ウクライナ カテゴリのアーカイブ

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

90px-Water_drop_on_a_leaf.jpg

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

関連記事

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン(Nikolai Girshevich Kapustin、Николай Гиршевич Капустин、1937年11月22日 – )は、ウクライナの作曲家、ピアニスト、ミュージシャン。カプスチン、カプスティンとも表記される。略歴 / ホルリフカ(ロシア語版)の出身。7歳でピアノを始め、14歳の時にモスクワに移り住む。モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事する。在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるようになる。1961年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。多数の作品を生み出し続けている。2009年現在、作品番号は140を数える。作曲家としては長らく無名の時代が続いたが、ニコライ・ペトロフ、マルカンドレ・アムラン、スティーヴン・オズボーン(英語版)などの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が次第に知られるようになった。日本国内で販売されている自作自演のCDも大変好評なもので、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高い。楽譜も多数出版されている。なお、自作のレコーディングについては2004年に一度引退を表明したが、2008年に再びCDをリリースして復帰した。作風 / ジャズとクラシックを融合した独特の作風を持つのが彼の最大の特徴である。年代的には現代音楽に属する作曲家であるが、実験的なものではなく、あくまで聴き手を意識した曲を書いている。また、本人が優れたピアニストであることから、高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲している。こういったことに由来し、彼の音楽は非常に高い演奏効果を有し、演奏会向きといえる。(ニコライ・カプースチン – Wikipedia

カプースチンの楽曲一覧では、ニコライ・カプースチンの作品リストを示す。(カプースチンの楽曲一覧 – Wikipedia

Nikolai Girshevich Kapustin (Russian: Никола́й Ги́ршевич Капу́стин; born November 22, 1937 in Horlivka, Ukrainian SSR) is a Russian composer and pianist. Kapustin studied piano with Avrelian Rubakh (pupil of Felix Blumenfeld who also taught Simon Barere and Vladimir Horowitz) and subsequently with Alexander Goldenweiser at the Moscow Conservatory. During the 1950s he acquired a reputation as a jazz pianist, arranger and composer. Thus, he is steeped in both the traditions of classical virtuoso pianism and improvisational jazz. He fuses these influences in his compositions, using jazz idioms in formal classical structures. An example of this is his Suite in the Old Style, Op. 28, written in 1977, which inhabits the sound world of jazz improvisation but is modelled on baroque suites such as the keyboard partitas composed by J. S. Bach, each movement being a stylised dance or a pair of dances in strict binary form. Other examples of this fusion are his set of 24 Preludes and Fugues, Op. 82, written in 1997, and the Op. 100 Sonatina. Kapustin regards himself as a composer rather than a jazz musician. He has said, “I was never a jazz musician. I never tried to be a real jazz pianist, but I had to do it because of the composing. I’m not interested in improvisation – and what is a jazz musician without improvisation? All my improvisation is written, of course, and they became much better; it improved them.” Among his works are 20 piano sonatas, six piano concerti, other instrumental concerti, sets of piano variations, études and concert studies. Russian and Japanese record labels have released several recordings of the composer playing his own music. He has also been championed by a number of prominent pianists, including Steven Osborne, Marc-André Hamelin, Ludmil Angelov and Japanese pianist Masahiro Kawakami, who released CDs devoted to Kapustin. Theoretical physicist Anton Kapustin is his son. (Nikolai Kapustin – Wikipedia

The compositions of Nikolai Kapustin (born 1937) are almost all for piano, either solo or accompanied. He has written 20 piano sonatas, six piano concerti, and other compositions for ensembles such as five saxophones and an orchestra (Op. 22) and a concerto for double-bass (Op. 76). (List of compositions by Nikolai Kapustin – Wikipedia

Никола́й Ги́ршевич Капу́стин (род. 22 ноября 1937, Горловка, УССР) — советский и российский композитор, джазовый пианист. (Капустин, Николай Гиршевич — Википедия

Микола Гіршович Капустін (нар. 22 листопада 1937, Горлівка, Донецька область) — український і російський композитор, піаніст. Здобув репутацію джазового піаніста в 1950—1960 роках. Досяг міжнародного визнання. (Капустін Микола Гіршович — Вікіпедія

関連サイト

Home of Nikolai Kapustin | Pianist & Composer

関連エントリ

日本ユーラシア協会の楽しい国際交流 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ニコライ・カプースチンの検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Nikolai Kapustin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустин, Николай Гиршевич の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустін Микола Гіршович の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第48代横綱 大鵬 について

Ivan_Boryshko.jpg

第48代横綱 大鵬 について

関連記事

5月14日 歴史 / 1971年 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1971年 – 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 – Wikipedia

年寄名跡(としよりめいせき、みょうせき)とは、日本相撲協会の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれる。概要 / 元力士が引退後も協会に残って運営に携わるには、年寄名跡を取得する必要がある。名跡の名称には江戸時代の力士名などが被せられており、名跡を取得している年寄はその名で活動する。(年寄名跡 – Wikipedia

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 – 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。第48代横綱。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。(大鵬幸喜 – Wikipedia

関連サイト

第四十八代横綱 大鵬 オフィシャルサイト

第48代横綱 大鵬幸喜(大鵬企画) – ホーム | Facebook

関連エントリ

大鵬 カテゴリのアーカイブ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ウクライナのサンドアートパフォーマンス

c

ウクライナのサンドアートパフォーマンス

関連記事

クセニア・シモノヴァ(Kseniya Simonova, ウクライナ語: Ксенія Симонова, 1985年4月22日 – ) は、ウクライナ・イェウパトーリヤ出身のサンドアーティスト。クセーニャ・シモノヴァと発音表記されることもある。 来歴 / 2008年、世界金融危機の影響で職を失ったことをきっかけに、砂で絵を描き始める。それから1年も経たない2009年、母国ウクライナのテレビ番組『ゴット・タレント (Україна має талант)』に出演。第二次世界大戦の間のナチス・ドイツに対するソ連の大祖国戦争の中の人生をサンドアートでパフォーマンスを行い、番組で優勝。賞金として100万フリヴニャ(12万5千米ドル)を獲得した。YouTubeにアップロードされたこのパフォーマンス映像は、全世界で5,000万以上のヒットを受けた。これらの功績によって、サンドアートパフォーマンスという芸術の存在が、広く世界に知られることとなった。サンドアートパフォーマンスそのものは、1996年にフェレンク・カーコの手によってはじまった芸術分野である。 日本においても、音楽家の坂本龍一がTwitterにおいて高く評価したことや、2010年に歌手の阿部芙蓉美の楽曲「空に舞う」のPVに出演したことや、様々なTV番組で「ゴット・タレント」の映像が紹介されたことによって知られている。2012年1月に来日し、いくつかのイベントに出演もした。その際に、日本をテーマとした作品を披露。その映像はシモノヴァの公式YouTubeチャンネルで配信されている。(クセニア・シモノヴァ – Wikipedia

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Kseniya Simonova – Sand Animation (Україна має талант / Ukraine’s Got Talent)

関連サイト

Kseniya Simonova – Facebook

関連エントリ

Kseniya Simonova の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

クセニア・シモノヴァ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

リメンバー・チェルノブイリ・デー(4月26日 記念日)について

sasya.jpg

リメンバー・チェルノブイリ・デー(4月26日 記念日)について

関連記事

記念日 4月26日 / リメンバー・チェルノブイリ・デー 1986年のこの日、ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、大爆発事故が発生した。 4月26日 歴史 / 1986年 ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大規模事故。(4月26日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月26日 できごと / 1986年 – ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大規模事故。 4月26日 記念日 / リメンバー・チェルノブイリ・デー 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故にちなむ。(4月26日 – Wikipedia

チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最大の原子力発電所事故の一つである。チェルノブイリ事故とも。(チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

チェルノブイリ原発事故の影響(チェルノブイリげんぱつじこのえいきょう)では、1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所事故による、放射線などによる疾病や影響、旧ソビエト連邦やソ連解体後のウクライナへの影響、世界中での原子力政策や大衆運動など様々な影響について述べる。長期の低線量被曝の影響を把握するには包括的な研究が必要とされ、予算上の制約などの懸念が指摘されてはいるが、欧州委員会は健康被害の全体像を研究するためのプロジェクトとしてチェルノブイリ健康研究アジェンダ(ARCH: Agenda for Research on Chernobyl Health)を立ち上げ、長期的な研究計画の構築が進められている。(チェルノブイリ原発事故の影響 – Wikipedia

チェルノブイリ・ネックレス(英語: Chernobyl necklace)またはチェルノブイリの首飾り(チェルノブイリのくびかざり)とは、甲状腺癌治療のため甲状腺の摘出手術を受けたあと、患者の首に残る水平方向の手術創(傷跡)のことで、とりわけ放射線に起因して発症したものに対して用いられる用語である。チェルノブイリに近いベラルーシでの症例が多いことから、ベラルーシアン・ネックレス(英: Belarussian necklace)と呼ばれる場合もある。(チェルノブイリ・ネックレス – Wikipedia

関連サイト

チェルノブイリとフクシマ後の未来のために – ロシアの声 : The Voice of Russia – スプートニク

関連エントリ

チェルノブイリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チェルノブイリの首飾り の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チェルノブイリ・ネックレス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

リメンバー・チェルノブイリ・デー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Sand art performance サンドアートパフォーマンス

1209969133.jpg

Sand art performance サンドアートパフォーマンス

関連記事

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(サンドアート – Wikipedia

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(サンドパフォーマンス – Wikipedia

関連動画


サウジアラビア サンドアートパフォーマンス Saudi Arabia sandart〜Friendship〜 by Karin ito – YouTube


Kseniya Simonova – Sand Animation (Україна має талант / Ukraine’s Got Talent)


Sand Art Depicting Chinese Valentine’s Day – Qixi – YouTube

Mother’s Day sand drawing / 沙画 母親節

関連エントリ

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)

_009.jpg

_008.jpg

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)
鮮花和音樂和阿羅哈 – 母親節(2015年)
鲜花和音乐和阿罗哈 – 母亲节(2015年)
Flowers and Music and Aloha – Mother’s Day (2015)

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

チェルノブイリ 災害 (1986年 4月26日)

sasya.jpg

330px-Pripyat_Ukraine_abandoned_city.jpg

チェルノブイリ 災害 (1986年 4月26日)
Chernobyl disaster (April 26, 1986)

チェルノブイリ 災害 (1986年 4月26日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号)

000066882.jpg

300px-Quetzal01.jpg

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号)
E-mail newsletter from the Ministry of Foreign Affairs of Japan. Wakaru! International situation (No. 85)

日本の外務省からのメールマガジン。 わかる!国際情勢 (第85号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ウクライナ 音楽人 カテリーナ (Kateryna)

Coin_of_Ukraine_Bandura_R.jpg

ウクライナ 音楽人 カテリーナ (Kateryna)

ウクライナ 音楽人 カテリーナ (Kateryna) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」

Ivan_Boryshko.jpg

04jagaimo.jpg

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」

Elementary and junior high school students “Ozora Sumo Club”

小・中学生の 「おおぞら すもうクラブ」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る