東欧 カテゴリのアーカイブ

Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся / 愛しのペトリューシャ

古ユダヤ民謡?
Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся / 愛しのペトリューシャ

関連サイト

ウクライナ民謡『愛しのペトリューシャ Polyubyla Petrusya / Полюбила Петруся』

このページの先頭へ戻る

ヴィヴァルディの四季より夏 (バヤン演奏)

ヴィヴァルディの四季より夏 (バヤン演奏)

bayan (баян) master Вивальди (времена года)
ヴィヴァルディの四季より夏 (バヤン)

関連記事

バヤン (楽器) / バヤン (Bayan)はロシアあるいはウクライナの民族楽器。俗にロシア式クロマティック・アコーディオンと呼ばれる。現在は民族楽器ではなく、オーケストラの中の楽器やクラシック音楽の中の楽器である。 (Wikipedia)

関連エントリー

バヤン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年3月場所 王鵬幸之介

北海道出身の力士 横綱・大鵬の孫
大相撲令和3年3月場所 王鵬幸之介

王鵬幸之介 東幕下2枚目 令和3年3月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年3月14日(日曜日) 負け黒星⚫️ 0勝1敗
3日目 令和3年3月16日(火曜日) 勝ち白星◯ 1勝1敗
5日目 令和3年3月18日(木曜日) 負け黒星⚫️ 1勝2敗
6日目 令和3年3月19日(金曜日) 勝ち白星◯ 2勝2敗
9日目 令和3年3月22日(月曜日) 負け黒星⚫️ 2勝3敗
11日目 令和3年3月24日(水曜日) 勝ち白星◯ 3勝3敗
13日目 令和3年3月26日(金曜日) 勝ち白星◯ 4勝3敗 勝ち越し

関連記事

王鵬幸之介 / 王鵬 幸之介(おうほう こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名は納谷 幸之介(なや こうのすけ)。身長191cm、体重175kg、血610液型はA型。最高位は西十両11枚目(2021年1月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。長兄はプロレスラーの納谷幸男。次兄は同部屋の鵬山幸林。弟は同部屋の夢道鵬幸成。従兄は元大相撲力士の若闘力駿磁。曽祖父はマルキャン・ボリシコ。 (王鵬幸之介 – Wikipedia)

関連サイト

王鵬 幸之介 力士情報

王鵬 幸之介 – 力士プロフィール – 日本相撲協会公式サイト

王鵬 幸之介 | 大鵬道場 大嶽部屋公式ウェブサイト

関連エントリー

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介) – 美幌音楽人 加藤雅夫

王鵬幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

北海道出身の力士 横綱・大鵬の孫
大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

王鵬幸之介 西十両11枚目 令和3年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日) 負け黒星●
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 勝ち白星○
四日目 令和3年1月13日(水曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
六日目 令和3年1月15日(金曜日) 負け黒星●
七日目 令和3年1月16日(土曜日) 負け黒星●
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 勝ち白星○
九日目 令和3年1月18日(月曜日) 負け黒星●
十日目 令和3年1月19日(火曜日) 負け黒星●
十一日目 令和3年1月20日(水曜日) 負け黒星●
十二日目 令和3年1月21日(木曜日) 勝ち白星○
十三日目 令和3年1月22日(金曜日) 負け黒星●
十四日目 令和3年1月23日(土曜日) 負け黒星●
千秋楽 令和3年1月24日(日曜日) 勝ち白星○ 5勝10敗

関連記事

王鵬幸之介 / 王鵬 幸之介(おうほう こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名は納谷 幸之介(なや こうのすけ)。身長191cm、体重175kg、血10液型はA型。最高位は西十両11枚目(2021年1月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。長兄はプロレスラーの納谷幸男。次兄は同部屋の鵬山幸林。弟は同部屋の夢道鵬幸成。従兄は元大相撲力士の若闘力駿磁。曽祖父はマルキャン・ボリシコ。 (王鵬幸之介 – Wikipedia)

関連サイト

王鵬 幸之介 力士情報

王鵬 幸之介 – 力士プロフィール – 日本相撲協会公式サイト

王鵬 幸之介 | 大鵬道場 大嶽部屋公式ウェブサイト

関連エントリー

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介) – 美幌音楽人 加藤雅夫

王鵬幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

北海道陸別町のマンドリン アンサンブルアコーレッタ(松山由紀子)

北海道陸別町のマンドリン アンサンブルアコーレッタ(松山由紀子)

関連記事

マンドリン・チェロ・ピアノ発表会 / 町内在住の松山由紀子さんら4人の「アンサンブルアコーレッタ」のみなさんと、中村誉子さんが演奏会を開いてくれました。 (りくほブログ1(H27 8月~12月) | 保育所 | 出産・子育て | くらし | 日本一寒い町 北海道 陸別町)

関連サイト

マンドリン・チェロ発表会 神林卓也 – YouTube

関連エントリ

松山由紀子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル) – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクマンドリンアンサンブル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

絶滅危惧種エドホトケドジョウ

絶滅危惧種 エドホトケドジョウ

関連記事

サハリン南部のエゾホトケドジョウ 2020/10/15掲載(美幌町/社会) 戦前、北海道から持ち込まれた外来種 / 美幌博物館の学芸員などでつくるグループが、ロシア・サハリン南部に生息するエゾホトケドジョウが北海道から持ち込まれた外来種であることを突き止めた。研究論文が9月に日本魚類学会の英文誌で公開された。
美幌博物館などのグループが調査 研究論文を専門誌に掲載 北海道では絶滅危惧種に指定 / エゾホトケドジョウは、北海道と青森県の池や沼などに生息。開発に伴い減少し、環境省のレッドリストで「絶滅危惧ⅠB類」に指定され、「幻の魚」と呼ばれるイトウと並ぶ希少な淡水魚といわれている。 エゾホトケドジョウは約74万年前に大陸近縁種から分岐。サハリンと陸続きだった約2万年前に北海道に分布が広がったが、サハリンのホトケドジョウ類はその後の氷河期で絶滅したと考えられている。 しかし、10年ほど前の調査で、サハリン南部にホトケドジョウ類が生息していることが判明。詳しい調査が行われていないことから、博物館が中心となり、両国の研究機関とともに2017(平成29)年から調査・研究を進めてきた。 現地の個体を捕獲。体長や背骨の数など形態学的な調査と、DNA分析による遺伝学的な調査を行い、エゾホトケドジョウと大陸近縁種のどちらに近いかを調べた結果、エゾホトケドジョウであることが分かった。 さらに、サハリン南部の個体のDNA配列は、サハリンに近い道北の個体とは共通せず、石狩川や十勝川水系の個体と共通していたことも分かった。 戦前の日本統治時代には、コイやフナを主に石狩、十勝地方からサハリン南部に持ち込み、養殖を試みたことが当時の文献に残されており、研究グループは「養殖の際に誤ってエゾホトケドジョウも持ち込まれた可能性が高い」と結論付けた。 博物館の町田善康学芸員は「サハリン北西部にもホトケドジョウ類の生息が確認されており、機会があれば調査したい。北西部の個体がエゾホトケドジョウでなければ、エゾホトケドジョウが日本固有の淡水魚ということになる」と話している。(浩) (サハリン南部のエゾホトケドジョウ – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

サハリン生息の淡水魚、北海道の絶滅危惧種と同種 道内から移植の可能性 美幌博物館などのチーム:北海道新聞 どうしん電子版

サハリンの エゾホトケドジョウ – 美幌町

美幌博物館 | 美幌町

関連エントリ

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシアの科学者 ドミトリ・メンデレーエフの日本人の孫フジ(お富士)

ロシアの科学者 ドミトリ・メンデレーエフの日本人の孫フジ(お富士)

関連記事

ドミトリ・メンデレーエフ ロシアの化学者 / ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフ(ロシア語: Дмитрий Иванович Менделеев, ラテン文字転写: Dmitrij Ivanovich Mendelejev ドミートリイー・イヴァーナヴィチ・ミンジリェーイフ、1834年1月27日(グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))は、ロシアの化学者であり、元素周期表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られており、101番元素メンデレビウムは彼の名を由来にした元素である。 また、「石油の無機起源説」の提唱者としても近年再評価されている。 逸話 / ドミトリ・メンデレーエフの息子ヴラジーミルは海軍少尉として1891年から1892年にかけて長崎に数回寄港し、日本人ヒデシマ・タカ(秀島タカ)とのあいだに娘フジ(お富士)をもうけた。その後、ドミトリ・メンデレーエフはヒデシマに養育費を送った。 (ドミトリ・メンデレーエフ – Wikipedia)

関連サイト

メンデレーエフの孫 – サンクト・ペテルブルグ

メンデレーエフの血筋

メンデレーエフと日本の関係

化学者メンデレーエフの息子と明治日本

関連エントリ

タカ・ヒデシマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チェーホフによるサハリン島 (ルポルタージュ)

チェーホフによるサハリン島 (ルポルタージュ)

関連記事

サハリン島 (ルポルタージュ) / 『サハリン島』(サハリンとう、 ロシア語: «Остров Сахалин» オーストラフ・サハリーン)は、劇作家・小説家として知られるアントン・チェーホフによるロシア帝国サハリン(樺太)への旅行記録および流刑地調査の記録である。1893年以降雑誌に発表され、1895年に単行本として刊行された。 概略 / アントン・チェーホフはサハリン島に流刑に処せられた囚人の生活に興味を持ち、流刑囚の実態を研究するため1889年にモスクワを出発してシベリアを経由し、そこでいくつかのエッセイを執筆したのち、1890年7月にサハリンに渡った。彼が30歳のときであった。チェーホフは3ヶ月間、サハリンに滞在し、島の南北を移動してほとんどあらゆる村落を調査し、インド洋とスエズ運河を経由してモスクワに帰った。チェーホフはこのとき現地の日本人島民とも交流しており、ここで日本本土への渡航も企てたが、折からのコレラ騒動でこれを断念している。研究調査は、現地で発注したカードを用いて徹底的になされ、その道中記録や詳細な調査結果はモスクワに戻ったあとの1893年以降1895年まで順次発表していった。それが『サハリン島』である。1895年には単行本が刊行されたが、これは、こんにちでいうルポルタージュ的要素の強いノンフィクション作品である。調査に使用したカードは数千枚におよび、また、政治囚との接触は当局によって禁止されていたが、チェーホフの調査はその禁を破って実行された。『サハリン島』は、チェーホフが、その生涯で最も長い時間をかけて執筆した作品とみられており、この調査旅行で書かれた作品としては他に、上述の『シベリアへの旅』がある。 チェーホフはこの調査報告のなかでサハリン島を「地獄のようだ」と評しており、ロシアの人びとに島への関心を引きつけた。 (サハリン島 (ルポルタージュ) – Wikipedia)

関連エントリ

「サハリン書道コンテスト」作品展開催 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アントン・チェーホフの死。(1904年 7月15日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

樺太 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1945年(昭和20年)8月20日 殉職九人の乙女の碑 九人の乙女の像

1945年(昭和20年)8月20日 殉職九人の乙女の碑 九人の乙女の像

1991年(平成3年)7月、私たちオホーツクマンドリンアンサンブルは稚内公園にある慰霊碑を参拝した。そして稚内港から樺太の真岡町(ホルムスク)の港に到着した。敷香町(ポロナイスク)で市民と一緒に日ソ親善友好芸術祭を開催した。

関連記事

真岡郵便電信局事件 / 真岡郵便電信局事件(まおかゆうびんでんしんきょくじけん)とは、太平洋戦争末期の樺太の戦いで、真岡郵便局の電話交換手が集団自決した事件である。当時日本領だった樺太では、ソ連軍と日本軍の戦闘が、1945年8月15日の玉音放送後も続いていた。真岡郵便局の電話交換手(当時の郵便局では電信電話も管轄していた)は、疎開(引き揚げ)をせずに業務中だった。8月20日に真岡にソ連軍が上陸すると、勤務中の女性電話交換手12名のうち10名が局内で自決を図り、9名が死亡した。真岡郵便局事件、また北のひめゆり(事件)とも呼ばれる。 慰霊碑 / 北海道稚内市の稚内公園にある「殉職九人の乙女の碑(九人の乙女の像)」はこの事件を慰霊するものである。 (真岡郵便電信局事件 – Wikipedia)

九人の乙女の像 / 九人の乙女の像(くにんのおとめのぞう)は、北海道稚内市の稚内公園内にある、1945年8月20日に樺太真岡郡真岡町の真岡郵便局で自決した9人の電話交換手の慰霊碑である。 昭和天皇と香淳皇后の訪問 / 1968年9月5日 – 昭和天皇と香淳皇后は稚内市を訪問し、氷雪の門と九人の乙女の像の前で深く頭を垂れた。後日宮内庁よりその時の感銘を和歌に託したことが公表された。 御製「樺太に 命をすてし たをやめの 心を思へば むねせまりくる」 御歌「樺太に つゆと消えたる 乙女らの みたまやすかれと たゞいのりぬる」 (九人の乙女の像 – Wikipedia)

関連エントリ

樺太 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

戦後75年 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

九人の乙女の像 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コロナウィルスの情報(外国人の方へ) / Information about Coronavirus

コロナウィルスの情報(外国人の方へ) / Information about Coronavirus

関連記事

外国人の方へ コロナウィルス(ころなういるす)の情報 / Information about Coronavirus
コロナウィルスの対策と 相談するところ / Countermeasures and Help desk for Coronavirus
北海道 総合政策部 国際局 国際課 / International Affairs Division, Hokkaido Local Government
コロナウィルスの情報(外国人の方へ) – 北海道庁のホームページ

関連サイト

国際局国際課トップページ – 北海道庁のホームページ

関連エントリ

コロナウイルス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Coronavirus の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る