音楽療法 カテゴリのアーカイブ

クリスマスの日 おくりもの

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

クリスマスの日 おくりもの

ギター ナルシソ・イエペス
ダンス アナ・イエペス

皆様に希望の光り贈ります (美幌のサンタクロース)

関連エントリー

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の楽曲 ジョン・レノンのイマジン

12月の楽曲 ジョン・レノンのイマジン

関連記事

イマジン (ジョン・レノンの曲) ジョン・レノンの楽曲 / 「イマジン」(Imagine)は、1971年に発表されたジョン・レノンの楽曲である。 (Wikipedia)

関連エントリー

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの ハッピー・クリスマス (戦争は終った) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

NHKラジオドラマコロの物語

NHKラジオドラマ コロの物語

私が9歳のころ、NHKのラジオドラマ「コロの物語」の放送が始まった。ある日、向かいの小間物屋の側に捨てられた2匹の子犬がダンボール箱に入れられていた。小間物屋の息子と私は子犬をそれぞれに持ち帰った。次の日の朝、小間物屋の息子が「コロ コロ」と呼んでいる。私も自分の子犬を「コロ コロ」と呼んだ。2匹の子犬は同じ名前を付けられたのだ。それからは、2匹の子犬は仲良く元気で育った。

関連記事

主人公の小犬・コロと飼い主のおじさんの愛情を描く連続ホームドラマ(1957年4月1日~1958年12月30日放送、全479回)。作 乾信一郎、音楽 小林秀雄。語り手 幸田弘子、出演 小柳徹、山田清ほか。

コロの物語 主題歌 作詞作曲 小林秀雄
お父さんは青い雲 いつもそっと見てるよきっと
お母さんはそよぐ風 いつもそっと囁くきっと
ワンコロワンワンコロコロ
ワンコロワンワンコロコロ
ワン、ワン、ワン

コロの物語 お母さんの唄 作詞 西沢実 / 作曲 小林秀雄
夢見ていたよ お母さん さめりゃ 野原をわたる風
どこかで どこかで 僕を呼んでるなあ

コロの物語 挿入歌
コロ コロ コロと みんなが呼ぶけれど
コロ コロ コロと 呼んでは行っちまう
一人ぼっちの風の中 一人ぼっちで泣いてみる
ワンワン でもさ でも僕 寂しかないな だって
この風この匂い どこかで 花は咲いているんだ
どこにも花は咲いているんだ

乾信一郎 / 信一郎(いぬい しんいちろう、1906年5月15日 – 2000年1月29日)は、日本の小説家、翻訳家。 来歴 / 米国シアトル生まれ。本名・上塚貞雄で、本名での著作もある。1912年、母とともに父母の郷里熊本県に戻りそこで育つ。青山学院高等部卒業。同商科在学中の1928年、翻訳が『新青年』に採用される。1930年卒業後、博文館に勤務し、『新青年』に探偵小説を書く。1935年『講談雑誌』編集長、1937年『新青年』編集長。1938年フリーとなり、文筆に専念。戦後「青いノート」「コロの物語」などNHK連続放送劇の脚本を手がける。ユーモア小説、動物小説を多く書いたが、探偵小説やミステリー小説などの翻訳も数多く手がけた。筆名は当初「乾信四郎」(かんしんしろう)としていたが、「あんまりしゃれが露骨で気がひけ」たため「乾信一郎」と改めた。 (Wikipedia)

関連エントリー

コロの物語 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の歌 白い道

12月の歌 白い道

関連記事

白い道 / 「白い道」(しろいみち)は、NHKの歌番組『みんなのうた』で放送された日本の楽曲。ヴィヴァルディ作曲「ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調 『冬』 RV.297」の第2楽章に海野洋司が日本語の歌詞を附した。初回放送時はハイ・ファイ・セットの歌だが、1983年のリメイクでは北原ミレイが歌った。 (Wikipedia)

関連エントリー

12月の音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2021年(令和3年)12月の音楽

2021年(令和3年)12月の音楽

関連記事

2021年の音楽 / 2021年の音楽(2021ねんのおんがく)では、2021年の音楽分野に関する動向をまとめる。 (Wikipedia)

関連エントリー

12月の音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

북악산의 노래 (北岳山の歌)


북악산의 노래 (北岳山の歌)

関連記事

証城寺の狸囃子 日本の童謡 / 証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、日本の童謡である。作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」に想を得たもので、曲は1925年(大正14年)に発表された。 朝鮮民主主義人民共和国でも同旋律を流用し、『北岳山の歌(북악산의 노래)』という童謡に改編されている。朝鮮版の「北岳山の歌」は北朝鮮の楽団普天堡電子楽団によってカバーされている。 (Wikipedia)

関連エントリー

証城寺の狸囃子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の音楽 ある愛の歌(アメリカ合衆国の映画)

12月の音楽 ある愛の歌(アメリカ合衆国のも映画)

関連記事

ある愛の詩 / 『ある愛の詩』(あるあいのうた、英: Love Story)は、1970年のアメリカ合衆国の恋愛映画。 監督はアーサー・ヒラー、出演はライアン・オニールとアリ・マッグローなど。 有名なセリフ、”Love means never having to say you’re sorry.” とは「愛していれば後から謝ったりしなくていい。」という意味である。 (Wikipedia)

関連エントリー

フランシス・レイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

12月の音楽 雪の中の戯れ Snow Frolic (Love Story)

Snow Frolic (Love Story)—Francis Lai
雪の中の戯れ(アメリカ合衆国の映画)ーフランシス・レイ

関連サイト

Love Story (1970 film) – Wikipedia

関連エントリー

Francis Lai の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

11月の歌 アダモの雪が降る

11月の歌 アダモの雪が降る

関連記事

雪が降る / 「雪が降る」(ゆきがふる、フランス語原題:Tombe la neige)は、イタリア生まれのベルギー人歌手サルヴァトール・アダモが歌ったフランス語の歌。アダモ自身が書いたもので、1963年にリリースされ、各国で大きなヒット曲となり、アダモにとって最もよく知られた代表曲のひとつとなった。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

11月の歌 見上げてごらん夜の星を


11月の歌 見上げてごらん夜の星を

関連記事

見上げてごらん夜の星を (曲) / 「見上げてごらん夜の星を」(みあげてごらんよるのほしを)は、1960年に初演されたミュージカル『見上げてごらん夜の星を』の劇中主題歌。作詞永六輔、作曲いずみたく。1963年、坂本九のカバーがヒットし第5回日本レコード大賞作曲賞を受賞。坂本の代表曲であり、後に数多くのアーティストにカバーされた。1987年には日本の中学生向け音楽教科書に、1984年以後は高校生向け音楽教科書に何度か掲載されている。2002年、全国の天文台が行ったインターネット調査で「『星』で思いつく歌」という質問に対して、ディズニー映画ピノキオのテーマ曲「星に願いを」に次いで、本楽曲が2位に選出。日本の歌百選。 (Wikipedia)

見上げてごらん夜の星を / 『見上げてごらん夜の星を』(みあげてごらんよるのほしを)は、日本のミュージカル、およびその劇中主題歌をモチーフにした映画。 ミュージカル / 夜間高校生たちのさまざまな青春像がテーマ。音楽はいずみたくで、本作がミュージカル処女作。台本・演出は自身もボランティアとして江東区の定時制高校に通った永六輔。当時音楽鑑賞団体の舞台監督であった永が、日本ではなじみの薄いミュージカルを広めようと、いずみに企画を持ちかけた。初演当時は集団就職時代で、全国から上京した若者たちは働きながらも向学心に燃える者が少なくなかった。定時制高校に通う坂本と昼間部の生徒ユミコは、教室の机を通じた文通をきっかけに交流してゆく。物語はそのような定時制高校生の生活を描き、普通高校へのコンプレックスを感じ、苦労をしながらも学べる喜びと楽しさが表現されている。テーマソング「見上げてごらん夜の星を」が坂本九の歌でヒットし、全国の高校演劇部で上演回数がもっとも多くなるなど、ミュージカルのスタンダード的存在になった。 (Wikipedia)

関連エントリー

六八九トリオ 上を向いて歩こう – 美幌音楽人 加藤雅夫

坂本九の小惑星、見上げてごらん夜の星を – 美幌音楽人加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る