日本 カテゴリのアーカイブ

1.17 ぼうさい甲子園について

1.17 ぼうさい甲子園について

関連記事

甲子園の名がつく高校生大会一覧(こうしえんのながつくこうこうせいたいかいいちらん)とは、高校生大会の通称に「甲子園」の名前が用いられているものを集めた一覧である。高校野球の全国大会の通称である「甲子園」になぞらえて、各種スポーツや文化系クラブの高校全国大会の通称に用いられている。高校のクラブ活動の全国大会という位置づけのものが多いが、単に高校生を対象とするイベントであるだけのものもある。1990年代以降、徐々に同種の名称を持つものが増えてきているが、これらの大会には特に横のつながりは無い。 (甲子園の名がつく高校生大会一覧 – Wikipedia)

1.17 阪神・淡路大震災 (1995年に日本の阪神地方で発生した地震災害) / 阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)とは1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大災害。 (阪神・淡路大震災 – Wikipedia)

関連動画

【特集】未来の防災リーダー担う高校生 ぼうさい甲子園大賞の山崎高校 – YouTube

関連サイト

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」とは – NPO法人さくらネット

ぼうさい甲子園 – NPO法人さくらネット

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」 – 兵庫県ホームページ

「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)(減災への取組) – 内閣府ホームページ

関連エントリ

ぼうさい甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1.17 大震災合唱曲「しあわせ運べるように」 臼井真

1.17 大震災合唱曲「しあわせ運べるように」 臼井真

関連記事

「しあわせ運べるように」(しあわせはこべるように)は, 1995年に臼井 真(うすい まこと)が作詞・作曲した楽曲(合唱曲)。 「しあわせはこべるように」の表記も見られる。 概要 / 「しあわせ運べるように」は, 1995年に発生した阪神・淡路大震災後に臼井真が神戸復興を願い、作詞・作曲した楽曲である。当初の歌詞は2番までだったが, 2005年に3番が作詞された。 同楽曲は原曲の「神戸オリジナルバージョン」のほか, 2011年に発生した東日本大震災後に制作された、歌詞中の「神戸」を「ふるさと」に置き換えた「ふるさとバージョン」がある。 英語、中国語、フランス語、ペルシア語、アラビア語、トルコ語、カンボジア語、イタリア語、ハンガリー語にも訳され、それらは日本国外で広く歌われている。 新潟県中越地震で全村避難を余儀なくされた山古志村には、歌詞中の「神戸」を「山古志」に替えた歌のテープが神戸市の小学校から贈られるなどし、また東日本大震災後、同時多発的に東日本の被災地に広がった。ほかにも「福島」「浪江町」など被災地を中心に多様なバージョンが制作され教育現場を中心に歌い継がれている。2016年に発生した熊本地震後にも、歌詞中の「神戸」を「熊本」に替えたバージョンが歌われている。

臼井真 / 臼井 真(うすい まこと Makoto Usui). 1960年、兵庫県神戸市東灘区生まれ。兵庫県立芦屋高等学校、大阪芸術大学演奏学科卒業. 1983年より神戸市内の小学校で音楽専科教諭を務める. 1995年、阪神・淡路大震災で自宅が崩壊。震災から約2週間後、身を寄せていた親戚宅で、生まれ育った街の変わり果てた姿をニュースで見て衝撃を受け、わずか10分で同楽曲を作詞・作曲。 ( しあわせ運べるように – Wikipedia)

関連動画

阪神・淡路大震災から20年 臼井教諭が作曲 – YouTube

「しあわせ運べるように」音楽のチカラ-西灘小学校・臼井真さん – YouTube

関連サイト

歌うことは祈ること。世界の被災地で歌い継がれる希望の歌「しあわせ運べるように」の作者、西灘小学校・音楽専科教諭 臼井真さん

『しあわせ運べるように』と作者 臼井 真(うすいまこと)について – 「しあわせ運べるように」公式サイト

「しあわせ運べるように」公式サイト

関連エントリ

しあわせ運べるように の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

臼井真 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Makoto Usui の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

海上自衛隊のミサイル艇くまたか / 海上保安庁の巡視船ゆうばり

海上自衛隊のミサイル艇くまたか / 海上保安庁の巡視船ゆうばり

関連記事

ミサイル艇「くまたか」一般公開 2019/07/18掲載(網走市/告知) 19、20日、巡視船「ゆうばり」も のミサイル艇「くまたか」(200トン)が19、20日、網走港に寄港し、海上保安庁の巡視船「ゆうばり」(325トン)と合同で一般公開される。公開時間は両日ともに午前9~11時と午後1~3時で、天候状況などにより中止する場合もある。事前予約は不要だが、乗船時手荷物検査をする場合がある。 問い合わせは自衛隊帯広地方協力本部・網走地域事務所(0152・44・5743)か網走海上保安署(0152・44・9118)へ。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

くまたか(ローマ字:JS Kumataka, PG-827)は、海上自衛隊のミサイル艇。はやぶさ型ミサイル艇の4番艇。艇名は「クマタカ」に由来する。うみたか型駆潜艇「くまたか」に次いで日本の艦艇としては2代目である。 (くまたか (ミサイル艇) – Wikipedia)

てしお型巡視船(てしおがたじゅんしせん、英語: Teshio-class patrol vessel)は、海上保安庁の巡視船の船級。分類上はPM型、公称船型は500トン型。配置替えに伴ってネームシップが改名したことから、なつい型巡視船とも称される。 同形船 / PM11 ゆうばり 1985年11月28日 網走(第一管区) (てしお型巡視船 – Wikipedia)

関連サイト

網走海上保安署 – 海上保安庁ホームページ

巡視船ゆうばり – 海上保安庁ホームページ

海上自衛隊 ミサイル艇

関連エントリ

ミサイル艇くまたか の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

巡視船ゆうばり の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

海上保安庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

海上自衛隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のアドボカシーについて

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

日本のアドボカシーについて

関連記事

アドボカシー(英:advocacy)とは、「アドボケイト」と同じ語源で「擁護・代弁」や「支持・表明」「唱道」などの意味を持ち、同時に政治的、経済的、社会的なシステムや制度における決定に影響を与えることを目的とした、個人またはグループによる活動や運動を意味する。アドボカシーには、インターネット(ソーシャルメディア含む)やマスメディアのキャンペーン、公開演説、調査の実施・発表、またはアミカス・キュリエの提出など、個人または組織が行う様々な活動が含まれる。ロビー活動(利益団体によることが多い)は特定の問題または特定の法律について立法者に直接のアプローチをとるアドボカシーの一形態である。 なお、法的または法律上の文脈では「アドボケイト」とは、法的手続きにおいて、ある人に代わって発言することを何らかの方法で許可・任命されている特定の人(弁護士など)の称号である。語源である「アドボカタス」も参照のこと。 さらに、健康・医療の分野では、1970年代のアメリカにおいて登場した「患者アドボカシー(英語版)」や、「健康アドボカシー(英語版)」などの新たな用語も登場するようになった。

日本において / 日本語(カタカナ)で「アドボカシー」と表記される場合、大別すると二つの意味で使われることが多い。ひとつは権利擁護としてのアドボカシーであり、もうひとつは政策提言としてのアドボカシーである。 具体的には、社会的弱者、マイノリティー等の権利擁護、代弁の他、その運動や政策提言、特定の問題に対する政治的提言、保健医療、社会環境での性差撤廃、地球環境問題など広範な分野での活発な政策提言活動を指している。権利擁護としてのアドボカシーについては、(あまり組織的でなく、適度な)権利の代弁、擁護のことを指すとされ、その場合の例として、自ら自己の権利を充分に行使することのできない、終末期の患者、障害者、アルツハイマー病、意識喪失の患者などの権利を代弁することなどがあげられる。また、患者会やSHG(自助グループ)などがある程度組織的にアドボカシーを行う場合もある。 一方、政策提言としてのアドボカシーについては、特定の問題について政治的な提言を行うことと定義され、日本でも保健医療や、雇用における性差撤廃、地球温暖化防止などの環境問題、公共事業問題など広範な分野で活発な政策提言活動が行われている。特にNGO/NPOなどが行う市民活動の分野では、アドボカシーは反政府、反企業といった対立の構図ではなく、論理的・科学的な政策を代替案を示して提言する活動[7]であり、最もNGO/NPOらしい活動と定義する学者や専門家は多い。 また、ロビイング活動そのものや、そこにいたる代弁・弁護活動までも含めたものをアドボカシーとする考え方もある。最近では成年後見制度などとも関係して、超高齢社会の中で話題になることも多くなっている。また、日本の政府がNGO/NPOによる政策提言能力の向上を目的とした表彰制度を行っているが、そもそも提言を受ける側である国が提言する側を表彰することについては、NGO/NPOの中に疑問の声もある。 (アドボカシー – Wikipedia)

関連動画

子どものSOS見逃すな 「アドボカシー制度」とは(19/07/15) – YouTube

虐待受けた子どもの声に「アドボカシー」導入訴え(19/07/15) – YouTube

肺がん領域におけるアドボカシーとは 澤 祥幸 – YouTube

関連エントリ

アドボカシー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Advocacy の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の行政機関 文部科学省 (ホームページ)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

日本の行政機関 文部科学省 (ホームページ)

関連記事

文部科学省(もんぶかがくしょう、略称:文科省(もんかしょう)、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology、略称:MEXT)は、日本の行政機関の一つである。 「教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うこと」を任務とする(文部科学省設置法3条)。 概要 / 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (文部科学省 – Wikipedia)

関連サイト

文部科学省ホームページ

関連エントリ

文部科学省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

800px-Ryogoku_Kokugikan_Tsuriyane_05212006.jpg

大相撲令和元年7月場所 (北海道北見市出身 琴紺野優紀)

北海道北見市出身の大相撲力士 琴紺野 優紀 (こと こんの) 東三段目87枚目

令和元年7月場所 取組日・取組結果 (琴紺野 優紀)
初日 令和元年7月7日(日曜日)
二日目 令和元年7月8日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和元年7月9日(火曜日) 負け黒星●
六日目 令和元年7月12日(金曜日) 負け黒星●
八日目 令和元年7月14日(日曜日) 負け黒星●
九日目 令和元年7月15日(月曜日) 勝ち白星○
十二日目 令和元年7月18日(木曜日) 負け黒星●

関連記事

大相撲令和元年7月場所(おおずもうれいわがんねん7がつばしょ)は、2019年7月7日から7月21日まで愛知県名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される予定の大相撲本場所である。 (大相撲令和元年7月場所 – Wikipedia)

佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。 (佐渡ヶ嶽部屋 – Wikipedia)

星取表(ほしとりひょう)とは、白と黒の記号で試合の勝敗を示した表である。勝ちを白丸(○)、負けを黒丸(●)で表し、それぞれ、白星(しろぼし)、黒星(くろぼし)と呼ぶ。 (星取表 – Wikipedia)

大相撲川柳の投稿

母強し カツゲン飲んで 頑張ろう (琴紺野の母)
大相撲 勝つまで待とう 琴紺野 (琴紺野の後援会)

関連動画

琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)
琴紺野 優紀 (ことこんの ゆうき Kotokonno Yuki)

関連サイト

琴紺野 優紀 力士情報

大相撲「佐渡ヶ嶽部屋」入門 (2017/12/14) – 龍谷ニュース | 龍谷高等学校

琴紺野 優紀 | 大相撲 佐渡ヶ嶽部屋

関連エントリ

令和最初の大相撲夏場所 (北海道北見市の出身 琴紺野優紀) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の大相撲力士 琴紺野優紀 (北海道北見市出身) – 美幌音楽人 加藤雅夫

琴紺野優紀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kotokonno Yuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の全国自治サマージャンボ宝くじ発売中

クレジット名有り-横型

日本の全国自治サマージャンボ宝くじ発売中

関連記事

サマージャンボ宝くじ発売開始! / 7月2日からサマージャンボ宝くじが発売されています。この宝くじの収益金は、市町村の明るく住みよいまちづくりに使用されます。ぜひ、北海道内の宝くじ売り場でお買い求めください。 発売期間:令和元年7月2日(火)~8月2日(金) 抽せん日:令和元年8月14日(水) (サマージャンボ宝くじ発売開始! | 美幌町ホームページ)

ジャンボ宝くじ(ジャンボたからくじ)とは、日本で販売されている宝くじの一種で、年に3回ある全国自治宝くじである。1979年よりスタート。 概説 / 1979年の第151回全国自治宝くじをサマージャンボとして発売。 サマージャンボ宝くじ – 抽せん日:毎年8月頃 / サマージャンボ宝くじは市町村振興を目的としているため、政令指定都市は発売主体とならない。 抽せん会は、NHKが生中継を行っている。 また2017年のサマージャンボ以降の抽せん会はLINE LIVEで生配信されている。 (ジャンボ宝くじ – Wikipedia)

関連サイト

ジャンボ宝くじ等:初めての方へ | 宝くじ公式サイト

サマージャンボ発売中 | 宝くじ公式サイト)

関連エントリ

サマージャンボ宝くじ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部

2019年 東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部

関連記事

東農大網走野球部が初の快挙 2019/07/05掲載(網走市/スポーツ・教育) 全日本選手権ベスト4 主将「謙虚な気持ちで足元見つめ直す」 / 全日本大学野球選手権大会(6月10~17日、神宮球場など)で初のベスト4進出を果たした東京農大網走野球部の報告会が、同大キャンパスで開かれた。主将(4年)は「(野球部)全員が(ベスト4に)満足していない。もう一度足元を見つめ直し頑張りたい」などとあいさつし、さらなる高みを目指す決意を示した。
大会特別賞 大学で報告会 / 同大会で東農大網走は1、2、3回戦を順調に勝ち進み、準決勝で明治大学と対戦。1-5で敗れたものの、北海道の大学の快進撃は大学野球ファンらを盛り上げた。同大は特別賞を受け、明治大は決勝戦で佛教大を下して38年ぶり6回目の優勝を果たした。 報告会は、学生団体「農友会」の主催。教職員や学生らが見守る中、主将は「目標は全国制覇というところにあり、ベスト4では全員が満足していないので、ここからもう一回謙虚な気持ちで、もう一度足元を見つめ直して頑張っていきたいと思います」とあいさつし、「今回は本当に応援ありがとうございました」と感謝していた。 報告会に参加し、神宮球場でもエールを送った同大チアリーダー部の女性メンバー(4年)は明治大戦を振り返りながら「野球部の活躍は大勢の人を元気づけてくれました」とした上で、「『東農大網走』の知名度アップにもつながったはず。(農大を象徴する)『大根魂』を見せてくれました」と声を弾ませていた。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部(とうきょうのうぎょうだいがくほっかいどうオホーツクこうしきやきゅうぶ)は、北海道学生野球連盟に所属する大学野球チーム。東京農業大学生物産業学部の学生によって構成されている。東京農業大学硬式野球部とは別チームである。東農大北海道オホーツク、東農大北海道、東農大オホーツク、東農大網走と表記されることもある。創部から2011年秋季リーグまでは「東京農業大学生物産業学部硬式野球部」(略称 東農大生産学部)としていたが2012年の春季リーグより現在の名称に変わった。ユニホームの背番号の上には、「OKHOTSK」(オホーツク)と刺繍されている。 (東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部 – Wikipedia)

「青山ほとり」(あおやまほとり。“ほとり”は「畔」で畦のこと)は東京農業大学の応援歌である。一般的に「大根踊り」の名で知られている。作詞・作曲は、1923年(大正12年)当時の東京農業大学高等科3年生であった市山正輝。 (青山ほとり – Wikipedia)

関連動画

東農大北海道オホーツクの応援2019 ~大根踊り(青山ほとり)他~ – YouTube

準々決勝 東京農業大学北海道 vs. 城西国際大学 ハイライト【全日本大学野球選手権2019】 – YouTube

準決勝 明治大学 vs. 東京農業大学北海道ハイライト【全日本大学野球選手権2019】 – YouTube

北海道オホーツクキャンパス紹介 – YouTube

関連サイト

東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部ホームページ

関連エントリ

東京農業大学 (北海道オ ホーツク) 野球部 報告会 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ブログのコメント欄 投稿できるようになりました

424px-Balalaika_svg.png

ブログのコメント欄 投稿できるようになりました

長い間、ブログのコメントが投稿ができませんでした。どうも、申し訳ありません。

これからは、ブログのコメントが投稿ができるようになりました。どうも、ありがとうございました。

北海道網走郡美幌町の音楽人 加藤雅夫 (かとう まさお Kato Masao)

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

一般財団法人 日本マンドリン連盟 北海道支部のホームページ

一般財団法人 日本マンドリン連盟 北海道支部のホームページ

関連記事

一般社団法人・日本マンドリン連盟(にほんマンドリンれんめい、英語表記はJapan Mandolin Union、略称はJMU)は、日本のマンドリン音楽の普及を目的として1968年に創設された。 日本のクラシック・マンドリン関係者をカバーする全国組織としては、JMUのほか大学のマンドリン合奏団体が集う全日本学生マンドリン連盟があるが、JMUは大学を含む学生と社会人の演奏団体および個人を正会員とする。民間の任意団体であったが2013年に一般社団法人化された。 組織の構成 / 日本マンドリン連盟は、以下の支部から成り立っている。
日本マンドリン連盟 北海道支部
日本マンドリン連盟 東北支部
日本マンドリン連盟 関東支部
日本マンドリン連盟 中部支部
日本マンドリン連盟 北陸支部(活動停止中)
日本マンドリン連盟 関西支部
日本マンドリン連盟 中国支部
日本マンドリン連盟 四国支部(活動停止中)
日本マンドリン連盟 九州支部
(日本マンドリン連盟- Wikipedia)

音楽動画

ゆるい坂/mandolin – YouTube

第31回 親子ふれあいコンサート 月寒高校マンドリン部「魔女の宅急便メドレー2013」一部分 – YouTube

劇的序楽「細川ガラシャ」パイプオルガン付 札幌2013モザール&ノルディコ ジョイントコンサート – YouTube

関連サイト

日本マンドリン連盟北海道支部ホームページ

関連エントリ

小林啓一郎氏(JMU 日本マンドリン連盟顧問)年譜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本マンドリン連盟北海道支部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る