アフリカ カテゴリのアーカイブ

世界の民族衣装

世界の民族衣装

オセアニ地方、アアフリカ地方、ヨーロッパ地方、北アメリカ地方、南アメリカ地方

関連記事

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 各地の民族衣装 / 中国 / 中国では古代から17世紀まで漢服が着られていた。清朝では満州民族の衣服と弁髪が強制され、漢服は道士などの衣服に名残をとどめるのみとなった。現在では一部に漢服復興運動がある。 満州民族が建国した清では、細い筒袖や裾の長いスリットをもつ、乗馬に適した旗装が着用された。女性用の旗装を現代風にアレンジしたものがチャイナドレスである。中華人民共和国が成立してからは人民服(中山服)が着用されたが、21世紀の現在は洋装が広く行われている。 日本 / 日本の民族衣装である和服(着物・呉服などともいう)は、平安時代の庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期から中世にかけて上流階級にまで広がり、日本独自の発展を遂げたものである。平安時代中期以前の貴族は漢服の流れを汲む礼服などの衣装も着用しており、束帯などの儀礼的和服は漢服の影響を受けている。安土桃山時代から江戸時代にかけてはポルトガルの影響も受け、ポルトガルの衣服が日本化した股引・鯉口シャツなどは広く庶民の作業着や下着として普及した。現在では男性は紋付きの羽織・袴、女性は留袖・振袖などが正装として使われる、礼服としての和服は用途(結婚式や葬式など)によって使い分ける。普段着としては多くが廃れ、わずかに浴衣(男性では甚平・作務衣なども)が夏場に好まれている。 朝鮮半島 / 朝鮮半島の民族衣装は韓服と呼ばれており、長いプリーツ・スカートの形状をしたチマと、丈の短く結び紐があるチョゴリ(上衣)を組み合わせた女性用のチマチョゴリが代表的である。男性はやや長めのチョゴリに、パジというズボン状のものをはき、外套(トゥルマギ)を着る。騎馬遊牧民の衣装であった胡服を原型に、中国(隋・唐)の民族衣装であった漢服や、モンゴル帝国の民族服デール(胡服系)の影響を受けている。 東南アジア / ベトナムでは清朝の影響を受けた女性服、アオザイがある。 清朝の影響をあまり受けなかった地域では巻衣(ドレーパリ)形式が発達した。巻衣には、ミャンマーの僧侶が着る黄衣、一般男女が着るロンギー、マレーシアのサロン、インドネシアのスレンダン、カバヤ、フィリピンのバロン・タガログなどがある。 インド / インド人女性は、チョリというシャツ、ガーグラというスカートを履き、その上からサリーをまとう。北インドではサリーの他にサルワール・カミーズやレヘンガも着用される。北インドの男性用民族衣装はクルター・パジャマ。腰巻のルンギーやドーティーなどもある。シク教徒の男性はターバンを頭に巻く。極東部や中部山岳地帯の少数民族は、一般的なインド人の民族衣装とは異なる衣装を着用する。 (民族服 – Wikipedia)

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。 オセアニア地方 / メラネシア:タパ / フィジー:スル / タヒチ島:パレオ / アフリカ地方 / ガーナ:ケンテ / エジプト:ガラビア、ロインクロス / ケニア:カンガ / ニジェール:トベ / ヨーロッパ地方 / イタリア:トガ(古代ローマ)、マニカ・スタッカビーレ / オランダ:サボ / ギリシャ:ヒマティオン(古代)、 / ブルガリア:スクマーン / ロシア:ルバシカ、サラファン、ウシャンカ / イギリス:キルト(スコットランド) / ドイツ:レーダーホーゼン / オーストリア:ディアンドル / フランス:コアフ / 北アメリカ・南アメリカ地方 / メキシコ:ソンブレロ / パナマ:ポリェラ / チリ:ポンチョ / グアテマラ:ウィピル、 / ボリビア:ポリェラ / アメリカ合衆国:アノラック(イヌイット) (民族衣装一覧 – Wikipedia)

A folk costume (also regional costume, national costume, or traditional garment) expresses an identity through costume, which is usually associated with a geographic area or a period of time in history. It can also indicate social, marital or religious status. If the costume is used to represent the culture or identity of a specific ethnic group, it is usually known as ethnic costume (also ethnic dress, ethnic wear, ethnic clothing, traditional ethnic wear or traditional ethnic garment). Such costumes often come in two forms: one for everyday occasions, the other for traditional festivals and formal wear. Following the outbreak of romantic nationalism, the peasantry of Europe came to serve as models for all that appeared genuine and desirable. Their dress crystallised into so-called “typical” forms, and enthusiasts adopted that attire as part of their symbolism. In areas where Western dress codes have become usual, traditional garments are often worn at special events or celebrations; particularly those connected with cultural traditions, heritage or pride. International events may cater for non-Western attendees with a compound dress code such as “business suit or national dress”. In modern times, there are instances where traditional garments are required by sumptuary laws. In Bhutan, the traditional Tibetan-style clothing of gho and kera for men, and kira and toego for women, must be worn by all citizens, including those not of Tibetan heritage. In Saudi Arabia, women are also required to wear the abaya in public. (Folk costume – Wikipedia)

関連エントリ

世界の民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Folk costume の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

台湾の女性小説家・作家 三毛 (忘年の恋)

台湾の女性小説家・作家 三毛 (忘年の恋)

関連記事

三毛(サンマオ、San Mao, 1943年3月26日 – 1991年1月4日)は台湾の小説家、作家である。本名は陳懋平(Chen Mao Ping)で、のちに陳平に改名した。筆名の由来については諸説あり、本人も「張楽平の一番有名なマンガである『三毛流浪記』の主人公から取った」、「易経に由来する」、「3毛銭の値打ちしかないという意味」など様々な説明をしている。英語名はEcho。 作品は自伝と紀行から、内観的な小説と漫画雑誌までに及ぶ。 生い立ち / 祖籍は浙江省の定海で、祖父が暮らしていたが、陳懋平は重慶市に生まれ、台北市で育った。 陳懋平は5歳のとき中国の古典である紅楼夢を読んだ。小学校時にはしばしば本を読むために学校をさぼった。時々、先生と争論することもあり、ある時、陳懋平はごみ収集車の運転者になりたいと決めたが、先生は同意しなかった。高校時、長い時間学校に行かないので、弁護士の父は本を持ってきてピアノと絵画の授業をしてくれた。 経歴 / 陳懋平は1965年から1969年まで、哲学を勉強し、中国文化大学の哲学部を卒業した。その当時の初恋が終わった後、スペインに移り住んだ。次の3年間スペインとドイツに勉強して、アメリカのイリノイ州にある法学の図書館に勤めた。婚約者のドイツ人と台湾に移り住んでドイツ語を教え始めたが、婚約者が心臓発作で急死した。この時のショックから逃れるためスペインに戻った。 昔の恋人と1973年に結婚し、一緒に当時スペイン領であった西サハラに移住。その経験は自伝的な『撒哈拉的故事』(『サハラ物語』)を生んだ。この1976年に出版された本は半分紀行、半分日記だった。彼女の異国での結婚生活をもとに描かれた作品は多くの読者を惹きつけた。 台湾だけではなく中国と香港での名声によって、『雨季不再来』(『雨季は二度と来ない』)と呼ばれた第二作めの本は前作より注目を集めた。1979年に夫はダイビング事件で死去。 翌年、台湾に帰国。1981年11月、出版社はもっと多くの作品を創作できるように、中央アメリカと南アメリカに行かせた。1981年から1984年まで、母校の中国文化大学でドイツ語を教えた。 1976年から、亡くなる1991年まで、20冊以上の本を執筆。それ以外に、アルゼンチンの漫画『マファルダ』を中国語に翻訳した。 死 / 1991年47歳のとき、子宮内膜増殖症で入院していたが、絹のストッキングで絞首自殺した。 (三毛 – Wikipedia)

王 洛賓(おう らくひん、中国語: 王洛宾、1913年12月28日 – 1996年3月14日)は北京生まれの中国の音楽家で、特に中国各地の民族歌曲を収集して編曲し、歌詞を中国語に改めて広めたことで知られる。 彼が広めた民族歌曲は現代中国でよく歌われており、日本でも中国語を通していくつか知られている。 草原情歌 (新疆・カザフ族) 康定情歌 (四川省、チベット族) 青春舞曲 (新疆・ウイグル族) 阿拉木汗 (アラムハン、新疆・ウイグル族) 達坂城的姑娘 (新疆・ウイグル族) (王洛賓 – Wikipedia)

三毛(英语:Echo,1943年3月26日-1991年1月4日),原名陳懋平,後來因為厭倦寫懋字而自己改名為陳平,臺灣著名作家。出生於重慶,成長於臺北市,曾先後就讀於臺北中國文化學院哲學系、西班牙馬德里大學文哲學院、德國歌德語文學院,是臺灣1970至1980年代的著名作家。1970年代以其在撒哈拉沙漠的生活及見聞為背景,以幽默的文筆發表充滿異國風情的散文作品因而成名,其讀者遍佈全世界的華人社群。白先勇認為「三毛創造了一個充滿傳奇色彩瑰麗的浪漫世界;裡面有大起大落生死相許的愛情故事,引人入勝不可思議的異國情調,非洲沙漠的馳騁,拉丁美洲原始森林的探幽——這些常人所不能及的人生經驗造就了海峽兩岸的青春偶像。」三毛於1991年住院時逝世。三毛在中國“新中國60年最有影響力文化人物網路評選”活動中文學類排名第十,總人氣榜排名第三十五。 (三毛 (作家)- 维基百科,自由的百科全书)

王洛宾 中国作曲家和民族音乐学家 / 王洛宾(1913年12月28日-1996年3月14日),出生于北京,原名王荣庭,字洛宾,曾用名艾依尼丁,中国作曲家和民族音乐学家。 主要作品 / 王洛宾搜集整理和编写了700多首西北地区的民歌,先后出版过8部歌曲,使得中国西部民歌发扬全中国,乃至世界各地, 其中主要作品有: 《在那遥远的地方》 《达坂城的姑娘》 《半个月亮爬上来》!《掀起你的盖头来》 《阿拉木汗》 《在银色的月光下》改編塔塔爾族民歌。源自19世纪中后期俄羅斯民歌《Над серебряной рекой》 《青春舞曲》 《可爱的一朵玫瑰花》 《永隔一江水》 (王洛宾 – Wikipedia

関連サイト

人の心を信じること・・・ – 東京流行通訊 (姚遠)

人间自有真情在 – 东京流行通讯 (姚遠)

関連エントリ

三毛 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

王洛賓 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

王洛宾 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン ルイ・アームストロング

180px-Selmer_Trumpet_given_by_King_George_V_to_Louis_Armstrong

アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン ルイ・アームストロング

関連記事

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日 – 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。 サッチモ (Satchmo) という愛称で親しまれた、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。 サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがある。その他、ポップス (Pops)、ディッパー・マウス (Dipper Mouth) という愛称もある。 (ルイ・アームストロング)

Louis Daniel Armstrong (August 4, 1901 – July 6, 1971), nicknamed Satchmo, Satch, and Pops, was an American trumpeter, composer, vocalist and occasional actor who was one of the most influential figures in jazz. His career spanned five decades, from the 1920s to the 1960s, and different eras in the history of jazz. In 2017, he was inducted into the Rhythm & Blues Hall of Fame. (Louis Armstrong – Wikipedia)

180px-Louis_armstrong_producers_showcase_1956

関連エントリ

ルイ・アームストロング の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Louis Armstrong の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エジプトの外交官 アイマン・アリ・カーメル (駐日エジプト大使)

Egyptiska_hieroglyfer_Nordisk_familjebok.png

エジプトの外交官 アイマン・アリ・カーメル (駐日エジプト大使)

関連記事

アイマン・アリ・カーメル(アラビア語: أيمن علي كامل‎、英語: Ayman Aly Kamel、1965年9月4日 – )は、エジプトの外交官、大使。2017年より駐日エジプト大使を務めている。 経歴 / 1980年代より外交官としてのキャリアを歩み始める。イタリア、オマーン、ヨルダンでの在外勤務を経て、2011年から2014年にかけて在シドニー総領事。シドニー総領事として在任中の2014年3月7日、ブリズベンの聖スティーブン大聖堂で行われた「世界祈りの日」(英語: World Day of Prayer)に参列し、ゲストスピーカーとして、宗派を超えたエジプトへの祈りを感謝するスピーチを述べた。総領事離任後は、カイロで本省勤務。 2017年8月1日、アッシーシ大統領がサーメハ・シュクリ外務大臣の立ち会う中で各国駐箚次期大使候補者29名と会見し、会見終了後、大統領はカーメルを含む候補者全員を大使として正式に承認した。同年12月11日、皇居で信任状を捧呈。 (アイマン・アリ・カーメル – Wikipedia)

駐日エジプト大使館(アラビア語: سفارة مصر في اليابان‎、英語: Embassy of Egypt in Japan)は、エジプトが日本の首都東京に設置している大使館である。在東京エジプト大使館(アラビア語: سفارة مصر في طوكيو‎、英語: Embassy of Egypt in Tokyo)とも。 1952年、サンフランシスコ平和条約の発効により日本国が独立、エジプトも同条約締結国のうちの一国。1953年、エジプトが駐日エジプト公使館(在東京エジプト公使館)を開設した。1954年、公使館が大使館に昇格された。 大使 / 2017年12月11日より、アイマン・アリ・カーメルが特命全権大使を務めている。 (駐日エジプト大使館 – Wikipedia)

関連エントリ

エジプト人の皆様は、頑張って! – 美幌音楽人 加藤雅夫

アイマン・アリ・カーメル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Ayman Aly Kamel の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市の フセイン・ザナティさん (日本とエジプトの交流)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

北海道北見市の フセイン・ザナティさん (日本とエジプトの交流)

関連記事

オリジナル短編映画制作(北見市/社会・教育)北見豊地小の児童が3カ月かけ / 海外の子ども達へ! 「桃太郎」を元にセリフを考え、衣装や小道具も 1、2年生が鑑賞し努力の成果に拍手 / 海外の貧しい子ども達に映画を届けようと、北見豊地小学校の3年生以上の児童が、英語のセリフによるオリジナル短編映画2本を制作。完成した映画の上映会がこのほど同校で開かれ、1、2年生が初めて鑑賞し、お兄ちゃんお姉ちゃんの成果に拍手を贈った。 エジプト出身で北見市教委のALT(外国語指導助手)、フセイン・ザナティさんの授業で、3カ月かけて映画を制作。桃太郎の物語を元に2グループに分かれ児童がシナリオ、カメラ、小道具を担当した。 作品は5、6年生が「Tomato Girl」、3、4年生が「Water Melon Boy!」。3分と4分という短さながら、ダンボールなどで衣装を作り、これまでに学んだ英語や辞書を引いてセリフを考え、楽しい作品に仕上げた。 全校児童分の椅子を並べ、教室が映画館「豊地シアター」に変身。映画を2本続けて上映すると、1、2年生はお兄ちゃん、お姉ちゃんたちの作品に声を上げて笑い、楽しんだ。また、5、6年生が英語で作ったボードゲームで遊び、盛り上がった。 フセインさんは「みんなすごく頑張りました」と児童の頑張りをたたえる。 5、6年生は3月までに自分達の作品に字幕を付けるなどさらに手を加えて完成させ、ボードゲームとともにフセインさんが海外の子ども達に届ける。エジプトやシリアなどの貧しい子ども達に見てもらうほか、エジプトの学校との交流にも用いられる予定。 (菊) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

駐日エジプト大使から感謝状(北見市/社会)北見の英語指導助手フセイン・ザナティさんの仲間達に / エジプトの人を元気づけようと制作した歌のDVDが大統領の目に留まり / 駐日エジプト大使のアイマン・アリ・カーメル氏が16日、北見市を訪れ、日本とエジプトの交流を進めてきた北見市の英語指導助手、フセイン・ザナティさんの仲間達に感謝状を贈った。 ザナティさんは、2011年2月のエジプト民主革命で不安定な国内情勢にあったエジプトの人を元気づけようと、「HemYaMasri(ヘンム・ヤ・マスリ=エジプト人よさあ頑張ろう!)」という歌を作り、北見の子ども達や有志が歌ってDVDに収録した。DVDはエジプトでテレビ放映され、大統領の目に留まったことから、カーメル大使が動画に出演した子ども達や北見とエジプトの交流に協力した市民合わせて30人に感謝状を送ることになった。 カーメル大使は同日、市立北見中央図書館で開かれた交流会に出席、感謝状を手渡した。大使は「エジプトのことを好きになってくれた人がいてくれてうれしい。ヘンム・ヤ・マスリの歌をピラミッドの前で歌ってほしい」と述べた。 (粟) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連動画

Abu Zanaty – YouTube

関連エントリ

エジプト人の皆様は、頑張って! – 美幌音楽人 加藤雅夫

フセイン・ザナティ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hussein Zanaty の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

一羽の雀(His Eye Is on the Sparrow)について

300px-Tree_Sparrow_20080423.JPG

一羽の雀(His Eye Is on the Sparrow)について

関連記事

一羽の雀(いちわのすずめ、英語: His Eye Is on the Sparrow)はゴスペル讃美歌である。今日ではアフリカ系アメリカ人による礼拝においてよく歌われる歌であるが、この曲は元々、1905年に2人の白人の作家(作詞者シビラ・マーティンと作曲家チャールズ・ゲイブリル)によって作られた。この歌は、この曲を自伝のタイトルに用いた、役者で歌手のエセル・ウォーターズと密接な関係にある。曲の霊感 / この曲のテーマは、マタイによる福音書のイエスの言葉に霊感を受けている。(一羽の雀 – Wikipedia

“His Eye Is on the Sparrow” is a Gospel hymn. The song was written in 1905 by lyricist Civilla D. Martin and composer Charles H. Gabriel. It is most associated with actress-singer Ethel Waters who used the title for her autobiography.[1] Mahalia Jackson’s recording of the song was honored with the Grammy Hall of Fame Award. Inspiration / The theme of the song is inspired by the words of David in the Psalms and Jesus in the Gospel of Matthew in the Bible: “I will instruct thee and teach thee in the way which thou shalt go: I will guide thee with mine eye (Psalm 32:8). “Look at the birds of the air; they neither sow nor reap nor gather into barns, and yet your heavenly Father feeds them. Are you not of more value than they?” (Matthew 6:26) and “Are not two sparrows sold for a farthing? and one of them shall not fall on the ground without your Father. But the very hairs of your head are all numbered. Fear ye not therefore, ye are of more value than many sparrows” (Matthew 10:29–31). (His Eye Is on the Sparrow – Wikipedia

関連エントリ

一羽の雀 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

His Eye Is on the Sparrow の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アフリカのタンザニアからの留学生(インターナショナル・Cアワー)

Eberswalde_zoo_014mod.JPG

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

アフリカのタンザニアからの留学生(インターナショナル・Cアワー)

関連記事

2月7日・インターナショナル“C”アワ 北見工大で
北見工業大学国際交流センターのインターナショナル“C”アワーが2月7日(水)午後6時から、同大学第1総合研究棟で開かれる。参加無料。 留学生と市民が気軽に交流する場として毎月、開催されている。今回は、アフリカのタンザニアから留学しているヴィクター・シラーさんが古里を語る。 問い合わせは同センター(TEL 0157-26-9370)へ。(2018年1月31日の記事 経済の伝書鳩

タンザニア
タンザニア連合共和国(タンザニアれんごうきょうわこく)、通称タンザニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。 国名 / 正式名称は、スワヒリ語でJamhuri ya Muungano wa Tanzania(ジャムフリ・ヤ・ムウンガーノ・ワ・タンザニア)。英語でUnited Republic of Tanzania(ユナイテッド・リパブリック・オブ・タンザニア)。通称、Tanzania(タンザニア)。 日本語の表記は、タンザニア連合共和国。通称、タンザニア。漢字表記は、坦桑尼亜。 国名はタンザニアを構成するために併合したタンガニーカとザンジバルの名前に、かつてアフリカ南部で栄えたアザニア文化(英語版)の名前を複合して1964年に命名された。(タンザニア – Wikipedia

関連サイト

Cアワーは月に一度、本学の留学生、日本人学生、教職員、そして市民の方々との交流の場です。留学生に日本の伝統行事を紹介したり、海外研修や留学から帰ってきた学生に話をしてもらったり、時には皆でゲームをしたりと、いろいろなテーマで行っています。毎回約60~80名ほどが集い、お茶とお菓子を囲んで楽しいひと時を過ごしています。どうぞお気軽にお越しください。 Cアワーの”C”には、Conversation, Culture, Cookie, Coffee などの意味がこめられています。 次回のCアワーは 、2018年2月7日に開催予定です。

国際交流センター | 北見工業大学

北見工業大学 国際交流センター(International Center, Kitami Institute of Technolog ) | Facebook

関連エントリ

タンザニア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北見工業大学国際交流センター の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Cアワー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

5月のテーマ: 留学生の国紹介 (アルジェリア&マレーシア)

375px-Algeria_orthographic_projection_svg.png

375px-Malaysia_orthographic_projection_svg.png

133px-Rosa_Charles_de_Gaulle01.jpg

151px-Hibiskus_rosa-sinensis_-_Kwiat_02.jpg

5月のテーマ: 留学生の国紹介 (アルジェリア&マレーシア)
May theme: country introduction of international students (Algeria and Malaysia)

5月のテーマ: 留学生の国紹介 (アルジェリア&マレーシア) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

なんとかしなきゃ! プロジェクト メールマガジン 53号

Eberswalde_zoo_014mod.JPG

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

なんとかしなきゃ! プロジェクト メールマガジン 53号
Nantokashinakya! Project mail magazine No. 53

なんとかしなきゃ! プロジェクト メールマガジン 53号 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起

Jihadi_John.jpg

ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起
The attention on the potential threat of terrorism by the combatants who returned from ISIL

ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る