日常生活 カテゴリのアーカイブ

北海道美幌町「町長のおもいつ記」について

bi_bo.jpg

北海道美幌町「町長のおもいつ記」について

関連記事

町長の「おもいつ記」 / 美幌町のホームページへようこそおいでくださいました。美幌町長の土谷耕治です。「町長のおもいつ記」は、私が日頃思っていることや感じたことを綴る日記のようなものです。不定期の更新となりますが、ぜひご一読いただければ幸いです。

お知らせ【平成29年11月10日】 / さて、突然のお知らせになりますが、この度「町長のおもいつ記」を終了させていただくことといたしました。平成27年12月10日の開始以来、私が日頃思っていることや、日々の中で感じたことを書き綴って参りましたが、行政執行の責任者として職責を果たす中で、更新するための時間を十分に確保することが難しく、この度、残念ではありますが、終了することにしたところであります。どうか皆様のご理解をいただければ幸いです。「町長のおもいつ記」は終了しますが、これからも町民の皆様の声に耳を傾け、町民皆様と行政が一体となってまちづくりに取り組む所存でありますので、一層のご支援とご指導を賜りますようお願いいたします。これまで、お読みいただきました皆様に、心より感謝いたします。ありがとうございました。(町長の「おもいつ記」 | 美幌町

関連サイト

800px-RugbyBallItaly.jpg

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

美幌町長 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

土谷耕治 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

町長のおもいつ記 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町の保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」について

bi_bo.jpg

美幌町の保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」について / 保健センター・福祉センター・健康増進センターを統合した複合施設で、町民の健康と生きがいづくりの活動拠点です。そして在宅福祉サービスの総合的、かつ効果的な提供拠点として機能しています。

関連記事

開設以来初の5万人台突破 t29年度・美幌しゃきっとプラザ 運動指導室、健康遊浴室利用者数 / 美幌町は、保健福祉総合センターしゃきっとプラザ3階にある運動指導室と健康遊浴室の29年度利用状況をまとめた。利用人数は28年度比4%増の計5万1693人で、開設以来初めて5万人台を突破した。健康遊浴室は8年ぶりに増加 / 内訳は運動指導室が同4.9%増の3万3318人、健康遊浴室が同2.3%増の1万8375人。健康遊浴室は22年度以降減少が続いていたが、8年ぶりに増加に転じた。男女別では、男性が1万8636人で同1%の微増。女性が3万3057人、同5.9%の増で、女性の利用が全体の数字を押し上げた。年代別では、60歳以上の利用がわずかに減った一方で、60歳以下の利用は増加した。また、町外からの利用が2791人で同19.7%の大幅増だった。主に平日の午前中、曜日別に両室で開かれている「しゃきプラ教室」が好評だった。ストレッチや軽体操、水中歩行など申し込み不要で気軽に参加できる教室が多く、4カ月ごとにメニューを見直していることなどが要因とみられる。町は「外部講師を招く教室など目新しい視点で飽きさせないプログラムを組み、健康づくりを後押ししたい」としている。(浩)(2018年4月13日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

しゃきっとプラザ | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

関連エントリ

しゃきっとプラザ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

安楽死・尊厳死 について

安楽死・尊厳死 について

関連記事

4月13日 歴史 / 1991年 東海大学付属病院の医師が、家族の要請により末期がんの患者に塩化カリウムを投与。医師は殺人罪で起訴され、安楽死の正当性が争われる。(4月13日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月13日 できごと / 1991年 – 東海大学安楽死事件がおこる。(4月13日 – Wikipedia

東海大学安楽死事件(とうかいだいがくあんらくしじけん)とは、病院に入院していた末期がん症状の患者に塩化カリウムを投与して、患者を死に至らしめたとして担当の内科医であった大学助手が殺人罪に問われた刑事事件。日本において裁判で医師による安楽死の正当性が問われた現在までで唯一の事件である。(東海大学安楽死事件 – Wikipedia

関連サイト

尊厳死 – Wikipedia

インフォームド・コンセント – Wikipedia

関連エントリ

800px-Its_all_about_love.jpg

安楽死 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

尊厳死 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年4月 春の交通安全運動について(美幌町)

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

2018年4月 春の交通安全運動について(美幌町)

春の全国交通安全運動
410日(火)は『交通事故死ゼロを目指す日』!!
年間スローガン / ストップ・ザ・交通事故 ~めざせ 安全で安心な北海道

関連記事

交通安全メモ
春の交通安全運動 4月6日(金)~15日(日)
~新入学児童を交通事故から守りましょう!~
≪運動の重点≫
子どもと高齢者の安全確保と高齢運転者の交通事故防止 自転車の安全利用の推進 全席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用の徹底 飲酒運転の根絶 平成29年中の全道交通事故死者数148人のうち、高齢者が全体の5割以上を占めました。また、高齢運転者の事故が全体の2割以上でした。
平成30年町内交通事故状況(3月1日現在累計) 発生件数 7件(前年比+1) 死者 0人(前年比±0) 傷者 7人(前年比+3) 町内での死亡交通事故ゼロ日数 2024日 町民による死亡交通事故ゼロ日数 483日

新1年生の交通安全願い「ぶじかえる」 美幌の女性が今年も町に寄贈 / 美幌町在住の主婦が3月29日、小学1年生の交通安全を願って毛糸で手編みしたカエルとおたまじゃくしのぬいぐるみ200個を町に贈った。町は入学式に合わせて1年生全員に贈る。平成24年以降毎年贈っており、今回を含めて累計で900個になる。カエルは子ども達が好みの色を選べるようにと、赤、青、黄色、ピンクなど13色を用意。「ぶじかえる☆交通安全」の短冊がついている。(浩)(2018年4月5日の記事 経済の伝書鳩

新小学1年生に寄贈相次ぐ 美幌の交通安全団体、遊技場 / 美幌町内の交通安全団体などは5日までに、美幌町教育委員会を通じて町内の新1年生160人分の文房具などを贈った。入学式の時期に合わせて贈った。4日は美幌地区交通安全協会と美幌交通安全母の会が交通安全標語つきのあいうえお表と道路標識などが印刷された交通安全定規、北見トヨペット株式会社美幌店と協会が黄色いランドセルカバーを贈った。カバーは3カ月間、登下校中の事故などに対する保険がついている。3者を代表して交通安全協会の会長が「美幌の大切な子ども達。事故に遭うことなく元気に通学してほしい」と述べた。5日には町内のパチンコ店4店でつくる美幌地区遊技場事業者安全安心協力会がノート1冊と鉛筆1ダースのセットを寄贈。会長は「安全安心なまちづくりにかかわりを増やしたい」と述べた。(浩)(2018年4月9日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

春の全国交通安全運動を町民総ぐるみで取り組みましょう! | 美幌町

広報びほろ 2018年4月号|マイ広報紙

広報びほろ | 美幌町

交通安全 | 美幌町

美幌警察署ホームページ

バリアフリー – 美幌警察署

関連エントリ

交通安全運動 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町のボランティア団体について

455px-Chaplin-charlie.jpg

北海道美幌町のボランティア団体について

関連記事

美幌町のボランティア団体 / ボランティア員を募集しています。いま、できることをはじめてみませんか? お気軽にお問い合わせください。美幌町社会福祉協議会 72-1165。役場民生担当 73-1111(内線236)。団体名称 / 魚無川をきれいにする会 / 美幌町フラワーマスター連絡協議会 / 桜の名所を創る会 / 美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌町図書館と歩む会 / 絵本読み聞かせ『いろりの会』 / 美幌出前おはなしの会がらがらどん / 声のふれあいネット / ボランティアまなざし / 生活たすけあいサービス『さくらんぼ』 / 美幌町介護者と共に歩むサフランの会 / ボランティアグリーングループ / たすけあいチーム推進協議会 / くるみ里親会美幌支部 / ハート支援ネットワーク / ナルク美幌からまつ / ボランティアグループふきのとう / 美幌更生保護女性会 / 美幌町赤十字奉仕団 / 美幌手話の会ピポロ / 美幌交通安全母の会。掲載を希望する団体は役場民生担当(73-1111内線236)にご連絡ください。(美幌町のボランティア団体 | 美幌町

ボランティア(英: volunteer)とは、自らの意志により参加した志願兵のこと。反対語は「強制徴募」。奉仕活動をする人のことは「チャリティー」の項目を参照すること。
日本 / 日本独自の意味合い / 「ボランティア」ということばは自発的な無償の奉仕(利他)行為をする人を指して言うことばであるが、それ以外にその「自発的無償行為」自体を指して「ボランティア」と呼ぶこともある。日本では、「ボランティア」ということばの意味は以上であるが、例えば英語圏では「志願兵」、「義勇兵」という意味合いが大きい。ところが日本では「ボランティア」ということばに「義勇兵」、「志願兵」という意味はない。したがって、日本語の「ボランティア」は日常生活や大災害時における自発的な無償の利他行為をする人、あるいはその行為を指すだけのことばとなっている。日本では参加の動機が自由意志であるか否かに関わらず無償の奉仕活動の同義語として用いる場合もある。学校におけるボランティア / 日本では高校受験などに際してボランティア活動を行ったことでその経験が調査書に記載されていると評価点を高くする学校がある。高等学校の場合、上級学校への進学や就職における自己アピールの材料として使われるなど、卒業後の進路内定という「対価」を得るための手段とされる傾向がある。大学など高等教育の課程においても、ボランティアが就職活動でのアピールや単位取得の手段として使われることもある。また、福祉活動を課程の中に組み込むなどして義務化している学校もある。例えば東京都では2007年度から都立の高校で「奉仕の時間」が義務化されることとなった。このケースでは全員1単位以上の履修が卒業するための要件そされているため、自発性に基づく活動ではない。(ボランティア – Wikipedia

有償ボランティア(ゆうしょうボランティア)とは、ボランティア活動をする際に、対価のある場合のボランティアの括り。概要 / 対価の内容は、金銭のほかに、ボランティアをポイントで換算し地域でサービスを受ける際に使える地域通貨(地域マネー)等がある。ボランティアの無償性について / かつてまた、ボランティアという言葉はもともと「volunteer」という英単語であり、それは「志願者、義勇兵、自発的」という意味であり、「無償である」という意味を含まないことから、「有償」「無償」を区別することに意味はない、とする考え方もある。一方、有償ボランティアはボランティアに含まず独立した言葉とした上で、ボランティアと同等に取り扱うとする考え方もある。(有償ボランティア – Wikipedia

学校支援ボランティア(がっこうしえんボランティア)とは、様々な段階の学校において行われるボランティア活動、またはそれを担う人材をいう。この場合、その活動が無償であるか、有償であるかは問われない。学校支援ボランティアの問題点 / ボランティアと教師の連携不足 / ボランティアは、学校の職員とは異なる存在である。そのようなボランティアが持つ外部性が学校の閉鎖性を解消する鍵であることを考えると、そのような違いは重要な特徴である。しかし同時にこの違いは、学校との連携への障害となることもある。例えば、学校では、その多くの情報を職員会議で共有しているが、非職員であるボランティアは会議には参加せず、多くの情報を共有できていない。また学校の守秘義務の問題などから、ボランティアとは共有できない情報も少なくない。これが教員とボランティアの間に大きな溝を生む原因となることがある。ボランティア同士の連携不足 / ボランティアは毎日学校で支援を行っているわけではないため、同じ学校に関与しているからと言ってすべてのボランティア同士顔を合わせるわけでも、その存在を認知しているわけでもない。そのため、ボランティア間の情報共有の機会はあまりなく、活動自体に一貫性がないとも言える。これは学校自体がボランティアの導入は実現したが、それを取りまとめるコーディネーターのような人材を設けてこなかったことに、1つの原因があり、そのような制度の必要性が求められている。単位を伴う学生の活動 / 比較的時間を持て余していると言われる学生であっても、生活の維持、個人的な時間の確保も含めボランティアを行うだけの余裕を感じる者は多くない。その中で、大学側がボランティアに対して単位認定を行ったことは、人材確保の裾野を広げることとなった。しかし同時に、ボランティアが目当てではなく、単位が目当ての学生が学校を支援を行うこととなり、質の低下が言われるようになった。俗に言う「ボランティア公害」の問題である。これは教員免許取得の際に必修単位として組まれた学校支援活動においても見られることである。(学校支援ボランティア – Wikipedia

関連サイト

登録ボランティア団体紹介 | 美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ボランティア団体 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 4月号)配信されました

800px-Its_all_about_love.jpg

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 4月号)配信されました

関連記事

広報びほろ 平成30年度 4月号 / 内容 / 庁舎建設基本構想 / 町政執行方針 / 介護保険料 / 母子健診 / 予防接種 / 後期高齢者医療制度 / 狂犬病予防注射 / 食事療養費、医療従事者補助 / データヘルス計画、不妊治療助成など / ペレットストーブ、美幌町史など / 税金、町産材活用補助 / まちの話題 / 今月のお知らせ / 国保病院診療体制 / 健康 / 子育て / マナセン・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 運動習慣等調査の結果 / カレンダー (広報びほろ | 美幌町

関連サイト

広報びほろ 2018年4月号|マイ広報紙

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イランカラプテの川柳(2018年 4月)開始です

イランカラプテの川柳(2018年 4月)開始です

イランカラプテ(Irankarapte)(こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです。masao.kato@docomo.ne.jp

関連記事

4月(しがつ April)はグレゴリオ暦で年の第4の月に当たり、30日ある。日本では、新年度または新学期の時期として有名であり、学校・官公庁・会社などでは当月に入社式・入学式が行われ、前月の3月と同様に慌しくなる。異名 / いんげつ(陰月)、うえつき(植月)、うづき(卯月)、うのはなづき(卯花月)、けんげつ(乾月)、けんしげつ(建巳月)、このはとりづき(木葉採月)、ちんげつ(鎮月)、なつはづき(夏初月)、ばくしゅう(麦秋)、はなのこりづき(花残月)、もうか(孟夏)。(4月 – Wikipedia

私の宝物 訓子府・女性(77) / お駄賃を貯めて買った国語辞典「人生を一緒に歩んだ友」 大切に使い60年以上 押し花見つけ、遠い記憶蘇り / 「古びたる国語辞典捲りたれば押し花ひらり机に落ちぬ」訓子府町内の女性(77)が六十年以上にわたり大切にしている国語辞典を題材に詠んだ短歌だ。女性は置戸町勝山の農家の生まれ。長女とあり、学校よりも農作業の手伝いを優先しなければならず「だんだんと勉強についていけなくなりました」。5年生になると漢字の課題が出され、その結果がクラスで発表されるようになった。級友に負けたくないと両親に「辞典が欲しいからもっとお手伝いをする」とお駄賃を貯めて国語辞典を買った。辞典には新聞紙でカバーを作り、裏表紙にしっかりと名前を書いて誰にも触らせないようにした。学校まで片道4キロの悪路にもかかわらず、肩掛けかばんの中に必ず辞書を入れた。表紙は半分以上、ちぎれてボロボロの状態になっていたが、嫁入り道具の中にそっと忍ばせてきた。結婚して約30年、辞典を開く時間はなかったが「私が勉強をしてきた証のような気がして捨てられなかったの」と大切にしてきた。平成4年に短歌を始め、再び辞典を使うようになった。そんな時、辞書のページの間に挟んでいたイチョウの押し花が机に落ち「頑張って勉強していた記憶がふと、よみがえってきたんです」と冒頭の短歌を詠んだ。女性にとって「この辞典は人生を一緒に歩んできた友という感じです」。(理)(2018年3月23日の記事 経済の伝書鳩

川柳の投稿(2018年 4月1日の投稿)

「四月馬鹿 美幌小麦の 春よ恋」(美幌梅花
「四月馬鹿 美幌小麦の ゆめちから」(美幌梅花

川柳の投稿(2018年 4月15日の投稿)

「名残雪 つぎは桜の 花吹雪」(美幌梅花)

関連エントリ

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コーヒーの木(コーヒーノキ)について

A_journey.jpg

コーヒーの木(コーヒーノキ)について

関連記事

コーヒーの木開花 北見の女性宅で / 「こんなにたくさんは初めて」 実が成ったら飲んでみたい / 北見市内の女性宅のコーヒーの木(コーヒーノキ)が咲き誇っている。香り豊かで可憐な白い花が次々に咲き、女性は「こんなにたくさん花が咲いたのは初めて」と喜んでいる。十数年前に15センチほどの鉢植えを購入。5月になると畑へ植え替え、9月になると鉢に戻して自宅に入れ、愛情を注いだ。高さは1メートルを超え近年は毎年、この時期に花と実を楽しませてくれるという。「花はジャスミンのような香りがして、とっても素敵なんですよ。咲くと1日でしぼんでしまうので残念ですが、今年はたくさんつぼみがあるので、まだまだ楽しめそうです」と女性。市緑のセンターによると、実を採取して豆を取り出し、1カ月ほど乾燥させ、いって、ひくとコーヒーとして楽しめるという。女性は「たくさん実が成ったら、豆を取ってコーヒーを飲んでみたいですね」と胸を躍らせている。(匡)(2018年3月28日の記事 経済の伝書鳩

コーヒーノキ(コーヒーの木)は、アカネ科コーヒーノキ属(コーヒー属、コフィア属)に属する植物の総称で、主に栽培種(アラビカコーヒーノキとロブスタコーヒーノキなど)を指す。また、多数の野生種がアフリカ大陸西部~中部からマダガスカル島と周辺諸島にかけて分布している。常緑で光沢を帯びた葉と白い花をつけ、鮮やかな赤~紫または黄色の実をつける。種子からコーヒーの原料となるコーヒー豆が採れるため、商品作物として熱帯地方で大規模に栽培されるほか、観葉植物として鉢植えで利用されている。(コーヒーノキ – Wikipedia

関連エントリ

コーヒーの木 の検索結 ー 果美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

乗合タクシーについて

Seatbelt.png

330px-Safeseat.jpg

乗合タクシーについて

関連記事

乗合タクシーを運行しています / 郊外の6方面を運行地域として乗合タクシーを運行します。乗合タクシーは、市街地と郊外部とをつなぐ交通手段として、運行地域と運行曜日を定めている「事前予約制」のタクシーです。乗合(複数)での利用のため、運行する時間帯が決められています。(乗合タクシー | 美幌町

乗合タクシーとは、決まった路線・運賃・運行時刻(前記一部例外あり)で不特定の乗客を輸送する公共交通のうち、バスより小型の(主にタクシー)車両が利用されているもの。日本では、9人以下の旅客を運ぶ営業用自動車を利用した乗合自動車を乗合タクシーと呼んでいる。深夜に別の交通機関がなくなる地域や、過疎地など路線バスの機能が充分に発揮できない(大型自動車を用いて一定の運行頻度を保って事業を行うことが難しい)場所などで主に運行されている。タクシー事業者が行っており、タクシー車両を用いるためこの名前がついているが、所定のダイヤと停車地に従って運行しており、利用者はタクシーというより路線バスに近い感覚で利用することになる。(乗合タクシー – Wikipedia

関連サイト

美幌北海道交通ハイヤー株式会社 | 美幌町

交通アクセス | 美幌町

混乗スクールバス | 美幌町

美幌町生活バス路線運行維持費補助金交付要綱

関連エントリ

乗合タクシー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

介護タクシー・福祉タクシーについて

800px-Moon-Desert_Onjuku.jpg

img_index01.jpg

介護タクシー・福祉タクシーについて

関連記事

福祉タクシーとは、道路運送法第3条に掲げる一般乗用旅客自動車運送事業を営む者であって、一般タクシー事業者が福祉自動車を使用して行う運送や、障害者等の運送に業務の範囲を限定した許可を受けたタクシー事業者が行う運送のことをいう。 高齢化社会の進展等により、福祉タクシーの車両数等は着実に増加してきている。 (自動車:福祉タクシー – 国土交通省

関連サイト

介護タクシーとは?サービス内容・費用・利用方法を解説! | 知っておきたい介護の知識

介護タクシーと福祉タクシーの違い – アイラス福祉移送ネットワーク

介護タクシー|美幌町|介護の窓

介護タクシーチューリップ|美幌町|介護の窓

福祉タクシースマイル|美幌町|介護の窓

関連エントリ

介護タクシー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

福祉タクシー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る