アメリカ カテゴリのアーカイブ

星に願いを

星に願いを

関連記事

星に願いを 1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌 / 『星に願いを』(ほしにねがいを、原題:When You Wish upon a Star)は、ネッド・ワシントン作詞、リー・ハーライン作曲の[1940年]]に発表された歌。 曲の来歴 / 1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌としてジミニー・クリケット(コオロギ)が歌った。実際にはジミニーを演じたクリフ・エドワーズが歌い、その年のアカデミー賞の歌曲賞を獲得した。 (星に願いを – Wikipedia)

関連エントリ

星に願いを の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

パトリック・ヘンリーの言葉「自由を与えよ。然らずんば死を」

パトリック・ヘンリーの言葉「自由を与えよ。然らずんば死を」
Give me liberty, or give me death!

関連記事

“Give me liberty, or give me death!” is a quotation attributed to Patrick Henry from a speech he made to the Second Virginia Convention on March 23, 1775, at St. John’s Church in Richmond, Virginia. Henry is credited with having swung the balance in convincing the convention to pass a resolution delivering Virginian troops for the Revolutionary War. Among the delegates to the convention were future U.S. Presidents Thomas Jefferson and George Washington. (Give me liberty, or give me death! – Wikipedia)

パトリック・ヘンリー(Patrick Henry、1736年5月29日 – 1799年6月6日)は、アメリカ合衆国の弁護士、政治家である。 ヘンリーの最も有名な演説は、1775年3月23日に行われたもので、バージニアはイギリスの支配に異議を唱えるニューイングランド地方の抵抗運動に参加すべきことを訴えて、特に有名な次の発言を演説の結びとした。 Is life so dear, or peace so sweet, as to be purchased at the price of chains and slavery? Forbid it, Almighty God! I know not what course others may take; but as for me, give me liberty or give me death! 鎖と隷属の対価で購われるほど、命は尊く、平和は甘美なものだろうか。全能の神にかけて、断じてそうではない。他の人々がどの道を選ぶのかは知らぬが、私について言えば、私に自由を与えよ。然らずんば死を与えよ。特に最後の最後の「自由を与えよ。然らずんば死を」という発言は歴史に記憶される名文句となった。 (パトリック・ヘンリー – Wikipedia)

関関連エントリ

パトリック・ヘンリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 重大ニュース・北見市

2019年 重大ニュース・北見市

関連記事

2019年 重大ニュース・北見市 ㊤ 2019/12/21掲載(北見市/社会・スポーツ・文化)
サムさ、アツさ 気温の猛威 / 34年ぶり寒波 2月9日に氷点下28.2度 痛いほど冷凍庫状態 / 北見で2月9日に氷点下28.2度を観測した。7日から最高気温が氷点下10度を上回ることのない〝猛寒日〟が続き、ずっと冷凍庫の中にいるような状態だった。1985(昭和60)年1月に4日間続いたのに次ぐ寒波。慣れているはずの北見っ子も「痛いくらいの寒さ」。北見の観測史上9番目で、極値は1978年2月17日の氷点下30.9度。(寒)
全国都道府県対抗男子駅伝 / 緑陵高・村上太一選手道代表に / 第4区担当、3人抜き快走 / 北見緑陵高校陸上部の村上太一選手(当時2年)が1月、第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(広島市)の北海道チームに選抜され出場した。第4区(5㌔)を担当し3人抜きの快走をみせた。(寒)
技能グランプリ / 北見の男性が銀賞 北海道の建具技能者で初の快挙 / 一流の技能者が日本一を競う技能グランプリが3月に神戸市で開かれ、北見の男性=木下建具工芸=が銀賞を受賞した。道内の建具技能者では初めての快挙。男性は最高位の金賞を目指し、技術に磨きをかけている。男性は北見高等技術専門学院在学中に技能五輪全国大会で金賞を受賞し、国際大会への出場経験も持つ。2年に1度開かれる技能グランプリに2013年から挑戦し、今回が4度目の挑戦。課題の衝立(ついたて)を高い精度で仕上げ、みごと銀賞に輝いた。(柏)
のんたの湯 露天風呂再開 / 湯量の減少により露天風呂など一部施設を休止していた北見市端野の公共温泉施設「のんたの湯」は、4月27日からすべての施設の利用が可能になった。2015年、湯を汲み上げる井戸のひとつに砂利が堆積し、ポンプが埋没。湯量が減少し、人気の露天風呂が使えない状態になっていた。その後は井戸の改修や水揚試験を経てほぼ4年ぶりに露天風呂が復活した。その間も営業を続けていたが、露天風呂に入れない影響は大きく、客足に響いていた。端野総合支所によると露天風呂再開後は次第に客足が戻ってきているという。(柏)
地域と歩む防災研究センターが開所 / オホーツク地域創生研究パークで公開実験 / 北見工業大学の地域と歩む防災研究センターが開所し、5月28日、研究拠点となるオホーツク地域創生研究パーク(旧北見競馬場跡地)で河川増水時の侵食実験を公開した。広大な同パークで大掛かりな実験が可能となる。地域の防災力向上に結び付くものと期待される。(寒)
北見で観測史上最高38.1度 / 5月26日いっきに「猛暑日」 / 北見の観測史上最高となる気温38.1度を5月26日、観測した。春の5月26日に観測するのは異例。ほかにも管内の佐呂間町でこの日の全国一となる39.5度、津別町で38.0度など。北見ではこれまで2014(平成26年)6月3日の37.2度が最高だった。前日の25日には30.4度の「真夏日」を記録、この日はいっきに「猛暑日」となった。市朝日町の香りゃんせ公園は、早くも涼しさを求める家族連れが多く訪れた。(寒)
北見フリーグス2年ぶり3回目 日本一 / 車いすカーリング選手権 / 北見の車いすカーリングチーム「北見フリーグス」が6月、第15回日本車いすカーリング選手権(青森市)で優勝した。2年ぶり3回目の制覇。(寒)
真夏日以上11日間 連続記録を更新 / 7~8月に / 7月28日の最高気温31.6度をスタートに8月2日の35.1度を含め同7日まで、北見で11日間連続「真夏日」以上が観測された。アメダスデータを調べたところ、統計が残る1976(昭和51)年以降でこれまで北見で最長だった2011(平成23)年8月4日~11日の8日間連続を更新し、観測史上最長となった。一方で今夏、日照時間が1時間に満たない日が8月だけで12日に達し、不安定な天候の夏だった。(寒) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

2019年 重大ニュース・北見市 ㊦ 2019/12/23掲載(北見市/その他)
北見市長選 辻直孝氏2選 / 北見市長選挙の投開票が9月8日に行われ、無所属の現職・辻直孝氏が、共産党公認の新人・菅原誠氏を破って当選した。4年前の市長選と同様、辻氏と菅原氏の一騎打ち。複数の政党から推薦を受けた辻氏が、2万5138票を獲得。菅原氏の9312票に大差をつけ、2期目当選をつかんだ。選対事務所で辻氏は「少子高齢、人口減少など課題は山積しているが、しっかり連携し、この地域を守っていきたい。どんなに苦しい状況であっても光を求め、挑戦していきます」と決意を述べた。(匡)
国内最大規模の玉ねぎ集出荷施設が完成 / きたみらい農協 / きたみらい農協の相内玉ねぎ集出荷施設(選別施設・冷蔵貯蔵施設)が北見市西相内に完成し、6月に関係者を集めて修祓式が行われた。国内最大規模を誇る玉ねぎ施設で、北見産玉ねぎの安定供給と作業効率の向上、産地競争力の強化が期待されている。昨年完成した冷蔵貯蔵施設(延べ床面積6300平方㍍)に続き、今年はその隣りに巨大な選別施設(同1万9千平方㍍)が建設された。1日当たり400㌧の玉ねぎの処理が可能で、これは同農協全体のほぼ3分の1の処理量となる。(柏)
姉妹都市提携50周年を祝う / 米国エリザベス市と相互に訪問団派遣し交流 b 北見市と米国エリザベス市が姉妹都市提携50周年を迎え、互いに訪問団を派遣して半世紀の節目を祝った。エリザベス市出身のジョージ・ペック・ピアソン宣教師夫妻が100年ほど前、野付牛(現・北見市)で布教活動を行ったことが縁で1969年に姉妹都市提携を結んだ。7月にエリザベス市の訪問団が来北。10月には北見市の訪問団が渡米し、市長表敬訪問や記念式典などを通じて交流を深めた。(柏)
少年から傘寿まで 野球で活躍 / K・B・KIDS偉業 全道V3、全国3位 / 少年野球から傘寿野球まで、北見の野球チームが今年も活躍した。北見南小学校の児童らでつくる野球少年団、北見ビクトリーが8月、全国大会に出場した。強豪で知られるが、創立44年目にして初めての全国大会だった。社会人野球チームK・B・KIDS(ケービーキッズ)が40歳以上の日本スポーツマスターズ軟式野球競技(旧・国体軟式野球壮年の部)北・北海道大会を3連覇する偉業。サージ網走チームとのオホーツク勢決勝戦を制した。さらに岐阜県で9月に開かれた全国大会ではいずれも延長戦となった1~3回戦を連勝。最後まで諦めない試合を繰り広げ、みごと3位の好成績を収めた。80歳以上の傘寿野球が北見市営球場でお披露目された。道内初。北見、遠軽、旭川、帯広などから駆けつけた20人が2チームに分かれて紅白戦を行った。選手達は「やっぱり野球は楽しい」と夢中になって白球を追った。(寒)
上仁頃小学校の閉校決定 / 2022年3月末で 通学移行へ / 北見市立上仁頃小学校の2022年3月末での閉校が決まった。市が地域からの要望を受け閉校と児童の端野小学校への通学移行の方針を固め、9月の市議会総務教育常任委員会に報告した。市教委によると、上仁頃小学校区域の上仁頃、美里、仁頃、大和、北陽で幼児・児童の増加の見込みがなく、2022年度の入学予定者数はゼロの見通しだった。上仁頃小の閉校で、仁頃地域の学校施設がなくなる。(匡)
インフルエンザ予防接種 / 子ども費用を市が一部助成 期間に注意 / 北見市は今年度から、子どものインフルエンザ予防接種費用の一部を助成する新事業をスタートさせた。子どもの接種率向上やまん延防止、家計負担の軽減が目的で、実施期間は10月15日~1月31日。対象年齢は生後6カ月~中学生で、1回につき一律千円(2回接種が必要な13歳未満は2回分)を助成する。すでにインフルエンザは流行期を迎えており、市健康推進課によると11月末現在の対象者の接種率は40.4%(13歳未満で1回のみの接種を含む)となっている。(柏)
美術室設置の改修工事始まる / 北網圏北見文化センター / 北網圏北見文化センターに美術室を設置する改修工事が、11月に始まった。センター1階の科学館の一部に間仕切りをして美術作品の展示スペースを確保し、作品展示の準備を経て来年4月にオープンの予定。面積は131平方㍍。事業費は約1400万円。これまで収蔵作品展でしか見られなかった作品が、常設で見られるようになる。市教委は美術室完成後、年に2、3回のペースで作品の入れ替えを行う考え。(匡) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北見市のホームページ

関連エントリ

重大ニュース の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲)

エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲)

死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。
人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。
下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 (チャップリンの言葉)

人生は、希望ひとつで生きられる (美幌音楽人加藤雅夫の言葉)

関連記事

「エターナリー」(Eternally)は、チャールズ・チャップリン監督・主演による1952年公開の映画『ライムライト』の主題歌。チャップリンの自作曲で、作詞はジェフリー・パーソンズ(英語版)、ジョン・ターナー(英語版)。第45回アカデミー作曲賞を受賞した。「テリーのテーマ」(Terry’s Theme )の別称もある。 (エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲) – Wikipedia)

『ライムライト』(Limelight)は、1952年製作のアメリカ合衆国の映画。チャールズ・チャップリン監督。上映時間137分。 キャッチコピー / 美しきバレリーナに よせる心を秘めて 舞台に散った道化の恋… 名優の至芸と 愛の名曲でうたい上げる 感動のチャップリン・シンフォニー(73年のリバイバル時) (ライムライト (映画) – Wikipedia)

関連動画(YouTube)

Chaplin at His Home in Switzerland ◦ 1975 ◦ Chaplin svájci otthonában

関連エントリ

チャップリン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

エターナリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ライムライト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Gifted ギフテッドについて

Gifted ギフテッドについて

関連記事

ギフテッド 先天的に獲得した、平均よりも顕著に高度な知的能力、およびその能力を有する人 / ギフテッド(Gifted)、知的ギフテッド(Intellectual giftedness)とは、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。または、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を指す。外部に対する世間的な成功を収めることではなく、内在的な学習の素質、生まれつきの学習能力を持っているということである。 アメリカ教育省はギフテッドを「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と1993年に定義している。ギフテッドにおける高度な知的能力の傾向は、誕生時点から、生涯にかけて見られる。 ギフテッドは、英才児、優秀児、天才児などと和訳されているが、日本では、そのような子供を「飛び級できるような賢い子」という一面でしか捉えられておらず、誤解が生じている。そのため、本項では、英才児、優秀児、天才児などと和訳せず、「ギフテッド」と呼称する。ギフテッド (gifted)は、贈り物を意味する英語の「ギフト (gift)」 が語源であり、神または天から与えられた“資質”、または遺伝による生まれつきの「特質」と言える。「ギフテッドの才能を伸ばす」という言い方はできる。しかし「こうすればギフテッドになる」とは言わない。 ギフテッドは早期教育や、他人よりも早く多く習得する先取り学習によってギフテッドに成長するようなことはない。ギフテッドは自ら常に多様な「知的刺激」を切望して満たし、自分の好みの学習方法で、自分の興味のある分野を極めて深く掘り下げて探求する傾向にある。 そのため、ギフテッドは結果的に同年者より先のレベルに到達することが多い。ギフテッドは、教育熱心な保護者主導で幼児教室に通わせたり、または業者の教材を子供に買い与える受動的な早期教育とは一線を画する。ギフテッドは、 タレンテッド(英: Talented)という言葉と併用され、「ギフテッド」や「タレンテッド」への教育は、ギフテッド・タレンテッド教育 (GATE, Gifted and Talented Education) と呼ばれている。ギフテッドが、全般的、学術的な才能を指すのに対して、タレンテッドは芸術的な才能を持つ人物を意味する。 (ギフテッド – Wikipedia)

Intellectual giftedness is an intellectual ability significantly higher than average. It is a characteristic of children, variously defined, that motivates differences in school programming. It is thought to persist as a trait into adult life, with various consequences studied in longitudinal studies of giftedness over the last century. There is no generally agreed definition of giftedness for either children or adults, but most school placement decisions and most longitudinal studies over the course of individual lives have followed people with IQs in the top two percent of the population—that is, IQs above 130. Definitions of giftedness also vary across cultures. The various definitions of intellectual giftedness include either general high ability or specific abilities. For example, by some definitions an intellectually gifted person may have a striking talent for mathematics without equally strong language skills. In particular, the relationship between artistic ability or musical ability and the high academic ability usually associated with high IQ scores is still being explored, with some authors referring to all of those forms of high ability as “giftedness”, while other authors distinguish “giftedness” from “talent”. There is still much controversy and much research on the topic of how adult performance unfolds from trait differences in childhood, and what educational and other supports best help the development of adult giftedness. (Intellectual giftedness – Wikipedia)

関連サイト

知られざる天才 “ギフテッド”の素顔 – NHK クローズアップ現代+

日本ギフティッド協会のホームページ

関連エントリ

ギフテッド の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月4日はE.T.の日です

12月4日はE.T.の日です

関連記事

12月4日 E.T.の日 1982(昭和57)年のこの日、映画『E.T.』が日本で公開された。観客は1000万人を突破し、1997年に『もののけ姫』に抜かれるまで最高の配給収入を記録していた。E.T.はExtra-Terrestrialの略で「地球外生物」のことである。 (12月4日 今日は何の日〜毎日が記念日〜)

E.T. 1982年公開のアメリカ映画 / 『E.T.』(イーティー、E.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年公開のアメリカのSF映画。ならびに、同作品に登場する、架空の地球外生命体の名称である。 (E.T. – Wikipedia)

関連エントリ

E.T. の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

E.T. the Extra-Terrestrial の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

インターナショナルCアワー 北見工業大学国際交流センター

インターナショナルCアワー 北見工業大学国際交流センター

関連記事

インターナショナルCアワー 2019/11/20掲載(北見市/行事)
子どももおとなも仮装して留学生を歓迎! 北見工大国際交流センター / グラフ / 北見工業大学国際交流センターが毎月1回程度開くイベント、インターナショナルCアワー。10月31日は「新しい留学生を歓迎しましょう!」をテーマに開催されました。ちょうどハロウィーンと重なり、子ども達も仮装して、中国、韓国、モンゴルなど遠く海外からやって来た学生達を歓迎しました。(寒)
27日・北見工大でインターナショナルCアワー / 海外研修体験談発表 / 北見工業大学国際交流センター主催の留学生らとふれあうイベント「インターナショナルCアワー」が、27日(水)午後6時10分から、同大学3号館3階ミーティングルームⅠで開かれる。国際交流に関心のある人は誰でも参加できる。 「アメリカ・オーストラリア語学研修の体験談」「台湾・韓国文化交流研修体験談」について学生らが報告する。参加無料。申し込み不要。問い合わせは同センター(0157・26・9370)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

国際交流センター | 北見工業大学のホームページ

関連エントリ

インターナショナルCアワー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

関連記事

北守一生さんのマンハッタンズライブ 2019/11/16掲載(美幌町/告知) 美幌町出身サックスプレーヤー / 11月26日 / 美幌町出身のサックス奏者、北守一生(かずき)さん率いるバンド「マンハッタンズ」のジャズライブ2019が26日(火)午後6時から町民会館びほーるで開かれます。 北守さんは美幌中学校、美幌高校を卒業。大学進学後にプロになり、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動。歌手のホイットニー・ヒューストンさんの母・シシーさんら数々の著名なミュージシャンと共演しました。 美幌のライブは1年半ぶり。前売券2千円、当日券2500円で、ドコモショップオホーツク美幌店(0152・75・2112)などで扱っています。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

町民会館文化情報 美幌町で開催される文化事業 / 11月26日(火) MANHATTANS JAZZ LIVE 2019 美幌公演、主催者 ドロップス、会場 町民会館小ホール、前売券 2,000円 全席自由、開演 18:00 (町民会館文化情報 | 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

関連エントリ

アメリカ合衆国のジャズピアニスト Ronnell Bright について – 美幌音楽人 加藤雅夫

北守ただよし の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tadayoshi Kitamori の検索結果 -?美幌音楽人 加藤雅夫

北守一生 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kazuki Kitamori の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Sister city Elizabeth city 2019 (Kitami Hokkaido Japan)

Sister city Elizabeth city 2019 (Kitami Hokkaido Japan)

関連記事

姉妹都市提携50周年を祝う 2019/11/02掲載(北見市/社会) 北見市の訪問団が米国エリザベス市へ / 記念事業などに参加、ピアソン夫妻の墓参も / 米国エリザベス市との姉妹都市提携50周年記念事業に参加する北見市からの訪問団が10月20~26日、エリザベス市を訪問した。 100年ほど前にエリザベス市出身のジョージ・ペック・ピアソン宣教師夫妻が野付牛(現・北見市)でキリスト教の布教や文化・教育活動に尽力。その縁で両市は1969(昭和44)年に姉妹都市提携を締結。ピアソン夫妻の私邸は現在、ピアソン記念館として市の指定文化財となっている。 7月にはエリザベス市のクリスチャン・ボルウェッジ市長ら訪問団が北見市を訪問し、記念事業などに参加。今回は北見市の訪問団が渡米した。 一行は辻直孝市長をはじめ北見工大と北見赤十字病院の関係者ら公式訪問団と市民訪問団の24人。市長表敬訪問や記念レセプション、北見工大とユニオンカウンティカレッジの協定締結などの記念事業が行われた。 このほかピアソン夫妻が眠る墓を参拝し、エジソン高校の生徒に日本料理や浴衣、折り紙を体験してもらう教室を開催。NPO法人ピアソン会は、ピアソン夫妻の著作を電子書籍化したDVDを市立図書館に寄贈した。 市内の移動中は市警の白バイの先導があり、ボルウェッジ市長をはじめエリザベス市職員が市役所前で出迎えるなど手厚い歓待を受けた。北見市市民環境部の井上智之次長は「とても温かく受け入れていただき、ありがたかった」と話している。(柏) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

ピアソン夫妻(ピアソンふさい)こと、ジョージ・ペック・ピアソン(George Peck Pierson、1861年1月14日 – 1939年7月31日)とアイダ・ゲップ・ピアソン(Ida Goepp Pierson、1862年 – 1937年3月13日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師夫妻。明治後期から昭和初期にかけての日本で、北海道内を中心として農村でのキリスト教の福音伝道に尽くした。夫のジョージは『ピアソン聖書』と呼ばれる聖書『略註旧新約聖書』の編纂、妻のアイダは旭川や北見の廃娼運動で実績を残した。 (ピアソン夫妻 – Wikipedia)

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻の[4]ジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して[5]、その旧邸を資料館としたものである。 (ピアソン記念館 – Wikipedia )

エリザベス(英: Elizabeth)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州東部、ユニオン郡にある都市である。ニューアークの南に隣接し、ニューヨークのスタテンアイランドとはニューアーク湾を隔てて対岸、またマンハッタンからは南西へ約20kmに位置する。2010年国勢調査では人口124,969人であり[2]、ニュージャージー州内ではニューアーク、ジャージーシティ、パターソンに次いで第4位だった。ユニオン郡の郡庁所在地でもある。 2008年、エリザベス市は「ポピュラーサイエンス」誌によって「アメリカの環境に優しい都市50」にニュージャージー州の都市として唯一選出された。 姉妹都市 / 北海道、北見市 (エリザベス (ニュージャージー州) – Wikipedia)

関連サイト

Official Elizabeth website

Sister city Elizabeth city | Kitami-shi

エリザベス市 | 北見市ホームページ

ピアソン記念館 | 北見市ホームページ

関連エントリ

Elizabeth City (New Jersey) – Kitami (Hokkaido) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ピアソン夫妻 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

One Flew Over the Cuckoo’s Nest (1975 American film)

One Flew Over the Cuckoo’s Nest (1975 American film)

関連記事

One Flew Over the Cuckoo’s Nest is a 1975 American comedy-drama film directed by Miloš Forman, based on the 1962 novel One Flew Over the Cuckoo’s Nest by Ken Kesey and the play version adapted from the novel by Dale Wasserman. The film stars Jack Nicholson as Randle McMurphy, a new patient at a mental institution, and features a supporting cast of Louise Fletcher, William Redfield, Will Sampson, Sydney Lassick, Brad Dourif, Danny DeVito and Christopher Lloyd in his film debut. (One Flew Over the Cuckoo’s Nest (film))

『カッコーの巣の上で』(カッコーのすのうえで、原題: One Flew Over the Cuckoo’s Nest)は、1975年のアメリカ映画。 原作はケン・キージーが1962年に発表した同名のベストセラー小説。精神異常を装って刑務所での強制労働を逃れた男が、患者の人間性までを統制しようとする病院から自由を勝ちとろうと試みる物語である。 (カッコーの巣の上で – Wikipedia)

関連エントリ

カッコーの巣の上で の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

One Flew Over the Cuckoo’s Nest の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る