を求め、男子チームに交じって練習を重ねるなどしてきた。そして今年10月、「オホーツク女子選抜」チームとして、札幌市で開催された女子野球大会に参戦。この選抜チームが母体となって、「オホーツクスマイリーズ」が正式に発足した。 チーム関係者は「野球が大好きだけれど活動の場所がなかった、進学のため続けられるか悩んでいる―などといった人達と一緒に活動していきたい」とし、「2020年度中には全日本女子野球連盟への加盟をめざしたい」と力を込める。 女子野球愛好者の底辺拡大などを目的とした体験会は今月30日正午~午後5時、網走市内のオホーツクドームで開く。参加無料。初心者も大歓迎で、事務局は「小学生以上なら誰でもOK。気軽に参加してください」と呼びかけている。 問い合わせは事務局(メール bycoo33049@yahoo.co.jp)へ。(大) (野球女子 集まれ! – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩WEB)

関連エントリ

女子野球チーム の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海ベアーズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

NET119緊急通報システムについて

NET119緊急通報システムについて

関連記事

緊急通報システム「NET119」 2020/09/25掲載(北見市/社会) 11月1日から運用開始 / 北見地区消防組合消防本部は、聴覚や発話に障がいがある人向けの緊急通報システム「NET119」の運用を11月1日から開始する。 北見地区消防組合 事前登録制、随時受け付け中 10月31日、11月1日にシステム説明会 / 事前登録制で、スマートフォンなどから火事や災害、急病などの通報が可能になる。専用のウェブサイトにアクセスし、画面を見ながらチャット(会話)方式で通信指令室とやり取りをする。 音声による通報が困難な人からの通報は従来FAXで受け付けていたが、NET119はファクスがない場所でも利用できる。同組合管内(北見市、置戸町、訓子府町)では約450人の対象者が居住しているとみられる。 申請書は北見市、同本部のHPからダウンロード可能。詳細は消防本部警防課(0157・25・1518)、市障がい福祉課(0157・25・1136)へ。 システムの説明会が10月31日午後1時半と11月1日午前10時、北見市寿町の同本部で開かれる。申し込みは9月30日までに同本部へ。(柏) (緊急通報システム「NET119」 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

Net119 緊急通報システムを – 北見地区消防組合のウェブページ

Net119緊急通報システムのご利用案内について – 北見市のウェブページ

関連エントリ

NET119緊急通報システム 北見地区消防組合消防本部 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る