宇宙 カテゴリのアーカイブ

8月10日 聖ロレンツォの祝日 (流れ星にお願いをする日)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

8月10日 聖ロレンツォの祝日 (流れ星にお願いをする日)

関連記事

8月10日 サン・ロレンツォの日 聖ロレンツォの聖名祝日。キリスト教が禁止されていた時代のローマで教皇の執事をしていたが、258年のこの日に処刑された。イタリアでは、この日の夜の流れ星はロレンツォの涙であるとされ、愛する人のために流れ星に願い事をするとかなうと言われている。 (8月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

『聖ロレンツォの祝日のために』(Per la Solemnità di S. Lorenzo )は、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した協奏曲。3つの作品にこの題名が付けられている。ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調 RV.286、合奏協奏曲 ヘ長調 RV.556、合奏協奏曲 ニ長調 RV.562。 (聖ロレンツォの祝日のために – Wikipedia)

ローマのラウレンティウス (聖ラウレンチオ助祭殉教者、St. Laurentius M.、イタリア語:San Lorenzo martire、225年-258年8月10日)は、キリスト教の聖人である。カトリック教会、正教会、聖公会、ルーテル教会すべてで崇敬される聖人で、ローマとロッテルダム、スリランカ、カナダの守護聖人。火傷・火災・熱病から守ってくれる保護者であり、また、菓子製造人、料理人、栄養士、メイド、宿の管理人、肉屋、ワイン・ビール醸造者、図書館員、兵器製造者、ガラス工、ステンドグラス製造者、コメディアン、学生などの守護聖人でもある。 (ローマのラウレンティウス – Wikipedia)

関連エントリ

聖ロレンツォの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

流れ星にお願いをする日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月10日 人類史上初の宇宙結婚式 (ロシアの宇宙飛行士ユーリ・マレンチェンコ)

ET_Moon.jpg

8月10日 人類史上初の宇宙結婚式 (ロシアの宇宙飛行士ユーリ・マレンチェンコ)

関連記事

8月10日 歴史 / 2003年 国際宇宙ステーションに滞在中のロシアの宇宙飛行士ユーリ・マレンチェンコが、地上にいる婚約者と衛星通信を通じて結婚式を行う。史上初の宇宙での結婚式。 (8月10日 – Wikipedia)

2003年 – 人類史上初の宇宙での結婚式 :国際宇宙ステーションに滞在中のロシアの宇宙飛行士ユーリ・マレンチェンコが、地上にいる婚約者と衛星通信を通じて行う。 (8月10日 – Wikipedia)

ユーリ・マレンチェンコ(Yuri Ivanovich Malenchenko、ロシア語:Юрий Иванович Маленченко、1961年12月22日 – )は、ウクライナ系ロシア人の宇宙飛行士で、ロシア(元ソ連)空軍大佐。ロシア連邦英雄を授与されている。経歴 / マレンチェンコは、宇宙で結婚した初めての人物となった。相手はテキサス州のエカテリーナ・ドミトリエヴァで、彼はその時ニュージーランド上空240マイルの国際宇宙ステーション (ISS) にいた。2003年8月10日に衛星通信を通じて地球にいる婚約者との結婚式を行った。 (ユーリ・マレンチェンコ – Wikipedia)

関連サイト

“天と地の結婚”:宇宙での最初で最後の挙 – 式ロシア・ビヨンド

関連エントリ

宇宙結婚式 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ファン・ゴッホの小惑星 (4457 van Gogh)

460px-Comet-Hale-Bopp-29-03-1997_hires_adj.jpg

ファン・ゴッホの小惑星 (4457 van Gogh)

関連記事

ファン・ゴッホ (4457 van Gogh) は、小惑星帯にある小惑星。エリック・エルストがオート=プロヴァンス天文台で発見した。オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホにちなんで名付けら
れた。 (ファン・ゴッホ (小惑星) – Wikipedia)

(4457) van Gogh ist ein Hauptgürtelasteroid, der am 3. September 1989 von Eric Walter Elst vom Observatoire de Haute-Provence aus entdeckt wurde. Der Asteroid wurde nach dem niederländischen Maler Vincent van Gogh (1853–1890) benannt. ((4457) van GoghWikipedia)

関連エントリ

ファン・ゴッホの小惑星 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

4457 van Gogh の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作家 山元加津子 (Katsuko Yamamoto)

mona11.jpg

日本の作家 山元加津子 (Katsuko Yamamoto)

関連記事

山元 加津子(やまもと かつこ、Katsuko Yamamoto、1957年 – )は、日本の作家。元:石川県立明和養護学校(特別支援学校)教諭(2014年に退職)。文筆・講演・写真・イラストを通して子供たちに対する理解を訴えている。愛称は、「かっこちゃん」。来歴 / 石川県金沢市出身、石川県立金沢二水高等学校・富山大学理学部卒業。ドキュメンタリー映画 / 『1/4の奇跡〜本当のことだから〜 』入江富美子監督 2007年。『宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜』岩崎靖子監督 2008年。『僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~』岩崎靖子監督 2012年。 (山元加津子 – Wikipedia)

関連サイト

山元加津子ホームページ – たんぽぽの仲間たち(みんな素敵)

山元加津子のブログ – いちじくりん

山元加津子 (kakko_y) on Twitter

山元加津子(かっこちゃん) – ホーム | Facebook

関連エントリ

「宇宙の約束」上映会 & 「山元加津子さん」講演会 – 美幌音楽人 加藤雅夫

山元加津子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Katsuko Yamamoto の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

七月七日 七夕 (Tanabata)

Haniwa2.jpg

七月七日 七夕 (Tanabata)

関連記事

7月7日 記念日 / 七夕,七夕の節句 / 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられた。これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされた。 (7月7日 今日は何の日~毎日が記念日~)

七夕(たなばた)は、中国、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。歴史 / 日本 / 日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。また、『萬葉集』卷10春雜歌2080(「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」)たなばたの今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年は長けむ など七夕に纏わる歌が存在する。そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。日本では、雑令によって7月7日が節日と定められ、相撲御覧(相撲節会)、七夕の詩賦、乞巧奠などが奈良時代以来行われていた。またその後、平城天皇が7月7日に亡くなると、826年(天長3年)相撲御覧が別の日に移され、行事は分化して星合と乞巧奠が盛んになった。 (七夕 – Wikipedia)

Tanabata (Japanese: たなばた or 七夕, meaning “Evening of the seventh”), also known as the Star Festival, is a Japanese festival originating from the Chinese Qixi Festival. It celebrates the meeting of the deities Orihime and Hikoboshi (represented by the stars Vega and Altair respectively). According to legend, the Milky Way separates these lovers, and they are allowed to meet only once a year on the seventh day of the seventh lunar month of the lunisolar calendar. The date of Tanabata varies by region of the country, but the first festivities begin on 7 July of the Gregorian calendar. The celebration is held at various days between July and August. (Tanabata – Wikipedia)

関連エントリ

七夕 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tanabataの検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

牛郎織女 (牛郎织女)

_by_Yamamoto_Hsui.jpg

牛郎織女 (牛郎织女)

関連記事

『牛郎織女』(ぎゅうろうしょくじょ)は、中国の神話伝説であり、中国の民間説話の一つとされている。概要 / 牽牛織女の伝説は後漢以降の文献に見える。『淮南子』俶真訓に「織女」の名が見え、班固『西都賦』には「左牽牛而右織女、似雲漢之無涯」という。唐末の韓鄂『歳華紀麗』に引く後漢末の応劭『風俗通』逸文には「織女は七夕の日にカササギを橋として河を渡らなければならない」といっている。明の馮応京著『月令広義・七月令』の引く梁の殷芸『小説』には更に詳しく記されており、河東に住む天帝の娘である織女(織姫)が河西の牽牛郎(牛飼い、彦星)に嫁ぐことを許したが、嫁いだ後に機織りをやめたことで天帝の怒りを買い、河東に戻ることを強要、1年に1度だけ会うことを許した、と記されている。 (牛郎織女 – Wikipedia)

牛郎織女是中國四大民间传说之一,被部份人譽為中国文化中的神话爱情经典。七夕這個中國傳統節日便是從牛郎織女的故事而來的。 (牛郎织女- 维基百科,自由的百科全书)

関連サイト

牛郎織女の神話_中国の伝統的な祭日 – china.org.cn

牛郎织女(中国著名民间故事)_百度百科

[传说]牛郎织女的故事–文化–人民网

牛郎织女的故事 – 中国政府网

関連エントリ

牛郎織女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

牛郎织女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

天の川 (Milky Way、ミルキーウェイ)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

天の川 (Milky Way、ミルキーウェイ)

関連記事

天の川あるいは天の河(あまのがわ)は、夜空を横切るように存在する雲状の光の帯のこと。東アジアの神話では夜空の光の帯を、川(河)と見ている。一方、ギリシャ神話では、これを乳と見ている。それが継承され英語圏でもMilky Way(ミルキーウェイ)と言うようになった。この光の帯は天球を一周しており、恒星とともに日周運動を行っている。日本では、夏と冬に天の川が南北に頭の上を越える位置に来る。これをまたいで夏には夏の大三角が、冬には冬の大三角が見える。他の星も天の川の周辺に多いので、夏と冬の夜空はにぎやかになる。現在では「天の川」や「Milky Way」という言葉で、天球上の(視覚的な)帯だけでなく、地球を含む星の集団、つまり天の川銀河を指すこともある。東アジアの神話 / 中国・日本など東アジア地域に伝わる七夕伝説では、織女星と牽牛星を隔てて会えなくしている川が天の川である。二人は互いに恋しあっていたが、天帝に見咎められ、年に一度、七月七日の日のみ、天の川を渡って会うことになった。 (天の川 – Wikipedia)

関連エントリ

天の川 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Milky Way の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ミルキーウェイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

6月13日 はやぶさの日(日本)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

6月13日 はやぶさの日(日本)

関連記事

6月13日 はやぶさの日 / 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所がある神奈川県相模原市が2012年に制定。2010年のこの日、小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」までの7年間の旅を終えて地球に帰還した。歴史 / 2010年 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。(6月13日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月13日 できごと / 2010年 – 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。6月13日 はやぶさの日(日本)2010年のこの日、世界初の小惑星サンプルリターンなどを成し遂げた宇宙探査機はやぶさが地球に帰還したことを記念。(6月13日 – Wikipedia

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。反応 / 複数の技術的なトラブルに見舞われ帰還を絶望視されつつも、それを乗り越えて地球への帰還を目指すはやぶさの旅程は、多くの日本人に美談として受け止められ共感を呼んだ。天皇・皇后 / 天皇誕生日に先立つ2010年12月20日の記者会見で、今上天皇は「はやぶさ」について次のように述べた。小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰ったことは誠に喜ばしい今年の快挙でした。一時は行方不明になるなど数々の故障を克服し、ついに地球に帰還しました。行方不明になっても決して諦めず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました。— 今上天皇。また皇后は、はやぶさが大気圏に突入した時のことを和歌に詠んだ。その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと— 皇后。メディア / 2010年6月13日の地球帰還が近付くにつれてニュースやワイドショーで取り上げられる機会も増え、6月10日にはNHKの『クローズアップ現代』で「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」が放送された。インターネットによる広報と反響 / はやぶさは、「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーンを実施し、国内外から88万人の署名入りターゲットマーカーを積んでいたことで、投下成功のニュースには多くの励ましのメールがJAXAに届けられた。(はやぶさ (探査機) – Wikipedia

Hayabusa (はやぶさ, literally “Peregrine Falcon”) was an unmanned spacecraft developed by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) to return a sample of material from a small near-Earth asteroid named 25143 Itokawa to Earth for further analysis. Hayabusa, formerly known as MUSES-C for Mu Space Engineering Spacecraft C, was launched on 9 May 2003 and rendezvoused with Itokawa in mid-September 2005. After arriving at Itokawa, Hayabusa studied the asteroid’s shape, spin, topography, colour, composition, density, and history. In November 2005, it landed on the asteroid and collected samples in the form of tiny grains of asteroidal material, which were returned to Earth aboard the spacecraft on 13 June 2010. (Hayabusa – Wikipedia

Littleprince.JPG

関連サイト

「はやぶさ」 奇跡の帰還 | NHK名作選(動画他) – NHK語学番組 – NHKオンライン

JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」 ついに地球へ帰還!

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)

小惑星探査機「はやぶさ」 | 科学衛星・探査機 | 宇宙科学研究所

関連エントリ

Hayabusa2_rendezvous.jpg

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

関連記事

山崎 直子(やまざき なおこ、Naoko Yamazaki、旧姓:角野(すみの)、1970年(昭和45年)12月27日 – )は、宇宙飛行士。宇宙政策委員会委員(2012年7月 – )、女子美術大学客員教授(2014年4月 – )。千葉県松戸市生まれ。来歴 / プラネタリウムやボイジャーが送ってきた画像、アニメの宇宙戦艦ヤマトなどから影響を受け、またチャレンジャー号爆発事故のニュースを受け「亡くなった宇宙飛行士たちの意思を引き継いで、宇宙の素晴らしさを子供たちに伝えたい」と思い、宇宙を志した。2012年7月に宇宙政策委員会委員、2014年に女子美術大学客員教授、2018年に星取県宇宙部長に就任した。(山崎直子 (宇宙飛行士) – Wikipedia

Naoko Yamazaki (山崎 直子 Yamazaki Naoko, born December 27, 1970) is a former Japanese astronaut at JAXA, the second Japanese woman to qualify for the program. The first was Chiaki Mukai. Early life / Yamazaki was born Naoko Sumino in Matsudo City. She spent two years of her childhood in Sapporo. After graduating from Ochanomizu University Senior High School in 1989, Yamazaki earned a Bachelor of Science degree with a major in Aerospace Engineering from the University of Tokyo in 1993, and earned a Master of Science degree with a major in Aerospace Engineering in 1996. JAXA career / Yamazaki was selected as an astronaut candidate in February 1999 by the National Space Development Agency of Japan (NASDA, now JAXA), attended the ISS Astronaut Basic Training program beginning in April 1999, and was certified as an astronaut in September 2001. Since 2001, Yamazaki has participated in ISS Advanced Training and supported the development of the hardware and operation of the Japanese Experiment Module. In May 2004, Yamazaki completed Soyuz-TMA Flight Engineer training at the Yuri Gagarin Cosmonauts Training Center in Star City, Russia. NASA experience / In June 2004, Yamazaki arrived at the Johnson Space Center in Houston, Texas to begin Astronaut Candidate Training school. She was assigned to the Astronaut Office Robotics Branch. In November 2008, JAXA announced that Yamazaki would become the second Japanese woman to fly in space on STS-131, scheduled to launch in 2010. On April 5, 2010 Yamazaki entered space on the shuttle Discovery as part of mission STS-131. She returned to Earth on April 20, 2010. Yamazaki retired from JAXA on August 31, 2011. (Naoko Yamazaki – Wikipedia

直子(なおこ、14925 Naoko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。日本人宇宙飛行士の山崎直子に因んで名付けられた。なお小惑星14925番から14927番までは、1999年2月に国際宇宙ステーション滞在要員として選抜された3人を記念して2007年6月に命名された。(直子 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

山崎直子:JAXAの宇宙飛行士 – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター ー JAXA

JAXA|山崎直子 初めての宇宙飛行に向けて~子どもに宇宙の素晴らしさを伝えたい​~

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ganbare! Japanese Astronauts ー 美幌音楽人 加藤雅夫

山崎直子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Naoko Yamazaki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

logo_01.gif

logo_02.gif

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

関連記事

道が「みらいの宇宙イラストコンクール」 小学生対象に7月6日まで募集 / 50年後の宇宙、どうなってる? / 道は道内の小学生を対象に実施する「みらいの宇宙イラストコンクール」の作品を7月6日まで募集している。テーマは「50年後の宇宙」。自由な発想で今から50年後の未来を想像し、そのころに実現できているかもしれない宇宙のものごとをイラストで表現する。人類が初めて月に着陸したのが今から50年前ということで北海道命名150年にからめて実施する、道の「宇宙へのチャレンジ推進プロジェクト」の一環。小学1~3年の部、4~6年の部の2部門で各賞のほか入賞の150人は「宇宙飛行士・山崎直子さんと50年後の宇宙を語り合う授業(仮)」(8月8日、札幌市)に参加できる。画用紙の大きさ、画材、応募方法など詳しくは北海道のホームページで。問い合わせは道経済部科学技術振興室(TEL 011-204-5127)へ。(2018年6月8日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

みらいの宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宇宙へのチャレンジ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

50年後の宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る