ギター カテゴリのアーカイブ

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

399px-Snowman-20100106.jpg

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia)

1980年の8月、アンドレス・セゴビアの北海道札幌公演(北海道厚生年金会館ホール)。アンドレス・セゴビアの愛児にもご対面できました。(札幌グランドホテル)

関連記事

アンドレス・セゴビア(Andrés Segovia, 1893年2月21日 – 1987年6月2日)は、スペインのギタリスト。音楽史研究者やギター奏者から、「現代クラシック・ギター奏法の父」とみなされている。 業績 / 彼の尽力なしには、クラシックギターがコンサート・ホールに不似合いの、田舎の楽器と見られていただろうと見る向きは多い。彼はギターを、ピアノやヴァイオリンと同じような地位に引き上げようと努力し、世界的に演奏され、音楽学校で学ばれるような楽器にしようとした。また、自ら演奏技巧の上達に励んだだけでなく、教育者として、後進のギター指導にも力を惜しまなかった。マドリッドにて心臓発作により他界。94歳であった。亡くなった当日、来日中のスペイン国立管弦楽団(指揮: ヘスス・ロペス・コボス、ギター: ナルシソ・イエペス)により追悼演奏(ロドリーゴのアランフェス協奏曲の第2楽章)が成された。(アンドレス・セゴビア – Wikipedia

関連エントリ

A・セゴビアへのイエペスのオマージュ(ギター協奏曲) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アンドレス・セゴビア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Andrés Segovia の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ギター マンドリン 親子の「優しさごっこ」

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

012.jpg

ギター マンドリン 親子の「優しさごっこ」

関連記事

ギターマンドリン親子の優しさごっこ:

ある日、娘が「おばあちゃんは働き者のアリさんだね」「……」「パパはギターを弾くキリギリスさんだね」「……」。 ある日、娘が「パパはドラえもんの誕生日と同じだね、ドラえもは未来の世界から来たんだよ、知っている?」「そうか、だからいろんなことができるんだね」「パパは未来の世界で何になりたい?」「もちろん、ギター型ロボットだ!世界中を飛び回って、からだの不自由な人のかわりに、ギターを弾くんだ!」「そうか、そしたら私はマンドリン型ロボットだ!」。

ある日、娘に「未来の世界は楽しいけれど、過去の出来事はもっとおもしろいよ、むかしむかし江戸時代に、自分の仕事一すじに生きる加藤夢之介という人がいました」「おじいちゃんと同じだね」「その息子は加賀藩士の加藤嘉右衛門(1776~1830)、お城のお庭番(忍者)をしていました。ある時、お城の家老のお姫さまと仲良くなりました。でも、身分の違いで結婚できません…」「どうして?」「こまった二人は、北海道熊石町(八雲町)へ逃げて結婚しました」「よかったね」「そして、2人の男の子が生れました。長男は加藤重郎右衛門、次男は加藤辰右衛門。そして、時代が進んで現在、長男(熊石町泊川の加藤)の子孫はおばあちゃん。次男(久遠郡の加藤)の子孫はおじいちゃんでした。おわり。」「ほんとうに、おもしろいね!」「本当に、わかったかな…?」。

江戸時代の蘭学医・杉田玄白や平賀源内の孫弟子で、シーボルトの西洋医学も学んだ医者・赤松円太郎は松前藩の御殿医。鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争(上野戦争・箱館戦争)の後に加藤家に婿入。美幌町の加藤家に伝わっていた江戸時代の蘭学医者の道具「薬箱」「やげん」「陶磁器の聴診器」「五つ球そろばん」などは美幌町博物館に寄贈。

津軽藩 お城の奥女中(トッブ)の孫が健在の頃、札幌のご自宅に挨拶訪問した。礼儀・行儀の作法にきびしく、同行の母親は大変緊張していた。私の祖父(母方)のいとこは、本間雅晴(中将)

加藤嘉右衛門(1776年 – 1830年)は北海道美幌町 加藤家の祖、加賀藩の藩士(御庭番、忍者)、アメリカ合衆国の独立年(1776年)に誕生した。

1980年頃から、父子家庭のテレビドラマが多くなりました。「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)。

優しさごっこ(やさしさごっこ)は、日本放送協会(NHK)が1980年11月10日から12月5日に銀河テレビ小説枠で放送したテレビドラマ。原作は今江祥智の作品で、自身の体験に基づいて描かれている。 概要 / 妻が美術書の出版に興じて家を出て行ってしまい、残された夫が不器用ながら家事に取り組み、小学生の娘と二人で暮らしていく姿を描いた作品。(優しさごっこ – Wikipedia

今江祥智さんご健在の頃、親子のギター二重奏曲「優しさごっこ」のことで電話した。今江祥智さんは大変驚きそして喜んでくれた。

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 – 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。1971年春、千江夫人と協議離婚し、娘と二人暮らしになる(この時の経験が『優しさごっこ』『冬の光』の題材となる)。1970年代の『兄貴』『ぼんぼん』『優しさごっこ』『冬の光』などの長編は、児童文学の枠を超えて読まれるようになり、特に『優しさごっこ』は1980年にNHKでドラマ化され、ベストセラーとなった。
今江祥智 – Wikipedia

今江 冬子(いまえ ふゆこ、1963年10月12日 – )は日本の舞台女優。オフィススリーアイズ所属。主にコメディエンヌとして評価が高い。作家今江祥智の一人娘として東京に生まれ、1968年4月から京都市上賀茂に育つ。1971年春、両親が協議離婚したことにより父と二人暮らしになる。父の作品である『優しさごっこ』『冬の光』には、あかりの名で登場。(今江冬子 – Wikipedia

長新太さんご健在の頃、北海道札幌市で開催された「長新太の原画展示会」でお会いすることができた。親子の優しさごっこの話を聞きながら長新太さんはサイン色紙に絵を描いた。美幌町で留守番をしている娘へのプレゼントだった。長新太さん、ありがとうございました。

長 新太(ちょう しんた、1927年9月24日 – 2005年6月25日)は日本の漫画家・絵本作家。 本名:鈴木 揫治(すずき しゅうじ、「しゅう」は「秋」の下に「手」)。漫画作品のほか、「ユーモラスな展開と不条理な筋立てによる「ナンセンス絵本」と称される数多くの絵本や、児童文学の挿絵を描き、「ナンセンスの神様」の異名をとった。また、エッセイなどの分野でも活動した。(長新太 – Wikipedia

関連エントリ

F1000003_2.JPG

加藤雅夫のあゆみ – 美幌音楽人 加藤雅夫

優しさごっこ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2月20日 武満忌(武満徹 Toru Takemitsu)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

bi_bo.jpg

2月20日 武満忌(武満徹 Toru Takemitsu)

関連記事

武満徹(Toru Takemtsu)
武満 徹(たけみつ とおる、1930年10月8日 – 1996年2月20日)は、日本の作曲家。ほとんど独学で音楽を学んだが、若手芸術家集団「実験工房」に所属し、映画やテレビなどで幅広く前衛的な音楽活動を展開。和楽器を取り入れた『ノヴェンバー・ステップス』によって、日本を代表する現代音楽家となった。 生涯 / 前衛作曲家への道 / 「実験工房」に参加した頃より、映画、舞台、ラジオ、テレビなど幅広いジャンルにおいて創作活動を開始。映画『北斎』の音楽(1952年、映画自体が制作中止となる)、日活映画『狂った果実』の音楽(1956年、佐藤勝との共作)、橘バレエ団のためのバレエ音楽『銀河鉄道の旅』(1953年)、劇団文学座のための劇音楽『夏と煙』(1954年)、劇団四季のための『野性の女』(1955年)、森永チョコレートのコマーシャル(1954年)などを手がけた。これらの作品のいくつかには、ミュジーク・コンクレートの手法が生かされているほか、実験的な楽器の組み合わせが試みられている。また作風においても、前衛的な手法から、ポップなもの、後に『うた』としてシリーズ化される『さようなら』(1954年)、『うたうだけ』(1958年)のような分かりやすいものまで幅が広がっている。また、1953年には北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美[19]が病状悪化の早坂文雄を介して委嘱した「美幌町町歌」を作曲している。 この間、私生活においては1954年に若山浅香と結婚した。病に苦しんでいた武満夫妻に團伊玖磨は鎌倉市の自宅を提供して横須賀市に移住した。(武満徹 – Wikipedia

武満徹の作品一覧(ウィキペディアの一覧記事)
武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 校歌・自治体歌 / 北海道網走郡美幌町町歌 1953年制定 大下孝一詞、。(武満徹の作品一覧 – Wikipedia

関連サイト

bunka.gif

TakemitsuToru.jpg

武満徹 団体歌リスト

関連エントリ

Toru_Takemitsu.jpg

392445_109940502452293_906320627_n.jpg

美幌町町歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町町歌 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Toru Takemitsu の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2月16日 北朝鮮の祝日「光明星節」

Kikyo_06c1347s.jpg

W_kikyou4071.jpg

250px-Locator_map_of_Korea.svg.jpg

800px-Unification_flag_of_Korea.svg.jpg


2月16日 北朝鮮の祝日「光明星節」

関連記事

光明星節 [北朝鮮] / 北朝鮮の第2代最高指導者であった金正日の誕生日。死亡の翌月の2012年1月に、誕生日を「特別な祝日」とすることが発表された。(2月16日 今日は何の日~毎日が記念日~

光明星節(北朝鮮) / 1942年の2月16日、金正日総書記が誕生したことを記念したもので、朝鮮民主主義人民共和国の祝日。(2月16日 – Wikipedia

光明星節(こうみょうせいせつ)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の祝日。毎年2月1日]。金正日総書記の死後の2012年、総書記の誕生日であった2月16日を光明星節と定めた。(光明星節 – Wikipedia

関連サイト

【光明星節】あの方の一生(그이의 한생)【金正日同志生誕75周年祝賀①】 – 朝鮮音楽の研究

関連エントリ

光明星節 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北朝鮮 カテゴリのアーカイブ – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本の童謡「七つの子」(作詞 野口雨情、作曲 本居長世)

美幌町のゴミ収集車(一般ゴミ)の音楽は「バッハのメヌエット」(ペツォールト)です。
美幌町のゴミ収集車(資源ごみ)の音楽は「七つの子」(野口雨情・本居長世)です。

関連記事

七つの子
七つの子(ななつのこ)とは、野口雨情が作詞、本居長世が作曲した歌である。 日本の童謡の中でも、特に知られた楽曲のひとつである 。 『七つ』の謎 / 『七つ』という言葉が「7羽」を指すのか「7歳」を指すのかは明らかになっておらず、度々論争の種となっている。カラスは一度に7羽もの雛を育てることはなく、7年も生きたカラスはもはや「子」とは呼べないためである。(Wikipedia ー 七つの子

本居長世
本居 長世(もとおり ながよ、1885年(明治18年)4月4日 – 1945年(昭和20年)10月14日)は、日本の男性童謡作曲家。晩年は長豫と称した。 国学者として著名な本居宣長の和歌山学党6代目に当たる。 東京音楽学校本科を首席で卒業、日本の伝統音楽の調査員補助として母校に残る。 また、本居長世は宮城道雄や吉田晴風らの新日本音楽運動に参加、洋楽と邦楽の融合を模索した。 新日本音楽大演奏会で発表した『十五夜お月さん』は、長女みどりの歌によって一躍有名となり、以後野口雨情等と組んで次々に童謡を発表する。 代表作 / 『七つの子』 (Wikipedia ー 本居長世

野口雨情
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 – 1945年(昭和20年)1月27日)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 文壇での名声 / 詩集『都会と田園』により詩壇に復帰、斎藤佐次郎により創刊された『金の船』より童謡を次々と発表。藤井清水や中山晋平や本居長世と組んで多くの名作を残した。 仏教音楽協会も設立され、雨情は評議員に推薦される。仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。 代表作は『七つの子』(Wikipedia ー 野口雨情

関連エントリ

七つの子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

12月25日 クリスマス

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

12月25日 クリスマス

関連記事

クリスマス(英: Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である[1][2](降誕を記念する日)[3]。毎年12月25日に祝われる。 一般的年中行事としても楽しまれる。ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。 サンタクロースは、キリスト教の聖人である奇蹟者聖ニコライ(ニコラウス)の伝説が起源とされる。 世界のクリスマス / フランスでは多くの教会堂内にCrèche de Noëlクレシュ・ドゥ・ノエル(キリスト生誕時の情景を表したジオラマ)が飾られる。キリスト教の中でもカトリックの影響の強いイタリア、ポーランド、フランス、スペインなどでは、クリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭(エピファニア)に終わる。クリスマスの飾り付けは23日頃に行う。24日はクリスマス・イヴとして夜を祝う。 日本のクリスマスの歴史・行事 / 昭和(戦後)・平成 / 1948年(昭和23年)7月20日に「国の祝日に関する法律」が施行され、大正天皇祭は休日から外されてしまったが、以降もクリスマスは年中行事として定着し、行事も盛大に行われるようになった。 教会でのクリスマス / キリスト教の教会は一般に、キリスト教徒であるか否かに関係なく門戸を開いており、教徒でない人もクリスマスの礼拝に出席することは可能である。日本各地の、正教会の晩祷・聖体礼儀や、カトリック教会のミサに出席し参加することができる。また、聖公会・プロテスタントの諸教会でも、非信徒をも歓迎しているところが多い(各教会堂の掲示板に「クリスチャンでない方もお気軽にどうぞ」と掲示が出る)。(クリスマス ー Wikipeds

関連エントリ

クリスマスの日、天使の歌声が
http://masaokato.jp/2008/12/25/164824

もし、目が見えなくなったら…
http://masaokato.jp/2009/11/28/214012

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes)誕生90年と没後20年

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes)誕生90年と没後20年

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。

関連サイト

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日
http://masaokato.jp/2013/11/14/121802

ナルシソ・イエペスの記念館(ウェブページ)
http://masaokato.jp/yepes

Narciso Yepes の検索結果
http://masaokato.jp/?s=Narciso+Yepes

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

結婚行進曲 (メンデルスゾーン)

481px-Felix_mendelssohn_bartholdy.jpg

NEW121

結婚行進曲 (メンデルスゾーン)
Wedding March (Mendelssohn)

結婚行進曲 (メンデルスゾーン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

News from HAGO. (June 2015)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

151px-Rosa_Queen_Elizabeth1ZIXIETTE.jpg

caricature.jpg

HAGOからのニュース。(2015年6月)
News from HAGO. (June 2015)

News from HAGO. (June 2015) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭)

Akira_Ifukube.jpg

800px-Cherry_Blossom.jpg

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭)
Hokkaido Sanka (Lyrics: MItsu Mori, composer: Akira Ifukube)

北海道讃歌 (作詞: 森みつ、作曲: 伊福部昭) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る