津波 カテゴリのアーカイブ

1.17 ぼうさい甲子園について

1.17 ぼうさい甲子園について

関連記事

甲子園の名がつく高校生大会一覧(こうしえんのながつくこうこうせいたいかいいちらん)とは、高校生大会の通称に「甲子園」の名前が用いられているものを集めた一覧である。高校野球の全国大会の通称である「甲子園」になぞらえて、各種スポーツや文化系クラブの高校全国大会の通称に用いられている。高校のクラブ活動の全国大会という位置づけのものが多いが、単に高校生を対象とするイベントであるだけのものもある。1990年代以降、徐々に同種の名称を持つものが増えてきているが、これらの大会には特に横のつながりは無い。 (甲子園の名がつく高校生大会一覧 – Wikipedia)

1.17 阪神・淡路大震災 (1995年に日本の阪神地方で発生した地震災害) / 阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)とは1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大災害。 (阪神・淡路大震災 – Wikipedia)

関連動画

【特集】未来の防災リーダー担う高校生 ぼうさい甲子園大賞の山崎高校 – YouTube

関連サイト

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」とは – NPO法人さくらネット

ぼうさい甲子園 – NPO法人さくらネット

1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」 – 兵庫県ホームページ

「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)(減災への取組) – 内閣府ホームページ

関連エントリ

ぼうさい甲子園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1.17 大震災合唱曲「しあわせ運べるように」 臼井真

1.17 大震災合唱曲「しあわせ運べるように」 臼井真

関連記事

「しあわせ運べるように」(しあわせはこべるように)は, 1995年に臼井 真(うすい まこと)が作詞・作曲した楽曲(合唱曲)。 「しあわせはこべるように」の表記も見られる。 概要 / 「しあわせ運べるように」は, 1995年に発生した阪神・淡路大震災後に臼井真が神戸復興を願い、作詞・作曲した楽曲である。当初の歌詞は2番までだったが, 2005年に3番が作詞された。 同楽曲は原曲の「神戸オリジナルバージョン」のほか, 2011年に発生した東日本大震災後に制作された、歌詞中の「神戸」を「ふるさと」に置き換えた「ふるさとバージョン」がある。 英語、中国語、フランス語、ペルシア語、アラビア語、トルコ語、カンボジア語、イタリア語、ハンガリー語にも訳され、それらは日本国外で広く歌われている。 新潟県中越地震で全村避難を余儀なくされた山古志村には、歌詞中の「神戸」を「山古志」に替えた歌のテープが神戸市の小学校から贈られるなどし、また東日本大震災後、同時多発的に東日本の被災地に広がった。ほかにも「福島」「浪江町」など被災地を中心に多様なバージョンが制作され教育現場を中心に歌い継がれている。2016年に発生した熊本地震後にも、歌詞中の「神戸」を「熊本」に替えたバージョンが歌われている。

臼井真 / 臼井 真(うすい まこと Makoto Usui). 1960年、兵庫県神戸市東灘区生まれ。兵庫県立芦屋高等学校、大阪芸術大学演奏学科卒業. 1983年より神戸市内の小学校で音楽専科教諭を務める. 1995年、阪神・淡路大震災で自宅が崩壊。震災から約2週間後、身を寄せていた親戚宅で、生まれ育った街の変わり果てた姿をニュースで見て衝撃を受け、わずか10分で同楽曲を作詞・作曲。 ( しあわせ運べるように – Wikipedia)

関連動画

阪神・淡路大震災から20年 臼井教諭が作曲 – YouTube

「しあわせ運べるように」音楽のチカラ-西灘小学校・臼井真さん – YouTube

関連サイト

歌うことは祈ること。世界の被災地で歌い継がれる希望の歌「しあわせ運べるように」の作者、西灘小学校・音楽専科教諭 臼井真さん

『しあわせ運べるように』と作者 臼井 真(うすいまこと)について – 「しあわせ運べるように」公式サイト

「しあわせ運べるように」公式サイト

関連エントリ

しあわせ運べるように の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

臼井真 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Makoto Usui の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のチェリスト 土田英順 (北海道網走郡美幌町の中学校)

img_history30_03.jpg

日本のチェリスト 土田英順 (北海道網走郡美幌町の中学校)

関連記事

チェロの音色とお話に聞き入る 2019/07/15掲載(美幌町/行事・教育) 震災支援の土田英順さん / 美幌の中学校でコンサート / チェロ奏者・土田英順さんのコンサートが11日、美幌、美幌北両中学校で開かれ、生徒達が重厚な音色に耳を傾けた。 中学生に生の芸術に触れてもらおうと、美幌町文化団体招聘鑑賞事業実行委員会と美幌町教育委員会が毎年、開いている。 土田さんは日本フィルハーモニー交響楽団などで主席奏者を歴任し、現在はソリスト。2011年の東日本大震災後は、全国各地で復興支援チャリティーコンサートを開いている。 美幌中では全校生徒を前に「アヴェマリア」(シューベルト)、「G線上のアリア」(バッハ)、「リベルタンゴ」(ピアソラ)など7曲を披露した。 この日弾いているチェロが、震災で犠牲になった女性の遺族らから譲り受けたものだと紹介。「音色を聞き、天国で喜んでくれていると思う。支援とはお金を送ることだけじゃない。寄せ書きなど皆さんにもできることはあるはず。心を寄せる、その気持ちが大切」と語りかけた。 生徒達は土田さんの音色はもちろん、話にも真剣な表情で聞き入っていた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩

関連サイト

土田英順 東日本大震災チャリティー コンサート ホームページ

土田英順の ボストンバッグにチェロと酒 – 道新ブログ 北海道新聞

関連エントリ

東日本大震災チャリティーコンサート (日本のチェリスト 土田英順) – 美幌音楽人 加藤雅夫

土田英順 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Eijun Tsuchida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

防災落語 (北海道 網走地方気象台 流氷亭雨恋)

防災落語 (北海道 網走地方気象台 流氷亭雨恋)

関連記事

オリジナル防災落語で身近に感じる機会に 2019/07/03掲載(置戸町/行事) 網走地方気象台が企画 / 置戸の境野地区防災訓練で披露 職員の男性が流氷亭雨恋の高座名で / 網走地方気象台は、防災をより身近に感じてもらおうと「防災落語」を作り、職員が講座やイベントに出向き水害や津波への注意を促す活動に力を注いでいる。6月29日には置戸町境野公民館で行われた境野地区防災訓練で披露した。 岡山大学在学時、落語研究会に所属していた職員の男性(24)が流氷亭雨恋の高座名で登場した。流氷が接岸することや雨が少ないオホーツクの特徴から名付けたそう。 この日は上司らと相談して作った演目「津波編」と「水害編」を披露。津波編ではすぐに高い所へ逃げる、逃げたらしばらく戻らないことを強調した。水害編で大雨により土砂災害、浸水害、洪水が起こることを想定し「自分の身は自分で守って」と呼びかけた。「雨天で逃げて転んでもたんこぶはできない。腫れ(晴れ)ていないから」というオチで締めくくった。 男性は「分かりやすい言葉を使い、ゆっくり話すよう心掛けている。防災意識向上のネタ(レパートリー)を増やしていければ」と話している。(成) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

落語で防災意識向上 網走地方気象台職員が披露 – 北海道新聞

網走地方気象台ホームページ

関連エントリ

網走地方気象台 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

あんしんねっとびほろ | 美幌町ホームページ

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

あんしんねっとびほろ | 美幌町ホームページ

関連記事

あんしんねっとびほろ / このメール配信システム「あんしんねっとびほろ」は、防災情報など緊急性の高い情報などを希望する方に配信するサービスです。 平成29年9月1日からは、【防災情報】の他に【SOSネットワーク】【不審者情報】及び【防犯関係情報】が加わり新たな「あんしんねっとびほろ」として配信します。 メール受信が可能なパソコン、携帯電話やスマートフォン等をお持ちの方であれば受信が可能ですので、ぜひ登録してみてください。 (あんしんねっとびほろ | 美幌町ホームページ)

あんしんねっとリニューアル / 平成29年9月1日からリニューアル / 情報配信システム「あんしんねっとびほろ」をリニューアルします。これまでの【防災情報/Jアラート連携】の他に【SOSネットワーク】【不審者情報】を統合し、さらに【防犯関係情報】を加え、新たな「あんしんねっとびほろ」としてスタートします。メール受信が可能なパソコン、携帯電話やスマートフォン等をお持ちの方であれば誰でもご利用できます。 (あんしんねっとリニューアル | 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

あんしんねっとびほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の役場新庁舎建設について (NEWS ニュース)

bi_bo.jpg

北海道美幌町の役場新庁舎建設について (NEWS ニュース)

関連記事

美幌町の庁舎は、平成29年度に実施しました耐震診断において耐震強度不足が判明し、震度6強程度の振動及び衝撃に対して倒壊又は崩壊の危険性が高いことが明らかになりました。現在の庁舎は、老朽化や狭隘化、バリアフリー化など様々な課題を抱えております。これらを受け、美幌町では、現庁舎敷地内に新庁舎を建設する方針を立てたところです。このページでは、新庁舎建設に関する情報を随時公開してまいります。 (美幌町役場新庁舎建設 | 美幌町のホームページ)

gaikan201905

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

関連エントリ

バリアフリーマップの一覧 (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町役場新庁舎建設 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

東日本大震災被災地訪問 (北海道の美幌町高校生リーダーつみきサークル)

ET_Moon.jpg

東日本大震災被災地訪問 (北海道の美幌町高校生リーダーつみきサークル)

関連記事

東日本大震災被災地訪問 2019/04/19掲載(美幌町/社会・教育)
美幌の高校生2人 / 津波到達の高さに驚き 被災者とレクなど交流 逆に元気もらった / 美幌町高校生ボランティアリーダー「つみきサークル」の男子生徒と女子生徒(ともに美幌高2年)が、3~4月に6日間、福島県などで行われた「全国青年ボランティア・アクションin福島」に参加した。 事業はSYD(公益財団法人修養団)が主催。高校生らにボランティア活動を通じて情操を養い、コミュニケーション力を高めてもらう狙い。3月31日から4月5日までの日程で、全国の中高生30人が参加した。 宮城県石巻市の復興住宅でカレーライスや豚汁を調理して振る舞い、子どもらと交流したほか、福島県喜多方市の高齢者福祉施設ではレクリエーションをして交流。訪問の前後には、ボランティアに関する講話や研修にも臨んだ。 男子生徒は「石巻は被災したのかと一瞬思うぐらい復興が進んでいたが、海岸に残された工場跡や博物館の資料で当時の状況や被害の大きさがわかった」、女子生徒は「電柱に記された津波の到達ラインを見て、あまりの高さに驚いた。喜多方では震災直後に食べ物が足りなかった話などをお年寄りから直接、聞くことができた」と振り返った。 2人とも訪問を通じて被災者から逆に元気をもらったそう。女子生徒は「被災地を実際に見て、多くの人と交流してたくさん学ぶことができた」、男子生徒は「被災者の方々に加え、参加した中高生ともそれぞれの活動を話し合うことができ、つながりができた」と語り「今後の活動に生かしたい」と声をそろえた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

公益財団法人 修養団(こうえきざいだんほうじん しゅうようだん、略称SYD)は、日本の公益財団法人。以前は文部科学省所管であったが、公益法人認定法の制定に伴い現在は内閣府の認定を受けている。 (修養団 – Wikipedia)

関連サイト

全国青年ボランティア・アクションin福島 | SYDの公式ホームページ

美幌町高校生リーダーつみきサークル | 美幌町のホームページ

関連エントリ

美幌町高校生リーダーつみきサークル の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

市町村の防災情報メール配信サービス (北海道オホーツク管内)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

市町村の防災情報メール配信サービス (北海道オホーツク管内)

関連記事

北海道オホーツク管内に関するカテゴリ。 (Category:オホーツク管内 – Wikipedia)

関連サイト

メール@きたみ/トップ 北見市

お知らせメール@あばしり/トップ 網走市

メール@もんべつ/トップ 紋別市

大空町メール配信サービスについて | 大空町

あんしんねっとびほろ – 美幌町

ささえねっと@つべつ/トップ 津別町

ほっとメール@しゃり/トップ – 斜里町役場

お知らせメール@きよさと/トップ 清里町

こしみず情報メール/トップ – 小清水町

サポートメール@防災くんねっぷ – 訓子府町

情報メールおけと/トップ 置戸町

メール配信サービス「防災・安心メールさろま」の登録について 佐呂間町

遠軽町ホームページ くらし えんがる防災情報メールの登録について

サポートメール@防災ゆうべつ/トップ 湧別町

緊急時は(緊急) | 滝上町

北海道興部町| 興部町お知らせメール

北海道西興部村 | 暮らしの情報

防災対策 | 北海道雄武町

防災業務に関連するお知らせ | オホーツク総合振興局地域創生部地域政策課

北海道オホーツク総合振興局ホームページ

関連エントリ

北海道オホーツク管内の市町村の防災情報メール配信サービス – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道オホーツク管内 市町村の広報 (2014年12月) – 美幌音楽人 加藤雅夫

防災情報 の検索結果 ー 美幌音楽人加 藤雅夫

メール配信サービス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

思い出のフクジュソウ (福寿草)

250px-W_hukujusou3021

思い出のフクジュソウ (福寿草)

関連記事

震災の日に植えたフクジュソウ 2019/03/19掲載(美幌町/話題) 美幌の男性、やさしく見守る / 美幌町在住の男性(84)の自宅前でフクジュソウが咲き始めた。最初の一株を植えたのは、はからずも東日本大震災が発生した2011年3月11日。その後は数を増やしながら毎年この時期に咲いている。男性は「花を見ると、震災のことを考える」と、被災地に思いを寄せながら花を眺めている。 自宅前の日当たりの良い斜面に20輪ほどが咲いている。男性は柵を立てるなどして大切に見守っており「今年の冬は雪が少なく、寒かったから大丈夫かと心配した。雪を掘ったらつぼみが見えて、無事咲いてくれた」と笑顔で話す。 8年前に植えたその日に震災が発生した。男性は元トラック運転手で、福島第一原発の建設工事時に現地で仕事をした。「美幌は被災地からは離れてるが、この花が誰かの供養や元気につながっていればいいなと思う。大切に見守りたい」と話している。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日の誕生花。 特徴 / 日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。春を告げる花の代表である。 花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。 (フクジュソウ – Wikipedia)

関連エントリ

福寿草 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の歌・童謡 どこかで春が

399px-Snowman-20100106.jpg

日本の歌・童謡 どこかで春が (百田宗治作詩 草川信作曲)

日本歌・童謡 どこかで春が の作詞で知られる百田宗治は 北海道美幌町立美幌中学校の校歌 北海道美幌町立美幌高等学校の校歌を残しており、今なお唄い継がれている。

関連記事

南 里沙(みなみ りさ 1987年4月9日 – )は日本のクロマチックハーモニカ奏者。兵庫県宝塚市出身。 小林聖心女子学院小・中・高等学校、神戸女学院大学音楽部音楽学科オーボエ専攻を卒業。 2014年HOHNER社とエンドースメント契約を結ぶ。 (南里沙 – Wikipedia

関連サイト

どこかで春が | 南里沙 Official Blog 南里沙のさんぽ道

どこかで春が | 南里沙 Official Blog 南里沙のさんぽ道

南里沙 Official Web Site – 公式サイト

南里沙 Official Blog 南里沙のさんぽ道

関連エントリ

どこかで春が… 百田宗治(美幌中学校の校歌を作詞)- 美幌音楽人 加藤雅夫

百田宗治 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

南里沙 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Risa Minami の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る