宇宙 カテゴリのアーカイブ

JAXAの小惑星探査機 はやぶさ2 (タツチダウン)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

JAXAの小惑星探査機 はやぶさ2 (タツチダウン)

関連記事

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。 イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測して[注釈 1]サンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。 (はやぶさ (探査機) – Wikipedia)

はやぶさ2は、小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発された小惑星探査機である。地球近傍小惑星 「リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンが計画されている。「はやぶさ2」という名称は探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。 2014年12月3日に種子島宇宙センター大型ロケット発射場からH-IIAロケット26号機で打ち上げられた。 今後の予定 / 1年半にわたって滞在し、地表への着陸や、生命の元となる有機物が含まれていると見られる小惑星内部の砂の採取に挑む。 2019年2月22日午前8時 (JST) ごろ、1回目の着陸を行い、6月ごろまでに3回着陸予定。 2019年時期未定、人工クレーターを作ったうえでのサンプル採取予定。 2019年11-12月、復路航行開始予定。 2020年末、地球に帰還する予定。 (はやぶさ2 – Wikipedia)

関連サイト

はやぶさ2 | NHK NEWS WEB

JAXA | 宇宙航空研究開発機構

JAXA Hayabusa2 Project – 公式サイト(JAXA)

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」

関連エントリ

はやぶさ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hayabusa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさ2 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hayabusa2 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

JAXAの小惑星探査機 はやぶさ2 (日本)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

JAXAの小惑星探査機 はやぶさ2 (日本)

関連記事

はやぶさ2は、小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の後継機として宇宙航空研究開発機構 (JAXA) で開発された小惑星探査機である。地球近傍小惑星 「リュウグウ」への着陸およびサンプルリターンが計画されている。「はやぶさ2」という名称は探査機を用いる小惑星探査プロジェクト名にも使われている。 2014年12月3日に種子島宇宙センター大型ロケット発射場からH-IIAロケット26号機で打ち上げられた。 今後の予定 / 1年半にわたって滞在し、地表への着陸や、生命の元となる有機物が含まれていると見られる小惑星内部の砂の採取に挑む。 2019年2月22日午前8時 (JST) ごろ、1回目の着陸を行い、6月ごろまでに3回着陸予定。 2019年時期未定、人工クレーターを作ったうえでのサンプル採取予定。 2019年11-12月、復路航行開始予定。 2020年末、地球に帰還する予定。 (はやぶさ2 – Wikipedia)

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。 イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測して[注釈 1]サンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。 (はやぶさ (探査機) – Wikipedia)

関連サイト

JAXA Hayabusa2 Project – 公式サイト(JAXA)

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ2」

はやぶさ2 | NHK NEWS WEB

JAXA | 宇宙航空研究開発機構

関連エントリ

はやぶさ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hayabusa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさ2 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hayabusa2 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

佐治晴夫のプラネタリウムトークショー (北海道北見市)

関連記事

プラネタリウムトークショー(北見市/告知) 2月16、17日・北網圏北見文センで 佐治 晴夫氏迎え / NASA・ボイジャー計画に携わり / NASAの宇宙探査機ボイジャー計画に関わった経験を持つ佐治晴夫氏によるプラネタリウムトークショーが2月16日(土)と17日のいずれも午後1時半~3時半、北網圏北見文化センターで開かれる。 理学博士の佐治氏は現在、JAXA宇宙連詩編纂委員会委員長、丘のまち美瑛郷土学館美宙天文台の台長などを務める。 トークショーは「時をかける宇宙探査機ボイジャー~地球外知的生命との遭遇を夢みて」をテーマに、ボイジャーのゴールデンレコードに収録された秘蔵音源、画像を紹介し、宇宙の神秘について語る。 対象は中学生以上で、家族と一緒の場合は小学5、6年生も聴講可能。中高生対象の先行予約が19~31日。一般募集は2月1日開始。申し込みはセンター(0157・23・6700)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

佐治 晴夫(さじ はるお Saji Haruo、1935年 – )は鈴鹿短期大学名誉学長。理学博士。元学校法人享栄学園第五代理事長。大阪音楽大学大学院客員教授。玉川大学客員教授。東京都出身。立教大学理学部物理学科卒、東京大学大学院物理学専攻。東京大学物性研究所、松下電器東京研究所、横浜国立大学、NASA客員研究員、玉川大学教授、県立宮城大学教授などを経て、2004年より2013年まで鈴鹿短期大学学長。その後、鈴鹿短期大学名誉教授、鈴鹿短期大学名誉学長就任。 1/fゆらぎを扇風機など家電製品に応用。家庭用ビデオの規格のVHSにおいて3倍モード(EP)開発者の一人。 アメリカ航空宇宙局|米航空宇宙局(NASA)による、ボイジャーのゴールデンレコードにJ.S.バッハのプレリュードとC52の音の収録を提案 宇宙研究の成果を平和教育へのリベラルアーツであると位置付け、全国の学校への授業行脚などで知られる。 JAXAの宇宙連詩編纂(へんさん)委員会委員長。 Web春秋にて「14歳のための時間論」を連載。 2013年11月17日には、ホテルオークラにてダライ・ラマ法王と科学者との対話「宇宙・生命・教育」を開催。 自然科学と人文科学との対話に力を注いでいる。 (佐治晴夫 – Wikipedia)

関連動画

佐治晴夫 Saji Haruo

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北網圏北見文化センター

関連エントリ

ボイジャーのゴールデンレコード (Voyager Golden Record) – 美幌音楽人 加藤雅夫

佐治晴夫 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Haruo Saji の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1月15日 クッシーの誕生日 (記念日)

460px-Comet-Hale-Bopp-29-03-1997_hires_adj.jpg

Halebopp031197.jpg

1月15日 クッシーの誕生日 (記念日)

関連記事

クッシー (Kussie) は、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)。有名なイギリスのネス湖に生息するネッシーに倣って名付けられた。目撃証言以外にも、湖面の波紋などが幾つかの写真にも納められているが、正体は不明とされている。 湖面の美しい屈斜路湖における神秘性の高い話題として、地元では観光資源の一つともなっている。日本の未確認巨大水棲生物でもイッシーと並びかなりの知名度を誇る未確認生物だが、2000年代以降は目撃されることがほとんどない。 (クッシー – Wikipedia)

Kussie (クッシー Kusshī) is a Japanese lake monster said to be living in Hokkaidō’s Lake Kussharo. The naming convention was likely borrowed from that of Loch Ness’s Nessie. (Kussie – Wikipedia)

関連エントリ

北海道のご当地ソング一覧 (道東 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシー(Kussie) ネッシー(Nessie) 誕生記念日(1月15日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞) – 美幌音楽人 加藤雅夫

今日(1月15日)、ネッシーとクッシーの日 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道美幌峠(屈斜路湖)の、クッシーにまつわる話 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 クッシーおじさん – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシー の検索検索 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kussie の検索検索 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

光の魔術師 中橋重光 大川朋子 (北海道 北見市)

img004.jpg

光の魔術師 中橋重光 大川朋子 (北海道 北見市)

関連記事

とってもレアなダブル太陽(北見市/話題) 北見の女性が撮影 / 日の出直後に出現「何か良いことがあるかも」 / 日の出と同時に太陽が2つ昇るような珍しい光景を北見市花月町の美容師・大川朋子さん(57)が撮影した。SNSの写真仲間から「とてもレアなダブル太陽」と聞き「何か良いことがあるといいですね」と笑顔をみせる。 24日早朝、日の出前に太陽のような明るい光を地平線に見掛け、自宅兼美容室コワフュールカヨ・アペゼの2階から見ていると、昇り出した太陽が肉眼でも2つに見えたそう。スマホで撮影し、光学現象に詳しい市内の男性に送ると、幻日などとはまったく違い、縦に並ぶのは「非常に珍しい」と本紙・経済の伝書鳩への連絡となったしだい。 水平線から昇る四角い太陽やだるま太陽はときどき撮影され、話題になる。夕刻の日没前に、雲に途切れて2つに分かれる太陽も見掛けるが、地平線上に日の出の際、縦に円形のダブル太陽が並ぶのはめったに見られない。 大川さんは特段、自然現象の写真を専門としているわけではないが、美しい光景を見掛けるとその都度、写真に収めている。先日も薄っすらと雪化粧した美山公園の木々を店の大きな窓から撮影し、来店客から「きれい」と称賛されている。 店名のアぺゼはフランス語で癒されるの意。美容師歴40年近くになる大川さん。勤労感謝の日の翌朝、太陽が「いつもお仕事おつかれさま」と癒してくれたのかもしれない。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

北国ならではの光学現象(北見市/話題) 北見で撮影の「ダブル太陽」 / 北見市内で11月24日に撮影された、日の出直後の太陽が2つに見える現象について、網走市のアマチュア天文家で蜃気楼やサンピラーなどの自然現象に詳しい桑野真行さんに調べてもらったところ、専門家は「サンピラーなどと同様の光学現象」と解説しているそう。ただこの現象をとらえた映像はあまりなく、貴重な写真であることに間違いないようだ。
網走のアマチュア天文家・桑野 真行さん 「サンピラーなどと同様」も撮影は極めてまれ / ダブル太陽を撮影したのは市花月町に自宅兼美容室コワフュールカヨ・アペゼを構える大川朋子さん。寒さは厳しかったが穏やかな朝で、日の出前から眺めていたら「日が昇る前に太陽の光が伸び、その後、明るく光って、2つの太陽になって見えた」という。 SNSを通じて同市端野在住で光学現象に詳しい男性を介し、本紙に写真が投稿された。男性はサンピラーやサブサン、ダイヤモンドダストなど光学細氷現象の写真を数多く撮影しているアマチュア写真家。 この朝は、今季一番の冷え込みとなり北見で氷点下9.1度を観測。前々日の夜に降った雪が1センチ余り残ってほどよい湿気となり、氷の結晶となって空中に漂っていたようだ。 本紙の依頼を受けた桑野さんは、所属する日本蜃気楼協議会のメンバーに「経済の伝書鳩」のことを説明した上で照会。すると同協議会理事で気象や空、雪氷の図鑑を多数出版し、空の探検家として知られる武田康男氏が「平たい氷の粒が空に浮かんでいるときにサンピラーができますが、氷の粒が一部分だけに多くあると、そこが強く輝きます。またちょうど反射しやすい角度で光が強くなることもあります。この写真では薄っすらとサンピラーにもなっています。こういう光を私も何度も見ています」などと丁寧にコメントしてくれた。 そのほかの同協議会メンバーも、蜃気楼ではなく光学現象だとコメントを寄せている。 ただ、太陽が2つ縦に並ぶような同様の写真はあまり撮られたことはなく、極めて珍しい瞬間だったようだ。 ダイヤモンドダスト、サブサン、サンピラーとともにダブル太陽も冷え込みが厳しい北見ならではの自然現象で、広く全国から注目を集めそうだ。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

トリプル太陽?(北見市/話題) 珍しい光学現象 / 端野の中橋さん「輝いてきれいでした」 / 北見市端野の中橋重光さんが先月26日早朝、太陽が3個あるような珍しい光景を写真に収めた。「まるでトリプル太陽。きれいでした」と感激の様子を話す。 中橋さんは、サンピラーやサブサンといった寒冷地で見られる細氷光学現象や、平地でのブロッケン現象など珍しい光景の撮影ではこの地方の第一人者。 今回は、日の出直後の同日午前7時15分ころ、自宅近くで、地平線上の太陽ともう一つの光のかたまりが上下に2つ並んで現れ、さらに水平方向にやや離れて、暈(かさ)の一種の幻日(げんじつ)が輝いていたそう。 この朝の最低気温は北見で氷点下13.5度。11月に同市花月町の大川朋子さんが撮影した「ダブル太陽」と同様の光学現象に、氷の結晶が作り出すダイナミックな暈現象も加わって豪華な3つの太陽のお出ましとなったよう。 おそらくダイヤモンドダストも発生していたようで、中橋さんは「きらきらと輝いてきれいでした」と感動を語っている。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

新年早々、感動の出合い(北見市/話題) サンピラー、内暈、幻日環… / 端野で男性撮影 “光の魔術師”も感激する美しさ / 北見市端野の中橋重光さんが3日朝、太陽の光の珍しい自然現象を撮影した。光柱と呼ばれるサンピラーは朝夕にときおり現れる。また、幻日(げんじつ)や内暈(うちかさ)といった光学現象も見逃すことが多いが極端に珍しいわけではない。しかし、サンピラーと暈現象を同時に捉えた写真はきわめて珍しい。 中橋さんはこれまでにも、照明の光が天まで届くようなライトピラーの群れや、平地でのブロッケンの妖怪現象など数多くの珍しい光景を写真に収めている。いずれも他にないユニークな自然現象で、知る人は尊敬を込め「光の魔術師」と呼んでいる。 そんな中橋さんも今回は「両方同時に撮ることに成功しました」と、そのときの様子を興奮ぎみに語る。 中橋さんによると、撮影したのは3日午前7時35分から8時にかけて。小高いスキー場の駐車場付近から見下ろすように太陽に向かった。「現場の外気温は氷点下25度ほどで、無風でした」 日の出まもない太陽から、サンピラーが下向きに伸びた。上向きのサンピラーはよく現れるが下向きは珍しい。 さらに、太陽の周りに内暈が出現。ほぼ水平の左右両側に、一段と光り輝く幻日が加わった。薄っすらと巨大な幻日環の一部も写り込んでいる。なにより空の青さが美しく、その場にいた人でなければ感じ取れない、感動のひとときだったようだ。早起きは三文の徳とは言うが、中橋さんは「早々に素晴らしいシーンに出合えました」と新年のごほうびに感激している。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

太陽柱(たいようちゅう)、サンピラー(英語:sun pillar)は、大気光学現象の一種であり、日出または日没時に地平線に対して垂直方向へ、太陽から炎のような形の光芒が見られる現象を言う。ダイアモンドダストでも同様の現象が起きる。 (太陽柱 – Wikipedia)

幻日環(げんじつかん、英語:parhelic circle)とは、天頂を中心として太陽を通る光の輪が見られる大気光学現象のことである。月でも同様の現象が見られることがあり、こちらは幻月環(げんげつかん)と呼ばれる。天頂を中心とした完全な輪になるものはきわめて稀にしか見られず、ほとんどの場合は太陽付近だけの弧として観察される。暈(かさ)、幻日などの他の大気光学現象と同時に見られることが多い。 幻日と関連しているような名前であるが、幻日が氷晶内での太陽光の屈折によって起こる現象であるのに対し、幻日環は氷晶の表面での太陽光の反射によって起こる現象であり、むしろ太陽柱と同類の現象である。(幻日環 – Wikipedia)

関連エントリ

中橋重光 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大川朋子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

桑野天文台 (北海道 網走市)

609px-Solar_eclipse_1999_4_NR.jpg

800px-Ecl-ann.jpg

桑野天文台 (北海道 網走市)

関連記事

部分日食を観察(網走市/社会・話題) 網走の桑野天文台で / 雲と雪の合間に / 薄雲や降雪に悩まされながら、網走市潮見の私設天文台・桑野星見処でも6日、部分日食観望会が行われた。 太陽の手前を次から次へと雲が流れて行く悪コンディション。天体望遠鏡越しに、ぼんやりとした輪郭ながらも、月が太陽を隠す様子を堪能した。最大に欠けた後は雪が降ってきて、網走では束の間の天体ショーだった。 次回の日食は今年12月26日。北海道では欠け方が小さいが太陽と月が一緒に沈む様子が見られそうという。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

日食(にっしょく、solar eclipse)とは太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象である。 日蝕と表記する場合がある。 (日食 – Wikipedia)

関連サイト

部分日食 きょう午前中 全国各地で | NHKニュース

桑野天文台

関連エントリ

桑野天文台 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

まつき天文台 (北海道 北見市)

609px-Solar_eclipse_1999_4_NR.jpg

800px-Ecl-ann.jpg

まつき天文台 (北海道 北見市)

関連記事

1月6日・北見まつき天文台で日食観望会(北見市/告知) 天体ショー楽しみませんか 北見市相内町の国道沿いでまつき呉服店を営む、アマチュア天文家の松木昇さん(83)が来年1月6日の部分日食の観望会を店舗駐車場で開く。誰でも参加でき、無料。当日の来場を歓迎している。 自宅庭に私設まつき天文台を構え、約60年にわたり、太陽の黒点活動を記録している。日本気象学会会員、北見天文同好会顧問。 欠け始めの午前8時50分から終了の同11時50分まで開催。みごろとなる食の最大は10時15分ころ。天文台の前の駐車場に、太陽観測用の天体望遠鏡を置き、観察する。松木さんは「天文現象はわからないことばかり。望遠鏡で見ると、より感動すると思う」と話している。問い合わせは松木さん(TEL 0157-37-2927)。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

北見で部分日食観望会(北見市/社会・話題) まつき天文台 / 部分日食を観察しようと6日、北見市相内町のまつき天文台でも観望会が開かれた。太陽が欠ける時間帯にちょうど晴れ上がり、家族連れらが平成最後の天体ショーを楽しんだ。 まつき呉服店を営む松木昇さん(83)は約60年にわたり太陽を観測するアマチュア天文家。この日は、自宅横に太陽観測用の天体望遠鏡を置き、訪れる人達にレンズを通して宇宙の神秘にふれてもらった。 日食は今回、日本中で見られるが、北に行くほど欠ける割合が大きいそう。東京から帰省中に参加した家族はダイナミックな天体ショーに感激し、6歳の女の子は「きれい」と望遠鏡を覗いていた。 終了後は太陽が薄雲に隠れ、見られた人達はラッキーだったよう。松木さんによると「太陽は黒点の現れない不活発な日が多いけれど、かつてのような冷害になることはなさそうだ」と話している。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

日食(にっしょく、solar eclipse)とは太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象である。 日蝕と表記する場合がある。 (日食 – Wikipedia)

関連サイト

部分日食 きょう午前中 全国各地で | NHKニュース

関連エントリ

まつき天文台 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北網圏北見文化センタープラネタリウム (北海道 北見市)

609px-Solar_eclipse_1999_4_NR.jpg

800px-Ecl-ann.jpg

北網圏北見文化センタープラネタリウム (北海道 北見市)

関連記事

3年ぶりの天体ショー(北見市/話題) 部分日食見えました! / 北網圏北見文センで観望会 / 国内では3年ぶりの部分日食を見る天体観望会が6日、北網圏北見文化センターで開かれた。前日の荒天で心配された天気も回復し、家族連れなどが天体ショーを楽しんだ。 同センターでは、天文台や屋外の3カ所で観望。天体望遠鏡で捉えた画像を投影盤に映したり、専用の日食グラス越しに観察した。 午前8時50分過ぎ、太陽の上部から徐々に欠け始めると「見えた、見えた」と歓声が上がり、みるみる形が変わっていく太陽を興味深げに見つめていた。10時過ぎに食の最大を迎え、太陽表面の約4割が月に隠れた。 この日を楽しみにしていたという天体ファンの北見中央小4年男子児童は「いつもの太陽と違って違和感を感じました」と話していた。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

北網圏北見文化センター(ほくもうけんきたみぶんかセンター)は、北海道北見市にある複合施設。科学館・博物館・美術館・プラネタリウムの機能を有している。 (北網圏北見文化センター – Wikipedia)

日食(にっしょく、solar eclipse)とは太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象である。 日蝕と表記する場合がある。 (日食 – Wikipedia)

関連サイト

部分日食 きょう午前中 全国各地で | NHKニュース

北海道バリアフリーマップ 北網圏北見文化センター

北網圏北見文化センタープラネタリウム

関連エントリ

北網圏北見文化センタープラネタリウム の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(平成31年)1月2日 今年の初夢の音楽です

ET_Moon.jpg

2019年(平成31年)1月2日 今年の初夢の音楽です

関連記事

「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」(英: Fly Me to the Moon)は、ジャズのスタンダード・ナンバー楽曲。日本語で「私を月に連れて行って」といった意味になる。原題は「イン・アザー・ワーズ」(英: In Other Words)。 (フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)

関連エントリ

初夢 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イランカラプテの川柳 (2018年10月) 開始です

400px-Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

イランカラプテの川柳 (2018年10月) 開始です。

イランカラプテ (Irankarapte) (こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです

関連記事

10月(じゅうがつ)はグレゴリオ暦で年の第10の月に当たり、31日ある。 日本では、旧暦10月を神無月(かんなづき、かみなしづき)と呼び、新暦10月の別名としても用いる。 英語での月名 October は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第8の」という意味の “octo” の語に由来している。一般的な暦では10番目の月であるが、紀元前46年まで使われていたローマ暦では、一般的な暦の3月が年始であり、3月から数えて8番目という意味である。 (10月 – Wikipedia)

川柳の投稿 (2018年 10月1日の投稿)
月天心 かなしきものに とどまりぬ (美幌白雲)
月点心 花より団子 月餅よ (食いしん坊)

関連エントリ

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る