ギター カテゴリのアーカイブ

ワークフェアの うたごえ喫茶 (リブラぴあ~の)

375px-Jupiter_bayan_accordion.JPG

ワークフェアの うたごえ喫茶 (リブラぴあ~の)

関連記事

26日・北見で「うたごえ喫茶」 / NPO法人ワークフェア主催の地域コミュニティ行事「第3回うたごえ喫茶」が26日(火)午前11時から、北見市美芳町のコミュニティカフェ「リブラぴあ~の」で開かれる。戦後ブームとなった歌声喫茶の草分け的存在、東京の歌声喫茶店「ともしび」の歌詞本を元に、ピアノやギターの生演奏でロシア民謡、唱歌、歌謡曲などを来店者みんなで声を合わせて歌う。入場料500円(1ドリンク付)。出入り自由。地域住民をはじめ、誰でも参加できる。問い合わせはリブラぴあ~の(TEL 0157-33-3760)へ。 (2018年6月21日の記事経済の伝書鳩)

ワークフェア(Workfare)とは社会保障給付を支給する際に、その代わりに受給者に就労を義務付けることである。 (ワークフェア – Wikipedia)

歌声喫茶(うたごえきっさ)は、客全員が歌う(合唱)ことを想定した喫茶店である。1955年前後の東京など日本の都市部で流行し、1970年代までに衰退した。 (歌声喫茶 – Wikipedia)

Nanakamado_rowanberry.jpg

関連サイト

カフェ「Libraぴあ~の」:NPO法人 ワークフェア

NPO法人 ワークフェアのホームページ

北見・カフェ「Libraぴあ~の」 イベント会場としても 【オホーツク発掘ブログ】

関連エントリ

ワークフェア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

うたごえ喫茶 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

リブラぴあ~の の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

Dhonitokyoahead.jpg

800px-Its_all_about_love.jpg

The Water Is Wide (song) 広い河の岸辺 (歌)

関連記事

「広い河の岸辺」(ひろいかわのきしべ)、ないし、「流れは広く」(ながれはひろく)、あるいは「悲しみの水辺」(かなしみのみずべ)などとして知られる、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」(The Water Is Wide)、別名「オー・ワリー・ワリー」(O Waly, Waly) は、スコットランドに起源をもつ民謡であり、歌詞の一部は17世紀に起源をもつとされている。21世紀に至っても人気を保っている楽曲である。セシル・シャープ(英語版)は、1906年にこの曲を『Folk Songs From Somerset』に収録して出版した。この曲は、チャイルド・バラッド(英語版)204(ラウド・フォークソング・ インデックス(英語版)87)の「Jamie Douglas」と関係がある内容であり、表向きには第2代ダグラス侯爵ジェイムズ・ダグラスの、レディ・バーバラ・アースキン (Lady Barbara Erskine) との不幸な最初の結婚について言及したものとされる。近年における演奏 / 編曲 / 「オー・ワリー・ワリー」は、クラシック音楽系の作曲家たちに人気のある編曲の素材となっており、特にベンジャミン・ブリテンが1948年に出版した声楽とピアノのための編曲はよく知られている。ジョン・ラターは、この曲を『弦楽のための組曲』(1973年)の第3楽章で用いている。この曲は、アイザック・ウォッツによる賛美歌「さかえの主イエスの (When I Survey the Wondrous Cross) として歌われることもよくある。また、ジョン・L・ベル(英語版)の「When God Almighty came to Earth」(1987年)[15]や、フレッド・プラット・グリーン(英語版)の「An Upper Room did our Lord Prepare」(1974年)にも用いられている。さらに、ハル・ホプソン(英語版)は、作品『The Gift of Love』の中に、この曲を組み込んだ。ホプソンはまた、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」の曲に載せたキリスト教的な歌詞も書いており、教会の合唱隊によってしばしば歌われている。マック・ウィルバーグ(英語版)は、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアの詩「Thou Gracious God」に合わせてこの曲を編曲しており、モルモンタバナクル合唱団がアルバム『Peace Like a River』に収録した。映画 / 2005年の日本映画『リンダ リンダ リンダ』では、文化祭の場面で、湯川潮音がこの曲を演奏する。日本における普及 / この曲の日本への普及には、ピーター・ポール&マリーが「There is a Ship」として歌ったバージョンが大きく影響したと考えられており、白鳥英美子などが英語詞による歌唱を録音している。佐川満男と伊東ゆかりの娘である宙美は、この曲を、山川啓介の日本語詞による「ふたりの小舟」として2007年6月6日にシングル・リリースしている。この曲は伊東ゆかりもレパートリーとしており、アルバムにも収録している。2013年、この曲に先行する日本語詞はないと誤解していたケーナ奏者八木倫明は、「広い河の岸辺」として独自の日本語詞を綴り、クミコに提供した。翌2014年、「広い河の岸辺」はシングル化され、さらにアルバム『広い河の岸辺 〜The Water Is Wide〜』もリリースされた。2014年上半期のNHKの連続テレビ小説『花子とアン』では、カナダ人女性教師の愛唱歌がこの曲という設定があり、また、同年下半期の連続テレビ小説『マッサン』では、スコットランド人であるヒロインが、この曲を口ずさむ場面があった。こうした経緯が重なり、2014年に、この曲はUSENの演歌・歌謡曲部門で8週間にわたって第1位ないし第2位となるヒットとなった(広い河の岸辺 – Wikipedia

“The Water Is Wide” (also called “O Waly, Waly” or simply “Waly, Waly”) is a folk song of Scottish origin, based on lyrics that partly date to the 1600s.[citation needed] It remains popular in the 21st century. Cecil Sharp published the song in Folk Songs From Somerset (1906). It is related to Child Ballad 204 (Roud number 87), Jamie Douglas, which in turn refers to the ostensibly unhappy first marriage of James Douglas, 2nd Marquis of Douglas to Lady Barbara Erskine (The Water Is Wide (song) – Wikipedia

音楽動画 (YouTube)


The Water is Wide


ザ・ウォーター・イズ・ワイド/スコットランド民謡


The Water Is Wide 広い河の岸辺


O Waly, Waly (The Water is Wide)


Pete Seeger – The Water is Wide

広い河の岸辺 The Water is Wide

関連サイト

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(1) – 日本バラッド協会

“The Water Is Wide” はスコットランド民謡か(2) – 日本バラッド協会

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) – 美幌音楽人 加藤雅夫

広い河の岸辺 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

The Water Is Wide の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター変奏曲の魔笛について

Fernando_Sor_1778-1839.jpg

220px-Musician_and_his_family.jpg

ギター変奏曲の魔笛について

関連記事

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) – 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。作風 / ソルの作風は古典派の様式を忠実に受け継ぐものであるが、後年の批評家にはロマン派と見なされる場合が多い。彼は序奏部に短調を好んで用いたが、代表作『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲 Variaciones sobre un tema de Mozart』でも、ホ短調による序奏から、ホ長調の主題へと転調していく構成が採られ、『グラン・ソロ Gran solo』においても、ニ短調の序奏に始まり、それからニ長調の主題へと移っていく。他の特徴としては、不協和音を大胆に取り入れ、それが作品に独特の効果を与えている点である(ただし、ここでいう「不協和音」とはモーツァルトなど特に古典派の作曲家が好んで使用した低音の保続音を用いてのことなので、古典派としては常例である)。彼の作風には、もちろんハイドンやモーツァルトの大きな影響を伺うことが出来るが、他の同時代の作曲家とは異なったスタイルの作曲家として、言及される必要があるだろう。作品 / ギター奏曲 / 『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (フェルナンド・ソル – Wikipedia

Introduction and Variations on a Theme by Mozart, Op. 9, is one of Fernando Sor’s most famous works for guitar.[1][2][3][4][5] It was first published in London in 1821 and dedicated to Sor’s brother Carlos. Editions / The title page of the first edition reads “As performed by the author, at the Nobilities’ Concerts.” The French edition was published by Meissonnier, dated roughly in the same period, and had one less variation, no coda, and some differing notes. It is thought that this version could have been a simplification of the original work. However, in 1826 or 27, Meissonnier brought out another version, this one identical to the London first edition. The piece / This piece embodies Fernando Sor’s best characteristics as a composer, requiring great technique. It is a relatively frequently performed piece that serves as a “testing ground for every aspiring guitarist.” As said of this piece and Op.7, the Folies d’Espagne, by Brian Jeffrey, author of the largest Sor biography to date, “no space is wasted and the music devotes itself not to “guitaristic” effects but only to itself.” The work is based on a melody from Mozart’s opera The Magic Flute. The opera was first performed in Vienna, 1791, and in German, while the first performances in Italian took place in 1794, so Sor could have feasibly written the piece any time since then. However, it is more likely that he was inspired to write the piece when the first major production was premiered in England in May 1819, when Sor was in the area. The theme and the variations are based on this one that was used in numerous composer’s arrangements, some being by the flutist Drouet, by Herz, and by Mikhail Glinka. It is the theme played near the end of Act I called “Das klinget so herrlich”, in Italian either translating to “O dolce concento”, “O dolce armonia”, or, as Sor chose to use, “O cara armonia”. This last translation was also used in the vocal score of The Magic Flute published in Birchall, London in around 1813. (Introduction and Variations on a Theme by Mozart (Sor) – Wikipedia

音楽動画

『モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲』 Variaciones sobre un tema de Mozart Op. 9 (アンドレス・セゴビア

関連エントリ

魔笛 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェルナンド・ソル の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

344px-El_pelele.jpg

アリシア・デ・ラローチャ(Alicia de Larrocha)について

その昔、北海道の北見市民会館で、アリシア・デ・ラローチャのピアノ演奏を聴きました。横田先生、ありがとうございました。

関連記事

アリシア・デ・ラローチャ・デ・ラカジェ(Alicia de Larrocha de la Calle, 1923年5月23日 – 2009年9月25日)は、スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。人物 / バルセロナに生まれ、地元でグラナドスの愛弟子であるフランク・マーシャルに師事。5歳で初舞台を踏んでから、世界各地で演奏活動や録音活動に活躍した。アルベニスやグラナドス、ファリャ、モンポウ、モンサルバーチェといった、19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名だが、手が小さく8度しか届かない中で美しく照り輝く音色と正確な演奏技巧、音楽の自然な呼吸と安定感ある曲の運びによって、モーツァルトやショパン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフにも優れた解釈を示した。独奏曲だけでなく、モーツァルトのピアノ協奏曲を得意として録音もしており、カーネギー・ホールでの引退コンサートでも、室内楽版を演奏した。2009年9月25日、バルセロナの病院で死去。(アリシア・デ・ラローチャ – Wikipedia

Alicia de Larrocha y de la Calle (23 May 1923 – 25 September 2009) was a Spanish pianist and composer. She was considered one of the great piano legends of the 20th century. Reuters called her “the greatest Spanish pianist in history”, Time “one of the world’s most outstanding pianists” and The Guardian “the leading Spanish pianist of her time”. She won multiple Grammy Awards and a Prince of Asturias Award for the Arts. She is credited with bringing greater popularity to the compositions of Isaac Albéniz and Enrique Granados. In 1995, she became the first Spanish artist to win the UNESCO Prize. (Alicia de Larrocha – Wikipedia

音楽動画

フランツ・リストのピアノ曲『ラ・カンパネッラ』(La Campanella)ピアノ演奏 / アリシア・デ・ラローチャ。

関連エントリ

アリシア・デ・ラローチャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

フェデリコ・モンポウ(Frederic Mompou)について

800px-Pilgrims.jpg

フェデリコ・モンポウ(Frederic Mompou)について

関連記事

フェデリコ・モンポウ(カタルーニャ語:Frederic Mompou i Dencausse、スペイン語:Federico Mompou, 1893年4月16日 バルセロナ – 1987年6月30日 バルセロナ)は20世紀スペインの作曲家。カタルーニャ地方のバルセロナ出身。作品一覧 / ギター曲 / コンポステーラ組曲(Suite Compostelana)1962年、歌と踊り 第13曲 1986年、歌と踊り 第10曲(ピアノ独奏曲からの編曲)。(フェデリコ・モンポウ – Wikipedia

Frederic Mompou Dencausse (Catalan pronunciation: moom-POH; alternatively Federico Mompou; 16 April 1893 – 30 June 1987) was a Spanish composer and pianist. He is remembered for his solo piano music and, to a degree, his songs. (Federico Mompou – Wikipedia

関連エントリ

ギタリスト村治佳織インタビュー動画「モンポウを語る」 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

フェデリコ・モンポウ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Frederic Mompou の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

新曲「扉のふるさと」(国井よしのり)

400px-Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

新曲「扉のふるさと」(国井よしのり)

関連記事

新曲「扉のふるさと」発表 北見で音楽活動続ける 国井 よしのりさん(72) / 青春時代をGS調に… 「貧しくも小さな幸せがあった」映像にも力、WEB版経済の伝書鳩にアップ / 作詞・作曲の音楽活動を続ける、国井よしのりさん(72)=北見市=が旧・留辺蘂町のふるさとを思った歌「扉のふるさと」を作った。「貧しくも小さな幸せがあった…」という青春時代を当時流行したGS(グループサウンズ)調に乗せてDVD化。WEB版「経済の伝書鳩」のDMC(デンショバト・ミュージック・クリップ)にアップした。国井さんの生まれ故郷は旧・留辺蘂町平里二区。石北峠に向かって温根湯温泉市街地を過ぎ、左手の丘陵地帯から沢沿いに入った奥地だそう。離れて半世紀以上がたち、畑地は荒野から山林に変わり、害獣防止のフェンスが施されて、扉を開けなければ故郷に近づくこともできないという。扉を前に国井さんは、16歳当時の自分の姿が思い浮かんだそう。祖父母が土地を切り開き、自力で建てた柾(まさ)ぶき屋根の家から温根湯のまちへと9キロの道を通学した。歌詞には開墾の苦労とともに「あの娘と帰る、高原の路♪」「街は遠くに、夕餉の煙…」などと甘酸っぱい思いと小さな幸せをつづった。構想3年、制作1年。往時の思い出を切り取り、サビの部分は、かつてのめり込んだGS風に転調し、期待と躍動感をもたせた。近隣地権者の許可を得て、懐かしの桃源郷でフェンダーギターを手に、アンプを持参して歌う様子を動画に撮影し、PV(プロモーション・ビデオ)ばりにドローン空撮も行う力の入れようだ。国井さんの「扉のふるさと」は、WEB版「経済の伝書鳩」トップページ左下アラカルト欄「DMC」、またはこちらから視聴できます。(寒) (2018年6月6日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

【DMC】デンショバト・ミュージック・クリップ ー 経済の伝書鳩

関連エントリ

国井よしのり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

6月1日の衣替えについて

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

6月1日の衣替えについて

関連記事

6月1日 記念日 / 衣替え,衣更え,更衣 / 気候に合わせて、衣服を夏服に替える日。平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習にならって4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣」と言った。しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣といい、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御に次ぐ者を指すようになったので、民間では更衣とは言わず「衣替え」と言うようになった。江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになり、明治以降の官庁・企業等もそれに従った。(6月1日 今日は何の日~毎日が記念日~

衣替え(ころもがえ。衣更え、更衣とも表記)は、季節の推移に応じて衣服を替えること。また、そのために衣服の収納場所を変更することも指す。概要 / 狭義には、季節に応じて学生や企業の制服(夏服、冬服など)を変更することを指す。日本では、多くの地域で、毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われる。多くの場合、2週間から1か月間の移行期間が設けられる。衣替えは強制的なものではなくあくまで習慣である。しかし、学校においては、移行期間が終了すると強制的に制服を替える場合が多い。地域による時期の違い / 上記のように、大半の地域では衣替えは6月1日と10月1日に行なわれるが、比較的寒冷な北海道では、半月ずつずれた6月15日と9月15日に衣替えをすることが多い。出雲地方では6月初旬の出雲大社「凉殿祭」をもって衣替えとする伝統が残る。 また、温暖な気候の南西諸島では、衣替えは毎年5月1日と11月1日に行われており、夏服・合服を着用する期間が本土より1か月ずつ長くなる。中学校・高等学校の場合には、新入生は入学時の4月から合服・夏服を着用させるところもある。(衣替え – Wikipedia

関連エントリ

衣替え の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

伊福部昭(Akira Ihukube)について

Akira_Ifukube.jpg


伊福部昭(Akira Ihukube)について

関連記事
5月31日 誕生日 / 1914年 伊福部昭 (作曲家『ゴジラ』『日本狂想曲』) 戸籍上は03/05。03/07は誤り。(5月31日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月31日 誕生日 / 1914年 – 伊福部昭、作曲家。(5月31日 – Wikipedia

伊福部 昭(いふくべ あきら、Akira Ihukube、1914年〈大正3年〉5月31日 – 2006年〈平成18年〉2月8日)は、日本を代表する作曲家の一人。ほぼ独学で作曲家となった。日本の音楽らしさを追求した民族主義的な力強さが特徴の数多くのオーケストラ曲のほか、『ゴジラ』を初めとする映画音楽の作曲家として、また音楽教育者としても知られる。経歴 / デビュー以前 / 1914年(大正3年)、北海道釧路町(釧路市の前身)幣舞警察官僚の伊福部利三、キワの三男としてうまれる。小学生の時、父が河東郡音更村の村長となったため、音更村に移る同地でアイヌの人々とし、彼らの生活・文化に大きな影響を受けた。代表作の一つ、『シンフォニア・タプカーラ』(1954年)は、この時のアイヌの人々への共感と、ノスタルジアから書かれたという。人物 / タバコ(銘柄はダンヒル・インターナショナル)をこよなく愛するヘビースモーカーで、インタビューの写真・映像では、大体片手にタバコを持っている。伊福部は同じ道東出身で、北海道の自然と風土を力強く詠った詩人・更科源蔵の作品に魅せられ、彼の第二詩集『凍原の歌』に収録された作品を基に、「オホーツクの海」(1958年)、「知床半島の漁夫の歌」(1960年)、「摩周湖」(1993年)、「蒼鷺(あおさぎ)」(2000年)の4作の歌曲を発表している。林務官時代に道東を回ることが多かった伊福部にとって、知床半島は特に印象の深い地であったという。「摩周湖」と「蒼鷺」は、伊福部の作品に取り組んでいるソプラノ歌手・藍川由美のために書き下ろされた。(伊福部昭 – Wikipedia

昭和25年(1950年) 藁科雅美は戦後いち早く「北海道音楽」という北海道全土の音楽を結ぶ報道評論誌を創刊した。日本近代音楽館と北海道立図書館に寄託されている。内容は荒谷正雄・小林健次・伊福部昭・早坂文雄などの地方出身の音楽家、チェロの鈴木聡・バイオリンの巖本真理ら来道音楽家の写真や演奏会評、道内各地の音楽状況報告、新譜紹介、インタビュー、作曲募集など多彩な編集である。(藁科雅美記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連サイト

伊福部昭オフィシャルサイト – 伊福部昭公式ホームページ-暫定版-

音更町図書館 伊福部昭音楽資料室

関連エントリ

伊福部昭 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

高齢者万引きと警察不祥事のニュース(再投稿)

Onigiri.jpg

004.jpg

高齢者万引きと警察不祥事のニュース(再投稿)

関連記事

11万円あるのに…警部補、らっきょう万引き / 千葉中央署は31日、千葉県匝瑳市飯倉、県警警備課警部補の○○○○容疑者(50)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、○○容疑者は同日午後2時過ぎ、千葉市中央区のスーパーで、らっきょうやビーフジャーキーなど計5点(1500円相当)を万引きした疑い。女性警備員が、持っていたショルダーバッグに食料品を入れて店を出ようとした○○容疑者を見つけ、同署に通報した。○○容疑者は当時、現金約11万円を所持していた。調べに対し、「お金を払いたくなかった」などと供述しているという。(2011年7月31日の記事 読売新聞)

11円しかないのに…元ギター教師、おにぎり万引き / オホーツク湾岸署は4月1日、北海道網走郡アホーツク町、元ギターマンドリン教師のピポロまさお容疑者(64)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、ピポロまさお容疑者は同日午後2時過ぎ、アホーツク町内のスーパーで、おにぎり(200円相当)を万引きした疑い。女性警備員が、持っていたショルダーバッグに食料品を入れて店を出ようとしたピポロまさお容疑者を見つけ、同署に通報した。ピポロまさお容疑者は当時、現金約11円を所持していた。調べに対し、「お金を払えなかった」などと供述しているという。なお、ピポロまさおギタリストの家族は、だれも引き取りに来なかった。(2012年4月1日の記事 オホーツクのウソ新聞)

450px-Icepop-green.jpg

004.jpg

高齢者の万引き増加傾向に… 北見、美幌両警察署管内でも / 社会問題といわれる高齢者の万引き。北見、美幌両警察署によると、署管内でも万引きで検挙される高齢者は増加傾向にある。両警察署は「近年は監視の目も強まっている。万引きは犯罪という意識を強く持ってほしい」と自制を求めている。「お金あるのに…」のケース多く 『万引きは犯罪』強く再認識を / 美幌警察署管内では今月、74歳の男性がスーパーでアイスキャンディーなど4本をバッグに入れたのを従業員が発見。逮捕された。盗んだ商品の合計は二百八十円ほどだった。同警察署管内では昨年1年間、万引きで6人が逮捕。逮捕に至らなかった事案も含めると二十件ほどに上る。北見警察署管内では昨年1年間、万引きで84人が検挙。このうち60歳以上は40人で、48%を占めた。年代別では70代が最も多く、18人。60代が15人で次に多かった。90代の検挙も1人あった。今年に入ってからはその傾向が強まり、1月~4月末に検挙された25人のうち18人、72%が60歳以上。特に60代は11人が検挙されている。両警察署によると、動機で多いのは「お金を使うのがもったいない」というケース。「生活が苦しいなど経済的な動機は少ない。所持金があり、万引きが犯罪だということも十分、分かっている年代なのに、やってしまう」と嘆く。近年は売り場に私服・制服の警備員を配置し、監視カメラを設置している店が多く、検挙の増加にもつながっているという。「万引きは犯罪という意識を高齢者に限らず、全ての年代にあらためて強く持ってほしい」と話している。 (浩)(2013年5月30日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

警察不祥事 に関するニュースの検索結果 ー Google

高齢者万引き に関するニュースの検索結果 ー Google

関連エントリ

4月1日、愚人節(ピポロまさお) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

高齢者万引きと警察不祥事のニュース(日本国内) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

高齢者万引き の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

警察不祥事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北の国から(遥かなる大地より さだまさし)について

04jagaimo.jpg

北の国から(遥かなる大地より さだまさし)について

関連記事

「北の国から〜遥かなる大地より〜」(きたのくにから はるかなるだいちより、Kitanokunikara)は、さだまさしが作曲した楽曲で、テレビドラマ『北の国から』の主題歌である。単に「北の国から」あるいは「遥かなる大地より(遙かなる大地より)」とも表記される。楽曲の概要 / 作曲・編曲ともさだまさし自身による楽曲で基本は歌詞のないインストゥルメンタルであるが、さだと白鳥座によるコーラスが入る。また、さだまさしのレコードによるオリジナルバージョンでは、「遥かなる大地より」に引き続いて「螢のテーマ」が演奏されるためにタイトル表記は、「北の国から 遥かなる大地より〜螢のテーマ」となる。なお、ドラマ『北の国から』にて使用されているものと同じ音源は、レコード・CD化されていない。作曲の経緯 / さだまさしは、北海道の広大な台地をイメージしたメロディーラインを「♪ああーあああああーあ(語尾下げて)」と発したところ、倉本が「それいいね。で、その続きは?」と言い、「♪ああーあああああー(語尾上げて)」と発した。さらに倉本の「続けて」に対して、さだは「♪んんーんんんんんーん、んんん、んんんんんー」と呼応。これを聞いた倉本が「いいね。これでいこう」とそのまま決定。メロディーラインを即興で考え発しただけのつもりが、イントロのギターからAメロ・Bメロと、その時の即興メロディー案がそのまま採用され、わずか10分ほどで基本が出来上がったという。以降、さだまさし自身がインタビュー取材やコンサートのトークで「僕が作った曲の中で一番素晴らしいのは『北の国から〜遥かなる大地より〜』です。なにしろ、すべての詩が『あ』と『ん』だけで表現されてますから! こんなに楽で完成度の高い曲はもう一生書けないでしょうね」としばしば自虐ネタとして披露する。(北の国から〜遥かなる大地より〜 – Wikipedia

さだ まさし(Masashi Sada、本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 – )は、日本のシンガーソングライター、タレント、小説家。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。身長は165cm。血液型はA型。既婚。(さだまさし – Wikipedia

関連エントリ

さだまさし の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北の国から の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

遥かなる大地より の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る