三味線 カテゴリのアーカイブ

日本の盲人音楽家 吉沢検校・千鳥の曲について

300px-Hyakuninisshu_001.jpg

日本の盲人音楽家 吉沢検校・千鳥の曲について

関連記事

千鳥の曲(ちどりのきょく)は、吉沢検校(二世)が作曲した、箏(こと)と胡弓のための楽曲。近世邦楽における代表曲の一つ。(古今組と呼ばれる,春の曲、夏の曲、秋の曲、冬の曲、千鳥の曲)として親しまれている。曲の概説 / 幕末に名古屋、京都で活躍した盲人音楽家、吉沢検校(二世・1800年(寛政12年) – 1872年(明治5年))が作曲した。『六段の調』(八橋検校作曲と伝えられる)、『春の海』(宮城道雄作曲)と並んで現代でも広く知られる。明治以降の箏曲に多大な影響を与えた。同時に、胡弓本曲としても重要な位置を占める曲である。『古今和歌集』、『金葉和歌集』から千鳥を詠んだ和歌二首を採り歌とし、器楽部である「前弾き」(前奏部)および「手事」(歌と歌に挟まれた、楽器だけの長い間奏部)を加えて作曲したもので、吉沢自身が考案した「古今調子」という、雅楽の箏の調弦、音階を取り入れた新たな箏の調弦法が使われている。この『千鳥の曲』と、そのあとに作られた『春の曲』、『夏の曲』、『秋の曲』、『冬の曲』(いずれも古今和歌集から歌詞を採ったもの)の四曲を合わせ、「古今組(こきんぐみ)」と呼ぶ。吉沢検校はそのあと更に「新古今組」四曲も作っている。(千鳥の曲 – Wikipedia

吉沢検校(よしざわ けんぎょう、寛政12年(1800年) – 明治5年(1872年)、生年は一説には文化5年(1808年))は、幕末に活躍した盲人音楽家(地歌三味線、箏曲、胡弓、平家琵琶演奏家、作曲家)。初世と二世がおり、ふつう吉沢検校というと二世を指し、初世の長男。(吉沢検校 – Wikipedia

関連エントリ

日本の楽器(和楽器)(綸, 絃, 紅琴, 和琴) – 美幌音楽人 加藤雅夫

千鳥の曲 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

吉沢検校 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

盲人音楽家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道出身の作詞家 高橋掬太郎(酒は涙か溜息か)

375px-2006-11-16Jasminum_nudiflorum09.jpg

北海道出身の作詞家 高橋掬太郎(酒は涙か溜息か)

関連記事

4月9日 忌日 / 1970年 高橋掬太郎 (作詞家『酒は涙か溜息か』) <68歳>[1901年4月25日生](4月9日 今日は何の日~毎日が記念日~

高橋 掬太郎(たかはし きくたろう Kikutaro Takahashi、1901年(明治34年)4月25日 – 1970年(昭和45年)4月9日)は昭和期の作詞家。函館日日新聞の記者時代に作詞した『酒は涙か溜息か』が戦前の大ヒットとなった。経歴 / 1901年(明治34年)4月25日、北海道根室町(現・根室市)で漁師の息子として生まれ、「菊太郎」と名付けられた。根室商業学校を中退後、根室新聞社に入社。この頃から「高橋春波」のペンネームで文筆活動を始める。1922年(大正11年)、函館日日新聞に入社し、社会部長兼学芸部長として活躍するかたわら文芸同人誌に参加。詩や小説、脚本などを手がけた。1931年(昭和6年)、『酒は涙か溜息か』で作詞家デビュー。これは自身が日本コロムビア文芸部宛に当時新進作曲家として注目されはじめていた古賀政男を直接指名して投稿したもので、藤山一郎の歌唱で大ヒットした。1968年(昭和43年)、紫綬褒章受章。1970年(昭和45年)4月9日死去。享年68。同日従五位となり、勲四等旭日小綬章を授与された。函館市宝来町に高橋掬太郎碑がある。(高橋掬太郎 – Wikipedia

酒は涙か溜息か(さけはなみだかためいきか)は、1931年(昭和6年)9月に日本コロムビアから藤山一郎の歌唱によって発売された昭和歌謡である。概要 / 作曲家・古賀政男、作詞家・高橋掬太郎、歌手・藤山一郎の出世作となった大ヒット曲。また、日本で最初にクルーナー唱法を取り入れた作品としても知られる。当時、古賀は新進作曲家として注目されはじめたばかりで、高橋は北海道で地方新聞の記者、藤山一郎は東京音楽学校(東京芸術大学音楽学部の前身)に在籍し将来を嘱望されたクラシック音楽生だった。折からの世界恐慌による不況にも拘らず、発売直後から大ヒットし、当時の蓄音機の国内普及台数の4倍のセールスを記録したという。売上は80万枚。歌のヒットにより、のちに松竹映画『想い出多き女』、新興キネマ『酒は涙か溜息か』として映画も製作された。経緯 / 1931年(昭和6年)夏、北海道の新聞記者の高橋掬太郎が日本コロムビア文芸部宛に詩を投書したことがきっかけだった。文芸部から作曲を依頼された古賀政男は、都々逸のような七五調の短い詩の作曲に当初は苦心し、毎日ギターで三味線の曲や民謡を弾いて模索していた。エピソード / 高橋掬太郎が書いた詩は、もともと高橋の馴染みの芸妓・千成がある事情から廃業することになり、その送別会の席上にて、高橋が即興で扇に書いて、彼女へ餞別として送ったものだった。のちに彼女はカフェの雇われマダムとなり、『酒は涙か溜息か』のモデルになったということもあって、店は大いに繁盛していた。しかし、昭和9年(1934年)の函館大火により、記念の扇子もろとも店も消失し、千成もまもなく失意のうちに病死したという。なお、『酒は涙か溜息か』のB面は、同じく作曲:古賀政男、作詞:高橋掬太郎による『私此頃憂鬱よ』であり、歌ったのは当時本格的に流行歌手として活動をはじめたばかりの淡谷のり子だった。(酒は涙か溜息か – Wikipedia

関連サイト

高橋掬太郎歌碑 – 南北海道の文化財

高橋掬太郎歌碑|北海道函館市

はこだて人物誌 高橋掬太郎

【岩手県岩手郡岩手町|e-いわてまち.ねっと】髙橋掬太郎 – 岩手町との接点

関連エントリ

酒は涙か溜息か の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

高橋掬太郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

村治奏一(ギター) 本條秀慈郎(三味線)

KitagawaUtamaro_FlowersOfEdo.jpg

村治奏一 (ギター)
Soichi Muraji (guitar)

本條秀慈郎 (三味線)
Hidejiro Honjo (shamisen)

村治奏一(ギター) 本條秀慈郎(三味線) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

スマイル届け隊 (北海道北見市)

399px-Snowman-20100106.jpg

ボランティア 派遣
Volunteer dispatch

スマイル届け隊 (北海道北見市)
smile delivered corps (Hokkaido Kitami city)

スマイル届け隊 (北海道北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年9月4日の配信)

Montreal_World_Film_Festival.jpg

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年9月4日の配信)
E-mail news from Canada and Japan Times e-nikka. (Delivery of September 4, 2014)

日加タイムス e-nikkaからのメールニュース。(2014年9月4日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年11月7日の配信)

KitagawaUtamaro_FlowersOfEdo.jpg

img_1496449_51780992_0.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。

日本の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年11月7日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「オホーツクの国際ふれあい広場」(2013年10月12日)

KitagawaUtamaro_FlowersOfEdo.jpg

300px-Tapete-Sanxian.JPG

447px-Taiko_drum.jpg

Tea_ceremony_performing_2.jpg

800px-Japanese_bakery-J._M._W._Silver.jpg

10月12日(土)、北見で
オホーツクの国際ふれあい広場2013

「オホーツクの国際ふれあい広場」(2013年10月12日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の楽器(和楽器)(綸, 絃, 紅琴, 和琴)

Haniwa2.jpg

Fujiwara_no_Otsugu.jpg

綸とは、絹糸をより合わせた、和楽器の弦の名前。
絃とは、和楽器の弦。

紅琴とは、りんごの木で作る和楽器。
和琴は、日本古来の伝統楽器。(大和琴/倭琴)

日本の楽器(和楽器)(綸, 絃, 紅琴, 和琴) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年9月19日の配信)

Autumn_leaves_pantone_crop.jpg

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)9月19日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年9月19日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町)

800px-Komekouji_2.jpg

20081227163605.jpg

eadac802aeb13f8095e77eb70a7324d8.jpg

Miso_Soup.jpg

写真
麹と麹菌の花。醤油と味噌汁。

加藤茂
加藤 茂(かとう しげる、1913年(大正2年)9月5日 – 1986年(昭和61年)5月21日)は、美幌町で生まれる。味噌と醤油と麹の醸造業。醸造元。加藤雅夫の父親。

加藤キミ
加藤 キミ(かとう きみ、1920年(大正9年)5月26日 – 2013年(平成25年)4月29日)は、熊石町泊川で生まれる。加藤茂の妻。加藤雅夫の母親。

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る