日本映画 カテゴリのアーカイブ

10月11日 りんごの唄の日 (日本の楽曲)

661px-Red_Apple.jpg

10月11日 りんごの唄の日 (日本の楽曲)

関連記事

10月11日 「リンゴの唄」の日 / 1945(昭和20)年のこの日、戦後初めて制作・公開された映画『そよかぜ』が封切られた。並木路子が歌う挿入歌「リンゴの唄」は戦後を象徴する大ヒットとなった。 歴史 / 1945年 戦後に企画された初の映画『そよかぜ』が封切り。主題歌の『りんごの唄』が大ヒット。 (10月11日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月11日 できごと / 1945年 – 太平洋戦争終結後の日本で初めて企画・公開された映画『そよかぜ』封切り。挿入歌の「リンゴの唄」が大ヒット。 (10月11日 – Wikipedia)

「リンゴの唄」(リンゴのうた)は、1945年の日本の楽曲。並木路子、霧島昇(霧島の共唱はオリジナル版のみ)によって発売され、日本の戦後のヒット曲第1号となった楽曲。作詞はサトウハチロー、作曲は万城目正。 第二次世界大戦敗戦後の日本で戦後映画の第1号『そよかぜ』(1945年〈昭和20年〉10月10日公開、松竹大船)の挿入歌として発表された。なお、『そよかぜ』は並木が主演を務め、霧島も出演している。 エピソード / 終戦直後に満州から引上げてきた日本人を迎える曲として使われた。 (リンゴの唄 – Wikipedia)

関連エントリ

リンゴの唄 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月27日 男はつらいよの日 (日本 記念日)

Its_Tough_Being_a_Man.jpg

8月27日 男はつらいよの日 (日本 記念日)

関連記事

記念日 8月27日 / 『男はつらいよ』の日 1969年のこの日、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開された。「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。 (8月27日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月27日 できごと / 1969年 – 映画『男はつらいよ』シリーズ第1作『男はつらいよ』(山田洋次監督・渥美清主演)が公開。8月27日記念日・年中行事 / 男はつらいよの日(日本)1969年8月27日に『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開されたことに由来。 (8月27日 – Wikipedia)

『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)のテレビドラマおよび映画シリーズである。主人公の愛称から「寅さん」(とらさん)シリーズとも称される。 (男はつらいよ Wikipedia)

『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、1969年8月27日に公開された日本映画。男はつらいよシリーズの1作目。ロケ地、京都、奈良。観客動員は54万3000人。同時上映は『喜劇 深夜族』(主演:伴淳三郎)作品概要 /!26年にわたる下町人情大河喜劇映画シリーズの記念すべき第1作。 (男はつらいよ (映画) – Wikipedia)

関連サイト

第1作 男はつらいよ 公式サイト

8月27日は男はつらいよの日 公式サイト

関連エントリ

寅さん の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

男はつらいよ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

男はつらいよの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

bunka.gif

清塚信也 ピアノリサイタル (美幌町民会館びほーる)

関連記事

美幌町芸術文化振興事業町民会館スタインウェイピアノ導入記念 清塚信也ピアノリサイタル / 若き天才ピアニスト清塚信也氏による待望のスタインウェイピアノお披露目コンサートです。超一流の奏者による最高峰のピアノ演奏をお楽しみ下さい。 (びほーる文化情報 | マイ広報紙)

コンサートグランドピアノ納品 美幌町民会館びほーるに 寄付や協賛金で導入費用の大半賄い / 10月の清塚 信也さんリサイタルでお披露目 / コンサートグランドピアノが3日、美幌町民会館びほーるに納品された。今後、調律、弾き込みなどが行われ、10月に開かれるピアニストの清塚信也さんのリサイタルが一般へのお披露目の場になる。ピアノは名門・スタインウェイ&サンズ社製で、奥行き2.74メートル、幅1.57メートル、高さ1.02メートル、重量480キロ。音色や音量に影響するとされる奥行きは、びほーるにあるこれまでのピアノに比べ20センチほど長い。導入費用は約2400万円。美幌町出身で東京都在住の会社経営者と匿名の各1千万円の寄付をはじめ、導入を求める町民有志の団体が集めた協賛金で大半を賄った。リサイタルは美幌町芸術文化公演実行委員会が主催。10月25日(木)午後7時からで、前売券3千円。8月11日午前9時から町民会館で町民に先行発売、13日午前9時から町民会館と沖田香露園で一般に発売する。(浩) (2018年8月8日の記事 経済の伝書鳩)

清塚 信也(きよづか しんや、Shinya Kiyozuka、1982年11月13日 – )は、日本のピアニスト。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサル ミュージック。コンサート、テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、2007年にアルバム・デビュー。コンピューターミュージックでアレンジされたクラシック曲や自身が作曲したオリジナル楽曲など、クラシックだけに偏らない幅広い活動をしている。演奏活動だけでなく、TVや雑誌等で多数紹介されている。略歴 / 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介を演じ俳優デビューとなる。 (清塚信也 – Wikipedia)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

清塚信也オフィシャルサイト

関連エントリ

フルコンサートピアノ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清塚信也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shinya Kiyozuka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

映画 風は生きよという (自立生活センター北見)

関連記事

11日・映画上映会とトークショー 自立生活センター北見11周年記念 / 障がい者の日常生活を伝えるドキュメンタリー映画「風は生きよという」上映会と同映画の監督や出演者によるトークショーが11日(土)午後1時半から、サントライ北見で行われる。入場無料。事前申し込み不要で当日直接会場へ。自立生活をあきらめることなく、障がいのある人が自ら代表となって介護サービス事業の担い手となる民間の「自立生活センター北見」11周年記念事業として行われる。映画は病気などにより人工呼吸器を使用して生活する人と周囲の人々との日常生活を切り取っている。同センター北見代表の男性も出演している。上映後、監督の宍戸大裕氏や出演者を招いてのトークショーが行われる。問い合わせは同センター北見(TEL 0157-36-8755)へ。 (2018年8月7日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

サントライ北見のホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見市

【上映会】8月11日(土)北海道北見市 | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

トップページ | 映画「風は生きよという」上映実行委員会 公式ホームページ

自立生活センター北見のホームページ

関連エントリ

風は生きよという の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自立生活センター北見 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 道の駅ランキング (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠)

798px-Lochneska_poboba_museumofnessie.jpg

2018年 道の駅ランキング (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠)

関連記事

ぐるっとパノラマ美幌峠4年連続1位 道の駅ランキング「景色部門」 / 総合的な魅力アップ目指し 他部門でもランクインを / 道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」が、北海道開発局が発表した道の駅ランキング2017の「景色がきれいだと感じた『道の駅』」部門で4年連続で1位を獲得した。道の駅は道内に117駅。ランキングは、道の駅スタンプラリー2017で、リニューアルなどで休館した2駅を除く115駅全てを回った完走者2676人の投票で決定した。美幌峠は「景色」部門で昨年より得票を122票伸ばし、770票を獲得。有効回答数1593票の約48%を占め、2位の厚岸グルメパークに660票差の大差をつけた。完走者からは「屈斜路湖と周囲の山々が美しい」「360度どこからの景色もきれい」「日の出と雲海がきれい」などの評価が寄せられた。ラリーは平成29年4月~30年3月にスタンプを集めた人が対象。町などはその3月に、峠レストハウス2階をはじめレストハウス横の24時間使えるトイレなどをリニューアル。VR(仮装現実)映像機器やタブレット端末など、情報発信も充実させた。ランキングには「景色」のほか「地域や観光の情報提供が充実していたと感じた『道の駅』」「トイレがきれいだと感じた『道の駅』」などの部門があり、町は「次回以降は他部門でもランクインを狙いたい」と総合的な魅力アップに意欲を見せている。(浩) (2018年8月1日の記事 経済の伝書鳩)

美幌峠に表彰状 「景色がきれい」道の駅1位で / 道の駅ランキング2017「景色がきれいだと感じた道の駅部門」で4年連続1位だった「ぐるっとパノラマ美幌峠」の表彰状授与式が10日、峠レストハウスで行われた。ランキングは北海道開発局が行う道の駅スタンプラリー2017で、115駅の完走者2676人の投票で決定。美幌峠は2位に660票の大差をつける770票を獲得した。式では網走開発建設部北見道路事務所の所長が、施設を管理する美幌峠物産館の永澤則次社長に表彰状を手渡した。所長は「北海道の峠では一番の景色だと思っている。雲海もすばらしいと聞いている」と評価。永澤社長は「施設周辺の清掃にも力を入れている。料理も含め、総合的にランクを上げていきたい」と感謝した。(浩) (2018年8月14日の記事 経済の伝書鳩)

道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠(みちのえき ぐるっとパノラマびほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町にある国道243号の道の駅である。美幌峠の頂上に位置しているため、晴れた日には屈斜路湖が一望できる。 (道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 – Wikipedia)

道の駅(みちのえき)は、日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、商業施設・休憩施設・地域振興施設・駐車場等が一体となった道路施設である。道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持ち、2018年4月25日付時点の全国登録数は、1,145箇所ある。 (道の駅 – Wikipedia)

美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある国道243号の峠。オホーツク総合振興局と釧路総合振興局の境界にもなっている。概要 / 1920年(大正9年)開通。阿寒摩周国立公園内にあり、眼下には日本国内最大の火山湖(カルデラ湖)である屈斜路湖のパノラマが広がっているほか、阿寒の山々が一望できる景勝地でもある。美幌峠は、東西29 km、南北20 kmの規模がある屈斜路湖のカルデラの外輪山の西縁に位置する標高525 mの峠である。峠を越えていく国道243号は、北は美幌へ、南は弟子屈へアクセスする。冬季閉鎖はないが、弟子屈側の国道はカーブが多く気象条件によって走行環境が著しく悪化するため、峠の頂上部から11.2 kmは特殊通行規制区間(交通規制)となっている。屈斜路湖から吹き上げる風を遮るものがないことから、パラグライダーやハンググライダーなどのスカイスポーツが行われる。周辺 / 峠の頂上部には道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠があり、あげいもやクマザサ(熊笹)を使ったメニューなどがある[8]。標高525mの美幌峠展望台は眺望スポットとなっている。 (美幌峠 – Wikipedia)

関連サイト

道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠 | | 美幌町

ぐるっとパノラマ美幌峠 – 北の道の駅

北海道の道の駅 | 北海道開発局

北の道の駅北海道の道の駅に関する公式総合情報サイトです

道の駅 公式ホームページ 全国「道の駅」連絡会

関連エントリ

北の道の駅 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ぐるっとパノラマ美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

7月17日 石原裕次郎の忌日 (あじさい忌)

800px-Moon-Desert_Onjuku.jpg

img_index01.jpg

7月17日 石原裕次郎の忌日 (あじさい忌)

関連記事

石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 – 1987年(昭和62年)7月17日)は、昭和時代を代表する俳優、声優、歌手であり、司会者やモデルといったマルチタレント。実業家・ヨットマンとしても活動していた。身長178cm、血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー。石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。兄は政治家で作家の石原慎太郎。来歴 / 概要 / 兵庫県神戸市須磨区、北海道小樽市、神奈川県逗子市に育つ。父・石原潔(山下汽船社員)は愛媛県、母・光子は広島県宮島の出身。マリア幼稚園(現在の小樽藤幼稚園)卒園、稲穂国民学校時代に競泳や天狗山 でスキーに親しむ。逗子中学校時代からはバスケットボールに熱中した。その後、慶應義塾高等学校を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校に籍を置くが、1951年に慶應義塾高等学校に編入学。卒業後は慶應義塾大学法学部政治学科に内部進学するが、放蕩生活に明け暮れる。大学在学中から、俳優を目指し東宝と大映、日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後、慶應義塾大学を中退して日活に入社。『太陽の季節』に続いて製作された、同じく慎太郎原作の映画化作品『狂った果実』では、後に妻となる北原三枝を相手役に主演。その後は歌手・俳優として活躍し、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に昭和を代表する日本最高のスターの一人となったが、ケガや病気に苦しんだ一生でもあった。1963年に石原プロモーションを設立。1970年代以降は映画から離れ『太陽にほえろ!』、『大都会』などテレビドラマで活躍した。戒名は陽光院天真寛裕大居士。墓は万成石五輪塔で神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられている。墓碑には妻直筆で次のような言葉で綴られている。「美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に更に力を、全ての友に思い出を、愛する者に永遠を。心の夢醒める事無く。」 (石原裕次郎 – Wikipedia)

Yujiro Ishihara (石原 裕次郎 Ishihara Yūjirō, December 28, 1934 – July 17, 1987) was a Japanese actor and singer born in Kobe. His elder brother is Shintaro Ishihara, an author, politician, and the Governor of Tokyo between 1999 and 2012. Yujiro’s film debut was the 1956 film Season of the Sun, based on a novel written by his brother. He was beloved by many fans as a representative youth star in the films of postwar Japan and subsequently as a macho movie hero. He was extravagantly mourned following his early death from liver cancer. (Yujiro Ishihara – Wikipedia)

石原裕次郎記念館(いしはらゆうじろうきねんかん)は、かつて北海道小樽市にあった石原裕次郎に関する記念館。概要 / 海運会社に勤めていた父親の転勤によって3歳から9歳までを小樽で過ごした昭和の大スター・石原裕次郎ゆかりの品を展示しており、テレビドラマ『西部警察』で使用した車両や映画『黒部の太陽』のセット、石原裕次郎が実際に使用していた愛車やアクセサリー・衣装・洋服などがあった。閉館後の展示品については、裕次郎愛用のロールス・ロイスを小樽市総合博物館に、裕次郎オリジナルのマンホールを小樽市水道局に、裕次郎に関する書籍類を市立小樽図書館に、ヨットを小樽港マリーナに寄贈する。また、「西部警察」などに使われたフィルムカメラを小樽市役所にて保管する方針を決めている。 (石原裕次郎記念館 – Wikipedia)

関連サイト

小樽 石原裕次郎記念館ホームページ

関連エントリ

あじさい忌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

石原裕次郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yujiro Ishihara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」

800px-Hyacinths_-_floriade_canberra.jpg

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」

関連記事

20年ぶりの大舞台へ 網走南ヶ丘高校放送局 / 網走南ヶ丘高校放送局が、6月に千歳市で開かれたNHK杯全国高校放送コンテスト北海道大会のテレビドキュメント部門で最優秀賞を獲得し、20年ぶりの全国コンテスト出場を決めた。局長(3年女子生徒)は「私達にとって初めての全国。雰囲気を楽しみ、上位入賞できたら」と話している。全国コンテストは今月23~26日に東京で開かれる。放送コンテスト北海道大会テレビドキュメント部門で最優秀賞 「上位入賞したい」 いざ全国へ / 出品作品のタイトルは「マイライス」。自炊をテーマに、自分で料理をすることの意味や重要性を表現したいと、ディレクターの3年女子生徒2人を中心に、局員27人が一丸となって制作した。作品には校内をはじめ、市内の大学生、調理師ら約20人に自炊や料理についてインタビューした様子や、局員が苦手な料理の様子を収録。音楽やテロップなどを効果的に使い、7分59秒の楽しい映像に仕上げた。北海道大会の同部門には、地区予選を勝ち抜いた42校が参加した。同局の作品は狙い通り他校の生徒から笑いを取り「これまで真面目な作品を作ることが多かったので、今までにない反応にうれしく思いました」とディレクターの3年女子生徒の1人。部門トップの最優秀賞に選ばれ、念願の全国コンテスト出場が決まると、局員みんなで歓声を上げ、涙を流して喜び合ったという。顧問の教諭は「食という身近なものを高校生らしい視点でとらえ、“生きたドキュメント”になりました。みんなよくやったと思います」と局員をたたえる。全国コンテストの上位入賞作品はテレビで放送される。局長は「上位に入賞して、多くの方に私達の作品を見てもらいたい。他の学校の作品を見るのも楽しみです」と目を輝かせている。 (菊)

15日・ビデオ・ラジオフェス 網走市内のエコーセンター2000で 全国出品作も特別上映 / 網走南ヶ丘高校放送局による「ビデオ・ラジオフェスティバル2018」が15日(日)午後6時半から、網走市内のエコーセンター2000で開かれる。同放送局制作のドラマとドキュメントの上映、朗読の発表、クイズなどを行う。全国大会出品作品「マイライス」も特別上映する。入場料は前売り一般400円、高校生200円(当日は各100円増)。中学生以下無料。問い合わせは同高校(TEL 0152-43-2353)へ。 (2018年7月9日の記事 経済の伝書鳩)

NHK杯全国高校放送コンテスト(エヌエイチケイはいぜんこくこうこうほうそうコンテスト)は、全国放送教育研究会連盟と日本放送協会が主催する高等学校の生徒を対象とした放送のコンテスト。大きく分けて、アナウンス・朗読・テレビ番組・ラジオ番組の各部門で審査が行われる。また、審査はないが校内放送研究発表会として、研究発表が行われる。(かつては研究発表部門として審査を行っていたが、現在は発表のみですべての学校に研究奨励が贈られる)通称はNコン。 (NHK杯全国高校放送コンテスト – Wikipedia)

関連サイト

北海道網走南ヶ丘高等学校ホームページ

関連エントリ

ビデオ・ラジオフェスティバル2018 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道網走南ヶ丘高等学校放送局

北海道網走南ヶ丘高等学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

NHK杯全国高校放送コンテスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本史の出来事 ええじゃないか

800px-EeJaNaiKaScene.jpg

日本史の出来事 ええじゃないか

関連記事

ええじゃないかは、日本の江戸時代末期の慶応3年(1867年)『8月から12月』にかけて、近畿、四国、東海地方などで発生した騒動。「天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。伊勢神宮に御札が降るおかげ参りと違い、ええじゃないかの御札は地域で信仰されている社寺の御札が降ったため、現地で祭祀が行われる事が多かった。降札があると、藩に届け出た上で屏風を置く、笹竹で家を飾る、酒や肴を供えるなどして町全体で札を祀った。名古屋の場合、降札後の祭事は7日間。目的 / その目的は定かでない。囃子言葉と共に政治情勢が歌われたことから、世直しを訴える民衆運動であったと一般的には解釈されている。これに対し、倒幕派が国内を混乱させるために引き起こした陽動作戦だったという噂を紹介するものもある。歌詞 / 岩倉具視の『岩倉公実記』によると、京の都下において、神符がまかれ、ヨイジャナイカ、エイジャナイカ、エイジャーナカトと叫んだという。八月下旬に始まり十二月九日王政復古発令の日に至て止む、とあり、明治維新直前の大衆騒動だったことがわかる。また、ええじゃないか、の語源は、京の都下で叫ばれた言葉であったようだ。歌詞は各地で作られ、例えば「今年は世直りええじゃないか」(淡路)、「日本国の世直りはええじゃないか、豊年踊はお目出たい」(阿波)といった世直しの訴えのほか、「御かげでよいじゃないか、何んでもよいじゃないか、おまこに紙張れ、へげたら又はれ、よいじゃないか」(淡路)という性の解放、「長州がのぼた、物が安うなる、えじゃないか」(西宮)、「長州さんの御登り、えじゃないか、長と醍と、えじゃないか」(備後)の政治情勢を語るもの、などがあった。 (ええじゃないか – Wikipedia)

関連動画 (YouTube)

南部直登『ええじゃないか ええもん屋』

ええじゃないか祭り!2009(十人十彩)

関連エントリ

ええじゃないか の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

小林一三の宝塚唱歌隊 (宝塚歌劇団)

4b71a358.jpg

小林一三の宝塚唱歌隊 (宝塚歌劇団)

関連記事

7月1日 歴史 / 1913年 小林一三が宝塚唱歌隊を結成。(7月1日 今日は何の日~毎日が記念日~

7月1日 できごと / 1913年 – 小林一三が宝塚唱歌隊を結成。後の宝塚歌劇団。(7月1日 – Wikipedia

小林 一三(こばやし いちぞう、Ichizo Kobayashi、1873年(明治6年)1月3日 – 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。号は逸翁、別号に靄渓学人、靄渓山人。旧邸雅俗山荘は逸翁美術館。日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致など、日本最初の田園都市構想実現と共に、それらを電鉄に連動させ相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後、公職追放となった。概要 / 阪鶴鉄道で監査役を務めていた頃
阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道をはじめ、交通、住宅地経営の不動産業、阪急百貨店の小売業、東宝・宝塚歌劇団・阪急ブレーブスの興行業など、阪急東宝グループを成す数多くの事業を興したことで知られる。来歴・人物 / 1914年(大正3年)4月には、当時人気を得ていた三越の少年音楽隊を模して宝塚唱歌隊、後の宝塚歌劇団を創り上げ、沿線を阪急グループの聖地といわせるほどに発展させていく。(小林一三 – Wikipedia

宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、英: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業運営であることから、運営は阪急の直営であり、阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っている。このため、歌劇団員は阪急電鉄の従業員となっている。理事長は小川友次。沿革 / 歴史 / 黎明期 / 阪急電鉄の前身、箕面有馬電気軌道創始者の小林一三が、三越少年音楽隊や白木屋少女音楽隊に想を得て、1913年(大正2年)に結成した宝塚唱歌隊が前身。同年12月に宝塚少女歌劇養成会に改称。1919年(大正8年)、私立学校としての認可が下り宝塚音楽歌劇学校設立。少女歌劇養成会は解散し、新たに宝塚少女歌劇団として発足。年譜 / 1913年(大正2年)7月 – 阪急電鉄内に宝塚唱歌隊(この年の12月に宝塚少女歌劇養成会に改称)を組織。1919年(大正8年)1月 – 宝塚音楽歌劇学校を創立。宝塚少女歌劇養成会は解散し、生徒と卒業生から組織される宝塚少女歌劇団に改称。1939年12月 – 宝塚音楽歌劇学校が改称し、宝塚少女歌劇団と宝塚音楽舞踊学校に分離。1940年10月 – 宝塚少女歌劇団を宝塚歌劇団に改称。(宝塚歌劇団 – Wikipedia

関連サイト

宝塚歌劇の歩み(1914年-1922年) | 宝塚歌劇公式ホームページ – 宝塚歌劇団

宝塚歌劇一期生、・・・宝塚唱歌隊として発足 つぶやき館/ウェブリブログ

関連エントリ

宝塚唱歌隊 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宝塚歌劇団 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の童謡作詞家 東くめ (Kume Higashi)

img_history60_02.jpg

日本の童謡作詞家 東くめ (Kume Higashi)

関連記事

6月30日 誕生日 / 1877年 東くめ (教育家,『幼稚園唱歌』を編集)。 (6月30日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月30日 誕生日 / 1877年 – 東くめ、童謡作詞家。 (6月30日 – Wikipedia)

東 くめ(ひがし くめ、Kume Higashi、旧姓:由比(ゆい)、1877年6月30日 – 1969年3月5日)は、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)出身の童謡作詞家。日本で初めて口語による童謡を作詞した。1899年に東京女子高等師範学校教授・東基吉と結婚し、東くめとなる。経歴 / 1877年6月30日、和歌山県東牟婁郡新宮町(現:新宮市)に元新宮藩家老・由比甚五郎の長女として生まれる。第一尋常小学校、大阪ウィルミナ女学院を経て、1896年に東京音楽学校を卒業。音楽学校時代に仲の良かった同級生にヴァイオリニストの安藤幸がいる。同年、東京府立高等女学校の音楽教諭になり、8年間務める。1899年に東京女子高等師範学校教授で同郷の東基吉と結婚し、教育学者だった夫の提案により、「子供の言葉による、子供が喜ぶ童謡」の作詞を始め、2年後輩の瀧廉太郎と組んで、「お正月」、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」などの作品を残した。音楽教諭を退職後、夫が大阪L府池田師範学校長に就任したため、大阪府池田市へ転居。1959年の東京藝術大学創立80周年記念式典で音楽教育功労者表彰を受け、1962年には新宮市名誉市民となり、池田市文化功労賞を受章。高齢になってもかくしゃくとしており、90歳まで現役のピアノ教師として働いた。代表作 / 『鯉幟』『鳩ぽっぽ』 – 「ぽっぽっぽ」で始まる『鳩』とは別の曲。『雪やこんこん』 – 「雪やこんこ」で始まる『雪』とは別の曲。『お正月』『みずあそび』。その他 / 死去した翌年の1970年12月20日に、TBS系列「東芝日曜劇場」にて、東の生涯をとりあげたテレビドラマ『いのちの歌』(製作:中部日本放送、脚本:木下惠介)が放送された。このドラマでは、樫山文枝が東を演じた。また、1993年には映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』で渡辺典子が、1998年にはオペラ『瀧廉太郎』で氷見政子が、それぞれ東を演じている。 (東くめ – Wikipedia)

関連エントリ

東くめ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kume Higashi の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る