2013 年 08 月のアーカイブ

「世界救急法の日」(World First Aid Day)

Emblem_of_the_IFRCsvg.png

救急医療(きゅうきゅういりょう、emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。 「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。 「迅速な119番通報」「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。(wiki/救急医療

救命の鎖(Chain of Survival)とは、一次救命処置の119番への通報から救急隊員への引継ぎの連続性を連鎖のかたちに当てはめたもの。(wiki/救命の鎖

応急処置(おうきゅうしょち)とは負傷や急病などに対してのさしあたっての手当てを指す。厳密にいえば応急処置は救急隊員が行う行為と定義されているため、一般市民(バイスタンダー)が行うものは応急手当(おうきゅうてあて、first aid)と呼ぶことになっている。(wiki/応急処置

世界救急法デー
ワールド・ファースト・エイド・デー in 北見
World First Aid Day 2013 in Kitami

「世界救急法の日」(World First Aid Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Audio guide of Portable media players in Abashiri

612PX-~1.PNG

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

貝塚(かいづか、贝塚、패총、Midden)は、古代の人類のゴミ捨て場のうち当時の人々が捨てた貝殻が積み重なったもののことである。貝塚には、貝殻や獣や魚の骨など食料の残滓だけでなく、破損した土器や石器、骨角器などの道具類、さらには焼土や灰なども一緒に捨てられている。(wiki/貝塚

モヨロ貝塚(モヨロかいづか)は、北海道網走市北1条東から北3条東にかけてあるオホーツク文化の代表的遺跡である。網走川河口左岸、オホーツク海のそばに位置する。国の史跡に指定されている(指定名称は最寄貝塚)。 本貝塚名は、当時のアイヌ人がモヨロ・コタンと呼んでいたことから、1918年(大正7年)米村によって付けられた。モヨロは「入江の内、あるいは所」という意味。(wiki/モヨロ貝塚

網走で携帯メディアプレーヤーの音声ガイド
Audio guide of Portable media players in Abashiri

Audio guide of Portable media players in Abashiri の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本観光庁からのメールマガジンです。2013年8月29日の配信

000142554.jpg

世界観光機関(World Tourism Organization、UNWTO)は、スペインのマドリードに本部を置く、観光に関する国際機関。(wiki/世界観光機関

日本の観光庁(JTA)メールマガジン第606号(2013年8月29日配信)が送られてきました。日本全国及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

日本観光庁からのメールマガジンです。2013年8月29日の配信 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013年8月29日、日加タイムス e-nikkaからのメールニュース

401px-Sunshine_at_kikitei.jpg

800px-Red_Fuji_southern_wind_clear_morning.jpg

桂 三輝(かつらさんしゃいん、Katsura Sunshine、1970年4月6日 -)は、落語家。本名はグレッグ・ロービック(Greg Robic)。カナダオンタリオ州トロント生まれ。三重県伊勢市在住。トロント大学卒業。上方落語協会会員。 2013年8月7日、カナダ大使館でカナダ文化大使就任と8月から10月にかけて北米(アメリカ、カナダ)での巡回公演の発表が行われた。(wiki/桂三輝

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)8月29日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

2013年8月29日、日加タイムス e-nikkaからのメールニュース の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争 (完)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

防波堤(ぼうはてい)は、外洋から打ち寄せる波を防ぐために海中に設置された構造物である。その目的は、波浪から港湾の内部を安静に保つことや、津波や高潮の被害から陸域を守ること、あるいは海岸の侵食を防ぐことなどである。(wiki/防波堤

防波堤とは憲法のことです。
国を守り、人を守る憲法をいまこそ大切にしたい。

女性は平成17年の北見叢書に「防波堤」というテーマで原稿を書いた。

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争 (完) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン

_002.jpg

450px-Ingrid_Bergman_1940_publicity.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

「あれを弾いて、マサオ。『時の過ぎ行くままに』を」
“Play it, Masao. Play ‘As Time Goes By.”

「君の瞳に乾杯」
“Here’s looking at you, kid.”

生没同日、8月29日に女優イングリッド・バーグマン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

コンサートに関する最新情報(office ONEから)

Guitar_headstock_front.jpg

Piano-keyboard.jpg

Violin_VL100.png

NHKスペシャル
『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)とは、NHKのドキュメンタリー番組である。略称は、「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。
http://ja.wikipedia.org/wiki/NHKスペシャル

札幌にあるオフィス・ワン(office ONE)から最新情報のメールが送られてきました。

コンサートに関する最新情報(office ONEから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町の図書館で「美幌消防100年」展

h19tibikko.jpg

toshokan.jpg

美幌町の図書館で
「美幌消防100年」展

美幌町の図書館で「美幌消防100年」展 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地域の有償ボランティア制度などのお知らせ

800px-Its_all_about_love.jpg

808E17~1.JPG

有償ボランティア
有償ボランティア(ゆうしょうボランティア)とは、ボランティア活動をする際に、対価のある場合のボランティアの括り。 ボランティアの無償性について: 日本ではもともとボランティアは無償のものであるとされている。しかし無償というのはどこまでを含むものなのか、といった点をめぐってかつて論争があった。たとえば交通費や弁当なども「有償」とみなし、一切を手弁当(自己負担)で行うべきと考える意見もあったが、実費弁償は無償性に関係はないとする見解が一般的である。 かつてまた、ボランティアという言葉はもともと「volunteer」という英単語であり、それは「志願者、義勇兵、自発的」という意味であり、「無償である」という意味を含まないことから、「有償」「無償」を区別することに意味はない、とする考え方もある。一方、有償ボランティアはボランティアに含まず独立した言葉とした上で、ボランティアと同等に取り扱うとする考え方もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/有償ボランティア

チャールズ・チャップリンの名言
「死と同じように避けられないものがある、それは生きることだ」
「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」

地域の有償ボランティア制度などのお知らせ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

修道女マザー・テレサ誕生(August 26 1910)

MotherTeresa_094.jpg

400px-Hypoxis_angustifolia_MS_3546.jpg

1910年8月26日
修道女マザー・テレサ誕生。

マザー・テレサ
マザー・テレサ(Mother Teresa、1910年8月26日 -1997年9月5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。 テレサによれば、同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」ことであった。テレサは修道会のリーダーとして「マザー」と呼ばれるようになる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マザー・テレサ

修道女マザー・テレサ誕生(August 26 1910) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る