観光 カテゴリのアーカイブ

ピアソン記念館のシンボルツリー「ヤマナシ」

o0570042810272013897.jpg

ピアソン記念館のシンボルツリー「ヤマナシ」

関連記事

北見「ピアソン会」が総会 2019/05/30掲載(北見市/社会)
台所の復元に向け活動を継続 / エリザベスとの姉妹都市50周年事業にも参加 / 北見市指定文化財のピアソン記念館(幸町)の指定管理者を務めるピアソン会の2019年度総会が25日、同記念館で開かれ、事業計画などを決めた。 同会は記念館の管理をはじめ、施工主であるピアソン宣教師夫妻に関する資料の整理や展示、広報活動などを行っている。今年度は同会の20年間の活動記録を電子書籍にまとめるほか、ピアソン氏の故郷、米国エリザベス市と北見市との姉妹都市提携50周年を記念した各種事業に参加する。 このほか記念館の台所の復元や来館者用トイレ、大型バス乗降場の整備に向けた活動を継続する。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

初夏告げるヤマナシ満開 2019/05/21掲載(北見市/話題)
ピアソン記念館のシンボルツリー / 枝いっぱいに白い花 花だより / 北見市幸町のピアソン記念館のシンボルツリーのひとつ、ヤマナシの花が満開となり、枝いっぱいに真っ白な花を咲かせている。 同記念館は米国人宣教師のジョージ・ペック・ピアソン夫妻が1914年に私邸として建築。記念館を管理するNPO法人ピアソン会によると、ヤマナシは果物の梨の原種で、道内には自生しておらず「ピアソン夫妻がジャムを作るために持ち込んだのではないか」という。 新緑の間を吹き抜ける風に揺れるヤマナシの花と、山小屋をイメージして建設された記念館の佇まいとが相まって、初夏を感じさせるさわやかな光景を生み出している。(理) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん Pierson Memorial Museum)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻のジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して、その旧邸を資料館としたものである。 (ピアソン記念館 – Wikipedia)

関連サイト

ピアソン記念館 | 北見市のホームページ

関連エントリ

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Pierson Memorial Museum の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

424px-Balalaika_svg.png

Domra210.jpg

ロシアの歌曲「赤いサラファン」(北海道のオホーツクマンドリンアンサンブル)

1991年(平成3年) 7月1日、北海道のオホーツクマンドリンアンサンブルは、ソ連邦サハリン州ポロナイスク市(旧樺太・敷香町・シスカ)訪問。日ソ親善友好芸術祭を開催した。会場はポロナイスク市民ホール。共催はポロナイスク市・ソ日親善協会・青年同盟・北見メデイツィア会。共演はロシア舞踊団・ギター弾き語り・韓国朝鮮の青年舞踊音楽団・北方少数民族アンサンブル「メングーメ・イルガ(銀の文様)」・日本舞踊・オホーツクマンドリンアンサンブル。 マンドリン合奏「浜辺の歌~荒城の月」に前席の残留(日本人・韓国人・朝鮮人)のお年寄りたちが涙涙の合唱。娘のロシア語「赤いサラファン」は拍手最大。最後の「カチューシャ~丘を越えて」は大合唱でした。がんばって来てよかった。 1991年12月、ソ連崩壊のニュースに、ビックリ仰天した!

関連記事

「赤いサラファン」(ロシア語: Красный сарафан)は、ロシアの歌曲である。 概要 / アレクサンドル・エゴロヴィチ・ヴァルラーモフにより1834年に作曲された。ニコライ・グリゴリエヴィチ・ツィガーノフ(英語版、ロシア語版)[1]による1831年作の詩につけられたと伝えられている。 『サラファン(ロシア語: сарафан)』とはロシアの女性がルバシカ(ブラウス)の上に着るジャンパースカートに似た民族衣装である。 結婚に乗り気でない娘とそれを諭す母親との会話により成り立っている。原詩は10番まであり、1番から5番までは娘の台詞、6番から10番は母親の台詞である[2]。ロシア語の “赤い”(красный、クラースヌィ)には “美しい” という意味もある。 ロシアでは現在に至るまで歌い継がれている作品である。 (赤いサラファン – Wikipedia)

«Красный сарафан» — известная русская песня; автор стихов — Н. Г. Цыганов, композитор А. Е. Варламов. Предположительный год создания и стихотворного текста, и музыки — 1832 г., первая публикация — в первом же песенном сборнике А. Варламова «Музыкальный альбом на 1833 год», куда вошло девять песен и романсов; по другим источникам, музыка была написала 1833 году; первая публикация — 1834 г..
Место рождения песни: Москва. Хотя песня имеет авторство, она очень часто позиционируется как народная[3][4], а исполнители используют различные ее варианты; некоторые устаревшие слова постепенно заменились на более современные литературные (родимушка — родимая и т. д.).
Автор стихов / Поэт Николай Григорьевич Цыганов (1797—1832[1] или 4(16).XII.1800 −1833, возможно 1797—1831) своим современникам был более известен как драматический актер. Поначалу он был актером в Саратове, затем поступил в московскую императорскую группу. Одновременно с актерской деятельностью Николай Цыганов писал и издавал свои стихи. А кроме того, часто и сочинял мелодию к своим стихам. Обычно он сам был и первым исполнителем их, аккомпанируя себе на гитаре. Николай Григорьевич Цыганов был участником кружка любителей пения при Малом театре. Многие тексты Цыганова не сохранились: возможно, среди песен, чье авторство не установлено, есть песни Цыганова.
Композитор / Александр Егорович Варламов (15 (27) ноября 1801 — 15 (27) октября 1848) — известный русский композитор, автор около 150 романсов и песен, вошедших в классику русского искусства и не утерявших современного звучания вплоть до нашего времени. В 1831 или 1932 году А.Варламов был переведен из Петербурга на службу в Москву — он поступил в Московскую императорскую театральную труппу помощником капельмейстера и «композитором музыки». Очень часто он становился сам первым исполнителем собственных произведений. (Красный сарафан (романс) – Wikipedia

音楽動画

Красный сарафан

赤いサラファン

img_history40_28
img_history40_30
img_history40_31
img_history40_33

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 40代 1991年7月 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ウィルタ語で「大切な物を収める家」という意味のジャッカ・ドフニ – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツクマンドリンアンサンブル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

SKAZ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

赤いサラファン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Красный сарафан (романс) の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

令和の始まりに「キクイタダキ」(北海道北見市)

300px-Regulus_regulus_60North_cropped

令和の始まりに「キクイタダキ」(北海道北見市)

関連記事

縁起の良い鳥に遭遇 2019/05/07掲載(北見市/話題)
令和の始まり 駐車中の車内に日本最小「キクイタダキ」 / 頭に菊…が名前の由来 宮司の広田恭也さん撮影 / 北見市の金刀比羅さくら公園で1日、駐車していた車の中に日本最小の野鳥「キクイタダキ」が迷い込んだ。車を停めていた北見市の上常呂神社宮司、広田恭也さん(54)は「こんな経験初めて。小さかったので最初はセミだと思いました。まさか鳥だとは」とその時の様子を振り返る。 広田さんは桜まつりの準備のため、金刀比羅神社を訪れ、運転席の窓を15センチほど開けたまま車を離れていた。20分後、車に戻ると助手席のアームレストにキクイタダキがちょこんと座っていた。 広田さんに驚く様子もなく、10分ほどそのままだった。「外に出ようとして窓にぶつかり、脳しんとうを起こしていたのかもしれない」という。 キクイタダキは体長10センチ。頭央部の黄色い羽毛を、頭の上に菊の花をいただく状態に見立てて名付けられたとされる。菊は日本では高貴な花とされ、皇室の紋章にも使われていることから、広田さんは「令和の始まりに縁起が良い鳥に出合えるなんて、いいスタートが切れたようです」と声を弾ませている。(理) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

キクイタダキ(菊戴、鶎、学名:Regulus regulus)は、スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属の鳥類の一種である。和名は、頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名された。松毟鳥(まつむしり)、まつくぐりの名もある。(キクイタダキ – Wikipedia)

関連エントリ

キクイタダキ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の役場新庁舎建設について (NEWS ニュース)

bi_bo.jpg

北海道美幌町の役場新庁舎建設について (NEWS ニュース)

関連記事

美幌町の庁舎は、平成29年度に実施しました耐震診断において耐震強度不足が判明し、震度6強程度の振動及び衝撃に対して倒壊又は崩壊の危険性が高いことが明らかになりました。現在の庁舎は、老朽化や狭隘化、バリアフリー化など様々な課題を抱えております。これらを受け、美幌町では、現庁舎敷地内に新庁舎を建設する方針を立てたところです。このページでは、新庁舎建設に関する情報を随時公開してまいります。 (美幌町役場新庁舎建設 | 美幌町のホームページ)

gaikan201905

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

408px-Disability_symbols.svg.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

関連エントリ

バリアフリーマップの一覧 (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町役場新庁舎建設 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

つべつ木材工芸館リニューアル (北海道津別町)

marutakun.JPG

つべつ木材工芸館リニューアル (北海道津別町)

関連記事

つべつ木材工芸館リニューアル 2019/04/24掲載(津別町/社会)
愛称「キノス」に / 津別小4年・男子児童の作品 「巣のように人が集まり遊んでほしい」 / つべつ木材工芸館が20日、リニューアルオープンした。施設前でオープン式が行われ、愛称が「キノス」と発表されたほか、テープカットが行われた。 昨年10月から改修工事が行われ、約半年ぶりのオープン。滑り台やクライミングネットなどの大型複合木製遊具を中心に、木の遊び場としての機能が充実した。 式には関係者をはじめ大勢の親子らが出席。佐藤多一町長が「夏は噴水で水遊びもできる。津別のまちなかも変わっていくので、ぜひ立ち寄ってほしい」とあいさつした。 愛称は町民を対象に募集。38件の応募があった中から、津別小学校4年男子児童の作品が採用された。男子児童は「工芸館の周りは木や鳥がいっぱい。巣のように人が集まって、遊んでほしい」と意図を説明した。 佐藤町長、男子児童らがテープカットしてリニューアルを祝い、子どもらが木の遊具で存分に遊んだ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

つべつ木材工芸館の愛称が『キノス』に決定しました! | 津別町のホームページ

関連エントリ

つべつ木材工芸館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 食中毒の予防 (付けない 増やさない 殺す)

Haende-30.jpg

2019 食中毒の予防 (付けない 増やさない 殺す)

関連記事

食中毒(しょくちゅうどく)とは、有害・有毒な化学物質等毒素を含む飲食物を人が口から摂取した結果として起こる下痢や嘔吐や発熱などの疾病(中毒)の総称である。
分類 / 因子・物質による分類 / 食中毒は、その原因になった因子・物質によって5つに分類される。 細菌性食中毒 ウイルス性食中毒 化学性食中毒 自然毒食中毒 寄生虫性食中毒 その他に大別される。なお、食物アレルギーは食中毒に含まれない。 かつては、食中毒が発症した患者から健康な第三者へと感染が及ばないものといわれていた。しかし、食中毒患者が発生した後従前の対応方法で医療行為を行った結果、対応を行った医療関係者にまで食中毒患者と同じ疾病に罹患する事態が度々発生するようになった。国内外の報告を持ち合わせて調査した結果、病原性大腸菌(O157など)やノロウイルスが患者から患者へ感染することが判明した。それ以降、多くの国々は「食感染症」として伝染病に準ずる対策がとられるようになった。
予防 / 細菌やウイルスによる食中毒を予防する三大原則は、以下の3つである。 付けない(清潔) 増やさない(迅速、冷却、乾燥) 殺す(加熱など) 多くの場合、原因病原体が増殖して食中毒を発症しうる状態となっていても味や臭いを変えないため、飲食の直前に安全を確認するのは困難であり、これらの予防策に頼らなくてはいけないのが実情である。 細菌やウイルス以外の原因による食中毒の予防策は、「誤食しない」ということに尽きる。どのようなものを食べてはいけないかは、古来からの経験則そして専門家や医療関係者などからの見聞によって各自において対応することになる。逆に、寄生虫による食中毒は、細菌による食中毒の予防原則の「付けない」と「殺す」を守ることで予防できる。 (食中毒 – Wikipedia)

関連サイト

食中毒警報発令情報 – 北海道庁のホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁のホームページ

関連エントリ

食中毒予防 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町への移住定住 (ちょっと暮らし)

bi_bo.jpg

北海道美幌町への移住定住 (ちょっと暮らし)

関連記事

ちょっと暮らし利用申込みについて 2019年4月11日 / 美幌町では北海道への移住に魅力を感じている一方、生活面や環境面において不安がある方などに一定期間美幌町での生活を体験してもらい、地域の魅力発見や地域とのふれあい、日常生活を通じ移住後の生活イメージを掴んでいただくため「ちょっと暮らし」を実施しています。
平成31年度ちょっと暮らし利用申込みについて / 移住体験施設「四季彩美幌」の利用可能期間は下記のとおりです。 「ちょっと暮らし体験」をご希望される場合は、下記より体験申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、総務部まちづくりグループ政策担当まで提出してください。(電話、メールでもご相談を受け付けしております。) 移住体験施設「四季彩美幌」空き状況 平成31年10月15日(火)~平成32年3月31日(火) (ちょっと暮らし利用申込みについて | 美幌町ホームページ

ちょっと暮らし体験【移住定住推進事業】 2019年4月11日
美幌町にある2つの移住体験施設をご紹介します。 ①戸建て移住体験住宅“四季彩美幌(しきさいびほろ)” 平成27年7月1日(水)一戸建ての住宅を改装した移住体験施設“四季彩美幌(しきさいびほろ)”がオープンしました。 ②グリーンビレッジ美幌 みどりの村の敷地内にある自然豊かな環境にある施設です。農林漁業体験実習館の2階にある宿泊部屋に泊まることができます。 (ちょっと暮らし体験【移住定住推進事業】 | 美幌町ホームページ)

美幌町(びほろちょう Bihoro Town)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。 (美幌町 – Wikipedia)


関連サイト

美幌町移住・定住ポータルサイト | 美幌町ホームページ

オホーツクAI – 移住応援 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

関連エントリ

移住・定住 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ちょっと暮らし の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月9日 大仏の日 (日本)

300px-Daibutsu_of_Todaiji_4

4月9日 大仏の日 (日本)

関連記事

4月9日 大仏の日 / 752(天平勝宝4)年のこの日、奈良・東大寺の大仏開眼供養が行われた。 歴史 / 752年 奈良・東大寺の蘆舎那仏の開眼供養。 (4月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

4月9日 記念日・年中行事 / 大仏の日(日本) 天平勝宝4年旧暦4月9日(新暦752年5月26日)に奈良の大仏の開眼供養が行われたことにちなむ。 (4月9日 – Wikipedia)

東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿(金堂)の本尊である仏像(大仏)。一般に奈良の大仏(ならのだいぶつ)として知られる。
(東大寺盧舎那仏像 – Wikipedia)

関連エントリ

大仏の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

創立30周年記念式典 美幌観光ボランティアガイドの会 (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

創立30周年記念式典 美幌観光ボランティアガイドの会 (北海道美幌町)

関連記事

記念式典で節目祝う 2019/03/29掲載(美幌町/社会)
美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌の観光支え30年 / 美幌観光ボランティアガイドの会の創立30周年記念式典が24日、美幌町しゃきっとプラザで行われた。 会は昭和63年、美幌観光物産協会が開いた観光ボランティアガイド養成講座の修了者で発足。毎年5月の美幌峠まつり、7月の美幌観光和牛まつりに協力するほか、曲「美幌峠」を歌った昭和の大歌手・美空ひばりさんの命日の6月24日に、美幌峠にある歌碑の清掃と献花を続けている。 式典では、会長が「本日の式典を契機に、よりいっそう交流を深め、観光振興に寄与していきたい」と式辞を述べた。 式典後はオホーツク観光連盟の伊藤正範専務理事が「オホーツク圏の観光について」をテーマに講演。講談師の宝井琴柑さんが講談「寛永三馬術 出世の春駒」を披露した。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌観光ボランティアガイドの会をご紹介します | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美空ひばり の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光ボランティアガイドの会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(平成31年)4月 広報びほろ (北海道美幌町)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

800px-Cherry_Blossom.jpg

2019年(平成31年)4月 広報びほろ (北海道美幌町)

関連記事

広報びほろ 平成31年度 4月号 / 第19回統一地方選挙 / 予算編成方針 / 母子健診・予防接種日程表 / 狂犬病予防集合注射 / 地域特産品開発支援事業 / 体力・運動能力・運動習慣調査結果 / 受動喫煙防止 / おはなしわくわく講座 / JR乗車券販売、ごみ一口メモ / 医療従事者補助金、まち育出前講座 / 消費税、プレミアム付商品券事業など / 介護従事者支援事業など / 防犯電話・高齢者検索機器、福祉手当 / 障がい者相談員、福祉ハイヤーなど / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナびば・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 新庁舎建設 / カレンダー / 2019年4月号 (広報びほろ – 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る