津別町 カテゴリのアーカイブ

防犯標語「いかのおすし」のうた

防犯標語「いかのおすし」のうた

関連記事

美幌署が啓発動画作成 2021/08/27掲載(美幌町・津別町/社会) 美幌、津別の教育委や幼稚園などに寄贈 / 美幌警察署は、防犯標語「いかのおすし」を元に啓発動画を独自に制作した。20日には、動画を収めたDVDを美幌、津別両町の教育委員会や幼稚園、保育園などに贈った。署員が振り付けなど考案し出演 協力者のお陰で良いものができた / いかのおすし 知らない人についていかない 他人の車にのらない おおごえを出す すぐ逃げる 何かあったらすぐしらせる / 「いかのおすし」は「知らない人についていかない」「他人の車に乗らない」「大声を出す」など、子ども達が誘拐などに遭わないために必要な行動を示す言葉の一部をつなげた標語。2004(平成16)年に東京都と警視庁が考案し、全国に広まった。今回の動画は、津別駐在所の大藪悠介所長(40)が標語を元に詞や曲、振り付けを考案。大藪所長と署員が出演し、株式会社道東テレビが撮影と編集を手がけて完成した。動画は3分間で、前半はマーチ調の曲、後半は大藪所長が語りかける形で「いかのおすし」の行動を取るよう訴えている。大藪所長は以前、道警音楽隊に所属。曲では小太鼓などの演奏も担当した。制作期間は約3週間。「協力してくれた方のお陰で良いものができた」と話している。20日は警察署で交付式が行われ、鈴木一喜署長が機関の代表者にDVDを手渡し「子ども達に繰り返し見せて、効果的に活用していただけたら」とあいさつした。動画は投稿サイトYouTubeで見られるほか、峠の湯びほろ、さんさん館など両町内にあるデジタルサイネージ(映像表示システム)でも放映されている。(浩) (経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌警察署のホームページ

関連エントリー

美幌警察署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

災害出動状況 (美幌町の消防署、津別町の消防署)


災害出動状況 (美幌町の消防署、津別町の消防署)

関連記事

災害出動状況(2021年7月31日現在)
火災出動 5件
救急出動 710件
救助出動 3件
その他の出動 16件
構成町内訳( )は、前年比
火災出動
美幌町 2件 (△4)
津別町 3件 (+1)
救急出動
美幌町 591件 (+42)
津別町 119件 (△22)
救助出動
美幌町 2件 (△3)
津別町 1件 (△2)
その他の出動
美幌町 12件 (△8)
津別町 4件(+1)

関連サイト

美幌・津別広域事務組合のホームページ

関連エントリー

美幌・津別広域事務組合 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

北海道大空高等学校の野球部について

北海道大空高等学校の野球部について

関連記事

唯一の野球部員、新ユニフォームで躍動
2021/05/20掲載(大空町/スポーツ)
今年開校の大空高校・3年男子生徒
連合チーム主将として北見支部春季大会出場
甲子園目指し「新たな伝統を築いていきたい」
スポーツ一直線
主将として連合チームを引っ張る3年男子生徒(左端)
女満別高校と東藻琴高校が統合し4月に開校した大空高校の野球部で頑張っている唯一の部員、3年男子生徒。道高野連北見支部の春季大会に連合チームの一員として出場し「いつも通りを心掛けたが、少し緊張した」と言いつつ新ユニフォームで躍動した。
美幌、津別、斜里、清里と大空の5校合同で東オホーツク連合チームを組み出場した。キャッチャーを務める男子生徒は守備につくとグラウンド中に響き渡る声で、野手を鼓舞。キャプテンを任され、ベンチ内でも人一倍大きな声でチームをけん引した。
合同練習は週末しか行うことができず、平日は顧問の教師と2人で練習。「守備は特守を受けられる。一人だからこそできる練習がある」とあくまでもポジティブに胸を張る。
別々の高校だからこそ「つながる野球」を心掛けたが、新設大空高校のデビュー戦は8回2-9コールド負け。初勝利はお預けとなった。連合チームとして夏に向け「一球一球大事にして今以上に声掛けを意識していきたい」と課題を見つけた。
スカイブルーのユニフォームが気に入っている。「このユニフォームに憧れて入部してもらえるよう、新たな伝統を築いていきたい。大空高校としても甲子園に」と前を向く。(寒) (経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道大空高等学校ホームページ

関連エントリー

北海道網走郡大空町の大空高等学校(大空高校) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

全日本リコーダーコンテスト花村賞

全日本リコーダーコンテスト花村賞

関連記事

全日本リコーダーコンテスト花村賞
2021/04/21掲載(津別町/文化)
サークル「RECつべつ」
津別町を拠点に活動するリコーダーサークル「RECつべつ」(向平亮子代表)が、3月に開かれた第42回全日本リコーダーコンテスト(全日本リコーダー教育研究会主催)の一般の部合奏で金賞と、金賞の中でも特に演奏が優れた団体に贈られる花村賞を受賞した。メンバー達は快挙を喜んでいる。
一般の部合奏で金賞
目標達成への努力が形に
コンテストは小学生から一般まで62団体、うち一般の部合奏は5団体が参加。新型コロナウイルスの影響で、ホールでの演奏ではなく、5人の審査員による録音審査で入賞団体が決まった。
RECは、昨年11月の北見地区、今年1月の全道のコンテストでともに金賞を受賞。全日本では、指揮者を含め小学4年生から60代まで18人が「アフリカ組曲第17番」(S・ジーク)を演奏した。「I love music」の副題をもつ曲で「コロナ禍でも明るく笑顔になれるように」「リコーダーセミナーなどで今後も津別を訪れてほしい」などの願いを込めて選曲したという。
コロナの影響で、集まっての練習は例年の3分の1ほどに減ったが、個人練習で補った。
審査員から「美しく説得力のある音響」「複雑なリズムも乱れなく大変鮮やか」などと講評を受けた。
サークルは結成13年目。指揮者を務める女性(61)は「ハーモニーの調整に最も苦労した。出合いを大切にし、楽しく、良い演奏を目標に頑張ってきたことが賞につながった」と話している。(浩) (経済の伝書鳩)

関連エントリー

RECつべつ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

全国相撲形競技会 敢闘賞

全国相撲形競技会 敢闘賞

関連記事

全国相撲形競技会 敢闘賞 2021/04/12掲載(美幌町・津別町/スポーツ) 津別町相撲少年団 津別小4年・Hくん 津別小4年・Kくん 美幌町相撲スポーツ少年団 東藻琴小2年・Yくん / 動画で応募のシコ部門、1人相撲部門で 足の上げ方、力強さなどが評価 / 津別町と大空町の小学生3人が、全国相撲形競技会で4位に相当する敢闘賞を受賞した。津別町相撲少年団のHくん(津別小4年)が高学年シコ部門、Kくん(同)が高学年1人相撲部門、美幌町相撲スポーツ少年団のYくん(大空東藻琴小2年)が低学年シコ部門でそれぞれ受賞を果たした。新型コロナで例年の大会中止が相次ぐ中、子ども達に日頃の稽古の成果を発揮してもらおうと、千葉県柏市の相撲連盟などでつくる実行委員会が大会を企画。全国から動画を募り、全部門合わせて393人が応募した。シコ部門は、四股(しこ)の美しさを競った。Hくんは「バランスをしっかり取ろうと頑張った」、Yくんは「腰を低く落として四股が踏めた」と笑顔を見せた。1人相撲は、相手がいるかのように取組を演じる部門。Kくんは「まわしを取り、押し相撲で勝ちました。次は優勝したい」と話した。3人を指導するオホーツク相撲連盟の男性(37)は「大会が少ない中で、参加できて良かった。足の上げ方、力強さなどが評価された」と目を細めた。(浩) (経済の伝書鳩)

関連エントリー

スポーツ少年団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2020年ZEN-ONリコーダ動画コンテスト RECつべつ

2020年ZEN-ONリコーダ動画コンテスト RECつべつ

関連記事

ZEN-ONリコーダー動画コンテスト最優秀賞 2021/02/26掲載(津別町/文化)RECつべつ / 津別町のリコーダー愛好者でつくる「RECつべつ」が、リコーダー専門誌「季刊リコーダー」とZEN-ON(全音楽譜出版社)が主催する「2020ZEN-ONリコーダー動画コンテスト」のB部門(4重奏)で最優秀賞を受賞した。 B部門(4重奏)で 楽しく演奏し栄冠、3月には「全日本」控える / 定期的に演奏してきた地域の行事などがコロナ禍で相次いで中止になる中で「コンテスト参加で楽しく演奏できたら」と初めて応募した。応募期間がクリスマス前だったこともあり、クリスマスソング「ウインターワンダーランド」を選曲。小学4年生から60代まで20人が撮影に参加した。津別町民会館での撮影では、メンバーがサンタクロースの衣装を着たほか、ツリーを置いたり、イルミネーションで譜面台を飾るなどしてクリスマスの雰囲気を演出した。B部門には全国各地から30団体が応募。審査員から「楽しい演奏。全体のバランスがすばらしく、メロディーラインがしっかり浮かび上がり、リズム、ベースラインと絶妙の距離を保っていた」などと評価を受けた。代表は「新たな挑戦によって自分達の演奏が評価され、楽しく活動していることを知ってもらう機会ができてうれしい」と話している。2014年から挑戦しているリコーダーコンテストでも、1月に全道で金賞を受賞。現在は3月の全日本に向けて練習中。「コロナの影響もあり思うように練習ができていないが、納得のいく演奏を披露したい」(代表)と話している。(浩) (経済の伝書鳩)

関連サイト

2020 ZEN-ON リコーダー動画コンテスト : 全音楽譜出版社

関連エントリー

RECつべつ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美幌警察署長感謝状

美幌警察署長感謝状

関連記事

美幌警察署長感謝状 2020/12/12掲載(津別町/社会) 津別の女性に / 窃盗犯目撃し通報 連続事件の解決に貢献 / 美幌、津別町内で連続発生した窃盗事件の解決に貢献したとして、美幌警察署は9日、津別町在住の女性(74)に署長感謝状を贈った。 女性は11月8日午後3時過ぎ、不審な男が近所の民家敷地内に侵入するのを自宅から目撃し「窃盗犯ではないか」と110番通報。臨場した警察官が、窓ガラスを割って民家に侵入していた男を現行犯逮捕した。 津別や美幌町内では6月以降、この日を含めて計10件の窃盗事件が発生。署によると、男はこのうち4件の犯行を自供し、残る6件についても犯行をほのめかしているという。 署で表彰式が行われ、笠原洋署長が女性に感謝状を手渡した。女性は「(男は)窓から家の中をのぞいているようだった。背中が見えなくなったので侵入したのでないかと思った。津別や美幌で被害が出ていることは知っていたので、怖くなって通報した。捕まったと聞いた時は『これで安心して暮らせる』とほっとした」と状況を振り返った。 事件を機に、玄関の鍵を2重にかけるようにするなど、防犯への意識が変わったそう。笠原署長は「地域の皆さんの協力のお陰で地域の安心、安全が守られる。通報がなければ被害が拡大したかもしれなかった」と謝意を伝えた。(浩) (美幌警察署長感謝状 – 経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌警察署のホームページ

関連エントリー

津別の行方不明者の発見に貢献。(嘱託警察犬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

人命救助のニュース(北海道美幌警察署) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

Sören Sieg アフリカ組曲 RECつべつ

Sören Sieg アフリカ組曲 RECつべつ

関連記事

ビデオコンペティションでベスト12に選出 2020/11/27掲載(津別町/文化) 津別のリコーダーグループ「RECつべつ」 / 津別町内のリコーダー愛好者でつくる「RECつべつ」が、ドイツの作曲家ゼーレン・ジークさんが主催する「ゼーレン・ジークミュージックビデオコンペティション2020」で「ベスト12」に選ばれた。 「アジア圏の応募で最も優秀」と評価 自然のすばらしさも発信できて良かった / コンペティションは、ジークさんの曲のミュージックビデオの出来栄えを競うコンクール。今回は18カ国から39組の応募があった。 RECは、今年3月に予定されていた全日本リコーダーコンテストの出場権を獲得。コンテストではジークさんの「アフリカ組曲第15番」の演奏を予定していた。 しかし、新型コロナウイルスの影響でコンテストは中止に。大舞台で演奏する機会は失われたが、ジークさんのコンペティションが「この曲でチャレンジできる絶好の機会」と、9月に本格的に練習を再開した。 ビデオの制作は、町内の道東テレビに依頼。津別の自然を世界に発信しようと、18人が録音に参加。演奏風景は上里のノンノの森で撮影し、ビデオには町内の写真家・野宮貞市さんが撮影した風景も織り交ぜた。 また演奏には、津別駐在所長がパーカッションで参加。演奏にアフリカのエッセンスを加えた。 ジークさんから直接、結果が届き「演奏と録音のクオリティを楽しめた。北海道の景色にも感動した。ドラムも雰囲気をつくっていた。アジアからの応募で最も優秀だった」などと評価された。 代表は「コンテスト中止でこの曲を皆で演奏する機会がなくなったと思っていたのでうれしい。町内の方達の協力のお陰で制作できた。演奏を直接、ジークさんに聞いてもらえたことに加え、リコーダーを楽しんでいること、津別の自然のすばらしさを発信できて良かった」と話している。 RECのビデオは動画投稿サイトYouTubeで見ることができる。(浩) (ビデオコンペティションでベスト12に選出 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

Music Video Competition 2020! | Sören Sieg

関連エントリー

RECつべつ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

妊婦エントリー 出産サポート ( 美幌・津別広域事務組合)

妊婦エントリー 出産サポート ( 美幌・津別広域事務組合)

関連記事

妊婦エントリー【出産サポート】
妊婦さんを、緊急時に救急車で北見や網走の病院へ搬送します / このシステムは「出産時の陣痛や破水が始まった時、腹部に強い張りや出血などが起きた場合」など、ご自身または家族など関係者で病院へ搬送するための適当な手段がない場合や、救急車でなければ搬送不可能な場合に、救急車にて北見や網走の産婦人科へ迅速に搬送するものです。事前に登録することによって、緊急時に救急車を利用する時、119番通報やかかりつけ医療機関への連絡に要する時間が短縮され、出産の不安軽減を図ることができます。
事前登録手続き / 美幌消防署・津別消防署にて「妊婦事前登録者情報届出書」を、提出していただきます。「妊婦事前登録者情報届出書」を下記リンクよりダウンロードされ、必要事項を記入してお持ちいただければ、登録手続きがスムーズに行えます。
妊婦エントリーカード / 妊婦エントリーカードが新しくなりました。妊婦エントリー登録後、下記のカードをお渡しいたします。出産後、記念に残せるようカード裏面にご家族との写真をプリントすることが出来ます。
登録先・問い合せ先 / 美幌消防署グループ 救急担当 電話 0152-73-1446 津別消防署グループ 救急担当 電話 0152-76-2189
(妊婦エントリー【出産サポート】 | 美幌・津別広域事務組合)

関連サイト

美幌・津別広域事務組合 – 美幌町のウェブページ

関連エントリ

出産サポート の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

妊婦エントリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌・津別広域事務組合 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

東京五輪の成功願い花壇 (北海道津別町内)

東京五輪の成功願い花壇 (北海道津別町内)

関連記事

東京五輪の成功願い花壇 2020/08/29掲載(津別町/話題)b津別の91歳、女性 / 祈る気持ちは変わらない / 津別町在住の女性(91)が、東京五輪をテーマにした花壇を自宅の庭につくった。 縦3.5㍍、横6.5㍍ほどの花壇に、テランセラで「TOKYO」の文字と、シンボルマークの5つの輪を表現。ベゴニア、サフィニアなどで色鮮やかに周りを飾った。輪は、違う色のテランセラを使って輪の交わりも正しく表現した。 女性は過去に長くフラワーマスターなどとして活躍。自宅では毎年、テランセラを使って花壇に文字を描いている。今年のテーマは昨年のうちに決めていた。五輪は新型コロナウイルスの影響で来年に延期されたが、苗を準備していたこともあり「五輪の成功を祈る気持ちは変わらない」と予定通り進めた。 早朝から庭中の花の水やりや草取りなど世話に励む日々。「植物が一日一日成長するのを見て喜び、元気をもらっている。体が元気なうちは続けたい」とほほ笑む。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

2020年東京五輪メダルケース 山上木工 (北海道 津別町)

東京五輪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る