音楽療法 カテゴリのアーカイブ

台湾の童謡 小白兎愛跳舞

台湾の童謡 小白兎愛跳舞

関連記事

証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、日本の童謡である。作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」に想を得たもので、曲は1925年(大正14年)に発表された。 台湾では同じ旋律を流用して、『小白兎愛跳舞』という童謡に改編された。(Wikioedia)

このページの先頭へ戻る

日本の童謡 証城寺の狸囃子

日本の童謡 証城寺の狸囃子

関連記事

証城寺の狸囃子 / 証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)は、日本の童謡である。作詞:野口雨情、作曲:中山晋平。千葉県木更津市の證誠寺に伝わる「狸囃子伝説」に想を得たもので、曲は1925年(大正14年)に発表された。(Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся / 愛しのペトリューシャ

古ユダヤ民謡?
Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся / 愛しのペトリューシャ

関連サイト

ウクライナ民謡『愛しのペトリューシャ Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся』

このページの先頭へ戻る

日本の歌 ふたりは80歳


日本の歌 ふたりは80才

関連記事

ふたりは80才 / 「ふたりは80才」(ふたりははちじゅっさい)は、日本の歌。1986年8月-9月に、NHKの音楽番組『みんなのうた』で放送された。作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:田中正史、歌:下條アトム、天地総子、東京放送児童合唱団。原曲は、祖国を失い流浪の旅を続け、東ヨーロッパを中心に移住したユダヤの人々に歌い継がれた民謡。 (Wikioedia)

関連サイト

ふたりは80才 NHKみんなのうた 原曲はユダヤ民謡?

このページの先頭へ戻る

弦楽のためのアダージョ サミュエル・バーバー

弦楽のためのアダージョサミュエル・バーバー

関連記事

弦楽のためのアダージョ / 『弦楽のためのアダージョ』(げんがくのためのアダージョ、英: Adagio for Strings)は、サミュエル・バーバーが作曲した弦楽合奏のための作品である。作曲者の名前をとって『バーバーのアダージョ』ないし『バーバーのアダージオ』とも呼ばれる。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

弦楽のためのレクイエム 武満徹

弦楽のためのレクイエム 武満徹

関連記事

弦楽のためのレクイエム 武満徹作曲の弦楽オーケストラのための作品 / 『弦楽のためのレクイエム』(げんがくのためのレクイエム、英語: Requiem for Strings、フランス語: Requiem pour orchestre à cordes)は、武満徹が1955年から1957年にかけて作曲した弦楽合奏曲であり、武満の初期の代表作とされる。当時結核を患っていた武満が、親交のあった作曲家早坂文雄の死を悼むとともに自らの死を意識しながら書き進めた作品であり、早坂文雄に献呈されている。初演の2年後にストラヴィンスキーがこの作品にコメントしたことは作品の評価のみならず内外における武満の名声を高めることにつながった。 (Wikipedia)

関連エントリー

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

9月になれば ビリー・ヴォーン楽団

Billy Vaughn And His Orchestra / Come September
9月になれば ビリー・ヴォーン楽団

関連記事

ビリー・ヴォーン / ビリー・ヴォーン(Billy Vaughn、1919年4月12日 – 1991年9月26日)は、アメリカ合衆国出身の歌手、マルチプレイヤー、指揮者。ポピュラー音楽/イージー・リスニング界で最高峰のヒット・メーカーとして有名だった。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

東京2021パラリンピックの楽曲 優しい空(辻井伸行)

東京2021パラリンピック楽曲 優しい空(辻井伸行)

関連記事

ANA 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 VISIONテーマ曲~「優しい空」~
作曲:辻井伸行

関連サイト

HELLO BLUE, HELLO FUTURE ひとには、翼がある。 ANA公式サイト – VISION ANA

関連エントリー

辻井伸行 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

アカシアの雨がやむとき 西田佐知子

アカシアの雨がやむとき 西田佐知子

関連記事

アカシアの雨がやむとき / 「アカシアの雨がやむとき」(アカシアのあめがやむとき)は、1960年4月に西田佐知子の歌唱により発表された楽曲名。1963年には、浅丘ルリ子主演、高橋英樹が相手役で西田佐知子本人も出演した日活制作の歌謡映画『アカシアの雨がやむとき』が封切られた。 ヒットした背景 / 「アカシアの雨がやむとき」が支持された背景として、「日米安保闘争」と関連付けて語られることが多くある。その話りの中身とは、1960年1月の「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」調印を発端とした安保闘争後、反対運動の成果ゼロという結果に疲れた若者たちが西田佐知子の乾いたボーカルと廃頽的な詞に共鳴し、歌われたことで広まっていった、というものである。そのため、テレビ番組では当時の世相を反映する楽曲として、安保闘争(とりわけ樺美智子死亡による抗議デモ)の映像のバックで流れることがある。 アカシアの雨がやむとき 歌:西田佐知子 作詞: 水木かおる 作曲・編曲: 藤原秀行 (Wikipedia)

西田佐知子 / 西田 佐知子(にしだ さちこ、本名:関口 佐智子。1939年〈昭和14年〉1月9日 – )は、日本の元歌手。愛称は「さっちん」。夫は俳優・テレビ司会者・タレントの関口宏、息子は俳優・タレントの関口知宏。 (Wikipedia)

関連サイト

60年安保から60年。〝敗北のレクイエム〟が今に語り継ぐものとは その1 – 前田和男|論座 – 朝日新聞社の言論サイト

アカシアの雨がやむとき – 二木紘三のうた物語

このページの先頭へ戻る

追悼の音楽 海ゆかば(ミネハハ)

追悼の音楽 海ゆかば(ミネハハ)

関連記事

海行かば / 『海行かば』(うみゆかば)とは、日本の国民歌謡の一つ、歌曲、合唱曲。『海行かば』(うみゆかば)は、日本の国民歌謡の一つ、歌曲、合唱曲。 信時潔の作品 / 当時の大日本帝国政府が国民精神総動員強調週間を制定した際のテーマ曲。信時潔が日本放送協会の嘱託を受けて1937年(昭和12年)に作曲した。信時の自筆譜では「海ゆかば」である。 (Wikipedia)

ミネハハ (歌手) / ミネハハは、日本の歌手。本名・松木美音(まつき・みね)。 (Wikipedia)

関連エントリー

日本の作曲家 信時潔 (海ゆかば) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る