中欧 カテゴリのアーカイブ

アルベール・ジローの 月に憑かれたピエロ (作曲 シェーンベルク)

ET_Moon.jpg

アルベール・ジローの 月に憑かれたピエロ (作曲 シェーンベルク)

関連記事

『月に憑かれたピエロ』(つきにつかれたピエロ)、あるいは『ピエロ・リュネール』(フランス語: Pierrot lunaire)作品21は、アーノルト・シェーンベルクが作曲した室内楽伴奏による連作歌曲である。 正式名称は『アルベール・ジローの「月に憑かれたピエロ」から三度の7つの詩』(ドイツ語: Dreimal sieben Gedichte aus Albert Girauds << Pierrot lunaire >> )。 (月に憑かれたピエロ – Wikipedia)

関連エントリ

月に憑かれたピエロ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Pierrot lunaire の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1848年 8月31日 ヨハン・シュトラウス1世 (ラデツキー行進曲)

800px-Wien_Musikverein_innen_2010_2.jpg

1848年 8月31日 ヨハン・シュトラウス1世 (ラデツキー行進曲)

関連記事

1848年 – ヨハン・シュトラウス1世の『ラデツキー行進曲』がウィーンで初演。 (8月31日 – Wikipedia)

『ラデツキー行進曲』(ラデツキーこうしんきょく、ドイツ語: Radetzky-Marsch)作品228は、ヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲。作曲者の最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でみても有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。 (ラデツキー行進曲- Wikipedia)

関連エントリ

中国の音楽人 陳燮陽 (陈燮阳) – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国の中央民族楽団 (中央民族樂團 中央民族乐团) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ラデツキー行進曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

Stig_Sollander_Tony_Sailer_and_Chiharu_Chick_Igaya_1956.jpg

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

関連記事

8月24日 忌日 / 2009年 トニー・ザイラー (墺:スキー(アルペン)) <73歳> Anton(Toni) Sailer (8月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月24日 忌日 / 2009年 – トニー・ザイラー、元スキー選手、俳優 (8月24日 – Wikipedia)

アントン(トニー)・ザイラー(Anton(”Toni”) Sailer, 1935年11月17日 – 2009年8月24日)は、オーストリア・チロル州キッツビュール出身のスキー選手・俳優。 (トニー・ザイラー – Wikipedia)

Anton Engelbert “Toni” Sailer (17 November 1935 – 24 August 2009) was an Austrian alpine ski racer, considered among the best in the sport. At age 20, he won all three gold medals in alpine skiing at the 1956 Winter Olympics. He nearly duplicated the feat at the 1958 World Championships with two golds and a silver. He also won world titles both years in the combined, then a “paper” race, but awarded with medals by the International Ski Federation (FIS). (Toni Sailer – Wikipedia)

関連エントリ

トニー・ザイラー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Toni Sailer の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

800px-Franz-Liszt-Tafel01.JPG

Liszt-vanity-fair.jpg

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

関連記事

7月31日 忌日 / 1886年 フランツ・リスト (ハンガリー:ピアニスト,作曲家『ハンガリー狂詩曲』) <74歳> Franz Liszt(Ferenc Liszt) (7月31日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月31日 忌日 / 1886年 – フランツ・リスト、作曲家、ピアニスト。 (7月31日 – Wikipedia)

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt、ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 – 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。 (フランツ・リストWikipedia)

Franz Liszt (German; Hungarian: Liszt Ferencz, in modern usage Liszt Ferenc [ˈlist ˈfɛrɛnt͡s]; 22 October 1811 – 31 July 1886) was a prolific 19th-century Hungarian composer, virtuoso pianist, conductor, music teacher, arranger, organist, philanthropist, author, nationalist and a Franciscan tertiary during the Romantic era. (Franz Liszt – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・リスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Liszt の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

Franz_Xaver_Mozart_Wolfgang_Jr_1825.jpg

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

関連記事

7月29日 忌日 / 1844年 – フランツ・クサーヴァー・モーツァルト、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルト(Franz Xaver Wolfgang Mozart, 1791年7月26日 – 1844年7月29日)は、オーストリアの作曲家、ピアニスト。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの末子で四男。 (フランツ・クサーヴァー・モーツァルトWikipedia)

Franz Xaver Wolfgang Mozart (26 July 1791 – 29 July 1844), also known as Wolfgang Amadeus Mozart, Jr., was the youngest child of six born to Wolfgang Amadeus Mozart and his wife Constanze. He was the younger of his parents’ two surviving children. He was a composer, pianist, conductor, and teacher from the late classical period whose musical style was of an early Romanticism, heavily influenced by his father’s mature style. (Franz Xaver Wolfgang Mozart – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・クサーヴァー・モーツァルト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Xaver Wolfgang Mozart の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

Vivaldi_caricature.jpg

800px-Canal_Grande_in_the_sunset.jpg

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

関連記事

7月28日 忌日 / 1741年 アントニオ・ヴィヴァルディ (伊:作曲家,バイオリン奏者『四季』) <63歳> (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1741年 – アントニオ・ヴィヴァルディ、作曲家。 (7月28日 – Wikipedia)

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 – 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家で、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭。人物・来歴 / イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没した。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラのヴァイオリニストで、理髪師の父親からヴァイオリンを学ぶ。10歳より教会附属の学校に入り、25歳で司祭に叙階される。赤毛であったことから、「赤毛の司祭」Il Prete Rosso(イル・プレーテ・ロッソ)と呼ばれるようになった。 (アントニオ・ヴィヴァルディWikipedia)

Antonio Lucio Vivaldi (Italian: [anˈtɔːnjo ˈluːtʃo viˈvaldi]; 4 March 1678 – 28 July 1741) was an Italian Baroque musical composer, virtuoso violinist, teacher, and cleric. Born in Venice, he is recognized as one of the greatest Baroque composers, and his influence during his lifetime was widespread across Europe. He composed many instrumental concertos, for the violin and a variety of other instruments, as well as sacred choral works and more than forty operas. His best-known work is a series of violin concertos known as the Four Seasons. Many of his compositions were written for the all-female music ensemble of the Ospedale della Pietà, a home for abandoned children where Vivaldi (who had been ordained as a Catholic priest) was employed from 1703 to 1715 and from 1723 to 1740. Vivaldi also had some success with expensive stagings of his operas in Venice, Mantua and Vienna. After meeting the Emperor Charles VI, Vivaldi moved to Vienna, hoping for preferment. However, the Emperor died soon after Vivaldi’s arrival, and Vivaldi himself died, in poverty, less than a year later. (Antonio Vivaldi – Wikipedia)

関連エントリ

ヴィヴァルディ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Vivaldi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

モーツァルトの魔笛について

Emanuel_Schikaneder_detail.jpg

Papageno.jpg

モーツァルトの魔笛について

関連記事

『魔笛』(まてき、独: Die Zauberflöte)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ(「Opernwelt」誌の毎年の作品別上演回数統計、「音楽の友」誌の定期的な人気作品投票など)。(魔笛 – Wikipedia

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

image003.jpg

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

関連記事

6月12日 アンネの日記の日 / 1942年のこの日、ユダヤ人の少女アンネ・フランクによって「アンネの日記」が書き始められた。アンネの家族は、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害を逃れて、アムステルダムの隠れ家に身を隠した。日記は隠れ家に入る少し前の、この日の13歳の誕生日に父から贈られたものだった。1944年8月1日、アンネらは隠れ家から連れ出されて、ポーランドのアウシュビッツに送られたため、日記はこの日で終わっている。そして、1945年3月にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所で病死した。6月12日 歴史 / 1942年 アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントで日記帳を贈られる。「アンネの日記」の書始め。(6月12日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月12日 できごと / 1942年 – ホロコースト: アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントとして日記帳をもらう。『アンネの日記』の書き始め。6月12日 記念日・年中行事 / 日記の日(日本)1942年6月12日にポーランド系ユダヤ人のアンネ・フランクによって『アンネの日記』が書き始められたことにちなむ。(6月12日 – Wikipedia

『アンネの日記』(アンネのにっき、オランダ語: Het Achterhuis)とは、ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによる日記様の文学作品。概要 / 第二次世界大戦の最中のドイツによる占領下のオランダ、アムステルダムが舞台となっている。国家社会主義ドイツ労働者党によるユダヤ人狩りのホロコーストを避けるために、咳も出せないほど音に敏感だった隠れ家に潜んだ、8人のユダヤ人達の生活を活写したもの。執筆は密告(密告者はいまだ不明)により、ナチス・ドイツのゲシュタポに捕まるまでのおよそ2年間に及んだ。1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されている。彼女の死後、父オットー・フランクの尽力によって出版され、世界的ベストセラーになった。(アンネの日記 – Wikipedia

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank De-Annelies_Marie_Anne_Frank.ogg 、1929年6月12日 – 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。概要 / ドイツ国のフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。1944年8月4日にナチス親衛隊(SS)に隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。1945年3月上旬頃のことと見られている。隠れ家には、アンネがオランダ語で付けていた日記が残されていた。オットーの会社の社員で隠れ家住人の生活を支援していたミープ・ヒースがこれを発見し、戦後まで保存した。8人の隠れ家住人の中でただ一人戦後まで生き延びたオットー・フランクはミープからこの日記を手渡された。オットーは娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるため、日記の出版を決意した。この日記は60以上の言語に翻訳され、2500万部を超える世界的ベストセラーになった。(アンネ・フランク – Wikipedia

関連エントリ

日記の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネの日記 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネ・フランク の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チェコの音楽 我が祖国(Má vlast)スメタナ(Smetana)について

ismetan001p1

チェコの音楽 我が祖国(Má vlast)スメタナ(Smetana)について

関連記事

ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedřich Smetana、1824年3月2日 – 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名のフリードリヒ・スメタナ (Friedrich Smetana)でも知られる。(ベドルジハ・スメタナ – Wikipedia

『我が祖国』(わがそこく、チェコ語: Má Vlast)は、ベドルジフ・スメタナの代表的な作品で、1874年から1879年にかけて作曲された6つの交響詩からなる連作交響詩。第2曲『ヴルタヴァ(モルダウ)』が特に著名である。(わが祖国 (スメタナ) – Wikipedia

Bedřich Smetana (2 March 1824 – 12 May 1884) was a Czech composer who pioneered the development of a musical style which became closely identified with his country’s aspirations to independent statehood. He has been regarded in his homeland as the father of Czech music. Internationally he is best known for his opera The Bartered Bride and for the symphonic cycle Má vlast (”My Homeland”), which portrays the history, legends and landscape of the composer’s native land. (Bedřich Smetana – Wikipedia

Má vlast (Czech pronunciation: [maː vlast], meaning “My homeland” in the Czech language) is a set of six symphonic poems composed between 1874 and 1879 by the Czech composer Bedřich Smetana. While it is often presented as a single work in six movements and – with the exception of Vltava – is almost always recorded that way, the six pieces were conceived as individual works. They had their own separate premieres between 1875 and 1880; the premiere of the complete set took place on 5 November 1882 in Žofín Palace, Prague, under Adolf Čech, who had also conducted two of the individual premieres. In these works Smetana combined the symphonic poem form pioneered by Franz Liszt with the ideals of nationalistic music which were current in the late nineteenth century. Each poem depicts some aspect of the countryside, history, or legends of Bohemia. Since 1952 the works have been performed to open the Prague Spring International Music Festival on 12 May, the anniversary of the death of their composer. (Má vlast – Wikipedia

関連エントリ

日本ショパン協会創立50年/北海道・美幌町ゆかりの藁科雅美 – 美幌音楽人 加藤雅夫

チェコの音楽 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

スメタナ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

我が祖国 の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Smetana の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Má vlast の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る