フランス カテゴリのアーカイブ

楢山節考の「親を捨てるか 子を捨てられるか」について

楢山節考の「親を捨てるか 子を捨てられるか」について

関連記事

5月19日 歴史 / 1983年 今村昌平監督の『楢山節考』が第36回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(グランプリ)受賞。(5月19日 今日は何の日~毎日が記念日~)

『楢山節考』(ならやまぶしこう)は、1983年製作の日本映画。深沢七郎の同名小説(厳密には『楢山節考』と『東北の神武たち』の2つを原作とする)の2度目の映画化作品。1983年のカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞した。概要 / 長野県北安曇郡小谷村の廃村をベースに、オール・ロケで撮影が行われた。キャッチ・コピーは「親を捨てるか、子を捨てられるか。」 楢山節考 (1983年の映画) – Wikipedia

『楢山節考』(ならやまぶしこう)は、深沢七郎の短編小説。民間伝承の棄老伝説を題材とした作品で、当代の有力作家や辛口批評家たちに衝撃を与え、絶賛された、当時42歳の深沢の処女作である[1]。山深い貧しい部落の因習に従い、年老いた母を背板に乗せて真冬の楢山へ捨てにゆく物語。自ら進んで「楢山まいり」の日を早める母と、優しい孝行息子との間の無言の情愛が、厳しく悲惨な行為と相まって描かれ、独特な強さのある世界を醸し出している。(楢山節考 – Wikipedia

深沢 七郎(ふかざわ しちろう Shichiro Fukazawa、1914年〈大正3年〉1月29日 – 1987年〈昭和62年〉8月18日) は、日本の小説家、ギタリスト。(深沢七郎 – Wikipedia

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

関連エントリ

楢山節考 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

深沢七郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Shichiro Fukazawa の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

家具の音楽(Furniture music)について

Satie.jpg

家具の音楽(Furniture music)について

関連記事

『家具の音楽』(かぐのおんがく、仏: musique d’ameublement)は、フランスの作曲家であるエリック・サティが1920年に作曲した室内楽曲。家具のように、そこにあっても日常生活を妨げない音楽、意識的に聴かれることのない音楽、といったものを目指して書かれた曲である。またこの曲に限らず、サティが提唱した「生活の中に溶け込む音楽」という思想そのものを「家具の音楽」と呼ぶこともある。またそのコンセプトからアンビエント音楽やバックグラウンドミュージックの祖とされる曲でもあり、ウィリアム・アッカーマンなど多くのアーティストに影響を与えた。(家具の音楽 – Wikipedia

Furniture music, or in French musique d’ameublement (sometimes more literally translated as furnishing music), is background music originally played by live performers. The term was coined by Erik Satie in 1917. (Furniture music – Wikipedia

関連エントリ

家具の音楽 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Furniture music の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エリック・サティ(Erik Satie)について

330px-Satie-lesprit.png

_004.jpg

エリック・サティ(Erik Satie)について
誕生日 5月17日 / 1866年 エリック・サティ (仏:作曲家) Erik Satie

関連記事

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 – 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。音楽界の異端児、音楽界の変わり者などと称される。西洋音楽に大きな影響を与えたと見なされており、ドビュッシー、ラヴェルも影響を公言している。そして、印象主義の作曲家たちにも影響を与えたとされる。生涯 / 1866年 – 5月17日オンフルールにて誕生。(エリック・サティ – Wikipedia

Éric Alfred Leslie Satie (French: [eʁik sati]; 17 May 1866 – 1 July 1925), who signed his name Erik Satie after 1884, was a French composer and pianist. Satie was a colourful figure in the early 20th-century Parisian avant-garde. His work was a precursor to later artistic movements such as minimalism, Surrealism, repetitive music, and the Theatre of the Absurd. (Erik Satie – Wikipedia

関連エントリ

エリック・サティ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Erik Satie の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

聖人 テレーズの思想「小さき道」について

800px-Candles_in_the_dark.jpg

聖人 テレーズの思想「小さき道」について

テレーズは自分の天職を「愛」であると語っており、修道生活においても、人の欠点をゆるすこと、他人に惜しみ無く愛を与えること、人に譲ること、誤解されても相手を責めないこと、批判されても甘んじて受けること、苦手な相手のためにも愛をもって祈り善行をなすことを「完徳」への第一歩であると見なしていた。

関連記事

リジューの聖テレーズ(フランス語:Thérèse de Lisieux, 1873年1月2日 – 1897年9月30日)あるいは幼きイエスの聖テレジア、小さき花のテレジアは、19世紀フランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。修道名は「幼きイエスと尊き面影のテレーズ」。カトリック教会の聖人にして教会博士の一人。若くして世を去ったが、その著作は今日でも世界中で広く読まれ、日本でも人気のある聖人の一人である。テレーズの思想「小さき道」 / テレーズは自分の天職を「愛」であると語っており、修道生活においても、人の欠点をゆるすこと、他人に惜しみ無く愛を与えること、人に譲ること、誤解されても相手を責めないこと、批判されても甘んじて受けること、苦手な相手のためにも愛をもって祈り善行をなすことを「完徳」への第一歩であると見なしていた。(リジューのテレーズ – Wikipedia

関連エントリ

聖テレーズ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ナルシソ・イエペスの娘 アナ・イエペス(Ana Yepes)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

250px-W_carnation4051.jpg

ナルシソ・イエペスの娘 アナ・イエペス(Ana Yepes)

1993年の11月17日、イエペス・トリオの北海道公演(旭川市公会堂)。ナルシソ・イエペス、イエペス夫人のマリーシヤ・イエペス、息子夫妻のイグナシオ・イエペス、娘のアナ・イエペスと楽しい食事会でした。これが、ナルシソ・イエペスと最後のお別れになってしまつた。アナ・イエペスとは今でも交流が続いている。

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was a Spanish guitarist. In Paris he met Marysia Szumlakowska, a young Polish philosophy student. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. (Narciso Yepes – Wikipedia

関連サイト

Ana Yepes | earlydance.org

ナルシソ·・イエペス公式ホームページ(Narciso Yepes Official Homepage)

Ana Yepes | Facebook

関連エントリ

クラウドファンディング – アナ・イエペス (Ana Yepes) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

バレエの音楽 (チャイコフスキー) – 眠れる森の美女

375px-La_Belle_au_Bois_Dormant.jpg

Emily_Smith_-_La_Belle_Aurore_-_Prix_de_Lausanne_2010-3.jpg

バレエの音楽 (チャイコフスキー) – 眠れる森の美女
Ballet music (Tchaikovsky) – Sleeping Beauty

バレエの音楽 (チャイコフスキー) – 眠れる森の美女 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)

_009.jpg

_008.jpg

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)
鮮花和音樂和阿羅哈 – 母親節(2015年)
鲜花和音乐和阿罗哈 – 母亲节(2015年)
Flowers and Music and Aloha – Mother’s Day (2015)

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

メヌエット (作曲: ナポレオン・コスト)

330px-Sor_Coste-Methode_P2_RiBS0790.jpg

メヌエット (作曲: ナポレオン・コスト)
Minuet (composer: Napoléon Coste)

メヌエット (作曲: ナポレオン・コスト) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

レオンス・ヴェルニー (フランスの技術者)

270px-Meiji-Mura_3881615281_761a0c084e.jpg

270px-VernyPark.JPG

レオンス・ヴェルニー (フランスの技術者)
Léonce Verny (France engineer)

レオンス・ヴェルニー (フランスの技術者) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ジムノペディ (サティ 作曲)

Satie.jpg

ジムノペディ (サティ 作曲)
Gymnopédie (Satie composer)

ジムノペディ (サティ 作曲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る