アジア カテゴリのアーカイブ

台湾の童謡 小白兎愛跳舞

台湾の童謡 小白兎愛跳舞

関連記事

証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、日本の童謡である。作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」に想を得たもので、曲は1925年(大正14年)に発表された。 台湾では同じ旋律を流用して、『小白兎愛跳舞』という童謡に改編された。(Wikioedia)

このページの先頭へ戻る

日本の童謡 証城寺の狸囃子

日本の童謡 証城寺の狸囃子

関連記事

証城寺の狸囃子 / 証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、日本の童謡である。作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」に想を得たもので、曲は1925年(大正14年)に発表された。(Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

日本の歌 ふたりは80歳


日本の歌 ふたりは80才

関連記事

ふたりは80才 / 「ふたりは80才」(ふたりははちじゅっさい)は、日本の歌。1986年8月-9月に、NHKの音楽番組『みんなのうた』で放送された。作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:田中正史、歌:下條アトム、天地総子、東京放送児童合唱団。原曲は、祖国を失い流浪の旅を続け、東ヨーロッパを中心に移住したユダヤの人々に歌い継がれた民謡。 (Wikioedia)

関連サイト

ふたりは80才 NHKみんなのうた 原曲はユダヤ民謡?

このページの先頭へ戻る

September Song 江利チエミ

September Song 江利チエミ

江利チエミ セプテンバー・ソング 1956 / September Song

関連記事

江利チエミ 日本の歌手 / 江利 チエミ(えり チエミ、1937年1月11日 – 1982年2月13日[1])は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレントである。本名は久保 智恵美(くぼ ちえみ)。 (Wikipedia)

関連サイト

セプテンバー・ソング / SEPTEMBER SONG/江利チエミ – 歌詞GET

このページの先頭へ戻る

アメリカ同時多発テロ事件から20年 (追悼の意)

アメリカ同時多発テロ事件から20年 (追悼の意)

アメリカ同時多発テロ事件 2001年9月11日にアメリカで発生した4回のテロ事件 / アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロ事件、英: September 11 attacks、略称:9/11)は、2001年9月11日(火)の朝、イスラーム過激派テロリスト集団アルカイダによって行われた、アメリカ合衆国に対する4回の協調テロ攻撃である。911テロ事件とも呼ばれる。またこの事件を契機としてアフガニスタン紛争が勃発した。 (Wikipedia)

関連サイト

【特集】アメリカ同時多発テロから20年 – 朝日新聞デジタル

同時多発テロ事件に関するトピックス – 朝日新聞デジタル

同時多発テロ20年 バイデン大統領 捜査資料など開示検討を指示 – NHK.JP

このページの先頭へ戻る

弦楽のためのレクイエム 武満徹

弦楽のためのレクイエム 武満徹

関連記事

弦楽のためのレクイエム 武満徹作曲の弦楽オーケストラのための作品 / 『弦楽のためのレクイエム』(げんがくのためのレクイエム、英語: Requiem for Strings、フランス語: Requiem pour orchestre à cordes)は、武満徹が1955年から1957年にかけて作曲した弦楽合奏曲であり、武満の初期の代表作とされる。当時結核を患っていた武満が、親交のあった作曲家早坂文雄の死を悼むとともに自らの死を意識しながら書き進めた作品であり、早坂文雄に献呈されている。初演の2年後にストラヴィンスキーがこの作品にコメントしたことは作品の評価のみならず内外における武満の名声を高めることにつながった。 (Wikipedia)

関連エントリー

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年9月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年9月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.906 2021年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年9月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年9月号 / 特集 「3060」目標 脱酸素に挑戦 / 美しい中国 青島 ポップの香り漂う浜辺の街 / (人民中国 2021年9月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.906 2021年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年9月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.906 2021.9.1 目次 / 「ピンポン外交」50周年を迎えて 後藤泰之 / 満州事変はなぜ起きたのか 筒井清忠 / 日中伝統芸能オンライン交流会 / 坂上弘評議員が逝去 / 師・京子先生を偲んで 忘れられない「心の歌」 永井和子 / 伊藤京子元副会長が逝去 / 新世紀における学生演劇フォーラム オンラインで開催 / 談話室 / 文化の持つ力を信じて 浦上満 / 周恩来総理の日本への想い 王敏 / 寒山拾得とその伝統 南條觀山 / 本・評と紹介 戦争と歌人たちーここにも抵抗があった(篠弘著) カタストロフ・マニア(島田雅彦著) 老いいる意味 うつ、勇気、夢(森村誠一著) 現代詩の鑑賞(中村稔著) / JUSTIC中国人戦後補償裁判の記録(中国人戦争被害賠償請求事件弁護団編) / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

伊藤京子 – NHKアーカイブス

團伊玖磨 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

團伊玖磨(Ikuma Dan)記念ウェブページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (令和3年 秋)

日本の皇室のご活動・ニュース (令和3年 秋)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

関連サイト

宮内庁のホームページ / このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。

新型コロナウイルスに関するご発言 – 宮内庁のホームページ

天皇皇后両陛下のご活動 – 宮内庁のホームページ

皇室紹介ビデオ(VHS・DVD) – 宮内庁ホームページ

皇室 – 宮内庁ホームページ

皇室の構成図 – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

防災の日 陸上自衛隊美幌駐屯地について


防災の日 陸上自衛隊美幌駐屯地について

関連記事

美幌駐屯地 / 美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 (Wikipedia)

関連サイト

災害発生時の情報収集能力の向上図る|美幌駐屯地 – 防衛日報デジタル

美幌駐屯地 – 防衛日報デジタル|自衛隊総合情報メディア

【美幌駐屯地】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省

防衛省・自衛隊の『ここが知りたい!』 各種災害への対応について

関連エントリー

防災の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る