東藻琴 カテゴリのアーカイブ

2019年第11回北・北海道文芸誌フォーラム (松岡義和)

012.jpg

2019年第11回北・北海道文芸誌フォーラム (松岡義和)

関連記事

北・北海道文芸誌フォーラム 2019/07/23掲載(北見市/文化) 北見市内の手づくり絵本美術館で / 地方の味わい込め 今後も継続発行を / 地域で文芸誌を発行する編集者や著作者らが会し、第11回北・北海道文芸誌フォーラムが14日、北見市内の手づくり絵本美術館で開かれた。平成30年間の振り返りや最近の傾向などを通じて「地方文芸の灯を消さない」と確認し合った。 7誌の17人が参加。呼び掛け人の松岡義和氏(高栄文学)が座長を務め、各誌が自己紹介し「さいはてのふだん記」の代表は「下手でもいいと言うので思ったまま書いている」、同じく編集長は「原稿のつき合わせを大事にしていて、他の人の原稿を読んでいるうちに、上手に書けるようになっている。手間が掛かるが、みんなで作る本を発行し続けたい」と思いを述べた。 高栄文学の故・菅原政雄氏がよく「職場に文学を、地域に文学を」と言っていた例を挙げ、実践しているとして「青インク」代表を紹介。代表は「昭和29年に市役所職員のクラブとして創刊され、休刊もあったが平成11年に復活。現在はOBを含め19人で活動している」と報告した。 今後の活動について「文芸北見」の編集委員は「読みやすい原稿をお願いしており、戦争を経ての女性の苦労話を書いてみたい」。「青インク」の代表は「かつては童話やメルヘンのある創作があった。新しい書き手も求めながら奥深さを継続していきたい」とそれぞれ意欲を語った。 「さいはてのふだん記」の編集長は「自分の生きて来た道を書き残したい-という人が増えている。昨年は新たに10人が入って来た。引き継いでずっと続けていきたい」と期待感を語った。 「女満別文芸」や「東藻琴文芸」への道外からの投稿者や若手関係者らも参加。地域文芸誌の盛り上がりに期待を持たせた。(寒) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

松岡 義和(まつおか よしかず Yoshikazu Matsuoka、1938年 – )は、日本の劇作家。画家。教育者。市立名寄短期大学元学長。北海道常呂郡訓子府町出身。 履歴 / 1956年北海道北見柏陽高等学校卒業。1960年日本大学芸術学部卒業。同年、小清水町立中学校美術教諭。その後、紋別市立潮見中学校美術教諭、北見市立富里中学校美術教諭などを経て、1994年市立名寄短期大学生活科学科教授。1996年市立名寄短期大学学生部長。2002年市立名寄短期大学学長に就任。2006年市立名寄短期大学退官。同名誉教授。現在、大空町図書館長。芸術教育の会会長。北海道手作り絵本の会会長。 (松岡義和 – Wikipedia)

関連サイト

第27回 “愛と優しさ”世界でたった一冊の絵本~北見手づくり絵本美術館~

団体・グループ【芸術・文化団体】 | 北見市ホームページ

関連エントリ

松岡義和 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見手づくり絵本美術館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

高栄文学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

文芸北見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

青インク の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

女満別文芸 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東藻琴文芸 の検索結果n-美幌音楽人 加藤雅夫

さいはてのふだん記 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エッセー集 牧野に生きて (北海道大空町)

04jagaimo.jpg

エッセー集 牧野に生きて (北海道大空町)

関連記事

エッセー集「牧野に生きて」発行 2019/03/28掲載(大空町/社会・文化)
大空・主婦(82) / 50年以上続けた短歌など収録 書いてきたものをまとめられうれしい / 大空町在住の主婦(82)が、これまでに創作したエッセーや短歌を収録したエッセー集「牧野に生きて」を発行した。 主婦は旧東藻琴村出身。20代のころに短歌を始め、50年以上になる。現在は活動を休止しているものの「東藻琴氷華短歌会」の代表を務める。 一方のエッセーは、大空町図書館が2007年に開講した文章教室に当初から参加したことがきっかけで、本格的に書き始めた。13年に文芸創作広場に形を変えてからも参加を続け、現在は参加者の作品集「東藻琴文芸」の代表を務める。 今回刊行した冊子には、短歌に加え、これまでの教室や広場で創作したエッセー52編を収録。幼少時代の思い出や庭づくり、入院やリハビリなど身の回りの出来事をつづった。「文芸」には収録されていない作品も数多い。 主婦は「これまで書いてきたものを1冊にまとめることができてうれしい。文芸創作広場は、メンバーの皆さんと話したり、いろいろと勉強になる。これからも通い続けたい」と話している。 A5判156ページ。東藻琴、女満別の両図書館で見ることができる。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

東藻琴図書館 | 大空町ホームページ

女満別図書館 | 大空町ホームページ

北海道 大空町図書館ホームページ

関連エントリ

北海道 大空町の「女満別文芸」と「東藻琴文芸」について – 美幌音楽人 加藤雅夫

大空町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

市町村の防災情報メール配信サービス (北海道オホーツク管内)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

市町村の防災情報メール配信サービス (北海道オホーツク管内)

関連記事

北海道オホーツク管内に関するカテゴリ。 (Category:オホーツク管内 – Wikipedia)

関連サイト

メール@きたみ/トップ 北見市

お知らせメール@あばしり/トップ 網走市

メール@もんべつ/トップ 紋別市

大空町メール配信サービスについて | 大空町

あんしんねっとびほろ – 美幌町

ささえねっと@つべつ/トップ 津別町

ほっとメール@しゃり/トップ – 斜里町役場

お知らせメール@きよさと/トップ 清里町

こしみず情報メール/トップ – 小清水町

サポートメール@防災くんねっぷ – 訓子府町

情報メールおけと/トップ 置戸町

メール配信サービス「防災・安心メールさろま」の登録について 佐呂間町

遠軽町ホームページ くらし えんがる防災情報メールの登録について

サポートメール@防災ゆうべつ/トップ 湧別町

緊急時は(緊急) | 滝上町

北海道興部町| 興部町お知らせメール

北海道西興部村 | 暮らしの情報

防災対策 | 北海道雄武町

防災業務に関連するお知らせ | オホーツク総合振興局地域創生部地域政策課

北海道オホーツク総合振興局ホームページ

関連エントリ

北海道オホーツク管内の市町村の防災情報メール配信サービス – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道オホーツク管内 市町村の広報 (2014年12月) – 美幌音楽人 加藤雅夫

防災情報 の検索結果 ー 美幌音楽人加 藤雅夫

メール配信サービス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 重大ニュース (北海道 美幌町 津別町 大空町)

800px-Its_all_about_love.jpg

2018年 重大ニュース (北海道 美幌町 津別町 大空町)

関連記事

2018年 重大ニュース 美幌・津別・大空(美幌町・津別町・大空町/社会)
※記事中の年齢は当時のものです
美幌出身3選手 平昌五輪出場 町内からたくさんの大声援 / 美幌町出身の3選手が2月、平昌冬季五輪に出場した。 クロスカントリースキーの石田正子選手(37)=JR北海道、出場4度目=、スピードスケートの一戸誠太郎選手(22)=信州大学、出場初=、バイアスロンの三橋李奈選手(28)=自衛隊真駒内、出場2度目=。 町内ではパブリックビューイングも行われ、画面を通じて日の丸を背負って戦う選手に大声援を送った。(浩)
交通事故死ゼロ 美幌町が2000日達成 / 美幌町内の交通事故死ゼロの日が2月5日に2千日を達成した。 平成24年8月16日から約5年半で達成。ゼロの日は12月24日現在で2322日になっており、それまで最長だった5年10月~7年10月の724日の3倍以上に及んでいる。 町交通安全推進委員会は次の目標を2500日に設定。達成日は来年6月20日。(浩)
北海道消防操法大会 美幌消防団が初V / 美幌消防団が7月、江別市で開かれた平成30年度北海道消防操法訓練大会で初優勝し、10月に富山県で開催の全国大会に出場した。 男性(42)=指揮者=らメンバー8人が約1年前から練習。出場13消防団中唯一、2度の操法とも基準タイムをクリアするなどチームワークの良さを発揮し、栄冠を手にした。 全国大会は11位で、入賞まであと一歩に迫った。(浩)
美幌町民会館 改築オープン / 新しい美幌町民会館が9月1日にオープンした。 老朽化により改築。鉄骨造地下1階地上3階建、延床面積約2576平方メートルで、改築前の約1.5倍に広がった。小・中ホール、多くの会議室など貸館機能に加え、防災資機材保管庫をはじめ災害時対応も充実させた。 初日はオープニングセレモニーが行われ、美幌町出身のサックス奏者の北守一生さん、西尾貴浩さんのコンサートが開かれた。(浩)
美幌町長 土谷耕治氏 勇退表明 / 美幌町長の土谷耕治氏(68)=3期目=が11月に会見を開き、任期満了に伴う来年4月の町長選挙に出馬しない考えを表明した。 腰痛を抱える体調面の不安を明かしつつ、気持ちの面でも「気力を振り絞って職務に当たってきたが、なかなか厳しい状況にある」と話し、残り5カ月の任期に全力を尽くす考えを示した。 土谷氏は美幌町民生部長、経済部長、総務部長などを経て平成19年に初当選した。 自身の後継は考えていないとした。町長選立候補表明者は現在まで出ていない。(浩)
道道屈斜路津別線 2年ぶり全線開通 雲海ツアー再開 / 津別峠に通じる道道屈斜路津別線(588号)が5月、約2年ぶりに全線開通した。 平成28年の土砂崩れで弟子屈側が通行止めになっていたが、車両が通行できるように復旧した。 開通により、NPO森のこだまが実施する早朝の津別峠雲海ツアーにも、弟子屈側から客足が戻った。(浩)
津別町長選、無投票で連続4選 佐藤多一氏 / 任期満了に伴う津別町長選挙が11月に行われ、現職の佐藤多一氏(68)=無所属=が無投票で4選した。 平成18年から連続4期の無投票当選。当選後のあいさつでは、まちなか再生について「軌道に乗るまで尽力したい」と述べ、町民満足度の向上、買い物環境の整備、交通の便の改善などにも意欲をのぞかせた。(浩)
大空町長選、無投票で連続4選 山下英二氏 / 任期満了に伴う大空町長選挙が4月に告示され、現職の山下英二氏(58)=無所属=が4選を果たした。 大空町が誕生した平成19年以降、4期連続で無投票当選。当選確定後、後援会事務所で「町の個性をいかに発揮してまちづくりを進めるかがポイント。皆様の力を借りて頑張りたい」と意欲を述べた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町ホームページ

津別町ホームページ

大空町ホームページ

関連エントリ

重大ニュース の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介)

04jagaimo.jpg

545720_215424938597086_1874865986_n.jpg

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介)

関連記事

大鵬杯相撲大会(大空町/スポーツ)孫の納谷幸之介さん来場 / 120人集い / 第7回大鵬杯争奪相撲大会(大空町青少年育成協会主催)が21日、大空町東藻琴B&G海洋センターで開かれた。 釧路管内弟子屈町出身の昭和の大横綱、大鵬幸喜さんの名を冠する大会。今回は道内各地の2歳から44歳まで120人が集った。 男女や年代別に個人、団体戦が行われた。ほほえましい幼児の部から、力強い一般の部までさまざまな取組があり、観客はそれぞれに拍手を送っていた。 大会には大鵬さんの孫で、大嶽部屋に所属する納谷幸之介さんも来場。ぶつかり稽古で子ども達に胸を貸した。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

納谷 幸之介(なや こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長188cm、体重166kg、血液型はA型。最高位は東幕下60枚目(2018年9月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。兄はプロレスラーの納谷幸男。 (納谷幸之介 – Wikipedia

関連サイト

大鵬杯争奪相撲大会 | 大嶽部屋公式ブログ

関連エントリ

大鵬杯争奪第1回大空町少年少女相撲大会 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大鵬杯争奪相撲大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

納谷幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

町営放送局 おおぞらテレビジョン (北海道網走郡 大空町)

450px-Marchen-no-oka01bs10_2.jpg

img_history30_03.jpg

img_history40_16.jpg

町営放送局 おおぞらテレビジョン (北海道網走郡 大空町)

関連記事

町営放送局 おおぞらテレビジョン / まちの魅力や観光資源、産業振興、イベント情報などを町内外に発信することを目的に「おおぞらテレビジョン」で動画を配信します。 (町営放送局 おおぞらテレビジョン | 大空町ホームページ)

関連サイト

北海道網走郡 大空町のホームページ

関連エントリ

町営放送局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

おおぞらテレビジョン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

梅沢一彦さん (玉川大学・玉川学園 北海道・大空町)

img_history30_03.jpg

梅沢一彦さん (玉川大学・玉川学園 北海道・大空町)

関連記事

お年寄りらに歌声披露 大空で合宿中の玉川大生 / 玉川大学の学生12人が11~14日、大空町内で合宿した。合宿中は特別養護老人ホームや学校などを訪問し、合唱を披露した。来町したのは教育学部の梅沢一彦教授のゼミに参加する学生達。11年目の今年は男子3人、女子9人が来町し、13日夜に教育文化会館でコンサートを開いた。12日には、特別養護老人ホーム東藻琴福寿苑を訪問。ベストテン方式で「見上げてごらん夜の星を」「与作」「知床旅情」など10曲を披露した。お年寄り達は、学生の歌声に聞き入り、アンコールを2回求めるなど澄んだハーモニーをたん能していた。(浩) (2019年9月18日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

梅沢 一彦 (ウメザワ カズヒコ UMEZAWA Kazuhiko) | 研究者情報 – 玉川大学・玉川学園

関連エントリ

梅沢一彦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kazuhiko Umezawa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道大空町の東藻琴相撲場 大鵬道場 (大相撲 田子ノ浦親方)

04jagaimo.jpg

545720_215424938597086_1874865986_n.jpg

北海道大空町の東藻琴相撲場 大鵬道場 (大相撲 田子ノ浦親方)

関連記事

大空町東藻琴「大鵬道場」に… 大相撲の田子ノ浦親方が来町 / 子ども達を激励 / 大相撲の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が21日、大空町の東藻琴相撲場「大鵬道場」を訪れ、おおぞらすもうクラブの子ども達を激励した。田子ノ浦部屋は横綱・稀勢の里関、大関・高安関らが所属。親方は19日の札幌場所に合わせて来道した。この日、網走市や大空町を訪れ、合宿の実施などについて関係者と意見を交わした。大鵬道場ではクラブの小学生ら17人の稽古を見守った。「みんなの土俵での姿を見て元気をもらいました。しっかり勉強して体をきたえ、学校の先生の言うことをしっかり聞いて、夢に向かって頑張って。みんなは日本の宝」と激励し、1人ずつにお菓子を手渡した。あこがれの大相撲の親方の言葉に、子ども達は真剣な表情で聞き入り、張り切って稽古に向かっていた。(浩) (2018年8月24日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

田子ノ浦部屋ホームページ

東藻琴相撲場オープンセレモニー | 拝啓 お父さん (第48代横綱 大鵬)

おおぞらすもうクラブ – 公益財団法人 日本相撲連盟

関連エントリ

田子ノ浦親方 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大鵬道場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

おおぞらすもうクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第51回全国高等学校定時制通信制卓球大会 (北海道東藻琴高等学校卓球部)

Hokkaido_Higashimokoto-vill.png


第51回全国高等学校定時制通信制卓球大会 (北海道東藻琴高等学校卓球部)

関連記事

全国高校定時制通信制体育大会出場 東藻琴高校卓球部の4人 全国でも上位目指したい / 道大会でブロック3位、女子団体準優勝 / 山下町長に出場報告、意気込み語る / いざ全国へ / 東藻琴高校卓球部の生徒4人が、7日から東京都で開かれる全国高校定時制通信制体育大会第51回卓球大会に出場する。出場するのは男子個人戦に臨む2年男子生徒と、女子団体戦に出場する3年女子生徒2人、2年女子生徒。全国大会はいずれも初出場になる。6月16、17日に岩見沢市で開かれた全道大会で、2年男子生徒がブロック3位に入賞。女子チームが団体戦で準優勝し、出場権を得た。4人は7月31日、東藻琴総合支所で山下英二町長に出場を報告。2年男子生徒は「全道では練習の成果を出せた。全国でも上位を目指したい」と意気込みを述べた。全道大会の留寿都戦で2勝を挙げて勝利に貢献した2年女子生徒は「全国は貴重な経験。上位に入るよう頑張りたい」と意欲を語った。3年女子生徒2人は所属していたバレー部の休部に伴い入部し、卓球歴は1年ほど。「サーブをしっかり打ちたい」、「小さなミスをしないよう頑張る」と3年女子生徒2人が抱負を述べた。山下町長は「東京は暑いと思うが体力を維持し、練習の成果を出し切って」と激励した。(浩) (2018年8月3日の記事 経済の伝書鳩)

全国高等学校定時制通信制体育大会(ぜんこくこうとうがっこうていじせいつうしんせいたいいくたいかい)は、定時制・通信制高校生のスポーツの祭典(全日制の高校生は全国高等学校総合体育大会に参加する)。通称定通大会。全国高等学校体育連盟の主催で毎年8月に開催されるスポーツの総合競技大会である。 (全国高等学校定時制通信制体育大会 – Wikipedia)

全国高等学校定時制通信制卓球大会(ゼンコクコウトウガッコウテイジセイツウシンセイタッキュウタイカイ)は、定時制・通信制高等学校の卓球の全国大会で、毎年8月に行われている。 (全国高等学校定時制通信制卓球大会 – Wikipedia)

北海道東藻琴高等学校(ほっかいどうひがしもことこうとうがっこう、Hokkaido Higashimokoto High School)は、北海道網走郡大空町にある公立(町立)の農業科単科高校。 (北海道東藻琴高等学校 – Wikipedia)

関連サイト

全国高等学校定時制通信制卓球大会ホームページ

北海道東藻琴高等学校ホームページ

東藻琴高校の概要 – 大空町

関連エントリ

全国高等学校定時制通信制体育大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

全国高等学校定時制通信制卓球大会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

東藻琴高等学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第34回わんぱく相撲全国大会 (おおぞらすもうクラブ 男子児童)

Ivan_Boryshko.jpg

04jagaimo.jpg

第34回わんぱく相撲全国大会 (おおぞらすもうクラブ 男子児童)

関連記事

わんぱく相撲全国大会出場 おおぞらすもうクラブ 東藻琴小;・男子児童 / 夕張場所男子4年生の部で優勝 得意の押し相撲でライバルと勝負 「優勝が目標」 いざ全国へ / 大空町内のおおぞらすもうクラブに所属する大空東藻琴小4年男子児童が、29日に東京都内で開かれる第34回わんぱく相撲全国大会(日本相撲協会、東京青年会議所主催)に出場する。大会は小学4~6年生が対象で、全国の予選を勝ち抜いた各学年110人ほどが出場する。男子児童は、6月に夕張市で開かれた第29回わんぱく相撲夕張場所男子4年生の部で優勝して出場権を得た。幼稚園年中児の時に相撲を始めて6年目。週2回の練習に加え、近ごろは腕立て伏せに力を入れ、身長137センチ、体重40キロと小柄ながら押し相撲が得意という。全国大会は今年2月の白鵬杯に続いて2回目。男子児童は「押し出しで勝てるよう頑張る。たくさんのライバルがいるけれど、優勝が目標」と意欲を見せる。クラブ代表の男性(34)は「体が大きくなってきて、押す力が強くなってきた。一生懸命の相撲で入賞を目指してほしい」と期待している。(浩) (2018年7月26日の記事 経済の伝書鳩)

わんぱく相撲全国大会(わんぱくずもうぜんこくたいかい)は、相撲の小学生対抗の大会である。小学生に広く相撲実践の機会を与え、心身の鍛錬と健康の増進をはかることを目的に、公益財団法人日本相撲協会と公益社団法人東京青年会議所の主催により開催される。 国技館が蔵前から両国に移転された1985年に、わんぱく相撲東京場所と共催でわんぱく相撲全国大会の第1回が開催された。 (わんぱく相撲全国大会Wikipedia)

全日本小学生相撲優勝大会(ぜんにほんしょうがっこうすもうゆうしょうたいかい)は、相撲の小学生対抗の大会である。公益財団法人日本相撲連盟などの主催により両国国技館で開催される。全日本選手権との併催。1988年に初開催。 (全日本小学生相撲優勝大会Wikipedia

関連サイト

おおぞらすもうクラブ – 日本相撲連盟

関連エントリ

おおぞらすもうクラブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る