ギター カテゴリのアーカイブ

1979年公開のアメリカ映画 クレイマー、クレイマー (父の日に)

012.jpg

1979年公開のアメリカ映画 クレイマー、クレイマー (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

関連記事

『クレイマー、クレイマー』(原題: Kramer vs. Kramer)は、1979年公開のアメリカ映画。製作・配給会社はコロンビア映画。 エイヴリー・コーマンの小説を原作としてロバート・ベントンが監督と脚本を担当した。主演はダスティン・ホフマン。 第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。 原題は「クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判」の意で同じ名前の人が争っている裁判、つまり離婚裁判のことである。 音楽:ヘンリー・パーセル/アントニオ・ヴィヴァルディ – マンドリン協奏曲ハ長調 RV 425 が用いられており、本作により広く知られるようになった。 (クレイマー、クレイマー – Wikipedia)

Kramer vs. Kramer is a 1979 American family legal drama film written and directed by Robert Benton, based on Avery Corman’s novel. The film stars Dustin Hoffman, Meryl Streep, Jane Alexander and Justin Henry. It tells the story of a couple’s divorce, its impact on their young son, and the subsequent evolution of their relationship and views on parenting. The film explores the psychology and fallout of divorce and touches upon prevailing or emerging social issues such as gender roles, women’s rights, parity of parents’ rights, work–life balance, and the single parent experience. Kramer vs. Kramer was theatrically released on December 19, 1979 by Columbia Pictures. It was a major critical and commercial success, grossing $106.3 million on a $8 million budget, becoming the highest-grossing film of 1979 and received a leading nine nominations at the 52nd Academy Awards, winning five: Best Picture, Best Director, Best Actor (for Hoffman), Best Supporting Actress (for Streep), and Best Adapted Screenplay. (Kramer vs. Kramer – Wikipedia)

音楽動画

Vivaldi Mandolin Orchestra Concerto 1st Movement Ettlingen Detlef Tewes Boris Bagger RV 425 – YouTube

ヴィヴァルディ/マンドリン協奏曲 ハ長調 RV.425 「第1楽章」 「第2楽章」 「第3楽章

関連動画

水野晴郎解説 クレイマークレイマー – YouTube

関連エントリ

クレイマー、クレイマー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kramer vs. Kramer の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

012.jpg

日本の児童文学作家・翻訳家 今江祥智 (父の日に)

「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)

今江祥智さんご健在の頃、親子のギター二重奏曲「優しさごっこ」のことで電話した。今江祥智さんは大変驚きそして喜んでくれた。

関連記事

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 – 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。 1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。 1970年代の『兄貴』『ぼんぼん』『優しさごっこ』『冬の光』などの長編は、児童文学の枠を超えて読まれるようになり、特に『優しさごっこ』は1980年にNHKでドラマ化され、ベストセラーとなった。この時期、灰谷健次郎、上野瞭、佐野洋子などが、同様に、児童文学や絵本から、大人向け作品へ移行していく現象があり、それは踵を接して、よしもとばななや角田光代のような、最初から少年文学風に書く作家を生む一因をなした。このことは、児童文学の境界の問題として考察されるべきものである。 2015年3月20日、肝臓がんにより死去、享年83。 (今江祥智 – Wikipedia)

関連エントリ

優しさごっこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

今江祥智 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yoshitomo Imae の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Mr. Lonely ミスター・ロンリー (クラシック・ギター 寂しい君)

200px-Boeing_747_JAL

Mr. Lonely ミスター・ロンリー (クラシック・ギター 寂しい君)

関連記事

「ミスター・ロンリー」(英語: Mr. Lonely)は、1964年に全米チャート1位を獲得したボビー・ヴィントンの代表曲。1970年にレターメンがカバーしていたことでも知られる。 解説 / 曲の内容はホームシックにかかった兵士の心情を綴ったもので、自身の兵役体験がもとになっており、詩にでてくる手紙には恋人も含むため、いわゆる「ラブ・ソング」にも含まれる。 カバー / 日本においては、フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラのバージョンが、TOKYO FM制作のラジオ番組『JET STREAM』のテーマ曲に長年使用され、有名となった。 (ミスター・ロンリー – Wikipedia)

“Mr. Lonely” is a song co-written and recorded by American singer Bobby Vinton. The song was first released on Vinton’s 1962 album Roses Are Red. Background / Vinton began writing the song while serving in the Army. The song describes a soldier who is sent overseas and has no communication with his home. The singer laments his condition and wishes for someone to talk with. (Mr. Lonely – Wikipedia)

関連動画

ミスター・ロンリー (Mr Lonely) Classical Guitar – YouTube

Mr. Lonely Guitar duo ミスターロンリー ギター – YouTube

Mr.Lonely 리여석기타오케스트라 – YouTube

JET STREAM ミスターロンリー 城達也 – YouTube

Mr.Lonely [日本語訳付き] ザ・レターメン – YouTube

Mr. Lonely – Bobby Vinton(日本語歌詞付き) – YouTube

関連サイト

ミスター・ロンリー | 翡翠のマグカップ

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 30代 1977〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫(

ミスター・ロンリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Mr. Lonely の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

180px-Vincente_Gomez_o

スペインのギタリスト・作曲家 ビセンテ・ゴメス

ヴィセンテ・ゴメス (Vicente Gómez 1911年7月8日 – 2001年12月23日)は、スペインのギタリスト兼作曲家です。

関連記事

Vicente Gómez (8 July 1911 – 23 December 2001) was a Spanish guitarist and composer. Biography / Gómez was born in Madrid where he learned his trade in a tavern, in the red light district of Madrid, that was owned by his father. He worked there until he was 25, when he visited Russia. He was involved in politics and opposed to General Franco. He visited Cuba and Mexico and he was discovered whilst making a radio show in Mexico. He worked in New York and toured South America. In 1943 he became a U.S. citizen and served in the American army. In the 1950s he composed for Hollywood films before he retired to compose and teach. One of Gómez’ students was Ricky Nelson. Another was the wife of Omar Bradley. (Vicente Gómez (composer) – Wikipedia)

関連動画

Romance de amour / Vicente gomez – YouTube

Vicente Gomez – Sevilianas y Panaderos 血と砂 – YouTube

悲しみの礼拝堂 – YouTube

Triste Santuario – YouTube

関連エントリ

ビセンテ・ゴメス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Vicente Gómez の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の人工知能(AI)について | マンドリン型ロボット

TheRestOfTheRobots.jpg

日本の人工知能(AI)について | マンドリン型ロボット

関連記事

人工知能 コンピュータを用いて知能を実現する研究分野、またはコンピュータにより人工的に実装された知能 / 人工知能(じんこうちのう、(英: artificial intelligence、AI)とは、「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」、または、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」ともされる。 概要 / 人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)[5]、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。 (人工知能 – Wikipedia)

関連サイト

人工知能(AI)とは | SAS

人工知能のやさしい説明「What’s AI」 – 人工知能学会

関連エントリ

ロボット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

人工知能 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

424px-Balalaika_svg.png

Domra210.jpg

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

1991年(平成3年) 7月1日、北海道のオホーツクマンドリンアンサンブルは、ソ連邦サハリン州ポロナイスク市(旧樺太・敷香町・シスカ)訪問。日ソ親善友好芸術祭を開催した。会場はポロナイスク市民ホール。共催はポロナイスク市・ソ日親善協会・青年同盟・北見メデイツィア会。共演はロシア舞踊団・ギター弾き語り・韓国朝鮮の青年舞踊音楽団・北方少数民族アンサンブル「メングーメ・イルガ(銀の文様)」・日本舞踊・オホーツクマンドリンアンサンブル。 マンドリン合奏「浜辺の歌~荒城の月」に前席の残留(日本人・韓国人・朝鮮人)のお年寄りたちが涙涙の合唱。娘のロシア語「赤いサラファン」は拍手最大。最後の「カチューシャ~丘を越えて」は大合唱でした。がんばって来てよかった。 1991年12月、ソ連崩壊のニュースに、ビックリ仰天した!

関連記事

「赤いサラファン」(ロシア語: Красный сарафан)は、ロシアの歌曲である。 概要 / アレクサンドル・エゴロヴィチ・ヴァルラーモフにより1834年に作曲された。ニコライ・グリゴリエヴィチ・ツィガーノフ(英語版、ロシア語版)[1]による1831年作の詩につけられたと伝えられている。 『サラファン(ロシア語: сарафан)』とはロシアの女性がルバシカ(ブラウス)の上に着るジャンパースカートに似た民族衣装である。 結婚に乗り気でない娘とそれを諭す母親との会話により成り立っている。原詩は10番まであり、1番から5番までは娘の台詞、6番から10番は母親の台詞である[2]。ロシア語の “赤い”(красный、クラースヌィ)には “美しい” という意味もある。 ロシアでは現在に至るまで歌い継がれている作品である。 (赤いサラファン – Wikipedia)

«Красный сарафан» — известная русская песня; автор стихов — Н. Г. Цыганов, композитор А. Е. Варламов. Предположительный год создания и стихотворного текста, и музыки — 1832 г., первая публикация — в первом же песенном сборнике А. Варламова «Музыкальный альбом на 1833 год», куда вошло девять песен и романсов; по другим источникам, музыка была написала 1833 году; первая публикация — 1834 г..
Место рождения песни: Москва. Хотя песня имеет авторство, она очень часто позиционируется как народная[3][4], а исполнители используют различные ее варианты; некоторые устаревшие слова постепенно заменились на более современные литературные (родимушка — родимая и т. д.).
Автор стихов / Поэт Николай Григорьевич Цыганов (1797—1832[1] или 4(16).XII.1800 −1833, возможно 1797—1831) своим современникам был более известен как драматический актер. Поначалу он был актером в Саратове, затем поступил в московскую императорскую группу. Одновременно с актерской деятельностью Николай Цыганов писал и издавал свои стихи. А кроме того, часто и сочинял мелодию к своим стихам. Обычно он сам был и первым исполнителем их, аккомпанируя себе на гитаре. Николай Григорьевич Цыганов был участником кружка любителей пения при Малом театре. Многие тексты Цыганова не сохранились: возможно, среди песен, чье авторство не установлено, есть песни Цыганова.
Композитор / Александр Егорович Варламов (15 (27) ноября 1801 — 15 (27) октября 1848) — известный русский композитор, автор около 150 романсов и песен, вошедших в классику русского искусства и не утерявших современного звучания вплоть до нашего времени. В 1831 или 1932 году А.Варламов был переведен из Петербурга на службу в Москву — он поступил в Московскую императорскую театральную труппу помощником капельмейстера и «композитором музыки». Очень часто он становился сам первым исполнителем собственных произведений. (Красный сарафан (романс) – Wikipedia

音楽動画

Красный сарафан

赤いサラファン

img_history40_28
img_history40_30
img_history40_31
img_history40_33

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 40代 1991年7月 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ウィルタ語で「大切な物を収める家」という意味のジャッカ・ドフニ – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクマンドリンアンサンブル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

SKAZ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

赤いサラファン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Красный сарафан (романс) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 團伊玖磨 (5月17日 命日)

日本の作曲家 團伊玖磨 (5月17日 命日)

北海道美幌農業高等学校(北海道美幌高等学校)校歌の作曲家 團伊玖磨さん。

関連記事

團 伊玖磨(だん いくま Ikuma Dan、1924年4月7日 – 2001年5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。「團伊玖麿」は誤表記。
作曲家およびエッセイストとして / 1952年(昭和27年) – 北海道美幌農業高等学校校歌を作曲。1959年(昭和34年) – 皇太子明仁親王と正田美智子の成婚を記念して『祝典行進曲』を作曲。1964年(昭和39年) – 東京オリンピック開会式にて『オリンピック序曲』、『祝典行進曲』、閉会式にて『祝典行進曲』を演奏。エッセイ『パイプのけむり』の連載を雑誌「アサヒグラフ」にて始める。1966年(昭和41年) – 日本芸術院賞受賞。1973年(昭和48年) – 日本芸術院会員に就任する。1999年(平成11年) – 文化功労者に列せられる。2001年(平成13年)5月17日 – 日本中国文化交流協会主催の親善旅行で中国旅行中に心不全を起こし、江蘇省蘇州市の病院で死去した。77歳没。
逸話 / 北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美(毎日放送の音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」)が鎌倉市に移住して、すぐ近所に住んでいた團に「美幌農業高校校歌」作曲を依頼した。その後、團は、東京で病に苦しんでいた武満徹(1953年「美幌町町歌」作曲)に自宅を提供して横須賀市に移住した。 (團伊玖磨 – Wikipedia)

團伊玖磨の楽曲一覧では、團伊玖磨の作品リストを示す。
校歌 / 高等学校 / 北海道美幌農業高等学校(北海道美幌高等学校)校歌 川上忠雄詞 (團伊玖磨の楽曲一覧 Wikipedia)

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

北海道美幌農業高等学校の校歌 | 美幌高等学校の校歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の作曲家 團伊玖磨(Ikuma Dan)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

藁科雅美記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

Ikuma Dan の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

Narciso_Yepes.jpeg

300px-Jeux_interdits_1952_Japanese_poster.jpg

スペインのギタリスト ナルシソ・イエペス (5月3日 命日)

関連記事

5月3日 忌日/ 1997年 ナルシソ・イエペス (スペイン:ギター奏者『禁じられた遊び』) <69歳> Narciso Yepes (5月3日 今日は何の日~毎日が記念日~)

5月3日 忌日 / 1997年 – ナルシソ・イエペス、ギタリスト (5月3日 – Wikipedia)

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。
来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。 (ナルシソ・イエペス – Wikipedia)

関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペスの公式ホームページ)

関連エントリ

ナルシソ・イエペス記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

オクニョ 運命の女 (韓国のテレビドラマ)

TheFlowerInPrison

オクニョ 運命の女 (韓国のテレビドラマ)

関連記事

『オクニョ 運命の女』(オクニョ うんめいのひと、原題:韓国語:옥중화、漢字表記:獄中花)は、韓国MBC制作の16世紀半ばの李氏朝鮮を舞台にしたテレビドラマ。日本では、CSチャンネル衛星劇場にて2016年9月23日より初めて放送され、その後2017年4月2日よりNHK BSプレミアムにて、邦題『オクニョ 運命の女(ひと)』で2018年4月1日まで放送。2018年4月8日よりNHK総合で放送中。全51話。 キャスト / チン・セヨン(진세연、Jin Se-yeon ):オクニョ / コ・ス(고수):ユン・テウォン (オクニョ 運命の女 – Wikipedia)

関連サイト

オクニョ 運命の女 – NHKによる番組公式サイト

衛星劇場 「獄中花(原題)」公式サイト

옥중화 公式サイト(MBC公式サイト内) (朝鮮語)

関連エントリ

オクニョ 運命の女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本のフォークシンガー イルカ (なごり雪)

399px-Snowman-20100106.jpg

日本のフォークシンガー イルカ (なごり雪)

関連記事

「なごり雪」(なごりゆき)は、伊勢正三が作詞・作曲したかぐや姫の楽曲。 概要 / 1975年11月にシングル発売されたイルカによるカバーバージョンがヒットを収め、以降、日本の早春を代表する歌の一つとして歌い継がれ、さまざまなアーティストによってカバーされている。 2013年に日本気象協会が選定した「季節のことば36選」で、3月のことばの一つに「なごり雪」が選ばれた。 (なごり雪 – Wikipedia)

イルカ(1950年12月3日 – )は、日本のフォークシンガー、絵本作家。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。 (イルカ (歌手) – Wikipedia)

関連サイト

イルカ公式サイト | Official Home “Made” Page(Iruka Office)

関連エントリ

北海道美幌町の カフェなごり雪 (日本のフォークシンガー イルカ) – 美幌音楽人 加藤雅夫

イルカ (歌手) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

なごり雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る