2019 年 09 月のアーカイブ

世界のWAOJE (世界の和僑会)

世界のWAOJE (世界の和僑会)

関連記事

WAOJE / 一般社団法人WAOJE(ワオジェ、英語: World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)は、海外在住起業家の故郷である日本を拠点に、日本及び海外における会員の相互支援、会員間交流その他会員に共通する利益を図る活動を行うことをその主たる目的とした組織。 沿革 / 2004年7月に香港にいる7人の起業家で「香港挑戦会」が発足。2009年にアジア、日本各地に支部が発足。2010年11月和僑総会発足。2016年12月に一般社団法人和僑総会発足。2017年4月に一般社団法人WAOJE に名称変更。 (WAOJE – Wikipedia)

和僑会 / 和僑会(わきょうかい)は、香港や中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織。「和僑」とは海外進出し現地籍を持つ起業家を指す呼称であるとしている。各和僑組織は「和僑会」に現地地名を付記して活動。2004年に発足して以降、2014年時点では日本国内や東南アジア諸国を含め、8カ国23都市に広がった。2016年12月に各地の和僑会を統括する機能として一般社団法人和僑総会が発足し、各地の大半の和僑会との間で本部・支部と位置づける契約を締結。2017年4月に一般社団法人WAOJEに名称変更された ことに伴い、各地の支部もWAOJEに名称変更された。なお、この時に一般社団法人和僑総会の支部とならなかった一部の和僑会は、現在もWAOJEに参加せず和僑会の名称を使い続けている。 概要 / 華僑の活動を目標に出身母体である「香港華南起業家ネットワーク」の活動を通じ、「和僑ネットワーク」を具現化。そして次の一歩で賛同の輪が世界中に広がり、各地にできたネットワークどうしが、また大きなネットワークとして成長していけるよう提言。 こうした会員間の交流や相互支援だけでなく、海外で起業を志す日本人に出資する「和僑キャピタル」により、ベンチャーキャピタルとしての活動。 (和僑会 – Wikipedia)


関連サイト

WAOJEホームページ

WAOJEの各支部 – WAOJEホームページ

関連エントリ

和僑会 WAOJE について – 美幌音楽人 加藤雅夫

和僑会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

和僑総会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Wakyokai の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

WAOJE の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Una Sera di Tokyo ウナ・セラ・ディ 東京 (日本の歌謡曲)

Una Sera di Tokyo ウナ・セラ・ディ 東京 (日本の歌謡曲)

関連記事

「ウナ・セラ・ディ東京」(ウナ・セラ・ディとうきょう)は、1964年に発表された日本の歌謡曲である。 概要 / 1963年にザ・ピーナッツが「東京たそがれ」として歌ったのが「ウナ・セラ・ディ東京」の始まりである。当初はあまりヒットしなかったが、翌1964年に「カンツォーネの女王」として有名なイタリアの歌手ミルバが来日した際、本曲を歌ったことを契機に一気にブームとなった(キングレコードのスタッフがミルバの歌唱力の高さを評価した上で本曲を歌わせることを提案したとも言われる)。ミルバの正確な日本語での歌唱も評判となった。 ミルバの歌唱を契機に本作の良さが広く知れ渡ることになったので、ザ・ピーナッツの「東京たそがれ」も曲調とアレンジを一部変更し「ウナ・セラ・ディ・東京」として9月に再発売され、ヒットした(「ウナ・セラ・ディ東京」とはイタリア語で「東京のある一夜 (Una Sera di Tokio)」という意味である)。 作成者 / 作詞:岩谷時子 作曲:宮川泰 (ウナ・セラ・ディ東京 – Wikipedia)

関連サイト

Una Sera di Tokio : 私たちは20世紀に生まれた

Una Sera di Tokyo – ノリの悪い日記

関連エントリ

ウナ・セラ・ディ東京 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Una Sera di Tokyo の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 9月18日(水曜日) 北海道美幌町の配食サービス

IMG_20190918_152413

2019年(令和元年) 9月18日(水曜日) 北海道美幌町の配食サービス

水曜日の宅配弁当 ㈲中島食品 | 美幌町

今日の体重は48キログラム。

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

北見保健所 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道庁ホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁ホームページ

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の総合芸術グループ・芸術家グループ 実験工房

日本の総合芸術グループ・芸術家グループ 実験工房

関連記事

実験工房(じっけんこうぼう)は、詩人の瀧口修造の下にさまざまな分野の若手芸術家約14人が集まって結成された総合芸術グループ。命名は瀧口による。活動期間は1951年から1957年まで。ただし、正式な解散はしていない。第二次世界大戦後の前衛芸術運動にて先駆的な功績を残した。 瀧口を顧問格として、それぞれの友人知人関係が連携して出来上がったグループだが、結果としては皆が反アカデミックで前衛的な気質を持っていた。 活動 / 様々な芸術ジャンルで活動するメンバーによる集団であり、その活動もジャンルを越境したものであった。 最初期の活動として、作曲・装置・衣装を担当した創作バレエ「生きる悦び」の上演が挙げられる。音楽分野では作曲家の武満徹や湯浅譲二らの最初期の作品発表の場としても活動し、またアルノルト・シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、オリヴィエ・メシアンの「前奏曲集」、「世の終わりのための四重奏曲」、「アーメンの幻影」などの日本初演も手がけた。特にメシアン作品の研究は実験工房の音楽関係メンバーに大きな影響を与えた。 フランス文学に関する関心も深く、瀧口修造がシュルレアリスムの日本における第一人者でありアンドレ・ブルトンと交流があったことをはじめ、秋山邦晴もフランス文学に造詣が深かったため、これらのフランス文学および芸術の研究は特に熱心だった。 1953年にはソニーの前身である東京通信工業から開発されたばかりのテープレコーダーおよびそれとスライドを連動させる教育用装置オートスライドを借りてきて、スライド写真の映像を伴うミュージックコンクレート作品を発表した。1956年にはテープ音楽(ミュージックコンクレート、電子音楽およびオートスライドも含む)のオーディションを主催した。 メンバー / 瀧口修造 詩人。グループのまとめ役。園田高弘 ピアニスト。福島秀子 美術家。福島和夫の姉。武満徹 作曲家。湯浅譲二 作曲家。鈴木博義 作曲家。佐藤慶次郎 作曲家。北代省三 美術家、写真家、造形作家。秋山邦晴 詩人、評論家(主に音楽)。山口勝弘 美術家。現在は環境芸術家を名乗る。駒井哲郎 版画家。福島和夫 作曲家。福島秀子の弟。今井直次 舞台照明、美術家。最も広く使われている集合写真の並び順による。この集合写真には園田高弘の右に夫人で作曲家の園田(西沢)春子も写っているが、実験工房のメンバーでは無かった。 (実験工房 – Wikipedia)

関連エントリ

美幌町の歌 (町歌と校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

実験工房 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

Joji_Yuasa_cropped_Joji_Yuasa_201411

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

関連記事

湯浅譲二 日本の作曲家 / 湯浅 譲二(ゆあさ じょうじ、1929年8月12日 – )は、日本の現代音楽の作曲家。 経歴と作品概論 / 1929年、福島県郡山市にて開業医の次男として生まれる。芸術愛好家だった父の影響で幼時より音楽に親しむ。旧制福島県立安積中学校を卒業したのち上京し、慶應義塾大学医学部に進む。当時は外科医志望であり作曲は趣味として行うつもりだったが東京で日本の現代音楽の状況を知るうちに「このぐらいなら自分でもできる」と思うようになり1951年、「10年間は面倒みてやるから」との父親の合意のもとに医学部教養課程を中退して作曲の道に進む。若い頃、詩人・瀧口修造の下で組織された芸術家グループ・実験工房で武満徹らと共に活動し電子音楽や自作を含む現代音楽の演奏会の製作にかかわった。一方で古典的な作曲理論を身につけておく必要も痛感し、大学教養課程での音楽の担当であった評論家・村田武雄の紹介で中田一次に短期間師事している。 アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校でブライアン・ファーニホゥ、ロジャー・レイノルズらと共に作曲の教職に就いていた。湯浅が自らの音楽を語る言葉として、次の文句が良く引き合いに出される。「私にとって音楽とは、音響エネルギー体の空間的・時間的推移である」。これはつまり音楽をその音響現象の中に見られるエネルギーの力学的運動として捉えることにより、その音楽の語り口(ナラティヴィティ)を見出そうというものである。このことによって湯浅はジャンルや様式、地域性などを超えたほとんどの音楽がこの言葉によって説明できるとしている。 もう一つ重要な言葉として、「コスモロジー」という言葉も湯浅は多用している。これは個々の人間が持つ個人性、その人の歩んできた歴史背景、学習・経験してきた事柄、さらに地域性、民族性、時代性などを包括する言葉である。これによって個々の作曲家には個性が反映され、作曲家独自のメッセージが生まれると湯浅は解説している。 UPICシステムを用いて制作された音楽作品は宣伝の割には意外なほどにUPIC単体の為に制作されたものに傑作が少ないが、そのような不毛の中で「UPICによる始原への眼差し第一番」はその数少ない中の傑作であるばかりか湯浅音楽の最高峰に位置付けられている。 カリフォルニア大学サンディエゴ校教授、日本大学藝術学部客員教授、東京音楽大学客員教授などを経て、桐朋学園大学特任教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校名誉教授、国際現代音楽協会(ISCM)名誉会員。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。 主な作品 / 管弦楽曲 室内楽 吹奏楽 マンドリンオーケストラ 雅楽 ピアノ曲電子音楽、ミュジーク・コンクレート、コンピュータ音楽 合唱曲 校歌 童謡 映画音楽、テレビなどの音楽 フォークソング 著作・楽譜 / 受賞・受章など (湯浅譲二 – Wikipedia)

Joji Yuasa (湯浅譲二 Yuasa Jōji, born 12 August 1929) is a Japanese composer of contemporary classical music. Biography / Born in Kōriyama, Fukushima, he is a self-taught composer. He first became interested in music while a pre medical student at Keio University, and in 1952 he joined a young artists’ group Jikken Kobo (Experimental Workshop, 1951 – 1957) in Tokyo, an organization for the exploration of new directions in the arts, including multimedia. Since then, Yuasa has written a wide range of compositions, including orchestral, choral and chamber music, music for theatre, and intermedia, electronic and computer music. His works have been commissioned by the Koussevitzky Music Foundation, Saarland Radio Symphony Orchestra, Helsinki Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Canada Council, Suntory Music Foundation, IRCAM and National Endowment for the Arts of the U.S.A. He has received a number of fellowships and awards, from: Japan Society Fellowship (1968–69), Composer in Residence at the Center for Music Experiment UCSD (1976), Berlin Artist Program by DAAD (1976–77), the New South Wales Conservatorium of Music in Sydney (1980), the University of Toronto (1981) and IRCAM (1987), As a guest composer and lecturer, he has contributed to the Festival of the Arts of This Century in Hawaii (1970), New Music Concerts in Toronto (1980), Asian Composers League in Hong Kong (1981), concert tour for Contemporary Music Network by British Arts Council (1981), Asia Pacific Festival in New Zealand (1984), Composers Workshop in Amsterdam (1984), Darmstadt Summer Course for Contemporary Music (1988), Lerchenborg Music Tage (1986, 1988), the Pacific Music Festival in Sapporo (1990), and Music of Japan Today: Tradition and Innovation (Hamilton College, NY – 1992). From 1981 to 1994 he was a music researcher and professor at the University of California, San Diego, where he is currently a professor emeritus. He has also served as a guest professor at the Tokyo College of Music since 1981, a professor at Nihon University since 1993 and an honorary member of ISCM. Yuasa is the recipient of a 1996 Suntory Music Award. (Joji Yuasa – Wikipedia

美幌町 日本の北海道の町 / 美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 美幌町の有名人 / 美幌町ゆかりの有名人 / 湯浅譲二 ー 日本の作曲家。美幌病院歌または看護学校歌を作曲した。(美幌町 (美幌町ゆかりの有名人) – Wikipedia)

関連動画

耳をすましてごらん:湯浅譲二 – YouTube

湯浅譲二作曲、長田弘作詞 おやすみなさい – YouTube

湯浅譲二:冬の光のファンファーレ~長野オリンピックのための – YouTube

関連エントリ

美幌町の歌(町歌と校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

藁科雅美記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 日本芸術院賞 (日本芸術院) – 美幌音楽人 加藤雅夫

実験工房 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

湯浅譲二 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 東日本学校吹奏楽大会 壮行演奏会 (北海道美幌町の美幌北中学校吹奏楽部)

2019 東日本学校吹奏楽大会 壮行演奏会 (北海道美幌町の美幌北中学校吹奏楽部)

関連記事

東日本学校吹奏楽大会 初出場 2019/09/17掲載(美幌町/教育) 美幌北中学校吹奏楽部 / 美幌北中学校吹奏楽部が、10月12日に石川県金沢市で開かれる東日本学校吹奏楽大会(中学校部門)に初出場する。8月の北海道吹奏楽コンクール(中学校C編成)で代表の座を獲得。9月25日(水)には美幌町民会館びほーるで壮行演奏会も予定され、町民の応援を背に大舞台に挑む。 「良い演奏を目指したい」 25日には壮行演奏会も / 札幌市で開かれた北海道コンクールは24校が出場し、北中は片岡寛晶作曲の「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)~吹奏楽と打楽器群のための神話」を演奏。8校に与えられる金賞を受賞し、さらに3校のみが手にする代表に選ばれた。東日本大会中学校部門は30校が出場する。今月9日には美幌町教育委員会の矢萩浩教育長が中学校を訪問。「夏休み中に努力した結果と思う。すばらしいメンバーと、1人では味わえない喜び、かなえられない夢を実現して」と激励を受けた。部長(3年)は「道大会では緊張もあり、納得のいく演奏ができず号泣した。推薦を受けられるとは思っていなかったのでうれしい。今回のくやしい思いをバネに、東日本でいい演奏ができるよう、その先を目指して練習したい」と応えた。「笑顔を大切に 心に残るいい演奏をして お客さんに感動してもらう」と黒板に書かれた音楽室で練習を重ねる。「音の入りを合わせ、個人のミスを減らしたい。北海道の大きな舞台を経験し、度胸がついた。緊張しないということはむずかしいが、壮行演奏会にも力を入れる中で、良い演奏を目指したい」(部長)と話している。25日の壮行演奏会は午後6時半から。入場料は500円。詳しくは中学校(0152・73・5069)へ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

東日本学校吹奏楽大会(ひがしにほんがっこうすいそうがくたいかい、East Japan school band competition)は、北海道吹奏楽連盟・東北吹奏楽連盟・東関東吹奏楽連盟・西関東吹奏楽連盟・東京都吹奏楽連盟・北陸吹奏楽連盟主催による吹奏楽のコンクール。 概要 / 北海道・東北・東関東・西関東・東京都・北陸の各吹奏楽連盟において、「小編成部門」や「B部門」などの呼称で、各都道県・支部で予選が行われるコンクールの最上位大会である。実施部門は、小学校・中学校・高等学校で、それぞれ「コンクール部門」が行われる。 (東日本学校吹奏楽大会 – Wikipedia)

美幌町民会館文化情報 / 美幌町で開催される文化事業 / 9月25日(水) 美幌北中学校吹奏楽部 第19回東日本吹奏楽大会出場記念 壮行演奏会 (町民会館文化情報 | 美幌町ホームページ)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町民会館 | 美幌町ホームページ

関連エントリ

北海道美幌町出身のホルン演奏者 鈴木謁子 – 美幌音楽人 加藤雅夫

第21回 日本ジュニア管打楽器コンクール (北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北中学校吹奏楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌北中学校吹奏楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌北中学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国立アイヌ民族博物館のPR展 (北海道美幌町の美幌博物館)

国立アイヌ民族博物館のPR展 (北海道美幌町の美幌博物館)

関連記事

国立アイヌ民族博物館をPR 2019/09/14掲載(美幌町/歴史) 来春オープン / 美幌博物館でロビー展 / 来年4月24日に胆振管内白老町にオープンする国立アイヌ民族博物館のPR展が、美幌博物館2階ロビーで開かれている。民族博物館の理念や展示テーマに関する5枚のパネルを並べ、約12分間の映像を放映。「マキリ(小刀)」や「イタ(盆)」、「ムックリ(口琴)」など一般財団法人アイヌ文化財団、美幌博物館が所蔵する資料約30点も合わせて展示している。23日まで。17日は休館。ロビー展のみの観覧は無料。7日には関連イベントとして民族博物館主任研究員の講演会、8日にはムックリづくりも行われた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ロビー展「国立アイヌ民族博物館PR展」(美幌博物館) | 美幌町ホームページ

国立アイヌ民族博物館 – ウポポイ(民族共生象徴空間)

関連エントリ

国立アイヌ民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見市朗読赤十字奉仕団について (北海道北見市)

北見市朗読赤十字奉仕団について (北海道北見市)

関連記事

朗読録音奉仕グループ奨励賞受ける 2019/09/14掲載(北見市/社会) 北見市朗読赤十字奉仕団 / 鉄道弘済会、日本盲人福祉委員会から 広報などの朗読、音訳や勉強会も / 北見市朗読赤十字奉仕団がこのほど、鉄道弘済会、日本盲人福祉委員会主催の北海道地区表彰で朗読録音奉仕グループ奨励賞を受賞した。委員長らが9日、推薦を受けた北見市社会福祉協議会を訪れ、会長に受賞を報告した。同奉仕団は、1982年に結成し、現在は男性2人を含む30~70代の31人で活動。視力障がい者のために、「広報きたみ」や雑誌などの朗読、音訳、新聞代読サービスをはじめ、依頼があれば専門書や漫画の音訳にも取り組んでいる。また、NHK巡回朗読セミナーを受講するなど、勉強会も実施している。同奨励賞は、朗読録音の活動者の養成活動実績が顕著なボランティアグループに贈られる。委員長は、札幌市で開かれた第49回朗読録音奉仕者感謝の集いの表彰式に出席、盾などを受け取った。委員長は「続けてきた活動が認められてうれしいです。これからも、聞いてくださる方に聞きやすく、正確に情報を伝えられるように活動していきたい」と話している。(菊) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市朗読赤十字奉仕団 (市民活動登録団体) | 北見市ホームページ

赤十字奉仕団・支援団体の紹介 | 北見市ホームページ

関連エントリ

北見市朗読赤十字奉仕団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の身障新聞 (第783号 第784号 第785号)

北海道の身障新聞 (第783号 第784号 第785号)

北海道身体障害者福祉協会の北海道身体障害者新聞(第783号 第784号 第785号)をいただきました。どうもありがとうございました。内容は、北海道身体障害者福祉協会(身障新聞)ホームページをご覧ください。

関連記事

障害者手帳(しょうがいしゃてちょう)とは、障害者として日本にて地方公共団体に認定を受けると発行される、障害を証明するための手帳である。 (障害者手帳 – Wikipedia)

身体障害(しんたいしょうがい)とは、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害を生じている状態、あるいはそのような障害自体のこと。手・足がない、機能しないなどの肢体不自由、脳内の障害により正常に手足が動かない脳性麻痺などの種類がある。視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害なども広義の身体障害に含まれる。身体障害の分類 / 部位による分類 / 身体障害者福祉法の対象となる障害は、1) 視覚障害、2) 聴覚障害・平衡機能障害、3) 音声・言語障害(咀嚼障害を含む)、4)肢体不自由、5)心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・大腸・小腸・免疫等の内部障害の5種類に大別される。例えば脳梗塞で倒れた人の場合、脳梗塞の後遺症によって生じた肢体不自由は同法で支援の対象となるが、併せて記憶障害などが発生しても、それ自体は身体障害として認定されない。認知症など、精神障害を合併した場合は精神保健福祉法による援助の対象となる。これら5種の障害の中で最も多いのは肢体不自由で、身体障害者手帳を交付されている人のうち、約半数を占める。視覚障害・聴覚障害・言語障害は、該当者こそ増えているものの、全体の割合からいくと年々減少の一途をたどっている。その一方で、内部障害は該当者・割合ともに増加している。身体障害者が増加しているにもかかわらず、内部障害者の割合が増加しているのは、一つには内部障害として認定される器官が増えたこと、もう一つには内部障害の原因となる疾病(糖尿病や心臓病等)にかかる人が増えたことが理由だと考えられる。身体障害者は年々増加している。身体障害者には高齢者が多く、65歳以上の割合が60%以上を占めている。日本の人口における高齢者の割合が増加していることから、今後も身体障害者の人数は増えていくものと思われる。また障害者を隠そうとする風潮が弱くなり、障害の認定を受けるようになったことも一因だと考えられる。(身体障害 – Wikipedia

関連サイト

身障新聞 – 北海道身体障害者福祉協会ホームページ

北海道身体障害者福祉協会ホームページ

障がい者保健福祉課のページ(北海道)

関連エントリ

北海道身体障害者新聞 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道身体障害者福祉協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

身体障害者 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 9月16日(月曜日) 北海道美幌町の配食サービス

IMG_20190916_150430

2019年(令和元年) 9月16日(月曜日) 北海道美幌町の配食サービス

今日の体重は 48キログラム

月曜日の宅配弁当 美幌町のハローランチ鳥十

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

北見保健所 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道庁ホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁ホームページ

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る