フィリピン カテゴリのアーカイブ

大相撲名古屋場所 関脇の御嶽海初優勝 (ニュース)

450px-Sumo_Prime_Minister_Cup_09_Sep.jpg

800px-Ryogoku_Kokugikan_Tsuriyane_05212006.jpg

大相撲名古屋場所 関脇の御嶽海初優勝 (ニュース)

関連記事

御嶽海 久司(みたけうみ ひさし、1992年12月25日 – )は、長野県木曽郡上松町出身で出羽海部屋所属の現役大相撲力士。本名は大道 久司(おおみち ひさし)。身長179cm、体重167kg、血液型はO型。得意技は突き・押し。自己最高位は東関脇(2017年9月場所 – 2018年3月場所)。好物はバナナ、寿司、焼肉。好きな俳優は峰竜太。父は日本人、母はフィリピン人。平成4年度生まれの関取を指す、いわゆる「花のヨン組」の1人。 (御嶽海久司 – Wikipedia)

Mitakeumi Hisashi (御嶽海 久司) (born December 25, 1992 as Omichi Hisashi) is a sumo wrestler from Agematsu, Nagano, Japan. He is in the Dewanoumi stable. He is a pusher thruster-type wrestler. A former amateur champion at Toyo University, he made his professional debut in March 2015, reaching the top makuuchi division in November of the same year. He has three special prizes for Fighting Spirit, Technique and Outstanding Performance, as well two gold stars for defeating a yokozuna. His highest rank has been sekiwake. (Mitakeumi Hisashi – Wikipedia)

関連サイト

大相撲 関脇・御嶽海が初優勝 | NHK 長野県のニュース – NHKオンライン

大相撲名古屋場所 関脇 御嶽海が初優勝 | NHKニュース – NHKオンライン

御嶽海 久司 – 日本相撲協会公式サイト

御嶽海 久司 – 相撲レファレンス

御嶽海 久司 – 出羽海部屋公式サイト

御嶽海後援会ホームページ

関連エントリ

御嶽海 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Mitakeumi Hisashi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

モンテンルパのオルゴール曲について

375px-Philippines_orthographic_projectionsvg.png

モンテンルパのオルゴール曲について

関連記事

5月18日 できごと / 1953年 – フィリピン・モンテンルパのニュー・ビリビッド刑務所で減刑・助命の活動をしていた加賀尾秀忍教誨師、歌手・渡辺はま子から前年のクリスマス慰問の際に贈られたアルバム型オルゴールを持ってマラカニアン宮殿を訪問して、エルピディオ・キリノ大統領と会見。オルゴールを贈り、日本人BC級戦犯全員の早期釈放と帰国を要請する。(5月18日 – Wikipedia

モンティンルパ市(Muntinlupa City)は、フィリピン共和国ルソン島にある市である。マニラ首都圏に属する。太平洋戦争(大東亜戦争)中の激戦地フィリピンにおいて、マニラ軍事裁判後にニュービリビット刑務所で処刑された、山下奉文大将以下17名が葬られた場所である。また、渡辺はま子のヒット曲『あゝモンテンルパの夜は更けて』で知られる、戦争犯罪者収容所の所在地であった。(モンティンルパ – Wikipedia

加賀尾 秀忍(かがお しゅうにん、1901年1月5日 – 1977年5月14日)は、昭和期に活躍した真言宗の僧侶。フィリピン・モンテンルパの戦犯刑務所で教誨師として活躍したので『モンテンルパの父』ともよばれている。概要 / 1949年11月4日、フィリピン・マニラ郊外のモンテンルパにある、当時、戦犯刑務所だったニュー・ビリビット刑務所に、病気のため早期帰国した安達本識(あだち・ほんじき)教誨師の後任として赴任する。当初、6ヶ月の任期であったが、自ら無給で残ることを決め、死刑判決を受けて、処刑の瀬戸際に立つ日本人戦犯の助命活動にたずさわる。ダグラス・マッカーサー元帥などの、当時の日本の指導者たちに助命嘆願書を提出するも、1952年1月19日には、明らかに無実の者もいる日本人BC級戦犯14名の処刑に立ち会う。3月半ばのある日、戦犯たちと会議をもち日本への世論喚起のため、歌の作成を提案する。こうして完成した歌は、死刑囚である代田銀太郎作詞で、同じく死刑囚の伊藤正康作曲の『モンテンルパの夜は更けて』である。この歌はNHKラジオ「陽気な喫茶店」で紹介され、たまたまゲストとして出演していた歌手の渡辺はま子の目にとまった。そして当時、鎌倉にあった自宅に帰ると、すぐにピアノで試し弾きをやってみて、望郷と帰国の念に駆られる感じ漂う哀しいリズムの歌であることを知った。そして、自分がかつて、戦争協力者として台湾や中国大陸各地の前線を歌で慰問して巡っていた頃の自分を責め、生涯かけて歌っていこうと心に決めると、さっそく手直しと編曲にとりかかった。具体的には当初、5番から成っていたものを2番削除して3番構成とした。そして曲名も『あゝモンテンルパの夜は更けて』と改められて発表された。レコードも宇津美清とのデュエットで吹き込んだものがビクターレコードから発売され、20万枚の売り上げを記録するなど大ヒットする。当時のローマ法王のピウス12世に協力要請を行い、フィリピン大統領へのメッセージが実現し、フィリピン大統領との会見が実現する。1953年5月、当時のフィリピン大統領エルピディオ・キリノと面会した。そして、このときに『あゝモンテンルパの夜は更けて』のオルゴールをプレゼントする。大戦末期に行われたマニラ市街戦で、妻や子を日本軍に殺害されていたキリノ大統領も、オルゴールの中の曲の作詞作曲が2人の日本人戦犯であることを加賀尾氏より知る。そして、会見から1ヶ月後の6月27日、日本人戦犯の釈放が決定される。(加賀尾秀忍 – Wikipedia

408px-.jpg

渡辺 はま子(わたなべ はまこ、1910年(明治43年)10月27日 – 1999年(平成11年)12月31日)は戦前から戦後にかけて活躍した日本の流行歌手。経歴 / 戦後 / 1952年(昭和27年)、NHKラジオ「陽気な喫茶店」を司会していた松井翠声の元に送られてきた、フィリピンの日本人戦犯が作詞作曲した曲「あゝモンテンルパの夜は更けて」を渡辺がレコード化。日本国政府の厚生省復員局と渡辺の奔走で、モンテンルパ市のニューピリビット刑務所へ慰問コンサートが実現。フィリピン政府当局に減刑、釈放を嘆願し、当時のフィリピンの首長であったキリノ大統領に日本人戦犯の釈放を決断させ、全員の日本への帰国が実現したことは、渡辺の歌手人生におけるハイライトといえる。(渡辺はま子 – Wikipedia

関連サイト

加賀尾秀忍 – NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

関連エントリ

「ああ モンテンルパの…」 (音楽の誕生) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モンテンルパ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Muntinlupa (Japan song) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

和僑会 WAOJE について

000142554.jpg

和僑会 WAOJE について

関連記事

和僑会(わきょうかい wakyokai)は、香港・中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織で、香港・シンセン・北京などに設立。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。各和僑組織は「和僑会」に現地地名を付記して活動をしている。概要 / 華僑の活動を目標に出身母体である「香港華南起業家ネットワーク」の活動を通じ、「和僑ネットワーク」を具現化。そして次の一歩で賛同の輪が世界中に広がり、各地にできたネットワークどうしが、また大きなネットワークとして成長していけるよう提言。(和僑会 – Wikipedia

関連サイト

和僑会はWAOJEとして生まれ変わりました。 | WAOJE (World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs) 公式ウェブサイト

WAOJEとは|私たちについて|WAOJE|海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワーク

WAOJE (World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs) 公式ウェブサイト

「WAOJE」が目指す世界ネットワーク — 「和僑会」から名称変更し、ビジネスのサポートも強化 | 時事とトレンド | ニュース | 商業界オンライン

関連エントリ

和僑会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

WAKYOKAI の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

WAOJE の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月9日 バターンの日(Bataan Day)

360px-.JPG

4月9日 バターンの日(Bataan Day)

関連記事

4月9日 バターンの日 [フィリピン] / 1942年のこの日、フィリピンのバターン半島が日本軍により占領された。多くの捕虜が徒歩により護送され、多数の死者が出たことから「死の行進」と呼ばれた。(4月9日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月9日 勇者の日(Araw ng Kagitingan、Bataan Day)(フィリピン) / 1942年のこの日、日本軍がフィリピンのバターン半島を占領し、バターン死の行進を起こした。追悼の日で休日。(4月9日 – Wikipedia

バターン死の行進(バターンしのこうしん、タガログ語: Martsa ng Kamatayan sa Bataan、英語: Bataan Death March)とは、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍の捕虜が、捕虜収容所に移動する際に多数死亡した行進のことを言う。全長は120kmで、その半分は鉄道とトラックで運ばれ、残り42kmを3日間徒歩で移動した。フィリピンでは、日本がアメリカ軍を破ってバターン半島を陥落させた4月9日を2009年から勇者の日 (タガログ語: Araw ng Kagitingan) としてフィリピン・アメリカの戦士を称える休日として定めている。(バターン死の行進 – Wikipedia

関連エントリ

北見藤女子高等学校とNGO法人LOOBについて ー 美幌音楽人 加藤雅夫

「ああ モンテンルパの…」 (音楽の誕生) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

バターンの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Bataan Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見藤女子高等学校とNGO法人LOOBについて

315px-Jasminum_sambac1SHSU.jpg

北見藤女子高等学校とNGO法人LOOBについて

関連記事

北見藤高で海外語学研修報告会 フィリピンでの学習の成果を発表 / 北見藤女子高校で16日、海外語学研修報告会が開かれた。昨年12月にフィリピンを訪れた2年生英語コース9人のうち、女子生徒3人が、フィリピンでの生活や研修の成果などを発表した。同校は2013年からフィリピンで活動するNGO法人LOOB(ロオブ)と提携。英語コースの希望生徒が毎年、フィリピンを訪れ、語学研修やボランティア活動などを体験している。3人は日本語と英語で発表。写真を見せながら大学でのマンツーマンの英語学習、LOOBが支援する生徒と同年代のジュニアリーダーとの交流、ホームステイやフィリピンの文化なども紹介した。「ためらわず現地の人とコミュニケーションを取ることで、積極性の大切さを学んだ」「思っていたことと違うことも多く、カルチャーショックを受けたが、乗り越えることができた」などと感想を話した。(菊)(2018年3月20日の記事 経済の伝書鳩

非政府組織(ひせいふそしき、英: non-governmental organizations、NGO)は、民間人や民間団体のつくる機構・組織であり、国内・国際の両方がある。日本語では、NGO(エヌジーオー)という言葉が、国際的なものとして使われており、「国際協力に携わる組織」や「政府を補完する側面」というような場合に使用される。ただし、英語ではNGOは可算名詞としてみなされているため、原則としてNGOsと表記される。(非政府組織 – Wikipedia

関連サイト

学校について|北見藤女子高等学校

北見藤女子高等学校 – Facebook

LOOBについて – LOOB JAPAN

NGO LOOB (Official) – ホーム | Facebook

関連エントリ

360px-.JPG

「ああ モンテンルパの…」 (音楽の誕生) – 美幌音楽人 加藤雅夫

LOOB の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北見藤女子高等学校 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「ああ モンテンルパの…」 (音楽の誕生)

375px-Philippines_orthographic_projectionsvg.png

450px-Douglas_MacArthur_lands_Leyte1.jpg

300px-Honma_Masaharu.jpg

「ああ モンテンルパの…」(音楽の誕生)
“Ah Muntinlupa of …” (Music birth)

「ああ モンテンルパの…」 (音楽の誕生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148
JICA (Japan International Cooperation Agency) Newsletter vol.148

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143)
E-mail magazine of JICA (Japan International Cooperation Agency) (vol.143)

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.143) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.139)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.139)
E-mail magazine of JICA (Japan International Cooperation Agency) (vol.139)

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.139) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.137)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.137)
E-mail magazine of JICA (Japan International Cooperation Agency) (vol.137)

JICA(国際協力機構) のメールマガジン (vol.137) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る