フラメンコギター カテゴリのアーカイブ

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

375px-Tuning_fork_on_resonator.jpg

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

関連記事

佐々木 昭一郎(ささき しょういちろう Shoichiro Sasaki、1936年1月25日 – )は、映像作家、映画監督、元NHKドラマディレクターである。東京都出身。経歴 / 立教大学経済学部卒業後、1960年NHKに入局し、芸能局ラジオ文芸部でラジオドラマの演出を手がけた。処女作は『都会の二つの顔』(1963年、ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞、芸術祭奨励賞)。1968年テレビドラマ部に異動し、『銀河テレビ小説』のADなどを務めると同時に多くの受賞作を生んだ。1995年に定年もあってNHKを退局。その後はフリーディレクターとして活動。文教大学情報学部教授としても10年にわたり教鞭をとった。演出の特徴 / ロケ先現地の一般人に演技をつけて撮影するドキュメンタリー調の作風と、音・音楽の重視が特徴である。例えば『さすらい』ではフォークソング、『四季・ユートピアノ』ではピアノそしてマーラーの交響曲第四番第一楽章および第四楽章が効果的に使われている。また『川の流れはバイオリンの音』ではヴァイオリンが繰り返し扱われる。主な作品 / 夢の島少女(1974年) – 中尾幸世のデビュー作。四季・ユートピアノ(1980年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。放送文化基金賞ドラマ番組部門本賞。ギャラクシー賞。イタリア賞テレビドラマ部門グランプリ。国際エミー賞優秀作品賞。全米でネットワーク放送。川3部作 – オール海外ロケ作品。川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜(1981年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。イタリア市民賞。アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編(1983年)春・音の光 川(リバー) スロバキア編(1984年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞。芸術選奨文部大臣賞。毎日芸術賞。(佐々木昭一郎 – Wikipedia

『川の流れはバイオリンの音』(かわのながれはバイオリンのおと)は、NHKが制作した、音楽を題材としたテレビドラマである。正式なタイトルは『NHK特集 川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』。概要 / 本作の製作・演出は佐々木昭一郎。主演は中尾幸世。第36回芸術祭ドラマの部大賞受賞。初出はNHK総合テレビ「NHK特集」で、放送日時は1981年5月1日19時30分 – 20時50分。1982年には海外版も制作された。何度か再放送され、他の佐々木作品と並んでDVD化の要望も高い。佐々木作品『夢の島少女』(1974年)でデビューした中尾が、同じく佐々木作品『四季・ユートピアノ』(1980年)に続いて調律師「栄子(A子)」に扮し主演した。作中A音の特異性には言及があるが、『四季…』でピアノ調律師として独立した榮子と本作の栄子とが同一人物であるかは明示されていない。妹のヴァイオリンを壊してしまったA子はクレモナのヴァイオリン工房を訪れる。そこで出会うのは、イタリア・ポー川の人々である。白馬のルイジ、漁師マリオ、アントニオ、ルーカ少年…… 歌声、楽器の音、自然の音、町の音と共にA子は彼等と出会い別れていく。A子の独白によって進行するドキュメンタリー風の作品で、あえて配役に現地の素人を起用した点も作風を支えている。ヴィヴァルディ『四季』第4楽章の第2主題「暖炉の火」が頻用される。佐々木はこのシリーズを更に続け、後の2作を含め、『川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』(1981年)『アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編』(1983年)『春・音の光 川(リバー) スロバキア編』(1984年)を総称して「川3部作」と呼ぶ。(川の流れはバイオリンの音 – Wikipedia

関連サイト

微音空間 中尾幸世

中尾幸世 | NHK人物録 | NHKアーカイブス – NHK語学番組 – NHKオンライン

関連エントリ

佐々木昭一郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

中尾幸世 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

美幌町のゴミ収集車(一般ゴミ)の音楽は「バッハのメヌエット」(ペツォールト)です。
美幌町のゴミ収集車(資源ごみ)の音楽は「七つの子」(野口雨情・本居長世)です。

関連記事

七つの子
七つの子(ななつのこ)とは、野口雨情が作詞、本居長世が作曲した歌である。 日本の童謡の中でも、特に知られた楽曲のひとつである 。 『七つ』の謎 / 『七つ』という言葉が「7羽」を指すのか「7歳」を指すのかは明らかになっておらず、度々論争の種となっている。カラスは一度に7羽もの雛を育てることはなく、7年も生きたカラスはもはや「子」とは呼べないためである。(Wikipedia ー 七つの子

本居長世
本居 長世(もとおり ながよ、1885年(明治18年)4月4日 – 1945年(昭和20年)10月14日)は、日本の男性童謡作曲家。晩年は長豫と称した。 国学者として著名な本居宣長の和歌山学党6代目に当たる。 東京音楽学校本科を首席で卒業、日本の伝統音楽の調査員補助として母校に残る。 また、本居長世は宮城道雄や吉田晴風らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 新日本音楽大演奏会で発表した『十五夜お月さん』は、長女みどりの歌によって一躍有名となり、以後野口雨情等と組んで次々に童謡を発表する。 代表作 / 『七つの子』 (Wikipedia ー 本居長世

野口雨情
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 – 1945年(昭和20年)1月27日)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 文壇での名声 / 詩集『都会と田園』により詩壇に復帰、斎藤佐次郎により創刊された『金の船』より童謡を次々と発表。藤井清水や中山晋平や本居長世と組んで多くの名作を残した。 仏教音楽協会も設立され、雨情は評議員に推薦される。仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。 代表作は『七つの子』(Wikipedia ー 野口雨情

関連エントリ

七つの子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

スマイル届け隊 (北海道北見市)

399px-Snowman-20100106.jpg

ボランティア 派遣
Volunteer dispatch

スマイル届け隊 (北海道北見市)
smile delivered corps (Hokkaido Kitami city)

スマイル届け隊 (北海道北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年 10月、イランカラプテの川柳

Calendula_January_2008-1_filtered.jpg

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 10月)
Will begin the Senryu of Irankarapte. (October 2014)

平成26年 10月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

ItalyPuglia.jpg

南イタリアのモットラ(Mottola)にあるギターアカデミー(Accademia della Chitarra)から、第22回国際ギターフェスティバル&コンクール案内が送られてきました。日本と世界のギター愛好の皆様にご案内します。

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア)
22nd International Guitar Festival and Competition. (Mottola, Italy)

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Masa Inokuchi & Miki Inokuchi (Violin Makers)

90px-Peg_in_box.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日本と世界各地の皆様へご案内いたします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年2月27日の配信)

Masa Inokuchi & Miki Inokuchi (Violin Makers) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信)

188px-Flag_of_Canadasvg_2.png

188px-Flag_of_Japansvg.png

330px-Atsuko_Tanaka_2013.JPG

330px-Sara_Takanashi_Courchevel2013.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信)

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

200px-Kagamimochi_gorgeous_version.jpg

300px-ShirukoZenzai6.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信)

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

日西関係史とは、日本とスペインの関係についての歴史をさす。 概観: 日本とスペインの関係には460年の交流の歴史があり、伝統的に良好な関係である。 近・現代の日本とスペインの関係は、むしろ文化・芸術・スポーツ面の関心や影響、往来が主である。 現在: 要人往来: 皇室とスペイン王室との間で緊密な交流があり、日本の今上天皇は4回、徳仁親王は5回訪西し、またスペインの国王カルロス1世、ソフィア王妃夫妻は7回、フェリペ皇太子は3回訪日している。

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第68号(2013年11月26日発行)が送られてきました。
日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日

Narciso_Yepes.jpeg

Castillo_de_Lorca1.jpg

写真: ナルシソ・イエペス (12歳) (1939年)
Narciso Yepes (1939)
ロルカ城 (Castillo de Lorca)

11月14日、ナルシソ・イエペスの誕生日
November 14, birthday of Narciso Yepes
14 de noviembre, cumpleaños de Narciso Yepes

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る