南米 カテゴリのアーカイブ

ブラジリアン柔術 / 北見柔術のサークル

ブラジリアン柔術 / 北見柔術のサークル

関連記事

柔術・札幌国際柔術選手権金メダル獲得 / ブラジリアン柔術サークル「北見柔術」 北見・20歳男性、佐呂間・33歳男性 / ブラジリアン柔術サークル「北見柔術」のメンバーで、北見市の公務員・20歳男性と佐呂間町の会社員・33歳男性が、10月に札幌で開かれた「札幌国際柔術選手権大会」で金メダルを獲得した。サークル誕生から1年が経過。大会で活躍するメンバーも増えており、活動が勢いづいている。 サークル誕生から1年…活動に勢い 「もっと強くなりたい」「競技人口拡大を」 / 北見柔術の代表を務める北見市の会社員・38歳男性によると、ブラジリアン柔術は柔道を基にブラジルで誕生した格闘技。投げ技もあるが寝技が基本で、絞め技と関節技が攻防の主体となる。柔道にはない、足の関節技があるのが特徴だ。代表は競技の盛んな室蘭に出張で2カ月ほど滞在した際、健康づくりのため道場に通った。「寝技が主体なので大きなけがが少なく、初心者でもテレビで見るような格闘技の魅力を味わえる」と夢中になり昨年10月、サークルを立ち上げた。格闘技が好きという2人は、インターネットでサークルの存在を知りすぐに入会した。札幌の大会は帯(実力)と階級(体重)別の個人戦で、20歳男性は7人のトーナメントを制して優勝。33歳男性は同じクラスの出場選手がいなかったため、金メダルとなった。20歳男性は「初心者でも取り組みやすく、強くなれることが実感できるのが魅力。もっと強くなりたいです」と目を輝かせる。33歳男性は「競技人口が少なく、対戦相手に恵まれないのが現状。ストレス発散や仲間づくりにもなるので、多くの人に入会してもらえたら」と呼び掛けている。北見柔術は北見市武道館を拠点に、主に土・日曜と祝日に活動。各自で入館料を支払い、稽古に励んでいる。現在の会員は中学生~50代の12人。(匡) (2019/11/30掲載(北見市/スポーツ)経済の伝書鳩)

ブラジリアン柔術(ブラジリアンじゅうじゅつ、葡: jiu-jitsu brasileiro、略称BJJ)は、グレイシー柔術から発展したブラジルの格闘技の一つ。ブラジルに移民した日本人柔道家・前田光世が自らのプロレスラーなどとの戦いから修得した技術や柔道の技術をカーロス・グレイシー、ジュルジ・グレイシーなどに伝え、彼らが改変してできあがった。ブラジルではリオデジャネイロを中心にサンパウロやクリチバなどで、長年に渡り盛んに行われている。ブラジリアン柔術には、護身術と格闘技という側面があるが、最初に前田光世から手ほどきを受けたカーロス・グレイシーの弟であるエリオ・グレイシーは小柄で喘息持ちであった。そんな彼でも自分の身を守り、体格や力の上で劣る相手でも勝てるように考案されたのがグレイシー柔術で、グレイシー柔術の武道的な側面を簡略化し、競技として発展させたものがブラジリアン柔術である。それらは、寝技の組み技主体であるが故の安全性の高さや、全くの素人からでも始められるハードルの低さから、競技人口が急速に増加している。 (ブラジリアン柔術 – Wikipedia)

関連エントリ

北見柔術 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ブラジリアン柔術 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook0

このページの先頭へ戻る

世界の民族衣装

世界の民族衣装

オセアニ地方、アアフリカ地方、ヨーロッパ地方、北アメリカ地方、南アメリカ地方

関連記事

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 各地の民族衣装 / 中国 / 中国では古代から17世紀まで漢服が着られていた。清朝では満州民族の衣服と弁髪が強制され、漢服は道士などの衣服に名残をとどめるのみとなった。現在では一部に漢服復興運動がある。 満州民族が建国した清では、細い筒袖や裾の長いスリットをもつ、乗馬に適した旗装が着用された。女性用の旗装を現代風にアレンジしたものがチャイナドレスである。中華人民共和国が成立してからは人民服(中山服)が着用されたが、21世紀の現在は洋装が広く行われている。 日本 / 日本の民族衣装である和服(着物・呉服などともいう)は、平安時代の庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期から中世にかけて上流階級にまで広がり、日本独自の発展を遂げたものである。平安時代中期以前の貴族は漢服の流れを汲む礼服などの衣装も着用しており、束帯などの儀礼的和服は漢服の影響を受けている。安土桃山時代から江戸時代にかけてはポルトガルの影響も受け、ポルトガルの衣服が日本化した股引・鯉口シャツなどは広く庶民の作業着や下着として普及した。現在では男性は紋付きの羽織・袴、女性は留袖・振袖などが正装として使われる、礼服としての和服は用途(結婚式や葬式など)によって使い分ける。普段着としては多くが廃れ、わずかに浴衣(男性では甚平・作務衣なども)が夏場に好まれている。 朝鮮半島 / 朝鮮半島の民族衣装は韓服と呼ばれており、長いプリーツ・スカートの形状をしたチマと、丈の短く結び紐があるチョゴリ(上衣)を組み合わせた女性用のチマチョゴリが代表的である。男性はやや長めのチョゴリに、パジというズボン状のものをはき、外套(トゥルマギ)を着る。騎馬遊牧民の衣装であった胡服を原型に、中国(隋・唐)の民族衣装であった漢服や、モンゴル帝国の民族服デール(胡服系)の影響を受けている。 東南アジア / ベトナムでは清朝の影響を受けた女性服、アオザイがある。 清朝の影響をあまり受けなかった地域では巻衣(ドレーパリ)形式が発達した。巻衣には、ミャンマーの僧侶が着る黄衣、一般男女が着るロンギー、マレーシアのサロン、インドネシアのスレンダン、カバヤ、フィリピンのバロン・タガログなどがある。 インド / インド人女性は、チョリというシャツ、ガーグラというスカートを履き、その上からサリーをまとう。北インドではサリーの他にサルワール・カミーズやレヘンガも着用される。北インドの男性用民族衣装はクルター・パジャマ。腰巻のルンギーやドーティーなどもある。シク教徒の男性はターバンを頭に巻く。極東部や中部山岳地帯の少数民族は、一般的なインド人の民族衣装とは異なる衣装を着用する。 (民族服 – Wikipedia)

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。 オセアニア地方 / メラネシア:タパ / フィジー:スル / タヒチ島:パレオ / アフリカ地方 / ガーナ:ケンテ / エジプト:ガラビア、ロインクロス / ケニア:カンガ / ニジェール:トベ / ヨーロッパ地方 / イタリア:トガ(古代ローマ)、マニカ・スタッカビーレ / オランダ:サボ / ギリシャ:ヒマティオン(古代)、 / ブルガリア:スクマーン / ロシア:ルバシカ、サラファン、ウシャンカ / イギリス:キルト(スコットランド) / ドイツ:レーダーホーゼン / オーストリア:ディアンドル / フランス:コアフ / 北アメリカ・南アメリカ地方 / メキシコ:ソンブレロ / パナマ:ポリェラ / チリ:ポンチョ / グアテマラ:ウィピル、 / ボリビア:ポリェラ / アメリカ合衆国:アノラック(イヌイット) (民族衣装一覧 – Wikipedia)

A folk costume (also regional costume, national costume, or traditional garment) expresses an identity through costume, which is usually associated with a geographic area or a period of time in history. It can also indicate social, marital or religious status. If the costume is used to represent the culture or identity of a specific ethnic group, it is usually known as ethnic costume (also ethnic dress, ethnic wear, ethnic clothing, traditional ethnic wear or traditional ethnic garment). Such costumes often come in two forms: one for everyday occasions, the other for traditional festivals and formal wear. Following the outbreak of romantic nationalism, the peasantry of Europe came to serve as models for all that appeared genuine and desirable. Their dress crystallised into so-called “typical” forms, and enthusiasts adopted that attire as part of their symbolism. In areas where Western dress codes have become usual, traditional garments are often worn at special events or celebrations; particularly those connected with cultural traditions, heritage or pride. International events may cater for non-Western attendees with a compound dress code such as “business suit or national dress”. In modern times, there are instances where traditional garments are required by sumptuary laws. In Bhutan, the traditional Tibetan-style clothing of gho and kera for men, and kira and toego for women, must be worn by all citizens, including those not of Tibetan heritage. In Saudi Arabia, women are also required to wear the abaya in public. (Folk costume – Wikipedia)

関連エントリ

世界の民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Folk costume の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Hola Iwabuchi, Chao Iwabuchi (Kitami Hokkaido Japan)

Hola Iwabuchi, Chao Iwabuchi (Kitami Hokkaido Japan)

関連記事

遠くアルゼンチンからいとこ家族が… 2019/11/01掲載(北見市/社会) 北見の岩淵さん宅に突然の訪問 / Hola(オラ=やぁ)!Iwabuchi。北見市高栄東町の岩淵哲也さん(73)・玲子さん(同)宅に10月30日突然、いとこ家族が顔を出した。十代で北見を離れ、アルゼンチンに渡った移民の日系二世と三世。形見のエアメールを手掛かりに、父の生家、北見市の岩淵家を訪ねた。しっかりとした日本語で「父の故郷を一度訪ねたかった」。岩淵さんの案内で念願だった先祖の墓参りを果たした。 Chao!(チャオ=またね)Iwabuchi! 念願の初墓参…北見はきれいで安心 / アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで生まれ育ち、日本は初めてのエクトル・イワブチさん(61)、マリア・イワブチさん(55)夫妻とその一男一女。 哲也さんの父・一男さんとエクトルさんの父・不捨人(ふしゃと)さんは兄弟。哲也さんによると、戦争で三男を亡くした父母が昭和10年代後半、四男の不捨人さんを兵隊に送らずに済むよう、移民に出したようだという。 不捨人さんは現地で日本人のきよ子さんと結婚。きよ子さんは4歳で熊本県から隣国パラグアイを経てアルンチンに入った移民で、2人で花屋を営み、エクトルさんを授かった。 マリアさんと結婚したエクトルさんは造園業を営み成功している。 「一生に一度、父親の生まれ育った地を訪れたかった」とエクトルさん。見知らぬ地へ頼りにしたのは、母親が大事に持っていた岩淵一男さん差出の1通の手紙。そこに書かれていた住所を手掛かりに北見にやって来た。 一男さんと不捨人さん、哲也さんはともに野付牛中学、北見北斗高校の卒業生。エクトルさんらは手掛かりを求め、北見市役所へ。さらに北見北斗高校に足を運び「親切に教えてもらいました」。 突然の訪問に驚いた哲也さん。「うれしかたです」と遠く地球の反対側からやってきた親類をもてなした。翌31日には両夫妻で北見ヶ丘霊園へ。日本の作法を知るマリアさんも静かに手を合わせ、先祖に報告した。「おやじ達も喜んでいると思います」と哲也さん。 マリアさんは「北見は自然が多く、きれいなまち」と気に入った様子。川湯温泉を観光した後は、東京と京都、広島を巡り13日に離日の予定。娘さんが働くオランダに寄って帰るそう。エクトルさんは「アルゼンチンは泥棒が多く、安心できない。北見は治安も良く素晴らしい」と名残惜しそうだった。(寒) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

Buenos Aires の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ブエノスアイレス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

岩淵哲也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

岩淵玲子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tetsuya Iwabuchi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Leiko Iwabuchi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

世界のWAOJE (世界の和僑会)

世界のWAOJE (世界の和僑会)

関連記事

WAOJE / 一般社団法人WAOJE(ワオジェ、英語: World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)は、海外在住起業家の故郷である日本を拠点に、日本及び海外における会員の相互支援、会員間交流その他会員に共通する利益を図る活動を行うことをその主たる目的とした組織。 沿革 / 2004年7月に香港にいる7人の起業家で「香港挑戦会」が発足。2009年にアジア、日本各地に支部が発足。2010年11月和僑総会発足。2016年12月に一般社団法人和僑総会発足。2017年4月に一般社団法人WAOJE に名称変更。 (WAOJE – Wikipedia)

和僑会 / 和僑会(わきょうかい)は、香港や中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。各和僑組織は「和僑会」に現地地名を付記して活動。2004年に発足して以降、2014年時点では日本国内や東南アジア諸国を含め、8カ国23都市に広がった。2016年12月に各地の和僑会を統括する機能として一般社団法人和僑総会が発足し、各地の大半の和僑会との間で本部・支部と位置づける契約を締結。2017年4月に一般社団法人WAOJEに名称変更された ことに伴い、各地の支部もWAOJEに名称変更された。なお、この時に一般社団法人和僑総会の支部とならなかった一部の和僑会は、現在もWAOJEに参加せず和僑会の名称を使い続けている。 概要 / 華僑の活動を目標に出身母体である「香港華南起業家ネットワーク」の活動を通じ、「和僑ネットワーク」を具現化。そして次の一歩で賛同の輪が世界中に広がり、各地にできたネットワークどうしが、また大きなネットワークとして成長していけるよう提言。 こうした会員間の交流や相互支援だけでなく、海外で起業を志す日本人に出資する「和僑キャピタル」により、ベンチャーキャピタルとしての活動。 (和僑会 – Wikipedia)


関連サイト

WAOJEホームページ

WAOJEの各支部 – WAOJEホームページ

関連エントリ

和僑会 WAOJE について – 美幌音楽人 加藤雅夫

和僑会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

和僑総会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Wakyokai の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

WAOJE の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

360px-2019_G20_Osaka_summit_logo.svg

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

関連記事

第14回20か国・地域首脳会合(だい14かい20かこく・ちいきしゅのうかいごう、別名: G20首脳会合、G20金融サミット、2019年G20サミット首脳会議、G20大阪サミット、英語: 2019 G20 Osaka summit)は、2019年6月28日から6月29日に大阪府大阪市で開催が予定されている「G20」(主要20か国・地域)の首脳会合。正式名称は「金融世界経済に関する首脳会合」(英語: Summit on Financial Markets and the World Economy)。 日本で初めて開催されるG20首脳会合となる。会場は大阪国際見本市会場(インテックス大阪)であった。 参加国・機関 / 37の国と機関が参加した。 招待国 / オランダ シンガポール スペイン(永久招待国) ベトナム タイ(ASEAN議長国) エジプト(AU議長国) チリ(APEC議長国) セネガル(NEPAD議長国) 国際連合 国際通貨基金 世界銀行 世界貿易機関 国際労働機関 金融安定理事会 経済協力開発機構 アジア開発銀行 世界保健機関。 文化行事 / 6月28日夜、大阪迎賓館で開かれた晩餐会と大阪城天守閣を背景とする記念撮影の後、大阪城公園で各国首脳が参加する文化行事が開催された。狂言師・野村萬斎による「三番叟」の演出、ピアニスト・辻井伸行による「花は咲く」「ラ・カンパネッラ」の演奏とオペラ歌手・中丸三千繪による演唱が披露された。 (第14回20か国・地域首脳会合 – Wikipedia)

The 2019 G20 Osaka summit is the fourteenth meeting of Group of Twenty (G20). It will be held on 28–29 June 2019 at the International Exhibition Center in Osaka. It is the first G20 summit to be hosted in Japan. (2019 G20 Osaka summit – Wikipedia)

G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。 構成国・地域は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中華人民共和国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、オーストラリア、大韓民国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域とも言い、日本の放送局であるNHKでは、先進国会合であるG7と区別して、先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。 (G20 – Wikipedia)

関連サイト

よくわかる G20大阪サミット2919 | NHK NEWS WEB

G20サミットのニュース一覧 | NHKニュース

G20大阪サミット公式ホームページ

Official website of the G20

G20(金融世界経済に関する首脳会合) | 外務省ホームページ

G20大阪サミットの開催(日本で初の開催) | 首相官邸ホームページ

関連エントリ

G20大阪サミット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 G20 Osaka summit の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター二重奏? ギター四重奏?

ギター二重奏? ギター四重奏?

関連記事

Tico-Tico no fubá” [ˈtʃiku ˈtʃiku nu fuˈba] (”sparrow in the cornmeal”, or, literally, “rufous-collared sparrow in the cornmeal”) is a Brazilian choro song written by Zequinha de Abreu in 1917. Its original title was “Tico-Tico no farelo” (”sparrow in the bran”), but since Brazilian guitarist Américo Jacomino “Canhoto” (1889–1928) had a work with the same title,[1] Abreu’s work was given its present name in 1931, and sometime afterward Aloysio de Oliveira wrote the original Portuguese lyrics. Outside Brazil, the song reached its peak popularity in the 1940s, with successful recordings by Ethel Smith, The Andrews Sisters (with English-language lyrics by Ervin Drake), Carmen Miranda and others. (Tico-Tico no Fubá – Wikipedia

関連動画

4-tissimo Guitar Quartet / Tico Tico no Fubá(ギター四重奏?)

Duo Siqueira Lima / Tico Tico (ギター二重奏?)

関連エントリ

ギター二重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ギター四重奏 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Tico Tico no Fubá の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148
JICA (Japan International Cooperation Agency) Newsletter vol.148

JICA (国際協力機構) メールマガジン vol.148 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV)
Founding, 50 anniversary – Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV)

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第89号)
E-mail newsletter from the Ministry of Foreign Affairs of Japan. Wakaru! International situation (No. 89)

創設・50周年 – 青年海外協力隊 (JOCV) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 42」

750px-Subprefectures_of_Hokkaidosvg.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 42」
Hokkaido Mail Magazine “internationalization communication No. 42″

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 42」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

練習曲1番 (ヴィラ=ロボス作曲)

Instrumentos_choro.jpg

練習曲1番 (ヴィラ=ロボス作曲)
Etude No. 1 (Villa-Lobos composer)

練習曲1番 (ヴィラ=ロボス作曲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る