スウェーデン カテゴリのアーカイブ

世界シニアカーリング選手権(北見カーリング協会)

Curling_stones.jpg

世界シニアカーリング選手権(北見カーリング協会)

関連記事

3年連続シニアカーリング世界大会へ 北見カーリング協会 女性(59) / 北見カーリング協会の女性(59)=北見市=が稚内、札幌、帯広の選手と組むチームHokkaidoが、日本シニアカーリング選手権女子の部でみごと3連覇を飾った。ジュニアの指導にも熱心で競技者と二刀流の女性。日本代表として3年連続の世界大会は「今度こそ表彰台に」と意気込む。
日本選手権女子の部で3連覇 ジュニアの指導にも熱心 今度こそ表彰台に / シニアは50歳以上が対象。女性は日本選手権やミックスダブルス選手権で顔を合わせたことのあるカーリング仲間から声を掛けられ、50~70歳代の道内選手とチームを作り、3年前から出場している。近年はシニアのチーム数が増え、勝ち上がるのが難しくなってきているという。第15回日本シニアカーリング選手権は2月14~18日、空知管内の妹背牛町カーリングホールで行われ、女子は6チームが出場。女性がサードを務めるチームHokkaidoは予選リーグ4勝1敗の2位で決勝トーナメントへ。準決勝のaomori戦を5-4で辛くも勝ち上がると、決勝のチーム札幌戦は11-0で快勝した。今年の世界シニアカーリング選手権は4月21~28日、スウェーデンのエステルスンドに16カ国を集め開催。日本女子シニアの今季の世界ランキングは7位で、カナダ、スイス、スコットランドなどが上位を占める。女性は「一昨年の8位、昨年の7位を上回る成績を」と張り切り、「氷の状態を読むアイスリーディングが試合を左右すると思う。経験を生かしがんばりたい」。カーリング歴23年。北見市花月町の河西建設カーリングホールをホームリンクに活動しており、ジュニアの育成にも心を注ぐ。ホールは4月上旬でシーズンオフ。世界戦を前にシーズン最後の初心者カーリング体験会では、人一倍元気な声で熱心に指導していた。(寒)(2018年4月9日の記事 経済の伝書鳩

女子カーリング世界シニア選手権出場 チームHokkaido 北見・女性 / 女子カーリングの2018世界シニア選手権に、チームHokkaidoの一員として出場した北見市の女性が開催地のスウェーデンから帰国した。女性は3年連続出場。今回は8位で、連続入賞の好成績も「残念。惜しかった。いい試合はできた」と、今までで一番悔しそうだ。連続入賞も「残念、惜しかった」 強豪国相手に健闘、日本は8位に / メンバーは女性のほか帯広、札幌、稚内の50~70歳代のカーリング選手。日本シニア選手権を3連覇し、スウェーデン・エステルスンドでの大会に臨んだ。16カ国を2ブロックに分けた予選リーグは、日本の入るAブロックが強豪ぞろい。結局、優勝したカナダを含め、スウェーデン、アメリカという屈指の強豪国に敗れ、それ以外はすべて勝利したが4勝3敗で決勝トーナメントに進めなかった。チームのバイスキップ(副主将)を務める女性は、サードで全試合に出場。「カナダ戦(スコア2対6)、スウェーデン戦(6対7)と、ともにリードしていたが終盤に逆転された。あと一つ勝っておけば、決勝トーナメントに進めた」ともう一歩に迫った戦いを振り返り「スウェーデンチームのスキップ、アネッテ・ノルベリ選手はオリンピック3回出場で2006年トリノと2010年バンクーバーは金メダル。そのようなすごい人と戦えて幸せでした」。その上で「負けたけれど強豪国にくらいついていけた。絶対に勝てないチームではなくなった」と、前2大会と比べての感想を語る。「最後は、体力の差かも」。世界シニア選手権と隣り合わせの会場で世界ミックスダブルス選手権も開かれていた。出場していた同じく北見市出身の藤澤五月選手(ロコ・ソラーレ)らを試合の合間を縫って応援したり、閉会式後のパーティーは「みんなでワイワイと踊りまくり、盛り上がった」と女性。日本から持って行った羽織を着て出席し、外国選手から注目を集めたそう。「前2回よりも周りを見られるようになった」という。8位、7位、そして今回8位。来年はノルウェーで開催。今後については「課題の体力不足を補わなければ」と、すでに来シーズンを視野に、オフの間の筋力アップをめざす。日本の対戦結果は次の通り。◇日本 ▽6-7スウェーデン ▽5-4オーストラリア ▽(不戦勝)ポーランド ▽5-9アメリカ ▽2-6カナダ ▽8-4リトアニア ▽7-0ロシア。(寒)(2018年5月11日の記事 経済の伝書鳩

世界シニアカーリング選手権(せかいシニアカーリングせんしゅけん、英: World Senior Curling Championships)は、世界カーリング連盟(WCF)が主催するカーリングの50歳以上の選手による世界選手権大会。男女共に2002年から毎年3月から4月上旬の期間の間に行われている。男女同会場で行われている。(a href=”https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9″>世界シニアカーリング選手権 – Wikipedia)

関連サイト

フロアカーリングについて

北見カーリング協会北見支部 – ホーム | Facebook

関連エントリ

北見カーリング協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

世界シニアカーリング選手権 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

The Silk Road 3月28日 シルクロードの日

SeidenstrasseGMT.JPG

The Silk Road 3月28日 シルクロードの日

関連記事

3月28日 1900年のこの日、スウェーデンの探検家・地理学者のスウェン・ヘディンによって、廃虚になっていたシルクロードの古代都市・楼蘭が発見された。(3月28日 今日は何の日~毎日が記念日~

シルクロード(絹の道、英語: Silk Road, ドイツ語: Seidenstraße, 繁体字:絲綢之路, 簡体字:丝绸之路)は、中国と地中海世界の間の歴史的な交易路を指す呼称である。絹が中国側の最も重要な交易品であったことから名付けられた。その一部は2014年に初めて「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」としてユネスコの世界遺産に登録された。概要 / 「シルクロード」という名称は、19世紀にドイツの地理学者リヒトホーフェンが、その著書『China(支那)』(1巻、1877年)においてザイデンシュトラーセン(ドイツ語:Seidenstraßen;「絹の道」の複数形)として使用したのが最初であるが、リヒトホーフェンは古来中国で「西域」と呼ばれていた東トルキスタン(現在の中国新疆ウイグル自治区)を東西に横断する交易路、いわゆる「オアシスの道(オアシスロード)」を経由するルートを指してシルクロードと呼んだのである。リヒトホーフェンの弟子で、1900年に楼蘭の遺跡を発見したスウェーデンの地理学者ヘディンが、自らの中央アジア旅行記の書名の一つとして用い、これが1938年に『The Silk Road』の題名で英訳されて広く知られるようになった。「草原の道」 / 「オアシスの道」 / 「海の道」 / シルクロードと日本 / 日本には、奈良の正倉院に中国製やペルシア製の宝物が数多く残っており、天平時代に遣唐使に随行してペルシア人の李密翳(り・みつえい)が日本に来朝したことに関する記録[4]なども残されている。当時の日本は唐代の東西交通路の東端に連なっていたと認識されており、摂津国の住吉津(現在の大阪市住吉区)は「シルクロードの日本の玄関」、飛鳥京や平城京は「シルクロードの東の終着点」と呼ぶことがある。なお、ユーラシア交易と直接的な関係はないが、幕末から明治にかけて、日本の主要な輸出品であった絹を横浜港に運ぶ交易路が存在し、その集積地があった八王子から横浜にかけての道が「絹の道」や「シルクロード」と呼ばれることもある。シルクロードに関しては近年の日本における学校教育でも取り上げられていたが、歴史やヘディンの著書などに関心を持つ一部の人たち以外には、さほど興味を引く存在ではなかった。しかし、中華人民共和国との文化交流が進む過程でNHKが中国中央電視台とともに1980年に共同制作した『NHK特集 シルクロード-絲綢之路-』によって、喜多郎のノスタルジックなテーマ音楽とともに、一躍シルクロードの名が広く知れ渡ることとなった。日本ではシルクロードという語は独特のエキゾチシズムやノスタルジアと結びついており、西安や新疆、ウズベキスタン、イラン、トルコなどへの海外旅行情報やツアーの広告には必ずと言ってよいほど「シルクロード」という言葉が記されている。この80年代の「シルクロードブーム」を受け[5]、1988年に日中両政府は日中友好環境保護センターの設立を決定した。また、シルクロードの世界遺産登録をユネスコに中国政府とともに働きかけた[6][7]平山郁夫は平山郁夫シルクロード美術館を設立している。(シルクロード – Wikipedia

楼蘭(ろうらん,Loulan,推定されている現地名はクロライナ Kroraina)は、中央アジア、タリム盆地のタクラマカン砂漠北東部(現在の中国・新疆ウイグル自治区チャルクリク)に、かつて存在した都市、及びその都市を中心とした国家である。「さまよえる湖」ロプノールの西岸に位置し、シルクロードが西域南道と天山南路に分岐する要衝にあって、交易により栄えた。紀元前77年に漢の影響下で国名を鄯善(中国語名併音shàn shàn・日本語名ぜんぜん)と改称したが、楼蘭の名はその後も長く用いられ続けた。4世紀頃からロプノールが干上がるのとほぼ時を同じくして国力も衰え、やがて砂漠に呑み込まれたが、1900年にスウェーデンの探検家ヘディンによって遺跡が発見された。後世の記録と発掘 / 中央アジア探検 / 近代的な調査は19世紀のヨーロッパ人探検家による調査によって始まる。その始まりは1893年10月から行われたスウェーデンの探検家、ヘディンによる中央アジア探検である。最初の探検では水不足のために一時は探検キャラバンが壊滅し彼自身も死の淵を彷徨うこともあった難旅行であったが、ヘディンは1897年3月まで西域各地を回った。そして2度目の探検旅行が1899年6月に開始され、翌1900年3月23日、楼蘭遺跡を偶然発見した。その翌年彼は楼蘭を再訪し若干の調査を行った。1908年には日本の大谷探検隊(第2次)が楼蘭を訪れた。西本願寺の大谷光瑞は非常な情熱を持って数次にわたる中央アジア調査を企画し、彼によって派遣された橘瑞超は楼蘭故城を訪れた。この時の調査によって『李柏文書』と呼ばれる有名な文書が発見されている。彼は1911年にもかつての楼蘭王国の領域を訪れて壁画などを収集した。日本の探検隊はその後長く途絶えたが、ヘディンやスタインは繰り返し楼蘭の調査を行っている。彼らの調査は当時新しく成立した中華民国政府や文献の国外流出に怒る中国人学者達の強い反対を受けて難航したが、全ての調査に中国人を同行させることで同意を取り付けたり、道路建設のための調査依頼を受ける形での調査を行った。こうした苦労に報いるに十分な発見が1934年にヘディンによってなされた。新疆で発生していた回族の反乱のために彼は拘禁されていたが、偶然にもロプノール地方で灌漑の可能性の調査を命ぜられ現地の調査を行う事ができた。このとき彼は女性のミイラを発見したのである。この発見に興奮した彼はそのミイラに「ロプの女王」と言う名をつけたが、実際にこのミイラが女王のミイラであったかはわからない。番組『シルクロード』の取材と中国の調査 / この時の調査以降、第二次世界大戦や国共内戦、更に中国の共産化などのため、暫くの間楼蘭の調査は途絶えた。再び楼蘭に大規模な調査隊が訪れるのは1979年の事である。これは日本のNHKと中国の中央電視台による共同制作番組『シルクロード』の取材によるもので、この時中央電視台の要請によって中国人学者による調査隊が組まれたのである。このとき新たに女性のミイラが発見されている。翌年には更に大規模な調査が行われ大きな成果を上げた。この調査では初めて楼蘭の水源も明らかとなっている。その後も大規模な調査が繰り返し行われ、多くの知見が得られた。1986年以降は新疆文化庁によって恒常的に調査が行われ、膨大な量の遺物が収集されている。1988年の日中共同調査では早稲田大学教授の長澤和俊やジャーナリストの轡田隆史も楼蘭故城の調査にあたり、外国人としては54年ぶりの楼蘭調査となった。しかし、現在は外国人による調査がほとんど許可されないため、中国人学者の手によって行われている。(楼蘭 – Wikipedia

スヴェン・アンダシュ(アンデシュ)・ヘディン(Sven Anders Hedin, 1865年2月19日-1952年11月26日)は、スウェーデンの地理学者・中央アジア探検家。日本との関わり / 1898年~1900年頃から大谷光瑞と交流があり、探検旅行の帰途、大谷、外務省、東京地学協会の招聘[2]で、1908年に来日し、明治天皇に謁見。日本人として初めてチベット入した河口慧海とも書簡を交している。1923年にも来日している。(スヴェン・ヘディン – Wikipedia

関連サイト

NHK特集 シルクロード 絲綢之路 | NHK名作選(動画他) – NHK語学番組 – NHKオンライン

NHK特集「シルクロード-絲綢之路-」 | なつかしの番組 特集番組編 | 特集記事から探す | NHKアーカイブス – NHKオンライン

関連エントリ

音楽の旅 / ギリシャから日本に「シルクロードの果て」(美幌音楽 加藤雅夫)

大宜見義夫の 「シルクロード 爆走記」 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

スウェン・ヘディン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

シルクロードの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Rare Disease Day, RDD 世界希少・難治性疾患の日

399px-Snowman-20100106.jpg

Rare Disease Day, RDD 世界希少・難治性疾患の日

関連記事

世界希少・難治性疾患の日(より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった活動。)
世界希少・難治性疾患の日(せかいきしょう・なんちせいしっかんのひ、英: Rare Disease Day, RDD)は、希少疾患、難治性疾患の啓発を目的として、世界的規模で毎年2月末日に開催されている “Rare Disease Day” の、日本での正式名称である。概要 / 世界希少疾患の日ではなく、世界希少・難治性疾患の日となったのは、欧米における希少疾患という呼称と別に、日本において難病、難治性疾患という呼称が、従来より用いられてきたことによると思われるが、公開された記録はない。日本での開催事務局は、2015年開催より特定非営利活動法人ASrid内におかれている。2014年には世界84ヶ国にて、RDDに関係する1,000以上のイベントが開催され、そのうち410がRDD世界事務局が公認したイベントである[1]。日本は2010年から公式に参加した。2月末日に開催する由来として、4年に一度の閏年のみに設けられている2月29日が最も「希」な日として象徴的であったことによると記述がある。(世界希少・難治性疾患の日 – Wikipedia

関連サイト

特定非営利活動法人ASrid

Rare Disease Day ® 2018

RDD 2018 北海道 – レアディジーズデイ

Rare Disease Day レアディジーズデイ 世界希少・難治性疾患の日

Rare Disease Day (RDD) レアディジーズデイ 世界希少・難治性疾患の日 – Facebook

Rare Disease Day jp (rddjapan) on Twitter

Rare Disease Day | Facebook

関連エントリ

難病 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

世界希少・難治性疾患の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Rare Disease Day, RDD の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ

330px-Tru_Takemitsu.jpg

369px-Tokyo_Opera_City_Tower.JPG

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ
Tokyo Opera City Cultural Foundation sponsored concert lineup of 2015

2015年度の東京オペラシティ文化財団主催公演ラインナップ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1981年 10月27日の事件、「ウィスキー・オン・ザ・ロック」

300px-Monopolowa.jpg

600px-Naval_Ensign_of_Russia_svg.jpg

「ウィスキー・オン・ザ・ロック」 (ウィスキー級潜水艦が、岩礁に乗り上げた)
“Whiskey on the rocks” (the rock-grounded submarine being a Whiskey-class submarine)

1981年 10月27日の事件、「ウィスキー・オン・ザ・ロック」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 37」

375px-US_Navy_050102-N-9593M-040_A_village_near_the_coast_of_Sumatra_lays_in_ruin_after_the_Tsunami_that_struck_South_East_Asia.jpg

The_Impossible.jpg

北海道総合政策部知事室国際課から 「国際化通信 No. 37」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。
日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン 「国際化通信 No. 37」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月22日、冬至の日。(winter solstice day)

Lucia-131206.jpg

375px-Gavle_christmas_billy_goat.jpg

225px-Vilhelm_Pedersen_-_krasnoludek_ubt.jpeg

ユール(北欧語: Yul、英語: Yule)は、古代ヨーロッパのゲルマン民族の間で、冬至の頃に行われた祭りのこと。のちにキリスト教との混交が行われたが、北欧諸国では現在でもクリスマスのことをユールと呼ぶ。英語でもユールタイド(Yuletide)と呼び、クリスマスの祝祭自体を指す言葉となったが、現在は古語とされている。北欧のユールには、キリスト教伝来以前の習慣と結びついた、独自の様々な習慣がみられる。(wiki/ユール

12月22日、冬至の日。(winter solstice day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信)

Bioakkumulation_von_schadstoffen.png

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

残留性有機汚染物質(ざんりゅうせいゆうきおせんぶっしつ)(Persistent Organic Pollutants、POPs)とは、自然に分解されにくく生物濃縮によって人体や生態系に害をおよぼす有機物のこと。物質によっては使用されたことのない地域でも検出されることがあり広範囲に影響をおよぼす可能性がある。 ダイオキシン類・ポリ塩化ビフェニル(PCB)・DDTなどがこの物質にあたる。 国内において発生する問題のみならず、地球環境問題であることから予防的取組として、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)にて国際的なPOPsの廃絶、削除等を行う枠組みが設けられた。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(英語:Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants)とは、早急な対応が必要と思われる残留性有機汚染物質(POPs)の減少を目的として、それらの指定物質の製造・使用・輸出入の禁止または制限をする条約。残留性有機汚染物質条約、ストックホルム条約、POPs条約とも呼ばれる。 2001年5月に採択、2004年5月17日に発効、日本は2002年に受諾している。
ja.wikipedia.org/wiki/残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

環境省からのメールマガジンです。
2013年10月21日に配信

環境省からのメールマガジンです。(2013年10月21日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.35」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。

日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る