美幌町 カテゴリのアーカイブ

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

関連記事

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) – 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長を歴任した。 生涯 / 晩年 / 三島通陽の『スカウト十話』によれば、後藤が倒れる日に三島に残した言葉は「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」であったという。 逸話 / 日本のボーイスカウト活動に深い関わりを持ち、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めている。スカウト運動の普及のために自ら10万円の大金を日本連盟に寄付し、さらに全国巡回講演会を数多く実施した。ボーイスカウトの半ズボンの制服姿の写真が現在も残っている。制服姿の後藤が集会に現れると、彼を慕うスカウトたちから「僕等の好きな総長は、白いお髭に鼻眼鏡、団服つけて杖もって、いつも元気でニコニコ」と歌声が上がったという。 現在の中国大使館は後藤邸の跡地である。 (後藤新平 – Wikipedia)

三島 通陽(みしま みちはる、1897年(明治30年)1月1日 – 1965年(昭和40年)4月20日) は、日本の小説家・劇作家・演劇評論家。子爵。貴族院議員・参議院議員。文部政務次官。二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。東京麻布生まれ、学習院卒業。ペンネームに三島章道(みしま しょうどう)。 ボーイスカウト運動 / ボーイスカウト日本連盟初代理事長兼中央実修所所長を経て、ボーイスカウト日本連盟第4代総長。 1922年(大正11年)、後藤新平を中心として初の全国組織「少年団日本連盟」が結成されると、25歳で副理事長に選任される。妻の純は翌年、日本のガールガイド・ガールスカウト組織として、「日本女子補導団」を設立。 1950年(昭和25年)、三島家別荘の土地と家屋(栃木県西那須野町)をボーイスカウト日本連盟に譲渡。その地所は現在、ボーイスカウト日本連盟の常設野営場、那須野営場となっている。 1951年(昭和26年)、全国総会において第4代総長に選出される。 1953年(昭和28年)、ボーイスカウト日本連盟より功労章「きじ章」を贈られる。 1959年(昭和34年)、藍綬褒章受章。 1961年(昭和36年)、英国ボーイスカウト連盟より功労章「ブロンズ・ウルフ章」を贈られる。 1965年(昭和40年)2月25日から3月7日まで毎日新聞に「スカウト十話」を連載。これが絶筆となる。 4月20日死去。叙・正三位、勲二等旭日重光章受章。 4月24日、日本連盟葬が執行された。なお、琵琶湖畔の雄松崎(滋賀県大津市)にある「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑の書は、三島の筆によるものである。 (三島通陽 – Wikipedia)

第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 1962年(昭和37年)8月3日 – 8月8日 場所:静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。明仁皇太子殿下 (今上天皇) と美智子妃殿下 (皇后美智子) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

ボーイスカウト十話 – ボーイスカウト茨城県連盟ホームページ

関連エントリ

スカウト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スカウト十話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 第33回ふれあい広場びほろ (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

2019年 第33回ふれあい広場びほろ (北海道美幌町)

関連記事

25日・ふれあい広場びほろ 2019/08/21掲載(美幌町/告知) しゃきっとプラザ / 「まなび、でみせ」など各種コーナー開設 / 第33回ふれあい広場びほろが25日(日)午前10時~午後1時、美幌町しゃきっとプラザで開かれる。 町内の保健、医療、福祉にかかわる36機関・団体でつくる実行委員会が主催する。初の試みとして、美幌産アスパラのPRを兼ねた全日本アスパラ計量選手権「アスパラぴったんこ」が開かれる。 折り紙、絵手紙などの「ふれあい」、手話、終活講座などの「まなび」、血管年齢測定、心肺蘇生体験などの「けんこう・えいよう」、屋台や避難食試食などの「でみせ」の各コーナーが設けられる。もちまきも実施される。 問い合わせは実行委事務局の美幌町社会福祉協議会(0152・72・1165)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

しゃきっとプラザ | 美幌町ホームページ

ふれあい広場 | 美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

ふれあい広場びほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

子どもの人権110番 強化週間のお知らせ

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

子どもの人権110番 強化週間のお知らせ

関連記事

「子どもの人権110番」 2019/08/22掲載(網走管内/告知) 相談時間を延長 / 29日から強化週間 / 法務局と人権擁護委員連合会は29日から9月4日までを「子どもの人権110番」強化週間として、相談時間を延長して対応する。 同110番はいじめや体罰など、子どもの発する信号をいち早くキャッチし、解決に導くための相談を受け付ける専用電話。 人権擁護委員や法務局職員が対応にあたる。午前8時半~午後7時。ただし31日と9月1日は午前10時~午後5時。 電話番号は全国共通でフリーダイヤル0120・007・110。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

全国一斉「子どもの人権110番」強化週間の実施について / 子どもをめぐる様々な人権問題の解決を図るための活動を強化するため,全国一斉「子どもの人権110番」強化週間を実施します。 (全国一斉「子どもの人権110番」強化週間の実施について法務省ホームページ)

関連動画

人権相談窓口広報用コンテンツ4 「子どもの人権110番」(30秒版) – YouTube

関連サイト

子どもの人権110番 – 法務省ホームページ

「子どもの人権110番」につながらない方向けの各局電話番号一覧(通話料有料) – 法務省ホームページ

関連エントリ

子どもの人権110番 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

子どもの権利 こどもの権利条約

子どもの権利 こどもの権利条約

関連記事

子どもの権利は、子どもが持つ人権のことである。そこには親や保護者との適切な関係性を保持する権利、基本的な食事の必要を満たす権利、教育を受ける権利、保護とケアを受ける権利、子どもの年齢と発達の度合いから見て適切な刑事法の適用を受ける権利、人間としての独自性を発揮する権利などが含まれる。 (子どもの権利 – Wikipedia

児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく、英語:United Nations Convention on the Rights of the Child)は、児童(18歳未満の者)の権利について定める国際条約である。通称は子どもの権利条約(こどものけんりじょうやく)。略称はCRCあるいはUNCRC) 。 (児童の権利に関する条約 – Wikipedia)

関連動画

子どもの権利条約30周年:あなたはどうしますか? /日本ユニセフ協会 – YouTube

子どもの権利条約30周年:デイビッド・ベッカム大使からのメッセージ /日本ユニセフ協会 – YouTube

関連サイト

2019年は、子どもの権利条約が採択されて30周年です – 日本ユニセフ協会

子どもの権利条約 特設サイト | 日本ユニセフ協会

こどもの権利条約 全文 | 日本ユニセフ協会

「児童の権利に関する条約」全文

関連エントリ

こどもの権利 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

こどもの権利条約 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本ユニセフ協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 8月23日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス

480px-Twitter_2010_logo_svg.png

IMG_20190823_150905

2019年(令和元年) 8月23日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス

金曜日の宅配弁当 美幌町の気楽家(きらくや)

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

北見保健所 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道庁のホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁のホームページ

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の高速バス 千歳オホーツクエクスプレス (網走市・北見市・新千歳空港)

北海道の高速バス 千歳オホーツクエクスプレス (網走市・北見市・新千歳空港)

関連記事

千歳オホーツクエクスプレス運行開始 2019/08/19掲載(網走市/社会) 網走と新千歳空港を結ぶ高速バス / 網走バス(小澤友基隆社長)は、網走市と新千歳空港を結ぶ高速バス「千歳オホーツクエクスプレス」の運行を始めた。網走-新千歳空港の高速バスによる“陸路直通”は初めての試みで、同社は「地元自治体や観光関係者から期待の声も多く、地域観光振興の一助になれば」としている。 自治体・観光関係者の期待 「地域観光振興の一助になれば」 / 千歳オホーツクエクスプレスは北海道運輸局の認可を得て、7月20日から1日1往復運行している。「道内空港の民営化を控え、今後さらにLCC(格安航空機)の就航などにより観光客の動きが活発になることが予想される」(同社)ことから、網走-新千歳空港間においての高速バスの運行準備を進めてきた。 同社によると、バスの所要時間は新千歳空港→網走で約6時間40分、網走→新千歳空港で約8時間(※所要時間が異なるのは、網走発の便は新千歳空港のオープン時間に合わせた運行となるため)。 運賃は網走-新千歳空港で大人・片道6500円(往復12200円)。北見、美幌、女満別で乗降できる(※乗降場所により運賃は異なる)。 千歳オホーツクエクスプレスの魅力の一つは、「旅行アクセスに便利な千歳市まで寝ながら行ける」(同社)ことだ。網走バスターミナルの出発時間は午後10時20分としており、走るバスので一夜を過ごせば、翌朝の午前6時20分には新千歳空港に到着している。 「午前6時20分」という到着時間は、同空港から東京、関西、名古屋、福岡などへ向う早朝出発フライトにスムーズに乗れるように考慮して設定。また、JR南千歳駅の早朝発車(手稲行き、札幌行き、苫小牧行き、函館行き)にも乗車できるよう配慮している。 新千歳空港内には早朝から楽しめる温泉施設もある(利用時間、料金などは同空港のHPなどでチェックを)。同社は「空の旅の出発前に温泉でリラックスしてみては」。 高速バスの車両は3列独立シートで、Wi-Fi、トイレなどが備わる。乗車予約はネットのみで受け付け。北海道の都市間バス予約サイト「バスNAVI北海道」で予約できる。 問い合わせは網走バス(0152・43・4101)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

千歳オホーツクエクスプレス | バスナビ北海道ホームページ

網走バス (Abashiri Basu) ホームページ

新千歳空港ホームページ

関連エントリ

千歳オホーツクエクスプレス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

網走バス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 8月21日(水曜日) 北海道美幌町の配食サービス

800px-Curry_rice_by_Hyougushi_in_Kyoto.jpg

IMG_20190821_151340

2019年(令和元年) 8月21日(水曜日) 北海道美幌町の配食サービス

水曜日の宅配弁当 ㈲中島食品 | 美幌町

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

食中毒警報の発令について | 美幌町ホームページ

北見保健所 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道庁ホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁ホームページ

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月19日 バイクの日 (日本の記念日)

d0261115_19171183

8月19日 バイクの日 (日本の記念日)

関連記事

8月19日 バイクの日 / 総務庁交通対策本部が1989年に制定。「バ(8)イ(1)ク(9)」の語呂合せ。バイクの安全を考え、バイクによる交通事故の増加を防止するための日。 (8月19日 今日は何の日~毎日が記念日~

8月19日は「バイクの日」 2019/08/20掲載(北見市/社会) 北見の愛好者らが交通安全呼びかけ / 国道39号をパレード / 8月19日は内閣府が定める「バイクの日」。北見バイク愛好会は前日の18日に北見市内の国道39号で街頭啓発パレードを行った。 夏の行楽期の交通安全啓発、愛好者の交流とバイクの魅力発信を兼ねて実施。この日は市端野の元飲食店敷地に大小さまざまなバイクやサイドカー、三輪バイクなど約30台が集合した。 開会式で宮末政則実行委委員長が「パレードを通じて少しでも事故防止につなげたい」と挨拶。警察の白バイの先導に続いてバイクが順次出発。道行く人々の注目を集めながらセーフティードライブで約40キロ先の道の駅おんねゆ温泉を目指した。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

バイクの日で啓発 2019/08/21掲載(美幌町/社会) 美幌地区交通安全許可委など / 二輪車運転気を付けて / 美幌地区交通安全協会などは「バイクの日」の19日、美幌峠で二輪車などを対象に交通安全啓発を行った。 協会職員、美幌地域交通安全活動推進委員、美幌警察署員、美幌町役場職員合わせて7人が道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」駐車場で啓発。三角形のオリジナルフラッグやガム、飲酒運転防止を呼び掛けるうちわなどをライダーをはじめ、四輪車のドライバーに手渡した。 釧路市内から二輪車で訪れた男性(48)は「日頃から後方の確認や、鹿の飛び出しに特に注意を払っている。安全運転で帰りたい」と誓っていた。(浩)https://denshobato.com/BD/N/page.php?id=116521

関連サイト

ぐるっとパノラマ美幌峠 – 北の道の駅ホームページ

8月19日はバイクの日 7・8・9月はバイク月間 | 日本二輪車普及安全協会

関連エントリ

1963年(昭和38年)4月 北海道美幌高等学校 オートバイ通学 – 美幌音楽人 加藤雅夫

バイクの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見バイク愛好会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

波の盆 (武満徹の楽曲)

波の盆 (武満徹の楽曲)

関連記事

『波の盆』(なみのぼん)は、1983年11月15日の21:02 – 22:54に日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビドラマ。また、その主題曲として作られた武満徹の楽曲。 概要 / 戦争によって引き裂かれたハワイ日系移民家族の姿と、それぞれの想いを描く。舞台はマウイ島のワイルク、ラハイナなど。現地のコンドミニアムにキャストとスタッフが共同生活しながら撮影が行われた。 日本テレビ・テレビマンユニオン提携作品。監督は実相寺昭雄、脚本は倉本聡。西武セゾングループ提供の「西武スペシャル」として放送された。第38回(昭和58年度)芸術祭大賞、第1回ATP賞グランプリ、第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。 1984年2月4日には、芸術祭大賞受賞を記念して再放送された。現在は、バップよりDVDとして発売されているほか、横浜の放送ライブラリーにて無料で閲覧できる。 2011年8月27日、川崎市市民ミュージアムで開催された「実相寺昭雄展」で、関係者試写、スクリーン上映会が行われた。2013年、日本テレビ開局60年記念の一環として、CS日テレの日テレプラスにて周年ドラマ特集が組まれ、「秋のシナリオ」「ゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルース」「テレビ、翔んだ!」とともに再放送された(本作は12月7日ほかで放送された)。 あらすじ / 1983年夏、ハワイ・マウイ島。長年連れ添った妻に先立たれた日系一世の老人・山波公作は、仕事を引退して毎日追憶に耽る日々を過ごしていた。そんなある日、遠い昔に勘当した四男・作太郎の娘・美沙が、亡くなった妻に宛てた手紙を携えて日本からやってきた。孫が訪ねてくれた嬉しさの反面、祖国を裏切って米軍に協力した作太郎へのわだかまりがある公作は、美沙に対して心を開くことができない。そんな公作に、思い出の中の妻・ミサが優しく語りかけてくる。 サウンドトラック / 武満徹作曲の本番組のサウンドトラックは、岩城宏之指揮、東京コンサーツ演奏によるもの。下記のとおりソフト化されている。 (波の盆 – Wikipedia)

関連動画

Toru Takemitsu:Nami no Bon 武満徹 「波の盆」 – YouTube

関連サイト

武満 徹 – 楽曲試聴 | NHK交響楽団ホームページ

武満徹 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

関連エントリ

波の盆 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道鄂霍次克的蓝 | 北海道のオホーツクブル (姚遠)

北海道鄂霍次克的蓝 | 北海道のオホーツクブル (姚遠)

日本の東京で暮らす中国人 姚遠さんのフォト・エッセイ(随筆)

関連記事

鄂霍次克海(俄语:Охо́тское мо́ре,羅馬化:Okhotskoye More,IPA:[ɐˈxotskəjə ˈmorʲə]),是西太平洋的一個陸緣海,位於堪察加半島以西,千島群島以西北,北海道岛以北,库页岛以東,以及西伯利亞(包括尚塔尔群岛)東部以南。鄂霍次克海東北部的海灣為舍利霍夫灣。 (鄂霍次克海 – Wikipedia)

関連サイト

北海道のオホーツクブルー – 東京流行通訊 (姚遠)

人の心を信じること・・・ – 東京流行通訊 (姚遠)

北海道鄂霍次克的蓝 – 东京流行通讯 (姚遠)

人间自有真情在 – 东京流行通讯 (姚遠)

関連エントリ

姚遠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yao Yuan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る