国際 カテゴリのアーカイブ

1945年 5月25日の「エルベの誓い」について

300px-Tree_Sparrow_20080423.JPG

1945年 5月25日の「エルベの誓い」について

関連記事

4月25日 歴史 / 1945年 エルベの誓い。第二次大戦で東西からドイツに進撃した米ソ両軍兵士がエルベ川で出会い世界平和を誓う。(4月25日 今日は何の日~毎日が記念日~

1945年 – 第二次世界大戦: ドイツに進撃した米ソ両軍がエルベ川で遭遇。(エルベの誓い)(4月25日 – Wikipedia

エルベの誓い(エルベのちかい)とは、第二次世界大戦末期の1945年4月25日に、ナチス・ドイツを壊滅させるために東進を続ける連合国のアメリカ軍と、西進を続けるソ連赤軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸、ザクセン州トルガウ(Torgau)で初めて出会った出来事を指す。これはベルリン陥落の1週間前であり、トルガウはドレスデンとマクデブルクのほぼ中間点にあり、終戦後は東ドイツに属していた。概要 / 1945年4月25日11時25分に、トルガウの南20キロメートルの小村シュトレーラで、アメリカ陸軍第1軍の第69歩兵師団第273歩兵連隊第2大隊G中隊の哨戒隊が、馬に乗った1人のソ連兵に出会い、初めて西部と東部の戦線が繋がった。その後の午後4時に、トルガウで同連隊第1大隊の情報将校のウィリアム・D・ロバートソン中尉の率いる偵察隊が、ソ連軍第1ウクライナ方面軍第5親衛軍の狙撃兵連隊の一部と出会い、こちらが「トルガウの出会い」又は「エルベの誓い」として有名になった。この事件はソビエト連邦では「エルベ川の出会い」(ロシア語: Встреча на Эльбе)と呼ばれ、また同名の映画(監督はグリゴーリー・アレクサンドロフ、音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ)が作られていて、アメリカ合衆国では「エルベ・デイ」(英語: Elbe Day)として記憶されていて、日本ではこのソ連映画の最後に両軍代表が平和を誓いあうシーンから、通常「エルベの誓い」と呼ばれている。しかし、第二次世界大戦で連合軍同士で協力し、ヤルタ会談で合意しあった、アメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦の蜜月関係を象徴した「エルベの誓い」であったが、この出会いの後に、米ソ首脳の思惑の違いから、結果的に米ソ両軍協力の最後の象徴となり、次第に米ソ関係が悪化、冷戦の端緒になってしまった。(エルベの誓い – Wikipedia

25 апреля 1945 года недалеко от города Торгау на реке Эльба войска 1-го Украинского фронта армии СССР встретились с войсками 1-й армии США. В результате встречи войск союзников остатки вооружённых сил Германии были расколоты на две части — северную и южную. Первая встреча состоялась, когда американский патруль под командованием первого лейтенанта Альберта Коцебу пересёк Эльбу. На восточном берегу они встретили советских солдат под командованием подполковника Александра Гордеева. В тот же день ещё один американский патруль (под командованием второго лейтенанта Армии США Уильяма Робертсона) встретился с советскими солдатами лейтенанта Александра Сильвашко на разрушенном мосту через Эльбу близ Торгау. (Встреча на Эльбе — Википедия

Elbe Day, April 25, 1945, is the day Soviet and American troops met at the Elbe River, near Torgau in Germany, marking an important step toward the end of World War II in Europe. This contact between the Soviets, advancing from the East, and the Americans, advancing from the West, meant that the two powers had effectively cut Germany in two. Elbe Day has never been an official holiday in any country, but in the years after 1945 the memory of this friendly encounter gained new significance in the context of the Cold War between the U.S. and the Soviet Union. (Elbe Day – Wikipedia

エルベ河の邂逅(えるべがわのかいこう、ロシア語: Встреча на Эльбе、英語:Encounter at the Elbe)はソビエト連邦の映画。モスフィルム製作(1949年)の白黒映画で、第二次世界大戦末期に、東進を続ける連合国軍の米軍と西進を続けるソ連軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸で初めて出会った場面を背景に、米軍とソ連軍の葛藤を描くもので、終りの方で両軍の平和への誓いのシーンは「エルベの誓い」として知られている。邂逅(かいこう)は出会い、遭遇というような意味である。監督はグリゴーリー・アレクサンドロフ(Grigori Aleksandrov)。音楽はドミートリイ・ショスタコーヴィチで、日本語題名「エルベ河」(ロシア語題名:「郷愁」=ロシア語: Тоска по родине、作詞:エヴゲーニー・ドルマトフスキー、歌詞は「ロシア語: Спышен голос отчизны родимой…」=「生まれた祖国の声が聞こえる…」)などの歌曲が挿入されていて、この歌は日本でも歌声喫茶などでよく歌われた。(エルベ河の邂逅 – Wikipedia

関連エントリ

エルベの誓い の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Встреча на Эльбе の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Elbe Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の琵琶法師「耳なし芳一」について

800px-Poenies_and_butterfly.jpg

317px-Hokusai_portrait.jpg

日本の琵琶法師「耳なし芳一」について

関連記事

耳なし芳一(みみなしほういち)は、安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の赤間神宮、山口県下関市)を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の『怪談』にも取り上げられ、広く知られるようになる。八雲が典拠としたのは、一夕散人(いっせきさんじん)著『臥遊奇談』第二巻「琵琶秘曲泣幽霊(びわのひきょくゆうれいをなかしむ)」(1782年)であると指摘される。『臥遊奇談』でも琵琶師の名は芳一であり、背景舞台は長州の赤間関、阿弥陀寺とある。これは現今の下関市、赤間神社のことと特定できる。 物語 / 阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいた。芳一は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手であった。ある夜、和尚の留守の時に、突然どこからともなく一人の武士が現われる。芳一はその武士に請われて「高貴なお方」の屋敷に琵琶を弾きに行く。盲目の芳一にはよく分からなかったが、そこには多くの貴人たちが集っているようであった。壇ノ浦の戦いのくだりをと所望され、芳一が演奏を始めると皆熱心に聴き入り、芳一の芸の巧みさを誉めそやす。しかし、語りが佳境になるにつれて皆声を上げてすすり泣き、激しく感動している様子で、芳一は自分の演奏への反響の大きさに内心驚く。芳一は七日七晩の演奏を頼まれ、夜ごと出かけるようになるが、武士にこのことは言うなと告げられた。和尚は、目の見えない芳一が無断で毎夜一人で出かけ、明け方に帰ってくる事に気付いて不審に思い、寺男たちに後を着けさせた。すると大雨の中、芳一は一人、誰もいない平家一門の墓地の中におり、平家が推戴していた安徳天皇の墓前で、恐ろしいほど無数の鬼火に囲まれて琵琶を弾き語っていた。驚愕した寺男たちは強引に芳一を連れ帰る。事実を聞かされ、和尚に問い詰められた芳一はとうとう事情を打ち明けた。芳一が貴人だと思っていたのは最近、頻繁に出没が目撃されている平家一門の邪悪な怨霊だった。和尚は怨霊たちが邪魔をされたことで今や芳一の琵琶を聞くことだけでは満足せず、このままでは芳一が平家の怨霊に殺されてしまうと案じた。和尚は自分がそばにいれば芳一を守ってやれるが、生憎今夜は法事で芳一のそばについていてやることが出来ない。寺男や小僧では怨霊に太刀打ちできないし、芳一を法事の席に連れいてけば、怨霊をもその席に連れて行ってしまうかもしれず、檀家に迷惑をかけかねない。そこで和尚は怨霊の「お経が書かれている身体部分は透明に映り視認できない」という性質を知っていたので、怨霊が芳一を認識できないように、法事寺の小僧と共に芳一の全身に般若心経を写した。ただしこのとき耳に写経し忘れたことに気が付かなかった。また、芳一に怨霊が何をしても絶対に無視して音を立てず動かないよう堅く言い含めた。その夜、芳一が一人で座っていると、いつものように武士(平家の怨霊)が芳一を迎えに来た。しかし経文の書かれた芳一の体は、怨霊である武士には見えない。呼ばれても芳一が返事をしないでいると怨霊は当惑し、「返事がない。琵琶があるが、芳一はおらん。これはいかん。どこにいるのか見てやらねば…」という独り言が聞こえる。怨霊は芳一を探し回った挙句、写経し忘れた耳のみが暗闇の中で見え、「よかろう。返事をする口がないのだ。両耳の他、琵琶師の体は何も残っておらん。ならば、出来る限り上様の仰せられた通りにした証として、この耳を持ち帰る他あるまい。」と言い、芳一の頭から耳だけをもぎ取った。それでも芳一は身動き一つせず、声を出さなかった。怨霊はそのまま去って行った。 明け方になり帰って来た和尚は、両耳をちぎられて血だらけになり意識のない芳一の様子に驚き、昨夜の一部始終を聞いた後、初めて、芳一の身体に般若心経を写経した際に、小僧が経文を耳にだけ書き漏らしてしまったことに気付き、芳一に、そのことを見落としてしまった自らの非を詫びた。その後、平家の怨霊は二度と現れず、芳一の耳の傷も無事に癒え、この不思議な出来事が世間に広まり、彼は「耳なし芳一」と呼ばれるようになった。やがて琵琶の腕前も評判になり、その後は何不自由なく暮らしたという。結果的に芳一に降りかかった禍は、反対に彼の名声を高めることになった。(耳なし芳一 – Wikipedia

Hoichi the Earless (耳なし芳一 Mimi-nashi Hōichi) is the name of a tale and title character in an adaptation of Japanese mythology. His story is well known in Japan, and the best-known English translation first appeared in the book Kwaidan: Stories and Studies of Strange Things by Lafcadio Hearn. A version of this story appears in the film Kwaidan, as well as the play The Dream of a Summer Day, which are both based on Hearn’s work. The source text Hearn used has been identified as the work of Isseki Sanjin (一夕散人), entitled “Biwa no hikyoku yūrei wo nakashimu (琵琶秘曲泣幽霊)”, in the series Gayū kidan (臥遊奇談), vol. 2, (pub. 1782). (Hoichi the Earless – Wikipedia

関連エントリ

耳なし芳一 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

琵琶法師 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平家滅亡 壇ノ浦の戦いについて

800px-Manou_Meilland_P6022997.jpg

400px-Sumpfgladiole.jpg

平家滅亡 壇ノ浦の戦いについて

関連記事

4月25日 できごと / 1185年(元暦2年3月24日) – 壇ノ浦の戦い。平氏一門が滅亡。(4月25日 – Wikipedia

壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)は、平安時代の末期の元暦2年/寿永4年3月24日(1185年4月25日)に長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた戦闘。栄華を誇った平家が滅亡に至った治承・寿永の乱の最後の戦いである。戦後 / この戦いにより、平氏(伊勢平氏の平清盛一族)は25年にわたる平氏政権の幕を閉じた。勝利を収めた清和源氏の頭領・源頼朝は、鎌倉に幕府を開き武家政権を確立させる。(壇ノ浦の戦い – Wikipedia

関連エントリ

平家滅亡 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

壇ノ浦の戦い の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

Montgomery_Anne_of_Green_Gables.jpg

Lmmontgomery1884.gif

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

関連記事

ルーシー・モード・モンゴメリ(Lucy Maud Montgomery、1874年11月30日 – 1942年4月24日)はカナダの小説家である。『赤毛のアン』の作者であり、本作を第一作とする連作シリーズ「アン・ブックス」で良く知られている。彼女の小説は英語で記されている。生涯 / ルーシー・モード・モンゴメリは1874年11月30日に、カナダ東部プリンス・エドワード島のクリフトン(現在のニューロンドン)で生まれた。1935年にフランス芸術院会員となり、また、大英帝国勲位も受けた。同年、一家はトロントへ移った。モンゴメリは1942年にトロントで亡くなった。著作 / 1908年の『赤毛のアン』の成功の後、1909年の第2作『アンの青春』など、『赤毛のアン』シリーズ(アン・ブックス)を含め生涯に20冊の小説と短編集を書いた。特に『赤毛のアン』は何度も映画化され、40か国語に翻訳されるなどの成功を収めた。『赤毛のアン』は日本では、1952年に村岡花子により翻訳・紹介され、主に少女たちの間で熱狂的に愛読された。のちに、中学の国語の教科書に収録され、1979年に世界名作劇場シリーズでテレビアニメ『赤毛のアン』として放送された。モンゴメリの生地、プリンス・エドワード島を訪れる日本人観光客は多い。(L・M・モンゴメリ – Wikipedia

Lucy Maud Montgomery, OBE (November 30, 1874 – April 24, 1942), published as L.M. Montgomery, was a Canadian author best known for a series of novels beginning in 1908 with Anne of Green Gables. The book was an immediate success. The central character, Anne Shirley. The first novel was followed by a series of sequels with Anne as the central character. Montgomery went on to publish 20 novels as well as 530 short stories, 500 poems, and 30 essays. Most of the novels were set in Prince Edward Island, and locations within Canada’s smallest province became a literary landmark and popular tourist site – namely Green Gables farm, the genesis of Prince Edward Island National Park. She was made an officer of the Order of the British Empire. Montgomery’s work, diaries and letters have been read and studied by scholars and readers worldwide. Death / On April 24, 1942, Montgomery was found dead in her bed in her Toronto home. (Lucy Maud Montgomery – Wikipedia

『赤毛のアン』(あかげのアン、原題: Anne of Green Gables)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。原題のグリーンゲイブルズ (Green Gables) はアンが住むことになるカスバート家の屋号であり、直訳すると、「緑の切妻屋根」という意味になる。(赤毛のアン – Wikipedia

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

「人生には生きる価値があるわ、そこに笑いがある限り」(赤毛のアン) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

L・M・モンゴメリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Lucy Maud Montgomery の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ブルガリアンボイス おひさま交流合唱団について

330px-Sunflowers.jpg

ブルガリアンボイス おひさま交流合唱団について

関連記事

ブルガリアで交流コンサート 北見と福島、東京など 「おひさま交流合唱団」 / 地元の合唱団と 北見で報告会も / 国際交流を目的に、北見と福島、東京などの合唱団員らで結成する「おひさま交流合唱団」が今月6日、ブルガリアのプロヴディフ市で交流コンサートを行った。ブルガリアンボイスという独特の発声法で歌う地元のクルトボコナレ女声合唱団と共演し、歌声で交流した。おひさま交流合唱団は、指揮を担当する北見の女性の呼び掛けで、合唱仲間が集まって結成。平成26年にロシア、28年にポーランドと2年ごとに海外で交流コンサートを開いている。今年は北見の9人を含む24人が参加した。プロヴディフでは、2つの合唱団による友好親善合唱コンサートを開催。地元住民が集まる中、それぞれ7曲ずつと、日本語とブルガリア語の曲を1曲ずつ合同で歌った。コンサート後は交流会も開かれ、歌やダンスで親睦を深めた。帰国後には、参加できなかった北見のメンバーに向けた報告会が北見市内のカフェで開かれた。ブルガリア訪問メンバー7人を含め、14人が参加した。女性は、ブルガリアンボイスの素晴らしさを紹介し「ブルガリアの指揮者の方が日本語の『ふるさと』を暗記してくださっていて、とても感激しました。どこの国も人の温かさは同じだと感じました」と話した。ブルガリアを訪れたメンバーはそれぞれ「ブルガリアの合唱団は優しく、歌声の迫力がすごかった」「とても素晴らしい経験になった」など、ブルガリアでの体験を仲間に報告した。(菊)(2018年4月23日の記事 経済の伝書鳩

プロヴディフ(ブルガリア語:Пловдив / Plovdiv)は、ブルガリア中部に位置するブルガリア第2の都市、およびそれを中心とした基礎自治体であり、プロヴディフ州の州都である。その人口は2010年3月時点の推計で376,103人であり[3]、ブルガリアでは首都のソフィアに次いで2番目に大きい。文化 / 音楽 / プロヴディフの文化を代表する存在として、プロヴディフ・フィルハーモニーがあり、これは1945年に設立されたものである。ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、スヴャトスラフ・リヒテル、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ユーリイ・ブコフ、ミンチョ・ミンチェフなどのソロイストが、プロヴディフ・フィルハーモニーと共に仕事をした。楽団はヨーロッパのほぼ全ての国を訪れている。トラキヤ民俗合奏団は1974年に設立され、ブルガリア国内で数多くのコンサートをこなしたほか、42箇国での仕事を経験してきている。トラキア伝統音楽合唱団はグラミー賞にノミネートされたことがある。デツカ・キトカ合唱団(Detska Kitka Choir)は、古くから続く著名な少年合唱団であり、数多くの国際的な合唱大会での受賞歴を持つ。(プロヴディフ – Wikipedia

関連エントリ

おひさま交流合唱団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ブルガリアンボイス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本国憲法の「9条が危ない」について

771px-Privy_Council_Japan.jpg

日本国憲法の「9条が危ない」について

関連記事

日本国憲法を読む103人の集い 5月3日・北見市民会館で / 第34回日本国憲法を読む103人の集いが5月3日(木)午前10時~正午、北見市民会館で開かれる。北見から憲法を考える会の主催。第1部では参加者が日本国憲法を朗読した後、フリー討論を行う。第2部は、永井法律事務所の弁護士、荒永毅氏を招き「9条が危ない!」をテーマに講演を聞く。参加料は大人500円、中学生以下300円。(2018年4月23日の記事 経済の伝書鳩

日本国憲法 第9条(にほんこく/にっぽんこくけんぽう だい9じょう)は、日本国憲法の条文の一つで、憲法前文と伴に「三大原則の1つ」である平和主義を規定しており、この条文だけで憲法の第2章(章名「戦争の放棄」)を構成する。この条文は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは、憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。(日本国憲法第9条 – Wikipedia

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北見市

北見市民会館トップページ

関連エントリ

北見から憲法を考える会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本国憲法を読む103人の集い の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本国憲法第9条 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本初の女性社会主義団体 赤瀾会(Sekirankai)について

516px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

日本初の女性社会主義団体 赤瀾会(Sekirankai)について

関連記事

4月24日 歴史 / 1921年 日本初の女性による社会主義団体「赤瀾会」が発足。(4月24日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月24日 できごと / 1921年 – 日本で初の女性による社会主義団体赤瀾会が結成。(4月24日 – Wikipedia

赤瀾会(せきらんかい、英: The Red Wave Society)は、日本で初の女性による社会主義団体。「赤瀾」とは赤い波(さざなみ)を意味する。名称は、社会主義運動の流れに小さなさざなみ程度は起こせるのではないかということでつけられた。一部のインテリ女性による運動ではなく、労働者階級の女性にも呼びかけをしたのが特徴。さざなみどころか、戦前の日本においての社会主義運動と女性解放運動に大きなうねりを呼び起こす役割を担った。(赤瀾会 – Wikipedia

The Sekirankai (赤瀾会; Red Wave Society) was a Japanese socialist women’s organization active in 1921. Members of an anarchist group established the organization in April 1921. Prominent feminists Yamakawa Kikue and Noe Itō were advisers for the group, which participated in that year’s May Day activities, published the magazine Omedetashi, held seminars and lectures, ando distributed anti-war leaflets to the army. Their manifesto condemned capitalism, arguing that it turned women into slaves and prostitutes. The Sekirankai was the first women’s socialist association and clashed with Shin Fujin Kyōkai (the New Women’s Association). The organization dissolved eight months after its creation. (Sekirankai – Wikipedia

関連エントリ

赤瀾会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Sekirankai の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1651年4月24日の歴史 江戸城大奥の改新

786px-Nagaoka-tenjin_hakubai.jpg


1651年4月24日の歴史 江戸城大奥の改新 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Morgan O-Yuki モルガンお雪 について

330px-Rosa_sp6.jpg

Morgan O-Yuki モルガンお雪 について

関連記事

4月24日 歴史 / 1938年 アメリカの富豪の息子ジョージ・モルガンと結婚した元芸妓のモルガン雪が30年ぶりに帰国。(4月24日 今日は何の日~毎日が記念日~

モルガンお雪(モルガンおゆき、明治14年(1881年)11月 – 昭和38年(1963年)5月18日)は日本の芸妓。アメリカの大富豪J.P.モルガンの甥と結婚したことで知られる。本名は加藤ユキ、芸妓名は「雪香」、洗礼名はテレジア。1963年(昭和38年)、急性肺炎により死去。81歳。三周忌の1965年にパリ市から姉妹都市である京都市へ「ユキサン」と名付けられた新品種の白いバラが贈られた。(モルガンお雪 – Wikipedia

Yuki Kato (加藤ユキ), also known as Morgan O-Yuki (モルガンお雪) (Kyoto, 1881-1963), was a Japanese geisha who married George Denison Morgan, nephew of Pierpont Morgan of the Morgan banking dynasty. (Yuki Kato (geisha) – Wikipedia

リジューの聖テレーズ(フランス語:Thérèse de Lisieux, 1873年1月2日 – 1897年9月30日)あるいは幼きイエスの聖テレジア、小さき花のテレジアは、19世紀フランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。修道名は「幼きイエスと尊き面影のテレーズ」。カトリック教会の聖人にして教会博士の一人。若くして世を去ったが、その著作は今日でも世界中で広く読まれ、日本でも人気のある聖人の一人である。(リジューのテレーズ – Wikipedia

関連サイト

Morgan O-Yuki: Geisha of the Gilded Age

関連エントリ

モルガンお雪 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Morgan O-Yuki の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

聖人 テレーズの思想「小さき道」について

800px-Candles_in_the_dark.jpg

聖人 テレーズの思想「小さき道」について

テレーズは自分の天職を「愛」であると語っており、修道生活においても、人の欠点をゆるすこと、他人に惜しみ無く愛を与えること、人に譲ること、誤解されても相手を責めないこと、批判されても甘んじて受けること、苦手な相手のためにも愛をもって祈り善行をなすことを「完徳」への第一歩であると見なしていた。

関連記事

リジューの聖テレーズ(フランス語:Thérèse de Lisieux, 1873年1月2日 – 1897年9月30日)あるいは幼きイエスの聖テレジア、小さき花のテレジアは、19世紀フランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。修道名は「幼きイエスと尊き面影のテレーズ」。カトリック教会の聖人にして教会博士の一人。若くして世を去ったが、その著作は今日でも世界中で広く読まれ、日本でも人気のある聖人の一人である。テレーズの思想「小さき道」 / テレーズは自分の天職を「愛」であると語っており、修道生活においても、人の欠点をゆるすこと、他人に惜しみ無く愛を与えること、人に譲ること、誤解されても相手を責めないこと、批判されても甘んじて受けること、苦手な相手のためにも愛をもって祈り善行をなすことを「完徳」への第一歩であると見なしていた。(リジューのテレーズ – Wikipedia

関連エントリ

聖テレーズ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る