フラメンコギター カテゴリのアーカイブ

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

美幌町のゴミ収集車(一般ゴミ)の音楽は「バッハのメヌエット」(ペツォールト)です。
美幌町のゴミ収集車(資源ごみ)の音楽は「七つの子」(野口雨情・本居長世)です。

関連記事

七つの子
七つの子(ななつのこ)とは、野口雨情が作詞、本居長世が作曲した歌である。 日本の童謡の中でも、特に知られた楽曲のひとつである 。 『七つ』の謎 / 『七つ』という言葉が「7羽」を指すのか「7歳」を指すのかは明らかになっておらず、度々論争の種となっている。カラスは一度に7羽もの雛を育てることはなく、7年も生きたカラスはもはや「子」とは呼べないためである。(Wikipedia ー 七つの子

本居長世
本居 長世(もとおり ながよ、1885年(明治18年)4月4日 – 1945年(昭和20年)10月14日)は、日本の男性童謡作曲家。晩年は長豫と称した。 国学者として著名な本居宣長の和歌山学党6代目に当たる。 東京音楽学校本科を首席で卒業、日本の伝統音楽の調査員補助として母校に残る。 また、本居長世は宮城道雄や吉田晴風らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 新日本音楽大演奏会で発表した『十五夜お月さん』は、長女みどりの歌によって一躍有名となり、以後野口雨情等と組んで次々に童謡を発表する。 代表作 / 『七つの子』 (Wikipedia ー 本居長世

野口雨情
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 – 1945年(昭和20年)1月27日)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 文壇での名声 / 詩集『都会と田園』により詩壇に復帰、斎藤佐次郎により創刊された『金の船』より童謡を次々と発表。藤井清水や中山晋平や本居長世と組んで多くの名作を残した。 仏教音楽協会も設立され、雨情は評議員に推薦される。仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。 代表作は『七つの子』(Wikipedia ー 野口雨情

関連エントリ

七つの子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

スマイル届け隊 (北海道北見市)

399px-Snowman-20100106.jpg

ボランティア 派遣
Volunteer dispatch

スマイル届け隊 (北海道北見市)
smile delivered corps (Hokkaido Kitami city)

スマイル届け隊 (北海道北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年 10月、イランカラプテの川柳

Calendula_January_2008-1_filtered.jpg

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 10月)
Will begin the Senryu of Irankarapte. (October 2014)

平成26年 10月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

ItalyPuglia.jpg

南イタリアのモットラ(Mottola)にあるギターアカデミー(Accademia della Chitarra)から、第22回国際ギターフェスティバル&コンクール案内が送られてきました。日本と世界のギター愛好の皆様にご案内します。

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア)
22nd International Guitar Festival and Competition. (Mottola, Italy)

第22回国際ギターフェスティバル&コンクール。(モットラ、イタリア) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Masa Inokuchi & Miki Inokuchi (Violin Makers)

90px-Peg_in_box.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日本と世界各地の皆様へご案内いたします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年2月27日の配信)

Masa Inokuchi & Miki Inokuchi (Violin Makers) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信)

188px-Flag_of_Canadasvg_2.png

188px-Flag_of_Japansvg.png

330px-Atsuko_Tanaka_2013.JPG

330px-Sara_Takanashi_Courchevel2013.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信)

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月16日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

200px-Kagamimochi_gorgeous_version.jpg

300px-ShirukoZenzai6.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信)

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2014年1月9日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

日西関係史とは、日本とスペインの関係についての歴史をさす。 概観: 日本とスペインの関係には460年の交流の歴史があり、伝統的に良好な関係である。 近・現代の日本とスペインの関係は、むしろ文化・芸術・スポーツ面の関心や影響、往来が主である。 現在: 要人往来: 皇室とスペイン王室との間で緊密な交流があり、日本の今上天皇は4回、徳仁親王は5回訪西し、またスペインの国王カルロス1世、ソフィア王妃夫妻は7回、フェリペ皇太子は3回訪日している。

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第68号(2013年11月26日発行)が送られてきました。
日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第68号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日

Narciso_Yepes.jpeg

Castillo_de_Lorca1.jpg

写真: ナルシソ・イエペス (12歳) (1939年)
Narciso Yepes (1939)
ロルカ城 (Castillo de Lorca)

11月14日、ナルシソ・イエペスの誕生日
November 14, birthday of Narciso Yepes
14 de noviembre, cumpleaños de Narciso Yepes

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年10月24日の配信)

n_namisima-fuyusona322.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。

日本の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年10月24日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る