国際 カテゴリのアーカイブ

令和3年10月23日 眞子内親王さま30歳の誕生日

令和3年10月23日 眞子内親王さま30歳の誕生日

赤坂御用地内の秋篠宮家の宮邸を訪問したのは1992年(平成4年)7月10日でした。帰りには、文仁さまと紀子さまに抱かれた眞子さまが玄関先で見送りしてくれました。今でも、昨日のことのように思い出します。2度目の秋篠宮邸の訪問は1999年(平成11年)5月14日でした。

関連記事

眞子内親王 日本の女性皇族 / 眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 – )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子で、今上天皇は伯父にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2021年(令和3年)現在、内親王では最年長。 (眞子内親王 – Wikipedia)

関連サイト

眞子内親王殿下のご婚約内定関係 – 宮内庁

関連エントリー

ギターが大好きな 秋篠宮文仁親王殿下 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

眞子さま の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 漁樵問答(琴)

中国古典十大名曲 漁樵問答(琴)

関連記事

漁樵問答 古琴曲 / 《漁樵問答》古琴曲,一名《金门待漏》。相傳明萬曆初年,貢川楊表正所作。其實早於楊表正二十五年,在明嘉靖三十九年蕭鸞所輯的《杏莊太音續譜》裏面就收錄了,但無歌詞。而楊表正的《西峯重脩真傳琴譜》這一曲的解題,卻說是:“漁樵問答,古操也”。查遺譜有指訣,無音文(即歌詞)。考琴史有文音無指訣。今配定文音入譜云云,因此不能認爲就是他的創作。目前最常被彈奏的是吳景略依《琴學入門》打譜的版本。 (漁樵問答- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

令和3年10月20日 上皇后美智子さま87歳の誕生日


令和3年10月20日 上皇后美智子さま87歳の誕生日

1962年(昭和37年) 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 参加。会場は静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 が参加。当時の明仁皇太子殿下 (上皇昭仁さま)と美智子妃殿下 (上皇后美智子さま)に謁見行進。浩宮ひろのみやさま(徳仁天皇)は2歳でした。

関連記事

上皇后美智子 日本の第125代天皇明仁の皇后、上皇后。皇族 / 美智子(みちこ、1934年〈昭和9年〉10月20日 – )は、日本の第125代天皇・明仁の皇后(在位:1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、現在の身位は上皇后(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 – )。皇族。お印は白樺。敬称は陛下[2]。勲等は勲一等。旧名は、正田 美智子(しょうだ みちこ)。 明治時代以降初めての民間出身[注釈 1][注釈 2]の皇后ならびに皇族で、現皇室典範下で夫帝の即位に伴って立后した初めての皇后でもある。明仁の退位に伴い、史上初の上皇后(じょうこうごう)となった。 (Wikipedia)

関連サイト

上皇后陛下のご近況について(お誕生日に際し)(令和3年) – 宮内庁

上皇后陛下のご近影(お誕生日に際し)(令和3年) - 宮内庁

上皇后美智子さま~87年の歩み~ | 写真特集 IMAGELINK Picks

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇上皇后両陛下について (日本) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇后 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 十面埋伏(琵琶)

中国古典十大名曲 十面埋伏(琵琶)

関連記事

十面埋伏 (樂曲) / 《十面埋伏》又名《淮陰平楚》,是一首古代琵琶樂曲,表现的是楚汉相争中以漢軍為主觀描寫垓下之战的情景。與《春江花月夜》並稱為琵琶古曲“一文一武”的代表乐曲。 (十面埋伏 (樂曲)- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 梅花三弄(琴 箏 笛 合奏)

中国古典十大名曲 梅花三弄(琴 箏 笛 合奏)

関連記事

梅花三弄 / 《梅花三弄》,又名《梅花引》、《梅花曲》、《玉妃引》,是一首古琴曲,歷史可追溯至東晉,最初可能是一首笛曲或簫曲,但現僅存古琴譜,現存最早的《梅花三弄》古琴譜見於《神奇秘譜》。它採用正調定弦。樂曲通過梅花的潔白芬芳和耐寒等特徵,借物抒懷,歌頌具有高尚節操的人。全曲共有10個段落,因為主題在琴的不同徽位的泛音上彈奏三次(上准、中准、下准三個部位演奏),故稱「三弄」。 (梅花三弄- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 梅花三弄(箫)

中国古典十大名曲 梅花三弄(箫)

関連記事

梅花三弄 / 《梅花三弄》,又名《梅花引》、《梅花曲》、《玉妃引》,是一首古琴曲,歷史可追溯至東晉,最初可能是一首笛曲或簫曲,但現僅存古琴譜,現存最早的《梅花三弄》古琴譜見於《神奇秘譜》。它採用正調定弦。樂曲通過梅花的潔白芬芳和耐寒等特徵,借物抒懷,歌頌具有高尚節操的人。全曲共有10個段落,因為主題在琴的不同徽位的泛音上彈奏三次(上准、中准、下准三個部位演奏),故稱「三弄」。 (梅花三弄- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 平沙落雁(琴)

中国古典十大名曲 平沙落雁(琴)

関連記事

平沙落雁 / 《平沙落雁》,或稱《雁落平沙》,是一首古琴曲,最早見於《古音正宗》。描寫水邊雁起落飛翔的場景。《天闻阁琴谱》題解:“取秋高气爽、风静沙平、云程万里、天际飞鸣,借鸿鹊之远志,写逸士之心胸”,曲調平和闲静。 (平沙落雁 – 维基百科,自由的百科全书))

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 廣陵散(琴)

中国古典十大名曲 廣陵散(琴)

関連記事

广陵散 / 〈廣陵散〉,古琴曲名,又名〈廣陵止息〉。宋代的陳暘曾評為「曲之師長」。相傳是東漢末年流行於廣陵(今江苏扬州)的民間樂曲,当时用琴、箏、笙、築等樂器演奏。漢代應璩與劉孔才的信說“聽廣陵之清散”。廣陵散描寫戰國時代鑄劍工匠之子聶政為報严仲子知遇之恩,刺死韓相侠累,然后自殺的故事,因此通常认为是“聶政刺韓相”的别名。 (广陵散- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年10月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年10月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.907 2021年10月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年10月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.907 2021.10.1 目次 / 「無言館」開館25年ー「半分の自画像」のこと 窪島誠一郎 / 「一帯一路」文学連盟の設立式典 黑井千次会長がビデオメッセージ / 第2回日中伝統芸能オンライン交流会 / 坂上弘氏を偲ぶ 完成された友情 佐藤洋二郎 / 本の香り漂う街、天津にて 内山深 / 田漢と日本の友人たち 田偉 / 本と・評と紹介 石渡湛山の65日 保坂正康著 / 甦る法隆寺 考古学が明かす再建の謎 菅谷文則著 / 玉水焼 歴代の作品とその歴史 樂直入著 / 本の森をともに育てたい 日韓出版人の往復通信 カン・マルクシル、大塚信一著 / 人之彼岸 郝景芳著、立原透耶ほか訳 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

楊雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年10月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年10月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.907 2021年10月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年10月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年10月号 / 特集 開放から70年 西蔵の変貌 / 美しい中国 敦煌 シルクロードに輝く莫高窟 (人民中国 2021年10月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

楊雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る