オランダ カテゴリのアーカイブ

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

image003.jpg

アンネの日記(アンネ・フランク)日記の日(日本)について

関連記事

6月12日 アンネの日記の日 / 1942年のこの日、ユダヤ人の少女アンネ・フランクによって「アンネの日記」が書き始められた。アンネの家族は、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害を逃れて、アムステルダムの隠れ家に身を隠した。日記は隠れ家に入る少し前の、この日の13歳の誕生日に父から贈られたものだった。1944年8月1日、アンネらは隠れ家から連れ出されて、ポーランドのアウシュビッツに送られたため、日記はこの日で終わっている。そして、1945年3月にドイツのベルゲン・ベルゼン強制収容所で病死した。6月12日 歴史 / 1942年 アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントで日記帳を贈られる。「アンネの日記」の書始め。(6月12日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月12日 できごと / 1942年 – ホロコースト: アンネ・フランクが13歳の誕生日プレゼントとして日記帳をもらう。『アンネの日記』の書き始め。6月12日 記念日・年中行事 / 日記の日(日本)1942年6月12日にポーランド系ユダヤ人のアンネ・フランクによって『アンネの日記』が書き始められたことにちなむ。(6月12日 – Wikipedia

『アンネの日記』(アンネのにっき、オランダ語: Het Achterhuis)とは、ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによる日記様の文学作品。概要 / 第二次世界大戦の最中のドイツによる占領下のオランダ、アムステルダムが舞台となっている。国家社会主義ドイツ労働者党によるユダヤ人狩りのホロコーストを避けるために、咳も出せないほど音に敏感だった隠れ家に潜んだ、8人のユダヤ人達の生活を活写したもの。執筆は密告(密告者はいまだ不明)により、ナチス・ドイツのゲシュタポに捕まるまでのおよそ2年間に及んだ。1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されている。彼女の死後、父オットー・フランクの尽力によって出版され、世界的ベストセラーになった。(アンネの日記 – Wikipedia

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank De-Annelies_Marie_Anne_Frank.ogg 、1929年6月12日 – 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。概要 / ドイツ国のフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダのアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。1944年8月4日にナチス親衛隊(SS)に隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。1945年3月上旬頃のことと見られている。隠れ家には、アンネがオランダ語で付けていた日記が残されていた。オットーの会社の社員で隠れ家住人の生活を支援していたミープ・ヒースがこれを発見し、戦後まで保存した。8人の隠れ家住人の中でただ一人戦後まで生き延びたオットー・フランクはミープからこの日記を手渡された。オットーは娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるため、日記の出版を決意した。この日記は60以上の言語に翻訳され、2500万部を超える世界的ベストセラーになった。(アンネ・フランク – Wikipedia

関連エントリ

日記の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネの日記 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンネ・フランク の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 奥村愛トリオコンサート(北見芸術文化ホール)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

012.jpg

2018年 奥村愛トリオコンサート(北見芸術文化ホール)

関連記事

奥村愛トリオ・コンサート 北見芸術文化ホールで 開館20周年を記念 ホール・ボランティア友の会も結成20周年 3月7日
奥村愛トリオ・コンサートが3月7日(水)午後7時から、北見芸術文化ホールで開かれます。 同ホール開館20周年と同ホール・ボランティア友の会の結成20周年を記念した市民ホール自主文化事業。バイオリン・奥村愛、ピアノ・加藤昌則、チェロ・小川和久の3アーティストが、柔らかな音色で聴衆を包みます。 E.メンデルスゾーン「ピアノ三重奏曲第1番」、J.ブラームス/加藤昌則「ハンガリー舞曲第5番」などを演奏します。 チケットは一般1500円(当日2千円)、高校生以下500円(当日800円)。問い合わせは同ホール(TEL 0157-31-0909)へ。(2018年2月7日の記事 経済の伝書鳩

奥村愛(Ai Okumura)
奥村 愛(おくむら あい、1979年9月16日 – )は、日本のヴァイオリニスト。コンサートイマジン所属。レコードレーベルはavex-CLASSICS。元夫でチューバ奏者の杉山康人との間に一女がいる。 人物・来歴 / 父はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の元ヴァイオリン奏者で、ヴィオリストの奥村和雄、弟はチェリストの奥村景。 アムステルダムで生まれ、1987年、父親の同楽団退団に伴いその故郷である新潟市に移り、中学卒業まで同地で育つ。 1994年、第48回全日本学生音楽コンクール全国大会・中学生の部で第1位、1997年(第66回)及び1998年(第67回)日本音楽コンクールヴァイオリン部門で入選、1999年(第68回)同第2位入賞。 桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学のソリスト・ディプロマ・コースで学んだ。辰巳明子に師事。 2002年、「愛のあいさつ」でCDデビュー。小品で構成され、トークを売りにした演奏会で知られる。条件を満たした入場者との記念撮影会を行ったり(富士山河口湖音楽祭2007、2008、2009、2010[5])、ファンミーティング(写真撮影会)を含んだイタリア-オーストリア旅行に参加を予定したりしている。 2004年、オーストリア・ウィーンに渡り、ライナー・ホーネックのレッスンを受けた。時期を同じくして女児を出産。のちに渡米。 プライベートについて公言することはなかったが、2008年、雑誌やラジオ等で「3歳の娘」について語った。 発言 / 練習時間 / Web上で公開されたインタビューでは、コンサートが続いたり移動が重なったりした後は、1~2日ヴァイオリンを弾かない日を決め、1日だらだら過ごすことに幸せを感じると発言している。2008年3月発行の誌上では、「練習は毎日欠かしたことがない」と話した。 音楽と人間性 / 「万人に愛されようとは決して思っていないが、“音楽はいいが人間としては…”という演奏家にはなりたくない。私の音楽を好きと言ってくれる人には、人間的にも魅力的でありたい。人間性は音楽に出ると思うから」。 使用楽器 / 1738年製 カミリア・カミリー。(奥村愛 – Wikipedia

関連サイト

ボランティア友の会結成20周年記念:北見市民ホール自主文化事業

Ai Okumura Official Site | Top

Ai Okumura’ s Diary 奥村 愛 オフィシャル・ブログ

奥村愛 Ai Okumura – ホーム | フェイスブック – Facebook

加藤 昌則 Masanori Kato – ホーム | Facebook

関連エントリ

奥村愛トリオコンサート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国姓爺合戦~英雄・鄭成功

yxzcg16.jpg

300px-.jpg

480px-Koxinga_territory.jpg

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2014年11月上映会のニュースレターが送られてきました。

映画ファンにご案内いたします。

11月8日(土)、歴史物語「国姓爺合戦~英雄・鄭成功」上映

国姓爺合戦~英雄・鄭成功 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト)

Music.jpg

Contact.jpg

Biography.jpg

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト)
Irina Kulikova (classical guitarist)

New CD ‘Reminiscences of Russia’
Presentation in Amsterdam Concertgebouw

イリーナ Kulikova (クラシックギタリスト) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

8月17日(1945年)、インドネシア共和国の独立記念日

188px-Flag_of_Indonesiasvg.png

National_emblem_of_Indonesia_Garuda_Pancasilasvg.png

8月17日(1945年)、インドネシア共和国の独立記念日。

August 17 (1945) Independence Day of the Republic of Indonesia.

17 Agustus (1945) Hari Kemerdekaan Republik Indonesia.

8月17日(1945年)、インドネシア共和国の独立記念日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day)

120px-Indosan_Nippon_Japanese_Temple.JPG

120px-Anandabodhi.jpg

300px-Saraca_indica_-_Lemaire.jpg

Pipal.jpg

800px-Birth_of_Buddha_at_Lumbini.jpg

12月8日
釈迦 が悟りを開いた日
Bodhi Day

Gautama Buddha (Bodhi Tree)
ゴータマ・ブッダの菩提樹
無憂樹: 釈迦が生まれた所にあった木。(Saraca asoca)
印度菩提樹: 釈迦が悟りを開いた所にあった木。(Ficus religiosa)
沙羅双樹: 釈迦が亡くなった所にあった木。(Shorea robusta)

Satori
悟り(さとり)は知らなかったことを知ること、気がつくこと、感づくことを言い覚りとも書く。宗教上の悟りは迷妄を去った真理やその取得を言う。(wiki/悟り

12月8日: 釈迦 が悟りを開いた日。(Bodhi Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭

330px-Gentile_da_Fabriano_064.jpg

12月5日
聖ニコラオスの日の前夜祭
シンタクラースの日
クランプスの日

12月6日
ミラの聖ニコラウスの祝日

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート

img_history_index03-375x500.jpg

東京オペラシティ文化財団からメールニュースが送られてきました。

オンエア情報: 池辺晋一郎 70 歳 バースデー・コンサート
NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」 池辺晋一郎 交響曲第9番

On-air情報: 池辺晋一郎 (70歳)バースデー・コンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

人々を愛することほど真に芸術的なことはない… (ゴッホ)

Van_Gogh_Self-Portrait_with_Straw_Hat_1887-Metropolitan.jpg

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853年3月30日 – 1890年7月29日)は、オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家。

人々を愛することほど真に芸術的なことはない。(ゴッホ)

人々を愛することほど真に芸術的なことはない… (ゴッホ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る