東アジア カテゴリのアーカイブ

NHK土曜ドラマ 六畳間のピアノマン

NHK土曜ドラマ 六畳間のピアノマン

関連記事

逃げ出せなかった君へ 『逃げ出せなかった君へ』(にげだせなかったきみへ)は、安藤祐介による日本の小説。ブラック企業でのパワハラを原因に亡くなった社員と関わりをもった人物たちの生き様を描く6つのエピソードからなる群像劇。2019年3月30日にKADOKAWAより刊行された。文庫版がリリースされた際に『六畳間のピアノマン』(ろくじょうまのピアノマン)に改題されている。NHK総合「土曜ドラマ」枠において『六畳間のピアノマン』のタイトルでテレビドラマ化され、2021年2月から放送されている。 (Wikipedia)

関連サイト

六畳間のピアノマン – NHK

関連エントリー

NHKドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

ビリー・ジョエルの楽曲 ピアノ・マン

ビリー・ジョエルの楽曲 ピアノ・マン

関連記事

ピアノ・マン (曲) ビリー・ジョエルの楽曲 / 「ピアノ・マン」 (Piano Man) は、ビリー・ジョエルによってリリースされた最初のシングル。1973年11月2日にリリースされ、数枚のアルバムに収録された。ビリー・ジョエルの最初のヒット曲となり、代表曲でもあるこの曲は、1974年4月にBillboard Hot 100チャートで25位を記録した。 (Wikipedia)

関連エントリー

ピアノ・マン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

韓国のテレビドラマ 王は愛する

韓国のテレビドラマ 王は愛する

関連記事

王は愛する 2017年の韓国のテレビドラマ / 『王は愛する』(おうはあいする、英: The king in Love)は、2017年7月17日から9月19日まで韓国・文化放送 (韓国)で放送され世界108ヵ国以上で放送されたテレビドラマ(時代劇)。全20話。出演のイム・シワンにとっては、入隊前最後のドラマとなった。日本では、DATVやBS朝日の他、各局で次々と放送されている新世代時代劇。。 (Wikipedia)

関連サイト

王は愛する – TVh テレビ北海道

関連エントリー

韓国ドラマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

テニス全豪オープン優勝 大坂なおみ

テニス全豪オープン優勝 大坂なおみ

関連記事

大坂なおみ 日本の女性プロテニス選手 / 大坂 なおみ(おおさか なおみ、英: Naomi Osaka、1997年10月16日 -)は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス7勝を挙げている。うちグランドスラムは通算4勝で、2018年と2020年の全米オープン、および2019年と2021年の全豪オープン優勝者。身長180cm。体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。2019年までは日米二重国籍だったが、22歳の誕生日を迎えるにあたり日本国籍を選択、選手登録は日本。日清食品ホールディングス所属。マネージメントはIMG。拠点はボカラトン、エバートテニスアカデミー。姉の大坂まりもプロテニス選手。男女を通じてアジア初の世界ランキング1位。日本人初のグランドスラムシングルス優勝[注 2]。プレミア・マンダトリー優勝。日本人史上3人目となるWTAファイナルズ出場。WTAアワード年間最優秀新人賞。 2021年 2年ぶりの全豪オープン優勝 / 第3シードで参戦した全豪オープンでは、3回戦まではストレート勝ちで順調に勝ち上がった。4回戦では、スペインのガルビネ・ムグルサを相手に一時はマッチポイントを握られるなど苦戦したが、冷静さを失わず4-6、6-4、7-5で逆転に成功した。これ以降、準々決勝では台湾の謝淑薇を、準決勝では米国のセリーナ・ウィリアムズをいずれもストレートで下した。決勝でも米国のジェニファー・ブレイディを6-4、6-3のストレートで下し、2年ぶり2度目の全豪オープン優勝を決めた。 人物 家族 父親はハイチ共和国ポルトープランス出身で、アメリカ合衆国のニューヨーク市立大学シティカレッジで学んだ後、13年間日本に在住した、 ハイチ系アメリカ人。母親は北海道根室市出身の日本人で、苗字の「大坂」は母方から来ている。北海道札幌市で出会った両親は、その後大阪府大阪市に転居し、父親は大阪市内で大手語学学校の英語講師をしていた。大坂の姉の大坂まりもプロテニス選手である[4]。大坂の母方の祖父は1945年にロシアサハリン州の勇留島で生まれ、根室漁業協同組合組合長をしている[98][99]。札幌市の住居が、大坂の日本の住民票の住所である。大坂の母方の曾祖母は「勇留島に萱草の花が咲く頃」の著者の大坂みつよである。 (Wikipedia)

関連サイト

大坂なおみ公式サイト NAOMIOSAKA.COM

関連エントリー

日本の女子プロテニス選手 大坂なおみ (北海道 札幌市 根室市) – 美幌音楽人 加藤雅夫

大坂なおみ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Naomi Osaka の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

今年の天皇誕生日

今年の天皇誕生日

関連記事

天皇誕生日 日本の国民の祝日 / 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)は、日本の国民の祝日の一つである。旧称は天長節(てんちょうせつ)。 日付は、第126代天皇徳仁の誕生日である2月23日(2020年〈令和2年〉以降)。 2020年(令和2年)2月23日、徳仁の即位後初の天皇誕生日の皇居での一般参賀は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止された。 (天皇誕生日 – Wikipedia)

徳仁 日本の第126代天皇 / 徳仁(なるひと、(1960年〈昭和35年〉2月23日 – )は、日本の第126代天皇(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 – )。御称号は浩宮(ひろのみや)、お印は梓(あずさ)。敬称は陛下。勲等は大勲位。1960年(昭和35年)2月23日16時15分[6]、皇太子明仁親王と同妃美智子(いずれも当時)の第一皇男子(2男1女・3人の子女の内、第1子)として、東京都千代田区千代田の皇居・宮内庁病院にて誕生する。同日は2020年(令和2年)以降、天皇誕生日となる。 (徳仁 – Wikipedia)

関連サイト

天皇誕生日一般参賀の取りやめについて – 宮内庁のホームページ

天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見の内容(令和3年2月23日) – 宮内庁のホームページ

The Imperial Household Agency Website

関連エントリー

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

2月23日 日本の天皇の誕生日を祝う国民の祝日 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇誕生日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫)

このページの先頭へ戻る

合唱物語 わたしの青い鳥

合唱物語 わたしの青い鳥

関連サイト

【公演延期】合唱物語「わたしの青い鳥2020」 | 北九州芸術劇場

関連エントリー

青い鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

リズと青い鳥

リズと青い鳥

響け! ユーフォニアム 武田綾乃による日本の小説、およびそれを原作とするアニメ / 『響け! ユーフォニアム』(ひびけ ユーフォニアム、Sound! Euphonium)は、武田綾乃による日本の小説シリーズ。宝島社文庫より刊行されている。 展開 / 2018年4月21日、スピンオフ・完全新作にあたる長編アニメーション映画『リズと青い鳥』が全国公開。また2019年4月19日には、完全新作映画『劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~』が公開された。詳細は#映画を参照。 リズと青い鳥 / 2018年4月21日公開。オーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美を主人公に、卒業を控えた3年生の二人が「高校最後のコンクール」に挑む青春模様を描く[70][71]。監督は『映画けいおん!』『たまこラブストーリー』『映画 聲の形』などを手がけ受賞歴もある山田尚子が担当する。 (響け! ユーフォニアム – Wikipedia)

関連サイト

『リズと青い鳥』公式サイト

関連エントリー

北海道北見市の 北見南中学校器楽部 / 重井睦 – 美幌音楽人 加藤雅夫

青い鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

ゴスペラーズの曲 青い鳥

ゴスペラーズの曲 青い鳥

青い鳥 (ゴスペラーズの曲) 「青い鳥」(あおいとり)は、日本の男性ヴォーカルグループゴスペラーズの31枚目のシングル。 収録曲 / 青い鳥 (6:08) 作詩:安岡優 / 作曲:北山陽一 / 編曲:清水信之 / 演奏:清水信之と彼のチェスブランズウィックオーケストラ 映画『うた魂♪』の主題歌。実際にはMovie Edit Versionが使用された。青い鳥 -Movie Edit Version- (4:11) 編曲「青い鳥」には、牧戸太郎により混声三部合唱曲として編曲されたものや横山潤子により混声四部合唱曲として編曲されたものが存在し、合唱曲としても知られている。 (青い鳥 (ゴスペラーズの曲) – Wikipedia)

関連エントリー

青い鳥 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

このページの先頭へ戻る

1977年(昭和52年)の日本映画 はなれ瞽女おりん

1977年(昭和52年)の日本映画 はなれ瞽女おりん

関連記事

はなれ瞽女おりん 篠田正浩監督の1977年の映画 / 『はなれ瞽女おりん』(はなれごぜおりん)は、水上勉が1975年に発表した小説(新潮社刊)。またそれを原作とした映画である。 映画 / 映画は1977年に表現社が製作し、篠田正浩が監督を務めた。盲目の旅芸人である瞽女の姿を北陸の美しい四季の景色を背景に描かれている。 あらすじ / 幼い時に瞽女になったおりんは、ある男と関係をもったことからはなれ瞽女となる。ある日、おりんは脱走兵の男と出会い、一緒に旅をする。 キャスト / おりん:岩下志麻 スタッフ / 監督・脚本:篠田正浩、原作:水上勉、音楽:武満徹 (はなれ瞽女おりん – 美幌音楽人 加藤雅夫)

関連エントリ

はなれ瞽女おりん – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の盲目の女性芸能者 瞽女



日本の盲目の女性芸能者 瞽女

関連記事

瞽女 日本の盲目の女性芸能者 / 瞽女(ごぜ)は、「盲御前(めくらごぜん)」という敬称に由来する日本の女性の盲人芸能者。近世までにはほぼ全国的に活躍し、20世紀には新潟県を中心に北陸地方などを転々としながら三味線、ときには胡弓を弾き唄い、門付巡業を主として生業とした旅芸人である。女盲目(おんなめくら)と呼ばれる場合もある。時にやむなく売春をおこなうこともあった。
歴史 / 近代以前 瞽女の起源は不詳であるが、室町時代後期に書かれた『文明本節用集』には「御前コゼ 女盲目」と記され、『七十一番職人歌合』にもその姿が描かれている。近世では三味線や箏を弾くのが普通となった[1]。瞽女の演目(瞽女唄)のひとつに「クドキ(口説節)」があり、これは浄瑠璃から影響を受けた語りもの音楽であるが、義太夫節よりも歌謡風になっている。江戸時代の瞽女は越後国高田(上越市)や長岡(長岡市)、駿河国駿府(静岡市)では屋敷を与えられ、一箇所に集まって生活しているケースがあり、これを「瞽女屋敷」と称した。全国組織はなく、師匠となる瞽女のもとに弟子入りして音曲や技法を伝授されるという形態をとった。親方となる楽人(師匠)は弟子と起居をともにして組をつくり、数組により座を組織した。説経節の『小栗判官』や「くどき」などを数人で門付演奏することが多く、娯楽の少ない当時の農村部にあっては、瞽女の巡業は少なからず歓迎された。また、江戸時代中期・後期の瀬戸内地方にいた瞽女の多くは広島藩、長州藩あるいは四国地方の多くの藩から視覚障害者のための「扶持」を受けたといわれる。 近代以降 越後(新潟県)には長岡瞽女と高田瞽女の2派が大きくその組織を形成していた。また、山梨県には甲府の横近習町・飯田新町の総数200人を超える大きな組も存在した。長野県では飯田、松本、松代など、岐阜県では高山など、静岡県では駿府、沼津、三島など、愛知県、千葉県、埼玉県、群馬県、福岡県などに多数の小さな組合があった。 生活手段として三味線を片手に各地を巡り、『葛の葉子別れ』等の説話やその土地の風俗や出来事などを弾き語りしたり、独特の節回しを持つ「瞽女唄(ごぜうた)」にして唄い語るもので、まだテレビやラジオが普及していなかった時代、新潟県内だけでなく、群馬県や東北地方など、主に豪雪地帯の村落などで農閑期に現われる娯楽の一端であった。 明治時代から昭和の初期には多数の瞽女が新潟県を中心に活躍していた。この頃の代表的な瞽女に伊平タケがいる。伊平タケは開局間もないNHKに出演し、SPレコードの吹込みを行なった。第二次大戦後、ほとんどの瞽女は廃業後に転職したために、その数は急速に減少していった。小林ハルはその中で最後まで活躍した長岡瞽女であった。後年、小林ハルは唯一の長岡瞽女唄伝承者として、その継承と保存に尽力した(数少ない音源の多くも彼女のものである)。またハルの故郷である新潟県三条市には保存会も存在し、日本の伝統芸能の一つである「長岡瞽女唄」を後世に伝承すべく、精力的に活動を続けている。 高田瞽女は旧高田市(現上越市)を中心として活動を行ってきた。高田瞽女は、親方(師匠)が家を構え、弟子を養女にして自分の家で養っていった。親方はヤモチ(屋持)と呼ばれ、明治の末に17軒、昭和の初期に15軒となり、これらの親方が座をつくり、いちばん修業年数の多い親方が「座元」となり、高田瞽女たちを統率していった。 昭和30年代、高度経済成長を続ける日本で、瞽女とその芸能は衰退していった。そんな中、杉本キクエは、杉本シズ、難波コトミの2人の弟子を抱えて、それでも昔の唄を聞いてやろうという村々を頼りに細々と旅を続けていった。キクエは、若い頃から下の者の面倒をよくみて慕われ、組の親方達にも信頼される聡明なしっかりした人柄で、たくさんの瞽女唄を記憶している優れた瞽女であった。1970年(昭和45年)、杉本キクエは、国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財「瞽女唄」の保持者に認定されている。 the 現在は高田系瞽女では小竹勇生山、小竹栄子、月岡祐紀子、長岡系瞽女では竹下玲子、萱森直子らがその芸を継承し、後世に伝えるべく活動を行っている。 瞽女を扱った作品 / 漫画・劇画・絵本 漫画『津軽惨絃歌 怨霊十三夜』(上村一夫) 劇画『越後へそ穴口説』(ほんまりう) 瞽女である危篤の義母を見舞った、息子の話。単行本『与太』(青林堂)に収録。 田名瀬咲子 『ごぜ姉さ』 少年写真新聞社、2003年。絵本。 音楽 歌謡曲『放浪茣蓙枕』(三波春夫) 映像作品・演劇 映画 『はなれ瞽女おりん』(1977年)b瞽女を扱った物語。監督は篠田正浩、音楽は武満徹。岩下志麻主演。原作は、水上勉 『はなれ瞽女おりん』(新潮社、1975年) 。;テレビ時代劇『座頭市物語 』第23話「心中あいや節」。監督勝新太郎 ・脚本 星川清司・出演 浅丘ルリ子 ・石橋蓮司 ・吉沢京子 ・松平健(新人) ・他(1974~75年) テレビ時代劇『大江戸捜査網』 三船プロ 第255話「三味の音は殺しの調べ」(1976年)
テレビ時代劇『遠山の金さん』“越後三味線の女”シリーズ5作(1983~86年) 盲目ながら音で周囲を察知し、仕込み杖で凄腕の居合を使う瞽女おもんを松山容子が演じた。 人形劇『はなれ瞽女おりん』(2011年-)人形劇俳優のたいらじょうが2011年から演じ得意演目にしている。 アニメ『サムライチャンプルー』(2004年)n第20話・21話に瞽女のキャラクターが登場。「葛の葉子別れ」を唄うシーンがある(唄:月岡祐紀子)。 『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』(2004年) アニメーション映画。 アニメ『蟲師』(2006年) 第25話 眼福眼禍に瞽女のキャラクターが登場。 映画 『ICHI』(2008年) 瞽女を扱った物語。監督は曽利文彦、音楽はリサ・ジェラルド。綾瀬はるか主演。 DVD 『瞽女さんの唄が聞こえる』(2009年) 監督伊東喜雄。杉本キクエらの記録映像。制作:(有)地球村 映画『瞽女GOZE』(2020年公開予定) 最後の長岡瞽女、小林ハルの半生を描いた作品。監督は瀧澤正治、音楽はまついえつこ。吉本実憂主演。 (瞽女 – Wikipedia)

関連エントリ

瞽女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る