スペイン カテゴリのアーカイブ

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

関連記事

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。 イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

ギター朋友・同年生まれの楽友 荘村清志さんは、1996年に逝去した武満徹の遺作「森の中で」を、北海道紋別市で初演した。 美幌町のインド料理店「クリシュナ」で、武満徹作曲「美幌町町歌」SPレコードを聴いて、荘村清志さんは大感激した。(2008年夏)

関連記事

武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 ギターのための作品 / フォリオス / ヒロシマという名の少年 / すべては薄明のなかで / ギターのための小品 -シルヴァーノ・ブソッティの60歳の誕生日に- / 不良少年エキノクス / 森のなかで (武満徹の作品一覧 – Wikipedia)

荘村 清志(しょうむら きよし Kiyoshi Shomura、1947年10月13日 – )は、日本のクラシックギターのギタリスト。 活動 / 荘村清志の功績の一つに、日本人作曲家に積極的に作品を委嘱し、現代ギター作品のレパートリーを拡大したことがある。とくに武満徹には74年に「フォリオス」、93年に「エキノクス」(初演94年)を委嘱し、ギタリストにとって重要なレパートリーの一つとなっている。また「ギターのための12の歌」は荘村清志のために編曲された。 エピソード・人物像 / 武満徹に初めて作品を依頼する際、面識がなかったが武満の自宅に直接電話をし会う約束をつけた。荘村自身は「当時、武満さんはノヴェンバー・ステップスによって、世界で脚光を浴び、雲の上の存在だった。そこに無名の一ギタリストがたずねて行って、今思ってもよく曲を書いて下さったものだ。」と語っている。武満は作曲するのを迷ったが、 夫人の「若い音楽家の為に書いてあげなさいよ」という言葉によって「フォリオス」が作曲された。これがきっかけになり、武満はその後数曲のギター作品を作曲している。死の半年前に書かれた「森のなかで – ギターのための3つの小品 -」の第二曲は荘村に捧げられた。 (荘村清志 – Wikipedia)

関連サイト

ギターとともに歩む – 荘村清志ホームページ

関連エントリ

武満徹の作品一覧 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ギターのための作品 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

荘村清志 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Shomura の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

344px-El_pelele.jpg

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

その昔、北海道の北見市民会館で、アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏を聴きました。横田先生、ありがとうございました。

関連記事

アリシア・デ・ラローチャ・デ・ラカジェ(Alicia de Larrocha de la Calle, 1923年5月23日 – 2009年9月25日)は、スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。人物 / バルセロナに生まれ、地元でグラナドスの愛弟子であるフランク・マーシャルに師事。5歳で初舞台を踏んでから、世界各地で演奏活動や録音活動に活躍した。アルベニスやグラナドス、ファリャ、モンポウ、モンサルバーチェといった、19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名だが、手が小さく8度しか届かない中で美しく照り輝く音色と正確な演奏技巧、音楽の自然な呼吸と安定感ある曲の運びによって、モーツァルトやショパン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフにも優れた解釈を示した。独奏曲だけでなく、モーツァルトのピアノ協奏曲を得意として録音もしており、カーネギー・ホールでの引退コンサートでも、室内楽版を演奏した。2009年9月25日、バルセロナの病院で死去。(アリシア・デ・ラローチャ – Wikipedia

Alicia de Larrocha y de la Calle (23 May 1923 – 25 September 2009) was a Spanish pianist and composer. She was considered one of the great piano legends of the 20th century. Reuters called her “the greatest Spanish pianist in history”, Time “one of the world’s most outstanding pianists” and The Guardian “the leading Spanish pianist of her time”. She won multiple Grammy Awards and a Prince of Asturias Award for the Arts. She is credited with bringing greater popularity to the compositions of Isaac Albéniz and Enrique Granados. In 1995, she became the first Spanish artist to win the UNESCO Prize. (Alicia de Larrocha – Wikipedia

音楽動画

フランツ・リストのピアノ曲『ラ・カンパネッラ』(La Campanella)ピアノ演奏 / アリシア・デ・ラローチャ。

関連エントリ

アリシア・デ・ラローチャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

フェデリコ・モンポウ(Frederic Mompou)について

800px-Pilgrims.jpg

フェデリコ・モンポウ(Frederic Mompou)について

関連記事

フェデリコ・モンポウ(カタルーニャ語:Frederic Mompou i Dencausse、スペイン語:Federico Mompou, 1893年4月16日 バルセロナ – 1987年6月30日 バルセロナ)は20世紀スペインの作曲家。カタルーニャ地方のバルセロナ出身。作品一覧 / ギター曲 / コンポステーラ組曲(Suite Compostelana)1962年、歌と踊り 第13曲 1986年、歌と踊り 第10曲(ピアノ独奏曲からの編曲)。(フェデリコ・モンポウ – Wikipedia

Frederic Mompou Dencausse (Catalan pronunciation: moom-POH; alternatively Federico Mompou; 16 April 1893 – 30 June 1987) was a Spanish composer and pianist. He is remembered for his solo piano music and, to a degree, his songs. (Federico Mompou – Wikipedia

関連エントリ

ギタリスト村治佳織インタビュー動画「モンポウを語る」 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェデリコ・モンポウ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Frederic Mompou の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

450px-Alstromeria_aurantiaca1.jpg

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was born into a family of humble origin in Lorca, Region of Murcia. His father gave him his first guitar when he was four years old, and took the boy five miles on a donkey to and from lessons three days a week. Yepes took his first lessons from Jesus Guevara, in Lorca. Later his family moved to Valencia when the Spanish Civil War started in 1936. On 16 December 1947 he made his Madrid début, performing Joaquín Rodrigo’s Concierto de Aranjuez with Ataúlfo Argenta conducting the Spanish National Orchestra. The overwhelming success of this performance brought him renown from critics and public alike. Soon afterwards, he began to tour with Argenta, visiting Switzerland, Italy, Germany, and France. During this time he was largely responsible for the growing popularity of the Concierto de Aranjuez, and made two early recordings, both with Argenta[6] – one in mono with the Madrid Chamber Orchestra (released between 1953 and 1955), and the second in stereo with the Orquesta Nacional de España (recorded in 1957 and released in 1959). On 18 May 1951, as he leant on the parapet of a bridge in Paris and watched the Seine flow by, Yepes unexpectedly heard a voice inside him ask, “What are you doing?” He had been a nonbeliever for 25 years, perfectly content that there was no God or transcendence or afterlife. But that existential question, which he understood as God’s call, changed everything for him. He became a devout Catholic, which he remained for the rest of his life. In 1952 a work (”Romance”), Yepes claims to have written when he was a young boy,[10] became the theme to the film Forbidden Games (Jeux interdits) by René Clément. Despite Yepes’s claims of composing it, the piece (”Romance”) has often been attributed to other authors; indeed published versions exist from before Yepes was even born[citation needed], and the earliest known recording of the work dates from a cylinder from around 1900.[citation needed] In the credits of the film Jeux Interdits, however, “Romance” is credited as “Traditional: arranged – Narciso Yepes.” Yepes also performed other pieces for the Forbidden Games soundtrack. His later credits as film composer include the soundtracks to La Fille aux yeux d’or (1961) and La viuda del capitán Estrada (1991). He also starred as a musician in the 1967 film version of El amor brujo. In Paris he met Maria Szumlakowska, a young Polish philosophy student, the daughter of Marian Szumlakowski, the Ambassador of Poland in Spain from 1935 to 1944. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. In 1964, Yepes performed the Concierto de Aranjuez with the Berlin Philharmonic Orchestra, premièring the ten-string guitar, which he invented in collaboration with the renowned guitar maker José Ramírez III. After 1964, Yepes used the ten-string guitar exclusively, touring all six inhabited continents, performing in recitals as well as with the world’s leading orchestras, giving an average of 130 performances each year. He recorded the Concierto de Aranjuez for the first time with the ten-string guitar in 1969 with Odón Alonso conducting the Orquesta Sinfonica R.T.V. Española. Apart from being a consummate musician, Yepes was also a significant scholar. His research into forgotten manuscripts of the sixteenth and seventeenth centuries resulted in the rediscovery of numerous works for guitar or lute. He was also the first person to record the complete lute works of Bach on period instruments (14-course baroque lute). In addition, through his patient and intensive study of his instrument, Narciso Yepes developed a revolutionary technique and previously unsuspected resources and possibilities. He was granted many official honours including the Gold Medal for Distinction in Arts, conferred by King Juan Carlos I; membership in the Academy of “Alfonso X el Sabio” and an Honorary Doctorate from the University of Murcia. In 1986 he was awarded the Premio Nacional de Música of Spain, and he was elected unanimously to the Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. In the 1980s, Yepes formed Trio Yepes with his son Ignacio Yepes on flute and recorder and his daughter Ana dancing to her own choreography. After 1993, Narciso Yepes limited his public appearances due to illness. He gave his last concert on 1 March 1996 in Santander (Spain). He died in Murcia in 1997, after a long battle with lymphoma. (Narciso Yepes – Wikipedia

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。(ナルシソ・イエペス – Wikipedia



関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

Ana Yepes (アナ・イエペス)| earlydance.org

Ana Yepes(アナ・イエペス) | Facebook

関連エント

Trio Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

トリオ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月23日の記念日「サン・ジョルディの日」について

4月23日の記念日「サン・ジョルディの日」について

関連記事

4月23日 サンジョルディの日 / 元々はスペイン・カタロニア地方の習慣で、この日、守護聖人サン・ジョルディを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る。この日は「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日でもあるため、スペインでは「本の日」とされている。日本では日本書店組合連合会、日本カタロニア友好親善協会等が1986年から実施している。 4月23日 世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day) / 国際デーの一つ。スペインからの提案により、1995年のユネスコ総会で採択された。この日はスペインの習慣である「サン・ジョルディの日」であり、また、セルバンテス、シェイエクスピアなど多くの文筆家の誕生日や命日であることに因むものである。 4月23日 子ども読書の日 / 2001年12月に制定。文部科学省が実施。こどもの読書活動についての関心と理解を深め、こどもが積極的に読書活動を行う意慾を高めることを目的としている。(4月23日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月23日 記念日 / 竜退治の伝承があるキリスト教の聖人、ゲオルギオス(?-303)殉教。後にスペインの書店がこの日とセルバンテスの命日などを結び付け、今日では書物を贈るサン・ジョルディの日となっている。 4月23日 聖ゲオルギオスの日(サン・ジョルディの日、聖ジョージの日)キリスト教の聖人ゲオルギオスの聖名祝日。4月23日 世界図書・著作権デー(世界本の日)(世界)。 4月23日 子ども読書の日(日本)。(4月23日 – Wikipedia

サン・ジョルディの日(カタルーニャ語: Diada de Sant Jordi)は、スペイン・カタルーニャ地方における、キリスト教の聖人・聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)の聖名祝日(ゲオルギオスの日)。4月23日に行われる。この日は「本の日」とも呼ばれ、カタルーニャでは親しい人に本を贈る記念日とされている。この風習は20世紀後半に「サン・ジョルディの日」の名とともに日本へも紹介された。国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) は、スペインからの提案に基づき4月23日を「世界図書・著作権デー」(世界本の日)に制定している。また、日本では4月23日が「子ども読書の日」と定められている。カタルーニャの「本の日」 / 聖ゲオルギオス(カタルーニャ語: サン・ジョルディ)は、ドラゴン退治の伝承を持つキリスト教の聖人で、カタルーニャ地方の守護聖人である。4月23日はこの聖人が殉教した命日で、これを記念して聖名祝日となっている。カタルーニャでは、伝統的にこの祝日に男女が赤いバラなどを贈りあうという、バレンタインデーと似た風習があった。聖ゲオルギオスが退治したドラゴンの血が赤いバラになったという伝承があり、中世以来聖ゲオルギオスは赤いバラと結び付けられていた。このためサン・ジョルディの日は「バラの日」(El dia de la Rosa)とも呼ばれている。サン・ジョルディの日は「本の日」(El dia del Llibre)としても知られているが、この日に本を贈るという風習は、20世紀初頭に始まった比較的浅い伝統である。4月23日は、小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの伝説上の誕生日(1564年)であって命日(1616年)である。日本における「本の日」の展開 / 日本では、日本書店商業組合連合会と日本・カタルーニャ友好親善協会などが、1986年に4月23日を「サン・ジョルディの日」と定めた。2001年12月に公布された子どもの読書活動の推進に関する法律第10条において4月23日は「子ども読書の日」に定められている。ユネスコの「世界本の日」 / 国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) は、1995年11月に開催された総会において、4月23日を「世界図書・著作権デー」(世界本の日)に制定している。これは、スペインからの提案に基づいたものである。この記念日は翌1996年から実施された。(サン・ジョルディの日 – Wikipedia

関連サイト

日本・カタルーニャ友好親善協会のホームページ

日本・カタルーニャ友好親善協会 – ホーム | Facebook

関連エントリ


カタルーニャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

世界本の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

こども読書の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サン・ジョルディの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

375px-Tuning_fork_on_resonator.jpg

佐々木昭一郎(Shoichiro Sasaki) 中尾幸世(Sachiyo Nakao)

関連記事

佐々木 昭一郎(ささき しょういちろう Shoichiro Sasaki、1936年1月25日 – )は、映像作家、映画監督、元NHKドラマディレクターである。東京都出身。経歴 / 立教大学経済学部卒業後、1960年NHKに入局し、芸能局ラジオ文芸部でラジオドラマの演出を手がけた。処女作は『都会の二つの顔』(1963年、ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞、芸術祭奨励賞)。1968年テレビドラマ部に異動し、『銀河テレビ小説』のADなどを務めると同時に多くの受賞作を生んだ。1995年に定年もあってNHKを退局。その後はフリーディレクターとして活動。文教大学情報学部教授としても10年にわたり教鞭をとった。演出の特徴 / ロケ先現地の一般人に演技をつけて撮影するドキュメンタリー調の作風と、音・音楽の重視が特徴である。例えば『さすらい』ではフォークソング、『四季・ユートピアノ』ではピアノそしてマーラーの交響曲第四番第一楽章および第四楽章が効果的に使われている。また『川の流れはバイオリンの音』ではヴァイオリンが繰り返し扱われる。主な作品 / 夢の島少女(1974年) – 中尾幸世のデビュー作。四季・ユートピアノ(1980年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。放送文化基金賞ドラマ番組部門本賞。ギャラクシー賞。イタリア賞テレビドラマ部門グランプリ。国際エミー賞優秀作品賞。全米でネットワーク放送。川3部作 – オール海外ロケ作品。川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜(1981年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門大賞。イタリア市民賞。アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編(1983年)春・音の光 川(リバー) スロバキア編(1984年) – 文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞。芸術選奨文部大臣賞。毎日芸術賞。(佐々木昭一郎 – Wikipedia

『川の流れはバイオリンの音』(かわのながれはバイオリンのおと)は、NHKが制作した、音楽を題材としたテレビドラマである。正式なタイトルは『NHK特集 川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』。概要 / 本作の製作・演出は佐々木昭一郎。主演は中尾幸世。第36回芸術祭ドラマの部大賞受賞。初出はNHK総合テレビ「NHK特集」で、放送日時は1981年5月1日19時30分 – 20時50分。1982年には海外版も制作された。何度か再放送され、他の佐々木作品と並んでDVD化の要望も高い。佐々木作品『夢の島少女』(1974年)でデビューした中尾が、同じく佐々木作品『四季・ユートピアノ』(1980年)に続いて調律師「栄子(A子)」に扮し主演した。作中A音の特異性には言及があるが、『四季…』でピアノ調律師として独立した榮子と本作の栄子とが同一人物であるかは明示されていない。妹のヴァイオリンを壊してしまったA子はクレモナのヴァイオリン工房を訪れる。そこで出会うのは、イタリア・ポー川の人々である。白馬のルイジ、漁師マリオ、アントニオ、ルーカ少年…… 歌声、楽器の音、自然の音、町の音と共にA子は彼等と出会い別れていく。A子の独白によって進行するドキュメンタリー風の作品で、あえて配役に現地の素人を起用した点も作風を支えている。ヴィヴァルディ『四季』第4楽章の第2主題「暖炉の火」が頻用される。佐々木はこのシリーズを更に続け、後の2作を含め、『川の流れはバイオリンの音 〜イタリア・ポー川〜』(1981年)『アンダルシアの虹 川(リバー) スペイン編』(1983年)『春・音の光 川(リバー) スロバキア編』(1984年)を総称して「川3部作」と呼ぶ。(川の流れはバイオリンの音 – Wikipedia

関連サイト

微音空間 中尾幸世

中尾幸世 | NHK人物録 | NHKアーカイブス – NHK語学番組 – NHKオンライン

関連エントリ

佐々木昭一郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

中尾幸世 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ナルシソ・イエペスの娘 アナ・イエペス(Ana Yepes)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

250px-W_carnation4051.jpg

ナルシソ・イエペスの娘 アナ・イエペス(Ana Yepes)

1993年の11月17日、イエペス・トリオの北海道公演(旭川市公会堂)。ナルシソ・イエペス、イエペス夫人のマリーシヤ・イエペス、息子夫妻のイグナシオ・イエペス、娘のアナ・イエペスと楽しい食事会でした。これが、ナルシソ・イエペスと最後のお別れになってしまつた。アナ・イエペスとは今でも交流が続いている。

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was a Spanish guitarist. In Paris he met Marysia Szumlakowska, a young Polish philosophy student. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. (Narciso Yepes – Wikipedia

関連サイト

Ana Yepes | earlydance.org

ナルシソ·・イエペス公式ホームページ(Narciso Yepes Official Homepage)

Ana Yepes | Facebook

関連エントリ

クラウドファンディング – アナ・イエペス (Ana Yepes) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

禁じられた遊び / 愛のロマンス / ナルシソ・イエペス

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

禁じられた遊び / 愛のロマンス / ナルシソ・イエペス

1966年、ナルシソ・イエペスの札幌公演(道新ホール)。控室で、ナルシソ・イエペスのギターを弾いた。初対面でした(美幌音楽人 加藤雅夫 19歳)。

1980年の6月、ナルシソ・イエペスの北海道札幌公演(札幌市教育文化会館)。ナルシソ・イエペス、小原安正、梶本尚靖、大塚房喜らと食事も同行、 夢のような出来事でした。ますますギターが大好きに…。

1993年の11月17日、イエペス・トリオの北海道公演(旭川市公会堂)。ナルシソ・イエペス、イエペス夫人のマリーシア、息子のイグナシオ・イエペス夫妻、娘のアナ・イエペスと楽しい食事会でした。これが、ナルシソ・イエペスとの最後のお別れになってしまいました。娘のアナ・イエペスとは今も交流が続いています。

関連記事

『禁じられた遊び』(きんじられたあそび、原題: Jeux interdits )は、1952年に公開されたフランス映画である。アカデミー賞名誉賞(後の外国語映画賞に当たる)、ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞などを受賞した。撮影の予算オーバーによりオーケストラを組むことが出来ず、劇伴は全編を通してナルシソ・イエペスがギター一本で演奏した。これにより「愛のロマンス」が世に出ることとなった。(禁じられた遊び – Wikipedia

「愛のロマンス」(あいのロマンス)は、ギターの楽曲。起源についてはスペインの民謡とされることが多いが、19世紀後半にギターの練習用として作られたものと考えられており、実際にクラシック・ギターの練習曲の定番として広く演奏されている。作曲者についても諸説あるが、スペインのギター奏者アントニオ・ルビーラとする説が有力とされている。最初に映画で使われたのは1941年に製作されたアメリカ映画『血と砂』であるが、1952年のフランス映画『禁じられた遊び』の主題曲としてギタリストのナルシソ・イエペスが編曲・演奏したことで世界的に知られるようになった。タイトルも「Romance Anónimo(名前のないロマンス)」、「Estudio en Mi de Rubira(ルビーラによるホ調練習曲)」、「Romance de España(スパニッシュ・ロマンス)」など多数の表記が見られる。(愛のロマンス – Wikipedia

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。 来歴 / 1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。(ナルシソ・イエペス – Wikipedia

関連サイト

ナルシソ·・イエペス公式ホームページ(Narciso Yepes Official Homepage)

関連エントリ 

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

禁じられた遊び の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

愛のロマンス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る