日本 カテゴリのアーカイブ

ウクライナの音楽人 グジー姉妹について

ウクライナの音楽人 グジー姉妹について

姉 ナターシャ・グジー
妹 カテリーナ・グジー

関連エントリー

カテリーナ・グジー の検索結果
http://masaokato.jp/?s=カテリーナ・グジー

ナターシャ・グジー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫
http://masaokato.jp/?s=ナターシャ・グジー

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年4月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年4月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流4月号と、人民中国雑誌社の人民中国4月号が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年4月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年4月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流4月号と、人民中国雑誌社の人民中国4月号が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

栗原小巻 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

劉徳有 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (令和4年 春)

日本の皇室のご活動・ニュース (令和4年 春)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

関連サイト

宮内庁のホームページ / このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。

愛子内親王殿下ご成年をお迎えになっての記者会見 – 宮内庁のホームページ

新型コロナウイルスに関するご発言 – 宮内庁のホームページ

天皇皇后両陛下のご活動 – 宮内庁のホームページ

皇室紹介ビデオ(VHS・DVD) – 宮内庁ホームページ

皇室 – 宮内庁ホームページ

皇室の構成図 – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年3月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年3月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流3月号と、人民中国雑誌社の人民中国3月号が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 3月号 主な目次 / 團伊玖磨先生と李徳倫先生 ピアニスト吉崎純子(董韻) (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

吉崎純子(董韻) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年3月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年3月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流3月号と、人民中国雑誌社の人民中国3月号が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2022年3月号 / / 特集 北京冬季五輪 共に未来へ / エッセイ・文化人訪ねある記 栗原小巻さんと「松井須磨子」劉徳有 (人民中国 2022年3月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

栗原小巻 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

劉徳有 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2022年北京パラリンピック 網走市出身の狩野亮

2022年北京パラリンピック 網走市出身の狩野亮

北京パラリンピック出場 網走市出身の狩野亮選手
2010年2月末、女満別空港で偶然に狩野亮選手と会いました。久保恒造選手と一緒でした。狩野亮選手の父親は美幌中学校の教師でした。私の娘の担任教師でした。

関連記事

狩野亮 / 狩野 亮(かのう あきら Akira Kano、1986年3月14日 – )は、日本のチェアスキーヤー。 来歴・人物 / 北海道網走市出身。1994年、小学校3年生のとき登校中の自動車事故で脊髄損傷。その後さまざまなスポーツを経験し、中学1年生のときスキーを始める[1]。岩手大学福祉システム工学科で学び、現在はマルハンに所属。冬季パラリンピックのアルペンスキー競技に2006年のトリノパラリンピックより2大会連続出場。2010年のバンクーバーパラリンピックでは男子座位スーパー大回転で金メダル、男子座位滑降で銅メダルを獲得した。 このバンクーバー大会の功績により、2010年6月10日、北海道栄誉賞を受賞。 2014年3月8日、ソチパラリンピックのアルペンスキー男子滑降において、金メダルを獲得、日本人選手の金メダル第一号となった。2014年春の叙勲で紫綬褒章受章。(狩野亮 – Wikipedia

2022年北京パラリンピック / 2022年北京パラリンピック(2022ねんペキンパラリンピック、中: 北京2022年冬残奥会)は、2022年3月4日から3月13日に中華人民共和国の首都・北京で開催される予定の第13回冬季パラリンピック。(SITSKIER 狩野 亮

狩野 亮 | Facebook

関連エントリー

狩野亮 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国テレビドラマ 宮廷女官チャングムの誓い(再放送 北海道)


韓国テレビドラマ 宮廷女官チャングムの誓い(再放送 北海道)

宮廷女官チャングムの誓い 2003年の韓国のテレビドラマ / 『宮廷女官チャングムの誓い』(きゅうていにょかん チャングムのちかい、原題朝鮮語: 大長今(대장금))は韓国MBCにて2003年9月15日から2004年3月30日まで放送されたテレビドラマ(時代劇) 。 (Wikipedia)

関連サイト

チャングムの誓い – TVh テレビ北海道

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国テレビドラマ 100日の郎君様(再放送 北海道)

韓国テレビドラマ 100日の郎君様(再放送 北海道)

関連記事

100日の郎君様 2018年の韓国のテレビドラマ / 『100日の郎君様』(原題:백일의 낭군님)は2018年9月10日から10月30日にかけて放送された韓国tvNのテレビドラマ。 (100日の郎君様 – Wikipedia)

関連サイト

100日の郎君様 – NHKのホームページ

関連エントリ

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年2月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年2月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流2月号と、人民中国雑誌社の人民中国2月号が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2022年2月号 / / 特集 変容しつつある日本語教育 / Report 座談会:俳句と漢俳 心を結ぶ詩歌交流 / 美しい中国 北京の西郊 老舎のラクダ通った千年古道
エッセイ・文化人訪ねある記 劉徳有 「パイプのけむり」と團伊玖磨 劉徳有 (人民中国 2022年2月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

劉徳有 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る