中欧 カテゴリのアーカイブ

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

360px-2019_G20_Osaka_summit_logo.svg

G20大阪サミット2019 (金融世界経済に関する首脳会合)

関連記事

第14回20か国・地域首脳会合(だい14かい20かこく・ちいきしゅのうかいごう、別名: G20首脳会合、G20金融サミット、2019年G20サミット首脳会議、G20大阪サミット、英語: 2019 G20 Osaka summit)は、2019年6月28日から6月29日に大阪府大阪市で開催が予定されている「G20」(主要20か国・地域)の首脳会合。正式名称は「金融世界経済に関する首脳会合」(英語: Summit on Financial Markets and the World Economy)。 日本で初めて開催されるG20首脳会合となる。会場は大阪国際見本市会場(インテックス大阪)であった。 参加国・機関 / 37の国と機関が参加した。 招待国 / オランダ シンガポール スペイン(永久招待国) ベトナム タイ(ASEAN議長国) エジプト(AU議長国) チリ(APEC議長国) セネガル(NEPAD議長国) 国際連合 国際通貨基金 世界銀行 世界貿易機関 国際労働機関 金融安定理事会 経済協力開発機構 アジア開発銀行 世界保健機関。 文化行事 / 6月28日夜、大阪迎賓館で開かれた晩餐会と大阪城天守閣を背景とする記念撮影の後、大阪城公園で各国首脳が参加する文化行事が開催された。狂言師・野村萬斎による「三番叟」の演出、ピアニスト・辻井伸行による「花は咲く」「ラ・カンパネッラ」の演奏とオペラ歌手・中丸三千繪による演唱が披露された。 (第14回20か国・地域首脳会合 – Wikipedia)

The 2019 G20 Osaka summit is the fourteenth meeting of Group of Twenty (G20). It will be held on 28–29 June 2019 at the International Exhibition Center in Osaka. It is the first G20 summit to be hosted in Japan. (2019 G20 Osaka summit – Wikipedia)

G20(ジートゥエンティ)は、”Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。 構成国・地域は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中華人民共和国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、オーストラリア、大韓民国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域とも言い、日本の放送局であるNHKでは、先進国会合であるG7と区別して、先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。 (G20 – Wikipedia)

関連サイト

よくわかる G20大阪サミット2919 | NHK NEWS WEB

G20サミットのニュース一覧 | NHKニュース

G20大阪サミット公式ホームページ

Official website of the G20

G20(金融世界経済に関する首脳会合) | 外務省ホームページ

G20大阪サミットの開催(日本で初の開催) | 首相官邸ホームページ

関連エントリ

G20大阪サミット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 G20 Osaka summit の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ふさわしい時に死を選ぶ自由 (安楽死)

800px-Its_all_about_love.jpg

ふさわしい時に死を選ぶ自由 (安楽死)

関連記事

安楽死(あんらくし、英語: euthanasia)とは、人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。安楽死推進団体に所属し、スイスで安楽死したオーストラリアの環境学・植物学者 デイビット・グッドールは「ふさわしい時に死を選ぶ自由」と定義している。 安楽死に至る方法として、積極的安楽死(英語: positive euthanasia , active euthanasia)と、消極的安楽死(英語: negative euthanasia , passive euthanasia)の二種類がある。安楽死の別表現として、尊厳死(英語: dignified death , death with dignity)という言葉がある。 これは、積極的安楽死と消極的安楽死の両方を表現する場合と、安楽死を本人の事前の希望に限定して尊厳死と表現する場合があるが、世界保健機関、世界医師会、国際連合人権理事会、国家の法律、医療行政機関、医師会などの公的な機関による、明確または統一的な定義は確認されていない。 (安楽死 – Wikipedia)

Euthanasia (from Greek: εὐθανασία; “good death”: εὖ, eu; “well” or “good” – θάνατος, thanatos; “death”) is the practice of intentionally ending a life to relieve pain and suffering. Different countries have different euthanasia laws. The British House of Lords Select Committee on Medical Ethics defines euthanasia as “a deliberate intervention undertaken with the express intention of ending a life, to relieve intractable suffering”. In the Netherlands and Belgium, euthanasia is understood as “termination of life by a doctor at the request of a patient”. The Dutch law however, does not use the term ‘euthanasia’ but includes the concept under the broader definition of “assisted suicide and termination of life on request”. (Euthanasia – Wikipedia)

関連動画

「ふさわしい時に死を選ぶ自由を」 104歳で自死の科学者 – YouTube

関連サイト

NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」 – NHKドキュメンタリー

「真夜中5分前」の安楽死 認知症にのまれる前に – BBCニュース

関連エントリ

安楽死 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Euthanasia の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月24日 クリスマス・イヴ (世界の記念日)

_012.jpg

12月24日 クリスマス・イヴ (世界の記念日)

関連記事

記念日 12月24日 クリスマス・イヴ / クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。 eveは夜を意味する古語evenから来たもので「クリスマスの夜」の意味になる。キリスト教会暦では日没が1日の始まりであり、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・イヴと呼ぶ。 (12月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月24日 記念日・年中行事 / クリスマス・イヴ(世界)イエス・キリスト誕生を祝うクリスマス前夜。 (12月24日 – Wikipedia)

クリスマス・イヴ(英: Christmas Eve)、クリスマス・イブは、常用時における12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」(eve) は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものである。 日本では、「クリスマスの前夜」と認識されることが多い。キリスト教国(en:christendom)においても「クリスマスの前夜」と認識されることがある。転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることがある。 (クリスマス・イヴ – Wikipedia)

関連エントリ

Stille Nacht, heilige Nacht きよしこの夜 200周年 記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クリスマス・イヴ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アルベール・ジローの 月に憑かれたピエロ (作曲 シェーンベルク)

ET_Moon.jpg

アルベール・ジローの 月に憑かれたピエロ (作曲 シェーンベルク)

関連記事

『月に憑かれたピエロ』(つきにつかれたピエロ)、あるいは『ピエロ・リュネール』(フランス語: Pierrot lunaire)作品21は、アーノルト・シェーンベルクが作曲した室内楽伴奏による連作歌曲である。 正式名称は『アルベール・ジローの「月に憑かれたピエロ」から三度の7つの詩』(ドイツ語: Dreimal sieben Gedichte aus Albert Girauds << Pierrot lunaire >> )。 (月に憑かれたピエロ – Wikipedia)

関連エントリ

月に憑かれたピエロ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Pierrot lunaire の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1848年 8月31日 ヨハン・シュトラウス1世 (ラデツキー行進曲)

800px-Wien_Musikverein_innen_2010_2.jpg

1848年 8月31日 ヨハン・シュトラウス1世 (ラデツキー行進曲)

関連記事

1848年 – ヨハン・シュトラウス1世の『ラデツキー行進曲』がウィーンで初演。 (8月31日 – Wikipedia)

『ラデツキー行進曲』(ラデツキーこうしんきょく、ドイツ語: Radetzky-Marsch)作品228は、ヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲。作曲者の最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でみても有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。 (ラデツキー行進曲- Wikipedia)

関連エントリ

中国の音楽人 陳燮陽 (陈燮阳) – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国の中央民族楽団 (中央民族樂團 中央民族乐团) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ラデツキー行進曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

Stig_Sollander_Tony_Sailer_and_Chiharu_Chick_Igaya_1956.jpg

オーストリアのスキー選手・俳優 トニー・ザイラー (Toni Sailer)

関連記事

8月24日 忌日 / 2009年 トニー・ザイラー (墺:スキー(アルペン)) <73歳> Anton(Toni) Sailer (8月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月24日 忌日 / 2009年 – トニー・ザイラー、元スキー選手、俳優 (8月24日 – Wikipedia)

アントン(トニー)・ザイラー(Anton(”Toni”) Sailer, 1935年11月17日 – 2009年8月24日)は、オーストリア・チロル州キッツビュール出身のスキー選手・俳優。 (トニー・ザイラー – Wikipedia)

Anton Engelbert “Toni” Sailer (17 November 1935 – 24 August 2009) was an Austrian alpine ski racer, considered among the best in the sport. At age 20, he won all three gold medals in alpine skiing at the 1956 Winter Olympics. He nearly duplicated the feat at the 1958 World Championships with two golds and a silver. He also won world titles both years in the combined, then a “paper” race, but awarded with medals by the International Ski Federation (FIS). (Toni Sailer – Wikipedia)

関連エントリ

トニー・ザイラー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Toni Sailer の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

800px-Franz-Liszt-Tafel01.JPG

Liszt-vanity-fair.jpg

ハンガリーのピアニスト・作曲家 フランツ・リスト (Franz Liszt)

関連記事

7月31日 忌日 / 1886年 フランツ・リスト (ハンガリー:ピアニスト,作曲家『ハンガリー狂詩曲』) <74歳> Franz Liszt(Ferenc Liszt) (7月31日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月31日 忌日 / 1886年 – フランツ・リスト、作曲家、ピアニスト。 (7月31日 – Wikipedia)

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt、ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 – 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。 (フランツ・リストWikipedia)

Franz Liszt (German; Hungarian: Liszt Ferencz, in modern usage Liszt Ferenc [ˈlist ˈfɛrɛnt͡s]; 22 October 1811 – 31 July 1886) was a prolific 19th-century Hungarian composer, virtuoso pianist, conductor, music teacher, arranger, organist, philanthropist, author, nationalist and a Franciscan tertiary during the Romantic era. (Franz Liszt – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・リスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Liszt の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

Franz_Xaver_Mozart_Wolfgang_Jr_1825.jpg

オーストリアの作曲家・ピアニスト フランツ・クサーヴァー・モーツァルト (Franz Xaver Wolfgang Mozart)

関連記事

7月29日 忌日 / 1844年 – フランツ・クサーヴァー・モーツァルト、作曲家。 (7月29日 – Wikipedia)

フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルト(Franz Xaver Wolfgang Mozart, 1791年7月26日 – 1844年7月29日)は、オーストリアの作曲家、ピアニスト。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの末子で四男。 (フランツ・クサーヴァー・モーツァルトWikipedia)

Franz Xaver Wolfgang Mozart (26 July 1791 – 29 July 1844), also known as Wolfgang Amadeus Mozart, Jr., was the youngest child of six born to Wolfgang Amadeus Mozart and his wife Constanze. He was the younger of his parents’ two surviving children. He was a composer, pianist, conductor, and teacher from the late classical period whose musical style was of an early Romanticism, heavily influenced by his father’s mature style. (Franz Xaver Wolfgang Mozart – Wikipedia)

関連エントリ

フランツ・クサーヴァー・モーツァルト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Franz Xaver Wolfgang Mozart の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

Vivaldi_caricature.jpg

800px-Canal_Grande_in_the_sunset.jpg

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

関連記事

7月28日 忌日 / 1741年 アントニオ・ヴィヴァルディ (伊:作曲家,バイオリン奏者『四季』) <63歳> (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1741年 – アントニオ・ヴィヴァルディ、作曲家。 (7月28日 – Wikipedia)

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 – 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家で、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭。人物・来歴 / イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没した。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラのヴァイオリニストで、理髪師の父親からヴァイオリンを学ぶ。10歳より教会附属の学校に入り、25歳で司祭に叙階される。赤毛であったことから、「赤毛の司祭」Il Prete Rosso(イル・プレーテ・ロッソ)と呼ばれるようになった。 (アントニオ・ヴィヴァルディWikipedia)

Antonio Lucio Vivaldi (Italian: [anˈtɔːnjo ˈluːtʃo viˈvaldi]; 4 March 1678 – 28 July 1741) was an Italian Baroque musical composer, virtuoso violinist, teacher, and cleric. Born in Venice, he is recognized as one of the greatest Baroque composers, and his influence during his lifetime was widespread across Europe. He composed many instrumental concertos, for the violin and a variety of other instruments, as well as sacred choral works and more than forty operas. His best-known work is a series of violin concertos known as the Four Seasons. Many of his compositions were written for the all-female music ensemble of the Ospedale della Pietà, a home for abandoned children where Vivaldi (who had been ordained as a Catholic priest) was employed from 1703 to 1715 and from 1723 to 1740. Vivaldi also had some success with expensive stagings of his operas in Venice, Mantua and Vienna. After meeting the Emperor Charles VI, Vivaldi moved to Vienna, hoping for preferment. However, the Emperor died soon after Vivaldi’s arrival, and Vivaldi himself died, in poverty, less than a year later. (Antonio Vivaldi – Wikipedia)

関連エントリ

ヴィヴァルディ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Vivaldi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る