宇宙 カテゴリのアーカイブ

6月13日 はやぶさの日(日本)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

6月13日 はやぶさの日(日本)

関連記事

6月13日 はやぶさの日 / 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所がある神奈川県相模原市が2012年に制定。2010年のこの日、小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」までの7年間の旅を終えて地球に帰還した。歴史 / 2010年 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。(6月13日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月13日 できごと / 2010年 – 小惑星探査機「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還。6月13日 はやぶさの日(日本)2010年のこの日、世界初の小惑星サンプルリターンなどを成し遂げた宇宙探査機はやぶさが地球に帰還したことを記念。(6月13日 – Wikipedia

はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5月9日13時29分25秒(日本標準時、以下同様)に宇宙科学研究所(ISAS)が打ち上げた小惑星探査機で、ひてん、はるかに続くMUSESシリーズ3番目の工学実験機である。イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年6月13日22時51分、60億 kmの旅を終え、地球に大気圏再突入した。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した。反応 / 複数の技術的なトラブルに見舞われ帰還を絶望視されつつも、それを乗り越えて地球への帰還を目指すはやぶさの旅程は、多くの日本人に美談として受け止められ共感を呼んだ。天皇・皇后 / 天皇誕生日に先立つ2010年12月20日の記者会見で、今上天皇は「はやぶさ」について次のように述べた。小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着陸し、微粒子を持ち帰ったことは誠に喜ばしい今年の快挙でした。一時は行方不明になるなど数々の故障を克服し、ついに地球に帰還しました。行方不明になっても決して諦めず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました。— 今上天皇。また皇后は、はやぶさが大気圏に突入した時のことを和歌に詠んだ。その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと— 皇后。メディア / 2010年6月13日の地球帰還が近付くにつれてニュースやワイドショーで取り上げられる機会も増え、6月10日にはNHKの『クローズアップ現代』で「傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海」が放送された。インターネットによる広報と反響 / はやぶさは、「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーンを実施し、国内外から88万人の署名入りターゲットマーカーを積んでいたことで、投下成功のニュースには多くの励ましのメールがJAXAに届けられた。(はやぶさ (探査機) – Wikipedia

Hayabusa (はやぶさ, literally “Peregrine Falcon”) was an unmanned spacecraft developed by the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) to return a sample of material from a small near-Earth asteroid named 25143 Itokawa to Earth for further analysis. Hayabusa, formerly known as MUSES-C for Mu Space Engineering Spacecraft C, was launched on 9 May 2003 and rendezvoused with Itokawa in mid-September 2005. After arriving at Itokawa, Hayabusa studied the asteroid’s shape, spin, topography, colour, composition, density, and history. In November 2005, it landed on the asteroid and collected samples in the form of tiny grains of asteroidal material, which were returned to Earth aboard the spacecraft on 13 June 2010. (Hayabusa – Wikipedia

Littleprince.JPG

関連サイト

「はやぶさ」 奇跡の帰還 | NHK名作選(動画他) – NHK語学番組 – NHKオンライン

JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」 ついに地球へ帰還!

JAXA | 小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)

小惑星探査機「はやぶさ」 | 科学衛星・探査機 | 宇宙科学研究所

関連エントリ

Hayabusa2_rendezvous.jpg

「はやぶさの奇跡〜挑戦と復活の2592日」(的川泰宣) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

はやぶさの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

日本人宇宙飛行士 山崎直子(Naoko Yamazaki)について

関連記事

山崎 直子(やまざき なおこ、Naoko Yamazaki、旧姓:角野(すみの)、1970年(昭和45年)12月27日 – )は、宇宙飛行士。宇宙政策委員会委員(2012年7月 – )、女子美術大学客員教授(2014年4月 – )。千葉県松戸市生まれ。来歴 / プラネタリウムやボイジャーが送ってきた画像、アニメの宇宙戦艦ヤマトなどから影響を受け、またチャレンジャー号爆発事故のニュースを受け「亡くなった宇宙飛行士たちの意思を引き継いで、宇宙の素晴らしさを子供たちに伝えたい」と思い、宇宙を志した。2012年7月に宇宙政策委員会委員、2014年に女子美術大学客員教授、2018年に星取県宇宙部長に就任した。(山崎直子 (宇宙飛行士) – Wikipedia

Naoko Yamazaki (山崎 直子 Yamazaki Naoko, born December 27, 1970) is a former Japanese astronaut at JAXA, the second Japanese woman to qualify for the program. The first was Chiaki Mukai. Early life / Yamazaki was born Naoko Sumino in Matsudo City. She spent two years of her childhood in Sapporo. After graduating from Ochanomizu University Senior High School in 1989, Yamazaki earned a Bachelor of Science degree with a major in Aerospace Engineering from the University of Tokyo in 1993, and earned a Master of Science degree with a major in Aerospace Engineering in 1996. JAXA career / Yamazaki was selected as an astronaut candidate in February 1999 by the National Space Development Agency of Japan (NASDA, now JAXA), attended the ISS Astronaut Basic Training program beginning in April 1999, and was certified as an astronaut in September 2001. Since 2001, Yamazaki has participated in ISS Advanced Training and supported the development of the hardware and operation of the Japanese Experiment Module. In May 2004, Yamazaki completed Soyuz-TMA Flight Engineer training at the Yuri Gagarin Cosmonauts Training Center in Star City, Russia. NASA experience / In June 2004, Yamazaki arrived at the Johnson Space Center in Houston, Texas to begin Astronaut Candidate Training school. She was assigned to the Astronaut Office Robotics Branch. In November 2008, JAXA announced that Yamazaki would become the second Japanese woman to fly in space on STS-131, scheduled to launch in 2010. On April 5, 2010 Yamazaki entered space on the shuttle Discovery as part of mission STS-131. She returned to Earth on April 20, 2010. Yamazaki retired from JAXA on August 31, 2011. (Naoko Yamazaki – Wikipedia

直子(なおこ、14925 Naoko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。日本人宇宙飛行士の山崎直子に因んで名付けられた。なお小惑星14925番から14927番までは、1999年2月に国際宇宙ステーション滞在要員として選抜された3人を記念して2007年6月に命名された。(直子 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

山崎直子:JAXAの宇宙飛行士 – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター ー JAXA

JAXA|山崎直子 初めての宇宙飛行に向けて~子どもに宇宙の素晴らしさを伝えたい​~

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ganbare! Japanese Astronauts ー 美幌音楽人 加藤雅夫

山崎直子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Naoko Yamazaki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

logo_01.gif

logo_02.gif

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

関連記事

道が「みらいの宇宙イラストコンクール」 小学生対象に7月6日まで募集 / 50年後の宇宙、どうなってる? / 道は道内の小学生を対象に実施する「みらいの宇宙イラストコンクール」の作品を7月6日まで募集している。テーマは「50年後の宇宙」。自由な発想で今から50年後の未来を想像し、そのころに実現できているかもしれない宇宙のものごとをイラストで表現する。人類が初めて月に着陸したのが今から50年前ということで北海道命名150年にからめて実施する、道の「宇宙へのチャレンジ推進プロジェクト」の一環。小学1~3年の部、4~6年の部の2部門で各賞のほか入賞の150人は「宇宙飛行士・山崎直子さんと50年後の宇宙を語り合う授業(仮)」(8月8日、札幌市)に参加できる。画用紙の大きさ、画材、応募方法など詳しくは北海道のホームページで。問い合わせは道経済部科学技術振興室(TEL 011-204-5127)へ。(2018年6月8日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

みらいの宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宇宙へのチャレンジ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

50年後の宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

5月30日の ごみゼロの日について

300px-Debris-LEO1280.jpg

360px-Shopping_window_SG.jpg

5月30日の ごみゼロの日について

関連記事

5月30日 ゴミゼロの日 / 「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合せ。豊橋山岳会会長・夏目久男さんの呼び掛けにより豊橋市で530(ゴミゼロ)運動が開始され、1975年に官民一体の530運動推進連絡会が設立、5月30日のゴミゼロの日と11月11日の市民の日を中心として全市一斉の清掃活動が行われるようになった。「530(ゴミゼロ)」というネーミングのユニークさから530ゼロ運動は全国に広がり、1993年には厚生省がこの日を初日とするごみ減量化推進週間を制定した。(5月30日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月30日 記念日 / ごみゼロの日(日本)「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合せ。(5月30日 – Wikipedia

ごみゼロの日(ごみゼロのひ)とは、日本で美化活動とともに、ごみの減量化と再資源化を促す啓発活動を実施するための記念日。1982年(昭和57年)、関東地方知事会関東地方環境対策推進本部空き缶等問題推進委員会が提唱した関東地方環境美化運動の日(通称「ごみゼロの日」)に由来する。毎年5月30日。これは、「ご(5)、み(3)、ゼロ(0)」の語呂合わせである。元々は関東地方統一美化キャンペーンとして実施されたものだったが、環境美化運動の一環として各地に広まり、1993年(平成5年)に厚生省(当時)が制定したごみ減量化推進週間の初日とされた。当初は空き缶の持ち帰り及び不法投棄防止の呼びかけと一斉清掃の実施を呼びかけていたが、社会情勢の変化から廃棄物の再生利用推進の啓発も併せて行われるようになった。(ごみゼロの日 – Wikipedia

関連エントリ

宇宙ゴミを減らせ!(UN COPUOS) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ごみゼロの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

團伊玖磨(小惑星 17509 Ikumadan)について

f24bca8084f75602f0f873ba09a761ce.jpg

團伊玖磨(小惑星 17509 Ikumadan)について

團伊玖磨 (小惑星):小惑星番号17509番の小惑星。1992年に関勉により発見され、團にちなみ命名された。小惑星 17509 Ikumadan (團 伊玖磨:作曲家) 1992.5.4 発見、関勉。

関連記事

小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。命名規則 / 小惑星の名前については、現在では天体の中で唯一、発見者に命名提案権が与えられている。(小惑星 – Wikipedia

團 伊玖磨(だん いくま、1924年4月7日 – 2001年5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。逸話 / 1992年5月4日に関勉が発見した小惑星17509番は、発見者によって「Ikumadan」と命名されている(團伊玖磨 – Wikipedia



関連サイト

関勉のホームページ[関勉発見の小惑星] – コメットハンター関勉のホームページ

宇宙を飛翔する小惑星 – 人民中国

関連エントリ

日本の天文愛好家:関勉(高知) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

気象情報サイトが新しくなりました(北海道 美幌町)

bi_bo.jpg

気象情報サイトが新しくなりました(北海道 美幌町)

関連記事

気象情報サイトが新しくなりました / 平成30年5月1日より「美幌町農業気象情報モニタリングシステム」がスタートしました。これまで同様の町内7地点の天気予報や観測情報に加え、地域性を考慮した農業気象解析情報、防災関連情報などの情報が公開されています。なお、これまで美幌町の気象情報を配信していました「MICOS美幌」と農業情報の「てん蔵」は 平成30年4月30日をもって閉鎖となりました。旧システムの過去データの表示に関しましては、5月の中旬に公開予定となっています。公開される農業気象解析情報について / 【公開される農業気象情報】旬別気象特性評価・小麦穂発芽(低アミロ耐性値)予測・小麦の出穂期と成熟期予測 ・玉ねぎの病害予測(べと病と灰色カビ病)・玉ねぎの軟腐病予測・有効積算温度予測・馬鈴薯疫病発生予察・アブラムシ発生予察・融雪剤促進適期予測情報。(気象情報サイトが新しくなりました | 美幌町

関連サイト

美幌町 農業気象情報モニタリングシステム

気象庁 | 気象警報・注意報 | 美幌町

気象庁 | 農業気象

気象庁 Japan Meteorological Agency

tenki.jp – ホーム | Facebook

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

気象情報 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について

Kin Endate 円舘金(日本の天文家)について の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道東部 津別町のチミケップ湖について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

北海道東部 津別町のチミケップ湖について

関連記事

津別町のチミケップ湖が解氷 釣り人が湖畔でロッド振る / 津別町のチミケップ湖が解氷した。先週の暖気によって湖面を覆っていた氷が一気に解け、釣り人が湖畔でロッドを振っている。山あいの湖にやっと春が訪れた。湖面には北へ帰るオオハクチョウやカモなどの渡り鳥たちが羽を休めている。この時期はワカサギの産卵時期で、小河川に群れをなしてそ上する姿が見られる。これから水温がさらに上昇すると、浮遊する昆虫を狙いトラウト達が水面を揺らすライズという現象も見られ、多くの釣り人を誘う。(澄)(http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=107974″>2018年4月27日の記事 経済の伝書鳩)

チミケップ湖は、北海道東部、オホーツク管内網走郡津別町字沼沢にある湖である。名称の由来 / アイヌ語の「チミケプ(cimi-ke-p)」に由来すると考えられる。これは「分ける・削る・もの」という意味であり、上流の峡谷の姿、すなわち「山水が崖を破って流下する所」を現したものと考えられている。地理 / 約一万年前に地殻変動による崖崩れで谷がせき止められてできたと考えられている堰止湖。湖水は弱アルカリ性で、ヒメマスやウグイ、マリモ等が生息している。湖周辺は自然歩道が整備されており、湖北東岸には町営キャンプ場、東岸には湖周辺唯一の宿泊施設であるチミケップホテルがある。南岸の端から200 m下流のチミケップ川には7段の岩床の上を流れ落ちる「鹿鳴(ろくめい)の滝」がある。(チミケップ湖 – Wikipedia

チミケップ湖(5557 Chimikeppuko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。北海道東部、津別町にある湖、チミケップ湖に因んで名付けられた。(チミケップ湖 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

チミケップ湖 – 津別町

チミケップ湖キャンプ場 – 北海道キャンプ場見聞録

チミケップホテルのホームページ

関連エントリ


チミケップ湖 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 アースデイ(Earth Day 地球の日)

800px-Earth_flag_PD.jpg

2018年 アースデイ(Earth Day 地球の日)

関連記事

記念日 4月22日 / アースデー(地球の日) アースデー世界協議会等が主催。1970年のこの日、アメリカの市民運動指導者で、当時大学生だったデニス・ヘイズが提唱。1970年から1990年までは10年に1度実施されていたが、1991年からは毎年開催されている。 記念日 4月22日 / 国際母なる地球デー(International Mother Earth Day) 2009年の国連総会で制定し、翌2010年から実施。「アースデー」を正式に国連の記念日にしたもの。4月22日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月22日 記念日 / アースデイ(地球の日)(世界)
国際母なる地球デー(英語版)(世界)2009年の国連総会で制定され、2010年から実施。アースデーを正式に国連の記念日(国際デー)にしたもの。(4月22日 – Wikipedia

アースデイ(別名:地球の日、英: Earth Day)は、地球環境について考える日として提案された記念日である。4月22日のアースデイが広く知られているほか、それ以外の日のアースデイも存在する。国際連合のアースデイ / 最初にアースデイの概念が提起されたのは1969年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)における環境関連の会議である。スプートニク・ショックをきっかけに米ソの宇宙協力を呼びかける平和運動などを行っていたジョン・マコーネルが提案したこの概念を最初に採用したのはサンフランシスコ市で、同市の市長であったジョセフ・アリオトは翌年の3月21日(北半球における春分の日)に世界初のアースデイを宣言した。また、マコーネルは地球の旗をアースデイのシンボルとして作成した。当時の国連事務総長であったウ・タントもこの提案を支持し、現在に至るまで3月21日は国連によるアースデイとして続いている。アースデイはウ・タントを含む世界36カ国の有力者の署名を集めており、2000年には旧ソ連大統領ミハイル・ゴルバチョフが最後の署名を行った。また、ウ・タントの要請で地球賛歌もつくられ、ウ・タントはこの歌が国連において国歌のような位置を占めることを望んだ。毎年、この日には国連本部にある「日本の平和の鐘」が鳴らされている。2009年の国連総会で、4月22日を「国際母なる地球デー(英語版)」とすることが採択され、翌2010年から実施されている。
アースデイ – Wikipedia

関連サイト

地球の日 – アースデイJP | Earth Day Japan

Earth Day Network

Earth Day Network – ホーム | フェイスブック – Facebook

関連エントリ

国際母なる地球デー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

地球の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アースデイ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Earth Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

関連記事

The Qixi Festival (Chinese: 七夕节), also known as the Qiqiao Festival (乞巧节), is a Chinese festival that celebrates the annual meeting of the cowherd and weaver girl in Chinese mythology. It falls on the 7th day of the 7th month on the Chinese calendar. It is sometimes called the Double Seventh Festival, the Chinese Valentine’s Day,[5] the Night of Sevens,[6] or the Magpie Festival. The festival originated from the romantic legend of two lovers, Zhinü and Niulang, who were the weaver maid and the cowherd, respectively. The tale of the Cowherd and the Weaver Girl has been celebrated in the Qixi Festival since the Han Dynasty. The earliest-known reference to this famous myth dates back to over 2600 years ago, which was told in a poem from the Classic of Poetry. The Qixi festival inspired the Tanabata festival in Japan and Chilseok festival in Korea. (Qixi Festival – Wikipedia

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Sand Art Depicting Chinese Valentine’s Day – Qixi – YouTube

関連エントリ

沙画 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る