日本映画 カテゴリのアーカイブ

私宅監置の映画会

私宅監置の映画会

関連記事

30日・自主上映会 2019/11/28掲載(北見市/告知)北見でメンタルヘルス懇話会が 映画「夜明け前~呉秀三と無名の精神障害者の100年」 / 100年前の精神科医からのメッセージ / 明治、大正期の一人の精神科医が残した膨大な記録を描いた映画「夜明け前~呉秀三と無名の精神障害者の100年」が30日、北見市内で自主上映される。併せて、この100年前からのメッセージを読み解く「私宅監置跡がのこる沖縄からの報告会」を開催。実行委を務めるオホーツクメンタルヘルス懇話会は、広く多くの一般参加を呼びかけている。1900年に精神病者監護法で合法化された私宅監置。戦後の1950年に非合法となった後も、沖縄では本土復帰の1972年まで続けられた。実態は座敷牢への閉じ込めで、映画では精神科医・呉秀三が今から100年前に全国365カ所の私宅監置を調査した記録をたどり、人間の尊厳について現代へのメッセージを聞く。実行委の同懇話会は、精神障がい者支援に関わる様々な職種の連携を目的に勉強会を開催している。入場料は500円。学生、子ども、障がいを持った人は無料。問い合わせは実行委の吉谷さん(日本赤十字北海道看護大学内0157・66・3311)。開催日程は次の通り。【30日昼の部】北見市立図書館多目的視聴覚室▽午後零時半~報告会、1時半~上映会 【30日夜の部】北見芸術文化ホール多目的室▽午後6時半~報告会、午後7時半~上映会 上映時間は66分間。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

私宅監置(したくかんち)とは、日本にかつて存在した、精神障害者(当時は精神病者と呼んだ)に対する制度で、自宅の一室や物置小屋、離れなどに専用の部屋を確保して精神障害者を「監置」することである。 (私宅監置 – Wikipedia)

呉 秀三(くれ しゅうぞう、元治2年2月17日(1865年3月14日)- 昭和7年(1932年)3月26日)は、日本の医学者、精神科医。東京帝国大学医科大学教授(精神病学講座)。日本における近代的な精神病学の創立者。クレペリン学派の新しい精神病学の普及を通じて、精神病患者の監護法を改めた。日本における最初の精神衛生団体である精神病者慈善救治会を組織(1902年)、三浦謹之助と共に日本神経学会を創立[1]。日本の近代精神医学者のほとんどが、呉の影響を受けた人々といえる。 (呉秀三 – Wikipedia)

https://youtu.be/5_SaY9CGL6I

関連エントリ

私宅監置 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

セックスボランティア (暗闇から手をのばせ)

関連記事

セックスボランティアとは、身体または知的障害を持っていることが原因で、セックス(性行為)の機会を得ることが極端に少ないか、セックスあるいは自慰を行うことが物理的、肉体的に困難な人々に対し、性行為の介助(介護)を行う人のことである。 英語の頭文字をとって“SV(エスブイ)”などと略称される。 概説 / ボランティアという名称ではあるが、有料(有償)の場合もある。 オランダでは制度化され、市などの自治体が助成金を設けていて、スイスでもこのような自発的なボランティアの行為が見られる。 日本では、一部の風俗店が障害者専門をうたっているものの、性交まで含めた性的サービスがどの程度行われているかは、明確な資料が存在せず、実態は不明である。また、日本国内においては、障害者の性欲求を話題にするのをタブーとする風潮があったが、2004年に河合香織著のノンフィクション『セックスボランティア』が出版され、話題を呼んだ。 その名称から、「障害者に無報酬で風俗まがいのサービスを行う(女性)ボランティア」といった刺激的なイメージが先行しがちだが、サービスを受ける障害者は男性とは限らず、ボランティアも異性とは限らない。河合香織は、『セックスボランティア』で、女性身体障害者が処女を喪失するために出張ホストを呼んだ事例を紹介している。また、ホーキング青山はその著作の中で目撃談として、男性の養護学校教諭が暴力行為に走った男子生徒の性欲求を口で処理した事例を紹介している。 実際の内容は、主に身体障害者の自慰の介助、風俗店に行く際の予約の代行、店に行くまでの介助であり、知的障害者に対して感染症予防や避妊の指導をするといった活動も含まれる。なお、自慰の介助の場合、自慰用具の選定や代行購入、手への自慰用具の固定(テープなど)に留まり、一般的には自慰そのものへの介助は行わない。 (セックスボランティア – Wikipedia)

『暗闇から手をのばせ』は、身体障害者専門のデリヘル嬢の目を通して、障害者たちの姿と触れ合いを描いた日本映画。2013年3月23日公開。ドキュメンタリー番組のディレクターである戸田幸宏が、自ら取材した内容を元に脚本を執筆、初監督作品として映画化。NHKのドキュメンタリー番組として企画提案したが拒絶されたためフィクション化し、自己資金で製作した。第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門でグランプリとシネガーアワードを受賞。 (暗闇から手をのばせ – Wikipedia)

関連サイト

障害者と恋とセックス – NHK クローズアップ現代+

障害者の性と生 『セックスボランティア』 – 障害者の性と生 – All About

関連エントリ

セックスボランティア の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 閉鎖病棟 -それぞれの朝- (日本の映画)

2019 閉鎖病棟 -それぞれの朝- (日本の映画)

関連記事

『閉鎖病棟』(へいさびょうとう)は、帚木蓬生の小説。世間から蔑まされながらも懸命に明るく毎日を生きる患者たちがいる精神科病棟で起きた殺人事件を巡って、患者たちそれぞれが描く様々な思いを巡らすさまを描く。 1999年と2019年に映画されている。 概要 / 現役の精神科医でもある帚木蓬生による書き下ろし小説。病院の精神科の閉鎖病棟を舞台にした作品だが、トマス・ハリスの『ハンニバル・シリーズ』のような、昨今流行の異常心理ミステリとは違った人間味溢れた群像ドラマであり、この作品で第8回山本周五郎賞を受賞。 九州のとある精神科病棟で、重く苦しい過去を背負いながらも、明るく生きようとする患者達と、その途中で起こる殺人事件とその意外な結末を描く。一応はサスペンスの形態を取ってはいるが、それよりも個性的な患者たちの生活に重点がおかれている。
映画 / 2019年版 / 監督の平山秀幸が2001年に出会った原作に惚れ込み、初めて自ら脚本を執筆。笑福亭鶴瓶は『ディア・ドクター』以来10年ぶりの単独主演。 精神科治療を取り巻く環境を出来るだけ現代に近づけるため、時代設定を2006年 – 2008年に変更している。 2019年1月、長野県松本市にてクランクインし、精神科の専門医療施設・小諸高原病院の協力で2週間にわたるロケが行われた。 2019年11月1日に『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(へいさびょうとう それぞれのあさ)のタイトルで全国公開予定。 (閉鎖病棟 Closed Ward – Wikipedia)

関連サイト

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー | 東映[映画]ホームページ

映画『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』ホームページ

関連エントリ

閉鎖病棟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ぼくどうして涙がでるの (日本の映画・ノンフィクション)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

ぼくどうして涙がでるの (日本の映画・ノンフィクション)

関連記事

『ぼくどうして涙がでるの』は、『薔薇族』編集長として知られる伊藤文學と、その妹の伊藤紀子(みちこ)の共著によって1965年に第二書房から発表されたノンフィクション、また同名のテレビ映画、及び日活映画である。 書籍は紀子の闘病日記と文學の文章、また伊藤兄妹が受け取った手紙などを交えて構成されている。装幀は内藤ルネが担当。出版後には朝日新聞等で紹介され大きな反響を呼んだ。 内容 / 心臓病のための紀子の闘病生活と、その縁で伊藤兄妹が知り合った「芳っちゃん」をはじめとする心臓病の患者達との交流、また心臓病の子供たちのために「豆の木会」を創立する経緯が描かれている。1974年以後の版には紀子の復帰後の様子が描かれている。 芳っちゃんとの交流、紀子の手術 / 1962年10月24日に再設定された紀子の手術は再度延期になった。そして、10月の末にはファロー四徴症の5歳の男の子、野村芳和くんが紀子の401号室に入院した。これは子供用の病室が満室であったためであるが、結果、彼は文學と「芳っちゃん」「ブーン」と呼び合う仲になり、交流を深めていく。 12月10日、紀子の手術の直前、芳っちゃんは「お姉ちゃん、泣かないね」と指摘する。これはその病室に「手術の前に涙を見せた患者は病室に戻ってこれない」というジンクスがあり、手術の成功を示唆したものである。紀子の手術は予定時間を大幅に上回るが成功し、12月18日には集中治療室を出て病室に戻る。 芳っちゃんの手術 / 1963年1月24日、芳っちゃんの手術の前日、文學はかねてから頼まれていた『ジャックと豆の木』と『家なき子』の絵本を持って病室を訪れる。嬉しがる芳っちゃんは、手術が終わったら3日で病室に戻るから、その時には『名犬ラッシー』の絵本を持ってきて欲しいと文學にリクエストする。文學は指切りをして、絶対に戻ってくるように約束をさせる。 翌1月25日、芳っちゃんは手術室に向かう前に麻酔注射を受けるが、『ジャックと豆の木』の絵本を離さず、涙を流して「ぼく、どうして、涙がでるの、おしえてよ、かんごふさん」と言う。同席した一同はジンクスを思い出し、不安がるが、果たして芳っちゃんは手術中に死亡した。 (ぼくどうして涙がでるの – Wikipedia)

関連サイト

ぼくどうして涙がでるの | 映画 | 日活

関連エントリ

ぼくどうして涙がでるの の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

テレビドラマ 少年寅次郎 (NHK)

テレビドラマ 少年寅次郎 (NHK)

関連記事

『悪童 小説 寅次郎の告白』(わるがき しょうせつ とらじろうのこくはく)は、映画監督・脚本家の山田洋次による長編小説。「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」と題し2011年1月から2012年11月にかけて『男はつらいよ 寅さんDVDマガジン』(講談社)Vol.1からVol.50に連載、改稿・加筆を経て改題し、講談社より2018年9月7日に刊行された。山田監督による映画『男はつらいよ』シリーズの中で描かれなかった主人公の「寅さん」こと車寅次郎の生い立ちを、寅さん自身が語る一人称形式で描く。 『少年寅次郎』(しょうねんとらじろう)と題してNHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠にて岡田惠和脚本、井上真央主演によりテレビドラマ化され、2019年10月19日から放送予定。 テレビドラマ / 『少年寅次郎』(しょうねんとらじろう)と題し、NHK総合の「土曜ドラマ」枠にて2019年10月19日から放送予定。連続5回。脚本は岡田惠和、主演は井上真央。 NHK BS4Kにて2019年10月16日から毎週水曜日の19時50分から20時39分に先行放送されている。 (悪童 小説 寅次郎の告白 – Wikipedia)

関連サイト

年寅次郎 | ドラマスタッフブログ|NHKドラマ – NHKオンライン

少年寅次郎 | NHK 土曜ドラマ – NHKオンライン

関連エントリ

男はつらいよ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

少年寅次郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の映画 大草原の渡り鳥 (北海道美幌町 美幌峠)

日本の映画 大草原の渡り鳥 (北海道美幌町 美幌峠)

関連記事

『大草原の渡り鳥』(だいそうげんのわたりどり)は、1960年10月12日に公開された日本の映画である。監督は齋藤武市。主演は小林旭。日活制作。 概要 / 北海道の網走や釧路を舞台として、飛行場を立てるためにアイヌ集落を潰そうとする組織に元刑事の滝伸次が立ち向かう、渡り鳥シリーズ第5弾。 キャスト / 滝伸次:小林旭 / ハートの政:宍戸錠 / 清里順子:浅丘ルリ子 (大草原の渡り鳥 – Wikipedia)


関連動画

美空ひばり 美幌峠(唄 美空ひばり) – YouTube

大草原の渡り鳥。 – YouTube

関連サイト

七日目 美幌峠・津別峠・硫黄山・大草原の渡り鳥のロケ地 : まゆみの気まぐれDiary

大草原の渡り鳥 – トボトボある記

最北の美幌峠に立ち屈斜路湖を眺める – TMfesta.club

関連エントリ

宍戸錠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

小林旭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大草原の渡り鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠の歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

IMG_20191002_142451

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年10月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.883 2019年10月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年10月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.883 2019.10.1 目次 / 中華人民共和国建国70周年に寄せて 黑井千次 / 新たな時代、新たな起点、新たな征途―新中国成立70周年に寄せて… 孔鉉佑 / 建国70周年を慶祝 栗原小巻副会長が訪中 / 馬込勇常任委員を団長に 日本音楽家訪中団 / 李敬沢副主席を団長に中国作家代表団 / 長崎・日中文学シジウム~日中の歴史小説作家が語る「鄭成功と長崎」 / 《中華人民共和国建国70周年特集①》 中国との絆 その背景にあるもの 野村萬 / 中国との交流で学んだこと 金山茂人 / 文化交流で埋められるもの 毛里和子 / これからの映画交流 小栗康平 / 交流二千年 里中満智子 / 中日師生の情誼顕彰の旅 田中節山 <縦波横波> 王羲之と顔真卿 江川蒼淵 / 屏風で文化交流 瀧下嘉弘 / 尽きない追懐 千葉宣一 / 映画『さらば、我が愛 覇王別姫』と張国榮(レスリー・チャン) 平石淑子 <心に残る中国> 首都師範大学との学術交流 佐藤利行 / 復旦大学へ作品寄贈 山本芳雅 / 日本美術家訪中団 訪中記録 / 日本文化界訪中団 訪中記録 <本・評と紹介> 『現代中国外交』(毛里和子著)『私の戦中戦後絵日記』(岡井禮子著) △報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 清水保雄 (マンドリンオーケストラ組曲 アイヌの印象)

日本の作曲家 清水保雄 (マンドリンオーケストラ組曲 アイヌの印象)

関連記事

清水 保雄(しみず やすお、1910年(明治43年)12月5日-1980年(昭和55年)3月10日)は昭和期の作曲家。 経歴 / 東京都京橋区生まれ。明治大学卒業。明大ではマンドリン部に所属していた。 在学中に作曲家古賀政男に師事し、大学卒業後の1940年にビクターレコードの専属作曲家となる。 南方メロディにヒントを得て作った「マニラの街角で」、「バダビアの夜は更けて」がヒット。 小畑実と藤原亮子の東宝映画「婦系図」主題歌「婦系図の歌(湯島の白梅)」、同じく東宝「伊那の勘太郎」主題歌「勘太郎月夜唄」が戦時下の中大ヒットし、一躍人気作曲家となる。楽曲のほとんどを佐伯孝夫が作詞し、数々の作品を世に送り出した。 1980年(昭和55年)3月10日死去。享年69。 作品 / マンドリンオーケストラ / 組曲「アイヌの印象」 組曲「東への道」 組曲「大和への道」 沖縄の印象 (清水保雄 – Wikipedia)

関連動画

組曲「アイヌの印象」 (清水保雄) 【第N会定期演奏会】- YouTube

組曲「アイヌの印象」(清水保雄) – YouTube

関連サイト

清水 保雄 – BIGLOBE

関連エントリ

マンドリンオーケストラ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アイヌ音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清水保雄 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yasuo Shimizu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

静かなる闘い シュティカ 冬の魂 (北海道 北方民族博物館)

静かなる闘い シュティカ 冬の魂 (北海道 北方民族博物館)

関連記事

7日・ドキュメンタリー映画観賞会 2019/09/04掲載(網走市/告知) カナダ先住民、権利めぐる闘い / 北方民族博物館で / ドキュメンタリー映画「静かなる闘い―シュティカ 冬の魂―」の観賞会が7日(土)午後1時半~、網走市の道立北方民族博物館で開かれる。定員50人。無料。 同映画は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の内陸部に暮らすリルウィット族の猟場にスキーリゾート地を建設する際の先住民族の権利をめぐる闘いと思いを記録している。 問い合わせは同博物館(0152・45・3888)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連動画

静かなる闘いーシュティカ 冬の魂 ”Quiet struggle -Sutikalh the winterspirit” – YouTube

関連サイト

北海道立 北方民族博物館ホームページ

「静かなる闘い シュティカ-冬の魂」バンクーバー五輪と先住民の地/VIDEOme ACT!BLOG から

関連エントリ

バンクーバー 2010 オリンピック&パラリンピック – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌の星☆久保恒造選手(日立システムスキー部)のニュース – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌の星☆石田正子選手(JR北海道)のニュース – 美幌音楽人 加藤雅夫

北方民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

波の盆 (武満徹の楽曲)

波の盆 (武満徹の楽曲)

関連記事

『波の盆』(なみのぼん)は、1983年11月15日の21:02 – 22:54に日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビドラマ。また、その主題曲として作られた武満徹の楽曲。 概要 / 戦争によって引き裂かれたハワイ日系移民家族の姿と、それぞれの想いを描く。舞台はマウイ島のワイルク、ラハイナなど。現地のコンドミニアムにキャストとスタッフが共同生活しながら撮影が行われた。 日本テレビ・テレビマンユニオン提携作品。監督は実相寺昭雄、脚本は倉本聡。西武セゾングループ提供の「西武スペシャル」として放送された。第38回(昭和58年度)芸術祭大賞、第1回ATP賞グランプリ、第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。 1984年2月4日には、芸術祭大賞受賞を記念して再放送された。現在は、バップよりDVDとして発売されているほか、横浜の放送ライブラリーにて無料で閲覧できる。 2011年8月27日、川崎市市民ミュージアムで開催された「実相寺昭雄展」で、関係者試写、スクリーン上映会が行われた。2013年、日本テレビ開局60年記念の一環として、CS日テレの日テレプラスにて周年ドラマ特集が組まれ、「秋のシナリオ」「ゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルース」「テレビ、翔んだ!」とともに再放送された(本作は12月7日ほかで放送された)。 あらすじ / 1983年夏、ハワイ・マウイ島。長年連れ添った妻に先立たれた日系一世の老人・山波公作は、仕事を引退して毎日追憶に耽る日々を過ごしていた。そんなある日、遠い昔に勘当した四男・作太郎の娘・美沙が、亡くなった妻に宛てた手紙を携えて日本からやってきた。孫が訪ねてくれた嬉しさの反面、祖国を裏切って米軍に協力した作太郎へのわだかまりがある公作は、美沙に対して心を開くことができない。そんな公作に、思い出の中の妻・ミサが優しく語りかけてくる。 サウンドトラック / 武満徹作曲の本番組のサウンドトラックは、岩城宏之指揮、東京コンサーツ演奏によるもの。下記のとおりソフト化されている。 (波の盆 – Wikipedia)

関連動画

Toru Takemitsu:Nami no Bon 武満徹 「波の盆」 – YouTube

関連サイト

武満 徹 – 楽曲試聴 | NHK交響楽団ホームページ

武満徹 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

関連エントリ

波の盆 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る