西欧 カテゴリのアーカイブ

12月16日 アニーローリー (誕生日)

img_history30_03_2.jpg

12月16日 アニーローリー (誕生日)

関連記事

12月16日 誕生日 / 1682年 – アニーローリー、スコットランド民謡「アニーローリー」で歌われた絶世の美人 (12月16日 – Wikipedia)

『アニーローリー』(Annie Laurie)は、代表的なスコットランド民謡として知られる楽曲。ウィリアム・ダグラス(William Douglas 1672? – 1748)の詩をもとにして作られた。作曲はスコットランドの女流音楽家ジョン・ダグラス・スコット夫人(Alicia Scott)。 歌の由来 / アンニー・ローリーは、マクスウェルトン卿のサー・ロバート・ローリーの末娘だった。1682年12月16日に父親の館であるマクスウェルトン・ハウスで生まれた。スコットランド中に知られた美人だったといわれている。 曲は1838年2月にスコットランドの女流音楽家ジョン・ダグラススコット夫人(1810 – 1900)が作曲。 さらに、明治初期の日本には、まったく別の歌詞で伝えられたようである。また若干旋律を変更して下記『才女』として歌われた。 【日本語詞】 この日本語詞は、緒園凉子のものをもとに、原詞の表現を加味して作成したものである。他にも堀内敬三、藤浦洸、茂原二郎、山口隆俊、深尾須磨子、鮫島有美子、渡辺実典の訳詞がある。 (アニーローリー – Wikipedia)

関連エントリ

アニーローリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Annie Laurie の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スコットランドの音楽 (民謡)

img_history30_03_2.jpg

スコットランドの音楽 (民謡)

関連記事

スコットランド音楽(スコットランドおんがく)とは、グレートブリテン島北部ならびに島々からなるスコットランドの音楽である。その伝統音楽のいくつかは国際的によく知られており、そのまま、あるいはスタイルを変更された形で広く好まれており、いくつかは伝わった先の土地の地の音楽と誤解されながらも愛されている。諸外国の音楽から受けた影響も数多く見受けられるが、その伝統的な特徴は色濃く残されており、多くの音楽に影響を与えてきた。特にアイルランドとは民族的に近く、交流が盛んだったこともあり、音楽的にも類似点が非常に多い。 概要 / しばしばケルト音楽やアイルランド音楽と混同されるが、スコットランド音楽と言えばAuld Lang Syneに代表される、スコットランド民謡や、反イングランドの歌(en:Charlie is My Darlingなど)のことを指す場合が現地では多い。 現地において、アイルランドをはじめとする他のケルト国家と共有するジャンルは、ケルト音楽、または単に伝統音楽や民族音楽と呼ぶことが多い。 また、便宜上スコットランド音楽はケルト音楽に含まれることがある。 UNESCOに音楽の都に指定された、スコットランドの中心都市グラスゴーがスコットランド音楽の中心地と言える。しかし、インバネスをはじめとする地方都市や小さな町のパブなどでも日常的に演奏される。 例年1-2月にグラスゴーにて開かれるen:Celtic Connectionがスコットランドにおいて最も大きく名声のあるケルト音楽とスコットランド音楽のイベントと言える。 (スコットランド音楽 – Wikipedia)

関連エントリ

スコットランド音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スコットランド民謡 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Auld Lang Syne の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イギリス海軍の戦艦 プリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈 (日本海軍 美幌海軍航空隊)

bi_bo.jpg

イギリス海軍の戦艦 プリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈 (日本海軍 美幌海軍航空隊)

関連記事

12月10日 歴史 / 1941年 マレー沖で日本軍機の攻撃によりイギリス東洋艦隊戦艦2艇が沈没。東洋艦隊司令長官ら約1千名が戦死。 (12月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月10日 できごと / 1941年 – 第二次世界大戦: マレー沖海戦。日本海軍の陸上攻撃機隊がイギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズを撃沈。 (12月10日 – Wikipedia)

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)は、太平洋戦争の初期の1941年(昭和16年)12月10日にマレー半島東方沖で日本海軍の陸上攻撃機とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘である。日本海軍航空隊がイギリス東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを撃沈した。航行中の戦艦を航空機だけで撃沈した世界初の海戦である。 背景 / マレー方面の軍備 / 日本軍はイギリス東洋艦隊の実情を把握しており、また対策をとっていた。 日本海軍はマレー作戦の兵力をこの方面に向かわせていた。 また、第一航空部隊として松永貞市少将を司令とする第二十二航空戦隊(美幌航空隊 元山航空隊:九六式陸上攻撃機27、元山航空隊 サイゴン基地:九六陸攻27)を南方に進出待機させ、新たに鹿屋航空隊の一式陸上攻撃機54機を配備してイギリス東洋艦隊を待ちうけていた。 マレー作戦の状況 / 日本は太平洋戦争の開戦と同時に比島およびマレー方面への侵攻によって南方要域攻略作戦を開始する計画を立てた。 第一航空部隊の松永少将はイギリス東洋艦隊が出現しない可能性が高まったため、配下部隊にシンガポールの四箇所の飛行場爆撃を命じる。元山航空隊は悪天候のため引き返したが、美幌航空隊32機が12月8日午前5時38分からシンガポールを爆撃、損害なくツドモー基地に帰投した。この時、山田隊の偵察機がシンガポールを偵察し、「1120、湾内に戦艦2(プリンス・オブ・ウェールズとレパルス)、巡洋艦4、駆逐艦4」を報告した。 経過 / 九六式陸攻の攻撃 /!攻撃にさらされる英艦隊(Z部隊)。巧みな機動で爆撃を回避するレパルスと逆に集中攻撃を受けるプリンス・オブ・ウェールズ。 英艦隊上空に最初に到達したのは、美幌航空隊の爆装隊の一部8機と元山航空隊の雷装のいずれも九六式陸攻隊だった。 水平爆撃を行った美幌航空隊白井中隊が退避する中、元山航空隊九六陸攻隊16機(雷装)が英艦隊上空に到達する。 午後1時20分、美幌航空隊第四中隊(高橋勝作大尉)の九六式陸攻8機が戦場に到達した。 午後2時、美幌航空隊の九六式陸上攻撃機(武田中隊8機、大平中隊9機、各機500kg通常爆弾装備)が、雷撃を受けて炎上する英戦艦2隻上空に到達した。 なお、日本軍航空隊は救助作業を行うイギリスの駆逐艦を攻撃せず、救助作業を妨害しなかった。これには2つの理由があり、1つ目は、爆弾や魚雷を使い果たした上に燃料が少なかったことで、戦後、須藤(一式陸攻雷撃隊)から事情を聞いたプリンス・オブ・ウェールズのゴーディ機関長は落胆している。もう1つ目の理由は美幌航空隊の壱岐春記大尉のようにイギリス海軍将兵の戦いぶりに敬意を表したもので、残った機銃で機銃掃射をし、救助作業を妨害することも可能であったにもかかわらず、それをせずに帰還している。生存者の一部はシンガポールに上陸したものの、その後のシンガポール陥落時に日本軍の捕虜となってしまった。 (マレー沖海戦 – Wikipedia)

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。 12月10日 マレー沖海戦。元山空・鹿屋空と協同でプリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈。 (美幌海軍航空隊 – Wikipedia)

関連エントリ

マレー沖海戦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本海軍 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月10日 マレー沖海戦 (日本海軍)

200px-Sir_Winston_Churchill_-_19086236948

12月10日 マレー沖海戦 (日本海軍)

関連記事

12月10日 歴史 / 1941年 マレー沖で日本軍機の攻撃によりイギリス東洋艦隊戦艦2艇が沈没。東洋艦隊司令長官ら約1千名が戦死。 (12月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月10日 できごと / 1941年 – 第二次世界大戦: マレー沖海戦。日本海軍の陸上攻撃機隊がイギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズを撃沈。 (12月10日 – Wikipedia)

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)は、太平洋戦争の初期の1941年(昭和16年)12月10日にマレー半島東方沖で日本海軍の陸上攻撃機とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘である。日本海軍航空隊がイギリス東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを撃沈した。航行中の戦艦を航空機だけで撃沈した世界初の海戦である。 背景 / マレー方面の軍備 / 日本軍はイギリス東洋艦隊の実情を把握しており、また対策をとっていた。 日本海軍はマレー作戦の兵力をこの方面に向かわせていた。 また、第一航空部隊として松永貞市少将を司令とする第二十二航空戦隊(美幌航空隊 元山航空隊:九六式陸上攻撃機27、元山航空隊 サイゴン基地:九六陸攻27)を南方に進出待機させ、新たに鹿屋航空隊の一式陸上攻撃機54機を配備してイギリス東洋艦隊を待ちうけていた。 マレー作戦の状況 / 日本は太平洋戦争の開戦と同時に比島およびマレー方面への侵攻によって南方要域攻略作戦を開始する計画を立てた。 第一航空部隊の松永少将はイギリス東洋艦隊が出現しない可能性が高まったため、配下部隊にシンガポールの四箇所の飛行場爆撃を命じる。元山航空隊は悪天候のため引き返したが、美幌航空隊32機が12月8日午前5時38分からシンガポールを爆撃、損害なくツドモー基地に帰投した。この時、山田隊の偵察機がシンガポールを偵察し、「1120、湾内に戦艦2(プリンス・オブ・ウェールズとレパルス)、巡洋艦4、駆逐艦4」を報告した。 経過 / 九六式陸攻の攻撃 /!攻撃にさらされる英艦隊(Z部隊)。巧みな機動で爆撃を回避するレパルスと逆に集中攻撃を受けるプリンス・オブ・ウェールズ。 英艦隊上空に最初に到達したのは、美幌航空隊の爆装隊の一部8機と元山航空隊の雷装のいずれも九六式陸攻隊だった。 水平爆撃を行った美幌航空隊白井中隊が退避する中、元山航空隊九六陸攻隊16機(雷装)が英艦隊上空に到達する。 午後1時20分、美幌航空隊第四中隊(高橋勝作大尉)の九六式陸攻8機が戦場に到達した。 午後2時、美幌航空隊の九六式陸上攻撃機(武田中隊8機、大平中隊9機、各機500kg通常爆弾装備)が、雷撃を受けて炎上する英戦艦2隻上空に到達した。 なお、日本軍航空隊は救助作業を行うイギリスの駆逐艦を攻撃せず、救助作業を妨害しなかった。これには2つの理由があり、1つ目は、爆弾や魚雷を使い果たした上に燃料が少なかったことで、戦後、須藤(一式陸攻雷撃隊)から事情を聞いたプリンス・オブ・ウェールズのゴーディ機関長は落胆している。もう1つ目の理由は美幌航空隊の壱岐春記大尉のようにイギリス海軍将兵の戦いぶりに敬意を表したもので、残った機銃で機銃掃射をし、救助作業を妨害することも可能であったにもかかわらず、それをせずに帰還している。生存者の一部はシンガポールに上陸したものの、その後のシンガポール陥落時に日本軍の捕虜となってしまった。 (マレー沖海戦 – Wikipedia)

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。 12月10日 マレー沖海戦。元山空・鹿屋空と協同でプリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈。 (美幌海軍航空隊 – Wikipedia)

関連エントリ

マレー沖海戦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本海軍 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月8日 対米英開戦記念日 (太平洋戦争開戦記念日)

448px-Noah_mosaic.jpg

12月8日 対米英開戦記念日 (太平洋戦争開戦記念日)

関連記事

12月8日 対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日) / 1941(昭和16)年12月8日午前3時19分(現地時間7日午前7時49分)、日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6箇月に及ぶ大東亜戦争対米英戦(太平洋戦争)が勃発した。 「12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」という意味の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」が船橋海軍無線電信所から送信され、戦艦アリゾナ等戦艦11隻を撃沈、400機近くの航空機を破壊して、攻撃の成功を告げる「トラトラトラ」という暗号文が打電された。 元々は、ワシントンで交渉していた野村・来栖両大使がアメリカ側に最後通牒を手渡してから攻撃を開始することになっていたが、最後通牒の文書の作成に時間がかかったため、事実上奇襲攻撃となってしまった。 アメリカ軍は「リメンバー・パールハーバー」を戦争遂行の合言葉とした。 1941年 歴史 / 日本軍が英領マレー半島へ上陸。 1941年 歴史 / 真珠湾攻撃。午前1時半、聯合艦隊機動部隊がアメリカ・真珠湾を攻撃。 1941年 歴史 / 第二次大戦で、日本が米英に宣戦布告。午前4時、野村吉三郎・来栖三郎両駐米大使がハル国務長官に最後通牒を渡す。 1941年 歴史 / 対米英開戦により新聞・ラジオの天気予報や気象報道が中止に。 (12月8日 今日は何の日~毎日が記念日~)

1941年 – 第二次世界大戦: マレー作戦・真珠湾攻撃(日本時間)。日本が米英に宣戦布告。
1941年 – 第二次世界大戦: 前日の真珠湾攻撃を受け、フランクリン・ルーズベルト米大統領が屈辱の日の演説。 (12月8日 – Wikipedia)

関連エントリ

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

真珠湾攻撃 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

マレー作戦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

対米英開戦記念日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

太平洋戦争開戦記念日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

第二次世界大戦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イギリスの君主 エリザベス2世 エディンバラ公フィリップ王配

200px-Elizabeth_II_and_Philip

イギリスの君主 エリザベス2世 エディンバラ公フィリップ王配

関連記事

11月20日 歴史 /1947年 イギリスのエリザベス王女(後の国王エリザベス2世)がエディンバラ公フィリップ・マウントバッテンと結婚。 (11月20日 今日は何の日~毎日が記念日~)

11月20日 できごと / 1947年 – イギリスのエリザベス王女(後の国王エリザベス2世)とエディンバラ公フィリップが結婚。 (11月20日 – Wikipedia)

エリザベス2世(エリザベス2せい、イギリス英語: Elizabeth II、1926年4月21日 – )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の首長(英語版)。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。 実名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー(英語: Elizabeth Alexandra Mary)。 (エリザベス2世 – Wikipedia)

エディンバラ公フィリップ王配(エディンバラこうフィリップおうはい、英:Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 – )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 (フィリップ (エディンバラ公) – Wikipedia)

関連エントリ

エリザベス2世 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

フィリップ (エディンバラ公) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 弘田龍太郎

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

日本の作曲家 弘田龍太郎

関連記事

弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう、Ryutaro Hirota、1892年(明治25年)6月30日 – 1952年(昭和27年)11月17日)は、作曲家。 経歴 / 1892年(明治25年)高知県安芸市に生まれる。一絃琴の名手であった母親から、音楽的才能を受け継いだと言われている。 父の転任に従って3歳の時高知を離れ、千葉師範学校附属小学校、三重県立第一中学校(現:三重県立津高等学校)を卒業。1910年(明治43年)東京音楽学校(現:東京芸術大学)器学部ピアノ科に入学し、本居長世に師事。在学中に歌曲『昼』を発表。文部省唱歌の『鯉のぼり』は作者不詳とされてきたが、弘田龍太郎が在学中に作曲したものと言われている。1915年(大正3年)東京音楽学校を卒業。1917年(大正5年)同研究科卒業後も同校授業補助となり、さらに文部省邦楽調査委員を委嘱される。やがて宮城道雄や本居長世らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 1918年(大正7年)鈴木三重吉によって児童雑誌『赤い鳥』が創刊されると、やがて「赤い鳥運動」に参加、北原白秋等と組み、多くの童謡を作曲した。 1928年(昭和3年)文部省在外研究生としてドイツに留学、ベルリン大学で作曲とピアノを研究する。帰国後、東京音楽学校教授となるも作曲活動専念のため辞任。以後作曲活動のかたわら、NHKラジオの子供番組の指導や児童合唱団の指導、指揮にあたる。1946年(昭和21年)日本音楽著作権協会監事に就任。晩年は、長女夫妻が創設した幼稚園の園長となり、音楽を幼児教育に積極的にとり入れ、放送講習会、リズム遊びの指導などにあたった。1952年(昭和27年)60歳で死去。 妻は高安月郊の娘。 在学していた三重県立第一中学校(現・県立津高校)の中庭に記念碑があり、『浜千鳥』の楽譜が刻まれている。 代表作に『鯉のぼり』『浜千鳥』『叱られて』『金魚の昼寝』『雨』『雀の学校』『春よこい』『靴が鳴る』など多数。他に歌曲『千曲川旅情のうた』、オペラ『西浦の神』、仏教音楽『仏陀三部作』、映画音楽『くもとちゅうりっぷ』など。 (弘田龍太郎 -Wikipedia)

関連エントリ

弘田龍太郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Ryutaro Hirota の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年11月7日 フランスの作曲者 フランシス・レイ (Francis Lai)

180px-Love_Story_(1970_film)

2018年11月7日 フランスの作曲者 フランシス・レイ (Francis Lai)

関連記事

フランシス・レイ(フランシス・レ)(Francis Lai、1932年4月26日 – 2018年11月7日(死去判明日であり正確な逝去日は不明))は、フランス・ニース出身の作曲家。アコーディオン奏者から作曲家に転身した。 多くの映画音楽を作曲。特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビによる作品は良く知られている。また、『恋人たちのメロディー』『愛と哀しみのボレロ』『流れ者』では出演もしている。1970年度アカデミー作曲賞受賞(『ある愛の詩』)。 大の飛行機嫌いで、海外公演が少ない事でも知られている。 2018年11月7日、フランスのメディアによって逝去が報道された。ただし正確な逝去日や死因については不明である。 音楽家として手がけた主な映画作品 / 男と女 Un homme et une femme(1966年) / パリのめぐり逢い Vivre pour vivre(1967年) / 個人教授 La Leçon particulière(1968年) / うたかたの恋 Mayerling(1968年) / 白い恋人たち/グルノーブルの13日 13 jours en France(1968年) / あの愛をふたたび Un homme qui me plaît(1969年) / 雨の訪問者 Le Passager de la pluie(1969年) / 脱走山脈 Hannibal Brooks (1969年) / ある愛の詩 Love Story(1970年) / 狼は天使の匂い La Course du lièvre à travers les champs(1972年) / 男と女の詩 La Bonne année(1973年) / 続エマニエル夫人 Emmanuelle 2(1975年) / 追悼のメロディ Le Corps de mon ennemi(1976年) / ビリティス Bilitis(1978年) / 愛と哀しみのボレロ Les Uns et les autres(1981年) / 聖女伝説(1985年) – 村川透監督作品 / 男と女II Un homme et une femme, 20 ans déjà”(1986年) / 黒い瞳 Oci ciornie(1987年) / ラッコ物語(1987年) – 永田貴士監督作品 / 美しすぎて Trop belle pour toi(1989年) / レ・ミゼラブル Les Misérables(1995年) / 男と女、嘘つきな関係 Hommes, femmes, mode d’emploi(1996年) / しあわせ Hasards ou coïncidences(1998年)。 (フランシス・レイ – Wikipedia)

Francis Albert Lai (French: 26 April 1932 – 7 November 2018) was a French composer, noted for his film scores. Life and career / He died on 7 November 2018, aged 86. (Francis Lai – Wikipedia)

関連サイト

FRANCIS LAI

関連エントリ

フランシス・レイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Francis Lai の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 武井守成 (マンドリンオーケストラ)

200px-Morishige_Takei_01

日本の作曲家 武井守成 (マンドリンオーケストラ)

関連記事

武井 守成(たけい もりしげ Morishige Takei、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 経歴 / 父は元姫路藩士で、貴族院議員に勅撰、枢密顧問官に親任され男爵を授けられた武井守正。武井守正が第2代知事として鳥取県に赴任していたときに、二男として鳥取市で生まれた。 1903年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1909年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1913年、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)イタリア語科を卒業した。1917年に宮内省に式部官として入省。1921年に楽部長を兼任。その後、式部職儀式課長を経て、1941年より式部次長。1945年7月には式部長官(翌年「式部頭」と改称)に就任し、1947年3月まで務めた。 栄典 / 外国勲章佩用允許 / 1924年(大正13年)5月19日 – フランス共和国ドラゴンドランナン勲章オフィシエ。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

関連サイト

オルケストラ シンフォニカ 東京 (OST)

日本マンドリン連盟 (マンドリン略史) – Jimdo

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 20代 1967〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本のマンドリンオーケストラについて – 美幌音楽人 加藤雅夫

オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武井守成 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Morishige Takei の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の国歌 君が代 (林廣守)

375px-Curt-Netto-Japanese-National-Hymn-Coverdesign-1880.jpg

日本の国歌 君が代 (林廣守)

関連記事

11月3日 歴史 / 1880年 天長節祝賀の宮中で林広守作曲の『君が代』が初めて披露される。 (11月3日 今日は何の日~毎日が記念日~)

君が代(きみがよ、Kimigayo)は、日本の国歌。「天皇の治世」を奉祝する歌であり、「祝福を受ける人の寿命」を歌う和歌を元にしている。1869年(明治2年)に薩摩藩の砲兵隊長・大山弥助(大山巌)が薩摩琵琶の『蓬莱山』にある『和漢朗詠集』異本の短歌を歌詞として選び、その後1880年(明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めて付け直し、それをドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルトが西洋和声により編曲したものが、1893年(明治26年)の文部省告示以降、国歌として定着した。1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されており、世界で最も短い国歌の一つである。 (君が代 – Wikipedia)

林 廣守(はやし ひろもり、Hiromori Hayashi 、天保2年11月25日(1831年12月28日) – 明治29年(1896年)4月5日)は、幕末・明治前期の雅楽演奏者。幼名は榮之助、初名は廣金。日本の国歌である「君が代」の作曲者として知られている。 (林廣守 – Wikipedia)

330px-Ch5_wakamurasaki.jpg



関連エントリ

国歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

君が代 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

林廣守 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る