日本映画 カテゴリのアーカイブ

September Song 江利チエミ

September Song 江利チエミ

江利チエミ セプテンバー・ソング 1956 / September Song

関連記事

江利チエミ 日本の歌手 / 江利 チエミ(えり チエミ、1937年1月11日 – 1982年2月13日[1])は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレントである。本名は久保 智恵美(くぼ ちえみ)。 (Wikipedia)

関連サイト

セプテンバー・ソング / SEPTEMBER SONG/江利チエミ – 歌詞GET

このページの先頭へ戻る

ナガサキ追悼の音楽 長崎の鐘 (鮫島有美子)

ナガサキ追悼の音楽 長崎の鐘 (鮫島有美子)

関連記事

長崎の鐘 日本の随筆、映画作品 / 『長崎の鐘』(ながさきのかね)は、永井隆が執筆した随筆。概要 / 内容は、長崎医科大学(現長崎大学医学部)助教授だった永井が原爆爆心地に近い同大学で被爆した時の状況と、右側頭動脈切断の重症を負いながら被爆者の救護活動に当たる様を記録したもの。被爆時に大学をはじめとする長崎の都市が完全に破壊された様子、火傷を負いながら死んでゆく同僚や市民たちの様子を克明に描いている。永井は、この時妻を亡くした。また、救護の際には、頭部の重症と疲労から自らも危篤状態におちいるが、同僚医師や看護婦たちの努力により一命を取り留める。「長崎の鐘」とは、廃墟となった浦上天主堂の煉瓦の中から、壊れずに掘り出された鐘のこと。 サトウハチロー作詞・古関裕而作曲で同書をモチーフとした歌謡曲が発売されて大ヒットし、翌1950年(昭和25年)には松竹により映画化された。 (Wikipedia)

関連エントリー

ナガサキ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美空ひばりさんの歌 越後獅子の唄


美空ひばり 越後獅子の唄
とんぼ返り道中 主題歌
作詞:西条八十,作曲:万城目正

その昔、サーカスの女の子が美幌小学校に転校してきた。その女の子は5年生の私の席の隣に座った。一緒に国語の教科書を見て朗読もした。女の子は「おはよう」と「ありがとう」そして「さよなら」と言った。その夜、私はサーカス小屋を見に行った行った。サーカス小屋の側にはライオンの檻があった。そのライオンは尻尾を高くあげておしっこをした。私の顔面を直撃した。私は「どうしてライオンは後ろにおしっこをするのか?」と、急いで家に帰り顔を洗い、ゆかたを着てサーカス小屋に戻った。小屋の中では同級生のサーカスの女の子が玉乗りをしていた。私と目があって、サーカスの女の子は玉から落ちてしまった。何度も玉に上がろうとしたが失敗してテントの奥に消えて行った。次の日、あの女の子は学校に来なかった。私は夜にサーカス小屋に行ったが、サーカス小屋は無かった。次の町に移動していた。今でもあの時のすっぱい味としょっぱい味のことを思い出す。

北見市の声楽家 川口一子さんは、美空ひばりのさんの歌「越後獅子の唄」が大好きです。

関連エントリー

七月コンサート~歌ふ(北見の声楽家・川口一子) – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の女優 浪花千栄子

日本の女優 浪花千栄子

関連記事

浪花千栄子 日本の女優 / 浪花 千栄子(なにわ ちえこ、本名・南口 キクノ(なんこう きくの)、1907年(明治40年)11月19日 – 1973年(昭和48年)12月22日)は、日本の女優。昭和初期から中期(1920年代後半〜1970年代前半)に活動した。 (Wikipedia)

このページの先頭へ戻る

1977年(昭和52年)の日本映画 はなれ瞽女おりん

1977年(昭和52年)の日本映画 はなれ瞽女おりん

関連記事

はなれ瞽女おりん 篠田正浩監督の1977年の映画 / 『はなれ瞽女おりん』(はなれごぜおりん)は、水上勉が1975年に発表した小説(新潮社刊)。またそれを原作とした映画である。 映画 / 映画は1977年に表現社が製作し、篠田正浩が監督を務めた。盲目の旅芸人である瞽女の姿を北陸の美しい四季の景色を背景に描かれている。 あらすじ / 幼い時に瞽女になったおりんは、ある男と関係をもったことからはなれ瞽女となる。ある日、おりんは脱走兵の男と出会い、一緒に旅をする。 キャスト / おりん:岩下志麻 スタッフ / 監督・脚本:篠田正浩、原作:水上勉、音楽:武満徹 (はなれ瞽女おりん – 美幌音楽人 加藤雅夫)

関連エントリ

はなれ瞽女おりん – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

NHK特集ドラマ 少年寅次郎スペシャル


NHK特集ドラマ 少年寅次郎スペシャル

関連記事

悪童 小説 寅次郎の告白 / 『悪童 小説 寅次郎の告白』(ワルガキ しょうせつ とらじろうのこくはく)は、映画監督・脚本家の山田洋次による長編小説。「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」と題し2011年1月から2012年11月にかけて『男はつらいよ 寅さんDVDマガジン』(講談社)Vol.1からVol.50に連載、改稿・加筆を経て改題し、講談社より2018年9月7日に刊行された。山田監督による映画『男はつらいよ』シリーズの中で描かれなかった主人公の「寅さん」こと車寅次郎の生い立ちを、寅さん自身が語る一人称形式で描く。 『少年寅次郎』(しょうねんとらじろう)と題してNHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠にて岡田惠和脚本、井上真央主演により2019年にテレビドラマ化された。 2020年12月4日、11日にスペシャル版がドラマ10(22:00 – 22:45)で放送予定。 (悪童 小説 寅次郎の告白 – Wikipedia)

関連サイト

少年寅次郎スペシャル – NHK

関連エントリー

テレビドラマ 少年寅次郎 (NHK) – 美幌音楽人 加藤雅夫

男はつらいよ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

NHK 日本の戦国時代の女性 細川ガラシャ

NHK 日本の戦国時代の女性 細川ガラシャ

歴史秘話ヒストリア – NHK / 歴史秘話ヒストリア▽戦国に生きた女性 細川ガラシャ 17通の手紙が伝える素顔

関連記事

細川ガラシャ 日本の戦国時代の女性、武将・細川忠興の正室 / 細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢) / 明智 玉(子)(明智 珠(子))(ほそかわ ガラシャ / あけち たま(たまこ)、永禄6年(1563年)- 慶長5年7月17日(1600年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の三女で細川忠興の正室。諱は「たま」(玉/珠)または玉子(たまこ)。法名は秀林院(しゅうりんいん)。キリスト教徒(キリシタン)。 子に、於長(おちょう:前野景定正室)、忠隆、興秋、忠利、多羅(たら:稲葉一通室)などがいる。 明治期にキリスト教徒などが彼女の洗礼名をとって「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でもこのように呼ばれる場合が多い。 壮絶な最期 / 『細川家記』の編著者は、彼女が詠んだ辞世として「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ 」と記している。 人物 / ガラシャ自筆の手紙は、国立国会図書館(松本文書)に10通、永青文庫に4通、東京国立博物館に1通(細川忠興宛) 、熊本県立美術館(三宅家文書)、に1通(三宅重利宛)、小侍従の子孫である松本家に1通、の計17点が確認されている。しかしそれらを比べてみると、同一人物が書いていたとは思えないほど書風に差があり、署名だけはガラシャ自筆で、それ以外は右筆が書いた手紙が混ざるとも推測される。宛先の大半は小侍従で、文面からも彼女に対するガラシャの深い信頼が伺える。内容も豊富で、奥向の長として夫・忠興に対する気遣いや、使用人への扱い、上方への贈答や節句の準備の指示などが綴られている。 (細川ガラシャ – Wikipedia)

関連サイト

NHK 番組表 | 歴史秘話ヒストリア 戦国に生きた女性 細川ガラシャ 17通の手紙が伝える素顔 | 明智光秀の娘・細川ガラシャ

悲劇の女性・細川ガラシャ、NHKで明智光秀の娘を特集 | Lmaga.jp

関連エントリー

細川ガラシャ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の竹久夢二の詩歌 宵待草



日本の竹久夢二の詩歌 宵待草

宵待草 日本の竹久夢二の詩歌 / 『宵待草』(よいまちぐさ)は竹久夢二作詞、多忠亮(おおのただすけ)作曲の歌曲である。50年たらずの短い生涯にわたり恋多き竹久ではあったが、実ることなく終わったひと夏の恋によって、この詩は創られた。多忠亮により曲が付けられて「セノオ楽譜」より出版され、一世を風靡する。「宵待草」 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな
「宵待草」原詩 / 遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき 想ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな
種の特定 / 本作の題名であり、歌詞にも記される「宵待草」とは、「マツヨイグサ属」の一種を指すものと考えられる。ただしマツヨイグサ属に属する種は多く、マツヨイグサ属のうちのマツヨイグサを指すものかどうかは断定できない。宵待草をマツヨイグサ属の種に分類されるツキミソウを指すものであるという説もある。 マツヨイグサ属に属する種の多くは夕刻に開花して夜の間咲き続け、翌朝には萎むことから、この花がはかなく一夜の恋を象徴するかのように描かれている。ちなみに、竹久自身の自筆記録(大正9年・日本近代文学館蔵・紙に墨書)においては「待宵草」となっている。いっぽう同じセノオ楽譜(No.106)の表紙であっても版により「待宵草(初版-4版)」「宵待草(5版以降)」の異なる2種類の表記がある。ある時期から竹久自身が音感の美しさにこだわって変更されたという説が有力である。
「宵待草」第2番(西条八十・詩) / 暮れて河原に星一つ 宵待草の花が散る 更けては風も泣くさうな(改稿前) 暮れて河原に星一つ 宵待草の花のつゆ 更けては風も泣くさうな(改稿後) (宵待草 – Wikipedia)

多忠亮 日本の作曲家、ヴァイオリン奏者 (1895-1929) //多 忠亮(おおの ただすけ、1895年(明治28年)5月3日 – 1929年(昭和4年)12月3日)は、大正期のヴァイオリン奏者・作曲家。 東京生まれ。旧制芝中学校(第8回生)を卒業し、東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)入学。 宮内省式部職楽部所属の雅楽の家柄の出ではあるが、彼自身は洋楽に専心し、ヴァイオリンを専攻する。竹久夢二の「宵待草」の詩に感動、これに曲を付けて1918年(大正7年)セノオ楽譜より出版、またたく間に日本中の心をつかみ一世を風靡した。 (多忠亮 – Wikipedia)

関連エントリー

山口淑子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yumeji Takehisa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tadasuke Oono の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本のラジオドラマ番組、映画作品 鐘の鳴る丘 (とんがり帽子)

日本のラジオドラマ番組、映画作品 鐘の鳴る丘 (とんがり帽子)

これは、美幌音楽人加藤雅夫が生まれた年に放送された。

関連記事

鐘の鳴る丘 / 『鐘の鳴る丘』(かねのなるおか)は、1947年(昭和22年)7月5日から1950年(昭和25年)12月29日までNHKラジオで放送されたラジオドラマ、またそれを原作とした映画。菊田一夫作。ラジオドラマの放送回数は790回に及ぶ。1948年(昭和23年)から1949年(昭和24年)には松竹で映画化もされている。 解説 / 「鐘の鳴る丘」とは、その共同生活の施設が丘の上にあり、とがった屋根の時計台に鐘を備えているというドラマの設定による。空襲により家も親も失った戦災孤児たちが街にあふれていた時代、復員してきた主人公が孤児たちと知り合い、やがて信州の山里で共同生活を始め、明るく強く生きていくさまを描く。日本全体が苦しかった時代、大人子供を問わず多くの人の共感を呼び、大ヒットとなった。 主題歌「とんがり帽子」(作詞:菊田一夫、作曲:古関裕而、歌:川田正子、ゆりかご会)も広く歌われ、1948年(昭和23年)の選抜高校野球の入場行進曲にもなった。歌の題名は「とんがり帽子」だが、ドラマの名前から「鐘の鳴る丘」と呼ばれることも多い。また「とんがり帽子」は古関の母校である福島県立福島商業高等学校の応援歌の一つとして使用されている。 ラジオドラマ / 制作の背景 / 放送開始のきっかけは、1947年(昭和22年)4月のエドワード・ジョゼフ・フラナガンの来日である。6月にフラナガンが離日した後に、CIEはNHKに対し、フラナガンの精神を踏まえた戦争孤児救済のためのキャンペーンドラマを制作するように指示した。 放送開始後の反響 / 放送番組世論調査(日本放送協会編「ラジオ年鑑」25年度版)によると、90%近い人が「鐘の鳴る丘のラジオ放送を聞いたことがある」と答えている。テレビ放送はまだなく、NHKラジオを聴くことが家庭での最大の娯楽だった時代のことだ。 一方で、作品には「ぶっ殺してやる」 「ばかやろう」といったセリフが多くあったために、一部の保護者や教育者からは「言葉づかいがひどすぎる」 「教育上許せない番組だ」と評され、教育論争も起こった。しかし、幼少時に肉親に捨てられた過去を持つ菊田は、自分もそのような過去を持つからこそ「人生のすみっこで、だれからも話しかけてもらえないような子どもたち」に語りかけられるのだと、批判にも動じることはなかった。 (鐘の鳴る丘 – Wikipedia)

関連サイト

鐘の鳴る丘 | NHK放送史(動画・記事) – NHK 番組表

鐘の鳴る丘(とんがり帽子): 二木紘三のうた物語

関連エントリ

古関裕而 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

菊田一夫 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

鐘の鳴る丘 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

三方一両損とは


三方一両損とは

関連記事

三方一両損 (落語) / 三方一両損(さんぼういちりょうぞん)は、古典落語の演目。大岡政談ものの一つで、講談の題目としても知られる。 三方一両損(さんぼういちりょうぞん)は、古典落語の演目。大岡政談ものの一つで、講談の題目としても知られる。 あらすじ / 左官の金太郎は、三両の金が入った財布を拾い、一緒にあった書付を見て持ち主に返そうとする。財布の持ち主はすぐに大工の吉五郎だとわかるが、江戸っ子である吉五郎はもはや諦めていたものだから金は受け取らないと言い張る。しかし、金太郎もまた江戸っ子であり、是が非でも吉五郎に返すと言って聞かない。互いに大金を押し付け合うという奇妙な争いは、ついに奉行所に持ち込まれ、名高い大岡越前(大岡忠相)が裁くこととなった。 双方の言い分を聞いた越前は、どちらの言い分にも一理あると認める。その上で、自らの1両を加えて4両とし、2両ずつ金太郎と吉五郎に分け与える裁定を下す。金太郎は3両拾ったのに2両しかもらえず1両損、吉五郎は3両落としたのに2両しか返ってこず1両損、そして大岡越前は裁定のため1両失ったので三方一両損として双方を納得させる。 そして場が収まったところで越前の計らいでお膳が出てくる。普段は食べられないご馳走に舌鼓を打つ二人を見て越前は、いかに空腹だと言っても大食いは身体に悪いと注意する。すると、二人は答えた。 「多くは(多かあ、大岡)食わねえ。たった一膳(越前)」 三方一両損 (落語) (三方一両損 (落語) – Wikipedia)

関連エントリ

三方一両損 の検索結果 – 美幌音楽人加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る