南アジア カテゴリのアーカイブ

10月2日 国際非暴力デー (国連デー)

10月2日 国際非暴力デー (国連デー)

関連記事

10月2日 国際非暴力デー(International Day of Non-Violence) 2007年6月の国連総会で制定。インド独立運動の指導者で、非暴力を説いたマハトマ・ガンジーの誕生日。 10月2日 誕生日 / 1869年 マハトマ・ガンジー (インド:独立運動家「建国の父」) Mohandas Karamchand Gandhi(Mahatma) (マハトマは「偉大なる魂」の意味の尊称) [1948年1月30日歿] (10月2日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月2日 誕生日 / 1869年 – マハトマ・ガンディー、インド独立運動家(+ 1948年) 10月2日 記念日・年中行事 / 国際非暴力デー 2007年6月の国連総会で制定した国際デー。インド独立運動の指導者で、非暴力を説いたマハトマ・ガンディーの誕生日。 10月2日 ガンディー記念日(インド) マハトマ・ガンディーの誕生日。 (10月2日 – Wikipedia)

国際非暴力デー(こくさいひぼうりょくデー)は、マハトマ・ガンディーの誕生日である10月2日に因んで設けられた。この日はインドでは、ガンディー生誕記念日と呼ばれる。 (国際非暴力デー – Wikipedia)

関連サイト

国際非暴力デー(2007年10月2日) | 国連広報センター

International Day of Non-Violence 2 October – the United Nations

関連エントリ

国際非暴力デー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

International Day of Non-Violence の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

三浦雄一郎(Yuichiro Miura)について

Everest_North_Face_toward_Base_Camp_Tibet_Luca_Galuzzi_2006.jpg

三浦雄一郎(Yuichiro Miura)について

日本のプロスキーヤー・登山家 三浦雄一郎さんにお会いしたのは20年前でした。北海道札幌市内のススキノのローレライ(ドイツ風ビア​ガーデン)です。ハート音楽院札幌のギター演奏と文化講演(三浦雄一郎)でした。主催者の配慮で三浦雄一郎さんの隣席に座りました。自己紹介の後「私は小学一年生のときからスキージャンプの選手でした。美幌町には15m級・30m級のジャンプ台がありました。美幌峠の頂上に日本一のジャンプ台を実現する、そして、屈斜路湖に向かって飛び出すことが私の夢でした。」と話しました。三浦雄一郎さんは、ドイツ料理を豪快に食べています。とても見事です。テレビCMの北海道チーズ(雪印)を豪快に食べるのと同じです。今でも、マルチャンのダブルラーメンと雪印北海道100チーズを見ると、三浦雄一郎さんを思い出します。

関連記事

5月26日 歴史 / 2008年 三浦雄一郎が75歳7か月の史上最年長でエベレストに登頂。(5月26日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月26日 できごと / 2008年 – 三浦雄一郎が75歳7か月の史上最年長でエベレストに登頂。(5月26日 – Wikipedia

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 – )は、日本のプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使。青森市5代名誉市民。父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太はリレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場したフリースタイルスキー・モーグル選手、長女の三浦恵美里はクラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代表取締役も兼務。母方の祖父は、第15回衆議院議員総選挙青森県第5区[2]選出議員の小泉辰之助。略歴 / 1970年5月にはエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブックに掲載)を成功させ、その映像が『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得した。2008年5月26日、75歳でエベレストに再登頂。2012年10月、2013年春に80歳で3度目のエベレストに再登頂することを会見で発表した。2013年5月23日、3度目のエベレスト登頂に成功した。エベレスト登頂の歴史で最高齢登頂者となる。下山中に体調を崩し、標高6500mのキャンプ2から標高5300mのベースキャンプまではヘリコプターを使って下山した。この登頂成功が三浦アワード創設のきっかけとなった。(三浦雄一郎 – Wikipedia

Yuichiro Miura (三浦 雄一郎 Miura Yūichirō, born October 12, 1932 (age 85)) is a Japanese alpinist who in 2003, at age 70, became the oldest person to reach the summit of Mount Everest. This record was later broken by himself. Miura had two heart surgeries for cardiac arrhythmia, in 2006 and 2007. On May 23, 2013 Miura again became the oldest person to climb to the summit of Mount Everest at the age of 80. This achievement is listed in the Guinness Book of Records He was unable to make the descent after reaching the top, and was airlifted from Advanced Base Camp at 6500 meters, not walking down to the Base Camp at 5364 metre (17,600 feet). Famous alpinists, like Ken Noguchi, question Miura’s achievement and say that you can’t call a climb “complete” unless you walk all the way down the mountain, too. He also became the first person to ski on Mount Everest on May 6, 1970. He descended nearly 4,200 vertical feet from the South Col (elevation over 8,000 m (26,000 ft)). This feat was documented in 1975, in the film The Man Who Skied Down Everest. The film won the Academy Award for best documentary, the first sports film to do so. Keizo Miura, Japanese skier, was his father. Gota Miura, freestyle skier and alpinist, is one of his sons. Yuichiro was exposed to snow sports from the time he was a child, and placed in his first skiing competition during his 2nd grade year in elementary school. He moved south with his family but found that he missed the snow and winter sports, prompting him to enroll in Hokkaido University. There, he continued to pursue skiing as a professional sport. His advanced ability to ski, especially in the back-country, required him to reach higher elevations by hiking, expanding the breadth of his skills to include mountain climbing. Once he became a prolific mountain climber, Yuichiro began challenging larger mountains, and skied down many of them. Miura describes his diet as “healthy eating and organic food. He starts every day with a breakfast consisting of cooked rice, fermented soya bean, miso soup, eggs and fish. Once a week he will treat himself to a 500g (18oz) steak.” He said that he trained outdoors with 5kg on each leg and 30kg on his back for 5.5 mile walks, and also used a low oxygen room. (Yuichiro Miura – Wikipedia

エベレスト、エヴェレスト(英: Everest)、またはチョモランマ(チベット語: Chomolungma, Qomolangma)、サガルマータ(ネパール語: सगरमाथा Sagarmāthā)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰である。山頂は、ネパールと中国との国境上にある。名称 / 現在、エベレストはネパールでは「サガルマータ(सगरमाथा Sagarmatha)」、チベットでは「チョモランマ(jo mo glang ma)」、中国では珠穆朗瑪峰(Zhūmùlǎngmǎ Fēng)または聖母峰(Shèngmǔ Fēng)と呼ばれている。登頂史 / 1970年5月11日、松浦輝夫と植村直己が日本人として初めて登頂に成功した。1975年5月16日、田部井淳子が女性として世界で初めて登頂に成功した。主な登頂者のリスト / 最高齢 / 2013年5月23日 – (最高齢登頂)- 三浦雄一郎、80歳。(エベレスト – Wikipedia

関連サイト

ミウラドルフィンズトップページ

関連エントリ

三浦雄一郎、80歳でエベレストの登頂に成功 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

エベレスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

三浦雄一郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Yuichiro Miura の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の主権回復について

000142554.jpg

日本の主権回復について

関連記事

4月28日 主権回復記念日,サンフランシスコ平和条約発効記念日。1952年のこの日、前年9月8日に調印された「日本との平和条約」(サンフランシスコ平和条約)が発効し、日本の主権が回復した。歴史 / 1952年 「日本国との平和条約」(サンフランシスコ平和条約)発効。敗戦から6年8か月ぶりに日本が主権を回復。1952年「日米安全保障条約」が発効。1952年 日本と中華民国の間で「日華平和条約」に調印。日中戦争が正式に終了。1952年 「外国人登録法」公布。1952年 NHKが放送終了時に「君が代」の放送を開始。(4月28日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月28日 できごと / 1952年 – 日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)が発効。日本の主権が回復。1952年 – 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約発効。1952年 – 日本と中華民国の間で日華平和条約に調印。日中戦争が正式に終了。記念日 / サンフランシスコ講和記念日( 日本)1952年4月28日に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し、日本の主権が回復、国際社会に復帰したことにちなむ。条約が調印された9月8日は「サンフランシスコ平和条約調印記念日」となっている。(4月28日 – Wikipedia

日本国との平和条約(にっぽんこくとのへいわじょうやく、英: Treaty of Peace with Japan、昭和27年条約第5号)は、第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国諸国と日本との間の戦争状態を終結させるために締結された平和条約。この条約を批准した連合国は日本国の主権を承認した[注釈 2]。国際法上はこの条約の発効により日本と、多くの連合国との間の「戦争状態」が終結した。連合国構成国であるソビエト連邦は会議に出席したが条約に署名しなかった。連合国構成国の植民地継承国であるインドネシアは会議に出席し条約に署名したが、議会の批准はされなかった。連合国構成国である中華民国および連合国構成国の植民地継承国であるインドは会議に出席しなかった。その後、日本はインドネシア、中華民国、インドとの間で個別に講和条約を締結・批准している。本条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことから、サンフランシスコ条約、サンフランシスコ平和条約、サンフランシスコ講和条約などともいう。1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、同日、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約も署名された。翌年の1952年(昭和27年)4月28日に発効するとともに「昭和27年条約第5号」として公布された。(日本国との平和条約 – Wikipedia

主権回復の日(しゅけんかいふくのひ)は、4月28日。2013年(平成25年)に第2次安倍内閣によって定められた。1952年(昭和27年)4月28日に、日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し、第二次世界大戦後、停止状態にあった日本の主権が回復した日付に基づく。2015年時点でいわゆる「記念日」ではない(参考:建国記念の日)。また、「広島原爆の日」「長崎―」「終戦の日」と異なり、カレンダーには掲載されていない。日本の完全な主権回復と国際社会復帰60年の節目を記念するための政府主催の記念式典を開くことが、2013年3月12日に閣議決定さ]、2013年4月28日に日本政府主催で行われた。(主権回復の日 – Wikipedia

関連エントリ

平和条約 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

主権回復 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 北国の春 / 北国之春(日本 歌曲)

fcwr38s.jpg

北海道 北国の春 / 北国之春(日本 歌曲)

関連記事

「北国の春」(きたぐにのはる)は、1977年4月5日に発売された千昌夫のシングルレコードである。解説 / タイトル曲「北国の春」は、都会で暮らす男性が実家から届いた小包[2]を受け取り、早春期の故郷や家族、かつての恋心などを想う内容の歌詞である。日本国外の主なカバー / 文夏(台湾語) – 「北国之春」、葉啓田(台湾語) – 「晴空万里」(訳:青空どこまでも)、蔡秋鳳(台湾語) – 「懷念的春天」(訳:懐かしい春)、洪栄宏(台湾語) – 「思郷的人」(訳:故郷を思う人)、謝莉婷&林慶宗(台湾語) – 「深深的愛」(訳:深い愛)、黃瑞琪(台湾語) – 「沙西米甲娃沙美」(訳:刺身とわさび)、テレサ・テン(台湾・標準中国語) – 「我和你」(訳:私とあなた)、テレサ・テン(台湾・標準中国語) – 「北国之春」、余天(台湾・標準中国語) – 「榕樹下」(訳:ガジュマルの下で)、林玉英(台湾・標準中国語) – 「地雷水餃股票」(訳:地雷銘柄にクズ銘柄)、蒋大為(中華人民共和国・標準中国語) – 「北国之春」、江智民(中華人民共和国・標準中国語) – 「故郷的雨」、谷行雲(シンガポール・標準中国語) – 「春的懐念」(訳:春の懐かしさ)、蘇徳存(マレーシア・海南語) – 「想当初」(訳:最初の頃を思い出す)、薰妮(香港・広東語) – 「故郷的雨」、鄭子固(香港・広東語) – 「故郷的雨」、張偉文(香港・広東語) – 「故郷的雨」、鍾文康(香港・広東語) – 「故郷的雨」、曼里(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、劉亮鷺(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、潘秀瓊(中華人民共和国・広東語) – 「故郷的雨」、劉珺兒(マレーシア・広東語) – 「故郷的雨」、劉珺兒(マレーシア・広東語) – 「情深海更深」、アンディ・ラウ(香港・標準中国語と広東語) – 「北国之春之榕樹下之故郷的雨」、ほかに、チベット語、タイ語、ベトナム語、ミャオ語、モンゴル語など。(北国の春 – Wikipedia

北国之春是一首日本民谣,作于1977年并在一年后流行日本全国。原为一首思念家乡的歌曲,当时日本有很多为了求学或谋生而离开北方农村的年轻人,这首歌也就在当时很是流行。 日文原唱是著名的演歌歌手千昌夫所唱,后被大泉逸郎、渥美二郎等众多日本演歌歌手翻唱。1979年,于日本乐坛发展的邓丽君将这首风靡日本的曲子交由台湾著名词作家林煌坤先生填写中文歌词,随后出现了第一个国语版本《我和你》,并经邓丽君的出色演绎被国人所熟知。此后的十余年间,由蒋大为、叶启田、韩宝仪等国内歌手演唱的民歌版本及闽南语版本相继出现,《北国之春》也成为了华人社会流传最广的日本民谣之一。(北国之春(日语歌曲)_百度百科

関連サイト

北国之春_梅婷_新浪博客

関連エントリ

梅婷「非誠勿擾/北国之春」北海道 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北国の春 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北国之春 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2015年 5月19日(火曜日) – 美幌町 配食サービス

Everest_North_Face_toward_Base_Camp_Tibet_Luca_Galuzzi_2006.jpg

270px-____nepal__Img186.jpg

2015年 5月19日(火曜日) – 美幌町 配食サービス
Tuesday, May 19, 2015 – Bihoro Meal Delivery service

これは、今日の夕食です。(食事写真)
This is a dinner of today. (Meal Photo)

DSC_0024.jpg

2015年 5月19日(火曜日) – 美幌町 配食サービス の全文を読む

このページの先頭へ戻る

桂三輝 Rakugo show (香港和僑会ニュース)

401px-Sunshine_at_kikitei.jpg

800px-Red_Fuji_southern_wind_clear_morning.jpg

桂三輝 Rakugo show (香港和僑会 ニュース)
Katsura Sunshine Rakugo show (Hong Kong Wakyo kai News)

桂三輝 Rakugo show (香港和僑会ニュース) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148
JICA (Japan International Cooperation Agency) Newsletter vol.148

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV)
Founding, 50 anniversary – Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV)

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第89号)
E-mail newsletter from the Ministry of Foreign Affairs of Japan. Wakaru! International situation (No. 89)

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

New Year’s Day Concert 2015

375px-Zubin_Mehta_2007.jpg

375px-Sachertorte_DSC03027_retouched.jpg

New Year’s Day Concert (2015)

New Year’s Day Concert 2015 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143)
E-mail magazine of JICA (Japan International Cooperation Agency) (vol.143)

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る