現中映 カテゴリのアーカイブ

松山バレエ団の 清水正夫 松山樹子 ご夫妻について

Sunset_at_taihu_wuxi.jpg

松山バレエ団の 清水正夫 松山樹子 ご夫妻について

日中友好人士、松山芭蕾舞団・松山バレエ団創立者の清水正夫は、2008年6月25日、病気のため死去、87歳。1948年、清水正夫は妻の松山樹子とともに松山バレエ団、松山バレエ学校を創立し、団長として古典バレエ・現代バレエの創造、「白毛女」など多くの作品を制作した。1955年から中国と交流を始め、日中文化交流にも貢献した。松山バレエ団は2001年、清水哲太郎とその妻のバレエダンサー森下洋子が引継いだ。

清水正夫 松山樹子 こ夫妻にお会いしたのは、1999年5月14日、東京・ホテルニューオータニで開催された、中国文化大臣一行 孫家正(中国文化部長)の歓迎レセプションでした。清水正夫さんは「やあ、北海道美幌町からよくいらっしゃいました」と温かく歓迎してくれました。そして「中華人民共和国駐札幌総領事館の和風庭園は、僕がデザインしたんだよ」と教えてくれました。同席は。飯高和子(書道教育家・現代かな作家)「めぐりあいの うれしさ 美しく」、河合紀(陶芸・工芸家)、武田明倫(音楽学、武満徹と親交)。中国札幌総領事館を訪問して可愛い中庭を見るたびに、清水正夫 松山樹子 ご夫妻の温かい声と優しい笑顔が思い浮かぶ。日中友好人士清水正夫氏弔意 「世代(心)を受継ぎ、時代(平和)をつくる」 美幌音楽人 加藤雅夫。

関連記事

松山バレエ団(まつやまバレエだん)は、1948年に、日劇のバレリーナであった松山樹子と、彼女のファンであり、当時内務省の役人であった清水正夫(東京大学大学院修了/日本大学卒業)によって、東京・青山の幼稚園を借りて設立されたバレエ団。所在地は東京都港区、正式名称を「公益財団法人松山バレエ団」という。総代表・清水哲太郎は、清水正夫と名誉芸術監督・松山樹子の長男。また、団長・森下洋子は清水哲太郎の妻。松山バレエ団と日中友好運動 / 松山バレエ団は白毛女の舞台化に尽力したことでも知られる。白毛女の舞台化は中国でも高く評価され、日中友好運動において重要な貢献をはたした。文化大革命期においても松山バレエ団はたびたび訪中し、日中友好につとめた。このため清水正夫らは日本共産党から批判された。 (松山バレエ団 – Wikipedia)

関連サイト

2017 新「白毛女」 – 松山バレエ団/バレエ学校 | クラシックバレエ

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 50代 1997〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

清水正夫 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

松山樹子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

松山バレエ団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

75px-Chinafilmsvg.png

2fdda3cc7cd98d10b7558677213fb80e7aec54e737d1b8cf.jpg

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

林海音の残した言葉に「有人得意、看背影就可以知道。有人失意,聴脚歩音就可以知道(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)」がある。

関連記事

『城南旧事(じょうなんきゅうじ、城南舊事)』は台湾の女性作家・林海音(リン・ハイイン)が、子供時代から青年期までを過ごした北京の思い出を元に綴った自伝的小説。林海音の代表作であり、台湾の文学史において懐郷文学と称される作品群の作詞的な作品でもある。初版発表は1960年。序章となる『冬の太陽・幼年時代・駱駝隊』(原題:冬陽・童年・駱駝隊)から始まり、『恵安館』・『みんなで海を見に行こう』(我們看海去)・『妾の蘭さん』(蘭姨娘)・『ロバのころげ回り』(驢打滾児)・『お父さんの花が散った』(爸爸的花児落了)という6編の短編でストーリーが構成されている。映画 / 1982年、中国で呉貽弓監督により映画化された。邦題は『北京の想い出』(My Memories of Old Beijing)。ビデオ未発売。天真爛漫な主人公の少女・林英子(リン・インズ)を演じた沈潔が多くの人々の心を奪い、1980年代の中国映画を代表する作品の一つとなった。劇中では日本で親しまれている唱歌の『旅愁』が使われている。(城南旧事 – Wikipedia

沈 潔(シェン・ジエ Shen Jie, 1972年-)は、中国の上海出身の女優。1982年、10歳のとき、台湾系作家・林海音の自伝小説を呉胎弓監督が映画化した『北京の想い出』に主人公の英子役で出演した。沈潔は天真爛漫の少女を演じて沢山の人々の心を奪った。1992年3月に高校を卒業して来日し、2年後に東洋大学法学部に入学。NHKのラジオ、テレビの中国語講座に出演した。(沈潔 – Wikipedia

関連エントリ

北京の想い出 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南舊事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南旧事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

My Memories of Old Beijing の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

華流(ファーリュー)について

800px-Gardenia_jasminoides1.jpg

華流(ファーリュー)について

関連記事

華流(ホアリュウ、ファーリュー)は、香港、台湾、中国などをはじめとする中国語文化圏(中華圏)発の大衆娯楽文化の圏外での流行を指すための言葉。華流の拼音表記は“huáliú”であり、“ホアリョウ”が中国語の発音に最も近いが、台湾アイドルグループF4の日本デビュー時(2005年)の広告等に“ファーリュー”と表記されたことから、その名残りで“ファーリュー”と表記されることが多い。日本語では「華」は一般に中華民国(台湾)を指すことが多いので、この言葉を台湾文化の日本輸入についてのみ用いるケースもあるが、一般的には大中華圏の文化に対して普遍的に用いられている。概要 / 「華流」に含まれるのは、中国、香港、台湾、更にシンガポールやマレーシアなども含んだアジアの中国語文化圏全体である。範囲が広いだけに、その内容は非常に多彩と言える。台湾に限定して「台流」、香港に限定して「港流」と言う場合もあるが、例えば台湾の俳優が中国製作のドラマに出演したり、その逆があるなど、台湾と中国のように、政治的、外交的には対立関係にあるものの、芸能分野においては中国語文化圏の各国間での交流が非常に頻繁であり、区別するのが難しい。そのため、大きな括りとしての「華流」が主に使われている。(但し日本に輸入される中華圏のカルチャーは台湾・香港のものが多く、中国や東南アジアの華人圏のものは非常に少ない。)「華流」は台湾、香港、中国大陸など、それぞれの国や地域ごとに特色を持ち、さらに恋愛ドラマ、武侠ドラマ、歴史ドラマ、ファミリードラマなど、ジャンルは多岐にわたっている。そして、ドラマ以外の映画や音楽なども支持を受けているのが特徴である。華流はそれぞれの特定の政府の後押しを受けてはおらず、各種メディアで取り上げられる度合いも小さなものに留まっている。日本における華流 / 日本では、従来から香港や台湾など、中国語文化圏の芸能には一定の人気があり、李小龍(ブルース・リー)や成龍(ジャッキー・チェン)などのカンフー映画やアクション映画、ジュディ・オング、欧陽菲菲、アグネス・チャン、テレサ・テンらの女性歌手たち、霊幻道士や幽幻道士(テンテン役:劉致妤)などのキョンシー作品が流行したこともあった。(華流 – Wikipedia

関連サイト

華流(ファーリュー) | 台湾文化交流会

華流 チャイナ日和 (又名:華流的一天)

関連エントリ

ファーリュー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

華流 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 日本中国文化交流協会について

img_history50_22.jpg

2018 日本中国文化交流協会について

関連記事

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい JAPAN-CHINA CULTURAL EXCHANGE ASS.)は、日中友好7団体の一つで民間法人。経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423。役員 / 会長 黑井千次、副会長・理事長 池辺晋一郎。活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。日中友好議員連盟、日中経済協会、日中友好協会、日中協会、日本国際貿易促進協会、日中友好会館。(日本中国文化交流協会 – Wikipedia

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

栗原小巻 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

黑井千次 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

映画 「故郷(ふるさと)の香り」 (現代中国映画上映会)

10850880a73a68a179d3d5bedbfefccc.jpg

映画 「故郷(ふるさと)の香り」 (現代中国映画上映会)
Movie “Nuan” (contemporary chinese film screenings association)

5月30日(土) 「故郷の香り」 上映のお知らせ
May 30 (Saturday) “Nuan” Screening Notice

映画 「故郷(ふるさと)の香り」 (現代中国映画上映会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

映画 「胡同のひまわり」 (現代中国映画上映会)

330px-Sunflowers.jpg

映画 「胡同のひまわり」 (現代中国映画上映会)
Movie “Hutong Sunflower” (contemporary chinese film screenings association)

4月4日(土) 「胡同のひまわり」上映のお知らせ
April 4 (Saturday) “Hutong sunflower” Screening Notice

映画 「胡同のひまわり」 (現代中国映画上映会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

映画 「狙った恋の落とし方。」 (現代中国映画上映会)

DSC09259b3.jpg

green_t.jpg

狙った恋の落とし方。
非诚勿扰 (电影)
If You Are the One

映画 「狙った恋の落とし方。」 (現代中国映画上映会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

年末の挨拶 (現代中国映画上映会)

270px-White_pearl_necklace.jpg

年末の挨拶 (現代中国映画上映会)
Greetings of the end of the year (Contemporary Chinese Film Screenings Association)

年末の挨拶 (現代中国映画上映会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

国姓爺合戦~英雄・鄭成功

yxzcg16.jpg

300px-.jpg

480px-Koxinga_territory.jpg

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2014年11月上映会のニュースレターが送られてきました。

映画ファンにご案内いたします。

11月8日(土)、歴史物語「国姓爺合戦~英雄・鄭成功」上映

国姓爺合戦~英雄・鄭成功 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

高杉晋作の辞世の歌 – おもしろき こともなき世を おもしろく

Tsumasabur_Band.jpg

375px-Shinsaku_Takasugi.jpg

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2014年10月上映会のニュースレターが送られてきました。

映画ファンにご案内いたします。

高杉晋作の辞世の歌 – おもしろき こともなき世を おもしろく の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る