中国 カテゴリのアーカイブ

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年1月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流2022年1月号

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流1月号と、人民中国雑誌社の人民中国1月号が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 1月号 目次 / 途中の充実のために 黑井千次 / 新春に語る 中国との関係を深めたい 高島礼子 / 日中「オンライン医療」シンポジウム開催 / 対談室 文化のふるさと中国 佐々木卓 / 歌がつなぐ人との出会い アグネス・チャン 報道 / 團伊玖磨のオペラ「夕鶴」公演 愛知・熊本 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年1月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2022年1月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流1月号と、人民中国雑誌社の人民中国1月号が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2022年1月号 / 特集 中国の未来を担うZ世代 / Repot Panda杯2021表彰式オンライン開催 / 美しい中国 松花江ほとりの氷雪の世界 (人民中国 2022年1月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年12月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年12月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流12月号と、人民中国雑誌社の人民中国12月号が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年12月号 / Special Report 六中全会 百年を総括し「歴史決議」を採択 / 特集 第17回「北京ー東京フォーラム」大変動機の中日関係を模索 / 美しい中国 西安始皇帝や楊貴妃ゆかりの地 (人民中国 2021年12月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年12月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年12月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌の日中文化交流12月号と、人民中国雑誌社の人民中国12月号が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 12月号 目次 / 大きな懐 中国の空気 山本亘 / この人と中国・中村鴈治郎 / 中国共産党6中全会閉幕 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと 白井由佳さん

太平洋戦争開戦80年に寄せて
海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと 白井由佳さん

私の実家・加藤醸造店の住居部分は、1893年(明治26年)に北1丁目に建てられた料亭・旅館を南1丁目まで引っ張ってきました。1階と2階には部屋がたくさんありました。美幌海軍航空隊が出来てから、日本海軍の陸上攻撃機部隊の隊員・操縦士たちが下宿しました。私の母や祖母たちは「とても立派な人たちだった」と言っていました。
ある日、攻撃機が家の上空を旋回して戦場へ飛び立った。家の人たちは手を振って別れを惜しんだ。実家の醤油蔵・味噌蔵の周りには杏の木・梅の木が50本ありました。香り付け・風味付けのためであります。花の散る際は見事でした。先の世界大戦では多くの命が犠牲になりました。哀悼の意を捧げます。

関連記事

美幌海軍航空隊 / 美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、大東亜戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。
沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、④計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合っ隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。
九六式陸上攻撃機 / 美幌空は当初より陸攻専用の航空隊として編成されていた。後継機の一式陸上攻撃機は1942年(昭和17年)上半期に最前線部隊へ優先して配当されたため、この時期に内地に帰還していた美幌空には配当されなかった。つまり美幌空所属の実戦用機体は「中攻」のみである。
(Wikipedia)

関連サイト

(1)祖父が残した「航空記録」~海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと : もういっかい、白井由佳 – livedoor
(2)「航空記録」とはどういうものか~海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと
(3)航空記録と写真などから考える~海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと
(4)遠くを見る目~海軍航空隊の操縦士だった祖父のこと

関連エントリー

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

美幌海軍航空隊 中攻CHUKO

太平洋戦争開戦80年に寄せて
美幌海軍航空隊 中攻CHUKO

私の実家・加藤醸造店の住居部分は、1893年(明治26年)に北1丁目に建てられた料亭・旅館を南1丁目まで引っ張ってきました。1階と2階には部屋がたくさんありました。美幌海軍航空隊が出来てから、日本海軍の陸上攻撃機部隊の隊員・操縦士たちが下宿しました。私の母や祖母たちは「とても立派な人たちだった」と言っていました。
ある日、攻撃機が家の上空を旋回して戦場へ飛び立った。家の人たちは手を振って別れを惜しんだ。実家の醤油蔵・味噌蔵の周りには杏の木・梅の木が50本ありました。香り付け・風味付けのためであります。花の散る際は見事でした。先の世界大戦では多くの命が犠牲になりました。哀悼の意を捧げます。

関連記事

美幌海軍航空隊
美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、大東亜戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。
沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、④計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合っ隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。
九六式陸上攻撃機 / 美幌空は当初より陸攻専用の航空隊として編成されていた。後継機の一式陸上攻撃機は1942年(昭和17年)上半期に最前線部隊へ優先して配当されたため、この時期に内地に帰還していた美幌空には配当されなかった。つまり美幌空所属の実戦用機体は「中攻」のみである。(Wikipedia)

関連サイト

美幌海軍航空隊 中攻 CHUKO

関連エントリー

美幌町議会「インターネット議会中継」全世界へ配信開始! の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中攻 の検索結果 – 美幌音楽 人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年11月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年11月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.908 2021年11月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年11月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.908 2021.11.1 目次 / 中国東北で終戦直後を生きた 三木卓 / 第2回日中伝統芸能オンライン交流会 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

中国琵琶演奏家ジャンティン(蔣婷) – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年11月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年11月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.908 2021年11月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年11月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年11月号 / 特集
特集 昆明で国連生物多様性会議「地球生命共同体」構築へ / 美しい中国 寧波 貿易で世界とつなぐ港町 (人民中国 2021年11月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

中国琵琶演奏家ジャンティン(蔣婷) – 美幌音楽人 加藤雅夫

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 陽春白雪 (樂曲)

中国古典十大名曲 陽春白雪 (樂曲)

関連記事

陽春白雪 (樂曲) / 《陽春白雪》又名《陽春古曲》,琵琶大曲的代表作,其特點是綜合文曲、武曲的表現手法和演奏風格。最早見於浦東派鞠士林傳抄的琵琶譜,名為《六板》,其後發展成不同版本,後人稱李芳園《南北派十三套大曲新譜》、沈浩初《養正軒琵琶譜》整理的10段與12段樂譜為《大陽春》;汪煜庭所傳的7段樂譜為《小陽春》。目前社會上比較流行的《陽春白雪》是7段的《小陽春》。 本曲通過活潑、新穎的旋律和稍快而具有力的節奏,描繪大地回春、生氣勃勃、春意盎然的景象。常被人们作为雅乐代名词的“阳春白雪”出自春秋时期所做的两首琴曲《阳春》和《白雪》,並非此處所指的琵琶曲。 (陽春白雪 (樂曲)- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

中国古典十大名曲 漢宮秋月

中国古典十大名曲 漢宮秋月

関連記事

漢宮秋月 / 《汉宫秋月》崇明派琵琶古曲。乐曲表现中国古代深宫之中的嫔妃宫女们,在凄凉寂静的秋夜里回忆往事,哀叹命运。全曲以哀怨、郁闷和伤感的情绪为主。 古琴曲,又名《漢宮秋》,見於《陽春堂琴譜》、《西麓堂琴統》,近現代逐漸失傳。1980年代古琴家吳釗曾為此曲打譜。 (漢宮秋月- 维基百科,自由的百科全书)

中国古代十大名曲 / 中华古韵,向有中国十大名曲一说。分别为《高山流水》《广陵散》《平沙落雁》《梅花三弄》《十面埋伏》《夕阳箫鼓》《渔樵问答》《胡笳十八拍》《汉宫秋月》和《阳春白雪》。 (中国古代十大名曲_百度百科)

関連サイト

中国古典音楽の十大名曲

関連エントリー

中国古典十大名曲 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る