柿の日 の検索結果: 2 件

10月26日 柿の日 (全国果樹研究連合会カキ部会)

800px-The_farming_house_hung_a_dry_persimmon.JPG

300px-Masaoka_Shiki.jpg

10月26日 柿の日 (全国果樹研究連合会カキ部会)

柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺 (正岡子規)
核くへば 金が減るなり 東電寺 (美幌白雲)

関連記事

10月26日 柿の日 / 全国果樹研究連合会が2005(平成17)年に制定。 1895(明治28)年のこの日、俳人・正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだ。 (10月26日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月26日 記念日・年中行事 / 柿の日(日本) 1895年10月26日に正岡子規が「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことに由来。全国果樹研究連合会カキ部会が2005年に制定。 (10月26日 – Wikipedia)

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(かきくえばかねがなるなりほうりゅうじ)は、正岡子規の俳句。生涯に20万を超える句を詠んだ子規の作品のうち最も有名な句であり、芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」と並んで俳句の代名詞として知られている。 (柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 – Wikipedia)

関連エントリ

柿の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

原子力と柿の日。(10月26日)

600px-Radioactive_svg.png

800px-Koshuhyakume_Persimmon.JPG

Astro_boy.jpg

300px-Masaoka_Shiki.jpg

「核くへば 金が減るなり 東電寺」(美幌白雲)
「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」(正岡子規)

原子力と柿の日。(10月26日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る