南欧 カテゴリのアーカイブ

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

180px-Vincente_Gomez_o

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

ヴィセンテ・ゴメス (Vicente Gómez 1911年7月8日 – 2001年12月23日)は、スペインのギタリスト兼作曲家です。

関連記事

Vicente Gómez (8 July 1911 – 23 December 2001) was a Spanish guitarist and composer. Biography / Gómez was born in Madrid where he learned his trade in a tavern, in the red light district of Madrid, that was owned by his father. He worked there until he was 25, when he visited Russia. He was involved in politics and opposed to General Franco. He visited Cuba and Mexico and he was discovered whilst making a radio show in Mexico. He worked in New York and toured South America. In 1943 he became a U.S. citizen and served in the American army. In the 1950s he composed for Hollywood films before he retired to compose and teach. One of Gómez’ students was Ricky Nelson. Another was the wife of Omar Bradley. (Vicente Gómez (composer) – Wikipedia)

関連動画

Romance de amour / Vicente gomez – YouTube

Vicente Gomez – Sevilianas y Panaderos 血と砂 – YouTube

悲しみの礼拝堂 – YouTube

Triste Santuario – YouTube

関連エントリ

ビセンテ・ゴメス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Vicente Gómez の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

関連記事

5月3日 忌日/ 1997年 ナルシソ・イエペス (スペイン:ギター奏者『禁じられた遊び』) <69歳> Narciso Yepes (5月3日 今日は何の日~毎日が記念日~)

5月3日 忌日 / 1997年 – ナルシソ・イエペス、ギタリスト (5月3日 – Wikipedia)

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。
来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペスの公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月8日 ヴィーナスの日 (ミロのヴィーナス)

Aphrodite_of_Milos

4月8日 ヴィーナスの日 (ミロのヴィーナス)

関連記事

4月8日 ヴィーナスの日 / 1820年のこの日、エーゲ海のメロス島の農夫がヴィーナス像を発見した。「ミロのヴィーナス」として知られており、紀元前130年頃に作られたとされている。 歴史 / 1820年 エーゲ海のメロス島で農夫が「ミロのヴィーナス」を発見。 (4月8日 今日は何の日~毎日が記念日~)

4月8日 できごと / 1820年 – エーゲ海のメロス島の農夫が「ミロのヴィーナス」を発見。 (4月8日 – Wikipedia)

ミロのヴィーナス(希: Αφροδίτη της Μήλου、仏: Vénus de Milo)は、古代ギリシアで制作された彫刻の女性像である。現在はパリのルーヴル美術館で展示・管理されている。 歴史 / ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によってオスマン帝国統治下のエーゲ海にあるミロス島で発見された。 (ミロのヴィーナス – Wikipedia)

110px-Venus_de_Milo_Louvre_Ma399-02b108px-Venus_de_Milo_Louvre_Ma399-06a

関連エントリ

ヴィーナスの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ミロのヴィーナス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月13日 聖ルチア祭 シラクサのルチア (聖名祝日)

img_history30_03.jpg

12月13日 聖ルチア祭 シラクサのルチア (聖名祝日)

関連記事

12月13日 聖ルチア祭 / 眼・視覚障害者の守護聖女「聖ルチア」の聖名祝日。 ルチアは3世紀のイタリア・シチリアの貴族の娘であるが、母の病が聖アガタの墓前での祈りにより全快した奇跡により、終生貞潔を守り神に仕えることを決意した。ルチアには異教徒の婚約者がいたが、彼女がキリスト教徒となったことに失意し国に密告した。改宗を拒んだことから売春婦となる刑が言い渡されたが、奇跡が起きて彼女の体はその場から動かなくなった。そこで拷問として両目がえぐり出されたが、奇跡が起き目がなくても見ることができたという。 スウェーデンでは、クリスマスに若い女性が「ルチアの花冠」を被ってパンとコーヒーを恵まれない人に配る風習がある。 (12月13日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月13日 記念日・年中行事 / 聖ルチア祭(スカンディナヴィア諸国、南欧)シラクサのルチアの聖名祝日。 (12月13日 – Wikipedia)

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。クリスマスシーズンのアドベント(待誕節)が始まるころに行われる。西方教会では伝統的に重要な聖名祝日で、スカンディナヴィア諸国と南欧が主として伝統的行事としている。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、イタリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アイスランド、クロアチアで行われる。16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 (聖ルチア祭 – Wikipedia)

シラクサのルチア (イタリア語:Santa Lucia, 英語:Saint Lucy 伝承による生没年:283年-304年)は、聖ルチアの名で知られるキリスト教の殉教者。ルーテル教会・聖公会・カトリック教会・正教会で聖人。目、及び視覚障害者、そしてシラクサの守護聖人。記念日は、西欧では12月13日(旧ユリウス暦では1年で最も夜の長い日)である。 ルーテル教会信徒が圧倒的に多いスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーで崇敬される数少ない聖人の一人である。これら北欧諸国では、キリスト教伝来前の晩冬の祝祭『光の祭り』がルチア信仰と結びつき、12月13日に『聖ルチア祭』として国中で祝われる行事となっている(他にスカンディナヴィア諸国で知られる聖人は、洗礼者ヨハネとノルウェーの守護聖人聖オーラヴである)。また、彼女はナポリの船乗りたちの守護聖人でもあり、サンタ・ルチアという有名なナポリ民謡も作られている。街中には同名の港もある。 ここでは出生地主義を採用し、名前をイタリア語の『ルチア』とする。日本のカトリック教会では称号を付けて聖ルチアおとめ殉教者とも呼ばれる。 (シラクサのルチア – Wikipedia)

関連エントリ

Stille Nacht, heilige Nacht きよしこの夜 200周年 記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クリスマスの音楽 – 美幌音楽人 加藤雅夫

聖ルチア祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

シラクサのルチア の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

聖名祝日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

芸術は神のほほえみである (ナルシソ・イエペス)

関連記事

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。 イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

ギター朋友・同年生まれの楽友 荘村清志さんは、1996年に逝去した武満徹の遺作「森の中で」を、北海道紋別市で初演した。 美幌町のインド料理店「クリシュナ」で、武満徹作曲「美幌町町歌」SPレコードを聴いて、荘村清志さんは大感激した。(2008年夏)

関連記事

武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 ギターのための作品 / フォリオス / ヒロシマという名の少年 / すべては薄明のなかで / ギターのための小品 -シルヴァーノ・ブソッティの60歳の誕生日に- / 不良少年エキノクス / 森のなかで (武満徹の作品一覧 – Wikipedia)

荘村 清志(しょうむら きよし Kiyoshi Shomura、1947年10月13日 – )は、日本のクラシックギターのギタリスト。 活動 / 荘村清志の功績の一つに、日本人作曲家に積極的に作品を委嘱し、現代ギター作品のレパートリーを拡大したことがある。とくに武満徹には74年に「フォリオス」、93年に「エキノクス」(初演94年)を委嘱し、ギタリストにとって重要なレパートリーの一つとなっている。また「ギターのための12の歌」は荘村清志のために編曲された。 エピソード・人物像 / 武満徹に初めて作品を依頼する際、面識がなかったが武満の自宅に直接電話をし会う約束をつけた。荘村自身は「当時、武満さんはノヴェンバー・ステップスによって、世界で脚光を浴び、雲の上の存在だった。そこに無名の一ギタリストがたずねて行って、今思ってもよく曲を書いて下さったものだ。」と語っている。武満は作曲するのを迷ったが、 夫人の「若い音楽家の為に書いてあげなさいよ」という言葉によって「フォリオス」が作曲された。これがきっかけになり、武満はその後数曲のギター作品を作曲している。死の半年前に書かれた「森のなかで – ギターのための3つの小品 -」の第二曲は荘村に捧げられた。 (荘村清志 – Wikipedia)

関連サイト

ギターとともに歩む – 荘村清志ホームページ

関連エントリ

武満徹の作品一覧 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ギターのための作品 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

荘村清志 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Shomura の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

9月17日 イタリア料理の日 (日本イタリア料理協会)

Eq_it-na_pizza-margherita_sep2005_sml.jpg

Leucanthemum-vulgare01.jpg

9月17日 イタリア料理の日 (日本イタリア料理協会)

関連記事

9月17日 記念日・年中行事 / イタリア料理の日 (日本) 日本イタリア料理協会が制定。イタリア語で「料理」を意味する「クチーナ(CUCINA)」を917と読む語呂合わせから。 (9月17日 – Wikipedi)

イタリア料理(イタリアりょうり,伊:cucina italiana)は、イタリアを発祥とする料理法で、世界の多くで好まれ多くの地域で料理されている。関連項目 / 9月17日(イタリア料理の日) – 日本イタリア料理協会が制定。イタリア語で「料理」を意味する「cucina(クチーナ)」の語呂合わせから。 (イタリア料理 – Wikipedia)

関連サイト

「イタリア料理の日」 9月17日に決定! | 日本イタリア料理協会ホームページ

イタリア料理の日 : 農林水産省ホームページ

関連エントリ

イタリア料理 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

イタリア料理の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月10日 聖ロレンツォの祝日 (流れ星にお願いをする日)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

8月10日 聖ロレンツォの祝日 (流れ星にお願いをする日)

関連記事

8月10日 サン・ロレンツォの日 聖ロレンツォの聖名祝日。キリスト教が禁止されていた時代のローマで教皇の執事をしていたが、258年のこの日に処刑された。イタリアでは、この日の夜の流れ星はロレンツォの涙であるとされ、愛する人のために流れ星に願い事をするとかなうと言われている。 (8月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

『聖ロレンツォの祝日のために』(Per la Solemnità di S. Lorenzo )は、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した協奏曲。3つの作品にこの題名が付けられている。ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調 RV.286、合奏協奏曲 ヘ長調 RV.556、合奏協奏曲 ニ長調 RV.562。 (聖ロレンツォの祝日のために – Wikipedia)

ローマのラウレンティウス (聖ラウレンチオ助祭殉教者、St. Laurentius M.、イタリア語:San Lorenzo martire、225年-258年8月10日)は、キリスト教の聖人である。カトリック教会、正教会、聖公会、ルーテル教会すべてで崇敬される聖人で、ローマとロッテルダム、スリランカ、カナダの守護聖人。火傷・火災・熱病から守ってくれる保護者であり、また、菓子製造人、料理人、栄養士、メイド、宿の管理人、肉屋、ワイン・ビール醸造者、図書館員、兵器製造者、ガラス工、ステンドグラス製造者、コメディアン、学生などの守護聖人でもある。 (ローマのラウレンティウス – Wikipedia)

関連エントリ

聖ロレンツォの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

流れ星にお願いをする日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

Vivaldi_caricature.jpg

800px-Canal_Grande_in_the_sunset.jpg

イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト アントニオ・ヴィヴァルディ (Antonio Vivaldi)

関連記事

7月28日 忌日 / 1741年 アントニオ・ヴィヴァルディ (伊:作曲家,バイオリン奏者『四季』) <63歳> (7月28日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月28日 忌日 / 1741年 – アントニオ・ヴィヴァルディ、作曲家。 (7月28日 – Wikipedia)

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 – 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家で、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭。人物・来歴 / イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没した。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラのヴァイオリニストで、理髪師の父親からヴァイオリンを学ぶ。10歳より教会附属の学校に入り、25歳で司祭に叙階される。赤毛であったことから、「赤毛の司祭」Il Prete Rosso(イル・プレーテ・ロッソ)と呼ばれるようになった。 (アントニオ・ヴィヴァルディWikipedia)

Antonio Lucio Vivaldi (Italian: [anˈtɔːnjo ˈluːtʃo viˈvaldi]; 4 March 1678 – 28 July 1741) was an Italian Baroque musical composer, virtuoso violinist, teacher, and cleric. Born in Venice, he is recognized as one of the greatest Baroque composers, and his influence during his lifetime was widespread across Europe. He composed many instrumental concertos, for the violin and a variety of other instruments, as well as sacred choral works and more than forty operas. His best-known work is a series of violin concertos known as the Four Seasons. Many of his compositions were written for the all-female music ensemble of the Ospedale della Pietà, a home for abandoned children where Vivaldi (who had been ordained as a Catholic priest) was employed from 1703 to 1715 and from 1723 to 1740. Vivaldi also had some success with expensive stagings of his operas in Venice, Mantua and Vienna. After meeting the Emperor Charles VI, Vivaldi moved to Vienna, hoping for preferment. However, the Emperor died soon after Vivaldi’s arrival, and Vivaldi himself died, in poverty, less than a year later. (Antonio Vivaldi – Wikipedia)

関連エントリ

ヴィヴァルディ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Vivaldi の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る