オーストリア カテゴリのアーカイブ

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

モーツァルトの魔笛について

Emanuel_Schikaneder_detail.jpg

Papageno.jpg

モーツァルトの魔笛について

関連記事

『魔笛』(まてき、独: Die Zauberflöte)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ(「Opernwelt」誌の毎年の作品別上演回数統計、「音楽の友」誌の定期的な人気作品投票など)。(魔笛 – Wikipedia

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Stille Nacht, heilige Nacht きよしこの夜 200周年 記念館

448px-Noah_mosaic.jpg

Stille Nacht, heilige Nacht きよしこの夜 200周年 記念館 / 今年(2018年)は、クリスマス・キャロル「きよしこの夜(Stille Nacht, heilige Nacht)」が、1818年にクラシック・ギターで作曲されてから200周年記念です。Stille Nacht, heilige Nacht きよしこの夜200周年記念館を開設しました。

関連記事

『きよしこの夜』(きよしこのよる、ドイツ語: Stille Nacht)とは、有名なクリスマス・キャロルのひとつ。 原詞の Stille Nacht は、ヨゼフ・モールによって、ドイツ語で書かれ、フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲された。この曲の英語曲題が「Silent night」(作詞・John Freeman Young)であり、日本語曲題が「きよしこの夜」(作詞・由木康)である。楽曲解説 / 1818年12月25日にオーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会で初演された。この歌にまつわる逸話として、 “クリスマス・イヴの前日、教会のオルガンが発音できない状態になった(音の出なくなった理由はネズミにかじられた等、諸説あり)。そして、クリスマスに歌う賛美歌の伴奏ができなくなり、急遽ヨゼフは“Stille Nacht”の詞を書き上げ、グルーバーに、この詞にギターで伴奏できる讃美歌を作曲してくれるように依頼を行った。グルーバーは最初「教会でギターを弾いても誰も気に入らないのではないか?」と懸念していたが、ヨゼフの説得もあって詞に曲をつけることを了承した。グルーバーは一晩中懸命に考え続け、ついにこの曲を完成させた。なお現在一般的に歌われているメロディーは、グルーバーの自筆譜と相違がある。日本での受容 / 「きよしこの夜」にはじまる日本語の歌詞は由木康による。初めて収録されたのは1909年の『讃美歌』第2編である。1961年には小学校6年生の音楽の教科書に採用され、1988年まで掲載されていた。近年では中学校などで英語教育も兼ねて英語の歌詞で歌われている。なお、日本のカトリック教会においては、別訳にてカトリック聖歌集111番の「しずけき」として親しまれている。(きよしこの夜 – Wikipedia

Stille Nacht, heilige Nacht (Weihnachtslied aus Österreich) / Diese Darstellung inspirierte Vikar Joseph Mohr 1816 zu der Verszeile: „Holder Knab’ im lockigten Haar“. Hochaltar Mariapfarr, um 1500. Stille Nacht, heilige Nacht gilt weltweit als das bekannteste Weihnachtslied und als Inbegriff des Weihnachtsbrauchtums im deutschen Sprachraum. Die UNESCO hat es als immaterielles Kulturerbe in Österreich anerkannt. Geschichte / Entstehung / Zu Heiligabend 1818 führten der Arnsdorfer Dorfschullehrer und Organist Franz Xaver Gruber (1787–1863) und der Hilfspfarrer Joseph Mohr (1792–1848) in der Schifferkirche St. Nikola in Oberndorf bei Salzburg das Weihnachtslied Stille Nacht, heilige Nacht erstmals auf. (Stille Nacht, heilige Nacht – Wikipedia

《平安夜》(德語:Stille Nacht, heilige Nacht)是一首十分流行的傳統圣诞颂歌,原始的歌词由Josef Mohr使用德文寫成,作曲则是由奥地利一所小学的校长Franz Gruber完成。现代传唱的版本的乐曲与Gruber原始版本有些微的不同(特别是在最后部分的变化)。此歌已知被翻译成世界上超过44多种语言[1],依然是最流行的聖誕歌曲。没有音乐伴奏人们也会经常吟唱,在路德教会它有特殊的重要意义。2011年,這首歌被聯合國教科文組織宣告為非物質文化遺產[2]。歷史 / 这首颂歌1818年12月24日第一次在奥地利欧本多夫当地的尼古拉教堂演出。(平安夜(歌曲) – 维基百科,自由的百科全书

フランツ・クサーヴァー・グルーバー(独: Franz Xaver Gruber、1787年11月25日 – 1863年6月7日)は、19世紀オーストリアの小学校教師・教会オルガン奏者。親友で司祭のヨーゼフ・モールとみんなで歌えるクリスマス・キャロルを考えていたときに「きよしこの夜」を作曲した。その歌を作ったと言われている教会が、今もザルツブルク州のオーベルンドルフ・バイ・ザルツブルクに残っている。(フランツ・クサーヴァー・グルーバー – Wikipedia

Franz Xaver Gruber (Komponist) Österreichischer Kirchenliedkomponist / Conrad Franz Xaver Gruber (* 25. November 1787 in Unterweitzberg in Hochburg-Ach; † 7. Juni 1863 in Hallein) war ein österreichischer Komponist und wurde als Schöpfer des weltweit bekanntesten Weihnachtsliedes Stille Nacht, heilige Nacht berühmt. (Franz Xaver Gruber (Komponist) – Wikipedia

Joseph Mohr / Josephus Franciscus Mohr, sometimes spelt Josef (December 11, 1792 – December 4, 1848) was an Austrian Roman Catholic priest and writer, who wrote the words to the Christmas carol “Silent Night.” (Joseph Mohr – Wikipedia

Die Stille-Nacht-Kapelle steht in der Stadt Oberndorf im österreichischen Bundesland Salzburg und ist dem Gedächtnis des Weihnachtsliedes Stille Nacht, heilige Nacht und seines Textdichters Joseph Mohr sowie seines Komponisten Franz Xaver Gruber gewidmet. Sie steht an Stelle der ehemaligen St.-Nikolaus-Kirche (St. Nikola), in der am 24. Dezember 1818 das Weihnachtslied zum ersten Mal aufgeführt wurde. (Stille-Nacht-Kapelle – Wikipedia

関連サイト

375px-Chapel2.jpg

_012.jpg

Stille Nacht Kapelle -

関連エントリ

800px-Candles_in_the_dark.jpg

きよしこの夜 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

平安夜(歌曲) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

きよしこの夜200周年記念館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Stille Nacht, heilige Nacht の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ)
2015 Toru Takemitsu Composition Award Winners Announced! (Jury: Kaija Saariaho)

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1717年 5月13日 – マリア・テレジア(Marie-Thérèse, Maria Theresa) 誕生

330px-Rosa_sp6.jpg

1717年 5月13日 – マリア・テレジア(Marie-Thérèse, Maria Theresa) 誕生
May 13, 1717 – Maria Theresa (Marie-Thérèse, Maria Theresa) birth

1717年 5月13日 – マリア・テレジア(Marie-Thérèse, Maria Theresa) 誕生 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「第4回臨床安全世界会議」 参加受付開始

345px-Andreas_Moeller_-_Erzherzogin_Maria_Theresia_-_Kunsthistorisches_Museum.jpg

612px-Chteau_de_Schnbrunn_Vienne_2.jpg

「第4回臨床安全世界会議」 参加受付開始
“4th World Congress of Clinical Safety” participation acceptance start

「第4回臨床安全世界会議」 参加受付開始 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)

_009.jpg

_008.jpg

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)
鮮花和音樂和阿羅哈 – 母親節(2015年)
鲜花和音乐和阿罗哈 – 母亲节(2015年)
Flowers and Music and Aloha – Mother’s Day (2015)

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヨーゼフ・ランナー (ワルツ)

127px-Edelwei.png

ヨーゼフ・ランナー (ワルツ)
Joseph Lanner (Waltz)

ヨーゼフ・ランナー (ワルツ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

楽聖忌: ベートーヴェンの命日 (1827年 3月26日)

255px-Beethoven_7.jpg

楽聖忌: ベートーヴェンの命日 (1827年 3月26日)
Beethoven, Death anniversary of the Great musician (March 26, 1827)

楽聖忌: ベートーヴェンの命日 (1827年 3月26日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽

330px-Tru_Takemitsu.jpg

263px-Jaufre_rudel.jpg

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽
Love and strength and, music of Kaija Saariaho

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る