フィンランド カテゴリのアーカイブ

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ)
2015 Toru Takemitsu Composition Award Winners Announced! (Jury: Kaija Saariaho)

2015年度 武満徹作曲賞 受賞者決定! (審査員: カイヤ・サーリアホ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽

330px-Tru_Takemitsu.jpg

263px-Jaufre_rudel.jpg

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽
Love and strength and, music of Kaija Saariaho

慈しみと つよさと カイヤ・サーリアホの音楽 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2015年度 武満徹作曲賞ファイナリスト決定 (審査員: カイヤ・サーリアホ)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

2015年度 武満徹作曲賞ファイナリスト決定 (審査員: カイヤ・サーリアホ)
2015 Toru Takemitsu Composition Award finalists determined (Jury: Kaija Saariaho)

2015年度 武満徹作曲賞ファイナリスト決定 (審査員: カイヤ・サーリアホ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ

330px-Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ
Tokyo Opera City Cultural Foundation sponsored concert lineup of 2015

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からの メールマガジン 「わかる!国際情勢、第74号」

000033232.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

外務省(Ministry of Foreign Affairs)は、日本の行政機関のひとつ。 平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。(wiki/外務省

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第74号(2014年3月31日発行)が送られてきました。 日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からの メールマガジン 「わかる!国際情勢、第74号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 36」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道総合政策部知事室国際課から 「国際化通信 No. 36」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。
日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 36」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.35」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。

日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の女子スキージャンプ高梨沙羅選手(Sara Takanashi)

800px-Flag_of_Japan_svg.jpg

400px-Sara_Takanashi_Hinterzarten2012.jpg


Sara Takanashi 高梨沙羅 スキージャンプ女子 総合優勝!W杯今季8勝目 – YouTube

Sara Takanashi のニュースブログ(Google 検索)
高梨沙羅 のニュースブログ(Google 検索)

高梨 沙羅(たかなし さら、1996年10月8日 – )は、日本の女子スキージャンプ選手である。 北海道上川郡上川町出身。上川町立上川中学校を経て旭川市のグレースマウンテンインターナショナルスクールに在学中。 2010/2011シーズンのスキージャンプ・コンチネンタルカップで、国際スキー連盟公認大会での女子選手史上最年少優勝を記録。 2012/2013シーズンのワールドカップでは、残り2戦を残し初の個人総合優勝を果たした。日本選手のスキージャンプワールドカップ個人総合優勝は史上初であり、16歳4カ月での達成はFISワールドカップ史上最年少記録である。(Wikipedia

日本の女子スキージャンプ高梨沙羅選手(Sara Takanashi) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る