日本映画 カテゴリのアーカイブ

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

bunka.gif

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

関連記事

美幌町芸術文化振興事業町民会館スタインウェイピアノ導入記念 清塚信也ピアノリサイタル / 若き天才ピアニスト清塚信也氏による待望のスタインウェイピアノお披露目コンサートです。超一流の奏者による最高峰のピアノ演奏をお楽しみ下さい。 (びほーる文化情報 | マイ広報紙)

コンサートグランドピアノ納品 美幌町民会館びほーるに 寄付や協賛金で導入費用の大半賄い / 10月の清塚 信也さんリサイタルでお披露目 / コンサートグランドピアノが3日、美幌町民会館びほーるに納品された。今後、調律、弾き込みなどが行われ、10月に開かれるピアニストの清塚信也さんのリサイタルが一般へのお披露目の場になる。ピアノは名門・スタインウェイ&サンズ社製で、奥行き2.74メートル、幅1.57メートル、高さ1.02メートル、重量480キロ。音色や音量に影響するとされる奥行きは、びほーるにあるこれまでのピアノに比べ20センチほど長い。導入費用は約2400万円。美幌町出身で東京都在住の会社経営者と匿名の各1千万円の寄付をはじめ、導入を求める町民有志の団体が集めた協賛金で大半を賄った。リサイタルは美幌町芸術文化公演実行委員会が主催。10月25日(木)午後7時からで、前売券3千円。8月11日午前9時から町民会館で町民に先行発売、13日午前9時から町民会館と沖田香露園で一般に発売する。(浩) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

清塚 信也(きよづか しんや、Shinya Kiyozuka、1982年11月13日 – )は、日本のピアニスト。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサル ミュージック。コンサート、テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、2007年にアルバム・デビュー。コンピューターミュージックでアレンジされたクラシック曲や自身が作曲したオリジナル楽曲など、クラシックだけに偏らない幅広い活動をしている。演奏活動だけでなく、TVや雑誌等で多数紹介されている。略歴 / 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビューとなる。 (清塚信也 – Wikipedia)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

清塚信也オフィシャルサイト

関連エントリ

フルコンサートピアノ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清塚信也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shinya Kiyozuka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

関連記事

11日・映画上映会とトークショー 自立生活センター北見11周年記念 / 障がい者の日常生活を伝えるドキュメンタリー映画「風は生きよという」上映会と同映画の監督や出演者によるトークショーが11日(土)午後1時半から、サントライ北見で行われる。入場無料。事前申し込み不要で当日直接会場へ。自立生活をあきらめることなく、障がいのある人が自ら代表となって介護サービス事業の担い手となる民間の「自立生活センター北見」11周年記念事業として行われる。映画は病気などにより人工呼吸器を使用して生活する人と周囲の人々との日常生活を切り取っている。同センター北見代表の男性も出演している。上映後、監督の宍戸大裕氏や出演者を招いてのトークショーが行われる。問い合わせは同センター北見(TEL 0157-36-8755)へ。 (2018年8月7日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

サントライ北見のホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見市

【上映会】8月11日(土)北海道北見市 | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

トップページ | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

自立生活センター北見のホームページ

関連エントリ

風は生きよという の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自立生活センター北見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 道の駅ランキング (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠)

798px-Lochneska_poboba_museumofnessie.jpg

2018年 道の駅ランキング (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠)

関連記事

ぐるっとパノラマ美幌峠4年連続1位 道の駅ランキング「景色部門」 / 総合的な魅力アップ目指し 他部門でもランクインを / 道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」が、北海道開発局が発表した道の駅ランキング2017の「景色がきれいだと感じた『道の駅』」部門で4年連続で1位を獲得した。道の駅は道内に117駅。ランキングは、道の駅スタンプラリー2017で、リニューアルなどで休館した2駅を除く115駅全てを回った完走者2676人の投票で決定した。美幌峠は「景色」部門で昨年より得票を122票伸ばし、770票を獲得。有効回答数1593票の約48%を占め、2位の厚岸グルメパークに660票差の大差をつけた。完走者からは「屈斜路湖と周囲の山々が美しい」「360度どこからの景色もきれい」「日の出と雲海がきれい」などの評価が寄せられた。ラリーは平成29年4月~30年3月にスタンプを集めた人が対象。町などはその3月に、峠レストハウス2階をはじめレストハウス横の24時間使えるトイレなどをリニューアル。VR(仮装現実)映像機器やタブレット端末など、情報発信も充実させた。ランキングには「景色」のほか「地域や観光の情報提供が充実していたと感じた『道の駅』」「トイレがきれいだと感じた『道の駅』」などの部門があり、町は「次回以降は他部門でもランクインを狙いたい」と総合的な魅力アップに意欲を見せている。(浩) (2018年8月1日の記事 経済の伝書鳩)

美幌峠に表彰状 「景色がきれい」道の駅1位で / 道の駅ランキング2017「景色がきれいだと感じた道の駅部門」で4年連続1位だった「ぐるっとパノラマ美幌峠」の表彰状授与式が10日、峠レストハウスで行われた。ランキングは北海道開発局が行う道の駅スタンプラリー2017で、115駅の完走者2676人の投票で決定。美幌峠は2位に660票の大差をつける770票を獲得した。式では網走開発建設部北見道路事務所の所長が、施設を管理する美幌峠物産館の永澤則次社長に表彰状を手渡した。所長は「北海道の峠では一番の景色だと思っている。雲海もすばらしいと聞いている」と評価。永澤社長は「施設周辺の清掃にも力を入れている。料理も含め、総合的にランクを上げていきたい」と感謝した。(浩) (2018年8月14日の記事 経済の伝書鳩)

道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠(みちのえき ぐるっとパノラマびほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町にある国道243号の道の駅である。美幌峠の頂上に位置しているため、晴れた日には屈斜路湖が一望できる。 (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 – Wikipedia)

道の駅(みちのえき)は、日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、商業施設・休憩施設・地域振興施設・駐車場等が一体となった道路施設である。道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持ち、2018年4月25日付時点の全国登録数は、1,145箇所ある。 (道の駅 – Wikipedia)

美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある国道243号の峠。オホーツク総合振興局と釧路総合振興局の境界にもなっている。概要 / 1920年(大正9年)開通。阿寒摩周国立公園内にあり、眼下には日本国内最大の火山湖(カルデラ湖)である屈斜路湖のパノラマが広がっているほか、阿寒の山々が一望できる景勝地でもある。美幌峠は、東西29 km、南北20 kmの規模がある屈斜路湖のカルデラの外輪山の西縁に位置する標高525 mの峠である。峠を越えていく国道243号は、北は美幌へ、南は弟子屈へアクセスする。冬季閉鎖はないが、弟子屈側の国道はカーブが多く気象条件によって走行環境が著しく悪化するため、峠の頂上部から11.2 kmは特殊通行規制区間(交通規制)となっている。屈斜路湖から吹き上げる風を遮るものがないことから、パラグライダーやハンググライダーなどのスカイスポーツが行われる。周辺 / 峠の頂上部には道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠があり、あげいもやクマザサ(熊笹)を使ったメニューなどがある[8]。標高525mの美幌峠展望台は眺望スポットとなっている。 (美幌峠 – Wikipedia)

関連サイト

道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠 | | 美幌町

ぐるっとパノラマ美幌峠 – 北の道の駅

北海道の道の駅 | 北海道開発局

北の道の駅北海道の道の駅に関する公式総合情報サイトです

道の駅 公式ホームページ 全国「道の駅」連絡会

関連エントリ

北の道の駅 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ぐるっとパノラマ美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

7月17日 石原裕次郎の忌日 (あじさい忌)

800px-Moon-Desert_Onjuku.jpg

img_index01.jpg

7月17日 石原裕次郎の忌日 (あじさい忌)

関連記事

石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 – 1987年(昭和62年)7月17日)は、昭和時代を代表する俳優、声優、歌手であり、司会者やモデルといったマルチタレント。実業家・ヨットマンとしても活動していた。身長178cm、血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー。石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。兄は政治家で作家の石原慎太郎。来歴 / 概要 / 兵庫県神戸市須磨区、北海道小樽市、神奈川県逗子市に育つ。父・石原潔(山下汽船社員)は愛媛県、母・光子は広島県宮島の出身。マリア幼稚園(現在の小樽藤幼稚園)卒園、稲穂国民学校時代に競泳や天狗山 でスキーに親しむ。逗子中学校時代からはバスケットボールに熱中した。その後、慶應義塾高等学校を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校に籍を置くが、1951年に慶應義塾高等学校に編入学。卒業後は慶應義塾大学法学部政治学科に内部進学するが、放蕩生活に明け暮れる。大学在学中から、俳優を目指し東宝と大映、日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後、慶應義塾大学を中退して日活に入社。『太陽の季節』に続いて製作された、同じく慎太郎原作の映画化作品『狂った果実』では、後に妻となる北原三枝を相手役に主演。その後は歌手・俳優として活躍し、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に昭和を代表する日本最高のスターの一人となったが、ケガや病気に苦しんだ一生でもあった。1963年に石原プロモーションを設立。1970年代以降は映画から離れ『太陽にほえろ!』、『大都会』などテレビドラマで活躍した。戒名は陽光院天真寛裕大居士。墓は万成石五輪塔で神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられている。墓碑には妻直筆で次のような言葉で綴られている。「美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に更に力を、全ての友に思い出を、愛する者に永遠を。心の夢醒める事無く。」 (石原裕次郎 – Wikipedia)

Yujiro Ishihara (石原 裕次郎 Ishihara Yūjirō, December 28, 1934 – July 17, 1987) was a Japanese actor and singer born in Kobe. His elder brother is Shintaro Ishihara, an author, politician, and the Governor of Tokyo between 1999 and 2012. Yujiro’s film debut was the 1956 film Season of the Sun, based on a novel written by his brother. He was beloved by many fans as a representative youth star in the films of postwar Japan and subsequently as a macho movie hero. He was extravagantly mourned following his early death from liver cancer. (Yujiro Ishihara – Wikipedia)

石原裕次郎記念館(いしはらゆうじろうきねんかん)は、かつて北海道小樽市にあった石原裕次郎に関する記念館。概要 / 海運会社に勤めていた父親の転勤によって3歳から9歳までを小樽で過ごした昭和の大スター・石原裕次郎ゆかりの品を展示しており、テレビドラマ『西部警察』で使用した車両や映画『黒部の太陽』のセット、石原裕次郎が実際に使用していた愛車やアクセサリー・衣装・洋服などがあった。閉館後の展示品については、裕次郎愛用のロールス・ロイスを小樽市総合博物館に、裕次郎オリジナルのマンホールを小樽市水道局に、裕次郎に関する書籍類を市立小樽図書館に、ヨットを小樽港マリーナに寄贈する。また、「西部警察」などに使われたフィルムカメラを小樽市役所にて保管する方針を決めている。 (石原裕次郎記念館 – Wikipedia)

関連サイト

小樽 石原裕次郎記念館ホームページ

関連エントリ

あじさい忌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

石原裕次郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yujiro Ishihara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」

800px-Hyacinths_-_floriade_canberra.jpg

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」

関連記事

20年ぶりの大舞台へ 網走南ヶ丘高校放送局 / 網走南ヶ丘高校放送局が、6月に千歳市で開かれたNHK杯全国高校放送コンテスト北海道大会のテレビドキュメント部門で最優秀賞を獲得し、20年ぶりの全国コンテスト出場を決めた。局長(3年女子生徒)は「私達にとって初めての全国。雰囲気を楽しみ、上位入賞できたら」と話している。全国コンテストは今月23~26日に東京で開かれる。放送コンテスト北海道大会テレビドキュメント部門で最優秀賞 「上位入賞したい」 いざ全国へ / 出品作品のタイトルは「マイライス」。自炊をテーマに、自分で料理をすることの意味や重要性を表現したいと、ディレクターの3年女子生徒2人を中心に、局員27人が一丸となって制作した。作品には校内をはじめ、市内の大学生、調理師ら約20人に自炊や料理についてインタビューした様子や、局員が苦手な料理の様子を収録。音楽やテロップなどを効果的に使い、7分59秒の楽しい映像に仕上げた。北海道大会の同部門には、地区予選を勝ち抜いた42校が参加した。同局の作品は狙い通り他校の生徒から笑いを取り「これまで真面目な作品を作ることが多かったので、今までにない反応にうれしく思いました」とディレクターの3年女子生徒の1人。部門トップの最優秀賞に選ばれ、念願の全国コンテスト出場が決まると、局員みんなで歓声を上げ、涙を流して喜び合ったという。顧問の教諭は「食という身近なものを高校生らしい視点でとらえ、“生きたドキュメント”になりました。みんなよくやったと思います」と局員をたたえる。全国コンテストの上位入賞作品はテレビで放送される。局長は「上位に入賞して、多くの方に私達の作品を見てもらいたい。他の学校の作品を見るのも楽しみです」と目を輝かせている。 (菊)

15日・ビデオ・ラジオフェス 網走市内のエコーセンター2000で 全国出品作も特別上映 / 網走南ヶ丘高校放送局による「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」が15日(日)午後6時半から、網走市内のエコーセンター2000で開かれる。同放送局制作のドラマとドキュメントの上映、朗読の発表、クイズなどを行う。全国大会出品作品「マイライス」も特別上映する。入場料は前売り一般400円、高校生200円(当日は各100円増)。中学生以下無料。問い合わせは同高校(TEL 0152-43-2353)へ。 (2018年7月9日の記事 経済の伝書鳩)

NHK杯全国高校放送コンテスト(エヌエイチケイはいぜんこくこうこうほうそうコンテスト)は、全国放送教育研究会連盟と日本放送協会が主催する高等学校の生徒を対象とした放送のコンテスト。大きく分けて、アナウンス・朗読・テレビ番組・ラジオ番組の各部門で審査が行われる。また、審査はないが校内放送研究発表会として、研究発表が行われる。(かつては研究発表部門として審査を行っていたが、現在は発表のみですべての学校に研究奨励が贈られる)通称はNコン。 (NHK杯全国高校放送コンテスト – Wikipedia)

関連サイト

北海道網走南ヶ丘高等学校ホームページ

関連エントリ

ビデオ・ラジオフェスティバル2018 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局

北海道網走南ヶ丘高等学校 の検索結果美幌音楽人加藤雅夫

NHK杯全国高校放送コンテスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本史の出来事 ええじゃないか

800px-EeJaNaiKaScene.jpg

日本史の出来事 ええじゃないか

関連記事

ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年)『8月から12月』にかけて、近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。「天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。伊勢神宮に御札が降るおかげ参りと違い、ええじゃないかの御札は地域で信仰されている社寺の御札が降ったため、現地で祭祀が行われる事が多かった。降札があると、藩に届け出た上で屏風を置く、笹竹で家を飾る、酒や肴を供えるなどして町全体で札を祀った。名古屋の場合、降札後の祭事は7日間。目的 / その目的は定かでない。囃子言葉と共に政治情勢が歌われたことから、世直しを訴える民衆運動であったと一般的には解釈されている。これに対し、倒幕派が国内を混乱させるために引き起こした陽動作戦だったという噂を紹介するものもある。歌詞 / 岩倉具視の『岩倉公実記』によると、京の都下において、神符がまかれ、ヨイジャナイカ、エイジャナイカ、エイジャーナカトと叫んだという。八月下旬に始まり十二月九日王政復古発令の日に至て止む、とあり、明治維新直前の大衆騒動だったことがわかる。また、ええじゃないか、の語源は、京の都下で叫ばれた言葉であったようだ。歌詞は各地で作られ、例えば「今年は世直りええじゃないか」(淡路)、「日本国の世直りはええじゃないか、豊年踊はお目出たい」(阿波)といった世直しの訴えのほか、「御かげでよいじゃないか、何んでもよいじゃないか、おまこに紙張れ、へげたら又はれ、よいじゃないか」(淡路)という性の解放、「長州がのぼた、物が安うなる、えじゃないか」(西宮)、「長州さんの御登り、えじゃないか、長と醍と、えじゃないか」(備後)の政治情勢を語るもの、などがあった。 (ええじゃないか – Wikipedia)

関連動画 (YouTube)

南部直登『ええじゃないか ええもん屋』

ええじゃないか祭り!2009(十人十彩)

関連エントリ

ええじゃないか の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

小林一三の宝塚唱歌隊 (宝塚歌劇団)

4b71a358.jpg

小林一三の宝塚唱歌隊 (宝塚歌劇団)

関連記事

7月1日 歴史 / 1913年 小林一三が宝塚唱歌隊を結成。(7月1日 今日は何の日~毎日が記念日~

7月1日 できごと / 1913年 – 小林一三が宝塚唱歌隊を結成。後の宝塚歌劇団。(7月1日 – Wikipedia

小林 一三(こばやし いちぞう、Ichizo Kobayashi、1873年(明治6年)1月3日 – 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致など、日本最初の田園都市構想実現と共に、それらを電鉄に連動させ相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後、公職追放となった。概要 / 阪鶴鉄道で監査役を務めていた頃
阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道をはじめ、交通、住宅地経営の不動産業、阪急百貨店の小売業、東宝・宝塚歌劇団・阪急ブレーブスの興行業など、阪急東宝グループを成す数多くの事業を興したことで知られる。来歴・人物 / 1914年(大正3年)4月には、当時人気を得ていた三越の少年音楽隊を模して宝塚唱歌隊、後の宝塚歌劇団を創り上げ、沿線を阪急グループの聖地といわせるほどに発展させていく。(小林一三 – Wikipedia

宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、英: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業運営であることから、運営は阪急の直営であり、阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っている。このため、歌劇団員は阪急電鉄の従業員となっている。理事長は小川友次。沿革 / 歴史 / 黎明期 / 阪急電鉄の前身、箕面有馬電気軌道創始者の小林一三が、三越少年音楽隊や白木屋少女音楽隊に想を得て、1913年(大正2年)に結成した宝塚唱歌隊が前身。同年12月に宝塚少女歌劇養成会に改称。1919年(大正8年)、私立学校としての認可が下り宝塚音楽歌劇学校設立。少女歌劇養成会は解散し、新たに宝塚少女歌劇団として発足。年譜 / 1913年(大正2年)7月 – 阪急電鉄内に宝塚唱歌隊(この年の12月に宝塚少女歌劇養成会に改称)を組織。1919年(大正8年)1月 – 宝塚音楽歌劇学校を創立。宝塚少女歌劇養成会は解散し、生徒と卒業生から組織される宝塚少女歌劇団に改称。1939年12月 – 宝塚音楽歌劇学校が改称し、宝塚少女歌劇団と宝塚音楽舞踊学校に分離。1940年10月 – 宝塚少女歌劇団を宝塚歌劇団に改称。(宝塚歌劇団 – Wikipedia

関連サイト

宝塚歌劇の歩み(1914年-1922年) | 宝塚歌劇公式ホームページ – 宝塚歌劇団

宝塚歌劇一期生、・・・宝塚唱歌隊として発足 つぶやき館/ウェブリブログ

関連エントリ

宝塚唱歌隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宝塚歌劇団 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の童謡作詞家 東くめ (Kume Higashi)

img_history60_02.jpg

日本の童謡作詞家 東くめ (Kume Higashi)

関連記事

6月30日 誕生日 / 1877年 東くめ (教育家,『幼稚園唱歌』を編集)。 (6月30日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月30日 誕生日 / 1877年 – 東くめ、童謡作詞家。 (6月30日 – Wikipedia)

東 くめ(ひがし くめ、Kume Higashi、旧姓:由比(ゆい)、1877年6月30日 – 1969年3月5日)は、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)出身の童謡作詞家。日本で初めて口語による童謡を作詞した。1899年に東京女子高等師範学校教授・東基吉と結婚し、東くめとなる。経歴 / 1877年6月30日、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)に元新宮藩家老・由比甚五郎の長女として生まれる。第一尋常小学校、大阪ウィルミナ女学院を経て、1896年に東京音楽学校を卒業。音楽学校時代に仲の良かった同級生にヴァイオリニストの安藤幸がいる。同年、東京府立高等女学校の音楽教諭になり、8年間務める。1899年に東京女子高等師範学校教授で同郷の東基吉と結婚し、教育学者だった夫の提案により、「子供の言葉による、子供が喜ぶ童謡」の作詞を始め、2年後輩の瀧廉太郎と組んで、「お正月」、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」などの作品を残した。音楽教諭を退職後、夫が大阪L府池田師範学校長に就任したため、大阪府池田市へ転居。1959年の東京藝術大学創立80周年記念式典で音楽教育功労者表彰を受け、1962年には新宮市名誉市民となり、池田市文化功労賞を受章。高齢になってもかくしゃくとしており、90歳まで現役のピアノ教師として働いた。代表作 / 『鯉幟』『鳩ぽっぽ』 – 「ぽっぽっぽ」で始まる『鳩』とは別の曲。『雪やこんこん』 – 「雪やこんこ」で始まる『雪』とは別の曲。『お正月』『みずあそび』。その他 / 死去した翌年の1970年12月20日に、TBS系列「東芝日曜劇場」にて、東の生涯をとりあげたテレビドラマ『いのちの歌』(製作:中部日本放送、脚本:木下惠介)が放送された。このドラマでは、樫山文枝が東を演じた。また、1993年には映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』で渡辺典子が、1998年にはオペラ『瀧廉太郎』で氷見政子が、それぞれ東を演じている。 (東くめ – Wikipedia)

関連エントリ

東くめ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kume Higashi の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の音楽家・作曲家 瀧廉太郎 (Rentaro Taki)

400px-Sogakudo07s750.jpg

日本の音楽家・作曲家 瀧廉太郎 (Rentaro Taki)

関連記事

記念日 6月29日 / 廉太郎忌 / 作曲家・滝廉太郎の1903(明治36)年の忌日。6月29日 忌日 / 1903年 瀧廉太郎 (作曲家) <23歳> (6月29日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月29日 忌日 / 1903年 – 瀧廉太郎、作曲家。 (6月29日 – Wikipedia)

瀧 廉太郎(たき れんたろう、Rentaro Taki、1879年(明治12年)8月24日 – 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。一般的には「瀧」は「滝」と表記されることも多い。生涯 / 1879年(明治12年)8月24日、瀧吉弘の長男として東京府芝区南佐久間町2丁目18番地(現:東京都港区西新橋2丁目)に生まれる。瀧家は江戸時代に、豊後国日出藩の家老職を代々つとめた上級武士の家柄である。父・吉弘は大蔵省から内務省に転じ、大久保利通や伊藤博文らのもとで内務官僚として勤めた後、地方官として神奈川県や富山県富山市、大分県竹田市などを移り住んだため、廉太郎も生後間もなくから各地を回ることにとなった。1886年(明治19年)5月、神奈川県師範学校附属小学校に入学。同年9月、富山県尋常師範学校附属小学校(現在の富山大学人間発達科学部附属小学校)に転校。1888年(明治21年)5月、麹町尋常小学校(現在の千代田区立麹町小学校)に転校し、同校を1890年(明治23年)に卒業。卒業時にはピアノを演奏したと伝えられるが、その曲目は不明。同年に15歳で東京音楽学校(現:東京藝術大学)に入学する。1898年(明治31年)に本科を卒業し、研究科に進む。こうして瀧は作曲とピアノ演奏でめきめきと才能を伸ばしていった。1900年10月7日には東京市麹町区(現:千代田区)にあった聖公会グレース・エピスコパル・チャーチ(博愛教会)で洗礼を受けてクリスチャンになり、10月28日にジョン・マキムから堅信礼を受けた。明治時代の前半に多くの翻訳唱歌ができたが、日本語訳詞を“無理にはめこんだ”ぎこちない歌が多く、日本人作曲家によるオリジナルの歌を望む声が高まっていた。彼の代表作である「荒城の月」は、「箱根八里」と並んで文部省編纂の「中学唱歌」に掲載された。また、人気の高い曲のひとつである「花」は1900年(明治33年)8月に作曲された、4曲からなる組曲『四季』の第1曲である。「お正月」、「鳩ぽっぽ」(「鳩」とは別物である)、「雪やこんこん」(文部省唱歌「雪」とは別物である)などは、日本生まれの最も古い童謡作品として知られるが、これらは1900年(明治33年)に編纂された幼稚園唱歌に収められた。また「荒城の月」は、ベルギーで讃美歌になったことも判明した。またピアニストとしては特にラファエル・フォン・ケーベルに私淑し、その影響を大きく受けてドイツ音楽を至上とする奏法を貫いていた。1901年(明治34年)4月、日本人の音楽家では2人目となるヨーロッパ留学生として出国し、5月18日にドイツのベルリンに到着。同地で日本語教師を務めていた文学者の巌谷小波や、ヴァイオリニストの幸田幸、また海軍軍楽隊から派遣されたクラリネット奏者吉本光蔵(後に「君が代行進曲」作曲)などと交友を持ち、共に室内楽を演奏したりした。さらにライプツィヒに向かい、ライプツィヒ音楽院(設立者:メンデルスゾーン)に入学する。文部省外国留学生として入学、ピアノや対位法などを学ぶが、わずか5か月後の11月に肺結核を発病し、現地の病院で入院治療するが病状は改善せず、帰国を余儀なくされる。1902年(明治35年)7月10日にドイツを発ち、ロンドンを経由して10月17日に横浜に着く。その後は父の故郷である大分県で療養していたが、1903年(明治36年)6月29日午後5時に大分市稲荷町339番地(現:府内町)の自宅で死去した。23歳没(満24歳)。結核に冒されていたことから死後多数の作品が焼却されたという。作曲数が多かったと考える者もいるようだが、現在はっきりとその存在が確認されている作曲作品は34曲と決して多くはない(編曲作品も幾らか現存)。瀧家の墓所は日出町の龍泉寺であるが、廉太郎は父と親交のあった大分市金池町の万寿寺に葬られた。戒名は直心正廉居士。2011年(平成23年)3月、廉太郎の墓は、親族らの意向により万寿寺から先祖の眠る龍泉寺へと移設された。龍泉寺には、瀧がドイツ留学時に愛用していた火鉢が残されている。作品 / 歌曲に有名な作品が多い瀧だが、1900年には日本人作曲家による初めてのピアノ独奏曲『メヌエット』を作曲している。肺結核が悪化して、死期が近いことを悟った時、死の4か月前に作曲したピアノ曲『憾(うらみ)』が最後の作品として残された。『メヌエット』『憾』を除いて、全て声楽作品である。 (瀧廉太郎 – Wikipedia)

『憾』(うらみ/ドイツ語:Bedauernswerth)は、日本の作曲家瀧廉太郎の数少ないピアノ曲の一つ。死の数ヶ月前という中(1903年)で作られた作品。ピアノ演奏技術として極端な進展はないものの、文明開化の中で西洋器楽音楽を取り入れようとする創意がある。全音楽譜出版社の『全音ピアノピース』で発売されているが、出版譜と自筆譜には差異が指摘されており、ミューズテック音楽出版から「メヌエット」と共に校訂版が出版されている。日本人のピアノ独奏作品としては最も古いものの一つ。『荒城の月』をはじめとする歌曲が作品のほとんどを占める作曲者であるが、器楽曲を日本に導入しようという強い意思が早すぎる晩年に現れている。なお、「憾」とは、憎しみの気持ちのことではなく、心残りや未練、無念といった気持ちのことである。この曲の自筆譜の余白に「Doctor!Doctor!」と走り書きがあったとされており、自身の若すぎる死を控えた「憾」の表れと考えられている。 (憾 (瀧廉太郎) – Wikipedia)

関連サイト

『荒城の月』が聖歌になった

関連エントリ

瀧廉太郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Rentaro Taki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

憾 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Bedauernswerth の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本映画 伊豆の踊子(吉永小百合)について

Izu_no_odoriko_1954_poster.jpg

日本映画 伊豆の踊子(吉永小百合)について

関連記事

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、1963年(昭和38年)制作の日本映画。川端康成の同名小説の4度目の映画作品。西河克己監督。吉永小百合、高橋英樹主演。あらすじ / 大学教授の川崎は、教え子である男子学生から或る相談を持ち込まれていた。それは「結婚の仲人になってほしい」という話だったが、学生結婚というものに少々の不安や心配を持つ川崎教授は躊躇を覚える。しかし、その男子学生と将来を誓い合う少女が「ダンサー」であることを知った教授の胸に、かつて旅芸人の踊子に淡い恋心を寄せた青春の思い出が甦るのだった。若い二人を見守りながら、教授の心は遠い過去へ遡っていく。作品解説 / ストーリーテリングが「或る大学教授の回想」という体裁になっている点が、原作小説との大きな相違点である。しかも、その回想シーンのきっかけとなる導入部が「学生結婚」という点もまた現代風な作劇であり、戦後の新教育を受けた若い世代にも馴染みやすい工夫がなされていた。冒頭の現代の場面はモノクロ、教授の青春時代の回想(踊子との交流すなわち原作小説のパート)が鮮やかなカラーフィルム、その回想から覚めると再びモノクロ、そして現代の若いカップルが希望を胸に走り出す場面でエンディングという演出になっている。年老いた現代の主人公は宇野重吉[1]が演じ、若い学生の頃を高橋英樹が演じた。回想シーンに出てくる踊子の薫と現代のダンサーは、吉永小百合が一人で二役を演じている。評価 / 映画撮影を見学した原作者の川端康成は、踊子姿の吉永小百合に「なつかしい親しみ」を感じたという。(伊豆の踊子 (1963年の映画) – Wikipedia

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている。(伊豆の踊子 – Wikipedia

吉永 小百合(よしなが さゆり、Sayuri Yoshinaga、1945年3月13日 – )は、日本の女優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。早稲田大学第二文学部西洋史学専修を卒業[2]し、文学士の称号を受ける。夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。出演作品 / 映画 / 伊豆の踊子(1963年、日活) – 主演・薫、少女 役(二役)。(吉永小百合 – Wikipedia

関連エントリ

伊豆の踊子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

吉永小百合 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サユリスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Sayuri Yoshinaga の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る