西欧 カテゴリのアーカイブ

ポール・ゴーギャンの絵画作品 マンドリン HK Kim


ポール・ゴーギャンの絵画作品 マンドリン HK Kim

関連記事

ポール・ゴーギャンの作品一覧 / ポール・ゴーギャンの作品一覧はフランスの画家であるポール・ゴーギャンの作品を示す。 椅子の上にあるマンドリン / マンドリンと花 / ギタリスト(フランシスコ・ドゥリロの肖像) (ポール・ゴーギャンの作品一覧 – Wikipedia)

関連サイト

Mandolin Life with HK Kim – YouTube

HK Kim | Facebook

HK Kim 김혜경 (@HKKim_mandolin) | Twitter

HK Kim on Instagram

関連エントリ

「馬鹿なことをできなくなった若者は既に老人である」
ポール・ゴーギャン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

枯葉 (歌曲) アンドレ・リュウ

枯葉 (歌曲) アンドレ・リュウ

André Rieu – Les Feuilles Mortes (Autumn Leaves)

関連記事

アンドレ・リュウ(André Rieu, 1949年10月1日 – )は、オランダの音楽家。マーストリヒト出身。 世界中で演奏活動を行い、欧米で爆発的な人気を誇っている。ウィンナ・ワルツに特に造詣が深いことで知られ、自身でヨハン・シュトラウス・オーケストラ(英語版)を結成した。ヨハン・シュトラウス2世と同じく、「ワルツ王」のあだ名で呼ばれる。 日本での演奏活動 / 近年では日本をはじめ、アジア各国でもその演奏は知られるようになった。2001年10月に、初めて東京でコンサートを開いて以来、ほぼ毎年秋(2005年・2008・2010年以降は開催なし、2009年は3月に開催)に日本でのコンサートツアーを行なう。会場の規模の関係で、派手で大がかりな演出は出来ないものの、カラフルな衣装に奇想天外なパフォーマンスを随所に盛り込んでいる。また、公演の終盤では『美しく青きドナウ』の演奏に合わせ、ステージ前で即興のダンスタイムもあり、これらを楽しみに会場に来るファンも少なからずいる。 坂本九のヒット曲「上を向いて歩こう」や、長崎県の童謡である「でんでらりゅう」、2002年公開の映画『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)の主題歌を演奏するなど、日本においても知名度が高くなった音楽家である。 (アンドレ・リュウ – Wikipedia)

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

枯葉 (歌曲) エリック・クラプトン

枯葉 (歌曲) エリック・クラプトン

関連記事

枯葉 (歌曲) / 『枯葉』(かれは、仏題:Les Feuilles mortes )は、シャンソンの代表的な楽曲である。 / オリジナル「Les Feuilles mortes」 / 英語版「Autumn Leaves」 / 日本語版「枯葉」 / 関連項目 / 枯葉 (1956年の映画) – ナット・キング・コールの英語バージョンが主題歌として使用された。 (枯葉 (歌曲) – Wikipedia)

関連サイト

クラプトンが語る、ナゼ「枯葉」を取り上げたのか | Eric Clapton / エリック・クラプトン | Warner Music Japan

枯葉: 二木紘三のうた物語

関連エントリ

エリック・クラプトン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

September Song セプテンバーソング (9月の歌)

September Song セプテンバーソング (9月の歌)

今日(9月3日)は、ドラえもんと北海道美幌町の音楽人・加藤雅夫の誕生日です。

関連記事

ナット・キング・コール アメリカ合衆国のジャズ・ピアニスト、歌手 / ナット・キング・コール(Nat King Cole、1919年3月17日 – 1965年2月15日)[1]は、アメリカのジャズ・ピアニスト、歌手。 (ナット・キング・コール – Wikipedia

ジョージ・シアリング / ジョージ・シアリング OBE(Sir George Shearing OBE、1919年8月13日 – 2011年2月14日)は、イギリス生まれのジャズピアニスト。アメリカに渡ってクール・ジャズの第一人者として活動し、作曲家としても「バードランドの子守唄」等のスタンダード・ナンバーを生み出した。 ロンドン生まれ。生後間もなく盲目となるが、3歳でピアノを始める。 (ジョージ・シアリング – Wikipedia)

関連エントリ

チャールズ・チャップリン(Charle Chaplin)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

2112年9月3日、ドラえもんが誕生!(100年前) – 美幌音楽人 加藤雅夫

今日(9月3日)は、ドラえもんと雅夫の誕生日です – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

レ・ミゼラブル (NHKの海外ドラマ)

レ・ミゼラブル (NHKの海外ドラマ)
NHK総合テレビ 3月15日(日) 放送スタート 毎週日曜 午後11時
2018年制作 イギリス(BBCのテレビドラマ)

関連記事

レ・ミゼラブル フランスの小説作品 / 『レ・ミゼラブル』(フランス語: Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説。 原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。 概要 / 1本のパンを盗んだたことをきっかけに、結果として19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描く作品である。作品中ではナポレオン1世没落直後の1815年から、ルイ18世・シャルル10世の復古王政時代を経て、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代の最中の1833年までの18年間を描いており、さらに随所でフランス革命、ナポレオンの第一帝政時代と百日天下、七月革命とその後勃発した六月暴動の回想・記憶が挿入される。当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活も、物語の背景として詳しく記載されている。 日本では始め、森田思軒が一部を「哀史」の題名で訳したが完訳には至らず、黒岩涙香による翻案が『噫無情』(ああむじょう)の題で1902年(明治35年)10月8日から1903年(明治36年)8月22日まで『萬朝報』に連載され、これによってユーゴーの名が広く知れわたることになった。 また銀の燭台のエピソードのみに編集され、小学生向けに道徳の教科書に掲載されたり、児童向けの書籍がある。 テレビドラマ 海外版 / 2018年にイギリスで製作されたテレビドラマ(en:Les Misérables (2018 miniseries)) 日本では2020年3月15日からNHKで吹き替え版を放送(『レ・ミゼラブル』(NHKオンライン))。 (レ・ミゼラブル – Wikipedia)

関連サイト

レ・ミゼラブル – NHKのホームページ

関連エントリ

レ・ミゼラブル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ドイツの作曲家 ハインリッヒ・リヒナー (Heinrich Lichner)

ドイツの作曲家 ハインリッヒ・リヒナー (Heinrich Lichner)

関連記事

Heinrich Lichner (6 March 1829 – 7 January 1898) was a prolific German composer, best known today for his teaching pieces – simple piano works written for students. He was born in Harpersdorf, Silesia. His sonatinas, including Opp. 4, 49, and 66 (among others) are in a light, fluent classical style, although the harmony occasionally betrays the influence of romanticism. He was also a director and organist – he worked as organist at the church of the 11,000 virgins, and spent a part of his life as the director of a saengerbund (choral festival) in Breslau, where he died. (Heinrich Lichner – Wikipedia)

ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。 文化 / 語源にまつわる伝説 / 中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。 昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。 このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで Vergissmeinnicht と呼ばれ、英名もその直訳の forget-me-not である。日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の多くの言語でも、同様の意味の名前が付けられている。 花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。 (ワスレナグサ – Wikipedia)

関連サイト

FORGET-ME-NOT(忘れな草)

山岸勝榮英語辞書・教育研究室のホームページ

関連エントリ

ハインリッヒ・リヒナー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Heinrich Lichner の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Ode to the West Wind / 西風に寄せる歌


Ode to the West Wind / 西風に寄せる歌

秋去冬來春不遠。秋去て冬来りなば春遠からじ。
If winter comes, can spring be far behind ?

冬の厳しさの中に、すでに春は来ているんだね。そうさ、希望ひとつで生きるのさ。家庭・学校・社会・経済そして健康生活の挫折は、人生の挫折ではないんだね。そうさ、絶望しないで一歩前進してごらん。あなたの人生がチョッピリ? いや、大きく変わるかも! (美幌音楽人 加藤雅夫)

関連記事

パーシー・ビッシュ・シェリー(Percy Bysshe Shelley、1792年8月4日 – 1822年7月8日)は、イングランドのロマン派詩人。小説家のメアリー・シェリーは妻。 長詩『西風の賦』または『西風に寄せる歌』(Ode to the West Wind, 1819年)(末句「冬来たりなば春遠からじ」(”If Winter comes, can Spring be far behind?”が日本では有名) (パーシー・ビッシュ・シェリー – Wikipedia)

西風に寄せる歌 / “Ode to the West Wind” is an ode, written by Percy Bysshe Shelley in 1819 near Florence, Italy. It was originally published in 1820 by Charles in London as part of the collection Prometheus Unbound, A Lyrical Drama in Four Acts, With Other Poems. Perhaps more than anything else, Shelley wanted his message of reform and revolution spread, and the wind becomes the trope for spreading the word of change through the poet-prophet figure. Some also believe that the poem was written in response to the loss of his son, William (born to Mary Shelley) in 1819. The ensuing pain influenced Shelley. The poem allegorises the role of the poet as the voice of change and revolution. At the time of composing this poem, Shelley without doubt had the Peterloo Massacre of August 1819 in mind. His other poems written at the same time—”The Masque of Anarchy”, Prometheus Unbound, and “England in 1819″—take up these same themes of political change, revolution, and role of the poet. (Ode to the West Wind – Wikipedia)

関連サイト

ODE TO THE WEST WIND

関連エントリ

冬の訪れを告げる 風物詩 – 美幌音楽人 加藤雅夫

一つの命を守るために – 美幌音楽人 加藤雅夫

Haiku of The Day (Japan) – 美幌音楽人 加藤雅夫

乳がん闘病記「4分の3の乳房」(北見市、佐藤りかこ)発行 – 美幌音楽人 加藤雅夫

手作り短冊「緑萌え 生きるよろこび」(美幌町配食サービス) – 美幌音楽人 加藤雅夫

西風に寄せる歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町にゆかりのある著名人 前川市治郎(クッシーとネッシーの歌)

1372D4F4-2703-42C7-BE3C-329AD89DDE35
24E306DD-F524-4127-A759-A9F29BB26B31

美幌町にゆかりのある著名人 前川市治郎(ビホロホテル、クッシーとネッシーの歌)

ネッシーとクッシーの歌 / ネッシーとクッシー(1976年 作詞 前川市治郎、作曲 牧野民治、編曲 前田俊明、歌手 田中星児)

関連記事

クッシーは、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)。有名なイギリスのネス湖に生息するネッシーに倣って名付けられた。目撃証言以外にも、湖面の波紋などが幾つかの写真にも納められているが、正体は不明とされている。 (クッシー – Wikipedia)

ネッシー 英国ネス湖に存在するとされる未確認生物 / ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。 (ネッシー – Wikipedia)

関連サイト

美幌町にゆかりのある著名人を探しています – 美幌町のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町)美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシーの歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

前川市治郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲)

エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲)

死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。
人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。
下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 (チャップリンの言葉)

人生は、希望ひとつで生きられる (美幌音楽人加藤雅夫の言葉)

関連記事

「エターナリー」(Eternally)は、チャールズ・チャップリン監督・主演による1952年公開の映画『ライムライト』の主題歌。チャップリンの自作曲で、作詞はジェフリー・パーソンズ(英語版)、ジョン・ターナー(英語版)。第45回アカデミー作曲賞を受賞した。「テリーのテーマ」(Terry’s Theme )の別称もある。 (エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲) – Wikipedia)

『ライムライト』(Limelight)は、1952年製作のアメリカ合衆国の映画。チャールズ・チャップリン監督。上映時間137分。 キャッチコピー / 美しきバレリーナに よせる心を秘めて 舞台に散った道化の恋… 名優の至芸と 愛の名曲でうたい上げる 感動のチャップリン・シンフォニー(73年のリバイバル時) (ライムライト (映画) – Wikipedia)

関連動画(YouTube)

Chaplin at His Home in Switzerland ◦ 1975 ◦ Chaplin svájci otthonában

関連エントリ

チャップリン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

エターナリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ライムライト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1969年のフランス映画 クリスマスツリー

1969年のフランス映画 クリスマスツリー

ミシェル・バタイユのベストセラー小説『クリスマス・ツリー』の映画化。

関連記事

L’Arbre de Noël (internationally released as The Christmas Tree) is a 1969 French drama film directed by Terence Young. It was defined as “the most tearful film of sixties”. The film was co-produced by Italy where it was released as L’albero di Natale. Plot / The story follows a Frenchman named Laurent and his son Pascal, who live somewhere in France. Along the way, the widower Laurent meets and falls for the beautiful Catherine, but also learns that his son is dying after witnessing the explosion of a plane with a nuclear device inside. Finding this out, Laurent and Pascal have a string of adventures with Catherine along. (The Christmas Tree (1969 film) – Wikipedia)

L’Arbre de Noël film sorti en 1969 / L’Arbre de Noël (The Christmas Tree) est un film franco-italien réalisé par Terence Young, sorti en 1969. (L’Arbre de Noël – Wikipedia)

関連動画

L’arbre de Noël / Brook Fuller (クリスマス ツリー) – YouTube

関連エントリ

クリスマスツリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る