国際 カテゴリのアーカイブ

地球温暖化(Global warming)とは

地球温暖化(Global warming)とは

地球温暖化 地球の気候系の平均気温が長期的に上昇すること / 地球温暖化(ちきゅうおんだんか、英語: Global warming)とは、地球の気候系の平均気温が長期的に上昇することである。これは気候変動の主要な側面であり、気温の直接測定や、温暖化の様々な影響の測定によって実証されている。地球温暖化と気候変動はしばしば交換可能に使われるが、より正確には地球温暖化とは、主に人為的な地球表面温度の上昇とその継続が予測されることであり、気候変動とは、地球温暖化とその影響(降水量の変化など)の両方を含むものである。地球温暖化は有史以前からあったが、20世紀半ば以降の変化はかつてないほどの速度と規模で推移している。 (地球温暖化 – Wikipedia)

関連エントリー

地球温暖化 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 照ノ富士春雄

大相撲令和3年1月場所 照ノ富士春雄

照ノ富士春雄 東関脇1 令和3年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日) 勝ち白星○
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 勝ち白星○
四日目 令和3年1月13日(水曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
六日目 令和3年1月15日(金曜日) 負け黒星●
七日目 令和3年1月16日(土曜日) 勝ち白星○
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 勝ち白星○ 5勝3敗

関連サイト

照ノ富士 春雄 力士情報

関連エントリー

照ノ富士 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

北海道出身の力士 横綱・大鵬の孫
大相撲令和3年1月場所 王鵬幸之介

王鵬幸之介 西十両11枚目 令和3年1月場所 取組日・取組結果
初日 令和3年1月10日(日曜日) 負け黒星●
二日目 令和3年1月11日(月曜日) 負け黒星●
三日目 令和3年1月12日(火曜日) 勝ち白星○
四日目 令和3年1月13日(水曜日) 負け黒星●
五日目 令和3年1月14日(木曜日) 勝ち白星○
六日目 令和3年1月15日(金曜日) 負け黒星●
七日目 令和3年1月16日(土曜日) 負け黒星●
八日目 令和3年1月17日(日曜日) 勝ち白星○ 3勝5敗

関連記事

王鵬幸之介 / 王鵬 幸之介(おうほう こうのすけ、2000年2月14日 – )は、東京都江東区出身で、大嶽部屋所属の現役大相撲力士。本名は納谷 幸之介(なや こうのすけ)。身長191cm、体重175kg、血液型はA型。最高位は西十両11枚目(2021年1月場所)。 父は元関脇の貴闘力忠茂、祖父は第48代横綱の大鵬幸喜。長兄はプロレスラーの納谷幸男。次兄は同部屋の鵬山幸林。弟は同部屋の夢道鵬幸成。従兄は元大相撲力士の若闘力駿磁。曽祖父はマルキャン・ボリシコ。 (王鵬幸之介 – Wikipedia)

関連サイト

王鵬 幸之介 力士情報

王鵬 幸之介 – 力士プロフィール – 日本相撲協会公式サイト

王鵬 幸之介 | 大鵬道場 大嶽部屋公式ウェブサイト

関連エントリー

第7回 大鵬杯争奪相撲大会 (納谷幸之介) – 美幌音楽人 加藤雅夫

王鵬幸之介 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

1月10日は、110番の日です

1月10日は、110番の日です

関連記事

道警北本が警察相談専用電話『♯9110』の周知徹底 2021/01/08掲載(北見市/社会・告知) 1月10日『110番の日』適切に利用を / 道警北見方面本部は1月10日の『110番の日』に合わせて、110番通報の適切な利用に対する理解を呼び掛けるとともに、緊急性のない場合の警察相談専用電話『♯9110』の周知を強めている。 同本部地域課によると、昨年の同本部管内の110番通報件数は9691件。前年比で738件減少したものの、全体の3割弱が警察に対する意見や要望、落とし物や運転免許証の更新の照会など緊急性のないものだった。 同課は「事件や事故など緊急時はためらうことなく110番通報をしてください。それ以外の場合は♯9110にダイヤルするか、最寄りの警察署・交番に連絡してください」としている。(匡) (道警北本が警察相談専用電話『♯9110』の周知徹底 – 経済の伝書鳩)

道警北見方面本部が年頭点検 2021/01/08掲載(北見市/社会) 治安維持と規律保持へ士気高める / 道警北見方面本部の年頭点検が6日、同本部庁舎屋上で行われた。本部長が参加した警察官41人の服装をはじめ、警察手帳や警棒、手錠、拳銃を点検(写真)。治安維持と規律保持へ士気を高めた。 本部長は「本年は東京オリンピック・パラリンピックをひかえ、特に道内はマラソンや競歩、サッカーの会場が選定されており、北海道警察の総力を挙げた新たな総合対策を推進していかなければなりません。厳正な規律と旺盛な士気のもと、職務に力強く取り組んでいただきたいと思います」と訓示を述べた。 警察官は指揮官の掛け声に合わせて隊列を整え敬礼し、気持ちを新たにしていた。(匡) (道警北見方面本部が年頭点検 – 経済の伝書鳩)

110番 緊急通報用電話番号 / 110番(ひゃくとおばん)は、電気通信番号規則[1]により日本の警察機関への緊急通報用として定められた電気通信番号(電話番号)である。 概要 / 110番にちなんで1月10日は「110番の日」とされている。ちなみに通報が集中している場合など時々待たされる時があるが、待てないといってかけ直すと順番が最後になり結局遅くなるので順番まで待っていた方がよい。なお、110番はあくまで緊急通報専用電話であり、緊急を要さない問合せや相談などは「警察総合相談センター」#9110(シャープきゅういちいちまる)や、各警察署等の一般電話で受け付けている。 (110番 – Wikipedia)

関連サイト

北海道警察ホームページ-聴覚や言語等に障害のある方の110番-

北海道警察北見方面本部-トップページ-

関連エントリー

110番 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道警察北見方面本部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年1月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年1月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.898 2021年1月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年1月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.898 2021.1.1 目次 / 新年を迎えて 日本中国文化交流協会副会長・理事長 池辺晋一郎 / 役員会 書面決議で実施 / 新春に語る 食育で豊かな未来を 服部幸應 / 談話室 映画は「異質の他者」との出会い 滝田洋二郎 / 全顔社会の恢復を願って ー長楽満年・満寿無極 石川丸楊 / 花きの魅力と昆明のセリ市場 磯村信夫 / 人と手を取り合い、芸術作品を制作できる日を信じて 谷中武彦 / 三菱アジア子ども絵日記フェスタ 佐藤一郎 / 今こそ、文化・芸術の力 陳允陸 / 日中語り物・謡い物芸オンライン交流会 記録 / 本・評と紹介 / 生きる 嵐山光三郎 / 夢七日、夜を昼の國 いとうせいこ / 長谷川利行の絵ー芸術と時代 大塚信一 / 私の履歴書 金融はまだまだ面白い 奥正之 / 回想の羅山ー五七幹部学校の記憶 上・下巻 王耀平 荻野脩二ほか / 中国書道遊覧 菅原教夫 / 時のきざはし 現代中華SF傑作選 立原秀那 / 私の伯父さん 周恩来 (周秉徳、王敏、張晶、馬小兵) / 交流記録中央文史研究館館員の紹介③ 樊錦詩 / 交流記録 2018年上半期(1月〜6月). / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年1月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年1月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.898 2021年1月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年1月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年1月号 / 新企画 / 劉徳有「和歌」で楽しむ中国エッセイ / 姚任祥 家伝 中国人の暮らしに生きる伝統美 / 特集 / 第1回「北京ー東京フォーラム」コロナ後の世界へ中日貢献 / 美しい中国 松原 「冬捕」で活気付く査干湖 (人民中国 2021年1月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2021年(令和3年)1月の音楽 武満徹(美幌町町歌の作曲家)

2021年(令和3年)1月の音楽 武満徹(美幌町町歌の作曲家)

うた (武満徹) 混声合唱のための『うた』(英: Songs for mixed chorus )は、武満徹が作・編曲した12曲からなる合唱曲集。すべて無伴奏で、ソプラノ・アルト・テノール・バスがそれぞれ2パートに分かれる混声8部合唱によって歌われる。 映画やラジオ、舞台など、異なる機会のために作られた曲を作曲者自身が合唱曲に編曲したもので、作曲時期も、12曲中8曲が1950-60年代、3曲が1980年代(残り1曲は日本古謡)とさまざまである。合唱への編曲は主に1980年代に行われ、11曲が東京混声合唱団、1曲が晋友会合唱団の委嘱による。 構成 / 日本ショット社から2集に分けて出版された楽譜『うた I 』(1992年)、『うた II 』(1994年)では以下の構成となっている。『明日(あした)ハ晴レカナ、曇リカナ』、『さくら』の2曲を除き、初演された順である。
うたI
小さな空(作詞:武満徹) Small Sky
うたうだけ(作詞:谷川俊太郎) I Just Sing
小さな部屋で(作詞:川路明) In a Small Room
恋のかくれんぼ(作詞:谷川俊太郎) The Game of Love
見えないこども(作詞:谷川俊太郎) Unseen Child
明日ハ晴レカナ、曇リカナ(作詞:武満徹) Will Tommorow, I Wonder, Be Cloudly or Clear?
うたII
さくら(日本古謡) Cherry Blossoms
翼(作詞:武満徹) Wings
島へ(作詞:井沢満) To the Island  
○と△の歌(作詞:武満徹) A Song of ○’s (Circles) and △’s(Triangles)
さようなら(作詞:秋山邦晴) Sayonara 
死んだ男の残したものは(作詞:谷川俊太郎) All That the man Left Behind When He Died
(うた (武満徹) – Wikipedia)

関連エントリー

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年) ありがとう さようなら

2020年(令和2年) ありがとう さようなら

親愛なる友人の皆様へ、この1年間本当にありがとうございました。

関連記事

蛍の光 日本の唱歌 / 「蛍の光」(ほたるのひかり)[1]は、日本の唱歌である。スコットランドの民謡「オールド・ラング・サイン」を原曲とし、日本語の訳詞は稲垣千頴による。 (蛍の光 – Wikipedia)

関連エントリー

蛍の光 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2020年のクリスマスの日


2020年のクリスマスの日

関連記事

ハッピー・クリスマス(戦争は終った) / 「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」(英語: Happy Xmas (War Is Over))は、1971年に発表された、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲。 (ハッピー・クリスマス(戦争は終った) – Wikipedia)

クリスマス キリスト教の記念日 / クリスマス(英: Christmas)は「キリストのミサ」という意味で、一部の教派が行うイエス・キリストの降誕祭。あくまで誕生を祝う日であって、イエス・キリストの誕生日ではない。 毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では, 現代の常用時とは異なり、日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から12月25日朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。したがって、教会暦ではクリスマスは「12月24日の日没から12月25日の日没まで」である。 キリスト教国以外でも、年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。:(クリスマス – Wikipedia)

関連エントリー

Christmas の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

2020年のクリスマス・イヴ

2020年のクリスマス・イブ

関連記事

クリスマス・イヴ キリスト教における記念の夜 / クリスマス・イヴ(英: Christmas Eve)、クリスマス・イブは、「クリスマス当日の夜」である。教会暦における12月25日の夜、すなわち常用時における12月24日の夜を指す英語の音訳である。 日本では、誤って「クリスマス(12月25日)の前夜」と認識されることが多い。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることがある。;(クリスマス・イヴ – Wikiedia)

関連エントリー

クリスマス・イヴ の検索結果 – 美幌音楽人加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る