北朝鮮 カテゴリのアーカイブ

韓国テレビドラマ 雲が描いた月明り

韓国テレビドラマ 雲が描いた月明り

関連記事

雲が描いた月明り 2016年の韓国のテレビドラマ / 雲が描いた月明り(韓国語:구르미 그린 달빛)は、2016年8月22日から2016年10月18日までKBS 2TVで放送された大韓民国のテレビドラマ。パク・ボゴム、キム・ユジョンらが出演した。19世紀の李氏朝鮮の時代を舞台とした恋愛ドラマで、原作は2013から2015年にかけて発表された同名のオンライン小説(ko:구르미 그린 달빛)。 (雲が描いた月明り – Wikipedia)

関連サイト

雲が描いた月明り – TVh 北海道

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国のテレビドラマ 太陽を抱く月

韓国のテレビドラマ 太陽を抱く月

太陽を抱く月 / 『太陽を抱く月』(たいようをいだくつき、해를 품은 달、ヘルル プムン タル)は、2012年から韓国MBCにて、全20話で放送された李氏朝鮮の架空の時代を舞台にしたテレビドラマである。原作はチョン・ウングォルによる同題の小説[1]。日本では2013年1月20日から6月23日までNHK BSプレミアム(毎週日曜21:00 – 22:00)にて放送した。 (Wikipedia)

関連サイト

太陽を抱く月 – TVh テレビ北海道

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国のテレビドラマ 王は愛する

韓国のテレビドラマ 王は愛する

関連記事

王は愛する 2017年の韓国のテレビドラマ / 『王は愛する』(おうはあいする、英: The king in Love)は、2017年7月17日から9月19日まで韓国・文化放送 (韓国)で放送され世界108ヵ国以上で放送されたテレビドラマ(時代劇)。全20話。出演のイム・シワンにとっては、入隊前最後のドラマとなった。日本では、DATVやBS朝日の他、各局で次々と放送されている新世代時代劇。。 (Wikipedia)

関連サイト

王は愛する – TVh テレビ北海道

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国のテレビドラマ ヘチ 王座への道

韓国のテレビドラマ ヘチ 王座への道

関連記事

ヘチ 王座への道 2019年の韓国のテレビドラマ / 『ヘチ 王座への道』(原題:「獬豸 해치」)は2019年2月11日から4月30日にかけて放送された韓国SBSのテレビドラマ。 NHK 総合:2021年2月14日 – 放送予定(毎週日 23時00分 – 24時00分) ※24話版で放送予定 (ヘチ 王座への道 – Wikipedia)

関連サイト

2021年2月から総合テレビで放送!チョン・イル主演『ヘチ 王座への道』/ NHKドラマ

ヘチ 王座への道 – NHK

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国のテレビドラマ チャン・ヨンシル

2月2日スタート
韓国のテレビドラマ チャン・ヨンシル

関連記事

チャン・ヨンシル 〜朝鮮伝説の科学者〜 2016年の韓国のテレビドラマ / 『チャン・ヨンシル 〜朝鮮伝説の科学者〜』は、2016年1月2日から3月26日まで韓国KBSで放送されたテレビドラマである。「KBS大河ドラマ」現段階における最後の作品。 概要 / この作品は朝鮮時代初期の科学者・蔣英実の生涯を描き、慶尚道東莱(現・釜山広域市東莱区)の帰化した中国人家系の庶子として生まれ、類いまれな才能に恵まれ、朝鮮第4代王・世宗に認められ賎民から科学者になった男の物語。主演は『朱蒙』のソン・イルグクで本作でテレビドラマ復帰となった。 (チャン・ヨンシル 〜朝鮮伝説の科学者〜 – Wikipedia)

関連サイト

映画・ドラマ – TVh テレビ北海道

「チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」公式サイト

関連エントリー

韓国ドラマの検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

イ・サン 韓国のテレビドラマ

イ・サン 韓国のテレビドラマ

関連記事

イ・サン 2007年の韓国のテレビドラマ / 『イ・サン』(原題:이산 李祘)は、韓国の放送局MBCで開局46周年の特別企画ドラマとして、2007年9月17日から2008年6月17日まで毎週月曜日・火曜日の21:55から23:10まで(現地時間)放送された、李氏朝鮮22代国王である正祖(チョンジョ)を主人公とした時代劇ドラマ。全77話。 監督は「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ビョンフンであり、同作に出演した役者も多数出演している。また、同監督の作品「商道」の楽曲のいくつか(「約束」など)が再び使われている。 (イ・サン – Wikipedia)

関連エントリ

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

朝鮮の民族衣装 韓服

朝鮮の民族衣装 韓服

関連記事

韓服 朝鮮の伝統的衣装 / 韓服(かんふく、かんぷく、ハンボッ)は、朝鮮半島地域の民族衣装の韓国での呼び方。女性用のチマチョゴリが有名である。現在は揃える衣装の種類が増えてきた。男性の韓服の場合、チョゴリ(上衣)とバジ(下衣)にチョッキあるいはマゴジャ(馬褂子/重ね着する上着)を着る。さらにトゥルマギ(周莫衣/外套の一種)を着れば、外出着から礼服としても通用する服装となる。 (韓服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

韓服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 中秋節 (9月13日 金曜日)

250px-Moon_Cakes

2019年 中秋節 (9月13日 金曜日)

関連記事

中秋節(ちゅうしゅうせつ、拼音: Zhōngqiū jié)とは、東アジアの伝統的な行事のひとつで、旧暦(農暦)の8月15日に行われる。グレゴリオ暦では9月または10月にあたる。とくに中華圏では春節、清明節、端午節とならぶ重要な行事であり、中華人民共和国、いずれも法定祝日になっている(香港・マカオでは中秋節の翌日が祝日)。 中国 / 十五夜の月を鑑賞する慣習は中国に由来する。 香港地区 / 香港の公衆休日は旧暦8月16日(中秋節の翌日)となっているが、幾つかの学校や会社は8月15日の午後から休みとする。 台湾 / 台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、中華民国の休日となる。月見をして月餅やブンタン(文旦)を食べる習慣がある。 ベトナム / ベトナムでは、(ベトナム語: Tết Trung Thu / 節中秋*?)または(ベトナム語: Tết Trông trăng *?)と呼ぶ。これはクオイ(Cuội)の伝説が起源となっている。 日本 / 中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)で歌を詠み、宴を催した。また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。 朝鮮 / 韓国では、旧暦8月15日に行う秋夕(チュソク、朝鮮語: 추석)という、中秋節の行事があり、日本のお盆と同様に墓参りなどを行う。朝鮮民主主義人民共和国でも祝日になる。 (中秋節 – Wikipedia)

関連エントリ

The Moon Represents My Heart 月亮代表我的心 月は何でも知っている – 美幌音楽人 加藤雅夫

中秋の名月 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中秋節 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

200px-Go-shichi_no_kiri_crest.svg

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

関連記事

防衛白書(ぼうえいはくしょ)は、日本の防衛省(旧防衛庁)が毎年刊行している白書である。防衛政策の基本理念について日本国民の理解を求めるために作成されている。2003年(平成15年)からは『日本の防衛』というタイトルが付されている。 概要 / 防衛省の防衛政策や、近隣諸国への認識を理解できる一次資料である。1970年(昭和45年)10月に第1回が発行され、1976年(昭和51年)の第2回以降毎年発行されている。 日本の防衛の根幹となる日米関係、近隣諸国(主に韓国、北朝鮮、中国、ロシア)などの軍事動向、自衛隊海外派遣など自衛隊の国内外の活動や隊員の声を記載したコラム、防衛政策の提言などを主に行っている。 特に近年では北朝鮮の動向を注視しており、テポドン(弾道ミサイル)の発射などを強く非難している。また、中国に対しても軍事費などに関しての透明性を求めている。 なお、1970年(昭和45年)及び1976年(昭和51年)以降に刊行された白書は防衛省のウェブサイトでも公開されている。ただし、著作権上の理由から、通信社・新聞社提供の写真は、書籍のみの掲載となっている。 (防衛白書 – Wikipedia)

関連動画

平成30年版防衛白書概要説明動画 – YouTube

防衛省・自衛隊 : 防衛省動画チャンネル

関連サイト

平成30年版防衛白書 | 平成30年版防衛白書の発刊に寄せて – 防衛省・自衛隊のホームページ

防衛省・自衛隊 | 平成30年版防衛白書

防衛省・自衛隊 | 防衛白書

関連エントリ

防衛白書 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

防衛省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自衛隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

韓国ドラマ 不滅の恋人 (NHK総合)

250px-_바라보면,_힐링_...봄처럼_화사한_미소_진세연_(2)

韓国ドラマ 不滅の恋人 (NHK総合)

関連記事

大君〜愛を描く 2018年の韓国のテレビドラマ / 『大君〜愛を描く』(テグン〜あいをえがく、ハングル:대군 – 사랑을 그리다)は、2018年3月3日から2018年5月6日まで韓国・テレビ朝鮮の「TV朝鮮週末ドラマ」枠(毎週土曜日、日曜日22:50-0:00)で放送されたテレビドラマ。全20回。 李氏朝鮮時代、のちの第7代王世祖になる首陽大君(スヤンテグン)と弟の安平大君(アンピョンテグン)の兄弟王子の争いをモチーフに、一人の美女をめぐる三角関係を描いたロマンス時代劇。 日本での放送 / 日本では、2018年8月17日から衛星劇場で、2019年3月3日からNHK BSプレミアムで『不滅の恋人』のタイトルで毎週日曜日21:00-22:00に日本語吹替で放送されている。 (大君〜愛を描く – Wikipedia)

関連サイト

新番組情報 韓国ドラマ『不滅の恋人』総合テレビで放送! | お知らせ | NHKドラマ

不滅の恋人 | NHK 総合 海外 ドラマ

関連エントリ

オクニョ 運命の女 (韓国のテレビドラマ) – 美幌音楽人 加藤雅夫

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

不滅の恋人 (韓国のテレビドラマ) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る