中国 カテゴリのアーカイブ

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年9月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年9月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.906 2021年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年9月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年9月号 / 特集 「3060」目標 脱酸素に挑戦 / 美しい中国 青島 ポップの香り漂う浜辺の街 / (人民中国 2021年9月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.906 2021年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年9月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.906 2021.9.1 目次 / 「ピンポン外交」50周年を迎えて 後藤泰之 / 満州事変はなぜ起きたのか 筒井清忠 / 日中伝統芸能オンライン交流会 / 坂上弘評議員が逝去 / 師・京子先生を偲んで 忘れられない「心の歌」 永井和子 / 伊藤京子元副会長が逝去 / 新世紀における学生演劇フォーラム オンラインで開催 / 談話室 / 文化の持つ力を信じて 浦上満 / 周恩来総理の日本への想い 王敏 / 寒山拾得とその伝統 南條觀山 / 本・評と紹介 戦争と歌人たちーここにも抵抗があった(篠弘著) カタストロフ・マニア(島田雅彦著) 老いいる意味 うつ、勇気、夢(森村誠一著) 現代詩の鑑賞(中村稔著) / JUSTIC中国人戦後補償裁判の記録(中国人戦争被害賠償請求事件弁護団編) / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

伊藤京子 – NHKアーカイブス

團伊玖磨 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

團伊玖磨(Ikuma Dan)記念ウェブページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年8月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年8月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.905 2021年8月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年8月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年8月号 / Special Report 中国共産党創立100周年祝賀式典 / 特集 貧困脱却の秘訣は? 雲南省怒江州の取り組み / 美しい中国 泉州 世界に開かれた「東洋第一の港」 / (人民中国 2021年8月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年8月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年8月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.905 2021年8月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年8月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.905 2021.8.1 目次 / 大きく変わった局面の中で大切にしたい原点と姿勢 岡本厚 / 学生演劇の国際フォーラム オンラインで開催 / 中国共産党100周年 習近平総書記が祝賀大会で演説 / 「日中韓名家オンライン書法展」が開幕 / 團伊玖磨記念シンポを開催してー世界的作曲家、文化人、随筆家、中日文化交流の人民友好使者を偲ぶー 王燿華 / 談話室 中国の子供達と再開して 秋山亮ニ./ 静嘉堂文庫美術館と丸の内新懇ギャラリー 河野元昭 / この人と中国・浅井秀 / 夷狄と漢民族ー北魏史を書き終えてー 窪添慶文 / 本・評と紹介 / 枝の家 黑井千次著 / 銀の夜 角田光代著 / 長く高い壁 The Great Wall 浅田次郎著 / 詩活の死活 この時代に詩を語るということ 谷川俊太郎ほか著 / 夕日と少年兵 八路軍兵士となった日本人少年の物語 土屋龍司著 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

團伊玖磨 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

團伊玖磨(Ikuma Dan)記念ウェブページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本の詩人 加島祥造 – 求めない

日本の詩人 加島祥造 – 求めない

関連記事

加島祥造 / 加島 祥造(かじま しょうぞう Shozo Kajima、1923年1月12日 – 2015年12月25日)は、日本の詩人、アメリカ文学研究者、翻訳家、随筆家、タオイスト、墨彩画家。詩作のみならず、アメリカ文学の翻訳にて名声を得た後、壮年期より漢詩を経て老荘思想に大きな影響を受け、文筆のみならず絵画なども含めた幅広い創作活動や執筆活動を通して、西洋と東洋の双方を見渡す位置からタオイストとしての一貫した姿勢を私生活でも死去するまで徹底した。 翻訳関係の仕事では、訳書により、一ノ瀬直二、久良岐基一といった別名義を用いて活動しており、死後になって、関係者よりその事実が改めて説明がなされた。 生涯 / 1990年より、自分の心の故郷として長野県駒ヶ根市に移住し、伊那谷での一人暮らしを始める。1993年、『老子道徳経』を翻訳(抄訳)した『タオ・ヒア・ナウ』(PARCO出版)を出版する。日本で初めて、老子の言葉と思想を、現代語自由詩の形によって表す。1994年、新川和江との共著の詩集『潮の庭から』で第3回丸山豊記念現代詩賞受賞。2000年、筑摩書房より老子81章の完全訳自由詩『タオ-老子』を出版、ロングセラーとなる。老子の思想を詩によって簡明に表現した画期的な仕事となった。 また、伊那谷に移住する前後より詩作活動と並行して、墨彩画の制作にも力を入れるようになり、伊那谷の心象風景や自然を描き、老子の言葉や自らの詩などを画賛に添えた。 私生活では既婚者で妻との間に息子2人を儲けており、その一人である次男・牧史は東京・銀座のギャラリーバーKajimaを営む傍ら、翻訳家としても活動している。 2015年12月25日、老衰により自宅で死去。92歳没。 (加島祥造 – Wikipedia)

関連サイト

加島祥造 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

関連エントリー

加島祥造 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年7月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年7月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.904 2021年7月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年7月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.904 2021.7.1 目次 / シルクロード世代の文化交流に学ぶ 榎本泰子 / 中国共産党100年の歩み 中日友好交流の推進を 孔鉉佑 / 日中韓でオンライン書法展を開催 / 《團伊玖磨先生記念シンポジウムに参加して》 / 團伊玖磨は2人いりません 白石茂浩 / 團伊玖磨先生が参加した中国音楽取材活動について 孫潚夢 / 團氏が問いかけてくること 西耕一 / 自然から学ぶこと 〈作品と文〉絹谷幸太 / 本・評と紹介 / スキマワラシ 恩田睦著 / 『医者のたわごと 現代版つれづれ草 拙舟散人閑話』 浦部晶夫著 / 『加藤周一を21世紀に引き継ぐために 加藤周一生誕百年記念国際シンポジウム講演録』三浦信孝、鷲巣力編 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

團伊玖磨 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

團伊玖磨(Ikuma Dan)記念ウェブページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年7月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年7月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.904 2021年7月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年7月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年7月号 / 特集 中国共産党創立100周年 / 美しい中国 東アジア文化都市・長沙 先人の思い橘子洲に訪ねて / さようなら、松山樹子さん (人民中国 2021年7月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年6月号)

人民中国雑誌社の人民中国 (2021年6月号)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.903 2021年6月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年6月号」が送らてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

中国を知るための日本語総合月刊誌 人民中国 2021年6月号 / 特集 中国製ワクチンで世界貢献 / 美しい中国 揚州 今も続く鑑真が結んだ絆 (人民中国 2021年6月号)

関連記事

人民中国(People’s China)は、人民中国雑誌社が北京で出版する日本語雑誌。日本では東方書店から刊行されている。中華人民共和国政府傘下の紙媒体日本語雑誌としては、2010年時点で唯一のものである。 概要 / 1949年、中国のことを諸外国に知ってもらうための広報誌として誕生。1950年に英語版、1951年にロシア語版、1953年に日本語版が出された。 日本語版 / 北京と東京にオフィスがあり、中国と日本双方で印刷、販売している。時代の変化に合わせて何度かリニューアルしており、現在では日中の相互理解が編集上の重要なコンセプト。オールカラー。 (人民中国 – Wikipedia)

関連サイト

人民中国のウェブサイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

関連エントリ

人民中国雑誌社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年6月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2021年6月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.903 2021年6月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2021年6月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

『日中文化交流』 No.903 2021.6.1 目次 / 團伊玖磨先生を憶うー逝去20年 中国・福建でシンポジウム 永井和子 / 團伊玖磨先生を記念する音楽学術シンポジウム / 信頼関係でつないだ映画・テレビドラマ交流 仲偉江 / 談話室 戦争を語り継ぐということ 神田さち子 / 漢馬 (絵と文) 北田克己 / 名喜劇俳優王景愚の死を悼む 石澤秀二 / 本・評と紹介 満天の花 佐川光晴著 / 昭和史講義 戦後編上・下 筒井清忠 / 孔子と詩経 佐藤利行ほか編著 / 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会のウェブページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会のウェブサイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のフエィスブック

関連エントリー

團伊玖磨(Ikuma Dan)記念ウェブページ – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

訃報のお知らせ 松山樹子さん

訃報のお知らせ 松山樹子さん

関連記事

清水正夫 松山樹子 こ夫妻にお会いしたのは、1999年5月14日、東京・ホテルニューオータニで開催された、中国文化大臣一行 孫家正(中華人民共和国文化部長)の歓迎レセプションでした。清水正夫さんは「やあ、北海道美幌町からよくいらっしゃいました」と温かく歓迎してくれました。そして「中華人民共和国駐札幌総領事館の和風庭園は、僕がデザインしたんだよ」と教えてくれました。同席は。飯高和子(書道教育家・現代かな作家)「めぐりあいの うれしさ 美しく」、河合紀(陶芸・工芸家)、武田明倫(音楽学、武満徹と親交)。中国札幌総領事館を訪問して可愛い中庭を見るたびに、清水正夫 松山樹子 ご夫妻の温かい声と優しい笑顔が思い浮かぶ。

松山バレエ団 東京都に拠点を置くバレエ団 / 松山バレエ団(まつやまバレエだん)は、1948年に、日劇のバレリーナであった松山樹子と、彼女のファンであり、当時内務省の役人であった清水正夫(東京大学大学院修了/日本大学卒業)によって、東京・青山の幼稚園を借りて設立されたバレエ団。所在地は東京都港区、正式名称を「公益財団法人松山バレエ団」という。総代表・清水哲太郎は、清水正夫と名誉芸術監督・松山樹子の長男。また、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻。 (Wikipedia)

関連サイト

松山バレエ団を創立 松山樹子さん死去 日本バレエの草分け | おくやみ | NHKニュース

訃報のお知らせ – 松山バレエ団

関連エントリー

松山バレエ団の 清水正夫 松山樹子 ご夫妻について – 美幌音楽人 加藤雅夫

松山樹子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤雅夫のあゆみ 50代 1997〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る