国際 カテゴリのアーカイブ

日本の言語聴覚療法 (日本の言語聴覚士)

2009.02.01.jpg

日本の言語聴覚療法 (日本の言語聴覚士)

関連記事

言語聴覚療法(げんごちょうかくりょうほう、英語: speech and language therapy)とは、医療、介護、福祉、学校教育の分野において、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミュニケーション機能に障害のある人に対して、言語聴覚士が検査、訓練および助言、指導その他の援助などの専門的かかわりによって、対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援することである。(言語聴覚療法 – Wikipedia

言語聴覚士(げんごちょうかくし、英: Speech-Language-Hearing Therapist (ST))は、言語や聴覚、音声、認知、発達、摂食・嚥下に関わる障害に対して、その発現メカニズムを明らかにし、検査と評価を実施し、必要に応じて訓練や指導、支援などを行う専門職である。医療機関の他、保健施設、福祉施設、教育機関などで活動している。医療機関では、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員として、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職を構成する。米国では、オーディオロジスト(聴覚療法師)とスピーチ・ランゲージ・パソロジスト(言語療法士)に分かれており、米国での資格取得には大学院修士課程以上(聴覚療法士については博士課程)の教育歴を要する。
業務 / 言語聴覚士が対象とする主な障害は、ことばの障害(失語症や言語発達遅滞など)、きこえの障害(聴覚障害など)、声や発音の障害(音声障害や構音障害)、食べる機能の障害(摂食・嚥下障害)などがある。これらの障害は、生まれながらの先天性から、病気や外傷による後天性のものがあり、小児から高齢者まで幅広く現れる。言語聴覚士は、このような障害のある者に対し、問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために様々なテストや検査を実施し、評価を行った上で、必要に応じて訓練、指導、助言その他の援助を行う専門職である。言語聴覚士が行う業務は、医師・歯科医師、薬剤師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士などの医療専門職、ソーシャルワーカー、介護福祉士、介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などと連携して行う。言語聴覚士の多くは、医療機関で勤務しているが、その他、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動しており、コミュニケーションや食べる問題を持つ人やその家族に対し、豊かな生活が送れるよう支援を行っている。リハビリテーション領域としては最も新しい国家資格を有する医療専門職であり、今後、ますます需要が高くなる職種でもある。言語聴覚士の職能団体として一般社団法人日本言語聴覚士協会が多くの活動を展開している。
職域 / 言語聴覚士の職域は、医療機関、介護施設、地域、福祉施設、学校、保健機関と多岐にわたる。(言語聴覚士 – Wikipedia


関連エントリ

言語聴覚療法 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

言語聴覚士 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の失語症について

800px-Its_all_about_love.jpg

日本の失語症について

関連記事

失語症(しつごしょう、aphasia)とは、高次脳機能障害の1種であり、主には脳出血、脳梗塞などの脳血管障害によって脳の言語機能の中枢(言語野)が損傷されることにより、獲得した言語機能(「聞く」「話す」といった音声に関わる機能、「読む」「書く」といった文字に関わる機能)が障害された状態である。「聞く」「話す」「読む」「書く」全てのモダリティが障害される。よって、構音器官の麻痺などによる運動機能障害、先天的な構音器官の奇形などによる器質性障害など所謂構音障害とは異なる。また、声の出なくなる失声症などとも異なる。病理学分野において、脳の特定部位の損傷が失語症の発生、その症候に強く関係することが分かっている。このことから、損傷すると失語症を起こすような部位を言語機能の中枢である言語野とみなすことができる。また、言語野は大脳半球の左右どちらかに偏在すること、統計的に利き手との相関性があることが知られている。総合的には90%以上の人で言語野は左大脳半球にあるとされる。 これについては脳機能局在論に詳しい。発症原因は脳血管障害による言語野の損傷が大多数を占めるが、被殻、視床など言語野以外の損傷によるもの、重度の脳炎、大脳の変性疾患(アルツハイマー病、ピック病など)など様々な原疾患が報告されている。
失語症の概念 / 失語症とはいったん獲得された言語機能が中枢神経系の損傷によって言語の理解と表出に障害をきたした状態である。Kertezは失語症には3つの症状、即ち発語における誤り、話し言葉の理解障害、物品呼称の障害があるとしている。
失語症の鑑別 / 失語症と鑑別すべき症候、疾患には統合失調症、うつ病、意識障害、認知症、構音障害などがあげられる。これらの区別のためにいくつかの検査を行う場合が多い。
その他 / 失語症や、その他言語障害に対処する専門の職業に言語聴覚士(speech-Language-Hearing therapist、略してST)がある。失語症患者は言語機能に支障がでるため痴呆(認知症)と勘違いされやすいが、言語機能が失われただけで、人格や判断能力などは発症する前の状態と同じである。失語症に対する薬物療法として、ピラセタムの有効性が確認されているが、日本では保険適用外の治療法である。(失語症 – Wikipedia


関連エントリ

失語症 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

Dhonitokyoahead.jpg

800px-Its_all_about_love.jpg

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

関連記事

「広い河の岸辺」(ひろいかわのきしべ)、ないし、「流れは広く」(ながれはひろく)、あるいは「悲しみの水辺」(かなしみのみずべ)などとして知られる、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」(The Water Is Wide)、別名「オー・ワリー・ワリー」(O Waly, Waly) は、スコットランドに起源をもつ民謡であり、歌詞の一部は17世紀に起源をもつとされている。21世紀に至っても人気を保っている楽曲である。セシル・シャープ(英語版)は、1906年にこの曲を『Folk Songs From Somerset』に収録して出版した。この曲は、チャイルド・バラッド(英語版)204(ラウド・フォークソング・ インデックス(英語版)87)の「Jamie Douglas」と関係がある内容であり、表向きには第2代ダグラス侯爵ジェイムズ・ダグラスの、レディ・バーバラ・アースキン (Lady Barbara Erskine) との不幸な最初の結婚について言及したものとされる。近年における演奏 / 編曲 / 「オー・ワリー・ワリー」は、クラシック音楽系の作曲家たちに人気のある編曲の素材となっており、特にベンジャミン・ブリテンが1948年に出版した声楽とピアノのための編曲はよく知られている。ジョン・ラターは、この曲を『弦楽のための組曲』(1973年)の第3楽章で用いている。この曲は、アイザック・ウォッツによる賛美歌「さかえの主イエスの (When I Survey the Wondrous Cross) として歌われることもよくある。また、ジョン・L・ベル(英語版)の「When God Almighty came to Earth」(1987年)[15]や、フレッド・プラット・グリーン(英語版)の「An Upper Room did our Lord Prepare」(1974年)にも用いられている。さらに、ハル・ホプソン(英語版)は、作品『The Gift of Love』の中に、この曲を組み込んだ。ホプソンはまた、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」の曲に載せたキリスト教的な歌詞も書いており、教会の合唱隊によってしばしば歌われている。マック・ウィルバーグ(英語版)は、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアの詩「Thou Gracious God」に合わせてこの曲を編曲しており、モルモンタバナクル合唱団がアルバム『Peace Like a River』に収録した。映画 / 2005年の日本映画『リンダ リンダ リンダ』では、文化祭の場面で、湯川潮音がこの曲を演奏する。日本における普及 / この曲の日本への普及には、ピーター・ポール&マリーが「There is a Ship」として歌ったバージョンが大きく影響したと考えられており、白鳥英美子などが英語詞による歌唱を録音している。佐川満男と伊東ゆかりの娘である宙美は、この曲を、山川啓介の日本語詞による「ふたりの小舟」として2007年6月6日にシングル・リリースしている。この曲は伊東ゆかりもレパートリーとしており、アルバムにも収録している。2013年、この曲に先行する日本語詞はないと誤解していたケーナ奏者八木倫明は、「広い河の岸辺」として独自の日本語詞を綴り、クミコに提供した。翌2014年、「広い河の岸辺」はシングル化され、さらにアルバム『広い河の岸辺 〜The Water Is Wide〜』もリリースされた。2014年上半期のNHKの連続テレビ小説『花子とアン』では、カナダ人女性教師の愛唱歌がこの曲という設定があり、また、同年下半期の連続テレビ小説『マッサン』では、スコットランド人であるヒロインが、この曲を口ずさむ場面があった。こうした経緯が重なり、2014年に、この曲はUSENの演歌・歌謡曲部門で8週間にわたって第1位ないし第2位となるヒットとなった(広い河の岸辺 – Wikipedia

“The Water Is Wide” (also called “O Waly, Waly” or simply “Waly, Waly”) is a folk song of Scottish origin, based on lyrics that partly date to the 1600s.[citation needed] It remains popular in the 21st century. Cecil Sharp published the song in Folk Songs From Somerset (1906). It is related to Child Ballad 204 (Roud number 87), Jamie Douglas, which in turn refers to the ostensibly unhappy first marriage of James Douglas, 2nd Marquis of Douglas to Lady Barbara Erskine (The Water Is Wide (song) – Wikipedia

音楽動画 (YouTube)


The Water is Wide


ザ・ウォーター・イズ・ワイド/スコットランド民謡


The Water Is Wide 広い河の岸辺


O Waly, Waly (The Water is Wide)


Pete Seeger – The Water is Wide

広い河の岸辺 The Water is Wide

関連サイト

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(1) – 日本バラッド協会

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(2) – 日本バラッド協会

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) – 美幌音楽人 加藤雅夫

広い河の岸辺 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

The Water Is Wide の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年6月17日 父の日について

Fathers_day_father_with_kid_on_lake.jpg

2018年6月17日 父の日について

関連記事

連載 情報ポスト『まるぽ』 6月17日は「父の日」 / 6月17日は「父の日」。今回のまるぽのコーナーでは、本紙宅配エリアのお父さん50人に「父の日にもらってうれしいもの、うれしいことは?」と聞いてみました。アンケート結果を参考に、素敵な父の日を-。もらって うれしいもの うれしいこと 50人にアンケート / アンケートに回答してくれたのは北見、訓子府、置戸に住む30代~70代のお父さん50人で、結果を集計しました。第1位 気持ち(18人)・「子ども3人から父の日や誕生日に手紙をもらいます。手紙はすべて財布に入れてお守りにしています。子ども達の気持ちを誘導してくれる妻にも感謝です」(30代、北見)・「子どもが小さいころ、肩たたきや靴磨きなど何でも使える“お手伝い券”をくれました。当時は使いませんでしたが、上の子はもう高校生。今もらえると、いろいろ使えますし、その気持ちがうれしいですね」(50代、北見)・「毎日使う物だからと、名前入りのボールペンをプレゼントしてもらったことがあり、今でも大切に使っています。そういう気持ちがうれしいです」(60代、北見)。最も回答の多かったのは『気持ち』でした。他にも「子どもにありがとうと言ってほしい」「おいしい食事を作ってほしい」という声がありました。第2位 プレゼント(14人)・「ベルトと小銭入れ。毎年娘が父の日にくれるプレゼント。1年に1回、ベルトを新調するのが楽しみです」(50代、置戸)・「ゴルフ用のシャツ。毎年、子ども達が妻と相談し、ゴルフ好きの私のためにプレゼントしてくれます。ここぞという大会の時に着ていく勝負服にしています」(40代、訓子府)・「これまで父の日のプレゼントはもらったことがありません。来年は定年を控えており、父の日、誕生日、定年のお祝いを全部まとめてマッサージチェアをくれると言ってくれているので、期待しています」(50代、訓子府)。2位は『プレゼント』でした。毎年、決まった何かをもらっているという人もいるようですね。他には日本酒やビールなどお酒類、ランニングシューズやトレーニングウェアなど健康グッズを希望する声がありました。3位 家族との交流、時間(9人)・「単身赴任中なので、家族で食事に行きたいですね」(50代、北見)・「子どもが野球をしていて、トーナメントを勝ち進めば父の日が試合になります。観戦させてもらえたら、私にとって最高の父の日です」(40代、北見)・「子どもが20歳になって初めての父の日。お酒を飲みに行きたいです」(40代、北見)。3位は『家族との交流、時間』でした。他には「子どもが生まれたばかりなので、妻と子と一緒に過ごせたら、それだけで幸せです」「孫と遊ばせてくれたら最高」という声がありました。その他の回答は「いらない」が6人、休みや現金が3人でした。お父さんと子どもの年齢、家庭環境によって回答はさまざまですが、お父さんには家族からの感謝が、うれしいようですね。(匡)(理)(菊) (2018年6月12日の記事 経済の伝書鳩

関連エントリ

父の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

90px-Water_drop_on_a_leaf.jpg

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

関連記事

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン(Nikolai Girshevich Kapustin、Николай Гиршевич Капустин、1937年11月22日 – )は、ウクライナの作曲家、ピアニスト、ミュージシャン。カプスチン、カプスティンとも表記される。略歴 / ホルリフカ(ロシア語版)の出身。7歳でピアノを始め、14歳の時にモスクワに移り住む。モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事する。在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるようになる。1961年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。多数の作品を生み出し続けている。2009年現在、作品番号は140を数える。作曲家としては長らく無名の時代が続いたが、ニコライ・ペトロフ、マルカンドレ・アムラン、スティーヴン・オズボーン(英語版)などの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が次第に知られるようになった。日本国内で販売されている自作自演のCDも大変好評なもので、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高い。楽譜も多数出版されている。なお、自作のレコーディングについては2004年に一度引退を表明したが、2008年に再びCDをリリースして復帰した。作風 / ジャズとクラシックを融合した独特の作風を持つのが彼の最大の特徴である。年代的には現代音楽に属する作曲家であるが、実験的なものではなく、あくまで聴き手を意識した曲を書いている。また、本人が優れたピアニストであることから、高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲している。こういったことに由来し、彼の音楽は非常に高い演奏効果を有し、演奏会向きといえる。(ニコライ・カプースチン – Wikipedia

カプースチンの楽曲一覧では、ニコライ・カプースチンの作品リストを示す。(カプースチンの楽曲一覧 – Wikipedia

Nikolai Girshevich Kapustin (Russian: Никола́й Ги́ршевич Капу́стин; born November 22, 1937 in Horlivka, Ukrainian SSR) is a Russian composer and pianist. Kapustin studied piano with Avrelian Rubakh (pupil of Felix Blumenfeld who also taught Simon Barere and Vladimir Horowitz) and subsequently with Alexander Goldenweiser at the Moscow Conservatory. During the 1950s he acquired a reputation as a jazz pianist, arranger and composer. Thus, he is steeped in both the traditions of classical virtuoso pianism and improvisational jazz. He fuses these influences in his compositions, using jazz idioms in formal classical structures. An example of this is his Suite in the Old Style, Op. 28, written in 1977, which inhabits the sound world of jazz improvisation but is modelled on baroque suites such as the keyboard partitas composed by J. S. Bach, each movement being a stylised dance or a pair of dances in strict binary form. Other examples of this fusion are his set of 24 Preludes and Fugues, Op. 82, written in 1997, and the Op. 100 Sonatina. Kapustin regards himself as a composer rather than a jazz musician. He has said, “I was never a jazz musician. I never tried to be a real jazz pianist, but I had to do it because of the composing. I’m not interested in improvisation – and what is a jazz musician without improvisation? All my improvisation is written, of course, and they became much better; it improved them.” Among his works are 20 piano sonatas, six piano concerti, other instrumental concerti, sets of piano variations, études and concert studies. Russian and Japanese record labels have released several recordings of the composer playing his own music. He has also been championed by a number of prominent pianists, including Steven Osborne, Marc-André Hamelin, Ludmil Angelov and Japanese pianist Masahiro Kawakami, who released CDs devoted to Kapustin. Theoretical physicist Anton Kapustin is his son. (Nikolai Kapustin – Wikipedia

The compositions of Nikolai Kapustin (born 1937) are almost all for piano, either solo or accompanied. He has written 20 piano sonatas, six piano concerti, and other compositions for ensembles such as five saxophones and an orchestra (Op. 22) and a concerto for double-bass (Op. 76). (List of compositions by Nikolai Kapustin – Wikipedia

Никола́й Ги́ршевич Капу́стин (род. 22 ноября 1937, Горловка, УССР) — советский и российский композитор, джазовый пианист. (Капустин, Николай Гиршевич — Википедия

Микола Гіршович Капустін (нар. 22 листопада 1937, Горлівка, Донецька область) — український і російський композитор, піаніст. Здобув репутацію джазового піаніста в 1950—1960 роках. Досяг міжнародного визнання. (Капустін Микола Гіршович — Вікіпедія

関連サイト

Home of Nikolai Kapustin | Pianist & Composer

関連エントリ

日本ユーラシア協会の楽しい国際交流 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ニコライ・カプースチンの検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Nikolai Kapustin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустин, Николай Гиршевич の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустін Микола Гіршович の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ラフマニノフの歌曲 ヴォカリーズについて

380px-Rachmaninoff_and_daughter.jpg

ラフマニノフの歌曲 ヴォカリーズについて

関連記事

セルゲイ・ラフマニノフの歌曲《ヴォカリーズ》 嬰ハ短調は、1912年6月に作曲されて1913年に出版されたソプラノまたはテノールのための《14の歌曲集》作品34の終曲のことである。より正確には、1913年出版時は13曲までしか含まれず、1915年に完成された第14曲は同年末の出版である。最初の草稿は13曲に先立つ1912年春で、この時点ではピアノ伴奏だったが、補筆・改訂を重ねる間に自ら管弦楽編曲を行い、1916年1月初演はクーセヴィツキー指揮による管弦楽版だった。初演者のソプラノ歌手アントニーナ・ネジダーノヴァに献呈されている。母音「アー」で歌われる溜め息のような旋律と、淡々と和音と対旋律とを奏でていくピアノの伴奏が印象的である。ヴォカリーズの性質上、歌詞はない。ロシア語の制約を受けないためもあって、ラフマニノフの数多ある歌曲の中でも、最もよく知られた曲となっている。また、さまざまな編成による器楽曲としても広く演奏されている。概要 / ロシア音楽に共通の愁いを含んだ調べは、この作品においては、バロック音楽の特色である「紡ぎ出し動機」の手法によっており、短い動機の畳み掛けによって息の長い旋律が導き出されている。鍵盤楽器による伴奏が、もっぱら和音の連打に徹しながら、時おり対旋律を奏でて、瞬間的なポリフォニーをつくり出しているのも、初期バロックのモノディ様式を思わせる。旋律の紡ぎ出し部分は、ラフマニノフが愛したグレゴリオ聖歌《怒りの日》の歌い出し部分の借用にほかならない。また、拍子の変更こそ散見されるものの、(ロシア五人組の特徴である)不協和音や旋法の多用を斥けて、古典的な明晰な調性感によっている。西欧的な手法や素材を用いながらも民族的な表現を可能たらしめているところに、ラフマニノフの面目躍如を見て取ることが出来る。(ヴォカリーズ (ラフマニノフ) – Wikipedia

関連エントリ

ラフマニノフ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヴォカリーズ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ)について

RimskyScheherezadeThemes.jpg

シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ)について

関連記事

『シェヘラザード』(Шехераза́да)作品35は、1888年夏に完成されたニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ作曲の交響組曲である。千夜一夜物語の語り手、シェヘラザード(シャハラザード、シェエラザード)の物語をテーマとしている。シェヘラザードを象徴する独奏ヴァイオリンの主題が全楽章でみられる。各楽章の表題は本来は付けられていない。作曲途中では付けられていたものの、最終的には『アンタール』のように《交響曲第4番》として聴いてもらうために除去したものといわれている。作者の死後の1910年にミハイル・フォーキンの振付によってバレエ『シェヘラザード』が制作された。日本での演奏会、録音媒体などでは「シェエラザード」と表記されることが多い。作曲の経過と初演 / 『シェヘラザード』作曲の頃のリムスキー=コルサコフは、全生涯のうちで最も作曲意欲が湧き上がっていた時期にあり、この作品の前に『スペイン奇想曲』、後に『ロシアの復活祭』序曲といった代表作が作曲されている。1888年8月7日に完成したとみられ、同年中にサンクトペテルブルクの交響楽演奏会にて初演された。総譜は1889年に出版された。日本での初演は1925年4月26日に歌舞伎座における「日露交歓交響管弦楽演奏会」にて、山田耕筰指揮の日露混成オーケストラによるものが初演と見られている。戦前期の日本では難曲とみられており、第二次世界大戦末期の満州でこの曲を指揮したことがある朝比奈隆によれば、当時としては「マーラー級の大曲」だったという。(シェヘラザード (リムスキー=コルサコフ) – Wikipedia

シェヘラザード(またはシャハラザード、ペルシア語: شهرزاد‎, Šahrzād‎)は、『千夜一夜物語』登場人物で語り手。サーサーン朝(ササン朝ペルシャ)のシャフリヤール王(Shahryār)の王妃であり、毎夜、命がけで王に物語を語る。なお、サーサーン朝は実在した国家、2人はこの物語上の架空人物。(シェヘラザード – Wikipedia

『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり、アラビア語: ألف ليلة وليلة‎, ペルシア語: هزار و یک شب‎)は、イスラム世界における説話集。ペルシャの王に妻が毎夜物語を語る形式を採る[2]。枠物語の手法で描かれた代表的な物語の一つとしても知られる。英語版の題名より「アラビアンナイト」の名称でも広く知られている。(千夜一夜物語 – Wikipedia

関連エントリ

リムスキー=コルサコフ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

シェヘラザード の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

千夜一夜物語 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

モーツァルトの魔笛について

Emanuel_Schikaneder_detail.jpg

Papageno.jpg

モーツァルトの魔笛について

関連記事

『魔笛』(まてき、独: Die Zauberflöte)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ(「Opernwelt」誌の毎年の作品別上演回数統計、「音楽の友」誌の定期的な人気作品投票など)。(魔笛 – Wikipedia

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

344px-El_pelele.jpg

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

その昔、北海道の北見市民会館で、アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏を聴きました。横田先生、ありがとうございました。

関連記事

アリシア・デ・ラローチャ・デ・ラカジェ(Alicia de Larrocha de la Calle, 1923年5月23日 – 2009年9月25日)は、スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。人物 / バルセロナに生まれ、地元でグラナドスの愛弟子であるフランク・マーシャルに師事。5歳で初舞台を踏んでから、世界各地で演奏活動や録音活動に活躍した。アルベニスやグラナドス、ファリャ、モンポウ、モンサルバーチェといった、19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名だが、手が小さく8度しか届かない中で美しく照り輝く音色と正確な演奏技巧、音楽の自然な呼吸と安定感ある曲の運びによって、モーツァルトやショパン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフにも優れた解釈を示した。独奏曲だけでなく、モーツァルトのピアノ協奏曲を得意として録音もしており、カーネギー・ホールでの引退コンサートでも、室内楽版を演奏した。2009年9月25日、バルセロナの病院で死去。(アリシア・デ・ラローチャ – Wikipedia

Alicia de Larrocha y de la Calle (23 May 1923 – 25 September 2009) was a Spanish pianist and composer. She was considered one of the great piano legends of the 20th century. Reuters called her “the greatest Spanish pianist in history”, Time “one of the world’s most outstanding pianists” and The Guardian “the leading Spanish pianist of her time”. She won multiple Grammy Awards and a Prince of Asturias Award for the Arts. She is credited with bringing greater popularity to the compositions of Isaac Albéniz and Enrique Granados. In 1995, she became the first Spanish artist to win the UNESCO Prize. (Alicia de Larrocha – Wikipedia

音楽動画

フランツ・リストのピアノ曲『ラ・カンパネッラ』(La Campanella)ピアノ演奏 / アリシア・デ・ラローチャ。

関連エントリ

アリシア・デ・ラローチャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る