北海道 カテゴリのアーカイブ

2020年(令和2年)9月の保護犬猫情報(北海道オホーツク管内の保健所)

dog3.jpg

Cat03.jpg


2020年(令和2年)9月の保護犬猫情報(北海道オホーツク管内の保健所)

犬の飼い主のみなさんへ、死亡届・変更届は必ず届け出ましょう。登録を受けた犬が死亡したり、所在地や所有者などを変更したときは必ず市町村の窓口へ届け出て下さい。

関連記事

犬猫の新しい飼い主さん募集 / オホーツク管内で、新しい飼い主さんを探している犬猫たちの情報 / 網走保健所 / 北見保健所 / 紋別保健所 / 環境生活課(怪我などをした迷子の動物 を保護しています) (犬猫の新しい飼い主募集 | 北海道オホーツク総合振興局のホームページ)

関連サイト

網走保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

北見保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

紋別保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

関連エントリ

保健所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走市のウミウ?カワウ?

北海道網走市のウミウ?カワウ?

関連記事

連載 カワウは悪者? ㊤ 2020/09/18掲載(網走市/社会・本誌連載) 網走で増加傾向 / 今年、網走市にある車両販売店の関係者らから、会社に駐車してある車への鳥の“糞被害”に悩んでいる-という声が本紙記者に寄せられた。実際、本紙網走支店の事務所駐車場の車も糞被害に何度も遭った。この現象をきっかけに調べてみると、カワウの存在が浮上した。網走市内でカワウは増えており、漁業被害も出ているようだ。(大)
“糞害”に憤慨「犯人は誰だ」 カワウの存在が浮上 近年は漁業被害も
■夕方の黒い鳥 「また、やられたよ。昨日、洗車したばかりなのに」。記者の知人男性は愛車をながめては、ため息をついた。記者は今夏、鳥の“糞被害”に嘆く市民の声をとても多く耳にした。実際、記者の自家用車もかなりの回数で糞を落とされた。本紙網走支店の事務所は市内大曲地区にある。近くには網走川、網走湖がある。記者は“糞被害”を機に、夕方になると網走支店事務所の上空を飛んでいく黒い鳥が気になり始めた。観察を続けると、黒い鳥はたいてい十数羽で編隊を組み、網走湖方面からオホーツク海方面へ飛んでいくことがわかった。鳥の姿からカラスではないことは確かだった。
■カワウ研究会 記者はまず、日本野鳥の会オホーツク会支部のメンバーでもある知人男性に事情を説明した上で、黒い鳥について聞いてみた。答えはすぐに見つかった。カワウであった。ただ、“糞被害”の犯人はカワウかどうかは判明しなかった。知人男性は、北海道カワウ研究会を紹介してくれた。さっそく、取材を開始した。
■道内で増加傾向 カワウの国内での繁殖地は青森県以南から九州とされる。しかし、同研究会によると、2000年代に入って初めて北海道で繁殖が確認され、「その後は道内各地に分布が広がり網走港の個体数も増えています」(同研究会メンバー)。北海道での増加理由は後述するが、網走のカワウは網走港の防波堤で繁殖しているそうだ。3月下旬に網走に飛来し、7月ころまで子育てをし、11月上旬以降は本州へ渡ると思われている。カワウは主に魚を食べる水鳥で、本州では内水面での漁業被害が問題になっているという。網走でも昨年、藻琴湖の定置網にいたニシンが被害に遭った。
次回は、市内での漁業被害の詳細や本州での糞被害などについて紹介する。
(オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

連載 カワウは悪者? ㊦ 2020/09/24掲載(網走市/社会・本誌連載) 網走で増加傾向 / 近年、網走でも増えているとされる水鳥カワウ。前回の記事で紹介した糞被害の“犯人”はカワウと断定できないが、市内の漁業者は被害に遭っているようだ。もともとは北海道で繁殖していなかったカワウ。専門家に聞くと、国内のカワウは以前、絶滅の危機にあった水鳥であった。 絶滅の危機、保護され急増…駆除へ 人間の都合に翻弄され
■ニシン食べられる? 網走のカワウは厄介者なのだろうか? 車などへの糞被害については明確な根拠がなく、カワウの仕業とは断定できない。しかし、漁業被害は実際に起きているようだ。市水産漁港課によると、昨年に藻琴湖に設置した定置網のニシンが何者かに食べられた。前例のない事態に漁業者らは困惑。同課が関係機関などに相談したところ、犯人はカワウである可能性が高まった。漁業被害と直接関係しないが、網走の水産業に詳しい男性は今年、驚くべき光景を目にした。カワウがサクラマスを丸ごと口に入れている姿を目撃したのだ。「見たときは『えっ!』と思いました。驚きました」と振り返る。
■本州では 北海道カワウ研究会によると、本州の内水面ではカワウによる漁業被害が問題になっている。北海道では現時点で問題にはなっていないようだが、網走市の“ニシン事件”を踏まえると、今後、何らかの事態が起こりうるとも考えられる。また、本州の市街地にある繁殖地では“糞被害”が報告されている。ひょっとすると、本紙記者が耳にした糞の話題は、カワウによる問題の序章なのかもしれない。
■人間の勝手? 同研究会は貴重な情報を記者に教えてくれた。カワウの“歴史”である。日本のカワウは1970年代に絶滅しかけた。絶滅を避けるため保護活動が進められた結果、個体数が増えた。しかし、その後、急激に増加したために漁業被害が深刻化し、今度は一転して本州各地で駆除が盛んに行われた。
■行動パターン 網走においてのカワウの行動パターンはどうなっているのだろうか。同研究会に聞いてみた。カワウは主に魚を食べる水鳥で「日中に行動し、夜は繁殖地、もしくはねぐらの網走港で寝ています」。カワウの行動範囲は一般的に15~20㌔程度と言われており、「網走港から20㌔以内の主に湖で食事をしているようですが、調べていないので詳細はわかっていません」
もともと北海道にはいなかったカワウ。市民からの“糞被害”の情報をきっかけに、カワウの生態や絶滅・保護・駆除といった過去を知ることができた。(大)
(オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

カワウ – Wikipedia

ウミウ – Wikipedia

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年) 9月第五週の配食サービス

3E3808CA-4C9E-43E5-98F6-56A70267FDE6
2020年(令和2年) 9月28日の配食弁当 ハローランチ鳥十

北海道美幌町の宅配弁当・宅配食事サービス事業について

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 ●配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 ●配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) ●利用料金 550円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス – 美幌町社会福祉協議会のウェブページ)

関連サイト

美幌町社会福祉協議会のウェブサイト

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町のウェブページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町社会福祉協議会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

陸上自衛隊 第5旅団のレンジャー養成集合教育について

陸上自衛隊 第5旅団のレンジャー養成集合教育について

関連記事

美幌でレンジャー徽章授与式 2020/09/25掲載(美幌町/社会) 最も過酷な訓練乗り越え / 14人に拍手喝采 / 陸上自衛隊美幌駐屯地を拠点に行われていた第5旅団のレンジャー養成集合教育が17日、最終日を迎え、徽章授与式が行われた。 レンジャー養成集合教育は旅団内の持ち回りで行われ、今回は美幌駐屯地の第6普通科連隊が6月29日から担当した。 訓練は陸上自衛隊で最も過酷とされ、参加隊員達は地図とコンパスのみで目標地点に向かう訓練、がけなど足場が悪い場所を進む訓練、食料を自ら調達する自給自足の訓練などに取り組んできた。美幌のほか帯広、釧路などから26人が参加し、最終的に14人が残った。 17日は、最後の訓練を終えて美幌駐屯地に戻る14人を大勢の隊員が拍手で出迎えた。首に徽章が授与され、晴れてレンジャーとなった14人は、それぞれに喜びをかみしめていた。(浩) (美幌でレンジャー徽章授与式 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

レンジャー (陸上自衛隊) 挺進行動(ゲリラコマンド)の能力を付与するための特殊な課程・訓練を修了した隊員。 陸上自衛隊におけるレンジャー(英語: Ranger)は、陸上自衛官の付加特技の一つ[1]。所定の課程教育を修了し、レンジャー特技の付与を受けることで、レンジャー徽章を着用できるようになる。徽章は、「勝利」の象徴・月桂冠に囲まれた、「堅固な意思」の象徴・ダイヤモンドを意匠とする。 (レンジャー (陸上自衛隊) – Wikipedia)

美幌駐屯地 / 美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。 最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 (美幌駐屯地 – Wikipedia)

第6普通科連隊 / 第6普通科連隊(だいろくふつうかれんたい、JGSDF 6th Infantry Regiment(Light))は、北海道網走郡美幌町の美幌駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第5旅団隷下の普通科連隊(軽)である。 警備隊区は北見市、網走市、網走郡の2市8町である。 (第6普通科連隊 – Wikipedia)

関連サイト

陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

【第6普通科連隊】 陸上自衛隊 第5旅団ホームページ – 防衛省・自衛隊

関連エントリ

美幌駐屯地 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の明和大学について

北海道美幌町の明和大学について

関連記事

美幌明和大、7カ月ぶり開校 2020/09/24掲載(美幌町/社会) コロナ対策講じ特別学習 / 美幌町の生涯学習の場「明和大学」が16日、約7カ月ぶりに開かれた。 2020年度、新型コロナ感染拡大防止のためこれまで開催を見送ってきた。感染防止対策を講じることで開催できる情勢になったことから、来年3月まで月1回ほどの特別学習のみを行うことにした。 特別学習の開催は2月以来。開催にあたり美幌町教育委員会は、当初の町民会館から、より換気がしやすいマナビティーセンターに主な会場を変更。学生達はマスク着用に加え来校時に検温を行い、講座時はソーシャルディスタンスを確保した。 この日の学習では本科2年生と研修生がマナビティーセンター、本科3年生はヘルシー料理の調理のためしゃきっとプラザで学習に取り組んだ。シニアエアロビクスに挑戦した研修生は、久しぶりの学習機会とあって楽しそうに体を動かしていた。(浩) (美幌明和大、7カ月ぶり開校 – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

明和大学 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ニュージーランドからの外国語指導助手(ALT) テイラー・ジョシュア・サイモン (北海道美幌町)

ニュージーランドからの外国語指導助手(ALT) テイラー・ジョシュア・サイモン (北海道美幌町)

関連記事

美幌のALT、任期満了し帰国へ 2020/09/24掲載(美幌町/教育) ジョシュさんありがとう / 「美幌が第二のふるさとに」 / 美幌町教育委員会の外国語指導助手(ALT)テイラー・ジョシュア・サイモンさん(25)が9月末で任期を終え、母国ニュージーランドに帰国する。 2017(平成29)年8月に来町し、小中学校で英語を指導。「ジョシュ」の愛称で親しまれ、母国で盛んなラグビーなどスポーツでも子ども達とふれあった。プライベートではスノーボードや登山にも挑戦した。 英語指導では、楽しい雰囲気づくりを心掛け、できる限り英語でコミュニケーションをとった。「子ども達が頑張って英語で話しかけてくるようになった。『ジョシュのお陰で英語が好きになった』と言ってくれた」と目を細める。 帰国後しばらくは父親が自ら建てる自宅の建築を手伝うそう。将来的には語学力を生かし、母国でツアーガイドを目指すという。 3年余りを振り返り「子ども達や先生、教育委員会の方のお陰ですばらしい経験ができた。まちの人達も皆優しく、第二のふるさとになった」と人懐こい笑顔を見せた。(浩) (美幌のALT、任期満了し帰国へ – オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

ニュージーランドからの外国語指導助手(ALT) リアテニュー・カトリーナ (北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チェーホフによるサハリン島 (ルポルタージュ)

チェーホフによるサハリン島 (ルポルタージュ)

関連記事

サハリン島 (ルポルタージュ) / 『サハリン島』(サハリンとう、 ロシア語: «Остров Сахалин» オーストラフ・サハリーン)は、劇作家・小説家として知られるアントン・チェーホフによるロシア帝国サハリン(樺太)への旅行記録および流刑地調査の記録である。1893年以降雑誌に発表され、1895年に単行本として刊行された。 概略 / アントン・チェーホフはサハリン島に流刑に処せられた囚人の生活に興味を持ち、流刑囚の実態を研究するため1889年にモスクワを出発してシベリアを経由し、そこでいくつかのエッセイを執筆したのち、1890年7月にサハリンに渡った。彼が30歳のときであった。チェーホフは3ヶ月間、サハリンに滞在し、島の南北を移動してほとんどあらゆる村落を調査し、インド洋とスエズ運河を経由してモスクワに帰った。チェーホフはこのとき現地の日本人島民とも交流しており、ここで日本本土への渡航も企てたが、折からのコレラ騒動でこれを断念している。研究調査は、現地で発注したカードを用いて徹底的になされ、その道中記録や詳細な調査結果はモスクワに戻ったあとの1893年以降1895年まで順次発表していった。それが『サハリン島』である。1895年には単行本が刊行されたが、これは、こんにちでいうルポルタージュ的要素の強いノンフィクション作品である。調査に使用したカードは数千枚におよび、また、政治囚との接触は当局によって禁止されていたが、チェーホフの調査はその禁を破って実行された。『サハリン島』は、チェーホフが、その生涯で最も長い時間をかけて執筆した作品とみられており、この調査旅行で書かれた作品としては他に、上述の『シベリアへの旅』がある。 チェーホフはこの調査報告のなかでサハリン島を「地獄のようだ」と評しており、ロシアの人びとに島への関心を引きつけた。 (サハリン島 (ルポルタージュ) – Wikipedia)

関連エントリ

「サハリン書道コンテスト」作品展開催 – 美幌音楽人 加藤雅夫

アントン・チェーホフの死。(1904年 7月15日) – 美幌音楽人 加藤雅夫

樺太 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年ハロウィンジャンボ宝くじ発売開始

2020年ハロウィンジャンボ宝くじ発売開始

関連記事

ハロウィンジャンボ宝くじ発売開始! / 9月23日(水)からハロウィンジャンボ宝くじが発売されます。この宝くじの収益金は、市町村の明るく住みよいまちづくりに使用されます。ぜひ、北海道内の宝くじ売り場でお買い求めください。
◎ 発売期間:令和2年9月23日(水)~10月20日(火)
◎ 抽せん日:令和2年10月27日(火)
(ハロウィンジャンボ宝くじ発売開始! – 北海道 美幌町役場のウェブページ)

関連サイト

宝くじのページ | 北海道庁 総務部財政局財政課のウェブページ)

関連エントリ

ハロウィンジャンボ宝くじ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

新型コロナウイルスによる家庭内感染予防について

新型コロナウイルスによる家庭内感染予防について

関連記事

新型コロナウイルスによる『家庭内感染予防』 2020年9月11日 全国的に新型コロナウイルスによる家庭内感染が増加していますので、感染が疑われる人(以下、感染者)がいる場合、ご家族、同居されている方は以下の点にご注意ください。 【家庭内感染を防ぐためのポイント】感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分けましょう。感染者の世話をする人は、できるだけ限られた人(一人が望ましい)にしましょう。できるだけ全員がマスクを使用しましょう。こまめにうがい、手洗いをしましょう。日中はできるだけ換気をしましょう。取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒しましょう。汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう。ゴミは密閉して捨てましょう。詳細については、添付されているリーフレットをご覧ください。家庭内感染予防.pdf(978KB) 同居されている方は、すでに感染している可能性もあります。感染者の症状が軽快してから14日間経過するまでは、健康状態を監視することをお勧めします。 職場や学校に行く時など外出する際は、マスクを着用し、こまめに手洗いをしましょう。 お問い合わせ / 保健福祉グループ 成人保健担当 電話:0152-73-1111 (新型コロナウイルスによる『家庭内感染予防』 – 美幌町役場のウェブページ)

関連サイト

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

町民の皆様へ【新型コロナウイルス関連情報】 – 美幌町役場のウェブページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町役場のウェブサイト

関連エントリ

家庭内感染予防 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年) 9月第四週の配食サービス

F1D0AFA7-E318-4AC6-BB64-B75F830AC85B
2020年(令和2年) 9月25日の配食弁当 喜楽屋
0E55DD74-58B6-43EC-8459-BF1B092AD0EE
2020年(令和2年) 9月23日の配食弁当 中島食品
46C2CDBC-626D-42B7-9E9D-4321B5065DEF
2020年(令和2年) 9月21日の配食弁当 ハローランチ鳥十

北海道美幌町の宅配弁当・宅配食事サービス事業について

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 ●配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 ●配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) ●利用料金 550円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス – 美幌町社会福祉協議会のウェブページ)

関連サイト

美幌町社会福祉協議会のウェブサイト

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町のウェブページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町社会福祉協議会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る